ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アルケミスト

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

アルケミスト

錬金術というのは、鉄や鉛やアルミニウムといった普通の金属を金に変換するという魔法的化学のことで、古代から中世にかけて、そんなものがあると言われたが、自然科学の発達と共に否定されたと言われている。
錬金術師のことをアルケミストと言う。
(ちなみに、アルミニウムが1825年に発見され、1856年に工業精錬法が開発されるまでは、アルミニウムは金よりも高価だった)

ところが、錬金術は、物質的な金を作るのではなく、人間の自我を低俗なものから、神聖で高貴なものに変換する方法だという説があり、その意味の錬金術は現在も存在していると言われている。
変換された神聖な心が黄金に喩えられ、その変換手法を錬金術と呼ぶのである。
その黄金の心は、魔術的、あるいは、キリスト的な力を持つと言われる。

聖賢の教えによれば、人間は、自我を消し、無になれば・・・即ち、無我、忘我、没我になれば、不可能はなくなると言う。
また、自我が消えることが、解脱とか悟りだと考えられている。
しかし、実際には、悟りを開いた聖者であろうと、自我が無いようには見えない。
聖者も一般的な思考をするし、喜怒哀楽などの感情を示す。
怒りっぽい聖者すらいる。
つまり、悟りを開いても、自我が消滅するわけではない。
そうではなく、聖者の自我は、普通の人間のものとは違う、特別なものになっているのだ。
その特別な自我が持つ力によって、聖者は、その気になれば奇跡も起こせるのだが、そんな特別な自我を作る方法が正しい錬金術である。

『ヒマラヤ聖者の生活探求』にも、そのようなことが書かれているが、錬金術で自我を高貴なものに変換するためには、特に修行が必要なわけではない。
つまり、錬金術には、特別な道具や薬品や、あるいは、儀式が必要なわけでは全くないのだ。
では、どうすれば良いのかというと、単に「私は神である」と宣言すれば良い。
ただし、何度も呪文のように、「私は神である」と繰り返す必要はないし、むしろ、繰り返してはならない。
ただ、「私は神である」と感じれば良いのである。
だが、まずは頭の中で、静かに、ゆっくり、丁寧に「私は神である」と繰り返し唱え、神の感覚を掴めば良いと思う。
呼吸の助けを借りる方法も伝えられている。
やり方はこうで、呼吸に合わせて、心の中で次の言葉を唱える。

息を吐きながら、「私はこれではない」。
息を吸いながら、「私は誰か?」。
息を止め、「私は神である」(インドでは「私は彼である」と言うが、我々は「私は神である」で良いと思う)。

最終的には、神の感覚を自分で掴む必要があるが、ラマナ・マハルシも、この呼吸で超能力をもたらすと述べたようだ。








痛みや苦しみも、過ぎてみれば親しい友のように思えるかもしれない

小学生の時、あなたを特に成長させた出来事とは何だろうか?
参考に私のを挙げておくが、それであなたのものも分かり易くなるかもしれない。

私は、小学5年生の時、新しい自転車を買ってもらい、非常に嬉しくて、早速友達と遠乗りに行った。
友達の案内するままに従ったのだが、そこはひどく遠く、しかも、友達は、自転車を置いて、そこからもかなり離れた場所に遊びに誘う。
そして、かなり遅くなって自転車を置いたところに戻ったら、私の新品の自転車のタイヤが、明らかに故意にパンクさせられていた。
新しい私の自転車の方が狙われたようである。

その時は、いくつかの不運があったようだった。
一緒だった友人は、家がお金持ちだったが、放任されていて、小学生に不似合いな金を持ち、何でも好き放題にするような子だった。
それで、気の向くままにひどく遠いところまで私を連れて行き、さらに、自転車をほっぽって、いつまでも遊びまわり、自転車に戻った時は、普通の子供なら、もう家に帰っていないといけないような時間だった。
自転車が被害を受けた原因には、そんなに遅くまで自転車を放置していたこともあるし、後で分かったが、そのあたりは、あまりガラの良い場所ではなかった。
これも後で分かったが、その友達は、好んで、ロクでもない場所に行きたがるのだった。きっと、心の暗い部分が、そんな場所に彼を誘うのだ。
そんな友達しかいなかった私の心も、相当濁って淀んでいたのだろう。

この苦しい経験が、後で考えれば、明らかに私を向上させた。
それは、明らかに今にも影響している。
あの出来事がなかったら、今でも大したことのない私の精神性は、もっと低いままであっただろう。

つまり、人間を成長させるのは、苦しみや痛みだということだ。
小学生の時から、良い塾に通い、良い高校、大学を出て、一流の会社に入ったら、苦しいことは少ない。
親も、子供に辛い思いをさせまいと、学校で良い成績を取り、良い学校を出られるよう、エゴイズムの限りを尽くすのであるが、その結果、子供は成長しない。
家が金持ちで、物凄く良い学校を出たような子は、私が知る限りは、大半がニートである。本人の責任ではないことがやるせない。

昨夜、「イニシエーションとは、痛みを乗り越えることだ」と書いたが、改めてその通りだと思う。
また、やはり昨夜ご紹介した、超一流の電子音楽アーチストの渋谷慶一郎さんと、学術博士でもある作家の東浩紀さんが共同制作した『イニシエーション』の映像では、初音ミクが、何度も何度も、ひどい痛みや苦しみを受け、何度も何度も敗北しながら成長する姿を見せる。
我々もまた、運命が用意した苦難を受けることで、大きく静かな源に帰っていくのだ。
そして、その時は苦しくても、後で思い返せば、実は、喩えようもないほど楽しかったと思うのである。
良い学校や良い会社とは全く縁のなかった私は、最低の職場からスタートしたが、それは、甘やかされて育った私にはひどく辛いことだった。しかし、やはり、思い返せば、掛け値なしに、本当に楽しかったと思えて懐かしいのである。
また、上に述べた、小学生の時の経験も同様だ。
今は、あの歪んだ性格の友達や、自転車を壊してくれた者達に、本当に感謝しているのである。

岡本太郎は、小学生の時、教師やクラスメイトにひどくいじめられたそうだ。
だが、大人になってから参加したクラス会では、いじめられた相手に、「君にはよく殴られたなあ」と言いながら、一緒に酒を飲んだのだそうだ。
太郎も、そのクラスメイトが、本当に懐かしく、かけがえのないものだと思ったに違いない。

また、『アルケミスト』という、何度も予期せぬような苦難が遅いかかり、絶望しながらも、それを乗り越えていく少年の話が、大いに役立つと思うので、下にご紹介しておく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人は安定を求めた時に生きるのをやめる

「今の若者は安定志向だ」なんてことは、今の40代や50代の方々が若かった頃から言われていると思う。
なるべく良い学校を出て、大企業に就職しようとするなんてのは、本当に昔からのことだ。
しかし、真理を言うなら、「人は安定を求めた時に生きるのをやめる」のである。
生き生きと、本当に生きているという実感と共に生きたいなら、絶対に「不安定志向」でなければならない。

アンデルセンは、作家として成功するまで、明日をも知れない不安定な人生であった。
だが、才能を開花させ、名を知られるようになり、決して多額ではなかったが、デンマーク国家から生涯に渡って年金を受け取れるようになった。安定した生活を得られたのである。
しかし、彼は旅に出る。それは、生涯、ずっと続いた。彼は、ずっとヨーロッパ中を旅した。それがなぜかは分からない。
いかに、ヨーロッパでは鉄道や客船があったとはいえ、日本で言えば徳川幕府の時代だ。旅先では、不都合どころか、苦難もあったに違いない。しかも、アンデルセンは頑強な男ではなかった。背は高かったが、身体はひょろひょろしいており、性格は繊細で女性的だった。しかし、彼は旅をやめなかった。
それは、彼は、自分を不安定な状態にしたかったからではないかと思う。
彼は、14歳で、故郷のオーデンセの田舎町からコペンハーゲンに一人で出てきた。彼は、内気でか弱い少年だったにも関わらずだ。しかも、彼は貧乏で、僅かな金しか持っておらず、馬車には母親が交渉してくれて、ただ乗りさせてもらってコペンハーゲンに着いたのだ。
着いたは良いが、そこに知り合いはおらず、最初の一晩の宿代で、ほぼ全財産を使い切ったので、すぐに、住むところと食事をどうにかしないといけなかった。しかし、彼には、何のあてもなかった。
だが、アンデルセンは神様に絶対の信頼を置いていたという。
そして、最初からうまくはいかなかったが、なりゆきで、有名な音楽家の住み込みの弟子になれたのだ。
アンデルセンは、その時の経験から、神と繋がる喜びを感じるために、いつも自分を不安定にしたかったのではないだろうか?それで、旅を続けたのではないかと思うのである。
『アルケミスト』という小説で、ある少年は、時間をかけて、ある程度のお金を作り、いよいよ、目指す国に行ったのだが、そこに着いた直後に、全財産を騙し取られてしまう。右も左も分からない場所で、少年は、わが身の不幸に呆然となる。しかし、しばらくすると、不思議な喜びが湧き上がり、何の見返りも求めずに、露天商の少年を手伝う。そして、彼の人生は、新しい冒険に向かって動き出す。
『南から来た用心棒』(現題:アリゾナ・コルト)で、さすらいのガンマン、アリゾナ・コルトは、流れ着いた町を凶悪な盗賊の集団から守って英雄となり、町一番の美女にも愛された。彼も彼女のことは好きだった。しかし、彼は美女も名誉も捨て、旅立って行った。そこに止まれば、生きるのをやめることになることを彼は知っていたのだ。彼は、生きていたかったのである。

我々も、自分の立場を不安定な危ういものにしなければならない。
強い者に決して媚びるな。
自分の胸の奥の声にのみ従って行動するのだ。
それはきっと、世間の教義や信念に逆らうことになる。しかし、敢えてそれをやるのだ。
すると、必ずや、冒険に満ちた、素晴らしい人生に導かれるだろう。
そうなれば、たとえ、全てがうまくいかないまま斃(たお)れても、後悔は無いだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

EMG(エマージェンシー)への無敵の対処方法

どうにも抜き差しならぬ状況を、大人であればいくらかは経験していることと思う。
自分ではどんな手も打てない、つまり、身動きできない状態だ。
状況によっては、我々は狼狽し、慌てふためくこともあるだろう。

パウロ・コエーリョの世界的人気小説『アルケミスト』で、主人公の少年がそんな状況になる。
彼は、ある大切な目的のために、長い時間かかってお金をため、遠い地に旅してきた。
ところが、そこに到着してまもない時に、全てのお金を騙し取られてしまう。
右も左も分からず、知り合いの一人もいない異国の地で、着の身着のままの一文無しになったのである。

ところで、私の従兄は苦学生だった。ある時、本当にお金がほとんどなくなったが、電話したらお金を振り込んでくれる親もいなかった。
幸い、その日、アルバイトの給料が貰えたので、なんとか食べ物にはありつけそうだった。
だが、もらったお金を入れていたカバンからちょっと目を離した間に、そのカバンを盗まれてしまった。彼が住んでいた町に知り合いはなく、お金を借りられるような友達もいなかった。

私も色々あったが、たとえば、外国の全く見知らぬ地で迷ってしまったということがあった。言葉が通じないこと以前に、人が全く見当たらない。自分は、3日後、生きているのだろうかと思ったほどだった。
仕事のこととなると、これが収束することがはたしてあるのだろうかという状況もよくあった。

そんな時はどうすれば良いのだろうか?

最初の『アルケミスト』の少年は、当然ながら、呆然として立ちすくみ、強い不安に襲われ、目の前が真っ暗になった。
ところが、やがて、少年の心が澄み渡り、不思議な落ち着きに包まれる。
少年は、困っている男の子を見つけると、当然のように、彼の手助けをした。もちろん、その男の子に何か期待するつもりはない。ただ、自然の流れとしてそうしたのだ。

私の経験からも、この少年のようであるのが良いと思う。
しかし、この少年には一体何が起こったのだろう。
どうすれば、この少年のように出来るのだろう。
以下は、『アルケミスト』に書かれていたことではないことを、特にお断りしておく。

少年は、絶望的な状況で、とにかく、考えることをやめたのだ。
考えても仕方が無い。
それは、現実を受け入れたということだ。
その時、何が起こったか?
私の場合もそうだったが、それまでと同じように目を開いて周りを見ているが、その見方が変わったのだ。
「観察」をやめ、「観照」していたのだ。
観察は、見たことに対し、思慮が働き、判断を行う。
しかし、観照は、一切の知的思考を放棄し、ただ、あるがままに見ているという状態だ。

毎日見ていて、見慣れている、あるいは、見飽きているものであっても、観察をやめ、観照すると、それが美しく見える。
ある詩人が、そんなものの見方を「新たな目で見ると、全て美しいのだ」と言っていたが、その通りである。
アラビアのロレンスとして知られる、T.E.ロレンスは、早朝、砂漠で目覚めて見る風景が、時々、いつもと違う荘厳さを示すのを感じたという。
これを、コリン・ウィルソンは、目覚めたばかりの時は、論理を司る左脳が目覚めておらず、右脳だけで風景を見たからであるといったことを、『右脳の冒険』で書いていたが、その右脳論が正しいかどうかはともかく、ロレンスは、思考を介さずに風景を見たというのは正しいことだろう。彼は、風景を観察せずに観照したのだ。

『荘子』では、荘子は、「視線を自然にし、一切の思慮分別をせず、あるがままに見れば、万物の背後に潜む道(タオ)と一体となれる」と述べる。

ただ、観照する、あるいは、道(タオ)と融合するということをしたところで、物事がうまくいくという訳ではない。
ひょっとしたら状況は変わらないかもしれないし、さらに悪くなるかもしれない。
しかし、たとえそうでも、不思議なことに、不安はなくなり、心が澄み渡るのである。
まあ、ほとんどの場合、そう悪い状況は用意されていない。
それは、神が仕組んだことで、我々には偶然に見えるが、必然であるのだ。
何が起こるかは、全て決まっており、それは決して変わらない。
しかし、全てを受容した時、我々は、状況に巻き込まれることは無くなる。そうすれば、我々は不幸ではない。
これが、荘子が言った、「全てをあるがままに受容する者には、鬼神も道を譲る」ということである。

観照するとは、既に決まっている運命をあるがままに受け入れ、それをただ、抗わずに体験しようとすることだ。
その時、ニーチェやイェイツは、あらかじめ決められた運命を、自らの意思とみなし、神に近付こうとした。
しかし、私は反対だ。運命が、真の自己である神の意思であるというのは正しいのだろう。
だが、決して自我が神ではない。運命を自分の意思と見なす「私」が存在する限りは、出来事は「私」の意志であると言うことはできない。その「私」は自我である。自我である私が消えた時、真の私である神が現れるだろう。
結局、ニーチェは発狂した。自我を持ったまま神になろうとした者の末路だったかもしれないが、それもまた、彼の避け得ぬ運命であった。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード