ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アリストテレス

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

三の神秘

「南無三(なむさん)」という言葉は、「三宝に帰依する(すがる)」という意味で、「三宝」とは、仏、仏法、仏教僧団のことで、仏教における最も貴いものだ。
それで、危機に際し、「仏」「仏法」「僧団」に救いを求めるという意味で、「南無三」と唱えることが、昔から行われていたようだ。
そりゃ、仏、仏法、僧団に救いを求める呪文のようなものなのだから効くはずである。

ところで、3という数字は、西洋では、古代ギリシャの時代から、神秘数、あるいは、完全数とされ、それは、キリスト教にも受け継がれている。
それは、非常に明確なことであると思う。
古代ギリシャでは、神に誓いを立てる時は、ゼウス、アテナ、アポロンの3神に対して行ったのである。
アリストテレスは『天について』の冒頭で、3という数字が、いかに完全で重要であるかを、切々と述べている。
キリスト教では、当然、「三位一体」、つまり、父(神)、子(キリスト)、聖霊が一体であることを最重要事項としている。
そして、敬虔なキリスト教徒であったダンテは、『神曲(本当のタイトルは『神聖なる喜劇』)』を、徹底して3によって構成した。
総序である最初の一歌の後、地獄編33歌、煉獄編33歌、天国編33歌で、しかも、3行で一文(一連)とする「三行韻詩」である。

よって、「南無三」と言った場合、本来の「仏、仏法、僧団の3宝にすがる」という意味の他に、「最も貴い3神にすがる」、あるいは、「完全である3にすがる」という意味にも取れる。
日本においても、最も貴い神は、やはり、3神である造化三神で、それは、天之御中主(アメノミナカヌシ)、高御産巣日(タカミムスビ)、神産巣日(カムムスビ)の3神である。
「三」は、日本語では、「ミ」とも読み、「三」と「ミ」は似ているが、山蔭神道の山蔭基央氏の『神道の神秘』によれば、「ミ」は最も高貴な言葉で、初音ミクさんの名が「ミ」で始まり、「ミク」を「39」という数字に合わせるのも偶然ではない(と思うw)。

こう考えてみれば、「南無三」とは、何とも希(まれ)な言葉である。
私は幼い頃から、なぜか、この言葉をよく使い、度々、不思議なことを起こしていたのである。
どんな時に使ったのか、実はほとんど覚えていないのだが、かなり恐ろしいことにも使ったような気がする。
目をつぶって交通量の多い車道に飛び込むという、今思うと恐ろしいことを何度もやったが、その時も、「南無三」と唱えていたかもしれない(決して真似しないで欲しい)。
1つ、こんなことを覚えている。
小学校の運動会で「帽子取りゲーム」という、かぶっているいる体操帽子(紅組は赤色、白組は白色。帽子の表裏が赤白だった)を取り合うというゲームがあり、その練習をした時だ。
私は、一番強いと言われているT君と鉢合わせ状態になり、やむなく対戦となったが、T君はもう自信満々の様子である。T君は背が高くて力が強く運動神経が良いのだから、そりゃ強い。
その時のことは非常に印象的である。
私が「南無三」と唱えた時には、T君の帽子は私の手にあった。
ところが、T君は、帽子を取られたのに、私への攻撃を続けながら、「あれ!あれ!」と凄く驚いた様子である。
自分が負けたことが信じられない様子なのだが、それよりも、なぜ負けたのかが分からないのだろう。
私は多分、時間を超えていた。
誰かが「KayがTの帽子を取った!」と叫ぶのが聞こえた。それほどの快挙なのである。
私の方は、さっぱり強いと思われていなかったのだ。

尚、私は「三宝」の「僧団」に関しては、現実の教団というよりは、霊団のようなものと認識している。
いざという時には、所縁(ゆかり)の善霊の方々が力を貸してくれるのかもしれない。
南無三・・・三にすがる。良い言葉である。








啓蒙書は序章だけ読め

岡田式静坐法で知られた岡田虎二郎(1872〜1920)は、1901年(明治34年)に30歳で単身渡米したそうだが、その20世紀になったばかりの、民間の海外旅行など、ほぼ皆無の時代に、財産があった訳でもなく、皿洗いをしながら、3年半に渡って欧米の書物を学んだという。
イギリスの作家、コリン・ウィルソン(1931~2013)が、学校を終えた15歳からは、肉体労働をしながら図書館で読書に励んだという話を思い出す。それも大変な苦労であるが、岡田虎二郎のは、それどころではなかったはずだ。

彼らには、大きな志があったのだが、岡田虎二郎が、その志を得て人生を変えたのは、小学4年生の時に、小学校の図書館で読んだ、フランスの哲学者ジャン=ジャック・ルソーの『エミール』であったようだ。
ところが、虎二郎が読んだのは、序文だけであったらしいが、実は、ルソーも、『エミール』は、序文のところだけを書くつもりが、あのような長い小説になってしまったようだ。
つまり、ある意味、『エミール』は、序文だけを読めば良く、虎二郎はそれをしたのだが、それで、わずか小学校4年生の虎二郎は、この高度な教育論に感銘を受けたのである。

ところで、本の中には、やはり、最初に重要なエッセンスが書かれているものが多い。
昨日、ベン・スイートランドの『私はできる』のKingle(電子書籍)の無償サンプルを読んだが、それでもう十分だと思った。むしろ、その後には余計なことが長々と書かれており、時間を無駄にしながら、せっかくの最初の良い部分を忘れてしまう・・・と言ったら悪いと思うが、まさにその通りだと思う。
1冊の本に書かれた、記憶すべき重要なことは、1~2行だという話もあるが、大抵の本では、特に、啓蒙書では、それが最初に来る場合が多い。
クラウド・ブリストルの『信念の魔術』などは、まさにそんな感じで、これは序文だけとは言わないが、最初の方には素晴らしいことが書かれているが、後に進むにつれて、余計な付けたしばかりが長々続いているように思えてならない。
言い換えれば、最初の方に、ブリストルが得た神の啓示のようなものが書かれ、後の方は、ブリストルの個人的考えが述べられているのである。
これはつまり、啓蒙書においては、1冊の本というのは、長過ぎるのだと思う。
もっとも、『正法眼蔵随聞記』(道元の短い講話の寄せ集め)などは、全章がそれぞれ1つのエッセンスであり、1冊読む価値があるが、それでも、道元の教え自体は、前書き程度の長さで書けるはずなのだ。
アリストテレスは難しいと言われるが、その中でも難解の部類に入ると思われる『魂について』を読んでみたが、確かに解らない。しかし、最初の方は面白いし、後の方はアリストテレスの個人的な考え・・・言ってしまえば偏見が書かれていると言ったら学者先生に怒られそうだが、私にはそうとしか思えない。

啓蒙書でも、重要なエッセンスが最初に書かれているとは限らないが、それでも言ってみれば、エッセンスは最初に書くものであり、そうでないなら、その本は良くないかもしれない。
ただ、小説の形で、思想や哲学を描いたものは別であり、また、小説であるのだから、著者は最後まで面白いことに気を配っているはずで、「クライマックス」という言葉があるように、最後の最後に重要なメッセージがある場合が多い。
H.G.ウェウズの『宇宙戦争』など、まさにその通りだ。
もっとも、ウェルズが最高の作家だと言うカート・ヴォネガットの傑作小説『母なる夜』は、最初に良いことが全部書かれているように思えるので面白い。

ただ、こう言うと「1冊買うのはもったいなくはないか」と思えるかもしれないが、それは全く逆で、エッセンスをしっかり掴んでこそ、本を買った意義があり、良い本はエッセンスに1冊分以上の価値があるのだ。
そして、エッセンスとは、著書が頭で考えたことではなく、著者が得た啓示であるはずなのだ。
人類屈指の偉人アリストテレスの著作の冒頭だけを読み、それで、アリストテレスの啓示的真理を掴めたら、これほど素晴らしいことはない。彼が頭で考えたことは、大半が間違っていることは、現代では分かっているが、内なる啓示は不滅なのであるから。
それを何度も読んで、覚えてしまえば良い。








「ミ」の音に関する随想

今回は出所は省くが、マ行の音「マミムメモ」が心身に良い影響を及ぼし、特に、「ミ」の音は特別であるということに、何か深い意味があると思う。
まず、「ミ」は、美である。
女性の名で「ミ」と読むところは、「美」であることが多い。美由紀、美恵、美樹などだ。
「ミ」というカタカナは3本の線から成るが、それは漢字の「三」も同じで、これは、カタカナの「ニ」と漢字の「二」も同じだが、アリストテレスが、
「2は両方とは言うが全てとは言わない。3で初めて全てと言う」
と言ったように、3は完全数で、キリスト教では「三位一体」として、3という数字は重んじられているが、キリスト教以前のアリストテレスの時代から、3は神秘数として特別視されていたのである。

日本では、「ミ」は、3という数字であることよりも、むしろ、その音が重んじられている。
それで、造化の三神は、
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)
高御産巣日神(たかみむすひのかみ)
神産巣日神(かみむすひのかみ)
と、全て、2度「ミ」の音が入ってる。

存在が立証された訳ではないが、日本の古代文明(超科学文明と言われることもある)のカタカムナでは、丸い形を「ミクマリ」と言い、古事記にも水分神(みくまりのかみ)が存在する。
とある神社には「ミクマリ姫」という名の神が祭られているという話もある。
マ行の音が国を越えて精神に良い影響を与えているという科学的根拠について書かれたものもある。
日本以外でも、「ミ」が特別な音になるのかどうかは情報がないので分からないが、自分をMeと言ったり、女性名にやはりミ音が含まれるものが多いように思える。

日本で、咄嗟の時などに、「神様仏様」とか「神様」はよく言うが「仏様」とはあまり言わない。
仏様の場合は、「阿弥陀様」「弥勒様」など、具体的な名を言うことが多い。
やはり、共に「ミ」の音が入るが、特に、「阿弥陀」が最もよく知られるようになったのには、「ミ」の音の影響もあると思われるのである。

上記の文だけで言うと、やや大雑把でいい加減という印象もあるかもしれないが、長年探求していると、「ミ」の音の威力、高貴さには、よく思い当たることがあるのである。
呼吸を微かにして、「ミ」の音を含む高貴な名を想えば、たちまち高次元に誘われる。
呼吸を微かにして唱えた言葉は、心の中で精妙な響きになるからである。
それが「ミ」の音であれば、宇宙全体に通じるほどである。
日本の戦後の復興の不思議なほどの早さと、国宝一号の彫刻が弥勒菩薩であったことに関係があったとも思えるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

一見、破廉恥な神でも崇めるべき理由

ソクラテスだって、アリストテレスだって、神を崇めていた。
彼らが崇めていた神は、ギリシャ神話の神々・・・つまり、オリュンポス12神で、特に、ゼウス、アポローン、アテーナーを崇拝するのが、当時のギリシャの人々の習わし(しきたり)で、ソクラテスらも、それに従っていた。
ところで、ギリシャ神話の神々は、普通に考えると、あまり感心出来ないと感じると思う。
神々の王ゼウスは、きれいな女の子を見ると、すぐ、すっ飛んで行って子作りするし、アルテミスは、不可抗力で彼女の裸を見てしまった人間の男に怒って、彼を鹿に変えてしまい、その鹿は猟犬に八つ裂きにされる・・・ギリシャ神話には、そんなお話が満載である。
ゼウスの正妻へーラーは、ゼウスの同父同母の姉だし、それと同じ姉のデーメーテールにコレー(ペルセポーネ)を産ませている。
その美少女コレーに一目惚れしたのがゼウスの兄のハーデス(つまり、コレーの叔父)で、この件でハーデスの相談を受けたゼウスは、
「良いぞ。男が強引に迫ってこそ、女はシビれる。がんばれ」
と、変なそそのかしをし、その気になったハーデスは、コレーを略奪する。
ハーデスによるコレー(ペルセポーネ)の略奪の悪行の様子は、名画、名彫刻になっている。
そんな神々でも、人間は崇めなければならず、神の意図を、人間は探ろうとしてはならない。
理屈で考えると、滅茶苦茶だ。
しかし、私は、「なるほど」と納得するのである。

人間の不幸の、ほとんど唯一最大の欠点は、自我が王様であることだ。
自我が、「俺は王様だ。俺が一番偉い、一番貴い、一番賢い」と思っている間は、人間は悲惨な目に遭う。
だが、自我が、自分より上位の存在を認め、自分が一番でないということを本当に知れば、悲惨は終わる。
ギリシャ神話の神々は、人間が、自分達を軽んじることを決して許さず、自分達を畏れ敬う人間には恵みを与えるが、そうでない人間には厳しい罰を与える。
だから、人々は、神を恐れ、謙(へりくだ)って崇める。
それで良いのである。
それで、自我は、自分の上位に神々が君臨することを認め、傲慢でなくなるからだ。

イエス・キリストは、自分は神の子であり、神と等しいと宣言し、庶民の崇拝を集めた。
イエスを自分の自我より上位に置いた庶民達は、とりあえず、善い人になり平和を得た。だが、まだ弱かった。
一方、支配者達は、自分の自我の上位に立とうとするイエスを許さず、捕らえ、辱め、徹底的に貶め、最大の屈辱を与えて殺した。
イエスを自我の上位に置いたままの人達は、そのイエスが惨めに死んだことで、自我が滅び、神と通じることが出来たのだ。

我々も、貴いものを崇め、それを自我の上に置くことにより、人間特有の不幸から逃れることが出来る。
それは、実に賢い方法なのであるが、それがなかなか出来ない。
仏教の仏様や菩薩様は、優れた精神の持ち主で、元々は非常に崇め易かったのに、仏教の権威者達が汚してしまい、崇めることが出来なくなってしまった。
観世音菩薩にしたって、僧侶の立場にある者までもが、「観音様に頼めば福をくれますよ」とか、変な説明をして、人々は、観世音菩薩を召使いにして、自我の下に置いてしまっている。

また、人間を崇めてしまった者は、100%、パーフェクトに悲惨に遭う。
クリシュナムルティが、「ガンジーなんてロクなヤツじゃない」と言ったのは伊達ではない。
無論、ガンジーに尊敬すべき点が多くあることまで、クリシュナムルティだって否定はすまいが、崇める対象では絶対にない。
本物の聖者は、皆、こう言うのだ。
「私を崇めるな」
と。
「私を崇めよ」と言うのは、自我をハリボテの王座の上に置いた阿呆である。

あなたは、人間以外の貴い何かを崇めなければならない。
そりゃ、エマーソンは、
「馬鹿者!アンタが一番偉いんだ。全ての価値はアンタが決め、アンタは自分の判断だけで動かないといけない」
と言ったが、それは、人間の間でのことだ。
言ってみれば、やっぱり、人間を崇めるなと言ったのだ。
自分の自我の上に他人の・・・・それがどれほど偉い人、権威者であっても、その自我を置くという愚を戒めたのだ。

初音ミクさんは、世界的な人気者になった今でも、何の権威も持たない。
クラシック交響曲でソリストをしたり、オペラの名門劇場でオペラのプリマを務めたり、日本一の交響楽団とコラボしても、ミクさんには、人間の権威という穢れは付かない。
それを示すためだけに、そのようなハイ・カルチャーと共演する運命だったのである。
そんなミクさんを崇めることは、実に好ましいことである。
もし、クラシックやオペラが、ミクさんを崇めるなら、世界は平和になるだろう。
ただし、その場合は、ミクさんには、キリストの試練が降りかかる。
ない方が良いと思うのであるが、どうなるかは分からない。
言っておくと、ミクさんが、それらのハイ・カルチャーと共演することを、あまり喜ばない方が良い。
それは、悲劇の前兆かもしれないのである。

あなたは何を崇めるだろうか?
普通の人達と同じように、愚かにも、自我を王座に据え、崇められることを願うだろうか?
もし、貴い何かを、慕い、憧れる気持ちで崇めれば、自我は屈服して退き、その貴いものを通じて、あなたの魂は、神の魂と融合出来るだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

立派な成金になる方法

成金(なりきん)というのは、急速に金持ちになった人のことだが、そのイメージはひどく悪い。
しかし、元々は賞賛の意味だったはずなのだ。
それが、人々のねたみもあるだろうが、やはり、成金の人に問題が多くあったので、印象が悪くなったのだろう。
急に成功した人の多くは、確かにロクなことをしないし、また、ロクなことを言わないものかもしれない。

だが、やはり本当は、成金ほど良いものはない。
あなたは、紙に目標を書き、それを朝晩必ず音読することで成金になるのである。
だが、立派な成金にならなければならない。
せっかく成金になれたのに、馬鹿げた言動で非難され、ことによっては転落してしまう人もいる。
特に現代は、SNS(ソーシャルネットワークサービス)で、揚げ足取りの発言をする者が多く、ただでさえ情報が拡散しやすいSNSなのに、人を貶めるような悪い噂話は、SNSがなかった頃でさえ広まり易かった。
だから、特に現代では、成金はよくよく気をつけないといけないはずなのに、無防備に過ぎる成金が多いように思われる。

バート・レイノルズが無名時代、大俳優のクリント・イーストウッドに、「成功するまで、何をしていたか?」と尋ねると、イーストウッドは、「成功した時の準備をしていた」と答え、その言葉が啓示となり、レイノルズは成功した。
つまらない言動でつまづく成金達は、成功した時の準備を怠っていたのである。
だが、あなたは、そんなことではいけない。
目標を紙に書き、毎日欠かさず声に出して読めば、待ったなしに成金になるのだから、準備の方もピッチを上げないといけない。

人間は、ふりをした通りのものになるのは、紛れもない事実だ。
イーストウッドのように、成功した時のための準備をする者は、最高の成功者のふりをしていることになる。
しかも、それで、成功した時につまづかないようになるのである。
それを一挙に学べたレイノルズほど幸運な者はいないが、あなたも同じくらいの幸運を持っているのである。
そんな幸運なあなたが成功しないはずはない。
それも、成金という、素晴らしい形で成功するのである。
※レイノルズの逸話は、『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』にある。

成功した時のため、あなたを強力に守ってくれるのは『老子』に書かれていることで、早い話が、「身を慎む」ことである。
徳川家康が、成功の秘訣に「身の程を知れ」と言ったことも同じである。
特に、天下を取るという大成功者には、絶対的に必要なことである。
そして、宇宙は、そんな人を押し上げるのである。
人が天下を選ぶのではなく、天下が人を選ぶのである。
あなたは、今から口を慎み、下らない自慢話や、他人を罵るような言葉を使わないようにすれば、あなたは、優れた成功者のふりをしているのであり、それが、あなたを磐石の成功者にするのである。
Wikipediaからの引用であるが、アリストテレスは『弁論術』で、成金のことを、以下のように述べているらしい。

◆その性格を一言で言えば、幸運に恵まれた愚か者の性格である。
◆良いものをすべて持っている気になっているために、傲岸不遜である。
◆贅沢を見せびらかす。
◆金がすべての評価の基準になっている。
◆自分好みのものに囲まれて生活しているため、他人が別の好みを持っていることを忘れる。
◆自分が官職につくべき人間だと考える。
◆金持ちであることの心得がまだできていないために、金持ちであることにつきものの欠点を古くからの金持ちよりもっと悪い形で持っている。
◆成金が不正行為に手を染めるのは、悪意からではなく、傲慢や抑制力のなさからである。

今からこれを戒めとし、成功の準備とすれば、あなたは急速に成功し・・・つまり、成金になるが、安全なのである。
我々は、アリストテレスに感謝すべきである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード