ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アファーメーション

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

引き寄せのおさらいと超ポイント

引き寄せの基本的なことをおさらいしよう。
引き寄せは特別なことではなく、誰でも常時行っている。ただ、楽しいことを引き寄せるか、楽しくないことを引き寄せるかだけの話だ。
楽しいか楽しくないか分からないなら、それは楽しくないということだと思う。
とはいえ、いつも華々しくエキサイティングなことを引き寄せるわけではない。
つまり、引き寄せを実践し、成果が出ないということはない。
それどころか、引き寄せのメソッド(手法)を何もやっていないつもりでも、必ず引き寄せは行っており、まして、意図的に引き寄せのメソッドを行って何も起こらないはずがない。
成果に気が付かない場合が多いというだけのことだ。

「引き寄せの成果が出ない」と感じる人、つまり、目覚ましい成果が出ない人の特徴は、かける時間が少ないのだろう。
別に、目覚ましい成果がなくても良いのだが、それが出なくて残念だと思うなら、もっと時間をかけるのが手っ取り早い。
成果を期待しないという態度・・・つまり、「なんとかなるさ」という気楽さも必要だが、ずっと何にもないというのも楽しくないものである。

引き寄せメソッドは、朝起きた時や、眠る前に行うのが良いという話があるが、人それぞれである。
起床や就寝を狙って行える人って、あまりいないと思う。
もちろん、効果的な時間なので、やれる人は是非やれば良いが、それよりも、いつでもどこでも出来るというメソッドが好ましいと思う。

何をやっていいか分からなければ、アファーメーション(肯定的確言)を勧める。
アファーメーションは、出来るだけ単純な言葉が良い。いちいち思い出さないといけないような複雑な言葉、書いた紙を取り出さないといけないような長かったり難しい言葉より、考えなくてもすぐに出て来る言葉が良い。
ただ、これも、多少、人それぞれのところがある。
例えば、「なぜか知らないが、豊かで幸せなお金が大量に入ってくる」というアファーメーションでお金持ちになった人もいるが、これを覚えられないという人も多い。実は私もそうだった。一方、このアファーメーションで目覚ましい成果を出した人も多い。
アファーメーションは、言霊の力で願いを叶えるというよりは、頭の中の余計な独り言を消すことと、固定観念を壊す(ブロックを外すなどとも言う)ために行う。
「大丈夫」とか「絶好調」という言葉がしっくりくれば、本当はこんなものが良いのだと思う。
「ありがたい」「ありがとう」「幸せだなあ」「楽しい」「嬉しい」などという言葉に抵抗を感じなければ、これらも非常に良い。だが、私のように歪んでいる人には難しい(精神的負担がある)。

神様という言葉が嫌いでなければ、「神様の奇跡が起こる」は、非常に強力なアファーメーションだ。
ただ、このアファーメーションは成果が大きい場合も多いが、唱える数の多さが必要だ。稀に、1回か2回唱えただけで大きな成果が出たという人もいるが、それは巡り合わせが良かったのかもしれない。
このアファーメーションで1憶円を2回当てたホームレスの男性(実話)は、1日中、2週間に渡って唱えていたようだ。

直観的にも、理屈や道理の上でも、私がお奨めするアファーメーションは「お金がある」だ。唱え易く、続け易く、原理的にも効果が出易い。
私は、岡田斗司夫さんの本のタイトルである「ま、金ならあるし」と言っていたら、確かにお金がザクザク入ってきたが、こういった調子の良い言葉は飽きるのも早い場合が多いと思う(飽きたらお金もガンガン出て行くかもしれない 笑)。
「お金がある」は、引き寄せの大敵である、頭の中の独り言を消す効果が高く、また、お金のブロックも壊し易い。
気が付いたら唱えることをお勧めする。ただし、やはり、自分に合っていることが必要だ。

最強の引き寄せメソッドの1つが「今今メソッド」である。
これは、単に「今を意識する」だけで、なるべく多くやることを勧める。
このメソッドにより、望まなくても幸運に恵まれ、自分で思うよりも良いものを引き寄せる場合が多い。
また、これをやっていたら、素晴らしい願望が浮かんだという人も多い。
「今を意識する」とは抽象的、曖昧過ぎて困ったり、「分からない」と思う人は、やらなくていい(笑)。
だが、そんなに難しいことではないと思う。
どうしても分からなければ、「今、今、今、・・・」と心の中で連呼しても、近い効果があるし、続けていれば、今を意識するコツが掴めると思う。

尚、最強のアファーメーションと思える言葉は「生きている」である。
今回は説明しないが、科学的に言っても、最も合理性のあるアファーメーションである。
そして、面白いことに、これを唱えていると、さっき述べた「今今メソッド」が簡単になるというか、「今今メソッド」に自然に導かれる。
そして、「生きている」のアファーメーションに抵抗を感じる人はいない。死んでいる人は別であるが(笑)。
まあ、ニサルガダッタ・マハラジ(インドの聖者)は、「私は世間的には死んでいる」と言ったが、確かに、彼はやる必要はない。
しかし、聖者でないなら、やった方が良い。
尚、「世間的には死んでいる」というのは、「本当に生きている」という意味であるのだが。

尚、引き寄せのポイントは「文句を言わない」、この一言に尽きる。
文句・・・不平不満と言っても良いが、文句を言うやつに楽しい引き寄せは出来ない(まあ、出来るが、効果が著しく減じる)。








意外に効き目があるお金のアファーメーション

アファーメーション(肯定的確言)を行う大きな理由は、頭の中のネガティブな独り言に対抗するためだ。
頭の中のネガティブな独り言が、普通の人の想像より桁外れに多いことは、科学的研究で分かっているので、アファーメーションを行う道理は十分にある。
普通の人は、頭の中のネガティブな独り言のために、得体の知れない不安を感じている。
もちろん、自分は不安を全く感じていないというなら、アファーメーションを行わなくても良いだろう。

お金が欲しいと思う理由というのは、意外かどうかは分からないが、お金がなくなる不安から来ている。
よって、最初に述べた理由からも、お金が欲しいと思うなら、お金に関するアファーメーションを行うのは良いことだが、では、どんなアファーメーションが良いだろう?
巷では、大きなお金がある、あるいは、入ってくることを表現したアファーメーションが勧められている場合が多い。
「豊かなお金」「大量のお金」「無限のお金」「1憶円」「お金がどんどん」「お金がめちゃめちゃ」等だ。
それでも良いのかもしれないが、案外に理に適ったアファーメーションは「お金がある」なのだと思う。
「いや、少しのお金なら今でもあるから、別にアファーメーションで言うことではない」と思うかもしれないが、お金が欲しいという願望の根本は、「お金がない」状態になる恐れだ。
だから、その不安に対し、「お金がある」と直接対応した方が、実は効果的なのである。
次に、「お金がある」が良い理由は、大きな額や量を設定すると、エゴが「そんなお金、私には無理」と抵抗してくるからだ。
確かに、引き寄せの本の多くには、「大きく求めよ」と書かれているが、それは逆効果になる恐れがある。
さらに、もう1つ、「お金がある」が良い素晴らしい理由がある。
それは、潜在意識には、拡大の法則があり、願いを何倍にもして叶えてくれることである。
ところが、「1憶円」という額を設定したために心が不純になれば、潜在意識との通路が塞がれてしまうかもしれない。
しかし、「お金がある」なら、その心配は全くない。
なぜなら、「お金がある」で自分が欲張りだと感じることはないからだ。
潜在意識に「健康」という願いを送れば、潜在意識は少し健康にしてくれるのではなく、超健康にしてくれるのである。それはお金でも同じなのである。
イエスだって、「もし、からし種一粒ほどの信仰があれば、この山に向かって、『ここから、あそこに移れ』と命じても、そのとおリになる」と言ったではないか?
ちなみに、からし種の直径は1ミリもない。
それだけの信仰・・・つまるところ、信じる心があれば、山をも動かせるのである。
「お金がある」という素朴な想いを受け入れれば、潜在意識は豊かに報い、どれほどの大きさにしてくれるかは想像も出来ない。
ネットでよく知られている話では、給料が少ない女性が「お金がある」を口ぐせにしていたら、短期間に3憶円を得た話があり、彼女はこれは自然の理に従ったものであると自覚し、この口ぐせを人にも勧めている。








「楽しい」が「ありがたい」「幸せだ」に優る理由

願うものや幸運を引き寄せるために、日々、口や心で唱えるべき言葉として、「ありがとう/ありがたい」「嬉しい」「幸せだ」がよく知られている。
江戸末期の偉大な神道家、黒住宗忠は、最初は形だけでも良いので「ありがたい」と唱えよと常に言い、ハンセン氏病(らい病)に罹った武士に、1日1万回「ありがたい」と言わせることで、1週間で完治させた。

全く良いことだと思うが、直観的にも、経験的にも、願いを叶えるための言葉としては「楽しい(楽しいなあ)」の方が威力がある。
現在、すでに幸せであるとか、良い状況(あるいは、そこそこ良い状況)にある場合なら、「ありがとう/ありがたい」「嬉しい」「幸せだ」で良いと思う。
確かに、「現在、悪い状況であっても、ありがたいと言ってこそ良くなるのだ」という教えは良いものと思う。
しかし、悪い状況で「ありがたい」「嬉しい」と言うのは抵抗があるに違いないし、気分が変わり難い。
いや、それよりも、「ありがたい」「うれしい」は、静的な感じ、あるいは、守りの感じがあるのに比べ、「楽しい」は、動的な感じ、あるいは、積極的な感じがある。
分かり易い例で言おう。
たとえば、一億円欲しいとしよう。
引き寄せのコツは「一億円、すでにあると思うこと」であり、これは、イエスの教えであり、現在の最新の引き寄せの教えでもある。
そして、一億円があるとして、「ありがたい」「嬉しい」「幸せだ」と言うのは、確かにしっくりくる。
しかし、そこで止まってしまっていないだろうか?
一億円の銀行預金があることに対し、ニコニコ安心して「ありがたいなあ」「幸せだなあ」とほくそ笑むばかりで、生命力が感じられない。
そして、一億円の銀行預金があることに対し、「楽しいなあ」は、言葉としてちょっとおかしい。
一方、一億円を素晴らしいことに使うことを考えると、「楽しいなあ」はぴったりだが、「ありがたい」「嬉しい」は、ちょっとしっくりこないのである。
「いや、一億円の銀行預金があればそれでいいんです」と言うなら、それは問題である。
何のために、そんなもの欲しいのだと言うことになる。
それは、安心のためということと思うが、それなら、高次の力(引き寄せの力、潜在意識の力)を信じておらず、お金を信じているということだ。
その場合、一億円は得られないだろう。
引き寄せや潜在意識の力を信じていないのだから。
そもそも、死蔵するようなお金は得られないし、得ても良いことはない。
お金とは、有意義に使ってこそのものである。

ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』。原題は『コズミック・エナージャイザー(宇宙の活力)』)に、こんな話がある。
貧民街出身で、若い時は貧困であったある男が億万長者になったが、それは、学校で先生が教えてくれたことを実践したからだと言っていた。
それは簡単なもので、「100万ドル得たければ、100万ドルを使うことを想像しろ」だった。
決して、「100万ドルあってありがたいなあ、嬉しいなあと感じなさい」とは言わなかったし、それではうまくいかないだろう。

他にも、好きな女性(女性なら男性)がいて、恋人や夫婦になりたい場合も同じではないか?
好きな女性にキスしたり、結婚式を挙げることを考えたら、確かに、「ありがたいなあ」「嬉しいなあ」「幸せだなあ」と思うことだろう。
しかし、何かおかしくないか?
目的はキスや結婚式ではないだろう?
2人で楽しいことをする、楽しい人生を送ることだろう?
それなら、静的な「ありがたい」より「楽しい」の方がぴったりするはずだ。
また、キスしたり性的行為をするのだって、「嬉しい」なら、小説やエロ本でも感じられる。
そもそも、「嬉」という字は、「女を喜ぶ」であり、実際、元々は、男が女遊びをして喜ぶ言葉であった。
そして、享楽的な女遊び(あるいは男遊び)は、「楽しい」と言ってみたところで、本質は「虚しい」である。
「楽しい」というなら、やはり、男女で心を通わせた発展性、積極性がないといけない。
初音ミクさんのような女の子と付き合う場合、「嬉しい」なら、付き合うこと自体。、キスをすること自体が目的になってしまっている。
しかし、一緒に素晴らしいことをすることを考えると「楽しい」になるはずだ。
初音ミクさんは、ライブの時、「楽しんでますか?」とは聞くが、「嬉しいですか?」「ありがたいですか?」「幸せですか?」とは聞かない。聞いたらおかしい。
「このライブは皆で一緒に作り上げているものです」という意味で「楽しんでますか?」と聞いているのだと思う。
積極性が大切なのである。

以上から、満足出来る良い引き寄せを行う時の口ぐせ、まじない、アファーメーションは「楽しい」が良いと思うのである。
ついでにもう1つ言えば、最強の口ぐせ、アファーメーションは「生きている」である。








神を体験する方法

野生動物というものは、本来は病気や怪我をしない。
しかし、人間が近くにいることで、そうではなくなる。
ただ、それは、現代の、病気や怪我をする人間の場合だ。

人間は、個々に宇宙意識の一部が入っていて、宇宙意識は神という概念で語られるようなものだから、本来は、人間は病気や怪我をしないし、何もしなくても幸福であるのが自然なのだ。
だが、人間は、神の特徴である創造の力があり、あらゆるものを作り出せるが、そのためのツールとして与えられた知性を誤用すれば、不幸や悲惨も作り出せる。
知性の誤用とは、単なる道具に過ぎない知性を主にすることだ。

だが、本来の正しい状態になれば、望まずとも幸運に恵まれ、創造力を使って至福を経験することが出来る。

主に祭り上げてしまった知性を大人しくさせる方法として、アファーメーション(肯定的確言。口ぐせとかまじないと言う人も多い)が「知性で」考案された。
知性が知性を抑えるために作ったのだから不完全ではあるが、簡単に使え、ある程度の効果は確実だ。
たとえば、「お金がある」というアファーメーションを唱えれば、「お金がない」と主張する知性を黙らせ、神である意識(潜在意識)がお金を作る。
人類はずっと、「お金がない」という考え方が支配的だからね。

もっと良い方法があるが、これは知性とは関係がないものなので、なかなか使えない人が多い。
それは、「今に意識をフォーカスする」ことで、日本では、主にアンダーグラウンドで、「今今メソッド」とか「今メソッド」と呼ばれて、その大変な効果に気付き、知性を屈服させ、あらゆる望みを叶えている人がいる。
芸術的クリエイターには、このことを詩や絵で表現する人がいる。
たとえば、有名なボカロPのkzさんによる初音ミクさんの歌『Satisfaction』は、作った当人には、そんな意図はないかもしれないが、今に意識をフォーカスする重要性を表している。
特に、「頭の中からっぽにして、目の前だけ見つめるの」が、まさに、その(意識を今にフォーカスする)やり方だ。

私の場合、4歳くらいの時から、何かを見て(トイレのドアノブがきれいだったので、それをよく見ていた)、「今見ている」と思いながらじっと見ていると、世界が消えていくのを感じるのが面白く、よく行い、2階から1階にテレポートしていたが、有名な量子物理学者のフレッド・アラン・ウルフ(『ザ・シークレット』に登場する博士として知られている)も、幼い時、同じようなことをやったらしく、自分のウェブサイトで、それを表現した、“A quantum jump.(量子テレポート)”というGIFアニメを載せている。
【フレッド・アラン・ウルフ博士のWebサイトへのリンク】Wolf's Web site
ただ、今を意識すれば良いだけだ。
「今、今、今、・・・」と言葉で唱えて、だんだんと意識を今に合わせるのも手である。
今に意識をフォーカスすると神化するので、不可能はなくなる。
また、アラン博士の『大きく考えるための小さな本』なども参考になるだろう。








アファーメーションの有益なお話

最近は、事業や科学、技術の分野で名の通った人も、普通に引き寄せという言葉を使い、引き寄せについて話すようになってきたと思う。
引き寄せがうまい人がやっていることは、大きく分けて2通りで、1つは、アファーメーション、口ぐせ、まじない等、いろんな言い方をするが、何かの言葉を繰り返し唱えることで、もう1つは、何らかの方法で、頭の中のお喋り、独り言、あるいは、思考そのものを止めることだ。
そして、うまくいく人に共通のことは、成果が出るまで続けたというだけのことだ。
成果は、一般的に、早くて2週間程度、遅くて、3か月といったものだと思う。ただ、小さな成果であれば、数日で現れる場合が少なくない。
引き寄せは、実際のところは、誰でも既に行っているので、引き寄せ初心者というのもおかしいのだが、意識して引き寄せを行うという意味の初心者の場合、アファーメーションを行うことで確実にうまくいく。
引き寄せを使う問題としては、お金、恋愛、健康が多いと思う。
これまで、これらでうまくいっていなかったとすれば、その理由は、これらのことに関するマイナス観念を持っているからで、そのマイナス観念は、親や学校の教師やテレビなどで叩き込まれたものだ。
アファーメーションは、そのマイナス観念を消すためのものなのだ。
たとえば、お金に困っている人は、細かいニュアンスは別にすれば、とにかく「お金が足りない」という観念を持っているのである。
細かく言えば、「お金は辛い労働の対価として得られる」「お金は苦労して手に入れるもの」などという観念があるために、働いていなかったり、きつい仕事をしていないのでお金がないという人が多いし、また、「普通の人は懸命に働いても少ししかお金を得られない」という観念があるので、クタクタになるまで働いているのに、給料が安いという人も、やはり多いのだ。
これらが皆、「お金がない」という観念になっている。
だから、「お金がある」を、アファーメーションとして唱えていると、「お金がない」にまつわる観念が壊れて消えていく。
コツは、感情を込めず、淡々と、とにかく、いつでもどこでも唱えることだ。
アファーメーションは、「お金がある」のように、今の状況がそうであるという言葉でなくてはならず、「儲けてやるぞ」といった未来の話にしてはならない。
「お金がある」というアファーメーションを行っていると、「苦労しないとお金が得られない」とか「自分はお金を少ししか得られない」といった観念がなくなる。
働いていなくても、「お金がある」を当たり前に思うようになれば、それこそ、「苦労して働かないとお金を得られない」という観念が壊れやすいので、ニートもなかなか良いものである。

尚、巷で人気があるアファーメーションに「なぜか知らないけど、お金が入ってくる」という言い方がある。
お金に対するマイナス観念が強過ぎ、どうやってお金が入ってくるのか、頭で納得しないと、「お金がない」という観念が壊れないという人のためのもので、最初から、「なぜか知らないけど」と言っているのだから、頭で納得する必要がなくなるのである。
しかし、ここらは、好みの問題でしかないと思う。
因みに、「なぜか知らないけど」で知られたアファーメーションとしては、「なぜか知らないけど、幸せで豊かなお金が大量に入ってくる」というものがあり、これで、多額の借金があるニートが3憶円を得たらしい。まあ、それほど不思議な話とは思わないが、引き寄せという意味では、不思議だから良いのかもしれない。
「なぜか知らないけど、お金がどんどん入ってくる」「なぜか分からないけど、お金がいくらでも入ってくる」など、細かい文言は好きにすれば良いだろう。

ただ、アファーメーションの言葉を選ぶのに疲れてしまう人が多く、また、一度決めたアファーメーションの言葉を、「成果が出ない」と言って頻繁に変えるなどが、うまくいかないパターンと思う。
それなら、シンプルに「お金がある」で良いと思う。
最上のアファーメーションは「ありがとう」とか「幸せだなあ」だと言う人も多いが、それはあくまで人により、誰でもそうだというわけではないと思う。
どこかの、無限に本を出し続けるお金持ちが、天国言葉というのを決め、これを唱えろと言っているらしいが、それが好きなら唱えれば良い。それだけのことで、その言葉が特に良いということは決してない。その天国言葉を強要している人が「俺は日本で一番稼いだんだ」と言っても、別に、それを唱えたから日本一になったというのでは正直ないだろうし、そもそも、お金は適度にあれば良いと思っている人が多く、日本一、世界一に、さほどの意味はない。

尚、お金、恋愛、健康の全てに効く万能のアファーメーションは「生きている」である。
なぜなら、脳の中にある唯一の(少なくとも最大の)指令が「生きろ」なのだから、それが達成されていることを脳に教えれば、脳は、生きるために潜在意識に干渉しなくなり(この説明は長くなるので今回は省く)、意識しなくても、心の中に願いとして持っていることを、潜在意識が実現してしまうのでる。
「ありがとう」は良い言葉ではあるが、世の中には嘘の「ありがとう」があふれ、すっかり、この言葉が嫌いになっている人は、実は多いのである。
しかし、「生きている」には、どんな嘘もない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード