ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

アファーメーション

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

うだつが上がらない人達へ

一度も高く飛ぶことなく、低空飛行を続ける者のことを「うだつが上がらないやつ」と言う。
まるで駄目男君のように、低空飛行どころか、ずっと地べたを這う者もいる。
そんな連中には、今でも望みを持っている者もいる。
しかし、そのままでは、ほどなく墜落して残骸としてのたうつことになる。

なぜ、うだつが上がらないのかというと、呪文を唱え続けなかったからだ。
これは、宗教ではなく科学である。
少し自己観察力がある者は、頭というものは勝手に、「独り言」をお喋りすることに気付いている。
メキシコの秘教のグル、ドン・ミゲル・カルロスや、仙道家の高藤聡一郎さんは、そのことを本に書いてもいた。
それは人間を地面に縛り付ける悪魔のささやきである。
しかし、カルロスらは、それに打ち勝つ方法を、実行不可能な難しいことしか教えてくれない。
我々に出来る方法はただ1つ、呪文を唱えることだ。
呪文という言い方に違和感があれば、自己暗示、アファーメーション、祈り・・・何と呼んでも構わない。
同じことだ。

その呪文は、「絶対、大丈夫だ」である。
ここで言うまでもなく、ネイビーシールズの入隊試験のような過酷なものを突破出来る人間は、頭の中で「オールライト(大丈夫)」などとつぶやき続けていることは、調査研究で分かっているらしい。
好みによっては「全て善し」でも良い。
これは、「全て順調」「全てうまくいってる」という言い方が感覚に合う場合もある。
私はこれまで、「全てうまくいく」と未来形で述べてきたが、天啓を得て、「全てうまくいって(い)る」という現在形にした方が確実だということが分かったので改める。

MEIKOさんの『Nostalogic』という名曲は、実に切ない。
「マジカルミライ」では、「マジカルミライ2015(マジカルミライin武道館)」で初めて歌われ、続いて、初の幕張メッセでの公演となった「マジカルミライ2016」で歌われ、今年の「マジカルミライ2018」では、インテックス大阪と幕張メッセで歌われた。
唄の内容は、「うだつの上がらない者」の話だ。
若い時に夢を持っていたが、自分はいつも、成功して高く飛ぶ者達を見ているだけ。
だが、夢を諦めず、今ももがいているようだが、どんな未来が待っているか?
あまり希望は持てないように思える。
だから、今も前向きに走り続ける姿がむしろ痛々しい。
【YouTube】[60fps Full風] Nostalogic ノスタロジック - MEIKO メイコ Project DIVA Arcade English lyrics Romaji subtitles
この唄で描かれている者がなぜ駄目なのかというと、いくら勇ましくても、頭の中のおしゃべり(ミゲル・カルロスによれば、それがエデンの園のヘビのことらしい)にやられてしまっているからだ。
呪文を唱えないと、このような憂き目に遭う。
「マジカルミライ2018」のインテックス大阪公演で久々に歌われた初音ミクさんの「1/6」では、「いつか重力のクサリを断ち切り」と願う言葉から始まるが、それを実現するのが呪文である。

イギリスの文豪チェスタートンは、「天使がなぜ飛べるかというと、天使は自分は軽いと思っているからだ」といったようなことを書いたらしい。
だが違う。
天使は常に呪文を唱えているから、自分を地面に縛り付ける頭の中のささやきを無力化しているのだ。
天使だから、呪文ではなく祈りと言った方が良いのだろうが同じことだ。
仙人も常に呪文を唱えている。
仙人が重力に縛られないことはご存知と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

秘教的呪文の形

有名なミュージカル映画『サウンド・オブ・ミュージック』のサウンドトラックを高校生の時に買ったが、その中の、『I Have Confidence in Me(自信を持って)』という曲の1フレーズをよく覚えている。

Everything will turn out fine

「全ては良くなる」といった意味だろう。
次の行はこうだ。

I have confidence the world can all be mine

「世界は全て私のものだという自信がある」といったところだ。
詩を書いたのは、アメリカの偉大な作詞家・脚本家であるオスカー・ハマースタイン2世だ。

素晴らしいアファーメーションであり、効果的な自己暗示、呪文になり得る言葉だ。
明るい未来を指し示す言葉は、人々にエネルギーを与えるだろう。
これは、私がお勧めしている呪文、「全てうまくいく」と同じと言える。
普通は、これで良い。

ただ、秘教的にすることも出来る。
簡単に言う。
上の歌詞は、「未来はこうなる」という形だ。
これを現在形にしてしまう。

Everything will turn out fine → Everything is fine(全て良好)
I have confidence the world can all be mine → I have confidence the world is mine(世界は今、全て私のものと信じる)

仏教の深い教えでもあるが、潜在意識に時間というものはなく、常に「今」である。
だから、「マジカルミライ2018」で、初音ミクさんが「みんな大好きなあの歌」と言った曲のタイトル『ワールド・イズ・マイン』は究極的呪文である。

「全てうまくいく」の呪文で、ものごとがうまく回り始めたら、「全て善し」「全て順調」「全てうまくいっている」とすれば、さらに効果は強烈になる。
別に、初めからこうしても良いが、多少は、今の感覚に配慮し、馴染むやり方を選べば良いと思う。

とはいえ、あまりこだわることでもない。
そして、「大丈夫」「絶対大丈夫」は、そのまま現在形であるが、より今を実感するためには、「大丈夫だ」「絶対大丈夫だ」とすれば良いだろう。
それで言えば、さくらちゃん(『カードキャプターさくら』)の最強の呪文「絶対に大丈夫だよ」にも大きな意味があることになる。

いずれにしろ、呪文を唱えることを決して忘れないように。
それで幸福は約束されるのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

もう心配ない

今朝、自然に3時9分に目が覚めた。
昨夜は9時頃に寝たので、本当に、こんなにたっぷり眠ったのは久々だ。

朝、目覚めた時に不安を感じても、「大丈夫、全てうまくいく」とおだやかに呪文を唱えれば、もう本当に大丈夫だ。
言葉のバリエーションは、
「大丈夫」
「大丈夫だ」
「大丈夫、全ていまくいく」
「大丈夫だ、全てうまくいく」
「全てうまくいく」
程度は全然構わない。
毎朝、この呪文を唱えると、人生は約束される。
自分の力の及ばぬことを自分が努力しようと思ってはならない。
自分に本当に出来ることはちゃんとすれば良いが、人間に出来ることなど知れている。
後のことは、神様か、潜在意識の無限の力(実は同じなのだが)にまかせれば全てうまくいく。
ただ、そう口では言いながら、まるで駄目な人間(残念ながら多い)と、本当に大丈夫で、全てうまくいく人間との違いは、ただ、呪文を唱えているかどうかだけだ。
仙人なんてのは、本当にいつでも呪文を唱えている。
呪文は、自己暗示、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)、祈り・・・好きなように呼べば良い。
そして、呪文は、出来るだけ感情を込めず、静かに、おだやかに、淡々と、頭の中で唱えるのだ。
思い出した時には、いつでも唱えた方が良い。
とはいえ、無理矢理必死で唱えてはならない。

誰しも不安はあるものだ。
あまりに重い不安は問題だが、それは呪文で問題ごと消える。
だが、そうなると、ある程度の不安は良いものだと分かる。
不安が全くない人生も退屈なものだ。
時々、「ああ!良かった!」と思うことが人生の楽しさ、面白さではないだろうか?
スーフィー(イスラム教神秘派)の格言に、
「神を信頼しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
というものがある。
好きな人がいれば、親切にすることだ。
後は神にまかせろ。
そして、誰にでも出来るだけ親切にすることだ。
出来なくても、しようという気持ちが大切だ。
亡くなられたプロレスラーでノア社長だった三沢光晴さんが、新人レスラー入門テストで、
「出来る出来ないかではなく、やろうとする気持ちを見ています」
と言われていたが、大切なのは、やはり意思だ。
呪文を唱えようという意思を持てば、急にものごとがうまく回り始める。

さて、今日から、初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018 in TOKYO」が始まる。
先行で開催されたインテックス大阪の公演があまりに素晴らしかったこともあり、昨日は胸が高鳴って大変だった。
毎年、体調不良で観劇していたが、それは、普段着慣れない薄い下着を着たことも関係あると思った(どんなに体調が悪くても、コンサートが始まってしまったら、楽しい以外、何もないが)。
それで、今年は、普段の下着でいこうと思う。
朝のトレーニングは、軽めに、腕振り運動と蹲踞(そんきょ)の姿勢を何度か繰り返す程度にしておこう。
そして、呪文を忘れないでおこう。
それで、未来永劫、全て大丈夫、全てうまくいくだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

さあ、呪文を唱えよう

今日、多くの学校で夏休みが終わる。
そんな今日は、子供達にとって憂鬱な日であり、絶望的に感じる子供達だって少なくない。
そのような子供達が自死しないよう、いろいろしてくれている人達の活動が成果を挙げるよう願いたい。
だが、夏休みの終わりに限らず、また、子供か大人かに関わらず、最も良いのは呪文を唱えることだ。
呪文と言ったが、アファーメーション(心を鼓舞する言葉)、自己暗示、祈り、魔法の言葉・・・何と呼んでも構わない。

その呪文は、
「大丈夫」
「大丈夫、全てうまくいく」
「全てうまくいく」
である。
呪文は、1つでなければならないが、この程度のバリエーション(変化)は構わない。
とはいえ、基本は、一番ピンとくるもの(「くるような気がする」程度で良い)を1つ選ぶことだ。
迷ったら、「大丈夫、全てうまくいく」で良い。
この言葉をなるべく感情を込めず、静かに頭の中で唱えるのだ。
回数は、1日少なくとも30回。
出来れば、朝30回、夜30回、そして、思い出した時にはいつでも唱えると良い。

私も、小学生から高校生まで、そしてそれ以降も、高校生までの時ほどではないが、死ぬことに憧れていたものだ。
特に気分の良い時は、漫画の影響か、プロレスラーになろうと思っていたが、普段は死ぬことが一番の幸せだと思っていたのだ。
だが、1日に数回だったが、呪文を唱えていた。
それは、本物の魔法の書(今は古書でも数万円する)に書かれていたものだが、どんな言葉だったかは忘れた。
だが、「なるようになる」程度の簡単な言葉だったのだ。

なぜ呪文を唱えるのかというと、いろいろあるが、1つには、脳科学が解明したところによれば、人間は頭の中で、1分に数百もの言葉を唱えているが、そのほとんどが否定的な言葉・・・例えば、「悪い事が起こる」「私は駄目だ」「私は醜い」「失敗する」といった言葉である。
だが、粘り強く、生命力ある人間は、常に、「大丈夫」「絶好調」「うまくいく」といった肯定的な言葉を唱えていることも分かっている。
肯定的な言葉を呪文として唱えることが、運命を決するのである。
人間は、心を支配出来ない。
前向きな心、明るい心は望ましいが、自分でそんな心にすることは出来ない。
自分で自由に何かを信じることも出来ない。
だが、言葉は支配出来る。
言い方を変えれば、人間に支配出来るのは言葉だけなのだ。
そして、言葉を上手く支配すれば、全てを変えられる。
その言葉をうまく使う方法が呪文である。
呪文は必ず効果を発揮するが、どんな効果があるかというと、唱えた言葉通りの効果である。
なぜなら、呪文の言葉が潜在意識の無限の力を呼び起こすのだからだ。
そして、上に挙げた呪文の効果は、文字通り「全て」である。
望む全てを得ることになる。
潜在意識に潜む強大な力にとって、それはあまりに容易いのである。
潜在意識に潜む無限の知恵と力・・・それを人間は神と言うのだからだ。

そして今日は、初音ミクさんの11回目のお誕生日である。
ミクさんの透明な(自我のない)歌声に心を乗せれば、自由に世界を創ることが出来るだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

念仏、呪文による無限の恵みの原理

人間は、幼児の時は、何をすれば、ごく身近な大人(普通は親)に誉められるかを自然に学習し、それが基本的な思考パターンになる。
続いて、何をすれば学校の先生に誉められるか、友達に誉められるかを学んでいく。
だが、親から学んだことと、学校での教えが著しく違っていると、混乱し、激しく反抗するし、親には誉められたことがクラスメイトには怒られると、戸惑ってひきこもりになったりする。

やがて、何をすれば、神様や仏様に誉められるかを学ぶが、それは、「何をすれば自分の本当の心が喜ぶか」と同じことである。
本当の自分が神であり、仏なのだから。
しかし、幼い時の親の教え、教師の教え、仲間の教え、会社の上司や同僚の教えなどと、神、仏の教えは全然違う。
善いことをしたつもりでも神様、仏様は誉めてくれない。
悪いことをしたと思っても、罰せられるとは限らない。
神様や仏様に誉められたら、恵みは無限である。

そして、大昔の賢い人が、何をすれば神様、仏様に誉められるか理解した。
結局のところ、「普段、何を考えているか」で決まるのである。
あくまで「普段、考えていること」であり、突発的に「俺は世界を良くするぞ」などと考えることではない。
ほとんどの人が普段考えていることは、自覚はないが、実に下らないことなのだ。
そして、その卑しい考えは自動的に行われていて、止めることが出来ない。
ところが、1日1時間でも、その自動的な悪しき思考を止めれば、それ(悪しき思考)が弱まっていくことに気付いた人が「瞑想」というものを考案した。
しかし、瞑想で効果を上げられる人は、ごく僅かである。
なぜかというと、幼い時に学んだ教えによる悪い考えが強烈過ぎて、下手な瞑想を少々やったくらいでは、どうにもならないからだ。
そこで、仏教の天才、龍樹(りゅうじゅ)は、経典の中から、仏の名を常時唱える念仏という方法を見つけて教え、龍樹に続く賢い人達は、「つまるところ、これしかない」と考え、それを日本では、法然が受け継いだ。
「南無阿弥陀仏」という簡単な言葉を、常日頃唱えていれば、頭の中の悪い思いは、それに置き換わる。
「南無阿弥陀仏」と想うことが、神様、仏様に誉められることだ。
ただ、それは、「大丈夫」と唱えても「絶好調」と唱えても同じことだ。
肯定的でありさえすれば良いのだが、「南無阿弥陀仏」という言葉は、絶対的肯定であると考えられ、注目すべきことは今でも変わらない。
とはいえ、それは人によりけりであり、自分の好きな言葉を常時、頭の中で唱えれば良い。
日本語で最も効果のある言葉の例は「大丈夫」「全て善し」で、「全てうまくいく」「全て順調」も良い。
1つの言葉を選び、それを念仏や呪文として唱えると、恵みは無限である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ