ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アファーメーション

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

偉人に低レベルな人向きのアファーメーションを教わる

人間は、鷹揚(おうよう。鷹が飛ぶようにゆったりしていること)な信念・・・つまり、余計な精神力を必要としない信念を持ったことが現実になる。
とはいえ、そのように滑らかで軽やかな信念を自在に持つことは出来ない。
心とは自由にならないものだからだ。
だが、言葉は自分の自由になり、「私は金持ちだ」「私は魅力的だ」と言うことは出来るので、このような言葉を繰り返して唱えれば、いずれは、この言葉通りの信念を持てるかもしれない。
しかし、いつまでも、唱えることに力みが必要で、ゆったり言うことが出来ないと、やがて、唱えることに疲れ、(唱えることが)続かない。

よく、「自分以外のもののために唱えれば続く」と言われ、それなら、「皆が幸福に」と唱えれば、皆の中に自分も含まれるのでOKとなるが、自分が一番可愛いということを偽って唱えても、やっぱり続かないのである。後ろめたさのために嘘が続かないというのは、自分の中に誠実があるということなので、喜ぶべきかもしれないが、とにかく、このやり方も駄目である。
まあ、「皆が幸福になど、馬鹿らしくて言えるか!」と言うサイコパス的な人は論外であるが(笑)。

アファーメーションも、自分に合った言葉を使う必要があるのだ。
有名な人が書いた本に載っているアファーメーションでも、自分に合わなければ効果がないばかりか、下手したら逆効果だ。

それで、政木和三さんが私に個人的に教えてくれた言葉は、私のような程度の低い人には向いているのである。
程度の低い人用とはいえ、肝心なところは押さえてある。
それはこうで、お金と女(男)についてである(笑)。
「私はお金なんてちっとも欲しくないんです。でも、いくらでも入って来るものは仕方がないんです」
「私は女なんてちっとも欲しくないんです。だけど身をまかせたがる女がいっぱいいてどうしようもないんです」
「私は男なんてちっとも欲しくないんです。だけど私のために何でもしたがる男がいくらでもいてどうしようもないんです」
前半に嘘があるではないかと思うだろうが、これはついて良い嘘で、こう唱えることで、欲望を少しでも放棄するから、後半にパワーが入るのである。
まさに、政木さんは「欲望をぽーんと手放すと全て可能になる」といつも言っていたのである。
尚、唱えると、本当に女(男)がいっぱい来るので、ほどほどに・・・








瞬間瞑想

自己暗示やアファーメーション(肯定的断言)は、毎日、たゆみなく繰り返してこそ効果がある。
「神様の奇跡が起こる」と唱えて、1憶円を2回、宝くじで当てたホームレスは、この言葉を1日中唱え続け、2週間で、最初の1憶円を得た。
別に、このホームレスは、宝くじで1憶円当てようなどと思って、それをやった訳ではなく、何が起こるかは分からなかったのだが、とにかく、そのくらい唱えたのである。

では、なかなかそこまで出来ないので、数回、あるいは、一回で何とかなる方法がないかというと、ないわけではない。
精神が統一された状態・・・心が静かで動かない状態であれば、言葉やイメージは宇宙意識(今は簡単にこう呼ぶ)に容易く送られる。
そのような意識状態にある時は、脳波はシーや波になっていて、これは、眠っている時の脳波である。
つまり、起きていながら眠っている状態なのだが、高僧やヨギ(ヨガ修行者)が瞑想状態にある時や、あるいは、名人棋士が対局をしている時に、脳波がシータ波になっている。
脳波がアルファー波の時も、少ない回数で良いが、言葉やイメージを繰り返せば、宇宙意識に送られる。
アルファー波であれば、リラックスして目を閉じれば容易に出るが、言葉を唱えたり、イメージを行うと、容易くアルファー波が壊れてしまう。
そこでやはり、確実なのは、脳波をシータ波にすることだが、それは普通の人には難しい。
政木和三さんが作ったパラメモリやアルファシータといった機器があれば簡単に脳波をシータ波に出来るが、もう、これらの入手は難しいし、ジェイデータという会社が、スマホアプリ(GeniLax)でパラメモリを実現してくれているが、このアプリは古いAndroidやiOSでしか動作しない。ただ、同社は、「Simple瞑想」という、パラメモリと同等の機能を持つと思われる機器を販売している。
株式会社セルパワー Simple瞑想のページ
ただ、私は使ったことがないので、具体的には分からない。

ところで、私は、一瞬で願いを叶えたい時(魔法のようなものだ)、こんなやり方をする。
これは、『ローム太霊講話集』(霞ヶ関書房)という本に書かれているが、私はそれを見て、「ああ、これなら子供の時からやっている」と思ったものだ。
それは、こんなものだ。
長時間、心が静かな集中状態にすることは難しい。
しかし、1秒なら出来ると思う。
つまり、1秒だけ、「無念無想」になるのだ。
目を閉じ、息を吸って止めれば、簡単だと思う。
その時に、イメージをしたり、言葉を心で唱えるわけだ。
確かに、「イケメンになる」とか、深い業因縁が関わっているものでは、実現はなかなか難しいが、何度も繰り返せば、どうにかなるかもしれない。
1秒間の統一の状態で、「神様の奇跡が起こる」と唱えれば、1時間唱えたくらいの効果はあると思う。
今まで、なぜこんなことを紹介しなかったのかというと、単純に忘れていたのだ。
時々、こんなお得な情報を漏らすので、注意していただきたい。








人間社会で最強の能力

人間が生きていく上で、一番重要な能力は何か?
いろいろな考え方はあろうが、おそらく、間違いのない答は、「誰とでも仲良くなれる能力」だ。
ある村が、ゲリラ(不正な民兵)部隊に占領されたことがあった。
そんな場合、その村の人々には、悲惨としか言いようのない運命しか待っていない。
ところが、その村の中に、人付き合いの達人がいて、ゲリラ達と言葉が通じたことも幸いだったが、その人付き合いの達人は、かなりの苦労や危険はありながら、ついに、ゲリラのボスと仲良くなり、村は最小限の被害で済んだのだった。
また、こんな話もある。これは日本の話だ。
ある若者が、若気のいたりで調子に乗ってしまい、ヤクザの組長を怒らせることをやってしまった。このままでは、どんな「落とし前」を付けさせられるか分からない。最悪、命を取られることもあり得る。
その若者は、気も狂いそうな状況で、普段、あまり付き合いはないが、兄貴と慕う男に相談した。
黙って話を聞いていた兄貴分の男は、「分かった。心配するな」とだけ言い、出かけていった。
しばらくすると、兄貴分の男から電話があった。
電話の内容は、今から、その組長たちと飲みにいくが、もう何の心配もいらないということだった。
つまり、この兄貴分の男は、ヤクザの組長と、僅かな時間で仲良くなってしまったのだ。

ここまでいかなくても、誰とでも仲良く出来る能力があれば、どんな時代になっても生きていける。
学校だろうが、会社だろうが、その他、いかなる職場、さらには政治の世界・・・いかなる場所でも、誰とでも仲良くなれる者は、苦労せずに済み、適切な能力があれば、大きな目標を達成する可能性も高いのである。
平凡で大した能力がなくても、誰とでも仲良く出来さえすれば、楽々と必要な獲物を得られる。
逆に言えば、人と仲良くすることが苦手であれば、優れた能力を持っていても、苦労し、神経をすり減らし、ストレスを溜めながら大変な奮闘をした挙句、最低限のものすら得られないということも十分あり得る。
人付き合いが苦手だと公言する人は多いし、アニメのヒーローやヒロインにも、そんなタイプが多い。
しかし、そんな者は、惨めな目に遭った挙句、敗者になる可能性が大きいのである。

人と仲良くなる能力は、どうすれば得られるのだろう?
まず、訓練法などない。
人と仲良くやっていかざるを得ない環境に放り込まれて、自然に能力を得るしかない。
だから、子供は、小さい時から、心配もあろうが、知らない人達の中に放り込んで放置しなければならない。
それは、早ければ早いほど良い。
4つ5つになるまで、母親がべったり構っていたら、もう遅い。
しかし、特に日本では、子供が、中学生や高校生、あるいは、それ以上になるのに、親が必要以上に世話を焼いていることが多いが、それは、子供にあまりに大きな不幸を与えているのである。
特に、母親が息子に過剰に構い、もう、どうしようもない駄目な男にしてしまっていることが、なんと多いことか。

つい先日、私は、初音ミクさんの大きなライブコンサート(マジカルミライ2021)に行ったが、そこに、中学生くらいの男の子が、母親と一緒に来ていて、コンサート中、母親が世話を焼く形で、ずっと2人で仲良くしていた。
言っては悪いが、この息子はロクなものにならないし、下手をすれば、悲惨な未来しかないだろう。

しかし、人と仲良くする能力は、子供の時に身に付けないと、それを得るのは、もうかなり難しいのである。
だが、その能力を身に付けることに失敗した者が、なんと沢山いることだろう。
そんな者は、いまさら、誰とでも仲良くなれるようになるのは不可能だ。
だから、自分が、そんな人間だと分かったら、出来るだけ大物の特定の人物に気に入られることに全力を尽くすことだ。
その大物を崇め奉り、決して、一瞬でも、尊敬の態度をなくしてはならない。
せっかく、大物に気に入られ、可愛がってもらっていながら、ほんの少し、大物の意に沿わないことを言うような馬鹿をやったら、それで一貫の終わりだ。
日本には、昔から、「お客様は神様です」という言葉があり、それはそれで貴いが、それよりもっと「ボスは神様です」ということを忘れてはならない。

だが、もしも、それがうまくいかない場合、神様、仏様に頼ることだ。
「南無阿弥陀仏」というのは、阿弥陀如来に絶対的に頼り、すがることを宣言する言葉なのである。
念仏でなくても、好きな神仏の名や、あるいは、神仏の真言を、無限に唱えることだ。
あるいは、神仏の力を肯定する言葉を唱えることである。
「神様の奇跡が起こる」
「神に出来ないことはない」
「私を強くして下さる方(神のこと)によって、私はどんなことでも出来る」
「もし神が私の味方であるなら、誰が私に敵対出来ようか」
「私は神を信頼する」
などである。








当たり前が正しい

ものごとが、うまくいく理由とうまくいかない理由とは何だろう?
うまくいかない理由はあるが、うまくいく理由はない。
当たり前にやっていれば、うまくいくが、当たり前にやっていないので、うまくいかないだけなのだ。

ところが、昔、こんな考え方を書いた本を見たことがある。
うまくいっていないものを見て、うまくいかない理由を見つけても仕方がない。うまくいく理由が分からないからだ。
だから、うまくいっているものを見て、うまくいく理由を見つけなければならない。
私は、昔、なるほどと思い、この考え方が正しいと思っていた。
例えば、小学校のあるクラスは、明るく、皆が仲良しでいじめもなく、成績が良い。
一方、別のクラスは、暗く、仲たがいが多く、いじめがあり、成績が悪い。
では、うまくいっているクラスを見ると、「朝、明るい声で挨拶をしている」ことを発見し、これがうまくいく理由だと了解する。
しかし、「朝、明るい声で挨拶をする」のは当たり前で、それをしないことが異常なのだ。
うまくいっているクラスを見ても、見つかるのは「当たり前」だけだ。
その「当たり前」のことを、さも、うまくいく秘訣のように言うことがおかしいのだ。
一方、うまくいっていないクラスには、明確にうまくいかない理由がある。
例えば、試験の成績や、運動能力の記録がビリの子に罰ゲームをやらせるとか、生徒同士を競わせるのは良いが、勝者に妙な特権を与えたりとか。
そういう、当たり前でない、異常なことを、当たり前だとするから、うまくいかないだけである。

合氣道家の藤平光一氏が、「当たり前のことを言うと氣が出る」と本に書かれていたが、「氣が出る」とは、その人間の生命力が高まることだ。
これも、「氣が出る」といった特殊な言い方ではなく「生命力が高い」という、もっと当たり前の言い方をすべきと思う。
しかし、当たり前のことを言えば、生命力が高まるのは合っている。
だから、「重みは下にある」と、当たり前のことを言えば、藤平氏的には氣が出るし、一般的には生命力が高まるのである。

最も当たり前のことは何かというと、「私は在る」ということだ。
だから、この最も当たり前のことを言えば、最も生命力が高まる。
ただ、デカルトのように「われ思う、ゆえにわれ在り」と、余計なものを付けると、生命力の高まりも半端になる。
思おうが、思うまいが、私は在る。
デカルトが「われ思う、ゆえにわれ在り」と言うから、ルドルフ・シュタイナーは、「われ思う、ゆえにわれなし、われ思わず、ゆえにわれ在り」などと言い出し、それが正しい理由を述べる。
シュタイナーの言わんとすることも分からないではないが、やはり、思う、思わないに関わらず、私は在るのが当たり前なのである。

高度な当たり前というものもある。
例えば、「神の他に何もない、ただ神だけがある」がそうだ。
普通の人には分かり難いが、真に知恵ある者には当たり前のことだ。
だが、普通の人がもう少し納得し易い当たり前の言葉を唱えるという手もある。
例えば、「神に出来ないことはない」である。

「神様の奇跡が起こる」はどうだろう?
これも、神の奇跡が起こるのは当たり前なのであるが、この言葉を何度も唱えて、この言葉が当たり前になれば、奇跡が起こるのである。
エミール・クーエの自己暗示の言葉、「全て良くなっていく」も、実は当たり前だ。
この世に現状維持はなく、発展しないなら衰退するからだ。
だから、「全て良くなる」と唱え、それが当たり前になれば、やはり全て良くなる。

「神様の奇跡が起こる」
「全て良くなる」
「神に出来ないことはない」
「私は在る」
「神の他に何もない、ただ神だけがある」(自然に思える場合)
以上の言葉の1つでも良いから、なるべく多く唱えると良いし、たとえ1日1回でも唱えると良い。
私は平凡なので、正直、初めの3つが唱え易い。








1回でもいいから毎日やる

努力主義というのは、ごく若いうちは悪くないし、必要な場合もあるが、いつまでもそれではいけない。
なぜなら、若いうちは、まず、暇だということがあり、努力も出来るわけだ。
また、若いうちは、何かに打ち込んでみて、駄目なら方向を変えるという余裕がある。
しかし、ある程度、歳を取ると、努力していられるような時間はあまりないし、人生や仕事の方向も、ある程度は決まっているので、全くやったことがないことを、時間をかけて無理にマスターする必要もあまりない。

若い頃なら、1日スクワット500回とか言ったら、偉いなあと思うが、いい歳をして、それをやってたら、まあ、立派でもあるが、どちからかと「暇だなあ」ということになる。
別に、暇が悪いわけではないが、他にやることがあるんじゃないかと思う。
ちなみに、私は、今年の8月31日から、11月4日まで、1日も欠かさず、ネイビーシールズ式スクワットを毎日500回やっていた。どうも、突発的に酷いアレルギーになったのも、それが関係するかもしれない。

ある武道の有段者で立派な人物が、「腕立て伏せなんてのは、1日、10回でも20回でもいいから、とにかく、やることが大事だし、何なら1回でもいい」と言っていたのに合点がいった覚えがある。
似た話を、やはり印象深く覚えているからだ。
例えば、ある、かなりピアノを弾ける人も、「1日5分でもいいから、必ず弾くこと」と、よく言われていた。
他にも、以前、テレビで見たが、ヨーロッパで活躍するプロサッカー選手が、腹筋運動が好きだと言うので、司会者が「何回くらいやるのですか?」と尋ねた時、誰もが、何千回という答を期待したと思うが、彼は「20回」と答えたのだった。これも、毎日、必ず20回以上ということと思うし、普通の人なら、最初の武道家のように、「何なら1回でも良い」のである。
何百回、何千回が良いと認識しつつ、1回だけやるのである。

また、私が大嫌いな人の話で恐縮だが、物理学者で合気道家の保江邦夫氏が、昭和12年に、剣の達人、小泉太志命(こいずみたいしめい)が、天皇に降りかかる邪気を払うため、毎夜、真剣を3万3千回振ったのに倣い、自分がそれをやることにしたと言う。あるやんごとなき人からの依頼のようなものだったらしい。それで、それに相応しい太刀も用意出来、実際にやったと言う。
だが、小泉太志命の3万3千回とは違い、毎夜、1回だけなのだそうだ。
保江氏は小泉太志命ではなく、3万3千回も出来ないし、3万3千回にこしたことはないが、1回でもやらないよりはマシで、しかも、長期に及べば、マシもマシ、大マシなのだと思う(笑)。

ただ、ダイエット法の宣伝などで言われる「1日たった3分で」というのは、間違いが2つある。
それは、そういったものは、長期間の継続を言わないし、また、「本当は、3分でなく30分が良いのだが」という認識に欠けるのである。

好きな話なので、度々取り上げるが、あるホームレスの男が、「神様の奇跡が起こる」と、1日中唱えていたら、1憶円の宝くじが当たったという実話がある。しかも、1憶円を2回も当てたのだ。
彼は、本当に1日中、2週間の間、唱えたようだ。
彼は、ホームレスとはいえ、真面目な努力家なのだと思う。
実は、努力家であるがゆえに転落した人もいるし、私の知り合いにも有名な外資系商社で努力し過ぎて、すっかり身体が駄目になり、仕事をやめてしまった人もいる。
我々も、そのホームレスのように、1日中、「神様の奇跡が起こる」と唱えることが出来たら、1憶円というのではないが、何かの大きな奇跡が起こると思う。
しかし、それだけやるのが良いことは認めつつ、1回でも良いから唱えることだ(もちろん、多ければ多いほど良い)。
さっきの保江邦夫氏の話ではないが、1回でも、毎日続ければ、マシもマシ、大マシで、何か素敵なことが起こるに違いない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード