ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アダムスキー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

イエスの今今メソッドは「待つわ」

誰だって、幸運でありたいし、楽しい気分でいたいし、生命力に満ち健康で元気でいたい。
ところが、そのための本当に良い方法を、親も学校もテレビも教えてくれないので、誰も知らない。
その、誰も教えてくれない唯一の方法は、「今、この瞬間に生きる」ことだけである。
「今、この瞬間に生きる」と、全てが得られる。
なぜなら、元々、全てを持っているのだが、それは「今、この瞬間」にあり、過去や未来にはないからだ。
このあたりの理屈を探ると、不毛な堂々巡りになるが、そんなことは、全てを得れば簡単に分かることだ。
泳ぎもしないうちに、泳ぐことを議論しても仕方がないのと同じだ。
泳ぎ方を知って泳いでみれば良いだけである。

「今、この瞬間に生きる」ことは、スピリチュアル界隈でも「今今メソッド」と呼ばれ、実践者も増えているのだと思うが、今一つ、分かり難いと思う人が多いのだと思う。
それなら、「今、今、・・・」と心の中で連呼すれば良いのだが、それもどこかピンと来ない。
実は、昔から、聖者達は、「今今メソッド」を教えるために苦心したのである。
イエスや釈迦は、うまく教えたのだが、直接教えた人以外にはなかなか伝わらず、後に文章にした人達は教えを誤解して、拙い文章になったのだと思う。

イエスは、「今今メソッド」を「待つ」こととして教えたという話があり、ちょっと面白い。
イエスは、「主人の帰りを待つしもべのようであれ」と言った。
良いしもべは、いつ主人が帰ってきてもいいように、きちんとして注意している。
だが、悪いしもべは、注意を怠り、つまらないことに心を引っ張られ、主人が帰ってきても気付かない。
主人の帰りをちゃんと待っているしもべは、今、この瞬間を意識している。つまり、「今今メソッド」をしているのだ。

待っている状態が、今を意識した今今メソッドであるのだが、もちろん、良いことを待つのである。
上のしもべの例でも、主人は、しもべがちゃんと待っていたことを知ると褒めてくれると言っているように、良い主人なのである。
今今メソッドとしての「待つ」は、悪いしらせを待っているようなことではない。
そこで、イエスは、待つ人を、花婿を待つ花嫁にたとえた。
10人の乙女がいて、夜中に、ランプを持って花婿を待っていたが、5人は十分な油を持っていなくて、途中でランプの灯が消えかけた。
そこで、油を買いにいったが、買いに行っている間に花婿が来て、捨てられてしまう。
花婿をちゃんと待ち続けた5人の乙女は花婿の屋敷に迎えられた。

賢い人には、釣り好きが多い。アインシュタインもそうだった。
魚を得ることが目的ではなく、浮きが引くのを待つことが好きなのだ。
それは、今を意識することであり、それで不思議な安心感が得られ、なぜか分からないが幸福になることを体験的に知っているのだ。

釣りと同じことを、UFOを見つけることでやることを勧めたのが、宇宙人とのコンタクティー(接触者)として有名な、「アダムスキー型UFO」に名を残す、ジョージ・アダムスキーだ。
アダムスキーは、UFOを見つけるコツは、なるべく空を見ることだと言う。
UFOが現れるのを待つことが、今今メソッドになるのである。
実際、UFOを見つけるには、見るしかない。
UFOは究極のステルス機で、レーダーにキャッチ出来ないことが多いし、そもそも、UFOは突然に「出現」することがよくある。
UFOは、人間が注意を向けることで「空間から湧いて出る」のである。
しかし、いつ現れるのかは分からない。
そこで、釣りのように、空を見上げて待ち続けるのである。

関英男博士は、若い頃、通信企業の研究所で、宇宙から来る電波をずっと観測していたらしい。
ただひたすら待ち続けたら、不思議な電波を観測し、それが宇宙人からの通信と思えた。
その時に、関博士の中で何かが起こり、関博士の人生が変わってしまった。
我々にも、何か良いものをひたすら待ち続けるという方法があるはずで、それを見つけてやれば良い。

あみんという女性2人組ユニットの楽曲『待つわ』(1982)をご存じの方は、高校生ですら、そこそこいるらしい。
歌の内容は、ある男性を好きな女性が、その男性がフラれて自分のところに来るのをひたすら待つという、歌の内容も、その歌い方も暗く、ある意味、怖い歌である。
これを、女子大生みたいだが、華やかさに欠け、ある意味「イモっぽい」、歌手としても素人っぽい2人が歌ったのである。
この曲が、あみんのデビュー曲なのだが、なんと、年間オリコンランキング1位で、120万枚を売り上げた、奇跡の楽曲である。
私は、この歌の女性は、待つことが決して苦痛でなく、いくらかは楽しかったのだと思う。
それで、今に生き続けた。
歌の良さと共に、そんなところも伝わったのかなと思う。








引き寄せを止める考え方

引き寄せの純粋にして明晰な原理は「想念を消す」ことである。
しかし、これは人々を混乱させる。
想念を起こすのはエゴ(自我)である。
そして、インドの聖者達はエゴを持たないと言われている。
しかし、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジの弟子のラメッシ・バルセカールによれば、師のマハラジは怒りっぽかったと言う。
それは、エゴがあるということであり、想念があるということだ。
もっと有名なインドの聖者ラマナ・マハルシは、まさに「無の人」と思える。
マハルシ自身、エゴを消滅させるべきと教えた。
だが、マハルシの幼馴染の者がマハルシを訪ね、昔の話をすると、マハルシは、覚えていると言うし、他にも、マハルシは愉快な思い出を楽しそうに話すことがあった。
それは、想念がなければ出来ることではない。

つまり、人間である限り、聖者であろうがエゴはある。
この問題に関し、賢者達はいろいろ説明している。
釈迦は、「聖者は想念の連鎖を起こさないだけだ」と言った。
つまり、簡単な例で言えば、聖者だって殴られたら怒るかもしれないが、普通の人のように、いつまでも恨んだりしないのである。
上で、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジが怒りっぽかったという話を取り上げたが、マハラジは怒っても、すぐに上機嫌になったという。
つまり、釈迦の言う通りで、聖者は粘着質でないというわけだ。

また、ジョージ・アダムスキーは面白いことを述べている。
「神を心より上位に置かないといけない」
つまり、エゴ(心)より潜在意識(神)の方が重要だということだが、実際は、「比較にならないほど重要」とくらい言わないといけない。
ところが、引き寄せや潜在意識の本には、「潜在意識には善悪が分からない」などと書かれていて、潜在意識を軽く思わせてしまうのだ。
これも、正しくは、「潜在意識はあまりに強大過ぎて、エゴが考える善悪など、あまりに些細なので関わらないように見える」ということなのだ。

こういう矛盾を解決しようとして、非常に難しい引き寄せのやり方を教える者もいるが、そんな難しい方法など、誰も使えない。
私には、矢追純一さんのやり方が最も賢いと思える。
それは、「私は頭が悪いから考えることを諦める」と決めることだ。
つまり、たとえIQ200の人間でも、潜在意識のIQは1憶の1憶倍以上で比較にもならないのだから、潜在意識と比べると、圧倒的に頭が悪いのである。
フォレスト・ガンプのようにIQ75だろうが、ジョン・フォン・ノイマンのようにIQ300だろうが、潜在意識から見れば全く同じなのである。
そして、フォレスト・ガンプは「僕は考えることが苦手だ」と言って、考えることを放棄したので億万長者にもなれた。
自分の頭が良いと思っている馬鹿には引き寄せは出来ない。
矢追さんは、人間の頭は大して性能の良くないパソコンみたいなものと言い、関英男博士も、人間はコンピューターの端末のようなもので、神(潜在意識)はスーパーコンピューターだと言っている。
このように、賢い人達の意見は本質的に一致しているのである。

どんな願いを持つかも、潜在意識にまかせた方が良い。
そりゃ、潜在意識は万能なのだから、エゴの望み・・・例えば、あの女性を恋人にしたいとか、1憶円欲しいといった願いを叶えることは簡単だ。
しかし、願いによっては、代償として大切なものを失ってしまうかもしれない。
ある有名な引き寄せの本を書いた人は、40代で亡くなっているが、その本を見ると、確かに、エゴの願いを叶えることについて書かれていたのだ。
一方、潜在意識から起こった願いであれば、悪い反作用みたいなものはない。願いはごく自然に素早く叶う。
イエスが言ったように、「お前達に必要なものなど、神(潜在意識)は願わなくても知っている」といった通りで、願わずとも、十分なお金や愛は得られる。
自分の力がちっぽけであると本当に悟り、潜在意識にまかせるほど、潜在意識は大きな額をくれるようにも思われる。
だが、口先で「神様(潜在意識)、私はつまらない人間です」と言ったところで、エゴは、「俺はあの馬鹿よりは賢い」と思っているものだ。
だから、出来るだけ想念を起こさず、エゴが潜在意識の邪魔をしないようにしなければならない。








何もしないほどうまくいく

誰もが、いろいろなことに取り組み、努力をして頑張ることもあるが、結局は全て、神の意思の通りになる。
それなら、最初から神の意思にまかせ切り、足掻かない方が良いのかもしれない。
そのように生きることを勧めた賢者は、江戸末期の神道家、黒住宗忠や、2400年前の中国の道教思想家の荘子らがいるが、つまるところ、本物の賢者は、ほとんどがそんなことを言ったのだと思う。
アダムスキー型UFOにその名を残す宇宙人とのコンタクティ(会見者)であるジョージ・アダムスキーは、「神は心より上位にある。だから、心を最優先してはならない」と言っていたことから、私は、アダムスキーを、少なくとも哲学者として一目置いている。彼が本物のコンタクティであったかどうかは、そもそも、知り様がないので、信じてはいないが、疑ってもいない。
言うなれば、自分の心が、どう思っているかではなく、はるか上位の神がどう思っているかの方が重要なのである。
別に、自分の心を否定しなければならないわけではない。だが、正しいかどうかは、神ならぬ身としては分からないのだ。
だが、自分の心を最優先する者が多くなってきた。
つまり、価値や優劣を全て自分が決めたがる愚か者が多過ぎるのである。
荘子は、賢い人は、優劣を付けないし、もっと賢い人は区別すらしないのだと言ったのだ。

私は、実は、好き好んでプログラマーやシステムエンジニアになったのではなく、あり得ない偶然が重なって、ほとんど強制的にプログラマーになったのだった。
それは、神の意思に従ったというより、逆らわなかったと言った方が正しい。
それほど積極的ではなかったが、かといって、嫌がったわけでもないという感じだ。
何かスキルを身に付けたいと思っていたわけでもない。
私がなりたいのは魔法使いくらいだし(笑)。
こういうのを、「なりゆきにまかせる」と言うのだが、確かに、昔から私が愛読していた『荘子』で、荘子(荘周)は、「なりゆきにまかせる」ことを何度も勧めているのである。
いや、荘子が教えたのは、なりゆきにまかせることだけかもしれない。
誰でも、神に逆らわず、神の意思のまま…つまり、なりゆきにまかせていれば、そう悪いことにはならないと思う。

で、神に逆らわず、なりゆきにまかせる場合、不安を持たないことが大切だ。
私は最初、社会の最底辺のような場所にいたが、全くとは言わないまでも、あまり不安は感じていなかった。
若い時に勤めていた会社の社長は、単身、外国で営業をすることで事業を発展させたが、私が、「不安はなかったか?」と尋ねたら、「不思議となかった」と言われたのが印象的だった。
彼もまた、なりゆきにまかせていたのだろう。

確かに、『荘子』には、なりゆきにまかせた結果、悲惨な最後になった者も登場する。
しかし、本人は、いたって幸福そうだった。
まあ、荘子の時代は、今では考えられないくらい、庶民に希望がなかったので、「なりゆきにまかせれば成功する」という言い方が、どうしても奇妙に感じたのだと思う。
一方、『荘子』には、何もしなければしないほど良い御身分になる話が多い。
昔から思っているが、『荘子』は、まさに、実用的な魔法書、超能力開発書だ。
重箱の底をつつくような解説をしているものではなく、下にご紹介したような、分かり易い『荘子』を読むと良い。








若く美しくなる真言

有名な宇宙人コンタクティー(接触者)として知られるジョージ・アダムスキー(1891~1965)の本には、地球での数百歳に達していながら、十代の絶世の美少女にしか見えない金星の女性が登場する。
他の惑星の女性達も、やはり、若く、とてつもなく美しい。
では、なぜ、そのように、若さを保ち、しかも、美しいのかを、書の中で明かしている。
ここは、ぐっと身を乗り出すところだ(笑)。

金星などの宇宙人の家庭には、必ず1枚のある絵があるのだそうだ。
その絵は、十代と思える人物の絵だが、実は、それは神の姿を描いた絵で、男か女かは分からない・・・いや、性別はないに違いないが、とにかく、恐ろしく美しいのだそうだ。
その絵を毎日見ていれば、自ずと、美しくなり、若さを保てるのである。
もちろん、外見が美しくなる以前に、心が純化し、生命力が高まるので、自ずと外見も若く、美しくなるのである。

私は、その絵そのものは無理として、出来るだけ近い絵を探そうとしたが、無駄と分かった。
どんな大芸術家が描いた絵でも、そこには自我が混じり、それほど力ある絵にはならないのだ。
おそらく、「モナ・リザ」だって、宇宙人の芸術と比べたら話にならないのではと思う。
敢えて言えば、私が知る限り、最も近いのは、京都府京都市太秦の広隆寺霊宝殿に安置されている「宝冠弥勒」像という、木造りの弥勒菩薩像ではないかと思う。
★宝冠弥勒
聖徳太子(厩戸皇子)が所有していたとも言われ、国宝第一号に指定された作品である。
ただし、純粋な心の目で見なければ、本当の美しさは分からないかもしれない。
この彫刻は、西洋でも、見る人が見れば「アルカイック・スマイル」と言われる究極の生命感と幸福感をたたえた至高の作品と称賛される。


だが、そんな絵がなくても、大丈夫である。
真言を唱えれば良い。
なぜなら、原理は同じだからである。
心を、高次の存在・・・つまり、神仏に向ければ、神仏の魂が自分の魂の中に流入し、自分の魂が神仏の魂の中に入っていく・・・すなわち、神仏のエネルギーと融合するからである。
高次の存在に心を向け、テレパシーを送るには、神が描かれた絵を通してでも、真言を通してでも良いのである。

2013年の6月、当時もこのブログに書いたが、私は一度だけ、人間の女の子に真言を教えたことがある。
当時、私は、朝に木の実を少し食べるだけで、神がかったところがあったが、あまりにバランスを欠き、ロクなものではなかった。少食を初めて1年くらいだったので、やや仕方がなかった。
ただ、瞬間的には霊的な力を発揮することはあった。
詳細は省くが、不可思議な出来事があり、10歳くらいの女の子に「アマテラス」という真言を教えた。
本来は、「アマテラスオホミカミ」で「十言神呪(とことのかじり)」という真言なのだが、「アマテラス」だけでも構わない。まあ、子供だし・・・
「南無阿弥陀仏」を、「阿弥陀仏」、さらには、「阿弥陀」だけでも構わないのと同じと思う。
(ただ、大人の場合は、「アマテラスオホミカミ」と唱えることを勧める。ただし、絶対ではない)
元々、可愛い女の子だったが、数カ月後に見た時は、最早、神的な美しさで、特に、手の美しさが人間ではなかった。
ただ、彼女は、ある時から、まるで消えたように見なくなった。
直観として、彼女の身に悪いことが起こったわけではないと感じていたので、心配はしなかった。
実は、そんな存在を私はもう一人知っているのだ。
小学1年生の時のクラスメイトの女の子で、仲が良かったというより、私が一方的に構ってもらっていて、おかげで、社会不適合者の私が学校でやっていけるようになった。
ところが、私は彼女の名前も覚えていないし(多分、聞いてもいない)、その後、学校からもらった進級記念の冊子のクラスの写真に、なんと、彼女は写っていなかった。当時は、さほど不思議に思わなかったが、後になって、これは大変なことと気付いた。
ところで、私はよく憶えているが、彼女と一緒に給食の食器が入ったカゴを運んでいた時、前から歩いて来た、かなり上級の(5年生か6年生)男子が、1年生の彼女に明らかに見とれて道を空けながら、私に、「お前の恋人か?」と聞いたのだった。彼も慌てて変なことを言ったのだろう。それほど、彼女は美しかったのである。

そのようなわけで、本日、お勧めの真言は、
「アマテラスオホミカミ」
である。
「アメノミナカヌシノカミ」
を推薦する人もいると思うが、もちろん、こちらでも良い。
それぞれ、「アマテラス」「アメノミナカヌシ」と短く言うかは、個々の判断にまかせる。
最も大切なことは、心の中で、丁寧に唱えることである。








頭が良くなる真言

これは、言ってはならない・・・つまり、タブーなのかもしれないが、所詮、人間は能力なのである。
同じこと(仕事や勉強)を、簡単に苦労もなく出来る者もいれば、どんなに頑張っても出来ない者もいる。
それが現実である。
映画などで、高級な科学者といった登場人物の惚れ惚れする立派さ(さぞ高給取りで周囲からは丁重に接してもらえるはずだ)を見る時、私は、いつも、不潔で危険な場所で、誰からも(子供からすら)蔑まれながらキツい労働をして、わずかしか貰えない者のことを考える・・・といったふうに、現実にある人間の格差について思ってしまうのである。

また、小学生の時でも、他のクラスにまで名を知られるマドンナ的な美少女が、勉強も運動も抜群というのを見ると、その一方で、不細工で性格が悪く、勉強もスポーツも全然駄目という女子がいるのを意識した。
同じ人間でありながら、なぜ、こうも違うのか?
遺伝と言うなら、駄目な人間は親になってはならない・・・というのは、まさに言ってはならないことだが、そう思わざるを得なかったのである。

医者になれるというのも、親の経済力もあるだろうが、やっぱり、それなりに頭が良くないと、医者になれないだろう。
子供の時は、目を輝かせて、博士や偉い人になると言っても、頭が良くなくては絶対無理である。
確かに、博士や偉い人の中には「僕は頭悪いですよ」などと謙遜する人もいるが、そんなことを言うほとんどの人は、好感度を高める目的や、「俺は謙虚な素晴らしいやつだ」という自己満足を味わうためにそう言っているだけで、本当にそう(自分は頭が悪い)だと思っている人は、おそらく、稀と思う。

プログラマーやシステムエンジニアだって、あるレベルより頭が悪かったら、本当になれないのだ。
まして、充実感のある立派な仕事をするプログラマーなどは、かなり頭が良いものである。

だから、何か立派な職業につきたいとか、立派な立場の人物になりたいと思ったら、やみくもに努力するより先に、頭を良くしないといけない。
しかし、ほとんどの人は、頭の良さは生まれつきと思い込んでいるし、実際、頭が悪い者を訓練して、頭が良くなったという話はほとんど全く聞かない。
一部では、頭の良さは育ち、つまり、家庭環境と言う人もいるが、それもつまり、悪い家に生まれ育ったら、どうしようもないということであり、頭の良さは生まれつきと言うのとさほど変わらない。

確かに、頭の良さは、生まれつきであり、また、育った環境ということもある。
しかし、自分で頭を良くすることは出来る。
どうすれば良いのか?
もちろん、真言を唱えることによってである。
もし、真言を唱えて頭が良くならないなら、単に、唱える数が少ないのだ。
年齢は、いくつからでも構わない。
唱える数によっては天才にだってなれるだろう。

ジョージ・アダムスキー(1891~1965)という、宇宙人とのコンタクティー(接触者)を自称、あるいは、支持者にそう言われる人物がいた。
彼が本当に、彼が言うように、宇宙人と接触し、宇宙人の宇宙船に乗って他の惑星に行ったのかは、いまだ分からないとされているし、実際は、ほとんど信じられていないと思う。
もちろん、私にも分からないが、彼が優れた思想や哲学を持っていたことは認めても良いのではないかと思う。
でなければ、これほど世界的な有名人になることはなかったし、亡くなって半世紀以上が過ぎても著書が出版され、支持者も少なくはなく、今でも「アダムスキー型UFO」という言葉が普通に通用するというのは、驚異的と言って差し支えないと思う。
そして、彼の著作などから考えると、能力を高めたり、超能力を獲得するために必要なことは、簡単に言えば、「神を自分より上位に置く」ことであると私は思った。
それはある意味、「謙虚になる」ということだが、それは、人間にとって、簡単そうに見えて、非常に難しい。
その難しいことを実現する具体的手段は、実際はないに等しいのだ。
しかし、真言を唱えれば、時間はかなるとしても、それが確実に出来る。
真言の中でも、仏教の真言(仏や菩薩の真言)は、特に便利で使い易く、そして、効果的である。
仏教というのは、宇宙存在・・・言ってみれば、進化した宇宙人の英知であり、それを地球人が手軽に得られるようにしたのが、仏の名や真言であるからだ。
元はサンスクリット語だったのだろうが、各言語に伝わる中で、多少の変更があっても効果に違いはない。そのように作られたものだからである。
ほとんど別言語に置き換わった「南無阿弥陀仏」や「南無観世音菩薩」でも良いのである。
なぜなら、たとえ「阿弥陀様」とか「観音様」とだけ言ったとしても、仏や菩薩の存在を自分より上に置き、高いものに心を向けようとする行為であるからだ。
それこそが、能力を高め、左脳を超えた右脳の力を活用可能にし、超能力を得ることにつながる最重要な方法なのである。
阿弥陀如来真言の「オン、アミリタ、テイゼイ(あるいは"テイセイ")、カラウン」や観世音菩薩の真言「オン、アロリキャ、ソワカ」の効果も絶大である。これらは、仏や菩薩を称賛する響きのある言葉であり、唱えている者は、自分より高いものがあることを自然に受け入れるのである。
また、般若心経の呪文「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」は、特に、観世音菩薩を称賛する言葉であることを覚えておけば、絶妙なリズムを持つこの呪文は、より凄い効果のある真言となってくれるだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード