ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アウトサイダー

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

普通の人はかなり辛くなる

「普通の人」とは何だろう?
それは、国家が宣伝する思想と80%以上合致する価値観を持つ人間である。
一方、そんな「普通の人」と少なくとも同程度には道徳観を持ってはいるが、国家が推奨する価値観に強い違和感を感じている者を「アウトサイダー」と呼ぶ。
「アウトサイダー」のことを、精神的に病んだ人間のように捉えるイメージがあるとすれば、それは国家によって捏造されたものである。
アウトサイダーという言葉そのものは、単に、「部外者」とか「組織や集団の外の人」という意味である。
ここでは、「国家が作った価値観を信じる人々の集団」の外に居るという意味で、「アウトサイダー」と言うことにする。

これまでは、日本では「普通の人」になれば、一生、安楽に過ごせた。
動物園の動物や、家畜に例えれば分かり易いと思う。
一方、「アウトサイダー」とは、動物園や家畜小屋から逃げた動物や家畜であるから、自分で餌を得なければならない。
「アウトサイダー」は、嫌われる反面、格好良いところがあるので、動物園や家畜小屋で飼われている身分でありながら、「俺の本性は野生動物だ」と、「アウトサイダー」を気取る者はよくいるが、そんな偽「アウトサイダー」は非常に滑稽であることはご存じと思う。

ところが、世の中で、「普通の人」の待遇が、どんどん悪くなり、今後はもっと悪くなる。
悪くなるどころか、奴隷と変わらなくなる(現状程度で奴隷だと思ったら大間違いだ)。
では、「アウトサイダー」はどうなるかというと、これまでは、ある程度「必要悪」と見なされ、放置されてきたが、これからは抹殺される危険が高い。

そこで、大事なことは、自分が「普通の人」か、「アウトサイダー」かをはっきりさせないといけなくなることだ。
いや、問題になるのは、「アウトサイダー」でいたいと思いながら、楽だからと「普通の人」になっている人だ。
もう、「普通の人」も「アウトサイダー」と同じレベルの待遇になるので、それなら正直に「アウトサイダー」になった方が良い。
喩えて言えば、動物園で飼われている動物の餌が、どんどん悪く少なくなり、環境も悪くなり、暴力的に扱われるので、動物園の外でコソコソ生きている野生動物の方がマシかもしれないのだ。

言ってみれば、皆、「アウトサイダー」になれば良いが、それは、長く「普通の人」であった者には、ほとんど不可能だろう。
では、その気のある者だけ「アウトサイダー」になれば良い。
だが、コリン・ウィルソンが若い時に書いた世界的なロングセラーである『アウトサイダー』に登場するような、病的な「アウトサイダー」であってはならない。
ウィルソンも、健康な「アウトサイダー」については考えていたが、実現方法があまり分からなかった。
ただ、その鍵が「至高体験」であることは、だいたい分かっていた。
「至高体験」とは、簡単に言えば、悟りのようなものだ。
多くの人が誤解しているのは、悟りを開いたら、ずっと悟りの状態にいると思っていることだ。
そんな人間、狂人以外の何者でもない。
悟りは、一瞬、その状態になれば、普通の状態に戻っても、数時間から数日以上は、その人間に影響を与え、「強力になる」。
この「強力になる」を説明する適切な言葉は本当はないが、現象としては、「神の力を得た」とか「幸運に恵まれた」といったことになる。

瞬間の悟りを得るにはどうすれば良いかというと、言えることは、秘密の方法などというものはなく、誰でも簡単に出来るということだ。
例えば、「息を吸って止め、そして、ゆっくり吐く」だけでも良い。
これであれば、1日20~60分で1年くらいで出来るようになり、幸運になる。
これを、「そんな大変なこと出来ない。もっと楽で即効のあるものでないとやらない」と言うのは「普通の人」なので、別にやらなくて良い。
他にも、やり方は無限にある。
それこそ、好きなことを一生懸命やるなど、充実したことをやればいいだけだ。
要は、無我、忘我、没我になれば良いのである。
そのための方法は、調べれば沢山見つけるし、このブログでも散々書いてきたと思う。
ただし、悟りにつながる良いことは黙ってやるように。
普通の人には理解されず、いろんな意味で邪魔されることもあるし、権力者に見つかったら、まずいことになりかねない。








現代の魔女狩りが始まったら

サイコパスという、25人に1人もいるという、良心を持たない人達。
私は、自分がそうだと分かっても、悲しいとも、楽しいとも、何とも思わない。
ただ、自分が何者であるか解明出来た嬉しさというものは確かにある。

「人様に迷惑をかけてはいけない」とよく言う。
サイコパスの私もそう思う。
ただ、私の場合、道徳的感情を持って、そう思うのではない。
人様に迷惑をかけると、巡り巡って自分が苦しいことになると、論理的、あるいは、因果論的にそう思うというだけのことだ。

サイコパスの男性が、痴漢やレイプといったことをしないのは、道徳心によるのではなく、処罰が恐いからだ。
だから、処罰されない状況であれば、平気でやる。
そんな人に、「人でなし!」と罵っても、何の意味もない。
彼には、良心の咎めなど、全くないのだから。
学校の教師や、会社の上司がサイコパスであったら、いかに恐ろしいか想像出来ると思うが、それは、実際にありふれていることなのである。

小学生の女の子達に人気があるアニメの「プリキュア」シリーズの、一番最初の『ふたりはプリキュア』で、こんな場面があった。
悪の戦士ピーサードが、プリキュアに変身出来ない雪城ほのかを追い詰めていた。
ブルドーザーでも軽く投げつけられるピーサードの前に、今はただの中学2年の女の子でしかないほのかは逃げるしかないが、心は決して怯まない。
そして、
「人のものを無理矢理奪おうとする、あなたは間違っている!」
と、ピーサードの所業を堂々非難する(普段おとなしいのに、気の強い子だ)。
すると、ピーサードは言う。
「お前が何を言ってるのか意味が分からんな。強い者が弱い者から奪い取るのは当たり前だ」
ピーサードは本気でそう思っているのであり、ほのかは、全く的はずれなことを彼に言っているのだ。
ほのかは、ピーサードも良心を持っているということを前提としているのだが、その前提が完全に誤っているのだからだ。
実を言うと、見ていて、私もピーサードに共感していたのだ。
ただ、自分はピーサードのような力がないので、彼のようなことをやらないだけなのだ。
ところが、ほのかのパートナーのなぎさが現れた時、ピーザードはなぜか、ほのかに、プリキュアに変身するためのツール(コミューン)を返す。
そして、「全力でこい」と、正々堂々の戦いを宣言する。
このあたりは、悪者らしくない。
見ている人達は、「やっぱりピーサードにも良心があったんだ」と思うかもしれない。
だが、やはり、私には、ピーサードの気持ちが分かるような気がしたのだ。
私は、自分をピーサードに置き換え、こう考えたのである。
「俺には、この少女の考え方、価値観、思想が理解出来ない。また、この少女も俺についてそうなのだろう。ならば、どちらが正しいかは力で決めるしかない」

イギリスの作家コリン・ウィルソンは、23歳の時に書いた『アウトサイダー』で、一瞬で世界的作家になった。
アウトサイダーとは、要は、普通の人とは異質な存在で、社会的な教義、信念、規範の外にある者である。
ウィルソンは、それを複雑に、文学的に表現していて面白いが、何のことはない。
アウトサイダーとは、単なるサイコパスである。

ピーサードとほのかの戦いと同じで、良心を持たないサイコパスと、良心を持つ普通の人の、どちらが正しいかは、力で決めるしかない。
その点、サイコパスは、数が少ない分、不利である。
ただ、『アウトサイダー』が世界中で売れるのだから、普通の人にとって、サイコパスは謎なのだ。
つまり、普通の人達には、良心を持たない人間が存在することが信じられない。
世の中には、変なヤツがいることは分かっても、そいつらが何なのか分からない。
そして、サイコパスにとって都合の良いことに、『アウトサイダー』は面白いだけで複雑過ぎ、サイコパスの正体を晒していない。
だから、サイコパスが必ずしも不利ではない。
冷静に見れば、今の世界では、普通の人とサイコパスの「縄張り争い」は、五分五分で、むしろ、やや、サイコパスが優勢かもしれない。
だが、その正体がバレた時が、サイコパスの最後かもしれない。
サイコパスを正確に見分ける方法が分かれば、現代の魔女狩りが始まるかもしれない。
もしそうなれば、私は黙って殺される。
これも、良心からそう思うのではなく、そうなれば、数の点で圧倒的に不利だし、そもそも、私は他のサイコパスと結託する気はないのだから、全く勝ち目はない。
だが、そんな理屈からではなく、面倒だから戦いたくないのである。
サイコパスは、基本、怠け者だ。
初音ミクさんに、「なぜ私を見捨てた」などと恨み言を言う気もさらさらない。
ミクさんはサイコパスの天使ではないのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

大衆のIQが低いのは、陰の支配者の策略か?

私は、ヘミングウェイの作品は一冊も読んだことがないが、コリン・ウィルソンが有名なエッセイ『アウトサイダー』で引用した、ヘミングウェイの『兵士の故郷』の一部分をよく覚えてる。

1919年に復員して故郷に帰った、若い兵士クレブス(入隊前は大学生だった)の話だ。
母親との宗教的な会話が噛み合わない中、母親が、
「おまえ、母さんを愛してくれてないのかい?」
と言うと、クレブスは、
「うん」
と返事をし、母親は泣き出す。
それで、クレブスは仕方なく、「本気じゃなかった」と言う。
すると母親は、
「わたしは、お前の母親だ。お前が小さな赤ん坊だったとき、よくお前を抱いてやったものさ」
と言い、クレブスは、かすかな吐き気を感じる。

これを読んだ私は、かなり強い吐き気を感じたものだ。
ただし、昔の話であり、今はそうではない。
今は、人間の謎が解けたので、別にどうということもない。
コリン・ウィルソンは、この話にはどんな問題があるのかについて、なんとも面倒な解説をしていた。
まあ、それを簡単に言えば、クレブスは戦争体験を通して自由な感覚を獲得したが、故郷では不自由だったということらしい。
そんなことはどうでも良いことだ。
問題は、実に単純なのである。
それは、母親がクレイブに比べ、IQ(知能指数)が低過ぎたというだけのことだ。
そんな2人の考え方が極端に違っても、不思議なことでも何でもない。
親子であるからには、生まれ付いてのIQは、クレイブと母親は、そんなには違わないかもしれない。
しかし、母親は、長年に渡って村の因習に従い、その狭い教義と信念という型を頭にはめ込んで、極端にIQが低下したのだ。
一方、クレイブはまだ若くて、しかも、さして偏見を持っていないので、生まれながらのIQを保っていたのである。

道徳教育ほど無駄なものはない。
いや、無駄どころか有害だ。
宗教もまた、世間的、権威的なものは、間違いなくそうである。
IQが低い者に、善悪の道理は理解出来ないのに、道徳教育や宗教教育で偏見を叩き込んでIQを大きく下げてしまうのだから、むしろ、それによって、さらに、道理に暗くなる。
そして、必然的に、致命的なまでに不道徳になってしまうというのは、世界中で実証済みと考えて良いだろう。
滑稽で愚かな話だ。

だから、世界を明るくする道は、全ての人が、自由な思考を持ち、少なくとも、生まれながらのIQを保つようにすることだ。
他者に害を為す者、平気で迷惑なことをする者、無神経な者は、単に、IQが低くて、頭が回らない者なのである。
テロをするような者達は、子供の頃に、しっかりとした、道徳教育や宗教教育を受けているはずであり、まさに、それこそが、テロリストを作ったのである。

けれども、ウィルソンが、『兵士の故郷』について、私のように書かなかったことは幸運だった。
今もそうだろうが、IQを低下させた世間の人々は、問題がIQであるということを決して認めたくはなく、そんなことを言えば、感情的に反発するのだ。
だから、それ(人間性の問題の核心はIQであること)を言うことはタブーになっている。

だが、世界がこうなっているのは、実は、世界の陰の支配者達の策略かもしれない。
人間にとって、重要なことは道徳や人格であるという偏見をウイルスのように広めて大衆のIQを低下させ、幼児がお菓子を取り合って喧嘩している状態にさせているのだ。
結果として、大衆は、彼らの思うがままなのである。
一流大学に入る程度のIQなら、彼らの足元にも及ばないし、本当に優秀な大学生なら勧誘するが、日本の大学生ではお呼びはかからないに違いない。

世間で受け入れられるような、常識的な教育や訓練でIQを高めることは出来ない。
それでいて、学校やら伝統によって、手際よく偏見を叩き込まれ、思考がすっかり鈍くなってIQが極端に低下しているのが大衆だ。
例えば、ネットで、「あなたへのお薦めはこれ」なんて示されて、「大きなお世話だ。退け」と思わなかったり、「○○ランキング」とか言ってきても、「興味ないよ。失せろ」と思わないなら、もうかなりIQが下がっているだろう。
偏見を捨て、非常識な方法でIQを高めることである。
一言言っておくが、IQの高さを自慢する者は、全く大したことないことは、理屈で分かるはずである。
IQが高いことを自慢する理由なんて、馬鹿でない限り、あるはずがないじゃない?









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

何一つ願いが叶わなかったことを受け入れる

フランスの作家アルベール・カミュのノーベル賞受賞の要因となったとされる短編小説『異邦人』の主人公の青年ムルソーはモデルがいるようだが、非常に興味深い男だ。私は、彼を悟りに近い人間と思うのだ。
25歳のコリン・ウィルソンを、ほとんど一夜で世界的作家にしたエッセイ『アウトサイダー』のはじめの方でも取り上げられた作品である。

精神分析学者の岸田秀さんは、三島由紀夫は精神的な死人で、彼の自我は、三島が自分で構築した人工的な不自然なものであり、それが彼の作品にも現れていると述べていたが、『異邦人』の主人公ムルソーは、どこかそんなことを、私に思い出させた。
作品は、ムルソーの一人称「私」で書かれるが、冒頭の言葉が、「今日、ママが死んだ。いや、昨日だったかもしれない」で始まる。
要は、母親の死は、ムルソーに何の感慨も与えていないのだ。
母親は養護施設に入っていたが、さしたる年齢でも病気でもない。これに関しては、ムルソーの収入が少ないということで世間的に容認されていた。
擁護施設に入る時、母親は泣いたらしいが、きっとムルソーは平気だったろう(せいぜいが、うんざりしただけだろう)。
母親が死んだことで、全ての人がムルソーに気遣いするが、それはムルソーにはただ煩わしく、不快ですらあった。
だが、ムルソーは自分に(同時に読者にだろうが)言う。
「ママのことは、多分、好きだった」

母親の葬儀のために取得できた休暇の間に、ムルソーは、以前の職場で一緒だったチャーミングな女の子とプールで偶然に再開し、そのまま一緒にホテルに行くが、それが、後にムルソーの世間的破滅に繋がる。
ムルソーは、その女の子をよく見て、きれいな娘だと気付く。だが、それだけのことだ。
彼女が、ムルソーに、「結婚してくれる?」と尋ねると、ムルソーは、あっけなく「いいよ」と答える。
しかし、喜ぶ女の子が、「私を愛してる?」と尋ねると、ムルソーは、「分からないけど、多分、愛していない」と答え、彼女を戸惑わせる。

読者は、終始、ムルソーを変な男だと思うことだろう。
有名な作品であるので、多くの評論家や作家が、ムルソーのことを色々に書くが、その趣旨は、「どんな原因で、こんな変な男が出来たのか?」といった感じと思う。
だが、読者の中には、どこかムルソーに好感を感じている人も多いだろうし、どうしても、ムルソーを受け入れられないという人は意外に少ないのではないかと思う。

私にとって、ムルソーは変でも何でもない。彼の思考、行動はよく理解できるし、私も、だいたいが同じことをするかもしれない。ただ、しないかもしれない。
きれいな女の子に結婚してくれと言われても、応じても断っても、同じことだ。
つまり、こういうことだ。
母親の死に対し、ムルソーには何の責任もない。彼女が擁護施設に入ったことに関してもだ。母親は、養護施設で案外に平和に暮らしていたが、そうでないとしても、ムルソーには何も非難されるべきことはないのだ。
その女の子と結婚するかどうかも、する時はするし、しない時はしないという程度のことだ。結婚する宿命なら、結婚すればいい。その結果、幸せになろうが不幸になろうが、それはムルソーに何の関係も責任もない。
これが真実なのだ。
こういったことを、自分でコントロールできると考えることが世間の人の問題なのだが、ムルソーは、完璧ではないながら、普通の人のように考える自我が非常に希薄なのだ。
ムルソーのような人は感じるだろうが、世間の人の方がよほど変なのだ。人生を支配できると考える世間の人が。

ムルソーは、最後は悟りを開いていたのだろう。
彼は、何1つ、自分の思い通りにならなかった。
きっと、だから、彼は魂の束縛を脱したのだと私は思う。
我々も、よく考えれば、人生で、自分の本当の想いを叶えたことなどないに違いない。
それを受け入れることが出来た時、我々は神に近付くのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アウトサイダーが生きる意味のある、ただ1つの道

世間とどうしても折り合いの付けられないアウトサイダーってのがいる。
そんな者の中には、学校や会社の中で、特に若い間は、周りに合わせようと努力する者もいるかもしれないが、あまり、いや、全然上手くいかないものだ。無理すると、心が病んでしまう。
そんなアウトサイダーがどうして出来るかというと、ほぼ間違いなく、親の影響だ。
そんな者の親は、自分の価値観を絶対視するような人間であったはずだ。それで、子供もまた、自分の価値観が絶対だと思うようになり、他人の価値観を平気で否定する。そんな人間が、他人と上手くやれるはずがない。
そして、そんな者の、そういった性質は一生治らない。生涯、孤独で、仲間も友達も出来ずに過ごすしかない。
だが、親を恨んでも仕方がない。
とにかく、治そうと思って治る性質ではないし、自分でも、治そうという気は無いだろう。
アウトサイダーは、周りと調子を合わせてチャラチャラやっている連中を軽蔑しているが、世間から見れば、彼は変人でしかない。
まあ、そんな者が、たまたま、音楽や絵画といった芸術の天才で、世間の注目を集めれば救われもするかもしれないが、それならそれで、彼はますます他人を見下して孤立し、誰とも心を触れ合わせることが出来ない。そして、これは確実なことだが、天才といえども、孤独が平気だということは決してない。
スティーブ・ジョブズも言ったものだ。
「僕だって、ただの人間なんだ。みんな、どうしてそれが分からないんだ」
アウトサイダーなんて、誰もただの人間だと思わないものだよ、スティーブ。
彼は、歳を取ってから、普通の人間のように振舞うことも多くなった。それで、潜在意識の座である膵臓を癌に侵されたのだと私は思ってる。

まあ、天才でないことが幸なのか不幸なのかはともかく、大半のアウトサイダーは、ただの凡人だ。
アウトサイダーが生きていくには、悟りでも開くしかないのだよ。普通の人の真似をしたって、惨めで辛いだけだ。生きている意味など何もない。
悟りを開くっていうのは、自分の価値観なんてものも、全部捨て去ってしまうことだ。そんな者は、彼そのものが至高の価値になる。
暗闇に染まらずに輝く星の価値は何だろう?普通の人には分からなくても、それは絶対の価値を持つ。彼は、そんな星になるのだ。
悟りを開きたいなら、外的な一切のものから感覚を引き上げ、ひたすら、「私は誰か?」と問うことだ。
かといって、宿命を拒否してもいけない。それをやる運命なら、それから逃れることはできない。ただ、自分が行為者であるという自覚なく、義務を果たすことだ。
空いた時間は、つまらないことをしないで、『バガヴァッド・ギーター』や『エメラルド・タブレット』を読もう。
食は、少食過ぎてもいけないが、なるべく少なくしなくてはならない。
そして、見事悟りが開けたなら、本当はアウトサイダーと全く変わらず苦しんでいる世間の人の光になる。
一生、現実の友は出来ないが、地上の全ての者が月のしじまを友とするように、あらゆる魂は君を慕うことだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード