ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

アインシュタイン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

コツは1つ

どんなことでも、コツが分かればうまくいく。
コツは教えることも、教わることも出来る。
コツを知っている人にコツを教われば、たちまちうまくいくのである。
コツを言い換える言葉は、極意、急所、つぼ、秘訣、要(かなめ)などである。

ところで、コツは1つである。
2つあるようなら、それはコツではない。
「大事なことは、これとあれと・・・それにこれ。ああ、これも忘れてはならない」
なんていうのは、コツでも何でもなく、聞くと酷い目に遭う。
「コツは?」
と聞かれて、
「これじゃ」
と静かに言って黙る者は本物である。
ただ、コツを知っている者でも、言葉を並べたがる者が多いので困る。
雑多な部分は、各自で違うのだから、放っておけば良いものを・・・である。
尚、コツを聞かれて黙る者も本物である。
コツを教えたくないか、大事なコツを誤解されるのを恐れてかは分からないが。

物凄くモテる男がいて、ついに、その特技を生かしてNo.1ホストになり、お客さんに外車でもマンションでも買ってもらっている。
コツは、「優しいこと」だそうだ。
自ら一流の投資家であるマックス・ギュンターが、最高と思う投資家にコツを聞いたら、「欲張らない」だった。
有名な経営コンサルタントだった船井幸雄さんは沢山の本を書き、沢山のことを教えてるが、彼の本を読んでいたら、悪いが疲れる。
ところが、彼の本の中に、自分の後継者の社長に、経営の・・・と言うより、人生のコツを教えている場面がある。
それは、「心配しないこと」だ。それで全てうまくいく。
言い換えれば、「安心すること」だ。
つまり、否定形は「心配しない」で、肯定形が「安心する」だ。これはどっちでも良い。お好きな方を。

徳川家康の天下取りのコツは、有名なデルフォイの神託と同じで、「身の程を知れ」だった。
家康は「上を見るな」という言い方も出来ると言ったらしいが、「身の程を知れ」で良いだろう。

私が思うプログラミングのコツは、恐縮ながらアインシュタインの物理学と同じだ。
「出来るだけ簡単に。だが度を越すな」
である。

さて、コツは1つであるから、好きなのを選ぼう。
まとめてみる。

●優しい
by No.1ホスト
●欲張らない
by No.1投資家
●心配しない
by 船井幸雄
●身の程を知る
by 徳川家康&デルフォイの神託
●出来るだけ簡単に。だが度を越すな
by アインシュタイン
●神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ
by スーフィーの格言

1つ付け加えた。
お一つ、お持ち帰りになるが良い。
まあ、つまるところ、どれも同じである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最上のコツ

仕事や芸事などには、コツというものがある。
セールスの仕事、野球のバッティング、戦争、コーヒーの煎れ方・・・上手い下手があるものであれば、全てにコツがある。
そのコツを知れば、名人、達人になれるが、コツを知らずに上級者になることはない。
だが、コツは自分で会得するしかなく、教えることは出来ないと言われることがよくある。
だが本当は、教えるのが下手な名人が多いだけなのだと思う。

あまり好きな人ではないが、船井幸雄氏という、船井総研の創業者である経営コンサルタントがいた。
神とか宇宙人とか超能力といった方面に関してはともかく、極めて優秀な経営者・経営コンサルタントであったことは間違いないだろう。
その船井氏が、船井総研の社長を他の人に譲り、自分は会長になって経営トップから退く時、彼は、新しい社長に、10だったか20だったか忘れたが、経営のコツを書いて渡したようだ。
ところが、当時は電子メールもなかった時代で、新社長は毎日、深夜まで質問のFAX(ファクシミリ)を送ってくるようになった。
それで気がついた船井氏は、新社長に「すまんすまん、前に教えたのは最高のコツじゃなかった」と言って、これも3つだったか5つだったか忘れたが、もっとシンプルなコツを教えたところ、新社長はうまく経営をやれるようになり、FAXを送ってこなくなった。
船井氏でも、コツを教えるのに失敗するのである。
また、船井氏が著書の中で、「人事のコツは、昇格はあっても降格はない(降格してはならない)こと」と書かれていたのを覚えている。

名人や達人であっても、コツを教えたがらない人も少なくないだろう。
達人レスラーだったジョージ・トラゴスは、ルー・テーズにだけはダブルリストロックのコツを教え、テーズは史上最高のプロレスラーになった。
テーズが、トラゴスやレスリングに対する敬意を持っていたから、トラゴスは教えたのだと思われる。
こういうふうに、教わる方にも、教えてもらえるだけのものがなくてはならないのだろう。
そして、やはり、コツは伝授出来るのである。

プログラミングのコツは、プログラミング作法というものを、頭の良い達人プログラマーが書いてくれている。
しかし、本1冊になるということは、最高のコツではないのだろう。
最高のコツというものがあるとすれば、アインシュタインが言ったのだと思うが、「出来るだけシンプルに、だが、度を過ぎないように」で、これは、万事に通用する万能のコツである。
改めて言うと愕然とするほどだが、「出来るだけシンプルに、だが、度を過ぎないように」は、いかなることにおいても、最上最高のコツである。
ただし、人間が理解出来る範囲で言えば・・・であるが、人間が理解出来る範囲においては、これ以上のコツはない。
例えば、ダイエットのコツは「食べ過ぎないこと」と、この上なくシンプルであるが、断食となると、度を過ぎているのである。
念仏がなぜ良いかというと、仏教の最上のコツだからである。
ちなみに、生きることの最上のコツは「心を静かにする」である。
念仏は、心を静かにするための最上のコツである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

暇は金なり

暇な時間をいっぱい持っている者は幸運だ。
そんな者は、前世で良いことでもしたのではないかな?
だって、「タイム・イズ・マネー(時は金なり)」って言うじゃないか?
この「時」は、どう考えても「暇な時」なのだ。
暇が多いってことは、金が多いことと同義なのだ。
ところが、普通は、この「タイム・イズ・マネー」を、「時間を大切にしなさい」って意味だと思われている。
しかし、嫌なことやらされている時間を大切にしてどうなる?
本当に必要なことは、暇な時間自体を大切にすることなのだ。
くどいかもしれないが、重要なことなので繰り返すと、大切にするといっても、「有意義なことをしろ」ということではないのだ。
暇でさえあれば良いのだ。
考えてもみなさい。
我々の考える有意義なことほど下らないことはないのである。
「考えるな!感じろ!」である。
例えば、私の例で述べる。
私は、会社で暇だったから「プログラミングでもやろうかな」と思って始めたから、プログラマーとかシステムエンジニアと呼ばれるようになれたのだ。
ところが、「SE・プログラマーを目指します」なんて言う人をよく見たし、私に、「SEになるにはどうすれば良いか」と真面目に質問する者もいて、私も出来る限りのアドバイスをしたが、うまくいったことは・・・まあない。
暇もない事務員や労働者が、新しい分野に転身することなんか、そうそう出来ない。
まずは、暇だけど食べていける方法を考えることだ。
邱永漢が「女に食べさせてもらえるのは立派な才能」と言っていたが、全く同感だ。
大物には、長い間、女に食べさせてもらっていた者は多い。そして、そんなヒモみたいだった時、「この女のために成功するぞ」なんて必死で働いた者なんか、成功者にはいない。成功者ってのは、女に食わせてもらいながらのうのうと出来るふてぶてしさが必要なのだ。
小泉純一郎が若い時に勤めていたとされる会社で、実際には勤務実績がなかったことが問題になったことがあった。
小泉は、出勤せずに給料をもらっていたことをあっさり認め、「人生いろいろ、会社もいろいろだ」と平気で言っていた。
さずが小泉純一郎だ。そこらの政治屋とは訳が違う。こうでなくては、長期政権を築き、退任から10年以上経つのに、いまだ誰もが顔を知る超大物になどなれない。
彼は、給料だけもらって、しっかり放蕩してたはずだ。

エジソンとアインシュタインは「大学の存在意義」について争ったと言う。
エジソンは「大学は全く無用」と言ったが、アインシュタインは「考える場として必要」と言ったのだが、それなら、全然、争う必要はなかった。
単に、お互いが嫌いなだけだったのだろう。
アインシュタインは「暇な時間が持てる場として大学は有意義」と言ったに過ぎず、それは確かに、大学の最大の、そして、唯一の存在意義である。
もし、大学が、それ以外のものであるなら、確かに、エジソンの言う通り「大学は無用」だ。
エジソンには自分の学歴が小学校中退である引け目があるのかもしれないが、彼だって、8歳で小学校をやめた後、働いていた訳でもなく、自宅に引きこもって、好きなことをやっていたのだ。暇だったからね。だから成功したのだ。

では、どうすれば暇になれるか?
「タイム・イズ・マネー」たるフリータイムが得られるか?
そして、守備よく暇になった後、どうすれば面白いことを見つけられるか?
まあ、何度も書いているのだが、理屈で言ったことは、なかなか覚えてもらえない。
よって、やるべきことはただ1つ。
ルパン笑いをすることだ。
ルパン三世は、なぜいまだ超人気者なのだろう?
半世紀近くも前に始まったアニメなのに。
その秘密は、言われれば誰もが思い浮かべることが出来る、あのふてぶてしい愛すべき笑顔に決まっている。
そうだ。我々にはふてぶてしさが必要なのだ。
それには、最も美しいふてぶてしさを表す、ルパンのあの「ルパン笑い」を忘れてはならない。
あの笑顔を真似れば、格好いい子も可愛い子も君のものだ。
だって、暇でアイデアがあれば不可能はないのだから。
ルパンって、決して勤勉な泥棒ではなく、ふっじ子ちゃんや、可愛い女の子が絡まないことは基本的にやる気のない男なのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

わが友、わが味方、そは暇なり

昨日、「暇」がどれほど良いものであるかを述べた。
ただ、世間のイメージには、「小人閑居(かんきょ)して不善をなす」(つまらない人間は暇だとロクなことをしない)というイメージがある。
しかし、これって、国民を牛馬のごとく働かせるための、国家の思想統制ではないかと思う。
暇だと、酒ばかり飲んだり、色事ばかりにのめり込むやつって、それまで忙し過ぎたり、ストレスがある連中だろうと思う。
だが、芸術家がその典型だが、酒と女に溺れて暇なやつらが大画家、大作家、あるいは、大科学者にもなる。

西村博之(通称ひろゆき)さんの受け売りだが(西村さんも『銃・病原菌・鉄』という本で学んだ)、白人が有色人種を支配出来たのは、食料を生産し、輸送し、保管する技術を発達させるのに都合の良い場所に住んでいたからで、食べるために働く時間が短く、暇だったので、頭を使い、科学技術を発達させ、武器も作ったからだ。
きっと、「もっと暇出来るよう、征服したり、奴隷を作ろう」と考えたのだ。

アインシュタインがなぜ賢かったかというと、やっぱり暇だったからではあるまいか?
アインシュタインは、子供の時、「光と一緒に飛んだらどうなるだろう」と考えたらしいが、なんて暇な子なのだろう(笑)。
暇でなければ、そんな相対性理論のヒントになる考察などしなかった。
ヴァイオリンは、先生が嫌いですぐやめた(後に、「暇だったので」1人で練習した)ので、習い事などせず暇だったのだろう。
学校の勉強もせずに落第生で暇だったし、大学受験に落ちて、予備校で優雅に過ごし、無試験で大学に入った(予備校に1年行けばそう出来た)ようだ。
大学に入ってからも、講義は嫌いで一切出なかったし(卒業試験のための詰め込み勉強はしたが、それは試験直前だけである)、苦学生だった訳でも、ディスコでフィーバー(そんなもん、あるはずないが)していたのでもない。暇で、本を読んだり、大学の実験室を無断借用して趣味の実験をしたりで、伸び伸び知性を伸ばしたのである。
あんまし暇だったので、数学家の女の子を口説いてもいた(後に責任取って結婚した。偉い)。
そして、彼があまりお金を必要としない性格であったことも幸いした。
いつも同じよれよれの服を着、靴下を履かず、美食家でも金のかかる趣味もなく、金を稼ぐために必死で働くこともなく暇だったから、大発見も出来たのだと思う。

大画家となると、もう明らかに暇だ。
ピカソは家が豊かで、芸術の勉強以外は暇だったし、名門美術学校に行ったこともあり、早くに画家として成功し、金があったので、作品作りに没頭出来た。
だが、あんまし暇なので、美術学校の女の子を口説きまくり(まあ、「ボク、ピカソ」の一言で口説けたらしい)、60歳過ぎて二十歳前後の「妻」が何人もいたとか。羨ましい(笑)。
ゴッホは貧乏だったが、なんと、弟のテオが生活や絵画制作のための一切の経済面をまかなってくれて、ゴッホは「描くだけ」の人だったのだ!
ゴッホの絵は、ゴッホが生きている間は1枚も売れなかったが、素晴らしい弟のおかげで、「絵を描く暇なら無限にあった」のである。
宮沢賢治だって、家が大金持ちで、暇だったので、考える時間や創造的趣味に費やせる時間がたっぷりあったから、名作を沢山書けたのではないか。

そして、今の時代、賢く振舞えば、誰でも暇になれるはずなのだ。
しかし、首尾よく暇になれても、創造的な暇人であると良い。
ただ、創造的と言っても、何が創造的かは分からないが。
ゲームばかりやってるのは創造的に見えないが、ゲームばかりやってて、そのおかげで成功した人もいるのだしね。
まあ、全ては自己責任でということで。
以下ご紹介する西村博之さんの本は、本当に有意義かどうかは読む人次第だが、面白いし、賢く応用すれば確かに強力な武器と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

世界はこうして造られる

世界は、物質的に何かが存在している訳ではなく、我々が目を向けた時(正確には意識した時)、我々の内部にいる魔術師が、目を向けた先に、一瞬で世界を構築するのだと主張する人は昔からいたが、現代の科学は、それが正しいことを解明している。
有名な、アインシュタインとインドの詩聖タゴールとの対話で、タゴールは、「我々が見ていない限り、月は存在しない」と断言したが、アインシュタインには信じられなかったらしい。

問題は、「我々が好きなような月を作れるか」だが、実際、作っているだろう。
月より、星の方が分かり易く、星空は心の中そのものだ。
詩人、農民、エンジニア、科学者を問わず、心が澄んでいる時は、皆、星は語りかけてくると言う。
アンデルセンの『絵のない絵本』の月は、アンデルセンの魂だし、ライオネル・マリア・リルケの『夢』の第七夜では、あるロシアの若者は、星は神様や天使の目であると信じていたが、彼がそう思っているならその通りだ。

皆、魂は美しく、世界も美しくあるはずだが、魂に近いところにある心が、世界を台なしにしてしまう。
そう、人生をとても残念なものにしてしまうのだ。
『ラーマーヤナ』のヒロイン、シータの父親のジャナカ王は、その心を見つけ、死刑にしてしまった。
もっとも、心が無ければ、世界も存在しないのだが、普通の人の心は、荒れて淀んだ湖だ。
世界は心が見せる幻だとしても、良い詩人や画家が描く世界が美しいように、我々は目の前に美しい世界を作り出すことが出来る。
淀んだ心が邪魔さえしなければ。
そして、心を静かにする方法は、単に、静かな呼吸をすることだということを、誰もが、何度も聞いたはずなのだ。
私も、力強くそう教える声や文字を、何十回も聴き、見た覚えがある。
不安というのは、世界が美しくないか、美しくない世界が現れる予感と共にある。
そんな時、呼吸を静かにすると、世界や世界の因子が変わっていくのを感じて安心するのである。
我々の内にいる、世界を作る魔術師(それは神か仏のようなものかもしれないが)の邪魔をしてはならない。
極めて呼吸が少ない神人は、自在に世界を構築しているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ