ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アインシュタイン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

全てを得るキーワード

全てに通じる汎用的な極意というものがあるとすれば、それは「自主性」だ。

学校では、暗記というものをさせられる。
この暗記が良いか悪いかという議論は絶えない。
学生時代からずっと超秀才で、東大、東大大学院と進み、28歳で学術学博士になった東浩紀さんという評論家・思想家がいる。
彼が、日本の受験制度を批判する脳科学者の茂木健一郎さん(彼も東大、東大大学院卒)に、暗記は必要と言ったという話をWebで見たことがある。
そして、昨日だが、上級の税理士である母親が中3の娘に暗記の重要性を力説するツイートを見た。
一方、アインシュタインは「私は光速(が秒速何mか)など知らない。調べればすぐ分かることを覚えたりしない」と言った話がある。実際、彼は暗記が苦手で、大学受験に失敗している(制度を利用して無試験で入学した)。

暗記が良いか悪いか?
答は決まっている。
「自主的な暗記なら良い。強制的な暗記なら悪い」
である。
「学校で暗記させられて覚えました」と言う者は愚か者である。
自主的に、繰り返し読み、その結果覚えた暗記なら良いのである。
「知識だけの人は駄目」とか言うが、それは、強制的に覚えさせられた(暗記させられた)人は駄目ということである。
自主的に覚えた物知りが「知識だけの人」であるはずがない。

暗記に限らない。
ある政治犯が、逮捕されて刑務所に入れられ、3年の間、発言が許されなかった。
この政治犯は釈放された時、
「私は3年のマウナ(沈黙の行)を成し遂げた」
と言った。
しかし、インドの聖者ラマナ・マハルシは、
「強制された沈黙はマウナ(沈黙の行)ではない」
と否定した。
マハルシ自身、17歳くらいの時に、3年ほどの沈黙の行を行っていた。
もちろん、誰にも指図されず自主的に。

メジャーリーグの4割打者テッド・ウィリアムズやイチローは、誰よりも多く素振りをしたが、彼らは、自主的に素振りをしたから超人的バッターになれたのである。
「素振りをしろ」と強制的に素振りをやらされた選手が良い選手になるはずがない。

松下幸之助は、経営セミナーで、今後はダム経営(社内に「社内留保」に該当する現金を保有すること)が必要であると言った時、受講者が、
「どうすれば社会留保が得られますか?」
と質問した。
それに対し、松下は、
「社内留保を持ちたいと願うこと」
と答え、皆が笑ったが、若き日の稲森和夫は笑わず、それを真面目に受け入れた。
社内留保が必要だと追い立てられて持つのではなく、経営者が自主的にそれを持とうと願うことが必要なのである。

『パーマン』という漫画・アニメでは、パーマンのマントをつけると、時速91kmで飛べる。
ある時、パーマンからマントを奪って、そのマントをつけた男が、パーマンに「どうやったら飛べるんだ?」と尋ねた時、パーマンが「飛びたいなあって思うんだ」と言ったことが、非常に印象的だった。
強制的に飛ばされるのではない。
自主的に飛ぼうと思わなければならない。
パーマンのマントは、宇宙テクノロジーであるらしいが、漫画ながら、実に納得出来るのである。

『歎異抄』の中に、親鸞が語った念仏の極意があった。
これは誤解されることがあるが、親鸞は、
「念仏を唱えなくても良い。唱えようと思えば良い」
と言った。
これもまた、「唱えさせられる」念仏は駄目で、「自主的に唱える」念仏が良く、むしろ、強制的に唱えさせられるより、唱えなくても唱えようと思う自主性が大事だと言っているのに違いない。

空海は「真言は不思議だ」と、その威力を語ったが、自主的に唱える真言が不思議なのである。
念仏も真言の1つだが、例えば子供に、強制的に真言を唱えさせても駄目なのである。
だが、自主的に真言を唱えれば唱えるほど力を得、無敵になっていくのである。








誰だってどんなことでも名人になれる

最近は、70代以上の人が「普通」にスマートフォンを使っている。
通話はもちろんだが、カメラ機能やLINEも、当たり前のように使っている。
それは10年近く前なら想像し難いことだったが、今のスマートフォンの使い方が、昔と比べてそれほど簡単になった訳ではない。
それに、老人達は、かなり高度に使いこなし、やっていることは、若者と全く変わらない。
なぜ、そうなったかというと、「使うことを決意」し、「時間をかけた」だけである。

一方で、老人は、今もパソコンを使える人は、あまりいない。
その理由も同じで、パソコンを使うことを決意しなかったし、時間もかけていないからだ。
つまり、もし、老人が、パソコンを使うことを決意し、時間をかければ、やはり楽々使えるのである。

実は、今は、若者がパソコンを使えなくなっている。
企業では、新入社員にパソコンの使い方の研修をするのが、当たり前になっている。
高校生や大学生が、パソコンを使わなくてもスマートフォンで事足りるので、パソコンを使う動機がなく(だから使う決意をしない)、よってパソコンに時間をかけないのだから、使えなくて当たり前だ。

ピアノもヴァイオリンも数学もスケートボードも、その他のいかなることも、やろうと決意し、時間をかければ誰でも出来る。
ところが、学校とかピアノ教室などでは、決意もしていない生徒にそれらをやらせようとしたり、短時間で詰め込もうとするから出来ない生徒がいるだけである。
「ピアノを厳しく指導する」というのも、単に、「短時間で教えようとしている」だけなのである。
指導者が、短時間で出来るようになることが美徳であるように思っていたり、特にそうではなくても、親が子供に沢山のことをやらせようとしたら、1つのことに時間をかけられないのでうまくいかないだけである。
アインシュタインだって、子供の時、ヴァイオリンを習ったが弾けるようにならず、勉強も全然出来なかったが、1人で時間をかけてヴァイオリンをやれば、かなりうまく弾けるようになったし、科学が得意になったのは良い教師に巡り合ったからだと言われているが、単に、高校を出て暇になったので(予備校に行っていた)、時間をかけて科学の勉強をしたに過ぎない。実際、アインシュタインが「予備校であの先生に出会えて科学が分かるようになった」と言った教師に後で聞いたら、その教師はアインシュタインのことを覚えていなかった。これは、その教師が、短時間で詰め込もうとしなかったので(単に、やる気のない教師だったからかもしれない)、アインシュタインが時間をかけてゆっくり勉強出来ただけのことであると思う。

私は昔、事務員と言うよりは雑用係みたいなことをしながらコンピュータープログラミングをマスターし、プログラマー、システムエンジニアになったが、なぜ、そんなことが出来たかというと、単に、雑用係をやっていた頃、暇だったからだ。友達も彼女もいなかったこと、趣味もほとんどなかったことが大きい。それらは時間をとられるので、もし、そんなものに時間をかける「リア充」であったなら、おそらく、プログラミングが出来るようにはなっていなかったと思う。

だから、プログラミングをマスターしたければ、まず「プログラミングを出来るようになる」と決意し(軽く決意すれば良い)、とにかく、時間をかけることだ。
書籍の売り文句のように「3日でマスター」なんて馬鹿なことを考えない方が良い。
プログラミングにしろ、料理にしろ、世の中で価値あることで、3日で出来るようになることなどない。
のんびり、ゆるくやれば良いのである。
そうすれば、時間なんて勝手に流れる。やってさえいれば、時間が味方し、気がついたら出来るようになっているのだ。
私は、決して、短時間でプログラミングをマスターしてなどいない。
少しも厳しくはなかったが、時間だけはとんでもなくかけていたのである。
チームラボの猪子寿之社長が、現在ドワンゴ社長である夏野剛氏と対談した『大企業の時代は終わったか』で、イチローが成功したのは、単に、誰よりも野球に時間をかけたからで、別に才能の問題じゃないと説得力を持って言われていた。他にも沢山の示唆を得られるので、100円の電子書籍だから読むと良い。

引き寄せとか魔法や超能力も同じで、人間には、元々、そんな能力があるのであり、それを出来るようになるには、才能やら秘法的訓練が必要なのではなく、時間をかければ誰でも、いくらでも高度に出来るようになる。
私も、幼い頃、魔法にひたすら時間をかけ、おかげで、他の子が出来ることは何も出来ず、怒られてばかりで辛かったことを覚えている(笑)。
しかし、不思議なことは当たり前に出来るようになったのである。
定評ある本を時間をかけて読み、実践すれば良いだけである。そして、それらはやることは楽なので、本当に楽々出来るようになるはずなのだ。








頭の回転を速くする

100年ほど前のエレベーターは、現在のものよりは、多少、操作が複雑だったようだが、利用者が自分で操作したのだから、そんなに難しいはずもなかっただろう。
だが、あのアルベルト・アインシュタインは、妻にその操作方法を聞くと、思わず言ったそうだ。
「そんなことはお前がやってくれ。私は難しいことは一切苦手だって知ってるだろ」
別に、アインシュタインは冗談を言った訳ではないと思う。

私も、コンピュータープログラムの高度なアルゴリズム(処理手順)を考える時、難しいことを考えるのではなく、単純な方法がすっと浮かんだ時にうまくいく。
どうしても複雑になる場合は、処理を分割し、その1つ1つが単純になるようにする。
その1つ1つの処理が全体として単純に作用し合うようでないと使えない。
こんなことに関しても、アインシュタインは良いことを言っている。
「出来るだけ単純に。ただし、限度を超えないように」

この世で難しいことの代表は、むしろ人間関係であるが、これも難しく考えると、うまくいかない。
人間関係の問題も、根本は単純なことだ。ただし、あまりに単純に考えてもいけない・・・というより、何も考えずに、都合とか偏見に基づく個人的感情だけで片付けようとしたって駄目だ。

上記のようなことが分かった上で、頭の回転を速くする方法がある。
これも、極めて単純だが、単純にやり過ぎてうまくいかない人が多い。
やることは確かに簡単で、頭の中で数字を、イチ、ニー、サン、・・・と数えるだけである。
ただし、出来るだけ速く。
100まで数えたら1に戻り、それを10回繰り返す。つまり、1000数えることになる。
ところで、出来るだけ速く数えるのだが、絶対的に正確に数えないといけない。
51なら、頭の中で正確に「ごじゅういち」と言わなければならない。
数え間違いなどもっての他で、また、数えたか数えなかったか分からないようなことをしていたら、頭が悪くなりかねない。
絶対的に正確に数えつつ、同時に、出来るだけ速く数えるのである。
練習しているうちに、驚くほど、速く正確に数えられるようになる。
そうなれば、頭の回転は驚異的に速くなっている・・・つまり、頭脳が高性能化しているのである。
尚、1から100まで数えることを10回繰り返すと述べたが、時間がなければ、300とか400でも構わないので、暇があれば、出来るだけ多くやると良いと思う。








暇を作ることに努力せよ

アインシュタインのような才能の持ち主は、案外、沢山いるが、そんな本当は優れた者達のほとんどが、ありふれた仕事に就き、ありふれた人生を送る場合が多いのだと思う。
では、なぜ、アインシュタインが才能を発揮出来たのかというと、子供の時に、たまたま科学の本を与えられ、それに興味を持ったということもあるが、何より、時間があったからだ。
早い話が暇だった。
アインシュラインは劣等性で、学校の勉強に時間をつぎ込むことはなく、習っていたヴァイオリンは、先生が嫌いだから止めてしまったし、友達と元気に遊び回る腕白坊主でもなかった。
自分が働かないとやっていけない家庭状況でもなく、今日のようなスマホやテレビゲームがある訳でもない。
実際、時間が有り余っていて、ぼーっと空想していることが多かったという。
大学受験には失敗しているが、元々、大して受験勉強はしていなかったと思うし、指定予備校に1年通えば無試験で大学に入れる制度があったので、大学に入るまでの1年も暇だった。
大学に入ってからも、講義には全く出ず、それでも卒業出来る制度だったのが良かったのだろう。
唯一、大学を卒業するのに必要な試験に合格するために詰め込み勉強をしなければならず、これについてアインシュタインは散々文句を言っているが、ぞれ以外は自由時間だったのである。
大学の成績も良くなく、大学や企業に就職出来なくて、なんとか特許局の事務員になったが、そこでも、仕事中に読書したり、論文を書いているが、それは、仕事が大して忙しくなかったからだ。
こんなふうに、彼は時間に恵まれていたから成功したのである。

童話作家のアンデルセンもそうだった。
幼い時、家にたった1冊しかなかった童話の本を、お母さんが繰り返し読んでくれたことが、アンデルセンの想像力を育てたのは、水木しげるさんのお婆さんが、水木さんが幼い時に、毎夜、枕元で妖怪話を聞かせてくれたのと似ている。
そして、やはり、アンデルセンも暇だった。
女の子のような性格で、他の男の子達と遊ぶことはなく、学校も不登校なことが多かった。
そして、彼のような庶民の家の子は、皆、10歳くらいになったら工場などに働きに行くのが当たり前だったが、アンデルセンには務まらずに彼は家に居た。
だから、アンデルセンには時間がたっぷりあり、一人遊びをしたり、ぼーっとして、想像力をさらに伸ばしたのだ。

あくまで小説だが、日本では人気がある『フランダースの犬』の主人公の少年、ネロにしたって、貧しいはずが、生活面は高齢のおじいさんにまかせ、自分は、炭しか画材はなかったとはいえ、絵を描いていられた。
それで思い出すのは、かのゴッホが、生活の一切、さらには、画材の購入や調達も、弟のテオが全部面倒を見ていて、ゴッホは働く必要もなく、時間がたっぷりあったので、絵画の制作に時間を注ぎ込み、沢山の作品を残したのである。

それに比べ、現代人は、子供の時から、習い事だ、塾だ、宿題だ、予習だ復習だと忙しく、勉強嫌いなら、スマホやゲームに時間を食い尽くされてしまう。
中学からは部活・・・そうでないなら、やっぱりスマホにゲームに動画視聴(昔はテレビだった)。
本当に好きなことをやる時間が全然ない。
正直、全然知らないのだが、米津玄師さんなんて、子供の時から暇な時間がたっぷり持てる環境にあったのだと思う。
彼が、お稽古事や塾や部活に忙殺されていたら、こんなふうにはなっていなかったはずだ。

サラリーマンなんて、朝から晩まで会社に勤め、スマホやゲームを含め、他にも下らない娯楽が溢れているので、そんなもので時間を潰したら、もう何も出来ない。
休日も、エネルギーが残っていないこともあるだろうが、受け身でやれる娯楽ばかりやるようになり、何か1つくらいはあるはずの才能を伸ばす余裕はない。
職人やお店をやっている人や、その他の大半の自営業者も、身を粉にして働いても収入が低い仕組みに世の中がなってしまっていて、サラリーマンよりも厳しい状況だろう。

とにかく、何かやりたい、才能を伸ばしたい、楽しい人生にしたいなら、必要なのは時間・・・というか暇である。
小泉元総理は、サラリーマン時代、会社で仕事をしなくても給料を貰えたことについて追及されると、「人生いろいろ、会社もいろいろだ」と言ったが、結局、彼はツイてたのである。
古い話だが、大俳優だった丹波哲郎さんも、最初はサラリーマンだったが、いったん会社に出勤したら、すぐに遊びに行ってしまって会社には居らず、たっぷりある時間を使って大いに創造性を磨いたのではないかと思うが、そもそも、彼は、子供時代から好きなことをやる時間が有り余っていたのである。

学校や会社や、あるいは、家庭で、優等生になってしまっては、家畜の牛や豚、あるいは、奴隷と変わらない人生しか得られない。
偉人たちから学ぶべきことは、勉強だの修練もだが、それよりも、彼らがいかにして暇を作ったかである。
家がお金持ちであったり、ゴッホのように献身的な兄思いの弟がいたなど、恵まれていた場合もあったが、そうでない偉人もいたはずである。
だが、特に子供向けの伝記では、一番肝心な「怠け方」「押しつけの義務からの逃亡法」といった部分が省かれてしまっており、作り物の真面目人間の姿に描かれていることが多い。
とはいえ、偉人は自由を得るために戦った部分もあるのだ。アインシュタインもそうだった。
とにかく、優等生の称号など、決して決して決して求めてはならない。
学校の教師や、毎日テレビを見ているような親には怒られるようでないといけない。
また、テレビは見てはいけないし、スマホもなるべく使ってはならない。
下らない付き合いはやめ、会社では、定時になったら、他の者が忙しそうにしていても気にしながらでも帰る。
そういったことを「努力」と言うのである。








アインシュタインもビル・ゲイツも頭が良くないから成功した

国語が0点でも読み書きに全く支障はないし、変な言い方だが、地理や歴史が0点でも、地理や歴史の知識を得るのに支障は全くない。
古文が0点でも、古典に興味を持てば、支障なく古文に詳しくなる。
数学が解らないのは問題だが、数学が嫌いとか不得意だというのは、算数や数学の先生が嫌なやつだったという理由だけである。
別に、嫌われる先生を死刑にする必要はないが、先生を替えれば良かっただけであり、誰からも好かれない先生は辞めてもらうしかない。
アメリカでは、学校の授業よりずっと面白くて分かり易い無料のオンライン授業があるが、それは、日本でも出来るし、実際、出来るようになりつつある。

実際は、学校に行く必要は全くない。
単に、他者と交わるコミュニティーが必要なだけである。
そのコミュニティーも、学校のように、同じ年齢の子供を集めて隔離したら。有害さが有益さをはるかに上回ることは、少々馬鹿でも分かるはずであるが、教育関係者達には解らないようなのだから、そんな最低の馬鹿が運営する学校に行く必要はますますない。
現在の学校はただちに解体し、現在の教育関係者とは全く異なる賢い人達によって、子供達にとって有益なコミュニティーを作り運営するようにしなければ、人類に未来はない。

そうは言っても、教育がまともになる可能性は、日本では、少なくとも当面の間は全くないので、各自で上手くやるしかない。
実際は、教育関係者がそんなに馬鹿なのではなく、昔から、権力者達は学校を今のような(超お馬鹿な)形に留めたがるという理由で、国民は馬鹿になるために学校に行くのである。
教科書の内容自体は、そんなに悪くない。
よって、楽に60点取れるような勉強の仕方が出来れば良いだけであり、それは可能である。
ただ、数学と物理と化学は80点が取れるくらいの知識と理解を持っておく必要があるが、それも少しも難しくはない。
数学の80点と100点に別に違いはなく、100点が取れるまでやるのは時間の無駄だ。
言い換えれば、本質を理解した上での80点が良く、本質が解らないのにテストで100点を取るのは愚かである。

上に挙げたことは、インターネットを使えば、もはや簡単なのであるが、あちこちの団体や企業が独自にやっているので、どれが良くてどれが劣悪か分からない(劣悪なのもあるはずだ)。
良いものが1つである必要はなく、複数で競い合うことでより良くなっていくのだが、学ぶ方が、何を選ぶべきか分かるように整備してあげる必要がある。
オンライン授業は、無料、あるいは、極めて安価でなければならない。
カーン・アカデミーは完全無料だし、もし、いくらかでもお金を取るとすれば。それは、サービスに対するお金であり、教育コンテンツを商売にしてはならない。
そうでない塾や予備校も不要である。
学歴がなくても、必要な知識や能力があれば良いのであるから、学校無用の時代は、もうすぐ・・・というより、もう来ていると思っても良いかもしれない。

あまり正確な話ではないかもしれないが、有名な脳科学者が、こんな話をしていた(ネットで見たが、何のサイトだったかは分からない)。
マイクロソフト社を創業したビル・ゲイツが高校生の時、教師はゲイツに、「お前はプログラミングだけしていろ。そうすれば、他の科目の単位もやるから」と言って、その通りにしたらしい。
これが当たり前にならなければならない。
私の場合、どの教科も満遍なくやらないと怖い目、不快な目に遭わされる普通の学校だったので(社会の教師に「いくら数学が出来ても社会で落第させてやる」と脅された)、ゲイツのようには出来なかったが、それでも、国語や社会はなるべくやらず、数学や理科も学校の授業は聞かずに本だけで勉強したが、それで一級のシステムエンジニアくらいにはなれたのである。
それも、不要な科目を切り捨て、アインシュタインに倣って、本で勉強する独学に徹したからである。
だが、学校や教師の妨害は、基本精神はゲシュタボと同じなので、私は随分酷い目にあったが、10パーセントの成果は得られたということだ。
確かに、頭の良い人であれば、「仕方ない」と思って全科目やっても、楽に良い成績が取れるかもしれないが、私には無理で、もし、そんなことをやろうとしてたら、今頃は社会的に生きていないだろう。
それで言えば、実は、アインシュタインも頭が良かったのではないと思う。彼も学校の勉強は苦痛だったし、大学受験も合格出来ず、制度を利用して無試験入学したのだ。
また、私は、ビル・ゲイツもスティーブ・ジョブズも、普通の意味では、それほど頭が良いとは思わない。
だが、それは良いことであったのだ。普通の意味で頭が良い人間には大きなことは出来ない。
ただ、ゲイツらは、優秀な面があったのと、後、成功したのは「たまたま」である。
だが、誰だって優秀な面があるのだし、誰でも「たまたま」成功出来るのだと思う。
「たまたま」成功する能力をセレンディピティ―と言うのだが、それは重要なものであり、その能力を得る方法は、かなり分かってきていると思う。
なら、それは、皆が学ぶべきだろう。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード