ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

アインシュタイン

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

愛すべき偽物達

音楽家、建築家、プログラマー、スポーツ選手・・・何になるにも、正統派の道を順調に進むことが出来るならそれで良いのだろうが、変則的な道もある。
だが、変則的な道を行く者は、大なり小なり、「偽物」扱いされる。
ここで、分かり易く、正統派を「本物」、非正統派の我流で行く者を「偽物」と言う。

アインシュタインは偽物の科学者だ・・・と、言い切ってしまおう。
彼は、無試験で入った工科大学の講義には全く出席せず、1人で勉強し、卒業してからも、大学の研究室に入るのではなく(入れなかった)、特許局の職員をしながら1人で研究をしていた。
全くの我流の研究者だ。
だからこそ、既成概念に囚われない独創的な発想が出来たのだと思う。

コリン・ウィルソンは世界的作家・評論家だが、家が貧しかったので高校に進学出来ず、工場労働者をしながら、図書館で1人で勉強していた。
だからこそ、普通の作家が目を背けるような分野に平気で取り組み、心理学者のマズローと交流していた時も、心理学において、マズローを超える重要な視点を持てたのであると思う。

音楽家の冨田勲氏は、実に、音大出身ではない。
冨田氏は、1970年当時、「本物」の音楽家が見向きもしない電子音楽に興味を持ち、個人で当時一千万円もしたモーグ・シンセサイザーを購入し、シンセサイザー音楽の世界的ヒットアルバムを数多く出し、80歳の時には、クラシック・オーケストラが演奏する『イーハトーヴ交響曲』の歌唱に初音ミクを採用した。
「偽物」でなければ出来ないことだったと思う。

西尾維新氏の人気小説である『物語』シリーズで、怪しげなマスター達3人が、「本物と偽物、どちらが値打ちがあるか?」という議論をしたらしい。
回答は、1人が「本物の方が値打ちがある」、別の1人は「同等」、そして、私が敬愛する3人目(詐欺師だが)は「偽物が圧倒的に上」と言う。
偽物は、自分は偽物という引け目、劣等感があり、だからこそ、本物に勝とうとする。
しかし、本物は、元々自分は優れていると思っているので、それほど向上しないのだ。

アメリカ大統領選挙において、ヒラリー・クリントンやジョー・バイデンは、弁護士、政治家として華々しいキャリアを積んできたエリート・・・つまり、「本物」である。
一方、ドナルド・トランプは、若い時からニューヨークの不動産王として脚光は浴びてはいたが、あくまでビジネスマンであり、しかも、大きな失敗も数多く経験した。大学で法学や政治学を学んだ訳ではなく、政治家としては、明らかに「偽物」である。
だが、大統領就任後、いろいろ問題もあったが、公約のほとんどを実現し、アメリカ経済を近年にない好況に導いた。偽物の方が実力があったのだ。

蛇足だが・・・
私も、「偽物」のプログラマー、SEで、大学の情報科を出た訳でも、企業で本格的な研修や技術指導を受けた訳でもない。
全くの「偽物」だ。
そんな私は、普通の仕事では役立たずで、チームの仕事は不得手だが、誰も取り組まない仕事を好んで引き受けて、なんとかやり遂げてきたと思う。
別に「本物」が嫌いな訳ではないが、ヒラリーやバイデンのような、そして、今はオバマもそうであるような、エリート特有の上級人類の顔は、やはり、あまり好きでない。
ウィルソンや、冨田氏や、西尾維新氏の小説の詐欺師、貝木泥舟(かいきでいしゅう)や、そして、ドナルド・トランプなどの「偽物」には、直観的・本能的な親しみを感じるのである。
トランプは、アメリカの主要メディアを敵に回して、「偽物らしく」我流で堂々と戦っている。
NHKがまるごと引用するCNNニュースなどの世論支持率は、バイデンに10%ほどサバ読みを入れている。まあ、正確には、バイデンが有利になるような方法で世論調査を行っているのである。
しかも、バイデン一家の汚職疑惑については、一切報道しない。
こういったことによる、世論誘導(早い話が洗脳)がおおっぴらに行われているのだと思う。
一方、前回大統領選で、トランプ勝利を予測した数少ない政治世論調査会社で、しかも、激戦州のほとんどの結果を当てたトラファルガー・グループは、今回もトランプ勝利を予想している。
FOXニュースは、トラファルガー・グループの予想や、バイデンのウクライナ疑惑の記事も載せていて、最も参考になると思う。
郵便投票による不正・・・とまでは言わないが、アメリカの郵便事情から考え、本当は郵便投票は問題が多いのも確かなのであるし、本当に民主党の不正もあるかもしれない。
なんとか「偽物」トランプに頑張って欲しい・・・と個人的には思っている。








神のサイコロ

アインシュタイン(1879~1955)の「神はサイコロをふらない」という、よく知られた言葉がある。
全知全能たる神がサイコロをふる理由は確かになさそうだ。

しかし、神にしたって、人間に思考や行動の自由を与えていると思われるので、人間が神のサイコロなのかもしれない。
つまり、ある人間が、「正しい選択をするか、誘惑に負けて罪を犯すか」は、その人間の自由意志であり、神は、その人間がどんな選択をするか、ただ見守るのである。
ところが、「そんなこと、神様はお見通しだろう」と言う者もいるだろう。

だが、そんな議論をする者や、そして、アインシュタインにも、致命的な間違いがある。
致命的とは言っても、気付かないのも仕方がないと言うべきかもしれないが。
そのことに気付いていたのは、アインシュタインより14年ほど早く生まれ、アインシュタインより16年ほど早く死んでいる、アイルランドの詩人・劇作家、ウィリアム・バトラー・イェイツ(1865~1939)だ。
ちなみに、アインシュタインは1921年にノーベル物理学賞を、イェイツは1923年にノーベル文学賞を受賞している。

イェイツは戯曲『カルヴァリー』の中の注釈の中で、アラブ人の言葉として、こんなことを書いているらしい。
※『イェイツ』(渡辺久義著。あぽろん社刊)より

私が骰子(さいころ)筒から骰子を投げるなら、それぞれの骰子には6つの目しかありません。しかし、神が投げる時には、神はあらゆる数とあらゆる目を持った骰子を使うのです。

つまり、アインシュタインも、サイコロには6つの目があることを前提としている。
しかし、神が使うサイコロには無限の目があるのだ。
そして、イェイツも知らなかっただろうが、神のサイコロは、全ての目が同時に出るのである。

分かり易く話そう。
あなたが男で、ある可愛い女の子に告白したところ、その女の子は、
「サイコロをふって、3が出たら付き合ってあげる」
と言う。
それであなたはサイコロをふったところ、1から6の目が全部出るということだ。
これは、サイコロをふった瞬間に、6つの世界が生まれたということだ。
つまり、パラレルワールド(並行宇宙、並列宇宙)が6つ生まれるということだ。
そして、現実の問題は、1から6で決められるようなものばかりではないので、神のサイコロの目は無限であるのである。
だが、この告白の話で言えば、あなたは、3の目が出た並列宇宙を選べば良いだけである。
もし、彼女が、「3911039の目が出たら・・・」と言うなら、その目が出た宇宙を選べば良い。

どうやれば選べるかって?
それはこうだ。
彼女が「3が出たら私はあなたのもの」と言うなら、「3が出た宇宙がある」と思えば良いのである、実際、あるから。
想像出来る限り、いかなる状態の宇宙も存在するのだからだ。
その宇宙があると分かったら、その宇宙を、当たり前に感じるのだ。実際、当たり前にある。
何の興奮もなく、心静かに、それが当たり前の世界だと感じるのだ。実際、当たり前の世界なのだ。
あなたが毎日使っているコップや茶わんが、当たり前に存在するように、その宇宙は当たり前に存在する。

パラレルワールドを扱った小説でも読んで、感覚を身に付けると良い。
『果てしなき多元宇宙』(角川文庫『時をかける少女』に収録)
『少年たちは花火を横から見たかった』 (角川文庫)
『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』(角川つばさ文庫)
等々。








日本の教育方針は無視しないと危ない理由

頭の良さとは、測定出来るものではない。しかし、次のような方法で、推測が出来るかもしれない。
我々は、よく、「(A)は、だいたい、(X)だ」という言い方をする。例えば、「挨拶がきちんと出来る人は道徳的な人だ」とかである。
実際は、挨拶が出来るからと言って、その人が道徳的であるという保証はないが、ほぼ合っていると考えて良い。
これを、「挨拶が出来ることと道徳的であることとは相関性がある」と言う。
頭の良さも、何かに相関性があるかもしれない。

「知識と知恵は違う」と言うことがある。
つまり、物知りだからと言って、必ずしも賢くないし、馬鹿である場合だって少なくないかもしれないということだろう。
ところが、知識量と頭の良さは、高い相関性があることは、分かっているらしい。
実際、「物知りだけど賢くない」というのは、むしろ例外で、知識が多ければ、思考力・問題解決能力も高い。
では、「試験の成績が良い人は頭が良いのか?」と問うなら、答は「ごく限定的にイエス」だ。
特に、学生の間は、試験の成績と頭の良さに、相関性はかなり認められると思う。
ただ、教科書の知識は、知識全体のほんの一部で、しかも、非常に偏った知識であることに注意しなければならない。
教科書に載っていることが、ものごとの基礎でも何でもないことは、多くの人が誤解している。
教科書に載っていることは、「1つの偏見」くらいに考えて丁度良いのである。
とはいえ、教科書の知識も1つの知識であることは確かで、多くの学生は、持っている知識の多くは教科書の知識なので、教科書の知識が多い方が、頭が良い可能性が高いのである。
しかし、ある学生が、教科書に書いてあることはあまり知らないが、教科書には載っていない何かに強い好奇心を持ち、多くの知識を得ていて、しかも、その知識量が非常に大きければ、学校の秀才よりずっと賢いかもしれない。
その代表がアルベルト・アインシュタインだった。
彼は、学校の試験の成績はサッパリだったが、科学の一般書に興味を持ち、沢山の知識を得ていた。
逆に、アインシュタインは知識を軽視していたという誤解もあるが、彼が軽視していたのは、教科書に載っているような知識だった。

社会人になると、学校での、教科書の知識量で優劣がついた頭の良さは容易く逆転する。
教科書の知識は、この世の情報のほんの一部で、しかも偏っているし、しかも、秀才だったとはいえ、いつまでも教科書の内容を覚えている訳ではないのだから、学校を終えてから知識を増やさないと、学校秀才も、あっという間に馬鹿になる。
だが、教科書をいつまでも覚えている者も問題なのだ。
教科書の知識を保持している大人が、教科書に載っていない知識も豊富であれば良いのだが、そんな(教科書の知識を保持している)者は、多くの場合、教科書に載っていること以外の知識に欠けている。
ところが本人は、教科書の知識が豊富な自分は、頭が良いと思っている滑稽なことが多いのだ。
学校や塾・予備校の先生には多いタイプと思う。
私の中学校の時の音楽の先生は、生徒に対しては、自分がいかにも大音楽家のように振る舞っていたが、大学や大学院程度で、しかも、専門分野しか知識がなければ、大人としては知識が少ない、つまり、馬鹿であるが、本人にその自覚がなく、自分は優秀だと思っている。面白かったのは、その学校に、本物の音楽家が善意で指導に訪れた時、その音楽教師の物凄く憮然とした顔が新聞に載っていたことだ。自分の馬鹿さを感じざるを得なかった教師の哀れな様子だったのだと思う。
専門馬鹿で、他のことをあまり知らず、しかも、その専門も学校レベルであるなら、そもそもが、世の中で通用しない。
よく、「教師はつぶしがきかない」と言われるが、広い範囲で知識豊富なら、そんなことは絶対にない。しかし、教師は偏った狭い知識しか持たない場合が多いのである。
だから、本当は、教師は子供に関わらせてはいけない人種なのである。

プログラマーでも、コンピューターやプログラミングの知識しかない者は、プログラマーとしても能力は低い。
ビル・ゲイツも、「優秀なプログラマーは、あらゆることを話題に出来る」と言っていたが、全く正しい指摘である。
学生のうちから、成績はそこそこでいいから、興味のあることをどんどん勉強し、本当に賢くなっておくことだ。
特に、これからの時代は、いくら「お勉強」だけは出来ても、学校の偏った狭い知識しかない者は全く駄目だ。
自分が好奇心を持てることをガンガン勉強する者が、ごく自然に上に立つ時代になった。だが、おかしなことに、日本は、世界で、この動きに最もついていけていない国なのだ。
だから、国の教育方針など、あまりに下らないだけでなく、危ないので、決して関わってはならない。








アインシュタインやフロイトには分からなかった戦争をなくす方法

昨日、このブログで、人間を4タイプに分けた。
優れた順番に並べると、次のようになる。
(1)ぼーっとした、変わり者
(2)ぼーっとした、まともな者
(3)意識的な、まともな者
(4)意識的な、変わり者

この中で、世の中にいては困るのが、(4)の「意識的な、変わり者」で、計画的に悪いことをしたり、偏屈で孤立したり、自分の世界に逃避して引きこもって孤独死する。

ところで、人間の分類を軍隊でも行っていたというのを、経営コンサルタントで船井総研創業者の船井幸雄氏の本で見たことがある。
軍隊で、高い地位につけるべき順番で言うと、
(1)頭が良い、怠け者
(2)頭が良い、働き者
(3)頭が悪い、怠け者
(4)頭が悪い、働き者
で、軍隊では、頭が良いことが最も重視され、その中でも怠け者がトップに相応しい。
軍隊とは、有能さを切実に必要とする場所であり、純粋に人間の力を追求した結果がこれであるのだと思う。

尚、軍隊で決して雇ってはならないのは、(4)の、頭が悪い働き者である。
味方に向かって鉄砲を撃つような者だからだ。

だが、この軍隊の区分は、本当は間違っている。
と言うのは、頭の良い人間なんていないし、人間は皆怠け者だからだ。
けれども、一応、上のように分類すると無難なのだろう。本当のところは、次のようになる。
まず、本当の頭が良い、悪いの分類とは、
・本当に頭が良い者は、人間の知性の限界を知っていて、難しいことは自分で判断しようとしない。よって、ぼーっとしている。
・本当は頭が悪い者は、自分の頭が良いと思っているで、難しいことでも自分で判断しようとし、意識的である。
である。
そして、世間で言われる、怠け者や働き者というのは、単に、
・まともな人間のやることは、まともな人間に理解出来る。よって、大多数のまともな人間によって「働き者」と認識される。
・変わり者のやることは、まともな人間には理解出来ない。よって、大多数のまともな人間によって「怠け者」と認識される。
というものなのである。
会社の中でだって、本当に優秀な者のやることは、馬鹿な幹部には全く分からないので「あいつは何もしていない」と言われるものなのである。

よって、やはり人間は、優れた順に、
(1)ぼーっとした、変わり者
(2)ぼーっとした、まともな者
(3)意識的な、まともな者
(4)意識的な、変わり者
と分類すれば良いのである。
そして、人口で言えば(3)が圧倒的なので、人間の世界に争いは絶えず、戦争が起こるのである。
アインシュタインは、彼が最も賢いと思うジクムント・フロイトに、「どうすれば戦争をなくすことが出来るか?」と尋ねたが、フロイトは、「その方法はない」とし、「あえて言えば」として、役にも立たない難しいことを言った。
アインシュタインは、若い頃こそ優秀だったが、中年以降はそうではなかった。
フロイトもそうだ。
戦争をなくすには、上に述べたような意味で、正しくぼーっとすれば良いのである。
そのことを言ったのが荘子である。








オタクが正しい生き方である明確な理由

いかなることも、小手先の技(テクニック)は通用しないことを肝に銘じるべきだ。
よく漫画等で、こんなものを見たことがある。
ボクシングや空手を習っているか弱い男の子が、力自慢だが、そんな格闘技の経験のない乱暴者に楽々勝ってしまうといった話だ。
実際は、少々格闘技を習った程度で、体力のある者と格闘して敵う訳がない。
少なくとも数年、みっちりと練習したなら、多少の体力差、腕力差を超えて勝てるかもしれないが、それはあくまで、技がそれなりに鍛えられていて、身体の力の差がそれほどでない場合だけである。

昔なら、セールステクニック、今なら、アフィリエイトみたいなネットビジネスのテクニックの本がベストセラーになることもあるが、そんな本が役に立つことは決してないだろう。
セールスであれば、あくまで、売る者が商品や、それの使い方を徹底的に知っていて、お客さんがどう使うかしっかり考え、思いやりがある人が売れるのであり、そんなものがない者が、いくらテクニックを身につけても売れることはない。
ネットビジネスにしたって、まず、自分が提供するコンテンツ(例えば情報や漫画等)が良いことが第一である。

例えば、「売れる小説が書けるテクニック」、「ファンが増えるアイドルになれるテクニック」なんてものもあるかもしれないが、それはあくまで、根本的に文章の中身が素晴らしかったり、そこそこ以上には可愛いことが前提なのである。

ただ、逆に言えば、ほとんどのことは、根本が良ければ、テクニックは僅かで良いのである。
極端な例では、アインシュタインも湯川秀樹も、学問的なことは学生に負けるくらいだったらしいが、創造力が違った。そして、その創造力は、長年、興味のあることに熱心に取り組んで得たものなのである。
プロスポーツ選手が、テクニックでは、並のアマチュアに欠点を指摘される(今流には「ツッコミを入れられる」か)こともあるが、実力は全然違うし、プロボクシングの世界王者が、テクニックはデタラメと言われる選手だっていた。

プログラミングでも、大抵の本は、馬鹿みたいに簡単なものか、事細かにテクニックを書いたものに分かれるが、テクニックが書かれているのを見ると、私のようなプロが見ても、「よくこんな細かいこと知ってるなあ」と呆れることもよくある。ただ、そんなものを使うことはないが。
そして、肝心要のことは書いていないのである。著者がケチっているというより、本当に重要なことを知らないのだろう。

そして、いかなることも、本当に重要なことは、実践の中で、自分で得るしかない。
それは、厳しいことであることも確かだが、それこそが最も楽しいことなのだ。
もがく、苦しむ、涙を流す・・・などというのが、実戦で鍛えることであり、それを恐れて避ける者が多いが、それこそが人生の本当の楽しみである。
大半の大学生などが望む、大企業のサラリーマンといった、予測がつかないことが起こらない、冒険のない職業には、そんなものが全くない。

根本の実力へ導くものは、興味、好奇心である。
アインシュタインも好奇心を非常に重要視していたと思う。
好奇心のないことはやってはいけないほどである。
ただし、食欲、性欲、優越感といった、本能的、自我的な欲望を、好奇心と混同してはならず、そこそこにしておかなくてはならない。
それ以外のものへの好奇心である。
言い換えれば、やはり愛なのである。
商品に愛を感じるほど興味があるセールスマンは、やはり売れるのである。
プログラミング全体に、強い興味があれば、やはり楽しくマスターし、しかも、うまくなる。

子供や学生達に、上に述べたことを教えなければならないが、学校では生徒達に、何の興味も好奇心も持てないことを無理矢理やらせているのだし、教師だって、本当に興味があることを熱心にやった者は滅多にいない。そんなことをする者は、今の学校や塾や予備校では教師になれない。
「いや、趣味はあるぞ」と言う教師もいるだろうが、そんな趣味には愛がない。
だから、愛を持って何かをやってきた技術者、ミュージシャン、画家・イラストレーターらに教師になっていただくのが良いのである。
つまり、オタクが正しい生き方なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード