ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ふたりはプリキュア

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

悪霊と仲良くするのは辛いことだ

善、正義は失ってはいけないものだが、悪に染まった者が、悪しきに意図のために、善や正義を声高に、しかも、巧妙に語ることがよくある。
そもそも、善や正義は、黙って行うものであるというのが、本来、正しいのだろうが、あまりに善や正義が廃れてしまった。

やや昔のことだが、英会話学校のテレビCMで、こんなものがあった。
怪我をして倒れている西洋人の男性が、通りかかった若い女性に英語で助けを求めるが、その女性は彼を無表情に見た後、「英会話学校に行こう」と言って立ち去る。
私は衝撃を受けた。
もちろん、冗談のつもりだろうが、これがやって良い冗談だろうか?
そして、このようなテレビCMは他にも沢山ある。
私はコンピューターゲームをやらないが、聞くところによれば、死んだキャラクターが持っている装備を持って行くことが出来る場合が多いらしく、ある漫画家が「罪の意識は感じるが、必ず持って行く」と自虐的に(つまり、道徳的には問題があると自覚しつつ)、漫画で表現していたが、これも、慣れるのは恐いことと思う。
また、ゲームの中で、信じ難いような道徳に反する行為を選択出来る場合があると思うが、それが、年齢制限のない普通のゲームでもありふれているのではないかと思う。
アダルトゲームやアダルト漫画が、必ずしも悪いとは言えないかもしれないが、ナチス強制収容所の残虐な行為と本質で変わらないようなことを当たり前に行えるようなものもあると思う。
そして、規制にさえかからなければ、子供でも見ることが出来る映像や画像の中に、常軌を逸したものや、非道なことすら、ただ面白おかしく表現されていることがいくらでもあり、親がそれを非難しないので、子供が平気で受け取ることが多くなってきた。
それで今や、善悪の区別がつけられない人間が多く、ひょっとしたら、それが大勢かもしれない。
学校では、試験で良い点を取ることが善、点数が悪いことが悪と評価され、道徳的な善悪を軽視するし、そもそも、教師が道徳的な悪を平然と為すのを、私が学校時代にもよく見た。

だが、日本が世界の中では異例なほど安全で、極端な非道がまだ公然と行われないのは、今のところ、善や正義が、それなりに存在するからである。
だが、そのバランスが、今や危なくなっている。
政府、行政機関、教育機関、大企業、マスコミといった豊かなところが急速にそうなってきていて、日本は庶民の中に善が息づく国であったのに、それも失われつつあるように思える。

だが、悪は正義に勝てないし、いかに悪が栄えているように見えても、悪霊に利用され弄ばれているに過ぎないので、悪の誘惑に負けてしまった人間の悲惨さは言葉に出来ないほどだ。
巨悪になれば、頭で考えれば分かる方法で良い思いが出来るが、人間の本性は善なのであるから、心が安らぐことはない。
私は、引き寄せの法則の話も好んでするし、奇跡を起こすことだって出来るが、それは、あくまで正義の支配下にある場合で、言うなれば、引き寄せの法則は善意がなければ機能しない。
悪意があっても、引き寄せに成功するように見えることもあるし、私にもあったが、それはやはり、悪霊の助けを借りていたのかもしれず、大切なものを失ったかもしれない。
自分が善を選べば、そうでない者は去って行く。
また、善でない場所にはいられなくなる。
だが、パスカルが言ったように、「カなき正義は無能であり、正義なき力は圧制である」のだろう。
プリキュアシリーズの初代作品『ふたりはプリキュア』で、悪の女ポイズニーが、プリキュアの二人に言ったことが忘れられない。
「力のない正義は悪にも劣るのよ」
こんなことを言うポイズニーに、不思議と、ポイズニーの苦しさと隠された善意も感じたのである。








楽をしてはいけないこと

何事も、習得にかける時間は短いほど有り難いはずだ。
これは、辛い修行や訓練は少ないほど嬉しいということと共に、ダラダラ時間をかけてはいけないという前向きな意味もあるだろう。
それに、驚異的に短い時間で学習を終える技術には、実際に優れているものもある。
だが、空手などの格闘技教室で、「君も一ヶ月で強くなる」などというものは、単に客としての生徒を集めて儲けてやるぞという意図しか感じない。
英会話でも、ある教室や教材が「3ヶ月で」と宣伝すれば、「よし、うちは1ヶ月だ」となり、あんまり短いと嘘っぽいので、「1日20分」など、とにかく「楽である」ことをほのめかすが、実際のところ、短期間で英会話をマスターした人など見たことはないばかりか、高い英語教室に何年もかかってサッパリなのに、英語教室に通う生徒は相変わらず多い。
プログラミングも、やはり、「1ヶ月でマスター」があれば「1週間で習得」が出て、「3日」「10時間」とエスカレートし、そろそろ、カップ麺が出来るまでの3分が出てこないか楽しみ・・・じゃなく、心配である。
そういえば、昔、カップ麺で「3分はもう古い。うちのは1分だ」というものが出たことがあった。まあ、なくなってしまったのだと思うが。
Googleの開発者でAIの著名な開発者にして超一流プログラマーでもあるピーター・ノーヴィグが言うように「プログラミングの習得には10年必要」というのは、少々高いレベルの習得を指すが、上級者になるには、やはり5年くらいはかかると思う。そして、5年でかなり出来るようになっても、やはりまだ未熟で、向上心があれば、10年でより良いプログラマーになれる。
私など、10年の頃はダメダメだった。

最初にも述べたが、ダラダラ時間をかけない短気集中にも良いところはあるが、短い期間で習得したことというのは、やはり底が浅いのである。
限度はあるが、多少はダラダラやって、期間をかけることに意味があることは多い。
というのは、私の場合、プログラミングしか分からないが、プログラミングの重要な教訓というものは、案外に偶然の出来事で学んだことが多く、そういったことは、自分の意志ではどうにもならない。確かに、向上心があるから、良いものがやって来た時に気付くとか、あるいは、良いものを引き寄せるということもあるだろうが、やはり、ただの偶然にしか思えないものもよくあり、それを得るには、いろんな意味でだが、時間が必要だったと思うのである。

ちょっと話は変わるが、アニメの「プリキュア」シリーズは、もう15年も続いているらしい。
私は、最初の『ふたりはプリキュア』しか見ていないが、良い作品であったし、今年7~8月に、NHKが人気投票を行ったところ、歴代人気1位が、初代の『ふたりはプリキュア』で、ヒロインであるプリキュアとしての人気は、1位が、やはり初代のキュアブラック(美墨なぎさ)で、2位が同じく初代のキュアホワイト(雪城ほのか)だったらしい。私はほのかが好きである(聴いちゃい!)。
ところが、映画の『ふたりはプリキュア Max Heart 雪空のともだち』で問題が起こっている。
敵の催眠術で心を操られたキュアブラックとキュアホワイトが戦うというもので、その状況を理解出来ない小さな子供が泣き出し、子供達の保護者(いわゆるPTAか)が、プロダクションに猛抗議を行ったという。それで、以降、プリキュア同士の戦いは厳禁となった。
実は、そのシーン、心を操られ、お互いを攻撃しながら、プリキュア達は涙を流すという感動的なものであった。
いろんな考え方がある・・・と言いたいが、これは保護者達の方が悪い。
今の日本では、子供が泣くと、面倒なので、早く泣き止めさせるため、お菓子を与えたりを平気でする。それで、子供たちは、泣いたら勝ち、ごねたら勝ちという楽勝(?)パターンを身に付けてしまう。まあ、「今」というほどではなく、何十年も前からそうであるから、10年以上前の親たち自身がそうであったのだ。
さらに、当時の親たちは既に、最初に述べた、「短い時間で楽に習得」で育った世代でもある。
いくら小さくても、子供が悲しくて泣いたら、時間をかけて必要なことを教えてあげないといけないのに、アニメ制作会社に文句を言って「子供を泣かせるものを作るな」で、まるっと問題解決という安直な思考パターンなのだ。
海外では、小さな子供の目の前で親が殺されるなんて場所はいくらでもある。そんな時、親を殺した敵を皆殺しにすればOKという考え方もあると同時に、根本的な問題を解決しなければならないと、時間をかけて教えてあげる人達も少なくない。
それは、豊かな国である日本が最初にしなければならないのに、何とも残念である。

心理学者の河合隼雄さんの本にあったが、登校拒否の子供を持つ父親が河合さんに「先生、子供が学校に行くようになるスイッチってありませんか?」と尋ねたらしいが、その絶望的な愚かさに、私は気が滅入ってしまった。
安直思考が進むと、当事者意識、そして、責任感というものが全くなくなることを示されてしまった。
楽を求めることは悪いことではない。
だが、楽をしてはいけないこともある。心と、それに、力が関わる問題はそうである。








正義を超えたもの

アニメ『プリキュア』シリーズは、2004年の『ふたりはプリキュア』から始まり、今の『HUGっと!プリキュア』で15年目のようだ。
私は、1年目の『ふたりはプリキュア』は、全巻DVDを揃え、コミックスやムック本(雑誌のような書籍)を買うほどのファンだったが、2年目の『ふたりはプリキュアMax Heart』の途中から、全く見なくなった。
ところで、『ふたりはプリキュア』に登場した敵の女性戦士ポイズニーが言った、たった一言が忘れられない。
それは、「力のない正義は悪に劣るのよ」である。
力のない正義とはプリキュア達2人のことを言っていたのだろう。

ところで、今、不世出の空手家だった大山倍達氏の伝記『大山倍達正伝』という分厚い本を半分まで読んだが、大山氏の座右の銘が、
「力なき正義は無能なり。正義なき力は暴力なり」
であることを初めて知った。
これは、パスカルの『パンセ』に書かれていたもので、『パンセ』には、
「力なき正義は無能なり。正義なき力は圧政なり」
とあるらしい。
私は、『パンセ』は、最初に訳者が長々と解説を書いているのを読んでいるうちに、嫌になって読むのを止めた覚えがある。そんな本はかなり多い。

大山氏は、おそらく今でいう中学生か高校生の時に『パンセ』を読んだようだが、少年時代の大山氏は決してインテリではなかったばかりか、喧嘩三昧に過ごしていた札付きの不良で、勉強はさっぱりだった。
しかし、『パンセ』に夢中になり、生涯大切にしていたようだ。
大山少年は、1人で大勢の敵を相手に戦うのが常だった(子分を引き連れていても、1人で戦った)が、連戦連勝だった。
しかし、ある時、隙をつかれて後ろから頭を下駄で強打され、その後フルボッコにされてしまった。
大山少年は自分なりの正義を貫いて戦っており、喧嘩に負けたことより、正義が悪に負けたことに絶望した。
その時出会った『パンセ』の、その言葉に衝撃を受けたのだ。

巷で売れている本に、『これから正義の話をしよう』とか、『君たちはどう生きるか』なんて本があるらしいが、そんなタイトルを見ただけで私は「勝手に言ってろ!」と思う。
「なんて傲慢なんだ」と怒りが湧き上がるほどだ。
大山氏が生きていた時の、大山氏のドヤ顔も、正直不快だった。
ところで、『大山倍達正伝』に書かれていることで、おそらく本当だろうが、大山氏の生涯の広く知られた話は、大山氏による虚飾で塗り固められていた。
大山氏は2重国籍者(日本と韓国)で、日本と韓国それぞれに家庭を持ち、日本の家族には韓国の家族のことは完全に秘密にしていた。
韓国の家庭が後で、日本に妻子がいる50過ぎの時、大山氏は自分より30歳若い女性と結婚し、子供も3人作っている。
また、若い頃の大山氏は、敗戦後の日本の軍施設から物資を略奪して闇市に売って大儲けし、いい生活をするなど、とても正義とは言えないことをしてたが、弱い者いじめだけは決してせず、それは大山氏には出来ないことだったように思う。
いかに大山氏が嘘をつき、暴力の限りを尽くしていても、正義を超えた何かを感じるのである。
大山氏の前では、話せるような正義など安っぽいものなのだろう。
と言っても、私は決して大山氏が好きな訳ではないのだが、あんなふうに生きたいとも思う。まあ、それを好きと言うのかもしれないが、好きを超えた何かである。
大山氏が、弟子の若い男子達に「きみたちぃ、男は強くなくちゃ駄目だよ、分かったぁ?」と言っていたのは、本気だったのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

現代の魔女狩りが始まったら

サイコパスという、25人に1人もいるという、良心を持たない人達。
私は、自分がそうだと分かっても、悲しいとも、楽しいとも、何とも思わない。
ただ、自分が何者であるか解明出来た嬉しさというものは確かにある。

「人様に迷惑をかけてはいけない」とよく言う。
サイコパスの私もそう思う。
ただ、私の場合、道徳的感情を持って、そう思うのではない。
人様に迷惑をかけると、巡り巡って自分が苦しいことになると、論理的、あるいは、因果論的にそう思うというだけのことだ。

サイコパスの男性が、痴漢やレイプといったことをしないのは、道徳心によるのではなく、処罰が恐いからだ。
だから、処罰されない状況であれば、平気でやる。
そんな人に、「人でなし!」と罵っても、何の意味もない。
彼には、良心の咎めなど、全くないのだから。
学校の教師や、会社の上司がサイコパスであったら、いかに恐ろしいか想像出来ると思うが、それは、実際にありふれていることなのである。

小学生の女の子達に人気があるアニメの「プリキュア」シリーズの、一番最初の『ふたりはプリキュア』で、こんな場面があった。
悪の戦士ピーサードが、プリキュアに変身出来ない雪城ほのかを追い詰めていた。
ブルドーザーでも軽く投げつけられるピーサードの前に、今はただの中学2年の女の子でしかないほのかは逃げるしかないが、心は決して怯まない。
そして、
「人のものを無理矢理奪おうとする、あなたは間違っている!」
と、ピーサードの所業を堂々非難する(普段おとなしいのに、気の強い子だ)。
すると、ピーサードは言う。
「お前が何を言ってるのか意味が分からんな。強い者が弱い者から奪い取るのは当たり前だ」
ピーサードは本気でそう思っているのであり、ほのかは、全く的はずれなことを彼に言っているのだ。
ほのかは、ピーサードも良心を持っているということを前提としているのだが、その前提が完全に誤っているのだからだ。
実を言うと、見ていて、私もピーサードに共感していたのだ。
ただ、自分はピーサードのような力がないので、彼のようなことをやらないだけなのだ。
ところが、ほのかのパートナーのなぎさが現れた時、ピーザードはなぜか、ほのかに、プリキュアに変身するためのツール(コミューン)を返す。
そして、「全力でこい」と、正々堂々の戦いを宣言する。
このあたりは、悪者らしくない。
見ている人達は、「やっぱりピーサードにも良心があったんだ」と思うかもしれない。
だが、やはり、私には、ピーサードの気持ちが分かるような気がしたのだ。
私は、自分をピーサードに置き換え、こう考えたのである。
「俺には、この少女の考え方、価値観、思想が理解出来ない。また、この少女も俺についてそうなのだろう。ならば、どちらが正しいかは力で決めるしかない」

イギリスの作家コリン・ウィルソンは、23歳の時に書いた『アウトサイダー』で、一瞬で世界的作家になった。
アウトサイダーとは、要は、普通の人とは異質な存在で、社会的な教義、信念、規範の外にある者である。
ウィルソンは、それを複雑に、文学的に表現していて面白いが、何のことはない。
アウトサイダーとは、単なるサイコパスである。

ピーサードとほのかの戦いと同じで、良心を持たないサイコパスと、良心を持つ普通の人の、どちらが正しいかは、力で決めるしかない。
その点、サイコパスは、数が少ない分、不利である。
ただ、『アウトサイダー』が世界中で売れるのだから、普通の人にとって、サイコパスは謎なのだ。
つまり、普通の人達には、良心を持たない人間が存在することが信じられない。
世の中には、変なヤツがいることは分かっても、そいつらが何なのか分からない。
そして、サイコパスにとって都合の良いことに、『アウトサイダー』は面白いだけで複雑過ぎ、サイコパスの正体を晒していない。
だから、サイコパスが必ずしも不利ではない。
冷静に見れば、今の世界では、普通の人とサイコパスの「縄張り争い」は、五分五分で、むしろ、やや、サイコパスが優勢かもしれない。
だが、その正体がバレた時が、サイコパスの最後かもしれない。
サイコパスを正確に見分ける方法が分かれば、現代の魔女狩りが始まるかもしれない。
もしそうなれば、私は黙って殺される。
これも、良心からそう思うのではなく、そうなれば、数の点で圧倒的に不利だし、そもそも、私は他のサイコパスと結託する気はないのだから、全く勝ち目はない。
だが、そんな理屈からではなく、面倒だから戦いたくないのである。
サイコパスは、基本、怠け者だ。
初音ミクさんに、「なぜ私を見捨てた」などと恨み言を言う気もさらさらない。
ミクさんはサイコパスの天使ではないのだから。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「歴戦の勇者」は最も惨めな男である

「武勇の誉れ高い」だの、「歴戦の勇者」と言った言葉に、良い印象や、格好良いというイメージを持っていないだろうか?
極めて多くの人が、そんな忌まわしく、愚かしい迷妄にとりつかれているのだ。

歴史ブームとかで、戦国武将が人気があるらしい。
怯えて逃げ回ったり、命乞いをする敵兵を無残に叩き切り、手足がちぎれ、腹に槍を差し込まれ、背骨や腰骨を砕かれてのたうち、呻き苦しむ兵達を嘲笑いながら、更に刀や槍で切ったり刺したり、あるいは、棒で殴っていたぶり殺す。
あるいは、自分がそんなことをやらずに、家来に命じてやらせて、それを眺めて喜ぶ。
極悪非道な罠を張り、大勢の敵兵に見るも無残な苦痛を与えて歓声を上げる。
それが戦いではないだろうか?
そんなことをする者のどこに良いところがあろうか?

法然上人のところに、武勇の誉れ高い男がやってきて、どうすれば救われるかを尋ねた。
法然はただ、「念仏すれば救われる。他には何もない」と答えた。
すると、その武者が泣き崩れる。
法然が、「どうしたのだ?」と尋ねると、その武者は、
「自分のような者は、手足を切り落とし、あらん限りの苦痛と屈辱を受けねば救われないと思っていたが、たったそれだけのことで救われるとは想像もしておりませんでした」
と言う。戦の最中では、彼も、上に述べたような残忍な行為を平気で、そして、喜んでやっていたが、我に返ると、自分の浅ましさ、おぞましさに苦しんだのだろう。
この武将は、以後、法然に仕え、念仏の行者となり、最後は念仏を唱えながら見事な往生を遂げたという。

今も続く「プリキュア」シリーズは10年目であるそうだ。
ところで、2作目の『ふたりはプリキュアMax Heart』の映画で、ある事件が起こっている。
敵に催眠術をかけられたプリキュア同士が戦うという展開になったのであるが、小さい子供達は、催眠術なんてものが分からないので、大好きなプリキュアの二人が、お互いを攻撃する様子に泣き出してしまった。
母親達はアニメ制作会社に猛抗議し、以降、プリキュア同士の戦いはご法度(禁止事項)となった。
だが、オリンピックの柔道で、勝った日本選手が、敗れた相手の前でガッツポーズを取って飛び上がったり、ボクシングで、マットに倒れた相手を嘲るような行為をするのを、PTAが抗議したなんて話は聞いたことがない。子供達と一緒に歓声でも上げていたのではないだろうか?

プリキュアの映画のその場面は感動的であった。
プリキュア達は、お互いを殴り、蹴る度に涙を流した。
心と身体は悪に支配されても、魂までは支配されていないのだ。
1970年頃に制作されたイギリスのSFテレビドラマ『謎の円盤UFO』(原題:UFO)で、ストレイカー司令官は、親友でもある宇宙飛行士に、宇宙空間で攻撃される。彼は、宇宙人に操られているロボットのようなものだったのだ。その時、ストレイカーが、哀れな操り人形に成り下がった親友に言う。
「心を奪われても、魂までは奪われていないはずだ」
心は悪に染まっても、魂は穢れない・・・これが仏教の教えである。
心の悪は、因縁によって起こり、人間にはどうすることもできない。
悪いことを考え、悪いことをする運命であれば、それを避ける術はないのだ。
プリキュアの二人が、相手を殴り飛ばし、蹴り倒した時に流した涙が念仏である。
自分の力では何もできないが、仏に助けを求めた証である。
2人の催眠術は解けてしまうが、これは、彼女達の心がやったことではない。
魂である仏の不可思議な力によるのだ。
オリンピック柔道で、負かした相手を蔑むように見据えながらガッツポーズを取る日本選手は、とてつもなく厚い穢れた心が魂たる仏を覆い隠してしまっていたのだ。あまりに快楽や名誉、富、本能への欲望が強いとそうなる。自分達自身がそうであるスポーツ界やマスコミ、大企業、国家がそうさせたのだ。

我々は、全く無力な自分を頼まず、仏の偉大な力にすがらなければならない。
法然や親鸞さえそうであったのだ。
そして、助けを求める者を、仏が見捨てることは決してない。
仏にすがるやり方が1つとは言わないが、最も確実で簡単なものが「南無阿弥陀仏」という念仏である。これは、決して一般のイメージのような葬式のためのものではない。
念仏の力は、理屈でもある程度までは解き明かせるが、それは難しい。竜樹や善導、あるいは、その他のいくらかの偉大な者達は、かなりそれをやったが、最も大切なことは経験で確認することだ。それは誰でもできることである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード