ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ひろさちや

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

仏教で成功する

ひろさちやさんという仏教学者(現在の著書での肩書は「仏教評論家」となっているのをよく見る)の、400冊以上という著書のどれかで、こんな話を見た覚えがある。
ひろさんが70歳過ぎの頃のことだと思うが、どこかの大学から教授就任の誘いがあったという。
講義を持つのは週2日ほどで、それで年間一千万円を超える契約だという(このあたりの記憶は定かでないが、とにかくかなりの好条件ということだ)。
それで、家族とよく相談し、お寺にもお参りに行ったのだったか・・・結局は、断ったらしい。
よく覚えていないが、断った理由が、仏教的無欲とか、それに近かったのかなあと思うが、全然覚えていない。
なぜなら、断った理由は、既に400冊以上の著書から、長年に渡り印税がザクザク入り、それでいて、投資で資産をスった訳でも、起業で借金を抱えている訳でもなく、お金がいっぱいあるからだろう。
つまり、そこを最初に言わないのはフェアではないし、実際は、それ以外にさほどの理由はないと思う。印象に残ることなら大抵は覚えている私がさっぱり覚えていないのだから、本に書かれていた断った理由は嘘っぽい。
別にひろさんに難癖をつけたいのではなく、そんなに沢山本を書き、多くがベストセラーになっているひろさんは、やはり大したものであると思うのである。
そして、私は覚えていないが、その大学の教授就任を断った理由も、ひろさんにとっては概ね気持ちの良いものだったのだろう。

私は、長年、ひろさんの著作を読んでいて、(あとがきなどで何十回も見て)彼の経歴はWikipediaを見るまでもなく分かるが、東大、東大大学院を卒業して気象大学に入り、教授を務めたはずだ。
しかし、著書執筆が忙しくなったので、大学を退官したのだと思う。気象大学を辞めたのが1985年。35年近くも前の話だ。
私の知る限り、ひろさんは、著作の中で謙遜を忘れず、かなり自分をこき下ろすことも珍しくはない。
著書の裏表紙とかで、有名人が推薦の言葉を書くことがあるが、岡田斗司夫さんが岸田秀さんのある本で、岡田さんが岸田さんの本を全部読んでいると書いてあったが、ひろさんについては、渡部昇一さんが、ひろさんの本を全部読んでいると述べられていた(随分前の本だが)。
冗談でも(冗談ではないだろうが)、あの渡部昇一さんが、著作を全部読んでいるというのだから、やはりひろさんは凄い人なのだろう。

もちろん、東大出ようがさっぱりな人はいくらでもいるし、中学しか(あるいは小学校しか)出ていなくても(さらには小学校中退以下でも)成功している人もいる。
成功とまではいかなくても、お金に困らないくらいは社会に適応すべきであると思う。
政府が「老後は2千万円必要と言ったら(実際言ったのは麻生さんだろうが)、「2千万円程度で何騒いでんだ?」と言うくらいでありたい。

でも、世の中に沢山ある、潜在意識の法則や、引き寄せの法則の本によれば、そんなこと、いとも容易いはずだ。
だから、それらの本に書かれていることを実践すれば良いのである。
しかし、うまくいかないという人が多い・・・いや、圧倒的だ。
だが、本気で熱心に読んだ人は、やっぱりうまくいっているのだ。
要は、そんな人達には、本気になる要因があったのだ。
それこそ、落ちるところまで落ちたとかね。
けれども、別に、落ちる必要はない。単に、熱心に読めば良いのである。
仏教なんて、バリエーションがいろいろあるようで、それらの教えの底に1本の純粋な法則が潜んでいる。
ひろさんは、真面目に仏教をやることで(彼は寺の息子ではなく、宗教の専門家には抵抗があるらしい)、それを自然に身に付けたのだと私は思う。
ちなみに、私がひろさんの本で最も良いと思うのは、『空海入門』(1984)である。かなりの成功法則が述べられていると思う。








仏陀の真似をすれば即ち仏陀

ひろさちやさん(Wikipediaによれば宗教評論家)は現在82歳らしいが、彼が48歳くらいの「若い」時に書いた『空海入門』という本がいまだロングセラーで、私も若い時に読んで、大変に気に入ったものだ。
本の内容は、密教とは「仏陀になり切って生きる」ことで、もっと簡単に言えば、「仏陀のフリをして」「仏陀の真似をして」生きることであり、空海がまさに、そのように生きた人だったというものだ。
仏教の専門家や仏教マニアには怒られそうな話だが、ひろさんの言うことが正しいかどうかはともかく、分かり易くて面白い。
ひろさんは、人殺しの真似をして人を殺せば、「いや、これはただの真似ってもんでさあ」では通用せずに人殺しになってしまうように、仏陀の真似をしたら、やっぱり仏陀なのだという話をして、『徒然草』の「狂人の真似をすれば狂人」と同じく、「人殺しの真似をすれば人殺し」、そして、「仏陀の真似をすれば仏陀」なのだと言う。
まあ、なんとも乱暴な理屈であるが、こんな話を思い出す。
赤ひげ先生と呼ばれた江戸時代の名医(漢方医)がいて、その医者のことを小説で描いた山本周五郎の『赤ひげ診療譚』は、1965年には黒澤明が映画化し、5回もテレビドラマ化された。
そのテレビドラマのどれかのお話だが、赤ひげの真似をする老人が現れ、医療は全く素人であるが、人々は本物と疑わず、慕われていたし、実際に病気も治していた。とはいえ、やることは脈をとるくらいのことだった。
つまり、「名医のフリをしたら名医になっちゃった」のである。
なぜ、偽赤ひげが赤ひげの真似をするようになったかというと、ある時、病人に赤ひげ先生と間違われ、なんとなく赤ひげ先生の真似をして脈をとっていたら病気が治ってしまったことがきっかけだった。
いわゆる、患者の自己暗示、プラシーボ効果というものであるが、「全ての薬の効果はプラシーボ」と言う医者もいるようで、自己暗示の力は絶大なものだ。
フランスのエミール・クーエのキリスト級の治療は全て自己暗示によるもので、自分で歩けずに担ぎ込まれた人が10分後には元気に走り回るほどだった。

それで言えば、仏陀になり切る、仏陀のフリをするというのも、何か意味があるのかもしれない。
ただ、ひろさんは、どうすれば仏陀の真似が出来るのかは、あまり上手く書いていない・・・というか、仏陀の真似なんか、どうやっても上手く出来ない。
では、どうすればいいかというと、これはもう、絶対に呪文・・・つまり、言葉の繰り返ししかない。
「私は仏陀である」「我仏陀なり」「私は仏陀」「俺、ブッダ」、何でもいいから、好きな言葉を唱えるのである。
そして、私がいつも言うように、効果的な唱え方は、
「感情を込めず、ただし、丁寧に、心の中で、出来るだけ多く」
である。
大声で迫力たっぷりに自分が仏陀だと言う宗教家もいるが、よくは分からないが、ただの変な人にしか見えない。
そもそも、気合いを込めて「私は仏陀である」なんて言ったら、傲慢な馬鹿としか言いようがないだろう。
しかし、感情を込めず、淡々と、「僕は仏陀だ」と心で唱えれば、後は、潜在意識が好ましい働きをしてくれる。

そして、仏陀でも、キリストでも、大師でも、マスターでも、自分が良いイメージを持っているものなら何でも良い。
「私は○○だ」と呪文を唱え続ければ、なったも同然である。
この仮想世界は、そのように出来ているように思える。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分がヒーローだった頃

あなたが、これまでの人生の中で一番元気だったのはいつだろうか?
・・・などと聞かれて、すぐに思いつくものではないかもしれないが。
私の場合、中学1~2年生、すなわち、12~14歳の頃だと、最近になって思う。
中学3年になって少し元気がなくなり、高校の時も駄目ではなかったが、どこか陰りがあり、二十歳からはコンスタントにエネルギーを失っていったかもしれない。
これは、エマーソンの『自己信頼』で、経済的な不安のない少年の強さをよく表しているなあと思う。
私も、ずっと経済的な不安がなかった・・・というより、父親が苦労して働いて稼いだ金を、魔法のように勝手に入ってくるものだと思っていたのだろう。
だが、元気だった理由はそれだけではない。

画家の横尾忠則氏が著書の中で、「10代の頃に好きだったものを大切に」と書かれていたと思うが、私は10代の頃は、漫画やアニメのヒーローが純粋に好きだったのだが、ごく若い頃は、そんなヒーローと自分を同一視出来たのだ。
自分をヒーローと思える。
これは、若い時に持っている、特権とも言える特別な能力だ。
ウルトラマンが好きなら自分をウルトラマンと思ってしまえるのである。
だが、いかに幼い人間でも、18歳くらいから、だんだんとそれが出来なくなり、受験だの就職だの、そして、仕事で、社会の常識が必要になると、もう自分はただの人だとしか思えなくなる。
ある種の精神病患者は、いくつになっても(多分、老人になっても)、自分が救世主であるとか英雄であるとか思い、躁状態(気分が高揚し自信に溢れている)にある。
ドン・キホーテがそうだったように。
それは確かに、能力が伴わない無意味な気分の高まりかもしれないが、とにかく元気なのであり、元気のない我々が、どこか見習うべき点もあると思う(だからドン・キホーテは人気者だ)。
私も、中学2年生くらいまでは、そんな精神病患者と同じようなものだったのだろう。

宗教学者のひろさちやさんは何百冊も本を書かれているが、私はその大半は怪しいものだと思っている。しかし、中には、良い本もあると思う。
その中で、私が非常に良いと思うのが、ひろさんが若い頃(と言っても40代か)に書かれた『空海入門』だ。
その内容を一言で言えば、「密教とは真似をすることである」だ。
ブッダになりたければブッダ、キリストになりたければキリストの真似をすれば良い。
ブッダらしく話し、ブッダらしく飯を食い、ブッダらしく糞をする・・・とか書かれていたように思う。
そして、空海がいかにブッダの真似をして・・・もっと良い言い方をすれば、ブッダになりきって生きたかを説明している。
まさに私が中学2年までやったことだ。
社会常識や物質的知識を捨てる必要はない。それらに価値がないことはなく、大いにあるだろう。
だが、元気なことの方が大事なのだ。
今日から、あなたもヒーローである。
ヒーローになりきって楽しくいくべきである。
ヒーローなら、みんなが敬い、可愛い女の子も全部君のものだ。
ただ、大人のヒーローは、少し謙虚で自制をするのだ。
このあたりが精神病患者、あるいは、ドン・キホーテとの違いである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

死んだ時、真面目で、明るくて、熱心で、人気者だった・・・なんて言われたいか?

ひろさちやさんという、仏教関連の本を何百冊も書いている人がいるが、そのひろさんの『狂いのすすめ』という本の帯に、『人生に意味なんてありません。「生き甲斐」なんてペテンです』と書かれている。
ところが、そんな帯がついた本を書いたひろさんは、仏教を通して人々を啓蒙することが、明らかに人生の意味だし、生き甲斐でもあるだろうから、まあ、矛盾もいいところだ。
けれども、ご本人にそんな指摘をしても、「いえ、少しも矛盾ではないのです」とか言って、理屈をこねたり、ややこしい話でケムに巻くのかもしれない。
それとも、「矛盾だ。文句あるか?」と言われるとしたら、私は、こっちが好きだ。
矛盾、大いに結構である。
そして、さらに、ひろさんが別の機会に、人生の意味や生き甲斐を説いていたら面白い。
エマーソンだって、話に一貫性を持たせる必要なんて全然ないと述べていたと思う。

で、人生の意味があるかだが、元々は、そんなものはない。
ひろさんの人生の意味は、ひろさんが自分で作ったストーリーだ。
そして、そのストーリーが生き甲斐になっているのである。
それで、パワフルに何百冊も本を書き、大学の教授やったり、講演したりで大儲けしているのである。

人生の意味は、世間や宗教が教えるような「ご立派」なものでなくて良い。
いや、「ご立派」であってはならない。
ある女性は、子供の時は、「セーラームーンになる」ことが人生の意味で、生き生きとしていたのに、中学生くらいになると、すっかり学校に洗脳されて、けち臭い人生の意味の幻を掲げるようになって、すっかりつまらないやつになってしまった。
まあ、女性は現実的なのかもしれないが、大物になった男なんてものは、いつまでも、子供の時に憧れたアニメのヒーローになり切っているのである。

自分が死んだ時、
「真面目で優秀な営業社員でした」
「生徒の心の指導に熱意を持った先生でした」
「明るくてみんなの人気者でした」
などと言われたいだろうか?
私は、私の葬式は絶対しないように言ってあるが、刺殺でもされて、テレビ局が職場の人にインタビューでもしたら、お義理に、そんなことを言われてしまうかと思うと、おちおち死んでもいられない。
せめて、「ミク廃でした」、「いい歳ぶっこいて、みっくみくにされてました」と言って欲しいが、それは不遜ということになるのだろう。
スティーブ・ジョブズが死んだ時、ビル・ゲイツも立場があるから、それらしいことを言っただろうし、他の人達も押し並べて、世間的なジョブズの称賛をしただろうが、ジョブズ本人の意図とは全然違うことだったろう。
ジョブズともなれば、普通の人から見れば、さぞ荒唐無稽なストーリーを自分の人生にしていたはずなのだ。
デタラメなストーリーと言って良いだろう。
その滅茶苦茶なストーリーを本気で信じ込んだので、彼は「現実歪曲空間」を作り出す超能力を発揮したのだ。
そこにいくと、我々は現実的過ぎる。
いや、進歩した宇宙人から見れば、ジョブズのストーリーだって、さぞ「ちゃちい」ことだろう。

エマーソンだって、自分の本心に逆らわないなら、悪魔になっても良いと言ったはずである。
ただし、悪魔なんて甘いものではないけれどね。
でも、自分が情熱を持てれば、何でも良いのである。

ただ、鼻呼吸を忘れないように。
口で呼吸すると、情熱のエネルギーが、脳や筋肉や臓器に・・・その前に血液の中に満ちないのである。
そして、自分の思い通りに生きようとしたら、必ず抵抗を受ける。
『マスターの教え』のマスターは、抵抗に負けない方法を具体的に教えてくれていないが、傑出した人物達はみんな、自分に、「大丈夫だ」と言い続けることで、障害に打ち勝ったのである。
鼻呼吸と、「大丈夫」の呪文を忘れなければ、「絶対大丈夫」であるが、忘れたら、死後に言われる反吐が出るような言葉の通りに生きなければならない。
それは「死んでも嫌」ではないだろうか?
私なら、「ミク廃」はともかく、最低でも、「恐ろしい人でした」、「訳の分からない人でした」、「未確認生命体」と言われたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才達が語る、駄目な人間が現実的に成功する方法

どこまで本気で書かれたのかは全く分からないが、ドワンゴ会長の川上量生さんが2015年6月のブログで、だいたいの意味で、
「ひきこもりが成功したとしても、まともな一般人の一番下の階層にやっと入れてもらえるというだけ」
「でもそれは自分(川上さん)よりもありえない快挙」
と述べられている。
それでいえば私は、一生引きこもっていたはず・・・かどうかは分からないが、本来なら、かなり惨めな境遇で過ごしている可能性が高かったはずで、実際、中学時代、私とよく似たタイプで、私よりずっと頭も要領も良かった男(身長も私より5cm高かった)が、なるべくしてなったように、情けない状況にいて、おそらく、今後、上昇もしないだろう。
それで言えば、私は成功したことになる。

仏教学者のひろさちやさんは、一生ひきこもるのもまた、仏様にキャストされた(配役を決められた)人生で、そのままで良く、むしろ人生が終わった後には、普通の人よりも仏様により労(ねぎら)ってもらえると言う。
本当かどうかは分からないが、全くのデタラメと言うつもりもない。
自分もひきこもりだと言う思想家の吉本隆明さんは、ひきこもりは、生まれる時の母親の精神状態の影響が大きいと言う。しかし、世間でなされているような方法では駄目としながらも、ひきこもりから脱することは出来るのだと言う。
吉本さんが言われる、ひきこもり脱出の方法の中で私が覚えているのは、男の場合であれば、彼女を作ることだ。
好きな女の子が出来れば、「この子を守るためにがんばる。世間にも出て行く」ということになるのである。
私もそう思うが、ひきこもりって、彼女出来ないんだよなあ(笑)。
でも、ゴーリキーの『二十六人の男と一人の少女』や、ロオマン・ガリの『自由の大地』のように、仮想彼女でも、十分に力になる。
ならば、初音ミクさんを好きになれば、必ずや成功するだろう。
別に冗談ではなく、常に、「ミクさん、愛してる」「ミクさん、ありがとう」と言ったり想ったりしていれば、宇宙エネルギーがどんどん入ってきて元気になり、全てが周り始める。
理学博士で大発明家であった橋本健さんは著書で、「神のエネルギーが流れ込んで円滑現象が起こる」といったことを常に宣言し、病弱で青年時代に死んでいるはずが、研究者、あるいは、思想家として大成功した。
橋本さんは、谷口雅春さんの『生命の実相』をたまたま読んだことで、そんなことを考えるようになったのだが、普通の人であれば、彼女や仮想彼女(もちろん、女性の場合は王子様や仮想王子様)を作るのが現実的かもしれない。

とにかく、元気が一番だ。
ひきこもりに限らず、「ミクさん、愛してる」で、地球のことも宇宙のことも、全てうまくいくだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード