ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

ひきこもり

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

燃えよ、あるいは、狂え

誰だって自由に生きたいが、ほとんどの人は、流されて不自由に生きている。
嫌々会社勤めを続けたり、嫌な夫と生活したりしてね。
なぜ自由になれないのかというと、自由になりたいという本気度が低いからだ。

では、心を入れ替えて、本気で自由になろうとしたとする。
では、自由になるためには、どうすれば良いか?
即答出来ないなら、やはり、本気度が低く、真剣でないのだ。
答はお金であるが、正確には、自分で沢山のお金を稼ぐことだ。
そして、お金を稼ぐためには、何が必要かというと、特別な能力だ。
いくら健気に、一生の間、一日も欠かさずに公園の掃除をしても、お金持ちにはなれない。
お金を稼ぐには、他の人にはない特別な能力が必要だ。
つまり、自由を得るためには、特別な能力を持つことが必要になる。
では、自分は、どんな能力を持てば良いか?
これが分からないなら、やっぱり、自由になりたいという本気度、真剣さに、あまりにも欠けているのである。
別に、スポーツのスーパースターになれとか言うのではない。
下手な英語、ExcelのVBAプログラミングだって、他の人にはない能力だ。
それを生かす話をしたいのである。

本気度、真剣さと書いたが、純粋に言えば、欲望である。
皆、人生が楽しくないのは、欲望が小さいからだ。
欲望と言ったら、すぐに、性欲、食欲、小さな物欲を思い浮かべる者が多いが、それ自体が、欲望が小さい証拠である。
なぜなら、そんなチャチな欲望は簡単に満たせるからで(ケーキを5個も食べれば良いだけだ)、それで満足するから、大きな欲望を持てないのである。

最近、40代、50代のひきこもりが問題になっている。
なぜ、そんな歳までひきこもってしまったのだろう?
それは、ひきこもりをやめたいという欲望が小さかったからである。
そして、その本質も、自由が欲しいという欲望、お金を稼ぎたいという欲望が、なくはないが、弱過ぎたのである。
そのために、人に出来ないことが出来るようになるということに、全く考えが及ばなかったのである。

自己啓発の本によく「燃えるような願望を持て」なんて書かれているが、それが一番難しい。
お金は誰でも欲しいが、死ぬほど真剣に欲しがっている人は少ない。
理想の王子様が欲しいと思うのは良いことだ。
しかし、真剣さ、本気さがなければ叶わない。
エリナー・リグビーのように、ぼうっと待っているだけでは駄目だ。
眼光赤色にキラキラでなければならない。
いや、本当に誰が見ても眼光赤色にキラキラでないと駄目なのだ。
「女が欲しい」とは、どんな下種でも思うことだ。
「理想の世界一の女が欲しい」と、本気の本気で思わなければならない。
常に真剣にそう思い、あるいは、言っていれば、そして偽物を拒否すれば、欲望は育つ。
それを馬鹿にせず、諦めずに続ければ、いつかは勝てるだろう。
マーフィーの『あなたも金持ちになれる』を百回読めば金持ちになれる。
ただし、眼光赤色にキラキラ・・・真剣に、本気で読めばの話である。
※「眼光 赤色にキラキラ」は、ナユタン星人さんによる初音ミクさんの楽曲『エイリアンエイリアン』の中の歌詞の言葉。私はこれがとても気に入っている。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

唯一のひきこもり対策

ひきこもり、ニートは、かつて青少年問題だったが、今は、中高年問題になりつつある。
そりゃそうで、20年や30年なんて、あっという間であり、かつてひきこもりだった青少年も、すぐに、中高年になる。
そして、若い時にひきこもりやニートになると、ほとんどがそのままなのだと思う。
今朝の朝日新聞にも、40代のひきこもりの息子を80代の親が養っていたり、80代の女性が死に、孤独死かと思われたら、ゴミ屋敷になった家の奥に60代の息子が生活していたという話が載っていた。

私も、そうなる可能性は十分あったのだと思う。
なぜ、私がそうならなかったのかと言うと、2つの面から見なければならない。
1つは、異常なほど運が良かったこと。これは、4次元的要因と思える。
それなら、3次元的(つまり、現実的)要因はというと、プログラミングが出来るようになったことだ。
だから、ひきこもりの人が、このブログを見てプログラミングをマスターして豊かになったなら、その人には4次元的な作用、つまり、運があることになる。

はっきり言って、プログラマー、システムエンジニア(私はどちらも同じと思っている)の仕事は面白いものではない。嫌なところの方が多いかもしれない。
しかし、振り返ると、それでも、他の仕事と比べると、断然マシとは言えると思うのだ。

突出したプログラマーになるような人なら、私のブログなど見る必要もなく、自然にプログラミングを始めていることだろう。
私自身が、天性のプログラマーではない。
だが、上級であるとは言えると思う。そして、そうなれたのも、やはり運が良過ぎたのだ。

ところで、聞かれて困るのが、「どのプログラミング言語を勉強すれば良いですか?」だ。
主要なプログラミング言語だけで軽く3桁、一流のWebのサービスサイトだって、FacebookもTwitterもAmazonも、はてなも、LINEも、YouTubeもニコニコ動画も、ほとんど全て違う言語で作られているが、それぞれのサイトの製作者に聞けば、その言語を選んだ正当性、論理性、合理性・・・つまるところ、自分の賢さを熱く主張するだろうが、まあ、真に受けない方が良い。それは単なる、趣味や偏見でしかない・・・と言ったら言い過ぎであるが、違う言語で作ったって、そんなに変わらなかったはずだ。
何と言っても、スマートフォン用となると、どれも(ほとんど)同じ言語で作るしかないのに、やっぱりどれも同じくらい良いじゃないか?

ところで、「PHPなら仕事が沢山あるから、PHPなら間違いない」と言う人は多いが、それもどんなものかと思う。
PHPを使うなら、HTMLやCSSを十分使いこなせることが必要で、現実的には、JavaScriptも、少なくとも、本片手にプログラミング出来るようでないといけない。
また、PHPというのは、データベースシステムを使ってこそ意味があるので、MySQL、PostgreSQL(やや少ないが)、SQL Server、あるいは、Oracleなどが使えないといけないが、それぞれが、バージョンが違えば別物と言うほど異なる場合もある。
また、サーバーOSやWeb OSもある程度(いや、かなり)扱えないと、高給取りにはなれない。
つまり、豊かになれるハードルが高過ぎる。

それで私は、本物のプログラマを自称するほどの人からは、多分、ディスられる(馬鹿にされる)だろうが、ExcelやAccessと一緒に使うVBA(ビジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーション)を一貫して勧めている。
もちろん、上に述べた、天性のプログラマーに対しては、何も言うことはない。
だが、特に自分は技術系ではないとか、極まった技術者になる自信がない、あるいは、やや年齢も高いという場合には、「悪い事は言わねえ。VBAやりなさい」と言いたい。
1つには、技術馬鹿にならずに済むということもある。
それに、たとえVBAでも、高度にマスターすれば、他の言語は難しくはない。

別に、ひきこもり対策と言うのではなく、社会で楽にやっていくためには、自分の武器が必要であるという事実、いや、真実を、もっと皆、頭に叩き込むべきなのだ。
学歴は、相変わらず強味ではあるが、昔に比べ、かなり無効になってきた。そして、これからは、ますます役に立たなくなり、後少しで、何の意味もないというほどになる。
かといって、誰でもすぐにマスター出来るようなことなど、ちっとも武器にならない。
そして、唯一のひきこもり対策は、単純に「強くなること」で、そのためには、武器を持つしかなく、社会でやっていく武器は鍛えて作るしかない。
「自分がやりたい仕事をする」というのは、「自分が身に付けたい武器を鍛える」ということと同じことなのだ。
それは、学校の勉強と違い、深海に潜るカプセルを作る時のように、本気でやらないといけないのである。
学校の勉強が、深海に潜るシミュレーションであるのに比べ、社会で働くとは、本当に深海に潜ることなのであるから。
シミュレーションでは、想定外のことは起こらない。
しかし、現実社会で働くと、思いもかけなかったことが次々にやってくる。
それに対処出来るのは、本物の武器を持つ者だけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

万能の力の具体的適用例

これが究極なので何度も言うが、願いを叶えるためには、必要なことは全て自発的に行う決意を持てば必ず叶う。
つまり、断固やるという不退転の決意である。
しかし、宝くじを当てるとか、可愛いあの子とエッチするというような目的しか出てこない者は、もう見たくない。
同じく、身の程知らずの妄想でしかない願いばかり持つ者もだ。
基本的なことも出来ないのに、社長になるだの、尊敬される地位につくだのといった妄想を持つのは、単に幼稚なのだ。
レベルの低い者はまず、自分の力で食べていけるようになることを望むことだ。
だから、かつての私のように、ニートでひきこもっているような者は、まずは、定職につき、毎月確実に給料をもらえるようになるために必要なことは全てすると決意すること、それを断固としてやるという意思を固めなければならない。

学校や会社が面白くない場合はどうすれば良いだろう。
その場合は、どんな状況であれば楽しくなるのかを、まず考える必要がある。
そして、それが、一目置かれ、誰にも親切にされることだとしよう。
では、後は簡単なことで、そうなるために必要なことは全て自発的に行う決意を持てば良い。
そうすると、まずはこちらが親切にすれば良いのだとか、相手の話をちゃんと聞いてあげれば良いなどといったことに気付くようになり、いつしか学校生活や会社生活は快適になっているだろう。
まあ、昔から、「嫌なあいつが消えればいい」などという呪術めいたものもあるのだが、これはよろしくない。
人を呪わば穴二つで、相手に被害を与えたり、いなくなるようにすることは出来るかもしれないが、それは、そのまま自分に返ってくる。
私も、若い時に、嫌なことばかり言ってきたり、してくるように思えた先輩社員を、指1つ動かした訳ではないが、社内から消したことがあったが、結局、いずれ、自分が追い払われることになったのだ。
やって良いことと悪いことの区別を知るために、道徳や宗教というものは、ある程度は役に立つのである。
ただ、最近は、道理を外れた宗教や道徳の教えも少なくないので面倒なのであるが、自分が邪まであったり欲深でさえなければ、騙されることもないはずだ。

プロのサッカー選手になりたければ、そうなるために必要なことは全て自発的にやるという決意を持ち、断固やるという気持ちになれば良い。
ただ、才能がなければ、遅かれ早かれ決意が鈍る。
ある程度の時期までは、それでも気持ちを奮い立たせて頑張ると良いし、特に若い間は、そんなことが出来る。
しかし、いずれ、自分に才能がないことを思い知ることになるだろう。
その時は諦めることだ。
そこで諦めなければ、変な執着になり、貴重な時間を無駄にする。
そもそも、プロサッカー選手になれる確率なんて、東大合格どころの話ではない。ほとんどの人には無理なのだという道理を知ることも大切だ。
ただ、どうしても情熱の炎が消えないなら、他人が「お前には才能がない」と言っても耳を貸す必要はない。
ただし、その情熱が本物か、それとも、単にちやほやされたいだけなのかは自分で見極めなければならないのだ。

野性動物は、食べ物を得るために必要なことは何でも自発的に行う態度が最初からあり、実に不思議ななりゆきで食べ物を見つけてしまう。
ただ、野生動物の場合、食べ物が見つからなくて死ぬことになっても本望なのだ。
だが、人間はそうではない。
本当の望みであれば、必ず叶うような仕組みが組み込まれている。
だから、それをちゃんと使わなくてはならないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人生は人間的魅力で決まる

お役人発想の、ひきこもり対策の「うまい方法」がある。
ひきこもりを、障害者認定することである。
身体に障害がなくても、特に40代以上のひきこもりなら、精神科医の診断を受ければ、発達障害の認定くらいは得られるという気はする。
変な話だが、私だって、やはり診断を受けさえすれば、発達障害に認定されるように思えるのだ。
そして、大きな会社には、障害者の採用が義務付けられているので、極めて小数だろうが、とにかく何人かは採用される。
しかし、これは最悪の方法だろう。
年齢の高いひきこもりには勤労意欲がない者が多く、そんな者を送られた職場は、たまったものではない。
単に迷惑なら、まだ良いが、中には、そんなひきこもりに対して、指導者顔で接したがる者が必ず出てくるが、そんな者は仕事が出来ない「はぐれ者」である場合が多い。
そんな厄介者が自分の存在意義を発揮しているつもりの馬鹿げた「指導」振りは見ていられないものだが、それでも、ひきこもりの相手を任せておけるので、放置される。
それは、職場に相当な悪い影響を与えるはずだ。
また、ひきこもりを採用するための、こんな方法は、真面目に働こうとしている障害者にとって、最も迷惑なことになりかねない。

まあ、では、どうやって、特に年配のひきこもりを就労させるのかというと、他に手はない。
しかし、他に手がないから、それが良い手ということにはならない。

以前、このブログで、ひきこもりの原因は、考え方が少数派であるということを述べたことがある。
それは間違いではないのだが、変わり者がひきこもりとは限らない。
それどころか、変わっているのだが人気者で、しかりリア充している者だっている。
そして、その鍵は、今言った通り、「人気者」であることだ。
言い換えれば、「人間的魅力がある」ということである。
ひきこもりの一番の原因は、人間的魅力がないことかもしれない。
このブログでよく取り上げる、私の職場にいる、30歳過ぎの人生の落伍者である、派遣の雑用係の、まるで駄目男君は、どんなカラクリで採用されたのかは知らないが、ひきこもりである。
そして、人間的魅力は、ゼロにも程遠いマイナスだ。

ひきこもりは、残念ながら人間的魅力が乏しい場合が多い。
まあ、他人事ではなく、私もひきこもりだが、人間的魅力の欠乏については、自分に対して、ほとほと感じることである。
人間的魅力の基本は、いつでも明るいことである。
「そんなことは分かっている」と言うかもしれないが、魅力ある人間は、98%の時間、明るく振舞うのに対し、魅力のない人間は、自分の気分次第で態度が変わり、せいぜい10%程度の時間、卑屈な愛想良さを見せるだけなのである。
まるで駄目男君が、「自主的に明るい」ことは、ほぼゼロで、機嫌を取ってやった時には笑いはするが、それがひどく傲慢な感じになるのだから始末に負えない。
天才などの特別な人間なら、ある程度、気分を表に出したり、愛想が悪くても魅力がある場合もあるが、普通の人では、10%以上の時間、愛想が悪ければ、魅力は80%ダウンすると心得ると良いと思う。

初音ミクさんが魅力があるのは、常に明るいからである。
悲しい歌を歌い終わった後だって、すぐに笑顔になる。
ミクさんに学べば、きっとうまくいくだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

苦しい時にどうするか

優良な会社が傾く原因は人件費であることが多い。
会社の成長期、業績が上向いている時に、どんどん人を雇い、給料も上げていくと、会社には活気が生まれ、人間関係も良く、良好な収益が続く。
しかし、会社が安定期に入り、徐々に衰退期に入っていくと、人件費が重くのしかかる。
そうなると、会社幹部や経理部門には、「(自分以外の)誰がいらないか」が、はっきり見えてしまう。
昔であれば、冷酷・・・と言うか合理的にクビにしたし、それがやり難くなったら、パワハラで嫌がらせをして、自主的に退職するようなことをしたが、それも出来なくなると、追い出し部屋を作って、辞めて欲しい社員をそこにいれて、キツい肉体労働や、「恥ずかしい」仕事をさせる。
追い出し部屋というのは、本人が辞めたくなるように仕向けるよりは、「会社は君に辞めて欲しいのだ」という意思を示す意味が強い。
しかし、これもやり過ぎると、従業員に訴えられる。そして、社会の実体を知らない厚生労働省を始め、政府の役人は、とにかく労働者保護を打ち出せば評判が良くなるからと、何の策もないまま、「リストラは駄目」「従業員をいじめては駄目」と高圧的に構える。
すると、余計に会社の中はドロドロしてくるのだ。
本当のところは、多くの給料の高い役人や会社幹部が一番いらないのだが、そんな者達の立場は安泰である。

そんな状態では、従業員にも会社経営者にも、甘ったるい成功法則や成功哲学など、何の役にも立たない。
友愛みたいなものを掲げ、たまたまうまくいっていたリーダーも、全然力不足であることが明晰になる。

以上は、会社の話だが、これが家庭にそのままあてはまる。
一家の主が、仕事が順調で給料も上がり、自信がついてくると、なぜか息子が引きこもりになる。
しかし、主は、「息子や娘の2人や3人、俺が食わしてやる」と威勢が良いが、やがて、歳を取れば、自分が高い給料に見合わない、会社のお荷物になったことが分かってくる。
特別な能力を持たない者に対し、会社が求めるのは、所詮「馬力」みたいなものなのだ。
そして、調子に乗って購入した家や車や、その他、様々なものが負担になってくるが、何よりも重い負担は、子供達の生活費である。
心の中では、子供達にいなくなって欲しい、いるならいるで、相応の金を入れて欲しいと強く思うようになる。
それは子供達(と言っても、いいい歳をしたオッサンだが)への態度にも現れるようになり、子供が荒れることにもなる。

会社も家庭も、人間がやっているものだから、やはり似ているのである。
悪くなった時、どうするか?
最も拙いのは、そのまま継続することである。
何らかの変化が必要なのに、それをやるのは、恐いというか、おっくうなのである。
だが、そのままいけば、地獄行きは間違いない。
だから、悪くないことであれば、何かを変えなくてはならない。
例えば、その苦しい中で、社員の給料を、僅かで良いが、分かる程度には上げるとかである。
引きこもりの息子を留学させたり、自分の仕事を手伝わせたりと、いろいろやり方はあるものだ。
単に楽天的であるだけで、何もしなければやはり駄目なのだ。
自分が引きこもりの立場でも、やはり、何もしなければ悪くなる一方で、動かなくてはならない。
1つの動きが、何かを引き起こすのである。
「策多ければ勝ち、少なければ負ける」
ある優秀な戦国武将は、それを悟ったのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ