ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

ひきこもり

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

ヴァーチャル充のすゝめ

本格的に引きこもりの時代になってきた。
もちろん、引きこもりが楽しく生きる時代だ。
引きこもりにしか出来ない、人々、あるいは、世の中の役に立てることが増えてきたのだ。
これは、インターネットとAIの発達の良い面である。
少し前までは、たとえ天才であっても、引きこもりが能力を発揮することは難しく、引きこもりは不遇だった。
そして、世の中に存在を示せないまま50代、60代になった人もいる。だが、そんな人達だって、逆転出来るかもしれない。

人間には、ものを作るのが好きな人、直接販売等の交渉が好きな人、あるいは、マッサージ等の直接サービスを提供するのが好きな人がいる。
そんなリア充な人達は、もちろん、そのままリアル世界でがんばっていただきたい。そんな人達はもちろん、これからも沢山必要だ。
しかし、今後の時代は、創造的な引きこもり・・・即ち、ヴァーチャル充が必要不可欠であり、しかも、多く必要になる。
リアルな活動が向いてないからといって、本来は自分を卑下する必要はないのだが、これまでは、リアルな活動でしかお金を稼げず、生活していけないので、引きこもりは低い場所に身を置かざるを得なかった。
だが、武道家の多くは球技が苦手と聞くが、だからといって武道家が自分を恥じないように、引きこもりもバーチャルな世界で特技があれば、それで良いのである。
そもそも、あらゆる意味で(哲学的、宗教的、科学的等)、リアルとバーチャルの優劣はなくなってきている。
まあ、リアルとバーチャルの両方を股にかける変な人(笑)も多くなるが、それも単に1つの役割であり、リア充やヴァーチャル充より偉い訳ではなく、どちらかというと、器用貧乏という感じすらする・・・まあ、そんなこともないかもしれないが・・・

バーチャル充は、精神的に研ぎ澄まされるべきである。
例えば、ゲームに打ち込むことによって・・・別に冗談ではない。
ただし、惰性でゲームをやるだけでは、やはり駄目である。
ゲームも本当に達人になれば、他の者には得られない特別なものを得ているが、それが、他の人、あるいは、世界の役に立つのである。
ゲームに限らず、バーチャル充は、オタクでなければならない。
本当は、リア充もオタクであった方が良いのだが、日本の大企業とマスメディアの社会では、オタクは禁止され、学校で事実上殺されていたので、オタクスキルを伸ばすのが難しかった。
しかし、これからは、リア充もオタクになれば良いと思う。

ヴァーチャル充は、自分が英雄であることを自覚しなければならない。
これは突飛なことではない。
世界最高の賢者であったラルフ・ウォルドー・エマーソンは、『歴史』というエッセイの中で、英雄の物語を読む時は、それが、自分について書かれたものであると思わねばならないと書いている。
全くその通りだ。
だからまず、英雄の物語を読むと良い。物語の中の英雄こそが自分の本当の姿である。

今後は、ヴァーチャル充の有利さが際立ってくる。
なぜなら、世界は深層の心が生み出した幻想に過ぎず、ヴァーチャル充である引きこもりの方が、世界創造の場に近いからだ。

ただ、ナポレオン・ヒルも述べていた通り、性エネルギーの浪費を犯してはならない。
性エネルギーこそ、あらゆる創造力の源であり、それが足りないと、思考や行動の力が弱まる。
思考はもちろん、行動力もヴァーチャル充に必要だ。ただし、それは、会社や学校での行動とは全く異なり、パソコンやスマートフォンで出来ることが多い。
例えば、YouTubeやバーチャルYouTuber(VTuber)としての活動もそれに含まれるが、他にもいくらでもある。
今は、SNSで生計を立てている人も少なくないが、高収益であれば長時間労働だ。ただし、それは、会社や学校の仕事や勉強と違って、楽しいこと、面白いことをやれば良いのである。
そして、その多くは、リア充には不可能で、ヴァーチャル充にしか出来ないのである。
「神様の奇跡が起こる」などの口癖を忘れず、なるべく心配せずに励めば、引きこもりのヴァーチャル充にだって世界を動かせることが解るだろう。
それどころか、先程も少し示唆したが(ヴァーチャル充が有利になるという話で)、今後は、引きこもりのヴァーチャル充「こそが」世界を動かすかもしれないのである。
とはいえ、リア充とヴァーチャル充は敵同士ではない。お互い仲良く共存する世界こそが、人類が立派に存続していける未来世界なのである。











自信は美徳

出来た!
・自信は美徳
・自信があれば実力は後からついてくる
・自信は幻想で良い

何でも良いから、自信があれば勝ちである。
引きこもりは、なぜ引きこもるのかというと自信がないからだ。ただ、それだけである。
自信は、何か1つで良い。

確かに、東大を出た(入ったで十分だが)というのは自信になる。
だが、東大出身者は、偏差値の割には成功しない。
なぜかというと、自信はツールであって商品でも売り物でもないからだ。
東大卒を自信にするのは良いことだが、それを売り物にし、それだけが売り物になり、それにすがると、必ず、売り物というのはこき下ろされるのだから、東大卒の自信がなくなるだけでなく、それがアイデンティティーになってしまっている自分に自信を失くし・・・ジ・エンドだ。哀れとしか言いようがない。

昔の『空手バカ一代』という、実在した空手家の大山倍達を主人公にした伝記漫画(ただし、創作が多くて自伝とは言い難い)に、こんな場面がある。
大山が、庭で鍛錬をしていたが、その中で、左右の親指だけを地面につけた逆立ちをする。
そして、妻に言う。
「親指だけの逆立ちが出来る間は、どんな敵が来ようが、まあ、恐れることはない」
私は、なんと美しい言葉かと思った。
しかし、「親指だけの逆立ちが出来る=無敵」の根拠などない。
それは、大山さんの自信であり、根拠のない幻想・・・言ってしまえば妄想である。
しかし、その自信が、大山さんを強く支えていたのだ。
また、別の本で(書いたのはゴーストライターだろうが)、「親指だけの腕立て伏せ百回出来れば無敵」のようなことも書かれていた。
大山さんが、指と実力との関係に確信を持ち、その指が徹底して強い自分に自信を持っていたのは本当ではないかと思う。
大山さんが、喧嘩ファイトで相当な実力があったのは確かで、その力の源は、やはり自信なのだ。

私も、こんな思い出がある。
信号無視で警察に捕まったが、当時、毎日欠かさずTM(超越瞑想)をしていた私は、「TMをやっている俺に逆らえるはずがないじゃないか」という、妙としか言えないが、そんな自信が湧き上がってきた。
もちろん、無罪放免であった。
TM自体の効用については何も言わない(私は今はやっていない)。
しかし、自信があれば、超能力で警官も支配出来ることが分かった。
その自信をつけてくれたTMを作ったマハリシ・マヘーシュ・ヨーギは大物である(実際にTMを作ったのは、彼の師であるらしいが)。

引きこもりは、何とか、1つのプログラミング言語をがっしり習得し、「プログラミングが出来る俺はイケてる」という自信を持てば、どこでも生きていける。
実は私がそうだった。
昔の話であるが、私は、BASICをマスターしただけでは自信が出来なかったので、苦労してC言語をマスターした。すると、「C言語が出来る俺って格好良い」と思うことが出来て自信がつき、後は何でもうまくいった。他愛ないものよのう(笑)。
今なら、Excelマクロ(VBAプログラミング)を十分にマスターすれば良いと思う。
いや、実際は、PHPでもJavaでも、最近流行のPythonやJavaScriptでも良い。
しかし、Excelマクロはすぐに実用になり、便利である。
今後、AIを作るのにも役に立つ。だがまあ、何でも良い。
筋トレでも良いのである。








モスラに学ぶ神秘的変化

モスラという怪獣は、圧倒的人気というのではないが、この鮮やかな妖虫に深い情緒を感じるファンが少なくない。
コロネパン(主にチョココロネパン)を「モスラパン」と呼ぶのは日本文化と言うほど定着していて、確かに、モスラの幼虫はコロネパンみたいで可愛いが、そこに別の深い意味があるのだ。
モスラの魅力は、幼虫がサナギになって羽化し、成虫になって大空を羽ばたくという変身にあるのである。
モスラのサナギの羽化シーンは、常に、神秘的に美しく表現されてきたが、映画制作者には、モスラ変身の重要性がしっかり認識されていたのである。

そして、人間も、物質的にではないが、精神的に、サナギになり羽化するのである。
だが、現代人は、サナギの期間があまりに短く、ほとんど変化しないのである。
ところで、個人だけでなく、あらゆるレベルに羽化はある。
例えば、学校で、江戸時代の鎖国政策について、マイナス面ばかり教わったと思う。
鎖国のせいで、世界の進歩に取り残され、ペリー艦隊がやって来た時、物質文明の差を見せ付けられたことばかりが強調されたはずだ。
しかし、江戸時代、日本は鎖国によってサナギになり、長い時間をかけて、世界のどこにも見られない熟成と進化を遂げた存在に変身したのである。
だからこそ、西洋の物質文明を急速に吸収しただけでなく、独自のものに作りかえる知恵は素晴らしく、愚かな者達は「猿真似」と言って見下したが、それはどう見ても、ただの真似ではなく、西洋のものと、日本人が元々持っていたものとを融合させ、さらには、東洋の別のものをも取り入れ、比類なき創造性を発揮して新生の魔術を示したことは明らかなはずだ。
鎖国があったからこそ、日本の技術は世界No.1になったのだ。確かに、最近は、やや創造性が鈍ってきたが、日本人の独自性はまだ日本人の中に秘められている。

そして、我々一人一人が、サナギになって内面を発達させ、華やかに、あるいは、壮大に羽化しなければならない。
その中でも、ひきこもることによる、特別なサナギの錬金術的変化こそ、最大の神秘であることを知らねばならない。
ひきこもりを加速せよ。
そして、ひきこもったなら、ゴールドになれ。
まず本を読んで学ぶのも良いが、忘れてはならないことは、心のイメージは、高次元の世界では現実に存在するということだ。
だから、イメージを、精神を大切にしなければならない。
ひきこもり、世の中の汚れたメッセージを受け入れないようにするのである。
そして、内面を変化させ、眩しく輝かせるのである。
これが、真の錬金術である。








なぜ皆親切にしてくれたか?

昔、有名なプロレスラーだったジャイアント馬場さんが、こんなことを言ったらしい。
「あらゆるモメゴトはヤキモチから起こるんだ」
馬場さんは、そう思い知っていたのだろう。
しかし、これほど単純にものを言う人は偉いなあと思う。
一切の条件、注釈なしにモノが言えるのは、本当に大したものだ。

ところで、随分前から、ひきこもって社会に出ない人のことが問題になっている。
なぜ、学校に行かず、働きもしないのかと言うと、
「他の人が優しくないからだ」
と、私も馬場さん並に単純に言いたい。
そりゃそうでしょう。
働きに行って、職場の人達が皆、親切で優しかったら働くに決まっている。

多くの職場では、先輩達は、後から入ってきた者を脅し、困らせて、従順にしようとする。
それは、先輩達が、自信がなく弱いからだ。
そうではなく、後輩に甘い顔を見せず、鍛えるべきという考え方もあるが、それも本当は、後輩にナメられないためであり、やはり強い先輩のやることではない。
まあ、とんでもなく思い上がった後輩というのも、会ったことがない訳ではないが、18も過ぎた人間の教育なんて、普通の人に出来るものではない。

私は何度も転職したが、どこに行っても先輩は優しく親切だった。
そうでない先輩もいたが、なぜかそんな先輩はすぐに消えていった(笑)。
これなら、再び引きこもりようがない。
では、コツは何だろう?
それはたった1つ!・・・と言わせたいのだろうけど(笑)。
いや、言っても良い。
それは、心の奥に無限の力が潜んでいると知っておくことだ。
そんな者に、親切に出来ないはずがない。
それを知るには、ジョセフ・マーフィーでも、ノーマン・ピールでも、クラウド・ブリストルでも、あるいは、フローレンス・スコーヴェル・シンでもいいから、どれか1冊読めば良い。
詳しい内容はどうでもいいからさ(笑)。
内に巨大な力があり、それは味方だということだ。
宗教っぽい、スピ系っぽいと言いたい人もいるかもしれないが、これほど明白な真理はない。
ちなみに、内容は全部同じだから、1冊選んだら、他は見ない方が良い。これも重要なコツだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

日本に生まれただけで丸儲け

成功者と言うと、事業で成功してお金持ちになったり、スポーツ選手やミュージシャンとして頂点、あるいは、それに近い位置に到達したり、政治家になって、大臣や知事になるような人達のことを言うのかもしれないが、それだけではないだろう。

これまでも、世の中にいて、これからはかなり増えそうな、こんな人達がいる。
50代以上のひきこもりが孤独死し、彼が過ごしてた部屋に入ると、物凄い数の、美少女フィギュアやアニメのブルーレイ、あるいは、アダルトDVD(やブルーレイ)が溢れている。
そこまでいかなくても、社会との交流のないまま中高年になり、不安に怯えながら暮している人は少なくない。
そうなるのは、大人になってからの要因もあるだろうが、その場合でも、本質的な原因は子供の時に心を歪めてしまったことだろう。
だが、本当なら、そうなるはずのひきこもり気質の者が、際立った成功はしないまでも、社会に参加し、人並にやっていたり、特に能力がある訳でもないのに、普通の人以上に良い思いをしている場合もあり、それを成功と言わず、なんと言おう。
ある成功した事業家は、ひきこもりが社会で立派にやっていることを、「運だけで成功した自分より、はるかに奇跡的な快挙」と言っていたものだ。
だが、どんな成功も、なぜ成功したかというと、運があったからだ。
もちろん、成功者が努力しなかったと言うのではないが、いかに努力をしようとも、運がないと駄目なのである。
成功したミュージシャンや、いい暮らしをしているひきこもりの裏に、同じくらい能力があり努力もした敗北者がいくらでもいるのである。

運を呼ぶには、人生が運に左右されることを認めること。
そして、自分が既に幸運であることを認めることが大切であることは、まず間違いない。
明石家さんまさんが「生きてるだけで丸儲け」と言ったらしいが、そこまで本当に思えるならかなりのもので、幸運にも恵まれるだろうが、少なくとも、「日本に生まれただけで丸儲け」くらいは思わないといけないだろう。
日本やアメリカでは、貧困層でもスマートフォンや、自動車すら所有している場合も少なくはなく、特にアメリカでは貧困者のほとんどが肥満している。
しかし、今は多少は変わってきているかもしれないが、少し前なら、世界の7割以上の人が電話機を使ったことすらなく、地球の半分以上の地域が戦争状態だったし、表面的な変化はあっても、今もそんなに変わらないはずだ。
つまり、世界中のかなりの割合の子供達が、いつ殺されても不思議ではないし、学校でボランティア団体から支給される給食を持って帰らないと家族が餓死してしまうような状況の地域がいくらでもある。言うまでもなく、毎日、大勢の人達が餓死しているし、数千人の町や村に医者が1人しかおらず、日本でなら何でもない病気や怪我で容易く命を落とすという場所も少なくはない。
そんな世界で、いくら不況になっても、新車が走り回り、穴の空いた靴を履いている者は(趣味でそんな靴を履く者は別にして)1人もおらず、まして、道端で倒れていたら大騒ぎしてもらえる日本に生まれたことは、まさに奇跡的な幸運に違いない。

別に、極端に不幸な世界の地域と比べなくても、誰もが相当な幸運を経験している。
斎藤一人さんの本に書かれていたが「自分が幸運である理由を言わないと斬首」と言われたら、皆、いくらでも言うのである(私なら、権力者に「斬首」と言われたら、反発して言いたくないという気持ちはあるが、実際にそうなったら、1日中でも言えるだろう)。

私は、子供の時から、アンデルセンの『マッチ売りの少女』のお話にとり憑かれている。
死んだマッチ売りの少女が発見された時、人々は「可哀想」と思う前に、極寒の中、あまりに惨めな薄着に、あまつさえ裸足であるのを見て、醜悪に思って目を背ける。
役人がやって来て、少女の遺体を袋に入れて教会に運ぶが、当時のことだ。教会もどうすることも出来ず、遺留品として少女が着ていた服をとりあえず保管し、身元不明のまま、寂しい墓地に埋葬するだろう。
時が流れ、その地域に、14歳くらいのある女学生がいた。
ごく普通の可愛い少女で、心優しく、困っている人を手助けする親切な子だが、どこか儚げである。
人を恨むことを極端に嫌ったが、ある日突然、恨みの権化となり、世に災いをもたらす。
「誰も助けてくれなかった」
少女は、7年前、世に見捨てられ、哀れに死んだが、女学生になることに憧れ、この世をさ迷い続けたマッチ売りの少女の魂が作り出した幻だった。
『地獄少女』を見ていたら、そんなことを考えてしまった。
やはり、我々は幸運なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード