ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

腕振り を含む記事

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

駄目な我々の最終最後の武器

世の中には、どうしようもなく駄目なやつが、かなりいる。
なんとか社会の最底辺に加わることが出来ても、蔑まれ、疎まれ、そうしたくないのにヘラヘラ笑うしかない人達だ。
彼らには性格的な欠点も多いのだろうが、それを論じているとキリがないし、そもそも、性格の欠点なら誰しも同じだ。
彼らの本当の欠点は、力がないことだ。

とはいえ、彼らを蔑み、嘲る者達もまた、力がないことでは彼らに近い、あるいは、本当は同等なのだ(徒党を組む力があるので、嘲る側に回っているだけ)。
彼らに対して、一言でも口汚い言葉、蔑む言葉を吐く者は全てそうなのだ。

最底辺の者達と、彼らを蔑む、実は同じ穴のムジナの者達。
そんな、我々のような者達は、どうすれば苦境を脱することが出来るかというと、力をつけるしかない。
私は、以前は、それは簡単だと思っていた。
単に、早寝早起きをすれば良いだけであるから。
ついでに、朝、腕振り運動を千回もやれば、それで悪夢は終わる。
なぜなら、よほどのことがない限り、1年365日、朝5時前に起きる、どうしようもない人間はいないし、それでしかも、毎朝腕振り運動千回を欠かさない駄目人間など、想像も出来ないからだ。
しかし、早起きだって、出来ない者は出来ないのだと分かった。

人間が力を付ける原理は、たった1つなのである。
それは「自己制約」という言葉で表現出来る。
人間には、放埓(ほうらつ。勝手気ままの意)に振舞いたいという性質があるが、それに自分で(強制でなく、あくまで自分で)制約を加えれば、神はその数倍の力を与えてくれるのである。
夜更かしして遊びたい気持ちに制限を加え、朝、もっとゆっくり寝ていたいという気持ちに制限を加えれば、それだけでかなりの力が得られる。
だが、放埓に流され、自己に制約を加えない者は、元々持っていた力すら、どんどん失われる。
美味しいものを好きなだけ食べ、酒を飲みたいだけ飲み、すぐにマスターベーションをするような者が、哀れな状態になるのは自然の理である。

そんな駄目な者達・・・と言っても、自分がそうであると認めない方が多いのかもしれなが、認めなくてもいいから(後で気付けば良いから)最後の手段を言うなら、それが、最近私が薦めている「EA(えれくとりっく・えんじぇぅ)メソッド」である。
私はこれに救われている。
重ねた手を胸の前で回すだけだ。胸に当てるだけでも良い。ただ、回した方が効果がある。
それを、額、頭頂でもやれば、さらに効果がある。
詳しくは、アレクサンダー・ロイドの『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』を参照することを奨める。
なぜ、これを勧めるかというと、やれば必ず、ストレスが消え(少なくとも軽くなり)、視界の明るさがアップするのを感じたからである。それは、確実にエネルギーが高まっていることを示す。
最適なやり方は人それぞれであるので、個別の質問には応じようがない。
最もベーシックには、重ねた手を胸の上に置くだけであり、これだけでも効果がある。
時間は、最低で1分で、10分程度やるのが好ましい。
もちろん、他にもやり方はある。
しかし、他のやり方を知らないか、知っていても続かないなら、これが最後の砦かもしれない。
この通りにやれば良いというのではなく、私が手を胸に当てることのフィーリングを感じる2つのYouTube動画をご紹介する。
【PS4FT】えれくとりっく・えんじぇぅ【初音ミク:スクール(ディープスカイ)眼鏡なし】PV
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO)









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

「何か1つ」の修行

昔、ある立派な方から、こんなことを聞いた。
「朝7時半までに社長が出社する会社で、倒産した会社はない」
どこかの団体の調査結果で、聞いたことがあるような団体名だったが、それがどこかは忘れた。
だが、美しい言葉だと思ったし、真実かもしれないと思った。
まあ、本当の社長さん達が信じるような話かどうかは分からないが、勇気とか安心を少しは与えてくれる言葉だと思う。
社長さんの中には、なんとなく親の会社を譲り受けたような人もいて、そんな社長さんの中には不安が大きな人もいるだろう。しかし、とりあえず朝7時半前に出社すれば倒産するはずがないということなら、それで、いくらかの安心は感じるのではないかと思う。
だが、「俺は社長でやっていけるだろうか?」と思っている社長さんでも、誰もがそんなことを出来る訳ではないだろう。
それは、営業時間の都合とかではなく、要は、営業時間の2時間ほど前に出社すれば良いのだが、それがなかなか出来ず、むしろ、社員より遅く出社してしまう社長さんも多いことだろう。

社長でなくても、朝、早く来る社員は優秀な人が多いということは言えると思う。
一方、実際にいるのだが、出勤時間ギリギリに来る社員でロクな人はいないだろう。そんな人は、会社のためにも本人のためにも、さっさと辞めた方が良い。
だが、朝5時までに起床する人間で、全く駄目という者もいないと思う。
もちろん、5時というのは、帰宅が午後9時くらいまでの人の話で、帰宅が0時であれば3時間ずれて午前8時くらいになるだろう。
要するに、帰宅したら、必要なことだけをテキパキと行い、余計なことをせずに、なるべく早く寝るということだ。
ところが、十分に5時に起きられる状況で、それどころか、4時でも可能なくらいなのに、7時とか8時といった、寝ていられるギリギリの時間まで寝ている人が多いだろう。
夜にダラダラとテレビやネットを見たり、ゲームをしたり、あるいは、遊びに行ったりして、寝る時間が遅くなるという人は多いのだと思う。
実力がついてからなら、それでも良いが、未熟なうちにそうであれば、あまり力はつかないし、逆に、実力があるのにそれが出来る人は大したものである。
だが、確かに、朝5時までに起きている者が、まるで駄目であるというのは考え難いのである。
素晴らしく優秀とはいかないかもしれないが、それだけでも出来れば、まずクビになるようなことはないし、全く軽んじられる立場に甘んじることもあるまい。
人生に対する、あるいは、仕事に対する心構えが高いからである。

私には、一般的な勤務時間の者で、どうしても朝5時までに起きられないというのが信じられない。
信じられないが、実際、それを全然出来ない人は多いのだと思う。
「そんなに早くに起きて何するの?」と言うような人間に見込みはないと思うが、実際は、そう言う者が多いのかもしれない。
この程度が厳し過ぎるとは、とても思えないが、現実は出来ない人が多いなら、もっと楽なことを考えないといけない。
人間は、心を引き締める何かは、必ず必要なのである。
柳田誠二郎さんという、日本航空の社長や日銀副総裁、その他を務められた方がいるが、彼が若い人達に「心を締める鍵を何でもいいから1つ持ちなさい」と言われていたのは至言と思う。
彼の場合は、学生時代に、岡田虎二郎に教わった静坐で、おそらく、百歳を超えて亡くなられるまで続けていたと思う。
もちろん、坐禅も同じようなものだと思うし、他に、瞑想、聖典を読む、念仏を唱える、腕振り運動をする、武道やスポーツの訓練をする等、人によって様々なことが考えられるだろう。
そして、大事なことは、よほどのことがない限り、1年365日、必ず毎日やることだ。

私の場合、社会人になりたての頃は、スピリチュアルな本を必ず毎日読んでいたが、そんなことでも力になったと思う。
ある時期は、毎日必ずプログラミングの勉強をしたし、今日に至るまで、常に何か1つは続けている。
それで、本来は間違いなく社会の落伍者になるはずが、何とか社会の中で生きているのであるから奇跡である。
やはり、「早起き」と、「心を締める鍵1つ」の威力は大したものと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

人を呪わば穴二つ

『クリスマス・キャロル』のスクルージは、なぜ、あそこまで愚か・・・冷酷無慈悲、守銭奴、エゴイストだったのだろう?
それは、おそらく、他人を呪う心・・・恨み、憎しみ、嫌悪が大きくなり過ぎたのだろう。
ジャイアント馬場さんは、あらゆるモメゴトは嫉妬から起こると言っていたが、あらゆる不幸は人を呪うことから起こる。
「人を呪わば穴二つ」というのは、紛れもない真実だ。
では、スクルージがなぜ生まれ変わったのかというと、自分の愚かさを客観視したからだ。
小説だからスクルージはそんなことが出来たが、普通は、たとえ気付いても手遅れだ。

ところが、私は、人を呪う愚かさに気付き、誰も呪わなくなった。
間に合ったのだ。
『地獄少女 二籠』を見ていると、本当に人を呪うことの愚かさが解る。
これを私は、「スクルージ効果」とでも言おう。
私は「スクルージ効果」で救われたのだ。
人を呪わないと言うことは、人を恨まない、憎まない、嫌わないということだし、自分も人に恨まれることはしないでおこうと本当に思うことだ。
人を呪わないことはお得だという、コスパの高さを理解したのではなく、人を呪う愚かさを思い知ったのである。

『地獄少女』は、第1期は、それほどの作品ではなかったように思う。
人気声優の能登麻美子を主役にしたのだから、それなりに力は入れていたとは思うが、人気が出てくるごとに高品質になっていき、『地獄少女 二籠』はもう名作だ。その後の続編もある。ただ、今年秋公開予定の実写版は・・・本音を言うとやめて欲しいが、人気ゆえに作られるのだから、そんなに嫌がらないでおこう。
ところが、私は『地獄少女 二籠』の18話あたりを観てから、1年以上、続きを観ずに放置していた。
『BEATLESS』を観始めたせいかもしれない。
別に、作品の優劣の問題ではなく、その時の自分のフィーリングに合ったのが『BEATLESS』だったということだ。
それで、長い間『地獄少女』に興味を失っていたのだ。
閻魔あいちゃん、あんなに可愛いのにね(畏れ多くて嫁には出来ないが)。

このようなことが起こったのは、今月(2019年3月)2日の記事腕振り運動以上の生命エネルギー活性化法に書いた、その生命エネルギー活性化法のおかげで、生命力強化というよりは、胸のつかえが取れ始めたせいと思う。
人を呪うことは、本当に損であるし、何より、醜い。私は醜いものが大嫌いである。
その方法をやることをお薦めする。胸に詰まった余計なものが溶けると、大抵のことはうまくいく。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ひきこもり脱出に必須のこと

10年も前だろうか。
NHKで、ひきこもりの青年の取材のようなものを放送していた。
見かけは立派な二十歳そこそこの青年であったが、ひきこもりで、働きに出ることも学校に通うことも出来ないということだったと思う。
彼は、優しい感じだが、弱々しく、特に、目力がない・・・つまり、眼差しに鋭さがない印象だった。
そして、彼は、支援センターか何かで指導を受けていたが、もういい歳になってるはずの今は、一人前になっているかというと、あまり望みはないように思う。

現実的に、ひきこもりを更生させることが出来る訓練場所は、戸塚ヨットスクールくらいではないかと思う。
元東京都知事の石原慎太郎さんは戸塚ヨットスクールを堂々称賛し、支援もしていたように思うし、竹村健一さんも、テレビで「やり方は正しい」といった発言をしていたが、戸塚ヨットスクールが効果的であることは理屈で解る。
それは、自分もひきこもり気質だという、思想家の吉本隆明さん(1924-2012)が、自分達の時代(彼は力道山やカーター元大統領と同じ歳)は、ひきこもらせてもらえず、殴って外に引っ張り出されたと言うが、それくらい強制的な方法でないとうまくいかず、それを今の時代にやろうと思ったら、戸塚ヨットスクールになってしまうのだろう。
ドワンゴ創業者の川上量生さんが、本心かどうかは知らないが、ひきこもりが社会の最底辺にでも加えてもらえたら、それは、運だけで成功した経営者(自分のことと思う)よりずっと快挙だとブログに書かれていたが、それほどかどうかはともかく、ひきこもりが世の中でやっていくことが極めて難しいことは確かだろう。

私としては、吉岡さんが本に書かれていたキラリ光る道と思えること・・・男性であれば、好きな女の子が出来ることが、非常に良いことだと思う。
好きな女の子のためなら、男は頑張る力が出るはずだからだ。
しかし、今の時代、何より、希望を持つこと、自分を信じることが出来なければ、全く動けない。
私も確実にひきこもりであったが、私の場合は、ジョセフ・マーフィーの本を読んで、自分にも出来るという希望と自信を持ったのが良かったのである。
そして、うまい具合に、好きな女の子もいたのである。まあ、会話が出来る程度には親しくても、それ以上ではなかったが(笑)。
ああ、それと、川上量生さんがブログに書かれてた、身体を鍛えることは外せないだろう。
ただ、やはりひきこもりである川上さんが身体を鍛えた方法は、家に階段(1階と2階をつなぐ普通の階段)があったので、それを普通に昇り降りすることだったらしい(笑)。
私は、ひきこもっていた間も、よく、腕立て伏せやスクワットをやっていた。小学4年生だった時の私に、腕立て伏せを教えてくれた、大学のレスリング部の主将だった従兄には本当に感謝している(物凄くいい男だった)。
身体を鍛えると言ったら、すぐに、ジムだのジョギングだのといった、金や手間がかかる方法(中年になればゴルフだ)しか考えない者がやたら多い気がするが、少なくとも、それらは絶対にひきこもり向きではないので、ひきこもりは、腕振り運動や、スクワット、腕立て伏せを、毎日、少しでもやると良い。
偉大なる米津玄師さん制作の曲『ワンダーランドと羊の歌』を、「マジカルミライ2014」で歌った時の初音ミクさんだって、その時、スクワットをしてくれたのだ(あくびと肩たたきもやったが 笑)。

ひきこもりにジョセフ・マーフィの本は必須ではないだろうか?
それと、少しでいいから運動を。
本当は、朝6時前(出来れば5時前)に毎日必ず(1年365日)起床するなら、それでおそらく、ひきこもりは脱することが出来るが、それがなかなか難しいかもしれない。
これらは、どれも、普通の社会人でもやっていないことであり、実は、どれかをしっかりやることで、普通の人は超えられるのである。
だから、これらを1つでもやれば、世の中、チョロいと分かると思う。
一方、LINEみたいな、誰でもやっていることをやっても仕方がないのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

腕振り運動以上の生命エネルギー活性化法

腕振り運動は、非常に効果的な全身運動であると共に、エネルギー蓄積法であると思う。
しかし、こと、エネルギー(細胞の活性化エネルギー等の生命エネルギー)発生に関して、腕振り運動よりはるかに効果のある方法がある。
私は、それを心理学者のアレクサンダー・ロイド博士の『「潜在意識」を変えれば、すべてうまくいく』で見たが、そこで教わったというより、「やっぱりか」と思ったのだった。
方法は簡単で、胸に両手を重ね、重ねた手を胸の上で右回りか左回りにぐるぐる10秒ほど回し、次に向きを変えて回すことを数分続けるだけだ。
また、額の上、頭頂でやるのも良い。
回さず、ただ重ねて置くだけでも効果があるが、どちらが良いかは人による。普通は回す方が効果が高い。
初音ミクさんが、コンサートで『えれくとりっくえんじぇぅ』を歌う時、「電子のココロ震えるの」のところの手の動きを、両手を重ねてゆっくりやる感じである。

ロイド博士も述べていたが、ジクムント・フロイトも、この方法を使っていた。
これはロイド博士の本には書いてなかったが、フロイトは精神分析による治療では、ほぼ1つも成功していない。
いかに偉大な心の理論を作ったとはいえ、専門の精神科医として実績を上げられなくては、人類史上最高の精神科学者になれるはずがないが、フロイトは、患者の額に手を当てて、その手を回すという方法で、奇跡的とも言うべき成果を上げていたのだ。
これを自分でやれば良いだけである。
フロイトは額だけであったが、胸や頭頂も効果があり、また、どこが一番効果があるかは、人によって違う。
それに、胸、額、頭頂で効果が異なるので、全ての部位でやると良い。

中岡俊哉さんは、何百冊も本を書いたが、もしかしたら、一番の傑作は『ハンド・パワーの秘密』ではないかと思う(ベストセラーでもある)。
中岡さんは、長年、ハンド・パワー等のヒーリング法を真面目に研究すると共に、多くの人にハンド・パワー療法を行い、成果を上げていた。
そして、最も凄い効果を上げたのは、自分自身に対してだった。
中岡さんは64歳の時、激務による疲労やストレスで脳梗塞で倒れた。
脳梗塞からの復帰がいかに厳しいかは、国民的英雄である長嶋茂雄さんの例を考えれば解るし、身近で脳梗塞になった人がいれば、その深刻さが解ると思う。
中岡さんの場合、なんと、25歳の時に脳梗塞で倒れていて、2度目であり、64歳で倒れた時は指1本動かせないほどの重症で、医者も回復は不可能と言ったようだ。
ところが、中岡さんは「ハンド・パワーの本を書いた自分が回復出来なければ、俺は嘘つきだ。それに本の内容には自信がある」と思い、回復を目指した。
すると、数日で両手が動くようになり、医師を驚愕させ、脳のCTスキャンを撮ると、何と完治しており、1ヶ月で退院し、また、激務の生活に戻った。
こんな話が信じられるはずがないが、おそらく事実だ。

私は、胸に手を当てると、生命力が高まることを知っていた。
手を当てて回すのが難しい状況である場合は、片手でいいから胸や額に手を当てても、かなりの効果がある。
さらに、実際にやらなくても、想像の中でやっても効果があり、実際にやるのと変わらないと感じることもある。
これをやると、胸のつかえや不安も氷解すると思う。
私は、若い時から、おそらく、不安症からだと思うが、胸の痛みに苦しめられ、狭心症で倒れたことすらあるので、胸の状態には敏感であり、これをやると、まるで生まれ変わったようなクリアな気分になるのである。
これまで、あまり意識しなかったが、ロイド博士の本のおかげで、はっきり意識出来、ここにお知らせ出来たのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ