ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

芸術・哲学・神秘思想

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

朝、起きる理由

シンギュラリティ・ユニバーシティというNASAの中にある、選りすぐりの優秀な人間を教育する機関の創設者ピーター・ディアマンディスが、「朝、何のために起きるのか?」、「何のために地球に居るのか?」が分からないといけないと言っていた。
ルパン三世なら、「今日も泥棒するぞ!」とか、「泥棒するために地球にいるんだ」と思っているのだろうか?
池田満寿夫は、「今日もエロい版画を作るぞ」とか、「エロい版画を作るために地球にいるんだぜ」なんて思っていたのだろうか?
そんなことはないような気がするなあ。
ルパンは、「今日もふっじ子ちゃんを口説くぞー」とか思って起きるのだろうし、池田さんは、そう毎日作品を作っていた訳ではない。
ピカソやゴッホは毎日描いていたが、別に、「今日も描くぞ」と思って起きるのでも、「俺は絵を描くために生きてんだぜ」と思っていた訳ではあるまい。
ピカソが「今日も可愛い画学生を口説くぞ」と思っていたというなら信じるが(本当にやってたし)。

「今日もメロンパンを食べるぞ」と思って起きても良いのだし、もし、本当に好きで楽しいなら、「今日もゲームするぞ」「ゲームするために地球にいる」で良いのだと思う。
そして、そのピーター・ディアマンディスは、それが10億人に影響を与えることであるべきと言ったが、ラマナ・マハルシは「真我を実現することが人類への最大の貢献」といったことを言っていたのだと思う。

思い出したが、池田満寿夫さんは、自分の絵は便所のラクガキみたいなものと言われていたと思う。
そして、池田さんは「今日も便所のラクガキみたいなことをやるぞ」と思って起きたのではないかと思うのだ(言うまでもないが、本当に便所のラクガキをするのではない)。
池田さんの便所のラクガキのようなことは、ピカソやゴッホの絵に決して劣らない。

高尚なことかどうかはともかく、朝、起きる理由があることは良いことだ。
しかし、普通の人は、嫌でも学校や会社に行かなくてはならない。
「今日も学校に行くぞ」とか「今日も会社に行くぞ」なんて、ちっとも思ってないのにね(笑)。
そんな人が、「今日も修行するぞ」なんていう宗教にハマってしまう訳だ。
いや、修行で良いのだが、他者の言う通りになんかやらないことだ。
「いや、中村天風先生の教えの通りにやっているのが良いのだ」と言う人がいるかもしれないが、それ、本当に楽しい?(笑)
それに、藤平光一さんによれば、天風さんは死ぬ時、自分の教えは全部忘れろと言ったそうだ。つまり、全部、間違いな訳だ。
彼の生き方は正しかったかもしれないけどね。
私は一時、「今日もゆっくりとした呼吸をするぞ」と思うと、なぜか起きるのが楽しかったことがある。あの感覚は、なかなか正しいものだったと思う。
そして、一番正しいのが、野球選手が「今日もバットを振るぞ」と思うことなのだが、それは、偉大なバッターになるとか、あるいは、バットを振るのが好きというその奥に何かがあるからだと思う。
それは、確かに「好き」とか「楽しい」、あるいは、「ワクワクする」という感覚として現れる。
それが扉なのである。
そこを通ると何かが起こる・・・と信じたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ユリ・ゲラーになる方法

会社の規模に関わらず、そこで働く会社員・・・と言うより「サラリーマン」は、特技と言えるほどのものを持っていない者が大半だ。
私から見ると、経理課の人は経理が分かっていいなあと思うが、経理の専門家と言えるほどのスキルがある者はほぼ居ないのだろう。
本当の経理のスペシャリストなら税理士や会計士になるだろうし、税理士や会計士と言っても、全員が良い思いが出来る訳ではない。
私のようなSEとかプログラマーといった者達も事情は同じで、会社の「システム部」とか「情報課」とか言われるものの中で働く技術者は、外部からはスペシャリストと「勘違い」されている場合も多い(勘違いさせる策略もあるのだが)が、実際には「素人に毛も生えていない」連中が大半だ。
そして、総務部とか営業部となると、ほとんど全員が、ただの作業員、事務員だ。

若いうちは、「自分に何が出来るか分からない」「自分が何をしたいか分からない」と言っていられるような気がするが、ある程度の歳になれば、本当のところは単に、「自分には何も出来ない」としか言えなくなる。そんな者達の頼みは、会社の奇妙な慣習をマスターしていることと人間関係だ。
しかし、そんなものには何の実体もなく、AI(人工知能)が導入されるようになると、そんな連中は一掃されてしまう。

かと言って「一生モンの技能」なんて、よほど切羽詰った事情でもない限り身に付かないものだし、進歩の速い時代には「一生モンの技能」なんてものはなくなる。
私に解る範囲で言えば、コンピューターのシステム設計能力は当分使い物になるし、今後は、ディープラーニング型AIを作る能力があれば活躍出来る。
ただ、日本の有名なAIベンチャーPreferred Networksの西川社長によれば、同社の深層学習フレームワークChainerがどんどん使い易くなって、誰でもディープラーニング型AIを作れるようになると言う。
しかし、実際は、なかなかそうはいかない・・・つまり、10年やそこらは、それほど簡単にはならないだろうから、やはり深層学習フレームワークに取り組むなら、希少な存在になれると思う。

まあ、一番良いのは、米津玄師さんや、売れっ子デザイナーのような者になることだが、これは才能や運がなければどうにもならない。
そして、究極の選択は、悟りを開くことだが、これも、サイババやマハリシ・マヘーシュ・ヨーギのような大富豪になって良い思いが出来る者は稀有で、せいぜいが「ふんどし1本しか持たなくても満足出来る」聖者になれるだけだ。
ユリ・ゲラーほどの超能力者であれば、米津玄師さん以上だが、それになれる難しさは、東大卒業やオリンピックで金メダルを取ることの比ではない。
だが、ユリ・ゲラーになれるように思わせて金を取る商売は後を断たない。

『涼宮ハルヒ』シリーズの愛すべきヒーロー、キョンのように冷め切って生きられる者が本当にいたら、それが一番幸せである。
ちなみに、ハルヒには誰もなれないし、ハルヒを得ることも、多分、絶対無理だ。

だが、有名ではないが(有名にならないようにしている)、ユリ・ゲラー並の者が、「こんなの実は誰でも出来る」と言っていた。
しかし、そのやり方を聞くと、解りそうで解らない・・・禅問答の親戚みたいな話になってしまう。
あえて解るように言えば「ユリ・ゲラーのようになることを諦めないこと」となる。
諦めないまま、何も起こらず一生を終えるか、ある日突然仙人になるか・・・ザッツ・クエスチョン?
もっと簡単なことを言えば、自分に向いたことでの米津玄師にならなれるのだそうだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

両極端は囚人の道

世の中、両極端な話が多いし、ますます多くなってきた。
例えば、同性愛の話となると、絶対肯定か絶対否定でないと認められないという感じじゃないか?
私個人は同性愛者の気が知れないが、かといって、好きなものは好きで仕方がないのだから、「まあ、いいんじゃないか」という立場になるが、肯定か否定かの二者択一しかないような雰囲気だ。
学歴なんてのも、高学歴は絶対偉いという立場か、学歴なんか一切不要の立場かのどちからに行きたがる。
エジソンが学歴絶対不要論者だったのは、小学校を中退した時の悪い思い出の影響があり、その点、私も似た理由で学歴不要の立場だったが、考えてみれば、「大学にも良いところだってあるのだから、行きたければ行けばいいんじゃない」と考えれば良いことが分かる。
「時代が変わる」ことに関しても、「昔は絶対良かった」派と、「新しいほど高級。過去は化石」派に分かれてしまう。
しかし、鏡音リン・レン10周年記念ソング『劣等上等』で、「パッパッパ 変わる時代 悪いことばかりじゃないでしょう」歌った通りである(さすが、れをるさんの作詞)。

そして、「目標設定」だ。
「目標は詳細・具体的に。車が欲しければ、車種・色を明確に、お金が欲しいなら金額をはっきりさせよ」と言う者がいれば、「人生に目的は不要です。全てはなりゆきじゃ」という両極端があり、どっちもファンが多い。
あるいは、「一切の欲望を捨てよ」というのと、「欲望を燃やせ」と、反対のことをいう大物どうしもいる。
これも、車が欲しいなら、せいぜい「格好良いスポーツカー」程度にした方が、それが得られると信じやすいし、信じたら、後はなりゆきにまかせるしかない。
『灼眼のシャナ』で、強大な力を持つベルペオールという敵が口癖のように「ままならぬ、ままならぬ」と言っていたが、あれほどの大物でも、世の中、ままならぬのだ。
だが、彼女は「ままならぬ」を楽しんでいたはずで、それだからこそ、思った通りでなくても、まあ楽しい結果になるのだ。
あの子が好きだが、こっちの子も可愛い。まあ、いずれどっちかが俺の横で寝てるだろうと思っていると、全く違う、もっと可愛い子がそうなってるもんだ。

願いがそのまま叶うことは、まずない。しかし、だいたいの雰囲気では叶うものだし、そうであることを肯定すれば、大抵は望み以上のものが得られる。
自分の想いに固執すれば、全く何も得られないか、僅かしか得られない。
「この世に偶然はない。全ては必然」と言ったところで、何が必然かは、後で分かるだけで、人間にとっては全て偶然だ。
どんな大物だって、偶然そうなっただけなのだ。

だが、「いい加減」を薦めているのではなく、「良い加減」を薦めているのである。
「まあ」は良いが「まあまあ」は駄目なのである。
だが、時には、「いい加減」で良いし、「まあまあ」も必要だろう。
「努力至上主義」と「努力不要主義」も両極端だが、全くどうでも良いことである。
凄く努力するようコントロールされているロボットが「私、努力至上主義」と言ったら可笑しいのと同じである。
だが、その可笑しいことを言うのが人間である。
せっかく芸術的な超高級ロボットなのに台なしである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アイデンティティを持つ第一歩

『涼宮ハルヒの憂鬱』の第1期アニメのオープニングの中の、顔が隠れた長門有希の絵の元になったストーリーだったと思うが、長門有希が書いた小説に、こんな感じのことが書かれていたと思う。
幽霊に名はないが、名前をつけてやると幽霊でなくなる。
長門有希は、幽霊のように何もない存在だったが、有希という名を得たことで、何かになったのである。

この場合は、「幽霊」を虚無といった意味で言っているのだろうが、要は、名をつけることで、虚無ではなくなり、存在するようになるということだ。
分かり易く言えば、名前がなければ、居ないのも同じだが、名前をつけることで、何者かとして、ここに居ることになるのである。

『物語』シリーズの中の『終物語』で、忍野メメが、「俺の可愛い姪っ子に何しやがる」と言い、扇が自分の姪っ子であると宣言したことで、怪異(妖怪)であった忍野扇は怪異でなくなった。
扇がメメの姪っ子であるというのは扇の嘘だったが、メメがそう言うことによって、扇はメメの姪っ子としての存在を得てしまった。
だから、妖怪として消される必要がなくなり、その後も存続し続けるのである。

名前はあっても、クラスの中で無視され続ければ、その子は居ないも同じである。
その子自身、自分のアイデンティティがない・・・つまり、自己を確立出来ないのである。
存在出来ないことほど苦しいことはない。
だから、最大のイジメは無視だと言われる。

『チャイニーズ・ゴーストストーリー』で、イン導師が「わしは幽霊か?人間か?」と悩んだ。
あれほど修行を積んだ者でも、アイデンティティの喪失は辛いのだ。
人は皆、自分の存在証明を求めている。
今の人にはアイデンティティがないので、自分の存在証明がなかなか得られないが、それは苦しいので、自分を認めてくれる人を渇望している。

だがね、忍野メメが、扇のことを「俺の姪っ子」って言ったように、あなたは、自分で自分のことを何かだと言わないといけない。
「わしはおらんのじゃ」と悟ったフリ、聖者のフリをしたって駄目だ。
聖者は、まず、自分の強いアイデンティティを確立してから、それを壊したのだから。

では、あなたは何だろう。
クリシュナはアルジュナに言った。
「人類で最も優れた男よ」
「敵を殲滅する者よ」
と。何度も何度も。
それで、アルジュナは自分のアイデンティティを強くしたのだ。
エマーソンは自分を「世界の所有者」と言った。
大雑把で良い。
イエスのように「王(彼の場合はユダヤの王)」というのはいかがか?
でっかくいこうではないか。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

目標は「だいたい」で

ドワンゴ創業者の川上量生さんがよく「わりと」「だいたい」といった表現を使っていたと思う。
きっとあれが、彼の成功の秘密である。
まあ、彼も、近年は立場上、目標を明確にする必要があって、うまくいかなくなっているみたいだが。

誰の話だったかはもう省略するが(何度も書いたし、そもそも、誰の話かには意味はない)、戦争中、乗っていた日本海軍の船が5回も撃沈されながら生き延びた人がいた。
他の者は、海に投げ出され、板につかまって浮いていても、絶望や海中の鮫の恐怖で一晩持たないのに。
その1人の男は、ひたすら、陸に戻って大好きな酒を飲むことを考えたから、潜在意識の力で陸に帰還出来たのだ。
しかし、彼は、酒の銘柄や年代、あるいは、酒場の様子等を考えた訳ではなく、「だいたい、あの焼酎を、薄暗い酒場でぐびぐびと・・・」みたいに考えたのだろうよ。
細かく目標を設定すると、潜在意識がそれを叶えるのが難しいというのではなく、自分のその意識が潜在意識の邪魔をしちゃうのだ。
成功法則のセミナーをやる人には、目標設定の厳密さにこだわる人がよくいるし、そんな中にも実力者はいるが、こと自分に関しては、大雑把に目標を達成しているのだ。つまり、嘘つきだ。だから、世界的な成功プログラムの開発者が、大概、離婚したり、家族に疎まれたりしていて、その実態は普通の人よりずっと惨めなのだ。

目標は「だいたい」で持つものだ。
このところ紹介している矢追純一さんの『矢追純一は宇宙人だった!?』にも、そんなことが説明されている。
そして、彼は徹底して、「だいたい」で生きていたから、結果、全てうまくいったのだ。
清純可憐なあの人こそ僕の運命の人だなんて思っている純情・・・というかガキは大抵駄目なものだ。
その清純なはずの子が、実はロクでもない男とべったりでとか、過去に男が10人くらいいた・・・なんて、ちっとも珍しい話じゃあない。
あるいは、いい子だと思っていたら、滅茶苦茶性格悪いとか(笑)。
「かなり」可愛くて、「だいたい」性格も良いなら、何でもいいと思っていたら、案外、あれよあれよとうまくいくものだ。
そこは、ロマンスの神様を信用すべきだ。
だが、「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」だ。
多少は節制して、みっともない体形にならないようにし、少しは自分を磨き、ちっとはいい服着て、相手のことも考えた方が良い。
「オン、アロリキャ、ソワカ」と唱えていると、観音様がちゃんとしてくれる。では、少しは観音様に愛想をつかされないようにすることだ。
ちなみに、観音様は忍耐強い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ