ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

芸術・哲学・神秘思想

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

夜明け前が一番暗い

再び、最もシンプルな幸福への鍵に戻る。
「神様の奇跡が起こる」である。
面倒なら、この言葉だけ覚えておけば良い。
ホームレスの男性が、この言葉を唱え続けることで、「宝くじで1憶円が当たる」「ローマ法王に謁見する」「再度、宝くじで1憶円が当たる」という、これが奇跡でなくて何かということが連続して起こった。
このことは、著名な教育学者の七田眞氏が、著書『奇跡の超「右脳」開運法』の中で、「正真正銘の実話」と述べている。

あえて、このホームレスの男性の良かったことを言えば、彼が「自分を重要人物と見なしていない」ことだ。
駄目な人間というのは、自分が駄目であることを自覚しているかというと、そんなことはほとんどなく、異様にプライドが高く、馬鹿にされると、はらわたが煮えくり返るほどの怒りを感じ、馬鹿にした相手を恨み、それを根に持つことが多いのである。
そんなプライドをくすぐられれば、容易く騙される。
プライドには良い面もあるのだろうが、「安っぽいプライド」は厄介なだけのものである。
そのホームレスの男性は、そんなプライドなど持っていなかったので、素直だし、神様も信じていた。
だから、愚直に、「神様の奇跡が起こる」を1日中唱えていたのである。
だが、安っぽいプライド・・・その根源である肥大した自我を持っている者でも、もし、根気よく、この言葉を数多く繰り返すことが出来れば、自我が弱まり、やがて奇跡を起こすことが出来るだろう。

幸福のポイントは、自我を屈服させることなのである。
そして、「神様の奇跡が起こる」という言葉は、その意味でも優れた言葉なのだ。
何せ、奇跡を起こすのは自分ではなく、自分は何もしない。自分に奇跡が起こせる訳ではないからだ。
この言葉を繰り返せば繰り返すほど、それが無意識に自覚され、自我が退き、同時に、神の力を崇めることになる。

神という言葉に抵抗があるとすれば残念だと思う。
ただ、それでも、この世で頼るべき力は、自分の貧弱な頭脳と身体、自分の所有物、そして、家族や友人が全てであると思っている訳ではないと思う。
運とか因果とか縁といった、人間の知性では計り知れない何かはあると、少なくとも感じていると思う。
もし、そいうではないガチガチの物質主義者であれば、救うのは非常に難しいが、そんな人が、このブログを読んでいることはないと思う。
しかし、神という言葉に抵抗がある場合は、こんなふうに唱えれば良い。
「予期出来ないことは起きる。不可能に見えたことが今実現しようとしている」
「予想しないことが起こり、道は開ける」
(「予期」「予想」は入れ替えても良い)
神という言葉は使わないながら、自分の力を超えた神秘の存在は認めていることになる。
ならば、これらの言葉を繰り返せば、神秘は味方になってくれる。
あるいは、単に、「神様の奇跡が起こる」の「神様」を省略させていただき「奇跡が起こる」と唱えても良い。
「神様」を略すなど不遜と思うかもしれないが、表向き「神様、神様」と言うより、無意識で実質に認めている方が良い。
「奇跡が起こる」と繰り返し唱えることで、実質で、奇跡を起こす神の力を認めることになるのである。
細かなことだが、「奇跡は起きる」という言い方がピッタリする場合もある。
Mitchie M氏による初音ミクさんの名曲『Freely Tomorrow』でも「奇跡は起きる」と歌われているが、ミクさんの自我のない歌声は魂に入り易く、良い効果があるかもしれない。
これも、逆に、ミクさんなどボーカロイドに抵抗のある人はやめておいた方が良いが。

言葉は、顔をしかめて必死で唱えるのではなく、「静かに、ゆっくり、丁寧に」繰り返すことが効果的である。
これを、自我が退くまで根気強く行えるかどうかが鍵になる。
プライドが高い者は、なかなかこれが出来ず、結果、「どうしてもうまくいかない駄目な人」になってしまう。
そして、成功の扉の前には、無数の死体が転がっているとも言われる。
成功直前は苦しい状況になる場合がよくある。
いわゆる、「夜明け前が一番暗い」のである。
後一歩で成功するところで諦めてしまい、屍と化す者が多い。
このことも憶えておくと良いだろう。








真の秘訣

有り難い、力のある呪文、真言、祝詞などは確かにあるが、それを知っている者だけが得をして、知らない者には恵が与えられないというようなことなどない。
理不尽なのは荒んだ人の世のことであり、神仏の世界に、そんなことがあるはずがない。
知っておくべき言葉としては、「神様」とか「仏様」で十分で、もし、「弁天様」「大黒様」「恵比須様」「阿弥陀様」「観音様」「お不動様」など、住んでいる村やら、家系に伝わる神仏の名があれば、その名を唱えれば良い。
そういったものを知らなくてさえ、昔から日本人は太陽を「お天道様」と言って神聖視し、お天道様に見られて恥ずかしくない行動を心がけたのである。
むしろ、キリスト教やイスラム教のような形式がなかったことで、日本人は、自然の中に神秘を感じ、理想的な信仰心が培われたのである。
だから、明治以前に日本を訪れた外国人が、信仰を持たないはずの日本人の美徳に驚かされることがあった。
例えば、外国では花を買うのは金持ちと決まっていたが、日本では庶民が花を買うのが普通だった。
また、岡本太郎によれば、西洋では、家が大きく、別に金持ちでなくても、個室があって部屋には鍵がかかったので、暑い季節には女性は自然に部屋で裸で過ごしたが、それを普通見ることは出来ないということから、女性の裸体画が流行し、現代に到っている。
しかし、日本では、昔は銭湯は混浴が普通だったし、人目がある家の外で女性が裸で水浴するのも当たり前だったことが、西洋人を驚愕させた。
これも、こそこそ隠れなくても、お天道様の下では健康的だという(銭湯も明るい時間のみ営業されていた)、ある種の信仰心と思える。

だが、西洋思想の影響が強い明治政府になってから、日本人は煩いに襲われることが多くなった。
そんな中で、意識的な信仰・・・呪文、真言、祈りといったもので、本当に庶民に力を与えたのは念仏だった。
「南無阿弥陀仏」の念仏を唱える者の中に、外国では滅多に見られないような聖人が、農民、職人、商人といった庶民の中に「ゴロゴロ」出て来たのだ。
そんな、主に念仏を唱える庶民の聖人を「妙好人(みょうこうじん)」と呼ぶ。
妙好人の研究をした学者はかなりいるが、皆、難しいことばかり言ったり書いたりするだけで、あまり本質は掴んでいないかもしれない。
因幡の権左(いなばのごんざ)という妙好人はよく知られていて、彼もまた全くただの農民であったが、おそらく偉大な聖者だった。
権左が町に出て、それなりの額の金を得て村に帰る時、あきらかに金目当ての男がついてきたが、それに気付いていも権左は少しも恐れず、その男に近付き「金が欲しいならやるよ」と親し気に話しかけ、強盗する気だった男は何も出来なかった。
権左の畑から芋が掘り返されて盗まれると、権左は畑に鍬を置いておくようになった。素手で芋を掘って怪我をしてはいけないという配慮からだった。
家から金が盗まれ、盗んだ者が誰か分かり切っていても気にせず、相手が改心して返しに来ても、平然としたままで、別に返す必要はないと言う。
アインシュタインもそんなところがあって、乞われれば誰にでも金を与え、妻に怒られても、「誰も伊達や酔狂で物乞いなどしない」と平気だった。
ただ、アインシュタインは宗教上の偏見があることを自分で認めており、心に影があった。

著名な投資家でもあった作家マックス・ギュンターは、彼が最強と考える投資家に秘訣を聞いたら、そのスーパー投資家はこう言ったそうだ。
「欲張らないことだよ」
これが、あらゆることに通じる肝心なことで、秘訣というよりは、親に教わるべき基本中の基本である。
だが、我々は余計なことばかり教えられ、一番大切なことは誰も教えてくれないのだ。
欲張らず、大自然の中に感じる神を崇めれば、まあ、恐れることは何もない。








全年齢対応の駄目でなくなる方法

人生の落伍者と言っても、例えば、昨夕の記事で書いたような、50代後半の人間と、20代前半の人間では深刻さが違うと思うかもしれない。
しかし、駄目な当人にとっては同じことなのだと思う。
そして、実のところ、対処法も同じなのだ。
どちらも、自分で勝手に助かれば良いのである。

昨夕の記事の50代後半の駄目男の失敗原因は、「私は出来ない」と思っていたことだった。
ある時、この駄目男は、「AMERICAN」という文字の前半の「AMER」がたまたま隠れて見えなかったので、後半の「ICAN」だけが見え、それが「I CAN(私は出来る)」に見えた。
その時、この駄目男は、「私は出来る」と思えば良いのだと気付き、それだけで駄目でなくなった。
彼はその後、成功したのだ。

では、次は、20代前半の駄目男を取り上げる。
自分に自信がなく、引っ込み思案で、他人と・・・特に女性とまともに会話も出来ない駄目男だった。
何も出来ないから自信がないのか、自信がないから何も出来ないのかはともかく、この駄目男は、何も出来ないし、自信もなかった。
子供でも出来るようなことがしばしば出来なかった。
ある時、この若い駄目男は、「僕は何て駄目なんだ」とつぶやいた。
すると、近くにいて、それを聞いた友人が、
「君はちっとも駄目じゃない。自分は駄目だと思っているだけだ」
と言った。
その言葉は、この駄目男には啓示(神の教え)のように感じた。
「自分は駄目だと思っているだけ」
駄目男は、この言葉についてずっと考え続けた。
そして、すぐに彼は駄目でなくなり、誰からも一目置かれる立派な青年になった。
この青年は何を悟ったのだろうか?
自分が駄目なのは、自分は駄目だと思っているという、それだけの理由からだ。
つまり、人間は、自分が思っている通りのものだ。
では、自分は駄目ではない・・・私は力がある、私は出来ると思えば良いだけである。

つまり、50代後半の駄目男も、20代前半の駄目男も、「私は出来る」と思えば良いだけだ。
それには、「私は出来る」とアファーメーション(肯定的断言)をするか、「私は出来る」という態度をすれば良い。

あるいは、この2人の駄目男の中間あたりの年齢である、40歳の駄目男に、トランプ大統領がこの上なく尊敬するノーマン・ヴィンセント・ピールが与えた言葉を思い出すと良い。
それは、新約聖書の「ピリピ人への手紙(フィリピの信徒への手紙)第4章13節の、
「私を強くして下さるかたによって、私はどんなことでも出来る」
である。
40歳の駄目男は、この言葉を何度も何度も繰り返し唱えることで駄目ではなくなった。

我々は、我々の頭に植え付けられた「私は出来ない」「私は駄目だ」という暗示により、制限付けられている。
駄目でないように見える人間だって、実は同じだ。
つまり、例えば、駄目な人間はマイナス100の制限がかかっているのに対し、駄目でないと見なされる人間だってマイナス90くらいの制限がかかっているのだ。
その程度の差なのだ。
上記の、50代後半、20代前半、40歳(別に何歳でも同じだが)の駄目男達は、マイナス100から、マイナス50あたりまで上がり、平均的なマイナス90の人間を大きく超えただけかもしれない。
しかし、人間が本来持つ力はプラス100かもしれない。
いつか人類は、その力を持つことになるかもしれない。
いや、我々は、その力をすぐに持とうではないか。








一瞬で覚醒した50代後半の駄目男

『私はできる』というタイトルの本がある。
原題は『I Can the Key to Life's Golden Secrets』で、日本語では、「私はできる~人生の黄金の秘密を開ける鍵~」といった感じだろうか?
自己啓発分野で世界的に有名な心理学者ベン・スイートランドが書いた大ベストセラーで、1960年頃の本だが、今でもロングセラーを続けている。
ところで、私は、この本の「まえがき」を読んで、これだけで良いのではと思ってしまった。
「まえがき」は、Amazonサイトで「試し読み」で全文読めるし、KIndle版のサンプルの中にも全部入っている。

教育家で「岡田式静坐法」で知られた岡田虎二郎は、小学4年生の時、学校でルソーの『エミール』を読んだことで人生の志を立てたと言う。
ところが、虎二郎が読んだのは、『エミール』の前書き(序)だけだったのだ。
こちらは、Amazonサイトでは岩波書店版の『エミール』の「試し読み」では、「解説」の部分が書かれていて、残念ながら「序」は読めない。
だが、ちゃんと買って「序」を読んでみたら、確かに素晴らしい。
調べたら、エミールは、元々は、「序」の部分だけ書く気だったらしい。

ベン・スイートランドは『私はできる』の「まえがき」だけを書く気だった訳ではないだろうが、私は「まえがき」だけで満足してしまった。
それはだいたい、こんな感じの内容である。
ベン・スイートランドの自己開発セミナーに毎週やって来る、50代後半の駄目男がいた。
会社をクビになり、無職で、奥さんに養われていた。
この駄目男は、セミナーの成果は全く出なかった。
ところがある日、セミナー教室の窓から見えるネオンサインの広告を見て、この駄目男は覚醒した。
そのネオンサインの広告の中に、AMERICAN(アメリカ人。アメリカの)という文字があったのだが、前半の「AMER」が建物で隠れていて、この駄目男には見えなかった。
つまり、この駄目男に見えていたのは「ICAN」で、スペースを1つ入れれば「I CAN(私はできる)」だ。
「I CAN(私はできる)」という文字を見て、この駄目男は駄目でなくなったのである。
自分はこれまで「私はできない」と考えていたが、「私はできる」と考えれば良いのである。
それが求めてやまなかった答だったのだ。
我々も同じである。
ある一定レベル以上のことは、「私にはできない」と考えるよう洗脳されていたのだ。
それを、「私はできる」に変えればいいだけだ。

それにはどうすれば良いか?
『ヒマラヤ聖者の生活探求』5巻に答がある。
著者のスポールディングは、4歳の時、大学予備校に連れて行かれ、教師に文字を見せられ「どう思う?」と聞かれた。
スポールディングが「分からない」と答えたら、教師は、「自分にはちゃんと分かっているという態度でいなさい」と言った。
おかげで、スポールディングは何でも分かるようになり、14歳で名門大学を卒業し、科学者にもなれた。

「態度は事実より重要」である。
「私はできる」という態度を取れば良い。
あるいは、口ぐせが人を作るのだから、「私はできる」を口ぐせにすれば良い。
両方やればさらに良いだろう。








一言で言えば「捨てろ」

昨夜、午後11時過ぎから、『人生を変える魔法の物語(原題:The Magic Story)』を一通り読んだ。
30分程度で読んだと思う。久し振りで読んだが、意味が分かってきたこともあり、面白かった。

人間が、力と幸運を得るには、昔風に言えば、良い背後霊についてもらうことだ。
政木和三さんの言い方では、優れた第二、第三の生命体(自分自身は第一生命体)についてもらうこと。
そして、『人生を変える魔法の物語』に書かれている表現では、「プラスの自分」についてもらうことだ。「プラスの自分」は原書では「プラスの生命体」で、政木和三さんの教えと同じなのだと思う。
『ローム太霊講話集』で、太霊ロームは、「釈迦やイエスは、背後霊との提携について教えるべきだった」と言っていたらしいが、イエスは、悪い背後霊(あるいは、第二第三の生命体)である悪霊を、それに憑りつかれた人から度々追い出している。
そして、確かに、直接は言わなかったかもしれないが、釈迦やイエスの教えを守れば、結果、優れた背後霊(第二第三の生命体)がついてくれるのだと思う。

良い第二第三の生命体についてもらうには、自分自身である第一生命体がしっかりしないといけないが、「しっかりする」とは、正直であるとか誠実である、公平であるといった、基本的なことはもちろん必要であるが、何と言っても、前抜き、積極的、プラス思考であることが大切である。
そのためには、積極的、前向きな人間の代表格であるトランプ大統領がこよなく尊敬するノーマン・ヴィンセント・ピールの著作『積極的考え方の力』を読むと良い。
尚、余計なことかもしれないが、私は、この本の現時点(2021年4月)での一番新しい翻訳本があまり好きでない。桑名一央(相沢勉)訳が良いと思う。ただし、あくまで主観である。

ピールの基本的な方法は、聖書の言葉を唱えることだ。
代表的なものは、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」
「もし神が我々の味方なら、誰が我々に敵しえようか?」
である。
こう唱えることが祈りであると言える。
そして、こう祈ることで、神の力を持つ第二第三の生命体が来るのではないだろうか。
神が直接助けるのではなく、その代理として、輝く宇宙エネルギーであるところの、優れた第二第三の生命体が、こまごまと世話をしてれるのではないだろうか。

一方、業が深かったりで救いようがない劣悪な人間でも救ってくれるものが念仏だと言われる。
これは、自分を消す手段なのだ。
自分である第一生命体が立派になれば良いのだが、優れた第一生命体は、上で述べた通り、前向き、積極的な魂である。
だが、第一生命体を最も輝かせるのは、自我が消えた・・・いわゆる無になることである。
念仏を唱え続けると、自我が消え無になる。
ただ、それには、よほどの時間、唱えないといけないのだと思う。
一方、「論理的に無になり易い言葉」というものがある。
何の意味もない言葉を唱えれば、思考が生まれないので、無になるという原理である。
そんな言葉として、「ナ・ダーム」という言葉がある。
何の意味もない上、唱え易い言葉であり、「ナ・ダーム」と唱えることで、どんどん思念が消えていき、無に近付く。
TM(超越瞑想)も同じ原理を採用していると思われ、ごく短い、何の意味もない言葉(TMでは「マントラ」と呼ぶ)を唱えることで、想念を消すのである。
TMの場合は、1人1人に別の言葉を教えるが、おそらく、言葉の種類は、それほど多くはないのだと思う。
誰かがマントラは単に年齢で決まると暴露していたと思うが、いずれにしろ、効果的な方法ではあると思う。

ところで、自我を消す最強の方法は、政木和三さんが教えてくれたように「欲望をぽーんと手放す」ことである。
自分の最も強い欲望を手放すのが一番効果がある。
酒が何より好きで浴びるほど飲みたい人であれば、自分の意思で断固として禁酒すれば、無になる大きなチャンスになる。
アイドルオタクであれば、アイドルファンを一切やめるのである。
ただし、欲望ではなく純粋に好きなもの・・・例えば、芸術や武道といったものをやめてはならない。
あくまで、「自我の欲望」、つまり、「自分しか気持ち良くしないもの」を捨てるのである。
美食家であれば、豪華な料理に目を向けなければ良いのだし、ロリコンであれば可愛い女の子のことを考えなければ良いのである。
厳しいことのように感じるかもしれないが、欲望を肥大化させてしまった者には必要かもしれない。
つまり、いくら前向き、積極的であろうとしても、「欲しい欲しい」という欲望が、自我を肥大させ、第一生命体を駄目にしてしまうのである。
「欲望をぽーんと手放す」、一言で言うなら「捨てろ」である。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ



タグクラウド
QRコード
QRコード