ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

芸術・哲学・神秘思想

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

荘子は2400年前に人間は操り人形だと見破った

凡人が成功するためには、カート・ヴォネガット・ジュニアの『母なる夜』で、彼が長い人生で悟ったという、「人間は表向き、装っている者になる」を使うか、あるいは、ユリ・ゲラーのように、「宇宙人に操られていると思う」かだと思う。

『サンダーバード』の制作者で有名なジェリー・アンダーソンは、「外部から操られる人間」というものに興味があったのだと思う。
彼の作品の『キャプテン・スカーレット』では、火星人ミステロンは人間をロボット化して操るが、アンダーソンは人間の俳優を使ったテレビドラマ『謎の円盤UFO』でも、宇宙人が人間を遠くから操るストーリーを作っている。
これらは、悪い例ではあるのだが、実に興味深く感じるのである。
アメリカの事業家イーロン・マスクは、脳にチップを埋め込んで、脳の力を拡張する臨床実験を2020年に開始する許可を政府機関に申請したそうだが、レイ・カーツワイルやベン・ゲーツェルらAI研究の権威は、人間が脳内にチップを埋め込むのは常識になると言う。
そうなれば、人間は、スマートフォンなどを持たずに誰かと通信し、勉強したいと思えば、容易く遊びたいという誘惑に打ち勝ち、勉強に集中出来るようになる。
それを考えれば、もしいればだが、進歩した宇宙人が、人間を自由に操ることも出来るだろう。
そして、人間は自分の思考で、宇宙人の指示に逆らうことが出来る、あるいは、宇宙人側で、わざと人間の反発も可能にしているのかもしれないが、ひょっとしたら、素直に宇宙人に操られた方が、うまくいくのかもしれない。その好例がユリ・ゲラーなのかもしれないのだ。
2400年前の中国の荘子も、影が実体に従うように、自分が実体と思っている我々も、何かに動かされているのだと言っていた。
実は、私は、『荘子』を読んだことがなかった高校生の時にも、自分は、天から糸で操られている人形に違いないと思っていたものだ。

銀行の頭取を務め、パソコンにも詳しかったインドの聖者ラメッシ・バルセカールは、我々は脳を神にプログラムされたロボットだと断言していた。
そして、それは悪いことではない。
アインシュタインの言を借りれば、「神に悪意はない」のである。ただ、我々には神は賢過ぎて、時に老獪(悪賢いこと)に見えるだけなのである。
ユリ・ゲラーを操る宇宙人も、我々から見れば、神のごときものかもしれない。そして、ロボットになりきった彼は幸福なのだ。

一方、何かを装う・・・フリをすることは、やや難しいかもしれない。
必要があってフリをすれば、真似た存在にどんどん似てくるが、どんな場合も、必ずしもうまくいく訳ではないように思う。
ただし、本当になりたいものがあるなら、そのように振舞うのも良いのだろう。
しかし、考えてみれば、振舞う、演じるというのも、神か宇宙人の操作であるのかもしれない。
私は、賢く善良な存在に操られることにしよう。

初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2019」のインテックス大阪公演は、チケットを発券したら、幸い、10列台前半の良席であった。
幕張メッセの方は郵送にしていて、まだ来ないので分からない。
皆さん、マジカルミライに備えてダイエットしよう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ロボットが最強

成功者に、「あなたの成功の秘訣は?」と聞き、彼がいろいろ言うなら、それは、嘘か、彼の思い違いかはともかく、あなたの役には立たない。
正直で賢い成功者は、皆、言うはずなのだ。
「運が良かったのさ」
あるいは、「たまたまさ」と言うかもしれないが、「ツイてた」ことが、成功の唯一の要因だ。

では、自分の成功は幸運と認めている成功者に、「どうすればツクのか?」と尋ねて、「それはこうじゃ」と言うなら、それは、嘘か、彼の思い違いかはともかく、あなたの役には立たない。
だが、一人、良いことを言う成功者がいたと思う。
それは、
「欲張らないことさ」
である。

ポーカーをやっていて、そこそこ良いカードが揃ったら、それ以上カードを取らない者がトータルで勝つ。
そのようなプレイヤーをグラインダーと言うらしい。
欲張る者は、結局、全てを失う。

イエス・キリストが、こんな話をしている。
ある農場主が、収穫で忙しい時期に、朝、1万円の日給でアルバイターを集めた。
昼になって、まだ足りなかったので、また1万円でアルバイターを集めた。
そして、夕刻にも、1万円でアルバイターを何人か雇った。
支払いの際、朝から来ていたアルバイターの中には、夕刻から来たアルバイターが自分と同じ1万円を受け取るのを見て憤慨する者がいた。
だが、朝から来ていても、1万円で満足する者が最後は勝つ。
この話を聴いて、夕刻から来て短時間で1万円と欲張る者は、仕事が得られなくなってしまうのである。

だが、成功者のぽろっとした言葉が、案外に値千金であることもある。
昨日も取り上げた、とても怪しいと言われることもあるが、まごうことなき大成功者であるユリ・ゲラーは、「自分は宇宙人に操られているロボットだ」と怪しいことを言ったらしい。
しかし、なんと素晴らしい。
本当にそうなのか、あるいは、彼がそう思っているだけなのかは、まあ、どうでも良い。
彼が、冗談を言ったのだとしても、何の意味もない訳ではない。
インドの聖者、ラメッシ・バルセカールによれば、人間は全てそうなのである。ただ、バルセカールの場合、操っているのは宇宙人ではなく神であるのだが。
インド神話『ラーマーヤナ』で、ラーマは打ち倒した宿敵ヴァナラに教えを乞う。
ヴァナラは、「私心あるならやるな。私心がないならやれ」と教えた。
ロボットに私心はない。
よって、ヴァナラの教えを実践するのである。
Google社員は、インターネットの神の意思の通り、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんは音楽の意思の通りに開発し、プレイする。
初音ミクさんも、音楽の意思を純粋に実現するので、どこまでも行けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ユリ・ゲラーとジョージ・アダムスキー評

怪しいが、有名・・・と言うより、名声(名誉ある評判)すら持つ。
しかし、逆に言えば、名声すらあるが、圧倒的に怪しい。
そんな人物の代表として、ユリ・ゲラーとジョージ・アダムスキーを挙げても良いと思う。

ユリ・ゲラーは、イスラエル人の、一般には「自称・超能力者」と言われる。
驚異的な超能力パフォーマンスは、少なくとも一部はトリックで、彼は元々、奇術師であったらしい。
しかし、彼を特異たらしめているのは、その圧倒的な資産、特に、不動産だ。
ホテルが営めるほどの数の部屋がある、造りも豪華で、広大で美しい庭を備えた豪邸をいくつ所有しているか見当もつかない。
日本も含め、世界には、新興宗教家など、一般的な手段によらずに大きな財産を持つ者はそれなりにいるが、ユリ・ゲラーの場合は、裏側で搾取されたり、不幸になった人間の話がないところは評価して良いと思う。あれほどの有名人であれば、そういった部分があれば、様々な意図を持ったジャーナリストが必ず暴き、真実でない場合も多いが、世間に知られる可能性が高い。
また、金持ちの有名人は、評判の高い人物でも、女性問題や離婚訴訟で世間の注目を集めるが、ユリ・ゲラーに関して、そんな話は、私は見たことも聞いたこともない。
体裁や言うことは立派だが、離婚したり、女性に訴えられる有名人とはエラい違いと思う。
無論、ユリ・ゲラーにだって、悪い評判も少ない訳ではないが、それで誰かに重い被害を与えているのでなければ、私などの他人の知ったことではないと思う。
若い時から成功したユリ・ゲラーは、72歳の今も健康で富豪で、そして、自由である。
これ以上の幸福があろうか?

ジョージ・アダムスキーも、一般には「自称・宇宙人とのコンタクティー(接触者)」である。
コンタクティーとしての活動は60歳以降のもので、それまでの人生は、波乱万丈と言うよりは苦労の多いドタバタ人生であったように思う。
彼の言うことが全て作り話としても、60歳を過ぎて、世界中に名声を得るまでの想像力を発揮出来たのなら、それはそれで凄いことである。
彼は、決して金持ちであった訳ではなかったらしいし、彼の著書によれば、講演旅行などは、海外を含め、ポケットマネーでまかなっていたという。
だから、「金が出来たらイギリスに講演に行くつもりだ」みたいなことを言うこともあったようだ。
彼は、宇宙人と接触した証拠を提出していない訳ではないが、明確な証拠・・・たとえば、地球上にない超高性能な機械みたいなものを見せることはなかった。しかし、それに関しては、「そのようなことをするのは正しくない」として、その理由も述べているが、ちょっとまともに考えれば、それ(超高度文明の具体的な証拠を見せないこと)は当然のことである(それが解らなければ、単純に頭が悪いか、幼稚なのだろう)。
私は、アダムスキーの好きな言葉がある。
それは、
「一度に着るスーツは一着あれば良い。しかし、それが得られないなら、私は愚か者だということだ」
である。
「一度に着るスーツは一着で良い」というのは、要は、「今日はどれを着ようか?」などと迷うほどはスーツを持っている必要はなく、最低限あれば十分ということだろう。
しかし、「今日の会合に着て行くための、ちゃんとしたスーツがない」なら、馬鹿だということだ。
また、彼のこんな言葉も好きだ。
「地球でうまくやれない者は、他の惑星に行っても同じだ」

ユリ・ゲラーにしろ、ジョージ・アダムスキーにしろ、有名人も多いようだが、交友関係が広く、良好であるのは確かと思う。
そんなことは、ほとんど誰にも真似が出来ないのだから、怪しいかどうかは別にして、いろんな意味で、彼らは極めて優れた人達であるのだと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

形から入る

「形から入る」という言葉があるが、人間をよく洞察した言葉だと思う。
社長の跡取りを立派な社長にするにはどうすれば良いかというと、よほど甘やかした訳でもないなら、少々頼りなくても、早い時期に部長、常務・専務にし、そして、必要なら、しっかりとした補佐役(常務や専務等)を置きつつ、社長にするのである。
あるいは、素質はあるが、未熟で成長が遅い社員も、部長にしてしまえば、案外に部長らしくなる。

形から入り、そのように振舞うことで、それになっていくものである。
ただ、上の方法でうまくいかないのは、実力が伴わない社長の息子を常務にした時、周囲が、その新常務を軽んじ、尊敬しない場合である。
特に、年配で経験を積んだ役員や部長が、「こんな若造」といった態度で接することもよくあるが、それは結局、自分で自分の首を絞める。
周囲の年配者は、ちやほやしてはならないが(ちやほやする者ほど、心の中では相手を馬鹿にしているものだ)、うやうやしい態度で接しなければならない。
それと同時に、社長の息子も、社長らしくすべきだし、親である社長も、息子に、子供の時から、自分が上に立つ人間であるという自覚を持たせないといけない。
とはいえ、いきなり社長にさせられ、社長室にひきこもったような息子でも、役員達が粘り強く社長扱いし、やがては立派な、父親以上の社長になったなんて例は少なくないのである。
ただ、まずいのは、親の社長が優秀過ぎて、自分の子供があまりに頼りなく思え、いつまでも子ども扱いすることだ。
心配しなくても、あんたもそれほど大したものではない。

社長の話は、あくまで一例のつもりが長くなった。
社長という重責でさえ、よほど悪い状況でなければうまくいくのであるという話であった。
そして、人間は、なりたいもののように振舞えば、そのようになるのである。
社長どころか、神のように振舞えば神にだってなれる。
ただし、神とはどのようなものであるかを知るのが難しいだけである。
同じように、あなたがなりたいものが、本当はどんなものか、出来るだけ正確に知る必要がある。
あるビジネスマンは、尊敬する事業家のように振舞うために、その事業家と同じ服を着、部屋(社長室)も、その事業家のものをそっくり真似、また、立ち居振る舞いや話し方も真似した。
やがて、そのビジネスマンと、その偉大な事業家の両方を知る者が、2人を「真にそっくり」と言い、そのビジネスマンも立派な事業家になったのである。
これは、実話である。

カート・ヴォネガットの小説にあったが、スパイとしてナチスに潜りこみ、広報担当として、あくまで上辺で、ナチス称賛の演説をしていたところ、その演説が、ナチス党員やナチスに味方する国民を大いに鼓舞し、彼がスパイとして本国にもたらす成果をはるかに超えてしまった。
そして彼は、人間とは、仮に上辺でも、真面目に振舞った通りの人間になることを悟る。
ヴォネガットは、人間をよく知る作家であり、これはリアリティのある話だ。
テレビドラマの『赤ひげ』でも、江戸時代の名医、通称「赤ひげ先生」として知られる医者のように振舞った、ただの町人の偽医者が、本当に病気を次々治して、自分で驚くという話があったが、これも、現実的な洞察によるストーリーである。

モテモテになりたければ、出来るだけ自分に似たタイプのモテモテ男(女)をよく観察し、同じように振舞えば良い。
テレビドラマのモテモテ男、モテモテ女でも、よほど現実離れしていない限り、真似のし甲斐はあるものである。
もっとも、モテモテになっても、あまり楽しいことはない。
金持ちになりたければ、金持ちのように振舞えば良いだけであるが、孫正義さんや三木谷浩史さんの真似なんて、なかなかうまく出来るものではない。
別にやっても悪くは無いが、欲張らず、あるいは、背伸びをせず、嫌いでなければ、アンタの会社の社長のように振舞ってみた方が良い。
『徒然草』にある通り、狂人の真似をすれば、即ち、狂人であるが、マザー・テレサの真似をすれば、即ち、マザー・テレサである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この世界はやはりコンピューターゲームか

「全ての病気は心因性と決め付けている」と、同じことを言った2人がいて、一人は、ドイツ人医師ゲオルク・グロデック(1866-1934)で、もう一人はNLP(神経言語プログラミング)の共同開発者であるリチャード・バンドラー(1950-)だ。
「魔法を使って治している」とまで言われた偉大な精神科医ミルトン・エリクソン(1901-1980)も、そうだったのではないかと思う(私が思うだけかもしれない)。
グロデックなどは、転んで怪我をすることも心因性なのだと言う。
彼らは、もちろん、それなりの根拠は持っているのだろうが、完全に証明することは出来ないはずだ。
それは、「確証はないが確信はある」といったものと思う。

この私となると、確信とまではいかないが、妄信よりはマシなレヴェルで、やはりそう思う。
全ての病気、怪我、さらには、貧困やトラブルなども全て心因性である。

話がガラっと変わってしまうようだが、この世界が、SFの『ソードアート・オンライン』のような、コンピューターで作られた仮想世界である、つまり、「シミュレーション仮説」という考え方があるが、イギリスの哲学者ニック・ボストロムは、「そうである可能性の方が高い」と言っているらしいが、アメリカの事業家イーロン・マスクは、「そうである」と決め付けているようだ。
イーロン・マスクは、電気自動車(最近はAI運転自動車で注目されている)のテスラ社や、民間宇宙船開発会社スペースXで知られているが、2017年に、脳に埋め込む通信インターフェースの開発を行うニューラリンク社も設立している。
(ついさっき、イーロン・マスクは、脳内インターフェースの臨床開始は来年の2020年と発表したようだ)
後、10年か20年のうちには、世界をまるごとデジタルコピーしたミラーワールドが出来、我々はそこに精神をアップロードするようになるらしいが、そこでの体験はリアルで、もう全く、シミュレーテッド・リアリティである。
実は、それが既に実現していて、我々はまさにその中にいるとするのが、シミュレーション仮説であるが、そうであるなら、最初に述べた、「全ての病気は心因性である」の信憑性も高まるように思う。
病気はシステムが作り出すもので、それは、我々個人の精神の影響を受けて起こるのであるから、当然のことである。

それなり・・・とまではいかないが、ある程度の理論的根拠を持って、この世界がコンピューターシミュレーションであると決め付ける・・・つまり、確証はないが確信を持つことも良いのではないかと思う。
高度なVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、それに、今は少々お高くつくがMR(複合現実)を体験すれば、確信も高まるかもしれない。
そして、そうであれば、世界の動かし方も早くマスター出来るだろう。
『ソードアート・オンライン』のように、空中に出した操作パネルを指で操作するのも、本人の好みや視聴者への共感のためには良いだろうし、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のように、思っただけで。自分だけに見える情報パネルが現れるのでも良いが、それを心の目で見、心の手で操作しても良い。
そして、全てはゲームと同じで、今後の展開はあなたの選択次第なのである。
いや、この仮想世界の選択は、むしろ、振る舞いである。
英語のpretend(ふりをする)が流れを作り出す。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジなどは「時を超えているふり、空間を超えているふりをしろ」言い、それは体験であると言った(結果、神になる)。
この仮想世界での役割は、そうやって(ふりをして)決めるのである。
ある西洋人男性が言っていた。
「俺は禿げていることを神様に感謝している。禿げを全く気にしないことで男らしさを見せることが出来るんだ。おかげで俺はモテモテだ」
良いやり方である。何かにこじつけて、モテモテであるように振舞えば、そうなるのだ。それはそれで面倒なことになる面もあるのだが(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ