ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

芸術・哲学・神秘思想

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

本当に重要なことは「妥協レベル」である

「バランスが大切」
と言ったら納得するが、
「妥協が大切」
と言ったら、嫌な感じがするかもしれない。
どうも一般に、
「妥協はしない」
という言葉に妙に格好良いイメージがあるのかもしれないが、本当に妥協しなかったら、この世で1秒もやっていけない。
そして、この世界では、決して悪い意味ではなく、
「妥協のうまい者が勝つ」
のである。

有名なマリー・アントワネット王妃のウエストは48cmだったという話がある。
「妥協なき」ウエストだ。
しかし、本当にそんなウエストをしていたら、不健康と言うより不気味である。
これが「妥協しない」悲惨な姿である。

コック(料理人)が、
「味に妥協はしない」
と言ったら、格好よく聞こえるが、本当に妥協しなかったら、料理なんて一品も出来ない。
コストや時間、その他さまざまなことを考慮し、妥協した結果出来た料理の総合的な質が、コックの腕前なのである。

現在、世界で最も売れている自動車メーカーはトヨタである。
トヨタの車は、昔から、「80点主義」と言われ、これを悪い意味に取る人も少なくなかった。
トヨタは、車のあらゆる部分で絶妙な妥協をしたのだ。これを、耳障りの良い言い方では「バランスが良い」になるが、「妥協」と言った方が正確だ。
ライバルのニッサンは、エンジンにこだわり、トヨタと同じクラスの車なら、より高性能なエンジンを搭載していた。
しかし、ニッサンのエンジンの性能に、まっとうなアドバンテージがあるかというと、単に趣味の問題としか言えず、それを求めるユーザーは実際は多くない。
それを理解する賢いトヨタが常に勝ったのだ。
マイクロソフトが、パソコンOSで常に勝ち続けるのも、完全なOSとははほど遠い、「大胆な妥協」の精神で作ったからだ。
性能そのものなら、アップルの方が良いかもしれないが、その分、アップルは悪いものを背負い込み、それがマイクロソフトとの大差となった。
Googleのモバイルデバイス用OS、Androidは、マイクロソフトから、そんな良い面を学んでいると思う。

ビジネス交渉で、両者が全く妥協しなければ、絶対に契約は成立しない。
ビジネスでは、「折り合いをつける」「落としどころを見つける」「譲歩する」などという言い方をするが、早い話が、「妥協」をソフィスティケート(洗練された)言い方に変えただけである。

イエスは、「女性を邪な目で見れば姦淫したも同じ」と言ったが、好みの女性を全く「穢れなき」目で見ることは、実際には不可能だ。
ある程度は妥協しなければならないが、女性の人間的価値を優先しないことが問題なのである。
初音ミクさんの熱烈なファンは、ミクさんを神聖視することも多いが、ある程度はセクシーと思って良いのである。
私も、ミクさんのライブで、ミクさんの腰のキレを称賛しつつ見惚れている(製作側も絶対狙っている)。
とはいえ、限度はある(笑)。

人間の価値や成功は、全て「妥協レベル」で決まる。
新渡戸稲造が、毎朝、水ごりをすると固く決意したらしい。
それで、極寒の日も断固、これを実施した。
ここまでは、悪くない。
しかし、風邪をひいて高熱がある日も、やはり、「妥協なく」行った。
これは馬鹿である(笑)。
医者に怒られ、本人も、馬鹿だったと気付いたのだと思う。
意思の弱い者は、寒いとか、疲れているとか、「今日くらいは」などと言って、レベルの低い妥協をするから、優れた人間にならないし、成功しない(成功は運だから、優れた人間の全てが成功するわけではないが)。

Googleのモットー"Don't be evil"は、とても良い。
あくまで、evil(邪悪)を禁じたのであり、bad(悪)を全て否定したのではない。
ある程度の悪は肯定しないと、生きていけない。
これを、「ある程度の悪いことをするのは妥協する」と言えば、聞こえは悪いが、言い訳をしない精神でいえば、この通りの言い方になる。
とはいえ、邪悪は駄目なのである。
これを「絶妙なバランス感覚」と言うのだが、やはり、「妥協レベル」と言った方が正直で、分かり易いと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
今後、全ての人にAIの理解が必要ですし、AIを導入しない企業は負けます。
これは大袈裟ではありません。
ケヴィン・ケリーが「かつて電気を導入しない企業は滅びた。今度はAI」と言ったようにです。
でも、どこから手をつけたら良いか分からない。また、概要書や教養書では、AIを本当には理解出来ない。
そこで、数学もプログラミングも難しいAI理論も不要で、楽しい実習を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的とした本を書きました。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

願いを叶えるための準備

中国出身のアメリカ人の女性事業家で作家のチン・ニンチュウの著書である、『誰でも小さなことで大切な願いがかなえられる』という本を、私は、国際的なコンサルタントの方に教えてもらったのだが、そのコンサルタントが特に取り上げた箇所は、次のところだ。

まだ無名の俳優だったバート・レイノルズが、大スター、クリント・イーストウッドに、
「成功するまで何をしていましたか?」
と尋ねると、イーストウッドは、
「成功するための準備をしていた」
と応え、レイノルズはそれで光明を得て、スターダムにのし上がっていった。
ところが、そのコンサルタントもだが、その本を見ても、レイノルズが何を悟ったかの本質は明快に書かれていない。

だが、イーストウッドが言ったことの神髄は、おそらくこうだ。
「小さなことは人間がやり、大きなことは神がやる」
人間に出来ることは、たかが知れている。
しかし、その簡単なことをきちんとやれば、後は、神がやってくれる。
これを、スーフィー(イスラム教神秘主義)では、こういう格言にしているのだと思う。
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
人間が出来ることは、ラクダをつないでおく程度だが、それはしっかりやらないといけないのである。

アメリカの有名なイラストレーターで、著名な自己啓発指導者でもあった、フローレンス・スコーヴェル・シンは、お金はないが、海外旅行をしたいという人に、旅行カバンを買うことを薦めた。すると、その人は不意に大金を得て、実際に旅行に行った。
イーストウッドの話に喩えると、成功(海外旅行)のための準備がバッグを買うことで、人間に出来ることは、その程度のことだが、それをすると、後は、神が取り計らってくれるのである。
もちろん、バッグを買って、旅行気分を盛り上げ、いい気分になるべきである。

空海は密教を学ぶために遣唐使に参加したが、当時の空海には、それはさほど難しいことではなかったと思う。
つまり、自分で出来ることをしたのだ。すると、後は神が(空海の場合は仏がと言うべきかもしれないが)取り計らい、唐では、幸運に恵まれて密教の大家に巡り合い、首尾よく密教をマスター出来たのであると思う。

武内直子さんの漫画、『美少女戦士セーラームーン』で、タキシード仮面こと地場衛は、「俺たちは俺たちに出来ることをしよう」と言い、この言葉は、アニメでも「俺たちに出来ることをやるんだ」という形で使われた。
『ウルトラマンティガ』でも、ウルトラマンティガことダイゴは、「僕は人間だから、出来ることをする」と言ったのが印象的だった。

幸運、あるいは、神の助力を得て勝つ人間は皆、同じことを言うのである。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学やプログラミングが出来なくても大丈夫です。
難しいAI理論も不要で、専門知識は必要なことだけ簡略に書いています。
それで、Excelが使えるくらいのスキルがあれば、興味深いテーマを使った楽しい実習を通して、自分で実用AIを作れるようにしました。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

どうすれば特別な人間になれるか

イチローさんが昔、子供向けの講演で、「早く好きなことを見つけて下さい」と言われていたらしいが、なぜ、早く好きなことを見つけたら良いのかを説明していたかどうかは、私は知らない。
「そりゃ、子供の時からやっていたら有利だからじゃないのか?」
と思うかもしれないし、それは間違いではないが、それでは誤解が起こる。
なぜ、子供の時からやっていると良いのか?
それに対しては、多くの人が、「若い方が学習能力が高いから」と思うだろう。
確かに、それもあるかもしれないが、それが本質ではない。

正しい答は、「沢山時間をかけられるから」だ。
イチローさんは、誰よりも野球に時間をかけたから成功したのだ。
そして、時間をかけるためには、イチローさんが言うように「好きなこと」でないと無理なのだ。
子供の時から、毎日、無理矢理、長時間、ピアノのレッスンをやらせたって、ピアノを好きにならと、音楽家にはなれない。

イチローだけでなく、成功した人は皆、長時間をかけたから成功したのである。
この点、決して例外はない。
だが、逆に言えば、時間をかけさえすれば、誰でも成功する。これもまた真実である。
アメリカのプロ野球選手だった、テッド・ウィリアムズは、子供の時からバッティングが大好きで、子供の時から、起きている時間の全てをバッティングにつぎ込んでいた。
バッティングをするために目覚め、いつでもどこでもバットを振り、夜は親がベッドに押し込まない限りバッティングをしていた。
もちろん、それは大袈裟だろうが、そんな雰囲気であったらしい。

プログラミングをマスター出来るかどうかは、かけた時間だけで決まる。
また、プログラミングの実力は、プログラミングをした時間に正確に比例する。
ただ、やはり、好きでなければ、長い時間やれない。
学校でプログラミングを教えるらしいが、やめた方が良い。
学校は、「授業でやることを嫌いになる場所」だからだ。
言うまでもなく、大切なことは、プログラミングを好きになることだ。

米津玄師さんって人は、才能もあるだろうが、やはり、誰よりも音楽に時間をかけたはずである。
たとえ彼だって、他の面白そうなことに誘惑され、そんなものに時間を取られていたら成功しなかっただろう。

アニメの『ソードアート・オンライン』の第2期の『ソードアート・オンラインII』で、主人公のキリト(男子高校生)が、新しいゲームに挑むのだが、新参者ながら、普通の者とは全く違う特別さがあり、作中の人物や見ている私も惚れ惚れさせてくれる。
彼の特別な雰囲気が、あり得ないことだが、実力者のシノン(女子高生)の心を乱してしまう。
では、キリトの特別さの正体は何かというと、やはり、学校にも行かずにオンラインゲームに注ぎ込んだことで作られたものだ。
つまり、あなたにとってイチローはイマイチでも(笑)、キリトのようになりたければ、何かを好きになって、それに時間を注ぎ込むことだ。
そうすれば、シノンのような可愛い子もクラクラさせられるのである(笑)。
いままで、時間を注ぎ込む何かをやってこなかったとしたら、それこそ、早く何かを始めなければならない。
マイクロソフト日本法人の社長だった成毛眞さんは、著書の中で、定年までの10年ほどで、そんなことをすれば、その後自由に生きられるようなことを書かれていたが、言い換えれば、それをしなければ、不自由な定年後が待っている訳である。
たとえ怪しげなことだって、好きで長い時間をかければ、特別な力を持てる可能性が高い。
少なくとも、何にものめり込まなかった人とは比べものにならないはずである。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学やAI理論は分からず、プログラミングも出来ないが、Excelなら使えるという人に、実用AIを作れるようになっていただくための本です。
もちろん、理系の人にも楽しんでいただける内容になっています。
楽しい実習形式ですが、退屈なテーマを避け、なるべく面白いテーマを採用したつもりです。
ほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロードできます。

まずは目標を決める

アメリカの作家マイク・ハーナッキーは、素晴らしい成功法則の書『成功の扉』を書き、ベストセラーになった。
ところが、読者から、「願望が実現しない」と抗議の電話があったそうだ。
そこで、ハーナッキーが話を聞き、ハーナッキーは、「願いの実現のために必要な、たった1本の電話もかけていない」ことを指摘したようだ。
そんな簡単なこともしない怠惰さに苦言を呈した訳である。
笑えないだろうか?
その読者は、自分の願いを叶えるためには簡単な電話もしないのに、ベストセラー作家に抗議するという難しい電話はかけたのだから。

問題の核心は、この読者が叶えたいと思っていた目標が間違っていたことだ。
つまり、心から叶えたい夢ではなかったということである。
こんな話がある。
アメリカの著名な引き寄せの講師がセミナーの中で、受講者の女性に願いを聞いたら、彼女は「100万ドル」と言う。
ところが、そのセミナー講師が、ある簡単な方法で、この女性に心の安らぎを与えたら、その女性は100万ドルなど、どうでもよくなった。
つまり、彼女は、本当は、100万ドルより、心の安らぎを求めていたのだ。

ちなみに書いておくと、マイク・ハーナッキーの方法も、このセミナー講師の方法も、共に1行で書ける。
ハーナッキーの方は、
「願いを叶えるために必要なことは全て自主的にやると決意する」
で、セミナー講師の方は、
「胸の前で両手を重ね、その手をゆっくり回す(普通は時計方向だが、反対でも良い)」
だ。

ほとんどの人は、自分の本当の望みを知らない。
だから、引き寄せの法則があると知ると、お金や恋人を求める。
しかし、魂というものは、そんなものは求めないものだ。
ところが、
「いや、俺は金に窮している。金が本当に必要だ」
「もう30歳もとおに過ぎたのよ。早く結婚したいわ」
と言う人もいると思う。
これらは切実な願いで嘘ではない。
だが、この2人の場合、それぞれ、「貧乏」と「旦那が出来ない状況」を引き寄せているのであり、本心の願い自体は叶えているのである。
つまり、彼らは、本心では、「お金を嫌っている」「男の性質を嫌っている」のである。
多分、親や学校の教育のせいだろう。

だけど、それらの、「心の問題」を解決するのは至難の技で、正直なところ、一生かかったってうまくいかない。
しかし、解決策は簡単だ。
「お金の心配はしない」「結婚の心配はしない」
と決意すれば良いのである。
早い話、「忘れなさい」である。
そして、「私の真の目標が見つかりますように」と願えば良い。

昔、ある中国人が、大金を持って日本に来て事業を始めたが、大失敗して多額の借金を背負った。
さらに交通事故で脚を折り、まだ35歳なのに髪も薄くなる中で、クリスチャンになっていた彼は神に祈る。
「神様、これまでの失敗は私の責任です。でも、これからの人生は、あなたに責任を取って欲しい。まず、一生をかけられる仕事を下さい」
翌日、百科事典セールスの会社からスカウトが来たそうだ。
それから彼は成功一直線となり、世界一のセールスマンになった。
もちろん、日本人の多くはクリスチャンではないので、いろいろ工夫して欲しい。
例えば、これが良いと思うが、宇宙に向かって、「価値ある目標を与えよ」とかね。
正しい目標が決まれば、引き寄せるのは簡単である。













当ブログ著者、KayのAI書。
何事も体験です。自分でやってみればすぐに分かりますし、それは大抵楽しいものです。
AIも同じです。
この本は、面白いテーマにAIを使って挑むという楽しい体験を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的としています。
AI構築には、無料の優秀なディープラーニング型AI構築アプリ(Windows8.1/10用)である、ソニーのNNCを使用します。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロードすることが出来ます。

夢を叶えるための想像力を取り戻す方法

呼び名はいろいろあるが、「超常現象」、「怪奇現象」、「怪異現象」を体験したことがあるだろうか?
ただ、「ある」と言っても、脳を専門とする医学者や神経学者によれば、それらの大半は、脳が作り出した幻であるらしい。
また、幼い子供の場合、現実と空想の区別がつかないものらしく、お化けや妖精のようなものが本当に見えることがあり、自分の空想が作り出したものを見た記憶によって、「子供の時、お化けを見たことがある」と本当に信じている場合もあるのだと思う。

ただ、子供の「現実に匹敵する」ほどの想像が大人に出来ないのは、進歩ではなく、想像力の低下であることも確かだろう。
そして、ある世界屈指の自己啓発プログラムの中で教えられていることによれば、想像力を磨かないと、能力を拡大させたり、大きな夢を叶えることは出来ないという。
イエス・キリストは、「幼子のようでなければ天国に入れない」と言ったが、これも、「想像力を復活させなければ、私のようになれない」ということで、言い換えれば、「想像力を復活させれば、私のようなスーパーマンになれる」ということであるかもしれない。

そこで、もしかしたら、ルーツは同じなのかもしれないが、想像力を開発するための定番・・・というのもおかしいが、確固とした方法がある。
それは簡単で、このようにやる。
紙に(いまどきだから、スマホやパソコンでも良いのかもしれないが、紙の方が自由度が高い)、欲しいもの、叶えたいことを、出来るだけ沢山書くのである。
ただ、それらを得られる、あるいは、叶えられる可能性を全く考えないこと。
言い換えれば、自分に、無限の能力、無限の資産があるとして、欲しいもの、叶えたいことを書くのである。
これをやっただけで、現状の想像力が判る。
40代以上の人になれば、1つか2つしか書けないかもしれない。
しかも、書けたとしても、非常に「ショボい」ことかもしれない。
例えば、給料アップとか、ダイエットとか、新車とか・・・
「おお!これは素晴らしい」といった夢は、なかなか、あるいは、さっぱり出てこない。
しかし、これを訓練としてやっていれば、だんだん沢山、そして、想像力豊かな夢を思いつくようになる。
数としては、100や200は書けなければならないと思われる。

ただ、書いた願いの中で、不道徳だったり、野蛮だったり、他者を傷付けるようなものは、「良くない」と納得した上で消去した方が良いだろう。
例えば、「隣の奥さんを彼女にする」なんてやつだ(笑)。
まあ、インドの聖者、ラマナ・マハルシによれば、そうなっても気に病む必要はないと言うが、良いことであるとは言っておらず、それなりの反作用はあるはずだ。
ここは、キリスト教の黄金律に則り、相手の立場に立つ・・・即ち、自分がされたくないことはせず、自分がして欲しいことを他者にする・・・の精神があると良いだろう。

また、子供に夢を書かせたら、いわゆる、「子供の夢」・・・つまり、ファンタジー(おとぎ話)でしかない空想の夢を書くことがあるだろう。
しかし、それはそれで良いのである。
上で述べた黄金律に反しない限りは。
それに、大人から見ればフェアリーテール(おとぎ話)でしかなくても、それが実現したことはいくらでもあるし、「空想が現実に追いつかない」ことも珍しくはない。

想像力を磨くと、夢は叶い易くなる。
逆に言えば、想像力がなければ、大した夢は叶わない・・・いや、夢自体を持てない。
この社会は、我々の想像力を抹殺するようになっている。
だから、我々は自主的に想像力を取り戻さなければ、とても惨めな状況に陥るのであり、既に、陥っている。
しかし、いつからでも遅くはない。
早速、上に述べた方法で想像力を蘇らせると良いだろう。













当ブログ著者、KayのAI書。
楽しい実習を通し、自分で実用的なAIを作れるようになりましょう。
そのために、数学、プログラミング、難しいAI理論は不要です。
本書のほぼ全ての実習が行えるデータを作れる、Excelマクロで作った興味深いシミュレーションプログラムを無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード