ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

楽な運動で、自然なすらりとした身体になる

極めて効率の良い筋力アップとダイエットの方法を示す。
ただし、過度な筋肉は必要なく、身体がすらりと引き締まり、軽やかに動けることを目的とする。

身体は全体で連動しており、一箇所の筋肉だけを使うことは本来ない。
美しい身体になり、軽やかに動くポイントは、意外だが、足の親指、肛門、手の小指と薬指だ。
この中でも、手の小指と薬指を握る筋肉は、身体全体を制御する重要なものだ。
武術や健康や、あるいは、身体を通した霊的な発達について指導する、過去の偉大な人達の中にも、腹や肛門に力を込めることを薦める人は多かった。
しかし、腹だけ、あるいは、肛門だけに力を入れるのは、不自然で疲れるものである。
ところが、手の小指と薬指に力を込めつつだと、腹や肛門に力を込めやすいし、気持ちよくすらある。
実際は、身体のいかなる部分の筋肉に力を込める時も、手の小指と薬指を握りながらだと、やり易いのである。

剣でも、小指と薬指に力を入れて握るものであり、人差し指は使わない。
よって、正しく剣を構えると(小指と薬指で剣を握ると)、肛門が締まり、自然、腹がしまる。
また、良い師匠であれば、足の親指を鍛える動きを教えるものだった。
例えば、裸足で歩いたり、裸足で運動や稽古をしたり、相撲や剣道でよく行われる蹲踞(そんきょ)の姿勢をよく取らせた。
また、立っている時も、足の親指で地面を掴むように立つことを教えた。
手の小指と薬指同様、足の親指に力を込めると、やはり、肛門が引き締まるのである。

以上を基に、すらりとした身体になる簡単な運動を2つご紹介する。
いずれも6秒ほどで出来る。
1つは、立って、手の小指と薬指に力を込めて握りつつ、お腹をぐっとへっこませ、胸を張る。
過度に力を込めなくて良いが、身体がブルブル震えるほどであると最も良い。
これを6秒前後(5~7秒)行う。
手の小指と薬指を強く握ることで、腹の筋肉が強く締まり、腹だけに力を入れるよりずっと楽に効率よく、お腹が引き締まる。
もう1つは、立って、少し腰を落として行う。
胸をやや張り、お尻をやや突き出す感じだ。
そして、足の親指に力を入れ、手の小指と薬指を握りつつ、太腿に力を入れ、肛門を引き締める。
すると、自然と腹が引っ込むが、意識的に腹を引っ込めても良い。
これも、十分な力で6秒前後行う。
全身に気が行き渡る、とても気持ちの良い運動である。

この2つを、思い出す度にやれば、不思議と軽快に動けるようになる。
1日10回を毎日やれば、自然な感じですらりとした身体つきになり、若い人なら短期間で、人工的に作られたどこか歪(いびつ)な美ではなく、自然で安らかさを感じさせる美しさになるだろう。
尚、これらの運動は、気が充実するようプログラムされており、引き寄せの力も高まるはずである。
気という意味では、動きがある腕振り運動や、大東流合気柔術の四股が優れているが、こと、すらりとした美しい身体になるには、こちらの動かない運動が良いと思う。








ヒーロー、ヒロインの身体になる

筋力トレーニングの中に、動かずにトレーニングをする、「アイソメトリクス(アイソメトリック運動)」と呼ばれるものがある。
例えば、次のようなものがある。
・動かない物を全力で動かそうとする
・伸びないロープを全力で引っ張る
・合唱した手を互いに全力で押し合う
腕立て伏せや、スクワットの姿勢で静止する運動等は、発揮する力が弱いため、普通、アイソメトリクスとは言わないようだ。

だが、上に挙げたようなアイソメトリクスは、筋肉を鍛えるのに効果的ではあるが、面白みに欠けたり、あるいは、苦痛に感じる場合もあり、よほどの目的意識がないと続かない。
いかなる運動も、長く続けてこそ効果がある。

そこで、私は、筋肉を鍛えるだけでなく・・・というより、むしろ、気(ある種の宇宙エネルギー)を満たすための、静的運動を行っている。
そして、実は、これこそ、身体を総合的に強く、そして、若く、美しくする。
おそらく、進化した美しい宇宙人が実践している運動があるとすれば、こういったものだ。
例えば、あまり宇宙人的ではないが、こんなものを見たことはないだろうか?
ほとんどの場合、行うのは男性だが、やや腰を落として立ち、胸を張り、顔は引き締まっている。
その男性の胸に、角材が叩きつけられるが、その角材が折れ、男性は平気である。
筋肉が固く緊張すると共に、気が満ちているから、このように強靭なのである。
あるいは、無敵の格闘家が、あぐらをかいて座り、お腹をぐっと引き締めると、驚くほどお腹が凹み、そのままで数秒保持する。
これも、筋肉の収縮と共に、気を満たしているのだと思う。
人類最高の天才技術者であった二コラ・テスラも、お腹に力を込める運動で鍛え、60歳を過ぎても超人的な肉体を維持していた。

例えば、こんなふうにやる。
立って、全力に近い力で、両手を握り、胸を張り、お腹を引っ込める。
非常に格好良いポーズだ。
タツノコプロのキャシャーンやガッチャマンといった、体形の美しいヒーローがよく取るポーズのように思う。
自分も、格好良いヒーロー(あるいはヒロイン)になったつもりで、なるべく多くやるのである。
これだけで、みるみる身体が引き締まり、初音ミクさんのような身体になる。

下半身を鍛える私の好きな運動は次のものだ。
立って、やや腰を落とす。
そして、両手を握り、太腿に力を入れ、肛門を引き締める。
この時、自然にお腹が引っ込むが、多少、意識的にお腹を引っ込めても良い。
これも、全力に近い力でやる。

両方とも、ポイントは手を握ることなのである。
手を握る力が、他の部分の力の入り具合を決めるからである。
この2つを、なるべく多くやれば、初音ミクさんのような(ちょっとしつこいが)身体になるだろう。








新型コロナウイルスを味方にする

新型コロナウイルスは、人類の生活を変えたが、今後もずっと存在すると思って良いだろう。
新型コロナウイルスは変異するので、ワクチンはそれほど効果的ではなくなると思う。
だが、新型コロナウイルスによって変えられたことは、全体としては良いことなのだと思う。
だから、新型コロナウイルスありきの生活をすれば良い。
「他人とくっつかない」「大声で話さない」だけでも、感染を防ぐという意味だけでなく、人間として実に素晴らしいことで、これによって人類が進歩すると言っても良いと私は思う。
しかし、まだ、こんな基本的なことすら守れない人がいる・・・ではなく、ほとんど誰も行っていない。
相変わらず、無闇に人に接近するし、仲間内で大きな声で平気で話をする。
こんな連中が存在する限り、新型コロナウイルスは、人類にとって脅威になり続けるが、本来、新型コロナウイルスは、それほど恐いものではないと思うのだ。

尚、新型コロナウイルスの働きや予防について、相変わらず、医者どうしの言うことが全然違うし、有害なことを言う医者も多いと思う。
政府は役に立つことは何も言わない。
知っておくべきは、新型コロナウイルスは、「血栓が血管を詰まらせる」だけで、その対策をすれば良いのである。
血栓については、血が固まったものか、血管の壁が壊れたものかという簡単なことすら、はっきり言う医者がいないが、まあ、どうでも良いだろう。
とにかく、新型コロナウイルス対策は3つだけである。
(重篤化した場合の治療は別である)
(1)ウイルスの働きを抑える。つまり、免疫力を高める。
(2)血栓を溶かす。
(3)血管を丈夫にする。
免疫力を高め、また、血管を丈夫にするのはビタミンC、血栓を溶かすのは適度な運動と覚えておけば良い。
これを普段行っておけば、新型コロナウイルスは恐くない。
しかも、ビタミンCは極めて安価で、お金はほとんどかからない(だから政府も医療も効果を隠すような気がする)。
また、納豆が血栓を溶かすことは間違いない(納豆菌が作る酵素が血栓を溶かす)ので、生理的問題がなければ納豆を食べることをお薦めする。
私は毎日欠かさず食べている。
細かいことを言い出すとキリがないが、血栓を溶かすにはコーヒーが良いとか、ポリフェノールが免疫を高めるので、緑茶、紅茶、ココア、チョコレート(黒)、赤ワインが良いと一般的に言われる。
これは、出来る範囲で取り入れれば良いだろう。
また、乳酸菌はあらゆることで良い作用があるので、納豆、ヨーグルト、チーズが良く、これらは元々、健康に良いことが知られている。

だが、血栓を溶かすのでは運動であるが、とにかく、現代人は、自分で運動が出来ないよう教育されてしまっている。
運動と言ったら、すぐに、ジムだプールだゴルフだジョギングだウォーキングだと、手間と金がかかって、続かないことばかりやりたがる人が多いと感じる。
基本は、よく歩くことだ。
しかし、現実的に、歩く機会がない人も確かにいると思う。
とはいえ、いつも車ばかり使うのは本人の怠慢であり、それで健康を損なっても、やはり本人の責任であり、「歩く機会がない」訳ではない。

私は、朝晩のトレーニングを欠かさないが、楽しくやっており、全く無理はなく、1年365日、よほどのことがない限り、必ず行う。
そして、お金は一切かからないし、畳1枚の広さがあれば良く、道具も全く必要ない。
そんな運動は誰でもちょっと調べれば簡単に出来るのである。
三石巌氏(理学博士)の『医学常識はウソだらけ』に、三石氏自身が実践している、ごく短時間で出来るアイソメトリクス(静的筋力トレーニング)が書かれているので参考になると思うが(三石博士は95歳を過ぎても超健康だった)、別に、その通りにやる必要はない。
私は、腕振り運動と、大東流合気柔術式四股(『佐川幸義 神業の合気』参照)が中心で、楽で、肉体的、霊的に身体を育て、生命力を高め、永遠に二十歳の身体を保てるように思う。
最近は、アイソメトリクスも取り入れているが、筋トレの本で見るような、不自然で身体を壊しそうなものではない。
例えば、立って少し腰を落とし、両手を握り、太腿に力を入れ、肛門を引き締め(自然にお腹が凹む)ることを、数秒やる。
こんなふうに、外部に力を出すのではなく、筋肉を収縮させることをやっている。

医療もトレーニングも、世間で言われているものは、誰かが儲けるためのもので、やはりウソだらけなのだと思う。
私個人は、政府や厚生労働省や医療の言うことは、全く信用していないし、医者の世話になったことは全くない。昔は多少病院に行ったが、そこで良いことは何もなかった。
普段から、自分の身体には自分で責任をもってケアしなければならない。












一生、二十歳の身体でいるために

人間は、毎日、決まった時刻に決まった運動をする者と、そうでない者に分かれ、その差は大変に大きいのだと思う。
確かに、毎日、通勤通学で、少なくとも1kmの道を、背筋を伸ばして、しっかり歩くなら、それは立派な運動だ。
だが、今は、リモートワークも流行っていて、通勤をしない人も多くなってきたと思う。
また、元々、車で通勤するなどで、ほとんど歩かない人も多いに違いない。
それに、やはり、特別な運動をすることで、特別な身体になる楽しみは捨てるには惜しいと思う。

運動は、原則、1年365日、欠かさずやるものである。
そのためには、毎日やれるような、無理のない、そして、気持ち良い運動であることが必要だ。
YouTube動画で、運動の実演紹介をしている人は多いが、それらを見ると、非常に面倒であったり、とにかくキツくて、とてもではないが続きそうにない内容のものが多い。単に「俺はこんな凄いことをやってる」という自慢をしたいだけの人もいるだろうし、しかも、その本人だって、続けられているか疑わしいものも多い。
だが、良い運動を、1年365日継続すれば、もう完全に別人に変わるし、3年、5年、10年なら更に良く、超人になっているかもしれない。
私の場合、以前は、無理な運動を無理に続けて身体を壊すという、ある意味、根性は認められても、馬鹿なことをやっていたものだ。
だが、あまりに緩い運動も考え物で、「そこまで楽な運動しかしたがらないのか?」と驚かされるような人も実際いる。

どんな運動をするかは、基本的に自分で決めれば良いし、内容が変化していくのも、特に、初めの頃はよくあるが、なるべく早く、一定した内容にしなければならない。
ただし、一定の内容になった後も、創意工夫して、より良い内容に変化していくのは、もちろん、良いことである。

私の場合、長く、毎日続けているのは、腕振り運動と、大東流合気柔術式の四股で、共に、楽な運動でありながら、気持ちが良く、そして、効果の方は恐るべしと言って差し支えない。
単なる運動ではなく、霊的効果があると言って良いのかもしれず、肉体を超えた幽体、さらには、霊体にまで影響があるかもしれない。
腕振り運動のやり方は、多少の種類はあり、自分が良いと思うものでやれば良いが、私の場合は、

(1)自然に立つ。
(2)両腕を真っすぐ伸ばし、前に水平に上げる。てのひらは内側に向ける。
(3)そのまま、両腕を後ろにやや鋭く振る。後ろ45度くらいまでであるが、多少の違いはあって良い(自分が自然に感じるようにやる)。
(4)脱力し、自然に腕を前に振り、(2)の状態に戻る。

といった感じになる。
てのひらは下に向けるやり方もある。
私の場合、関英男博士(電波工学の世界的権威で高次元科学の研究者でもあった)の流儀に則って、てのひらは内側に向けている。
一度に100回を単位にしているが、最低、このくらいはやった方が良いだろう。
一度に100回くらい、普通の人なら、老人でも出来るはずだ。
関博士は、90歳を過ぎても、毎朝2000回やっていたようで、その効果もあり、その歳でも、世界中を飛び回って研究をしておられた。
また、関博士は、この運動により胃癌を治したと言い、また、他にも、この腕振り運動で、難病奇病を治した人は多いという。
私の場合、1日トータルで千回程度だ。

腕立て伏せは、私は以前は、一度に100回、200回、あるいは、それ以上やっていたが、しんどいだけで楽しくはなく、肩を壊す羽目になった。
腕立て伏せは、しっかりとした形で、ゆっくり3~10回程度やれば、非常に効果がある。
スクワットもそうで、ゆっくりと、しっかりとした形でやることが大切で、5~20回で十分に効果がある。
尚、スクワットは、私は、ハーフスクワット(脚を完全に曲げるのではなく、腿と床が水平になる程度まで曲げる)でやっている。膝に負担がかからず痛めないためだ。ただ、ゆっくりと少ない回数でやるなら、フルスクワットでも良いと思う。
とにかく、毎日、必ずやれば、数ヵ月もすれば、やらないことと比べたら、雲泥の差となる。
ただ、私は、腕立て伏せも、スクワットも、数センチの短い振幅で、振動するようにやるやり方が気持ち良いので、それを、腕立てで50回、スクワットで300回程度やっていて、それが、生命力を高めるような効果があると感じている。こんなやり方を教えてくれる人はいないが、好みに合うなら、やってみると良いと思うし、楽で気持ち良いので、続けやすい。
回数は、自分で合った回数でやれば良いが、すぐに回数が上がっていくと思う。

尚、大東流合気柔術式四股も素晴らしい運動だが、言葉での説明は難しいので、興味があれば、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されているので、参照されたい。
私は、1年近く、毎日千回以上やっている。

私程度の運動でも、続けるなら、おそらく、一生20代の身体でいられるし、引き寄せもうまく出来るようになると思う。








アイソメトリクスで鍛える

言うまでもなく、運動することは大事だが、思うように出来ない人も多いだろう。
新型コロナウイルスの害は、血管中に血栓(血の塊)が出来て、血行を阻害するだけだと解っているが、運動をすることで、元々体内に存在する、血栓を溶かす酵素を活性化させるようであるから、運動をしない人ほど重篤化する危険性が高いかもしれない。
(尚、血栓を溶かすとか、作り難くするには、納豆を食べたり、ビタミンCを摂取することが有効と思うが、私は元々、これらを積極的に行っている)

「超能力者」ユリ・ゲラー氏の、今は絶版で、古書も高価な本の中で、ゲラー氏は、健康のためにも、超能力獲得のためにも、ある程度の運動を薦めていたが、それは、椅子に座っても出来るようなものだ。
例えば、座ったまま、太腿の筋肉を収縮させるといったことだ。
そういったことは、別に誰かに教わるまでもなく、自分でいくらでも考えられるし、何かを参考にしたければ、「アイソメトリクス」とか「静的筋力トレーニング」で検索すれば、有効な情報が得られるだろう。
ジムに通ったり、外でスポーツウェアを着てやるような運動は、いろいろハードルが高いところがあるが、運動というものは、部屋の中で1人で十分以上に出来るのである。

部屋の中の運動というと、腕立て伏せやスクワットや腹筋運動を思い浮かべる人も多いと思うが、私のように、腕振り運動や大東流合気柔術式四股のような、楽で効果が高い運動を愛好する人も増えてきていると思う。
しかし、最も簡単かつ短時間で出来るものが、アイソメトリクス(静的筋力トレーニング)と思う。
物理学者の三石巌氏は、一流の医者に「緑内障で3年以内に失明する」と言われたが、治療をしてくれない(医者も諦めていたのだろう)ことに不審を持ち、自分で調べて、ビタミンCを大量に摂取したら治ってしまい、その診断を受けた時が60歳くらいだったと思うが、その30年後も、はっきり見えることを著書で述べていた。
その三石氏は、筋肉を鍛えたければ、鍛えたい部分の筋肉で6秒間、全力を出せば良いと言う。
例えば、右手と左手で全力で押し合いをすれば良い。
ただ、いきなり全力を出すと、筋肉を傷める恐れがあるので、2~3秒かけて徐々に力を入れ、全力と言わないまでも60~80パーセントの力で6秒ほどキープすれば良いと思う。
三石氏は、95歳になっても元気にスキーをしていたようだ。

プロレスの歴史の中に、ディック・ザ・ブルーザー・アフィルス(以下、「ディック・アフィルス」。1929~1991)という人気レスラーがいた。
プロレスが真剣勝負ではないことは、既に知られていると思うが、プロレスラーは恐ろしく強いし、その中でも、このディック・アフィルスは、強過ぎて恐れられていたらしい。
とにかく、筋肉が凄く、ファイトは迫力満点だった。
いくらショーと言っても、身体が強くないとプロレスラーは務まらず、歳を取ると、やっぱりやれないものらしい。
それに、弱いと、レスラー仲間からナメられるし、ファイトが面白くならないので人気が出ない。
しかし、ディック・アフィルスは70歳を越えても、全盛期の人気レスラーとガンガン喧嘩ファイトをやって、自分の長年のファンを喜ばせていた。
そのディック・アフィルスは「俺はトレーニングしない」と言っていたことがあるようだ。
だが、普段、ぐっと力を入れることで、筋力を維持していたらしい。
これも、まさに、アイソメトリクスである。

体力は17歳をピークに衰えるらしいが、握力は30歳を過ぎても強くなると言われる。
カバンを持ったり、自転車や自動車のハンドルを握ったりするためらしく、それがアイソメトリクスになっていて、それをやる時間が長い人は、筋肉を発展させ続けるのだろう。
1人力比べをしたり、あるいは、単に、筋肉に力を入れても、十分な運動になると思う。
加圧ベルトで身体を締めると、筋肉がそれに反発して働くことで、実際に身体が引き締まるということはあると思う。
私は、小学校から高校まで、ベルトをきつく締めるのが好きだったが、それでかなり良い腹筋をしていたのである。健康を害するほど締め上げてはいけないだろうが、コルセットで体形を整えている女性は、案外に健康でスタイルが良くなるという話も見たことがある。

アイソメトリクスを生活に取り入れ、健康にダイエットするのは良いことだと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード