ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

成功と心肺機能と闘争本能の面白い関係

著名な音楽家が菜食主義にしたところ、闘争意欲がなくなったことに気付き、肉食をするよう戻したという話がある。
音楽も、趣味でなく、プロとして責任を持ってやるには闘争心も必要ということと思う。
そして、生きるために何かをやるには、それなりの闘争心が必要だろう。
別に、肉食だけが闘争心を高める方法ではないが、肉を食べるということは、根本的には、獲物を狩るという本能を刺激し、闘争心を高めるのではないかと思う。
闘争心を、もっと穏かに言えば、「やる気」とでもなろうが、やる気というのはやはり、何かと戦う意欲から起こるのではないだろうか。

社長や凶悪犯罪者には、呼吸や心拍数が少ない人が多いという調査結果があるらしい。
これは、理屈で理解出来る。
心拍数が少ないと、なかなかドキドキしないので、普通の人が恐れるようなことを実行し易いのである。
経営が賭けであると言うのではないが、やはり、リクスを背負う勇気のようなものが必要な局面があるはずだ。そんな時、すぐにドキドキする人は、なかなか大胆に踏み出せないはずだ。
よく、「最初の一歩を踏み出そう!」なんて言われるが、小心者にはそれが出来ない。そして、小心者というのは、心拍数が高く、すぐにドキドキする者なのである。
凶悪犯罪者の場合は、悪い意味で、出してはいけない一歩を踏み出してしまうのだ。
人間は、特に若い間はドキドキを求めるものだが、心拍数が少ないと、なかなかドキドキ出来ないので、楽しむために過激なことをやりたがるのだが、他に適当な手段がなければ、安易に、かなりドキドキさせてくれる凶悪犯罪に走るのである。

結論としては、こう言えると思う。
人間は、心肺機能を高めると共に適度な闘争心を持たなければならない。
ただし、その闘争本能を、良い方向に導かなければならない。

経営者や政治家、あるいは、芸術家と言っても「売れる」作品を量産するには、高い闘争心が必要で、しかも、それを制御出来なければならない。
ピカソは、毎日何枚も描くほどの多作な画家だったが、「芸術家は60代が青春」と言って、実際、60歳を過ぎても、若い女の子(10代もいた)と次々付き合うくらいだから、大変な闘争心もあったに違いないが、そのエネルギーを創作活動に向けることが出来た。でないと、ひょっとしたら、凶悪犯罪者になっていたかもしれない。
岡本太郎は「芸術は爆発だ」と言ったが、爆発には、闘争心が必要で、「良い爆発」をするためには、方向性が必要だ。

心肺機能を高めるためには、走ることはもちろん有効だが、軽い負荷の運動を長時間やれば十分だ。
例えば、よく歩けば良い。
スクワットでも、余計な負荷をかけず、それも、ハーフスクワットで回数を増やした方が良い。
腿上げなど、軽い負荷の運動(最初はキツいかもしれないが)を、やはり回数多くやれば良い。
そして、そういった、軽い負荷ながら筋肉を適度に使うと、闘争本能を高めるホルモンが出るし、減量効果も高い。
プロレスのジャイアント馬場さんが、209cmの巨体でドロップキック(飛び蹴り)をきれいに見せるために10kg減量した時、腿上げやハーフスクワットをガンガンやったという話が本に書かれていて興味深い。
腕振り運動のような、1回1回は負荷の少ない運動も、それなりに鋭くやれば、適度に筋肉を鍛え、心肺機能も高める。
気功やヨガの達人の中には、腕降り運動を毎日数千回行う人もいるらしいが、納得出来るのである。

私は、昨年の6月から、大東流合気柔術式の四股踏みを始め、初めの頃は1日300回、やがて、500回、そして、昨年11月からは、1日1000回以上を欠かさないが、それほどキツい運動でないので、徐々に回数を増やすようにすれば、気持ちも良いので続け易いし、その効果は驚くべきものだった。
大東流合気柔術では、この訓練を公開していないように思うが、それは残念なことと思う。
下にご紹介する『大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気』に、やり方が写真入りで載っているので、参考にしていただければと思う。
私は、腕振り運動も、毎日千回以上行っているが、腕振り運動に関しては、『気功革命』や、その他の本を参考にして、やや独自のやり方になった。機会があれば説明する。











生涯、二十歳の身体でいる

著名な発明家だった政木和三さんは、80歳を過ぎても、身体は20代の青年と変わらなかった。
駅では階段を駆け上がり、万歩計を付けて毎日2万歩歩き、毎日ゴルフの練習をし、コースにもよく出ておられた。
講演も年間百回以上はやっておられたと思う。
政木さんが、林原生物化学研究所の広い倉庫の中に作ったゴルフの練習場で打っているのを見たことがあるが、凄くパワフルで、とても80歳過ぎには見えなかった。

まだ若いのに、身体が弱っている人もよく見るが、やはり、政木さんのようでありたいものである。
では、政木さんは、なぜそんなに元気だったかというと、先程述べたように、とにかく、よく歩くことだと思った。
そして、趣味のゴルフも、大いに健康に役立っていたはずだが、そのような、身体を動かす趣味を持つと良いだろう。
後、疲れた時には、天然塩を少し舐めたと言う。
政木さんは、食塩(塩化ナトリウム)は身体に悪いと非難し、マグネシウム等のミネラルが含まれる天然塩を薦めておられた。
政木さんが発明した「記憶力増強装置」パラメモリ(同じ機能の後の製品は、アルファシータ、バイオソニックと名付けられた)や、万能健康器具(実際は治療機器だが、法律上、治療機器認定を受けずに治療機器と言うと罰せられる)である神経波磁力線発生器は、佐々木耕司氏が代表を務める会社で、同等品が製造・販売されている。以下にご紹介しておく。信頼出来る製品と思う。

・GeniLax(ジニラックス)・・・パラメモリ、アルファシータ、バイオソニックと同等の効果があるスマートフォンアプリ。有償版と無償版があるが、広告が出るか出ないかだけで効果は同じ。Android版とiOS版がある(iOS11未対応)。製作は株式会社ジェイデータ。
GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ
・CellPower (セルパワー)・・・神経波磁力線発生器の同等品。製造・販売は株式会社セルパワー。
健康維持器具のことなら | CellPower (セルパワー)

私は、オリジナルのパラメモリ、アルファシータ、バイオソニック、および、神経波磁力線発生器を長く使ったが、自分に関する効果はあまりはっきりはしないが、友人のおじさんの末期癌を消滅させたり、医者も治らないと言った、私の父の腰の肉が腐ってなくなってしまったのが完全に治った(いずれも神経波磁力線発生器)。

電波工学の世界的権威だった、関英男博士は、毎朝、腕振り運動という、中国の易筋経という健康法にあるものを、2千回やっていたと著書に書かれている。
関博士の著書『宇宙学序章 グラビトニックス』(絶版。古書は高価)には、多くの難病が、この運動で治ったことが記されていて、関博士自身も、胃癌をこの腕振り運動で治したという。
腕振り運動に関しては、気功の本にもよく書かれているが、関博士が上記の本で紹介していた、てのひらを内側に向けて行うやり方は珍しいかもしれない。
関博士は、90歳を超えても、世界中を飛び回っていたようで、やはり、よく身体を動かしていたのだと思う。

運動は、1つの運動(例えば、スクワット)だけというのでは、偏りがあると言うよりは、飽きるのではないかと思う。
そこで、少なくとも、2~3種類の運動を組み合わせて、毎日、出来るだけ決まった時刻にやると良いと思う。
そして、きつい運動は続き難い。
だが、あまりにゆるいものもどうかと思う(やらないよりは良いが)。
腕振り運動は、1日500~1000回程度なら、年齢に関わらず誰でも出来ると思う(関博士は、病気を治したい時は2000回を勧めていた)。
私は、大東流合気武術のやり方と同じと思う四股を、毎日千回以上欠かさず踏んでいる。一度に100~200回を、1日に何度か行っており、朝と晩は必ず行っている。
この四股は、決してきつい運動ではなく、200回やっても疲れないと思う。
※具体的なやり方は『大東流合気武術 佐川幸義 神業の合気 力を超える奇跡の技法“合気"への道標』参照。
私は、他にも、いろいろな運動をしているが、どれも、無理のないもので、1年365日、欠かさず続けられる。
おかげで、身体は二十歳の時と変わらない。
1回1回はきつくない運動を、丁寧に数多くやるのが、超人化への道と思う。











人を喜ばせれば儲かる

一昨日だったか、たまたま付けたテレビで、すらりとしたきれいな若い女性が、驚くほどの大食を披露する番組を見た。
普通の人なら、とても平らげ切れないような大盛りの食事(カツカレーやラーメン等)を、連続でいくつも軽々と美味しそうに食べるのだから凄い。
私は以前は、かなり厳しい少食主義者で、今でも、美食・飽食に良いイメージは持っていないが、彼女達が幸せそうに食べる様子は、悪くはない・・・いや、良いと感じた。
そして、大食い美女の1人が言ったことが印象に残った。
「自分が食べている姿が人を幸せにすることに気付いた」
それ以来、彼女は、YouTubeやテレビ等で、大食いを見せることが楽しくなったのだと言う。
アンチ大食の私が見て、やはり、幸せを感じるのだから間違いない。

そして、偶然なのかシンクロニシティー(共時性)なのか、こんなことがあった。
久々に腕立て伏せをしたら、長くやってなかったので、身体がとても重く感じた。腕立て伏せは、腕を痛めるので、もうやらないつもりだったが、なぜかまた、やりたくなったのだ。
とりあえず、高速で30回やってみたら、また腕を痛めるかもしれないという不安もあり、恐々とした気分もあった。しかし、大丈夫そうだ。
そこで、ずっと以前に見た、EXILEの高速腕立て伏せのYouTubeの動画(合法なアップロードではないかもしれないが)を見た。
これは正しい腕立て伏せではないと批判されたらしいが、これはこれで1つのやり方であり、少しも悪くない。それに、見ていて楽しい。
そして、さらに、高速腕立て伏せの動画を探して見ていたら、「高速腕立て伏せ超人」の異名を持つ、賀出泰崇氏の高速腕立て伏せパフォーマンスを見つけた。
◆筋肉タレント-高速腕立て伏せ-マネーの虎
30秒102回の世界記録、1時間3396回の日本記録を持つようだ。
動画のパフォーマンスの後、「腕立て伏せで注意していること」を問われると、賀出氏は、
「腕立て伏せをいかに見(魅)せられるか」「どれだけお客様の目を引(惹)き付けられるか」
と答えておられた。
これは、初めに挙げた大食い美女と通じる。
賀出氏は、誕生日が私と同じ10月31日だ。

かつて、松下幸之助氏は、「どうすれば儲かるか?」について、「人を喜ばせれば嫌でも儲かる」と述べておられた。
そして、大食い美女と、高速腕立て伏せ超人は、人を喜ばせる値打ちに気付いたのだ。
私は、人を喜ばせれば儲かるという松下幸之助氏の言葉は真理であると思う。
逆に言えば、いかに能力があり、凄いことが出来ても、人を喜ばせることが出来なければ全く成功しないに違いない。

腕の不安もなさそうなので、私も昨日から、高速腕立て伏せを開始し、今、上腕がひどい筋肉痛である。
少し前に、腕立て伏せ批判をしたが、高速タイプなら問題ない(笑)。
私は、小学4年生の時、大学のレスリング部の主将だった従兄が、高速腕立て伏せをするのを見て、まさに人生観が変わった。これをいくらか出来るようになって、自信がつき、自由に振舞えるようになった。
そして、10年前に、(単なる怠慢で)長く止めていた腕立て伏せを再開し、2年かけて240回まで出来るようになったが、右肩を痛めて中断し、その後、腕の痺れを感じるようになって、全くやらなくなった。
しかし、これからは、もう少し、余裕を持ってやろうと思う。
とりあえず、1分100回で十分と思う。
私が考える最高のトレーニングはやはり四股であるが、適度な高速腕立て伏せも悪くはないと思うようになった。
そして、腕立て伏せで目指す気はないが、何か、自分が得意なことで、人様を喜ばせようと思う。初音ミクさんだって、沢山の人々を喜ばせるから、世界的なスーパースターなのである。







日本人のDNAに適した運動

遺伝子は、全体的には速くても数千年単位で変化するので、生物としての根本的進化は遅いが、脳神経細胞は、生まれてから環境との適応の中で働き方のパターンが変化する。
ただし、一世代で変化する遺伝子情報もあるし、新しい研究によれば、環境と適応して即座に遺伝子情報が変化することもあるらしい。
しかし、根本的には、生物の進化は遅い。
一方、人間の知恵の進化は速く、知恵が生み出す成果であるテクノロジーの進化はもっと速いばかりか、様々な要因で、指数関数的に進化する。
よって、人間はテクノロジーの進化についていくのが難しい。
テクノロジーの恩恵を受けていても、原始時代と変わらない部分がある。それを無視することから悲惨が起こるのである。

1956年の映画『禁断の惑星』は、今でも通用するSFX技術が駆使されているが、ストーリーも哲学的で面白い。
太陽系から遠く離れた惑星で、地球人類とは比較にならないほど科学技術を進歩させた宇宙人がいたが、絶滅してしまった。
彼らは、イメージを具現化する装置を発明したが、それほど進化した彼らの潜在意識の中にも、原始時代の意識が残っていて、それ(原始時代の意識)を装置が具現化させて恐ろしい怪物を生み出し、その怪物が、惑星の住民を皆殺しにしてしまったのだった。

つまり、どれほど進化しても、肉体がある限り、人類は動物であり、この動物である部分を無視してはならないし、大切にすべきところは大切にしなければならない。
文明なんて、30万年の人類の歴史の中では、ごく最近のことで、人類の歴史が1年としたら近代文明は10秒程度のものらしい。
長い歴史の中で、人類は、昼行性であり、夜明けと共に起き、日が沈むと眠った。
もちろん、ずっと、夜起きて朝寝る生活を続けると、脳神経細胞や一部の遺伝子は、それに適応するが、最も良いのは早寝早起きだ。
それ(早寝早起き)が出来なくても、規則正しい生活が最低条件になる。

運動でいえば、農耕民族は走るのに向いていないが、狩猟民族は走るための遺伝子を作っている。
縄文土器の空間的特性を見れば、当時の日本人は狩猟民族であったと岡本太郎は言ったが、保江邦夫氏が言うように、当時の日本人が、今日で言えば超能力的なイメージ具現化能力を持っていたから、あのようなものを作ったのだとしたら、別に、狩猟をしていた訳ではない。
スポーツで見ても、日本人は、陸上競技やサッカーのような走るスポーツには根本的には向いてないし、狩猟民族のように、大きく強力で格闘向きな身体ではない。
だが、特に、高い位置にある木の実を掴み取ったり、逆に、低い位置にある草を引き抜いたり、道具で何かを叩く動きには遺伝子的に対応している。
また、長時間、しゃがんだ姿勢をする身体の構造もあるのだと思う。
そして、農耕民族は、四季の移り変わりに適応した、ゆっくりとした動きが性に合う。
能や歌舞伎、あるいは、狂言の動作には、日本的農耕の特性が現れている。
日本固有の格闘技である相撲は、今はやや、本来の動きから離れていると思うが、四股の大地を踏みしめる動作、引っ張ったり、押したりする動作は、格闘技以前に、生活の動作の中心であったもので、すこぶる日本人に合っている。
和太鼓も、日本人の生活の動作から来ているもので、太鼓を叩くことは非常に健康に良く、熱心にやれば、日本人のDNAが点火する。
初音ミクさんのライブでの、ペンライトの動きで最も多いのは、やはり、太鼓を叩く動作で(ただし両手同時に叩く)、いやおうなく盛り上がる。

よって、私が、運動は、最後は四股(ただし、相撲式ではなく、大東流合気武術のコンパクトな動作)にたどり着いたのは自然なことだった。
他にも、叩く、押す、引くの動作を取り入れた運動が、日本人に向いている。
例えば、壁や柱を押す、あるいは、エア押し(柱をイメージして空中を押す)などの運動が良いと思う。







電磁波攻撃の妄想

健康のために無制限にお金を注ぎ込めるお金持ちの有名人が、なぜか難病奇病にとりつかれて大変なことになる話がよくある。
そこまで成功する中で、良からぬ因縁でも背負い込むのかとか思うことがある。
比較的最近の印象的な例では、スティーブ・ジョブズがpNETという膵臓癌の中でも珍しい癌に罹って命を落とし、Google創業者の一人で、Googleの親会社であるAlphabetのCEO、ラリー・ペイジが声帯麻痺ですっかり元気がなくなった。

ところで、癌は特にそうだが、デジタルテクノロジーの力で、遠隔で、治すのではなく、発病させることが出来ると言ったら、空想的と思われるだろうから、とりあえず、フィクションとする。
物理学者の保江邦夫さんは、自分が臨死に至った大腸癌は、遠隔電磁波で発病させられたようなことを本に書かれているが、世界の重要人物には、そんな人もいるのだと思う。
GAFMA(米国の巨大IT企業5社の頭文字)で言えば、先程も述べた通り、ジョブズとペイジが重病になったが、ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、そして、ジェフ・ベゾスは健康そうだ。
アメリカ政府もだが、中国、ロシアも、一般大衆が知らない超高度テクノロジーを所有している。
そこで、むしろ、危ないのは、テスラやスペースXのCEO、イーロン・マスクだが、今のところ健康そうである。
ジョブズは、アップルがアメリカに税金を納めないようにしていたし、ペイジもGoogle株を分割し、少し前には持ち株会社Alphabetを作った。それで税金もかなり節約していると思われる。
一方、ビル・ゲイツはブッシュ・ジュニアと仲良くしていたし、そのおかげで、現在も、マイクロソフトは、他のGAFMAと違い、時価総額世界一に返り咲いた現在でも、反トラスト法(独占禁止法)では全くマークされていない(トランプもブッシュと同じ共和党員である)。
また、ジェフ・ベゾス、マーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスクらは、案外に保身対策に万全を尽くしている。
生命体に悪影響を与えるテクノロジーは、攻撃的というよりは、特殊な方法で、ターゲットの人間の意識を、量子的に歪ませるのだと言われる。それにより、癌などが発生する・・・らしい。
そして、そのテクノロジーは、少数のVIPだけでなく、大勢の大衆に作用させることも可能である。
そのための特殊な電磁波は、遠く、そして、広域に作用する。
ここまで日本人の心が歪むことは考え難かったことから、どこからかは分からないが、日本は量子的な攻撃を受けている可能性がある。
・・・ちなみに再度言うが、これはあくまでフィクションである。

私も、少し前から、首から上の凝り方が奇妙だし、耳鳴りが止まない。
そこで、気休めで、Q-Link(キューリンク)という電磁波対策ペンダントの一番安いクラシックタイプを使ったら、調子が良かったので、新型のアクリルタイプも購入した。
他の多数の日本人ほど堕落しないのは、そのおかげかもしれない。
まあ、フィクションである。
ちなみに、Q-Linkのクラシックペンダントは、古いせいか、Amazonでは在庫はないようだ。
私が買ったアクリル製のペンダントは、当然ながら、色はグリーンで、このグリーンだけが蛍光色になっている。
尚、Q-Linkは、私はちょっとした気休めに使っているだけで、特にお薦めする訳ではない。
とはいえ、公式サイトなどで確認した上で使うのは反対しない。
◆キューリンク日本公式サイト







プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード