ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

仙人的ボディを得る楽な方法

今の日本では、中年以上の人の大半は肥満しているし、それほどの歳でもないのに、かなり運動機能や筋力が低下している人が多い。
その原因は、食べ過ぎと運動不足だ。
そして、なぜそうなるのかというと、世間の、「食事制限」や「運動」の基準が「ご立派過ぎる」ことだ。

食事といえば、無節操に食べるか、極端に制限(特に炭水化物制限)するかのどちからだ。
だけど、「過ぎたるはなお及ばざるがごとし」「何事もほどほどに」「我、中道を行く」「中庸」が賢者の教えではなかったのかなあ。
私は完全な健康体で、身長176cm、体重63kgは17歳の時と同じで、今の方が力強い。
しかし、食事にはほとんど気を使わない。
ただ1つ、「満腹するまで食べない」だけを守っている。
これは、エマーソンが「人類の5人」にも選んだ、エマニュエル・スェーデンボルグが天使から食事に関して言われたことである。
私は、それさえ守っていれば、どんなものでも、甘いお菓子でも平気で沢山食べる。

運動といえば、お金に余裕のある人は、スポーツジムに行く人が多いし、ジョギング、ウォーキングも人気がある。
しかし、私は、どれも面倒で時間がかかるのでやらない。
ジョギングは、それなりの格好をし、特に女性では髪型もある程度は決めるだろうが、私にはそんなの、何ともメンドい。
確かに、スクワットや腕立て伏せ、腹筋運動、その他の筋トレ、ストレッチを薦める人もいるが、どれも大変過ぎるような気がする。
スクワットなら、両腕を真っ直ぐ前に伸ばし、膝が床と平行になるまでゆっくり曲げ、いったん止めてからゆっくり伸ばす・・・
それ、楽しい?
腕立ても、偉くキツい「しっかりしたやり方」を薦めているものが多い。
私は、腕立て伏せなら、ポール・ウェイドの世界的ベストセラー『プリズナートレーニング』で、初心者向けに薦めていたものが良いと思う。
壁から40~50cmほど離れて立ち、壁に手をついて、なるべく真っ直ぐにした身体を壁の方に倒し、腕で押して身体を元の位置に戻す。
非常に楽な運動だ。
だが、こんな運動でも、テレビで紹介したら、ゲストの芸能人の誰かが言うのだ。
「これ、結構キきますね」
キかないって(笑)。
運動といったら、キく・・・つまり、キツくないといけないという変な観念がある。
しかし、この楽な腕立てを、根気良く100回、200回、あるいは、それ以上やると、素晴らしい運動になる。
以前、元有名なプロボクサーが、フックの打ち方を基本に、全身をゆっくり動かす運動を発明してテレビで紹介した際、やはり、
「結構キツいですね」
「はい、しばらくやると、汗びっしょりになります」
なんて応答があった。
汗びっしょりになる運動なんて、長続きしないって・・・

私は、腕立て伏せも、スクワットも、数センチ曲げるだけの形で、スクワット1000回、腕立て100回程度でやっている。全然、シンドくない。
以前は、まともな腕立て伏せを、毎日、一度に二百数十回やって肩を壊し、数十回にしても、腕が痺れる現象に悩まされた。
また、慢性的なふくらはぎの痛みや、アキレス腱炎で苦しんでいたが、そのような腕立て、スクワットをやるようになって全部解消し、試しに、普通に腕立て伏せをやっても以前より軽いのである(普段はやらないが)。
他にも、少し力が要る程度の動きを、数百回繰り返す運動を行っている。
腕振り運動は、その代表的なものだ。
それで、スタイルといい、運動能力といい、理想の状態にある。
駅に向かって激走しながら財布を落とした大学生風の阿呆なお兄ちゃんを20m後ろから追いかけて、楽々追いついて、何事もなかったかのように、「キミ、落としたよ」と言って渡すことも簡単だった。その180cm以上と思われるスポーツマンタイプの体形のお兄ちゃんはぜーぜー息をしていて、私は平然としてるので、今そこで財布を落としたと思っていることだろう。
普通に歩いて追越されることは全くない(まあ、ちょっと脚が長いこともあるが)。
私のやり方なら、80歳まで向上し、100歳まで維持することは可能ではないかと思う。
まあ、それは仙人になるってことかもしれないが。
以上の方法をまとめると、以下のようなシンプルなものになる。

食事に関しては、「満腹するまで食べない」。
運動に関しては、「楽な運動を数百回」。
加えて、念仏数百回を忘れなければ無敵であろう。
後は、初音ミクさんのライブ、あるいは、その映像を見て、あのお姿を崇め、憧れることだ。もしかしたら、それが一番かもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ちょっとダイエットしようじゃないか

昔、世界的な一流セールスマンで事業家であった夏目志郎さんの本で、こんな話が書かれていたのを覚えている。
あるセールスマン向けのセミナーで、講師は、デブ、つまり、肥満体の人間を徹底して攻撃していた。
見栄えが悪い、動作がノロい、椅子を壊す(?)・・・とボロカスであった。
そこでふと会場を見渡すと、1人の男性受講者が、顔を真っ赤にして震えていた。
彼は、まさに今、講師が糾弾しているデブだった。
ついに、そのデブ、もとい、体躯豊かな男性が立ち上がった。
彼は大きな声で言う。
「いい加減にして下さい!私はご覧の通り、今、あなたがこき下ろしている通りのデブです。しかし、この中に、私の10分の1でも実績のある方がいれば手を挙げていただきたい!」
彼は、その重量感という特徴ある身体と共に、保険業界では知らない者はいないスーパーセールスマンだった。
会場は凍りつき、講師の返答を待つ状態になった。
だが、講師は少しも取り乱さずに言った。
「私は、今のあなたのことを問題にするつもりはない。私が言いたいのは、痩せて更に良くなる未来のあなたのことだ」
会場から拍手が起こった。

私が、特に肥満体が嫌だと思うのは、初音ミクさんのライブコンサートで、コンサート会場の自分の席を見つけた時だ。
このコンサートでは、パイプ椅子が連結されて用意されている。ライブが始まれば、ほぼ全員立ち上がるので、こんな貧弱な椅子で十分で、単に場所の指定が主な役割である。
だが、私の椅子の上にまで張り出すご立派な身体の人が横に座っていると、今からミクさんに会えるという高揚感が消えるほどではないが、ちょっとだけがっかりする。
ライブが始まるまで(私は30分程前に入るのが普通だ)、窮屈に座っていなければならない。
そして、そんなふっくらとした人に限って、決して小さくはならず、りらっくすし、脱力して、ゆったりと肘を横に突き出してスマホをいじっているものだ。
そりゃまあ、日頃の私の行いにも、いろいろ問題はあるだろうが、神様、勘弁して・・・とも思ってしまう。
そして、ライブが始まって立ち上がった後も気を使うんだよなあ。
いえいえ、別に、私は、その「おっきな人」の今のことを言いたくはない。
その方がすっきりと痩せ、まるで空気のような存在となって皆でライブを楽しむ未来のことを言いたいのだ。

8月のインテックス大阪のライブまで4ヶ月近く、9月の幕張メッセには4ヶ月半近くある。
激ヤセする必要はないが、皆、少しずつダイエットして、会場全体でガメラ一匹分の重さを解き放とうではないか。
そうしたら、怪獣が襲ってきても、きっとガメラが現れて守ってくれるさ。いや、怪獣が襲ってこなくても、ガメラは可愛いので来て欲しいものだ。

私は、初めてマジカルミライに参戦した(このライブはボーカロイド、バンド、観客が一体なので、この言い方で良い)2016年から、チケット入手と共に、トレーニングに熱が入り、ライブの時には美味しそうに仕上がっている。
まあ、鍛え過ぎで、つい、あちこち故障してしまうことが多かったが、今年はトレーニングのやり方を変えたので、最良の状態で行けるに違いない。だから、隣のキュートな女の子は(初めてのライブの時はそうだった)、ライブ中、ガンガン私にぶつかってきなさい(初めてのライブの時は本当にそうだった)。
それと共に、私は毎年、ライブまでの誓いを立てる。昨年の場合は、新約聖書の福音書を毎日必ず読むことで、それは達成出来た。
今年は・・・まだ決めていないのだが、思いやりある人間になるために役立つ何かをしようと思う。
そうすれば、たとえ両隣が紋服を着て大銀杏 (おおいちょう) を結った御方(つまり関取さん)であっても、大喜びするだろう(いや、マジではしゃぎそうだ)。
ちなみに、私は横方向はパイプ椅子に十分納まるし、肘も横に突き出さず、長い脚はきちんと揃えて座るので、隣のリンちゃんのような女の子も安心するように。ライブ中は、どんだけぶつかってきても大丈夫だ。
初めてのライブの時、ライブ開始前、同じ黒のチノパンだった隣の可愛い脚の長い女の子と共鳴するように、2人供、脚をきちんと揃えて座っていたのが良い思い出である。
だが、年々、観客のマナーが悪くなっているように思えてならない。
ミクさんを喜ばせるように、皆が他の人達に気遣いを持ち、楽しい思い出にしようじゃないかと思うのだ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

細胞を大切に

一頃、携帯電波の電磁波が脳に悪影響を与えるということがよく言われた。
さらに、携帯電話だけでなく、あらゆる電磁波が生体に悪い影響を与えるとも。
何だか、最近はそういった話をあまり聞かないような気もするが、どうなんだろう?
まず、電磁波の生物への影響は確実にあるし、携帯電話、電子レンジ、レーダーといった、強い電磁波が良くないのも確かだ。
(電子レンジは、レーダーの近くのチョコレートが柔らかくなることに気付いたことから発明された)
だが、昔は、電磁波がどんなふうに生物に影響を与えるのかが解っていなかったか、説明されていなかったのかもしれない。
そもそもが、細胞には、音や電磁波(電波や光も電磁波)に反応する仕組みがある。
だから、特に強い電磁波からは、何らかの影響を受けているのは間違いない。
そして、携帯電話のように、脳の近くで強い電磁波を出すものが良いはずはないだろう。
それに比べればマシかもしれないが、スマートフォンやPCなど、あらゆる通信機器からは無線電波が出ているし、テレビからも電磁波が放射されている。
そこで、昔から電磁波防止グッズなどというものがあるが、あまり効果的とは思えない。
また、ポケットに入れたり、ペンダントのような形で身に付ける電磁波からの生体保護アイエムも販売されているが、本等に効果があるかどうかは分からない。

ただ、細胞というものは、悪い影響を放置することはなく、何とか正常で健康な状態になるように働く驚くべき仕組みや機能がある。
だから、電磁波防止グッズより、細胞の活性化の方が大切だ。
そして、細胞を元気にするのは、食べ物と共に、意思や思考なのであると思う。
化学物質によって、やたら美味しく作られた食品は警戒した方が良い。
ただ、『僕は友達が少ない』で、楠幸村(くすのき ゆきむら)が、「男児たるもの、添加物などに負けてはいけないのです」と言っていたのを妙に覚えているが、その通りである。
もちろん、無駄な添加物や人口調味料などは避けた方が良いが、今の世の中、そんなものを一切避けることは不可能だ。
そこで、意思や思考の力で細胞を活性化し、悪影響に打ち勝たねばならないのである。
信念を持ち、前向きに考えることは非常に良いことであるが、まず形から入るのも効果が高い。
顔を上げること、笑うこと、姿勢を正すこと、呼吸を静かにすること、「絶好調」等の前向きの言葉、呪文、念仏を唱えること。
そういったことは、細胞を活性化し、電磁波だけでなく、あらゆる環境からの悪影響に打ち勝つ要因になる。
また、規則正しい繰り返し運動・・・腕振り運動や、私が推奨する超ショートスクワット、そして、歩くことや初音ミクさんのライブでペンライトを美しく振ること等が大いに勧められる。

我々は、数十兆個の細胞の集合体だ。1つ1つの細胞は驚くべき知性を持っている。
細胞が力を発揮出来るようにすれば、我々は即座にパワーアップするし、しかも、その大きさは想像もつかない。
我々は、細胞のことをもっと考えるべきかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

空を飛べる予感

最近、すっかり私のお気に入りの運動になった「超ショートスクワット」は、自然に立った状態から少し膝を緩め、数センチ(2~3センチか)身体を沈めて戻すだけの、軽い運動である。
踵は床についており、膝と足首を曲げることになる。
体重は、足の親指の付け根にかける感じで、足の親指にやや力を入れて行う。
このような運動をご紹介すると、その「楽さ」に意識が行き過ぎる人がいると思うが、大切なことは、一回一回が軽いので、数百回、数千回と行えることである。
私は「毎日5分」とかいった類の運動は全く信用しない。
運動は、全身の細胞が共鳴し、血行が良くなることが大切だが、それには、数十分かかるのである。
弱い運動を多数繰り返すことで、血行が促進され、筋肉が柔らかくなり、特に、この超ショーツスクワットは全身運動であるから、身体全体が調整され、悪い部分は治ってしまう。

また、特に脚力を強化したいなら、これを片脚でやるという方法もある。
ただし、片脚を不安定に浮かせてフラフラしながらやる必要はない。
片脚超ショートスクワットのやり方はこうだ。
左脚でやる場合、右足を少し前に出し、その右足の踵を浮かせつま先だったような(実際は、足の指の付け根の「中足」と呼ばれる部分で支えている)形で支え、倒れないようにする。それで、左脚に体重をかけて、超ショートスクワットをするのである。
これだと、慣れないうちは百回でもちょっと苦しいかもしれないが、無理せず、徐々に慣れていくと良い。

私は、両脚の超ショートスクワットを、1日2千回くらいやっているが、1ヶ月を過ぎて、ますます効果がはっきりしてきた。
筋力がつくとかいうレベルではなく、潜在意識が、私の身体は妖精のように軽いと認識してきて、実際、重力に影響されずに動ける。
さらに進めば、イギリスの文豪チェスタートンが言った通り、
「天使がなぜ飛べるのかというと、天使は自分が軽いと思っているからだ(Angels can fly because they can take themselves lightly※)」
※『正統とは何か』より
ということになるだろう。
この「軽いと思っている」とは、潜在意識がそう思っているということで、私もいずれ空を飛ぶかもしれない。
ヨーギや仙人には空を飛ぶ者もいるらしいからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

命のための運動

スポーツ選手でもない我々が、強い負荷をかける無理な・・・と言うより、不自然な運動をしてはならない。
いや、本当に賢いスポーツ選手は、やはり、そのような古い「キツい」トレーニングはしない。
特に普通の人は、軽い負荷の運動で良いが、数多く繰り返さないといけない。
そして、もう1つ大切なことが、「ショートストローク」であること、つまり、動きが小さいことが肝心なのだ。
体操競技で大きな動きをするのは、見栄えが良いと得点が高いという理由であり、健康に良いからやっているのではない。
多くの体操選手・・・特に上位になるほど身体はボロボロなのだと思う。
野球のバッティングでも極意は最短距離でバットを出すことだと言われる。
大振りするバッターは駄目に決まっているし、特に筋力が優れたバッターが、見栄えもする「フルスイング」でかなり打つこともあるが、そんな打者は安定性がなく、ごく若い時期を過ぎると身体を壊すのだ。
そして、超一流バッター(特に落合博満)は「フルスイングしてる」と自分で言ってはいても、動作はコンパクトなのである。
井川慶という、メジャーで失敗した見本のようなピッチャーがいたが、彼がメジャーで称賛されたピッチングをしたことがある。
登板予定がなく、先発ピッチャーが早々に故障でリタイアしたので、井川が、急きょ、事実上の先発となったのだが、準備をしていなかったので、身体を壊さないよう、クイックモーション(ランナーを背負った投手がコンパクトなモーションで投げるフォーム。当然、球威は落ちる)で投げたのだが、これが素晴らしいピッチングで、6回無失点の完璧な内容だった。井川は、普段の大きなモーションではなく、あのようなコンパクトなピッチングをやれば、良い成果を挙げたはずだ。

養老孟司さんの何かの本で見たが、日本人は長時間正座をするので、特に運動をしなくても、腹筋、背筋が鍛えられて、身体が強靭だったらしい。
それはおそらく本当だ。
そして、三浦雄一郎さんも言われていると思うが、最上の運動は歩くことである。
歩くのに、膝を深く曲げたり、ぴんと伸ばしたりせず、膝も足首も股関節も僅かしか動いていない、つまり、正しい歩行がショートストロークであるように、全ての正しい運動はショートストロークなのである。
ところで、正座というのは「止まっている」のではなく、微少に・・・1ミリ以下かもしれないが、動いているのである。
そんな究極の超ショートストロークの運動が、実は最高の運動で、日本人の身体を強くしていたのである。

よく、「1日わずか3分」だの「3日で即効」なんてキャッチフレーズの運動があるが、そんなの全部嘘である。
私なら、長時間、長期間必要とはっきり言うが、それは、楽で気持ちいい運動である。
「1日わずか3分」なんてのを宣伝文句にしている本や広告などには、お腹の出っ張ったおじさんが苦しそうに腹筋運動をする絵を載せ「こんな運動、無理!」などと書いている場合があるように思うが、それは極端というものだ。そんな腹筋運動、私だって絶対薦めない。
また、スクワットの良さを謳う本も多いが、見てみると、不自然で無理なスクワットばかりだ。
私のスクワットのストロークは数センチであるが、身体は引き締まり、強靭で、そして、どこにも痛みも故障もない健康な身体なのであるが、以前、大きな動きのスクワットや腕立て伏せをやっていた時は、慢性的な故障を抱えていたのである。

良い運動を1つご紹介しよう。
普通に立って、手を握り、両手同時に前に突き出し、素早く戻す動作を繰り返すのであるが、突き出した時、腕をあまり伸ばしてはならず、ショートストロークでやる。振幅は10センチ程度で良い。
決して全力を出さず、適度に素早く行うが、最初はややゆっくりで、だんだん速くしていく雰囲気でやる。
これをやると、お腹が震えるのに気付くと思う。
腕を出して引くごとに、姿勢を維持するために、腹筋、背筋が素早く反応して動くのである。
そして、身体のバランサーである仙骨が精妙に動くのであるが、仙骨にそのような働きをさせればさせるほど、仙骨は調子を上げていく。
優れたドイツの機械には、使えば使うほど動きが良くなるものがあるが、それに似た感じもする。
この運動を一回に数百回、無理のない力(速さ)で行う。
これは、脚が悪い人でも座って無理なく出来る。
腕振り運動は素晴らしいが、立てない人には難しいので、これを考え、実際に私が試して効果を確かめた。

今回は、ショートストローク・・・コンパクトな動きの大切さを主に書いたが、それさえ分かれば、自分で工夫出来ると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ