ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

分かり易いコロナへの万全対策(私見と言えば私見)

私が間違っている部分もあるだろうが、大方で正しいと思うのは、新型コロナウイルスの害は、ほぼ、血栓(血液が固まったもの)が出来て、血流が阻害されることだけだ。
しかし、専門家や厚労省は、難しいことばかり言い、結局、誰も、有益なことは何も解らないのだ。
けれども、新型コロナウイルスの症状は、ほぼ全て血栓で説明出来ると思う。

血栓といえば、中年以上の、特に男性が多く出来るものだが、若者や子供にだって、血栓症の人はいて、そんな子供や若者が感染すると重篤化するのだと思う。
だから、若い人も、血栓対策は普段からしておくと良い(と言っても簡単なことである)。

調べると、血栓は、血管が健康でないと出来やすいものらしい。
よって、新型コロナウイルスの対策としては、「血管の健康化」と、「血栓を溶かす」の2つだ。
これは、普通は簡単だ。

まず、血管の健康化は、ビタミンCを摂って、血管の材料であるコラーゲンの生成を活発化すれば良い。
ビタミンCは、免疫を高め、ウイルスを抑止するので(これもほぼ正しいと私は思う)、一石二鳥である。
それに、有り難いことに、ビタミンCは超安価である。
私は、毎日3g以上のビタミンC摂取を欠かさない。

次に、血栓を溶かすことであるが、これは、納豆菌が出すナットウキナーゼが血栓を溶かすことが知られていると思うので、納豆を食べれば良い。
納豆は、たんぱく源としても優れた超健康食である。
納豆が嫌いというのは勿体ない。
ただ、どうしても嫌いな人や、稀に、体質に合わない人もいる。
しかし、そもそも、人間の体内には、tPAという血栓を溶かす酵素があるので、これを活性化すれば良い。
そのためには、運動が良いと言われている。
しかし、運動と言ったら、多くの人は、筋トレだのランニングだの、競歩的なウォーキングだの、続くはずのないきつい運動ばかり出してきたがる。
また、私がお薦めしている腕振り運動を薦める偉い人が増えてきたと思ったら、彼らのは、自分独自の腕振り運動である場合が多く、これがまたシンドい(笑)。
つまり、3分とか5分で、汗をかくほどの運動をやらせたがる訳だ。
どうも、「シンドくないものは運動ではない」という、学校教育やスポ根の観念が染みついているのだろう。

私が薦める腕振り運動は、極めて楽だが、回数だけは要求する。
とはいえ、かかる時間は、せいぜい、10分~30分だ。
余計なものを食べたり、エッチな同人誌でオナニーする時間を回せば、マイナスが減って良いことだらけではないか(笑)。
運動ってのはね、短時間はあはあ言ってやって、「これで終わり」にしてしまい、後は不健康なことをするのでは意味がないのだ。
しかも、巷で知られる運動は、不自然で身体が歪む場合も多いように思うのである。
軽いが効果的な運動を長時間行い、身体も心も隅々まで調整する運動が良いと私は思う。

腕振り運動に関しては、【最新、腕振り運動のやり方 】 をご参照いただきたい。
腕振り運動にもいろいろあるが、これは、電子工学の世界的権威であった関英男博士が、台湾の易筋経の先生から教わったものだ。
関博士は、これで自分の胃がんを治すだけでなく、多くの人が難病・奇病を治した実例も記録しておられた。
腕振り運動は、足の親指で床を押さえ、腹と肛門を引き締めながら行うことで、むしろ、下半身の運動になって、腹や脚が引き締まり、上体は、すらりとした身体になると思う。
無論、ある程度の食の慎みは必要である。
どんなに良い運動をしても、飽食・美食を尽くしていては、あまり効果はないと思う。
とはいえ、あまりに少食であったり、美味しいものを一切食べないといった、ストイック過ぎるのも感心しない。

新型コロナウイルス対策で最も成功しているのは台湾であると思うが、これは、台湾政府が有能であったことと共に、台湾が腕振り運動の本場であることも関係があるのかもしれないと思う。

ただ、あえて言えば、普段、よく歩いていれば、特に運動の必要はない。
だが、今は暑いし、歩く機会がない人も少なくないと思う。
競歩的な不自然なウォーキングは薦める気はないが、普通に歩ける道が少ないというのも実感している。
しかし、腕振り運動をしっかりやっておけば問題ない。
後、さらに強健になりたければ、大東流合気柔術式の四股をお勧めする。
これは、相撲の四股とは違い、楽なものである。
やり方は、『佐川幸義 神業の合気』に、写真入りで解説されている。
佐川幸義が超人的な武術家であったことは、確かであると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
どうすれば、楽しく機械学習型AIの作り方を習得出来るかを考えました。
まず、誰でも解る、足し算、掛け算、素数判定、偶数奇数判定で、無料の優秀なAI構築ツールであるソニーNNCの使い方をマスターします。
そして、誰でも面白くも奇妙に思う「モンティ・ホール問題」「囚人のジレンマ」、やや頭を使うオリジナルゲーム「シュレディンガーのエイリアン」、その他、「東大入試数学問題予測」などをテーマに、楽しく、AI構築のセンスを身に付けていただきたいと思います。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

医療は信用しないが全く健康不安はない

「なぜそう思いますか?」
と尋ねられた時、
「私の勘(直観)です」
と答えるのは、良くない。
それで通用するほど信用のある人間はいない。
そもそも、「私の勘です」で答になると思うような傲慢な人間を信用出来るはずがない。
だが、内心で自分の直観を信じるのは良いことだ。

新型コロナウイルスも、癌も、大抵の疾患(病気)は、ビタミンCを多量に摂っておけば大丈夫だということに関してはどうだろう?
むろん、ある程度の情報を集め、それを分析・吟味することは必要である。
しかし、あるところまで来たら、直観に頼るしかなくなるかもしれない。
これに関し、私は、大抵の医者が、そうとは(ビタミンCが大抵の疾患に有効)認めないことで、却って、ビタミンCの有効性が信じられるのである。
なぜなら、医者と話したら、ほとんどの場合、直観的に、その医者を信用出来ないと感じたし、その直観の正しさは常に証明されたと思えるからだ。
加えて、私は、医者に治療出来なかった私の疾患を、ビタミンCの大量摂取で治したからである。
ビタミンCの効用について、多少の理論も調べたが、これに関する、医学的、分子生物学的な説明はかなり曖昧と思われ、また、学者ごとの意見が全く違う場合もあったので、あくまで参考程度にした。
ちなみに、ビタミンCは、超安価である。

私が治した私の病気の代表的なものは、メニエール病と乾癬だ。
尚、感染に関しては、7割程度の治癒で完全ではないが、時と共にますます良くなっている。
私は現在、完全な健康体であるが、10年以上、医者にかかったことはないし、医療のアドバイスに従ったこともない。
また、風邪薬を除き、薬品を摂取したことはない。
風邪薬を、稀にだが飲むのは、単に楽だからだが、本当は良くない。

新型コロナウイルスの害は、ほとんどの場合、血管中に血栓(血液が凝固したもの)が出来て血流が阻害されることだけだ。
私は、脳血栓の予防として、毎日、納豆を食べている(納豆菌が出すナットウキナーゼ酵素が血栓を溶かす)ので、血栓に関しては心配はないし、その上、ビタミンCで免疫力を上げると共に、血管を丈夫にしているので、対策は万全である(ビタミンCが、血管を修復するコラーゲンの合成を促進する)。
ではなぜ、こんな良いことを、医療や政府が言わないのかというと、それはもう、どうでも良い。
端から信用してないので。
当然、ワクチンも決して体内に入れない。
ところで、真偽の証明はしないので、そのつもりで聞いていただきたいが、私は、政木和三氏が発明した、神経派磁力線発生器を、医者がお手上げの末期癌や、その他の重度の疾患に対し使用したところ、直接には確認していないものも含め、完全に回復したと思われることが何度かあった。
少しも良くならなかったことは、一度もなかったと思う。
だが、この神経派磁力線発生器は、販売業者が薬事法に触れるような販売をしたために、販売禁止になり(これに関しては販売業者のミスであった)、その後、政木氏が亡くなったことで、製造・販売はされなくなった。
しかし、株式会社セルパワーが、神経派磁力線発生器を完全に復元したと思える製品を、製造・販売しているようだ。
★株式会社セルパワー 公式サイト
尚、この装置は、健康機器であり、医療機器ではない。

以上は、あくまで個人的見解であり、正しいと主張する気はない。
しかし、個人的には十分に確信している。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、難しいAI理論は解らないが、Excelくらいは使え、自分で実用AIを作れるようになりたい。
この本は、そんなニーズにも応えるように書かれています。
数学、プログラミング、AI理論についても、最低限の解説はしてありますが、そこはスルーしていただいても問題はありません。
本書のほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

本当に身体と心に良い、楽で充実感ある運動

間違った運動をして、強くなれないばかりか、身体を悪くしている人が多いように思う。
学生時代は、かなりの陸上選手だった40代の男が、こんなことを言っていた。
「時々、朝に走るのだが、中学生が走っているのに会うことがある。いやあ、中学生って速いね。全然敵わない」
それは、あなたが走るのは間違っているということだ。
走るにしても、短い距離をゆっくり毎日走るべきである。
また、若い人が、「今日は10Km走りました」と得意そうに言う。
聞けば、本当に気紛れに(月に数回)走るそうだ。
そうではなく、1日500mでいいから、1年365日走るべきである。

「腕振り運動が良いと聞いて、腕振り運動1万回やりました」
じゃあ、明日は、明後日は?
たまに1万回なら、むしろ、やらない方がマシだ。
毎日500回でいいから、1年365日、欠かさずやることだ。出来ないなら、300回でも良い。それなら怠け者でも出来るはずだ。

昔の野球選手は、腕立て伏せをしなかったらしいが、良いことだったと思う。
人にもよるが、腕立て伏せは身体を壊しやすい運動だ。
普通の人の場合、どうしてもやりたいなら、壁腕立て伏せをやれば良いと思う。
壁から30~40cm離れて、壁に手をつき、その腕で支えながら壁に向かって身体を倒し、腕を伸ばして身体を元に戻すという楽な運動だ。
ただし、数は多くやること。
千回やったって、さほどでないと思うが、まあ、300~500回、せめて、200回はやることだ。
それで素晴らしい効果がある。
下手に普通の腕立て伏せ(膝をつくものも含む)より、健康や身体機能に良いかもしれない。

私も、腕立て伏せやスクワットは、スポ根漫画並にやった。そして、身体を壊した。
腕立て伏せについてはさっき述べたが、スクワットも、経験的に、自覚がないこともあるが、腰を痛める。
これも、やりたいなら、自然に立った状態から、5センチ程度の振幅でやれば、楽で気持ちが良いだけでなく、十分に効果があって、身体を痛め難い。
ただ、私は、楽で効果があるので、調子に乗って毎日2千回やってたが、そこあたりまでにすべきで、普通は千回までが良いと思う。

身体に良い運動は、
・さして力を使わず
・自然な動きで
・丁寧に
・数多く
やることである。

スポーツ選手であれば、競技に勝つための力をつける運動をする必要もあろうが、それは、決して健康のための運動ではない。
ただし、超一流スポーツ選手でも、筋トレなど、無理な運動をしない者が増えてきている。
そして、そんなトレーニングをする超一流は、とにかく、反復が多い。
代表的なのが、イチローやテッド・ウィリアムズ(メジャー4割打者。三冠王2回)だと思う。もちろん、彼らはプロ選手なので、どうしても激しい運動をするから、時々、身体を痛めている。

やることがないなら、エアーボクシング、エアー空手でもやればどうか?
とはいえ、「パンチがびゅっと風を切る音がする」なんて、漫画みたいなことは考えなくていい。
軽く、ぽーんとでいいから、丁寧に、数多く打つことだ。
この「丁寧」が大事なのである。がさつにやると、変な動きになり、効果が少ないばかりか、身体が歪んでいく。
自然さを大切に丁寧にやれば、我流でやっても全く問題ない。
実戦で戦う訳でもないので、軽くぽーんと打てば良いのである。
ただし、超人的な合気道家が、「合気道では、打撃の練習はしないが、打撃でもボクシングより強い」と言い、実際にボクサーと戦ったこともあるらしいが、その際、やはり、拳は軽く握ってぽんぽんと打つのだそうだ。
一応、参考までに述べておく。

運動と言えば、テレビCMなどの影響か、素敵なスポーツウェアを着て、髪型も整え(笑)、さっそうと走る様子をイメージする人も多いと思うが、あんなのは、ほとんどの人が3日続かないし、1日で終わりという場合も多いはずだ。
それなら、部屋の中で、腕振り運動をやった方が良い。
腕振り運動は、腕だけの運動ではなく、長くやっている者は皆、姿勢がしゃんとしてきたと言う。
腕振り運動では、足の親指にやや力を入れ、腹にも無理のない範囲でぐっと力を込め、肛門を引き締める。
それで腕を振ることで、脚、腰、腹筋、背筋が鍛えられ、また、仙骨が調整されて健康になる。
当然ながらダイエット効果も高いと思う。
さらに、丁寧にやることで自然なリズムが脳に良い影響を与え、頭が良くなると共に、超能力が開発されるとも考えられる。

私の場合は、腕振り運動と、大東流合気柔術式四股、腰振り運動(前後左右)、ぐーぱー運動(握る時力を入れるものと開く時力を入れるものの2通り)を中心に、1年365日、1日も欠かさず行っている。
大東流合気柔術式四股については、素晴らしいものなので、『佐川幸義 神業の合気』を参照していただきたい。私は毎日千回を欠かさない。













当ブログ著者、KayのAI書。
誰でも、本当にAIを理解し、そして、自分でAIを作れるようになるための本です。
数学もプログラミングも、難しいAI理論も不要です。
興味深いテーマによる実習を楽しみながら、実用AIを自分で作れるセンスを身に付けます。
それにより、世の中で言われている、あるいは、企業や専門屋が言うAIの嘘も見抜けるようになります。
実際、嘘だらけのことが言われています。

猛威を振るう新型コロナウイルスに対し「具体的に」何をするか

新型コロナウイルス感染は、数だけで言えば、4月の緊急事態宣言時の新規感染は最高で1日720人だったのが、2日連続で1500人を超えてきた。
新規感染者の大半は若者で、軽症者が多く、重症者数・死亡者数は少ないと楽観視する者もいたが、若い軽症者が多いからこそ、感染拡大は速く、いずれ高齢者にも感染が広がるのであり、実際、重症者は増えている。
政府に有効な策はない上、Go Toトラベルキャンペーンは確実に感染者を増やしていると思われ、今の1日1500人(新規感染者)どころか、5000人くらいに達するのはすぐかもしれない。

一方、都市封鎖や、会社出勤や学校登校を制限せず、大規模なイベントを除き自粛を行わなかったスウェーデンは、一頃は、日本の報道ではコロナ対応の失敗国のように扱っていたが、今は完全に収束に向かい、1日の新規感染者は数十人程度になってきた。
ただ、スウェーデンは死者が多く、その大半は養護施設の高齢者で、そこには対応の不備があったことはスウェーデン政府も認めているが、医療体制には常に余裕があり、経済損失も予想ほどの被害はなかったようである(感染拡大時に他国から敬遠され貿易が停滞したことはあった)。

日本で問題なのは、政府は、ありきたりなことを言うだけで有効な対策を出せず、国民は何をしたら良いか分からず、「運まかせ」の不安な状態にあることだ。
その中で、私個人は、コロナに関しては、完全に安心している。

コロナ感染時の被害の大半は、血管が血栓(血液のかたまり)で塞がれて血流が悪くなることだけであると私は理解している。
よって、免疫力を高めつつ、血栓を作らない、出来ても溶かすということが出来れば、何も心配ないのではと思う。

以下は、あくまで私の個人的見解であり、意見を異にする人はスルーして欲しい。
ただし、個人的には確信を持っている。

免疫に関しては、ビタミンCが有効であり、ビタミンCは多ければ多いほど良い。
具体的には、1日3g以上の摂取が望ましい。
ノーベル賞受賞(化学賞と平和賞)の生化学者ライナス・ポーリングは、1日10g以上のビタミンC摂取を推奨し、癌患者などには30gの摂取を薦め、良い成果を上げたと言われる(少なくとも悪化はなかったと思う)。
ビタミンCによる免疫力向上に関しては、おそらく、調べればエビデンス(証拠・根拠)は簡単に見つかると思う。
血栓を作らないためには、血管の健康も重要だが、そのためにもビタミンCは有効と思う。
もちろん、他のビタミンも必要であるが、まずは、ビタミンCを多量摂取することが薦められる。
幸いにしてビタミンCは超安価である。
超安価であることが、世の中(マスコミや医療関係等)でビタミンCが宣伝されない理由であると指摘する者も多い。確かに、安価に健康になってしまったら、医療、薬品、健康食品業界が大変だが、そういったことは深入りせずにおこう。

血栓を溶かすのは、体内にあるt-PAという酵素であるが、これを活性化させるのは、コーヒーと軽い運動であるという意見があり、私も、調査の結果、それを正しいと認識している。
コーヒーは、好き嫌いもあるだろうが、インスタントで良いから1日3杯程度飲むと良いと思う。
運動に関しては、よく歩くことが一番であるが、暑い時期でもあり、それが難しければ、私が最近ご紹介している腕振り運動や、大東流合気柔術式四股、あるいは、足踏み運動をすれば良いと思う。
そして、他にも、血栓を溶かす効果が大きいとされるのが、ナットウキナーゼという酵素で、これは、納豆菌が出すので、納豆を食べれば良く、以前から、納豆は脳梗塞(これは脳血管の血栓で起こる)の予防に大いに注目されている。
加えて、脳の血流を良くすることから、知的能力の向上効果もあるとする意見もある。
コロナ感染でも、脳梗塞の症状が現れることが多いのも、やはり、コロナウイルスが血栓を作るからである。
また、コロナに感染すると呼吸困難に陥るのも、肺静脈に血栓が出来、血が流れ難くなり、血液が酸素を運搬しないという簡単な理屈である。

後、免疫力を高める効果が高いと言われるものに、ポリフェノールがあり、緑茶、紅茶、カカオ(ココアやチョコレートの主原料)、赤ワインなどに多く含まれている。

個人的には、1日3g以上のビタミンC摂取と、コーヒーを飲み、運動をすることにより、仮に感染したところで、不安は全くない。
実際、家族の付き添いで、現実的には過密な病院・医院には数多く行っており、4月に感染の疑いを持ったが、全く心配はしなかった。家族にも、1日2gのビタミンC摂取を行わせている。













当ブログ著者、KayのAI学習・実践書です。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要で、自分で実用的なAIを作れるようになるための本です。
興味深いテーマでAIを体験しつつ学べます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

最新、腕振り運動のやり方

腕振り運動について、再度、書いておきたい。
腕振り運動は、中国や台湾で、スワイソウとか、「せい手(せいしゅ)」等と呼ばれているらしい。
一説では、「達磨さん」で知られる仏教の僧、達磨太師が、インドから中国に来た際、中国の人々に腕振り運動を教えたと言われる。
達磨太師は、ヨーガや武道に通じていたらしく、達磨太師の教えは、中国河南省の少林寺に根付き、達磨太師が教えた運動法を基に少林寺拳法が生まれたとも言われている。
達磨太師が教えた運動は、達磨易筋経、あるいは、易筋経と言われ、運動の種類は沢山あり、中国の様々な武術に取り入れられていると言われている。
易筋経の中で、腕振り運動が一般に普及したが、その理由は、簡単であることもあるだろうが、秘法と言われるほど効果があるからと思われる。

やり方はこうである。
まず、自然に立つ。
歩幅を肩幅程度に開く・・・とよくあるが、私には、歩幅を肩幅に開くというのが、どうも曖昧で解らない。
だから、自分で自然に安定して立つことが出来るよう、少し、足を開いて立つというので良いと思う。
足の指で地面を掴むように・・・などとも言われるが、これは、足の親指に少し力を入れると考えて良い。と言うのは、足の親指に力を入れるというのが、あらゆる意味で身体を強化する基本で、ただ立って足の親指に力を入れても、非常に良い鍛錬になるほどである。

腕は、真っすぐに伸ばし、前に水平に上げ、そこから、両腕をそろえて、後ろに振る。
振り終わったら、腕は、後ろ45度くらいになるが、そこは適当で良い。
後ろに振る時は、やや力を入れて振るが、前に振る時は力を抜き、惰性で振る。
最初の、腕を前に水平に上げた姿勢に戻る。以上で1回である。

ところで、手のひらの向きであるが、一般には、前に上げた時は下、後ろに振る時は、船のオールが水をかくように後ろを向くように振るとしている。
その時、手首を柔らかくしてしなるように振るようだ。
ただ、電波工学の世界的権威であった関英男博士が、台湾の蔵広恩氏に教わり、日本で広く普及したやり方は、てのひらを内側に向けて、指や手首は真っすぐに固定して振るというもので、私は、このやり方を採用している。
関博士によれば、てのひらを向かい合わせることで、手のひらの間に重力波が発生し、中国で「気」、インドで「プラーナ」と呼ばれるエネルギーが体内に蓄積されるという。
気やプラーナは、詳しくは説明しないが、関博士はGTPと呼び、人間は赤ん坊の時は多量に持っているが、年と共に失われる一方になり、そのせいで老ける。しかし、腕振り運動はGTPを増やすことが出来、やればやるほど若返る。実際、関博士は、90歳を過ぎても、世界中から論文を取り寄せて研究し、また、研究のために世界中を駆け回っていた。
尚、腕振り運動の間、丹田に意識を向けるのが良いという話もあるが、下腹や臍のあたりに少し力を入れると良いという話もあったと思う。
つまり、下半身をしっかり安定させることが必要なのであり、そのためには、上に述べたように、足の親指に力を入れると共に、腹に力を入れるなど、自分に合ったように工夫すると良いと思う。

以上が、腕振り運動の詳細である。
回数は、多ければ多いほど良いが、少なくとも1日500回はやった方が良い。
腕振り運動で、難病奇病が奇跡的に完治した事例を関博士が数多く残しているが、関博士は、病気を治したい場合は2000回と言い、関博士自身、胃がんを、毎日2000回の腕振り運動で完治させたと言う。

私は、一度には100から300回行い、1日に1000回以上は行うようにしている。
私の場合、上に述べたもの以外に、前に振る時に力を入れる方法、腕が前に来る時に肘を曲げるものなど、4種類で行っている。
分類すれば、
(1)肘は伸ばす。後ろに振る時に力を入れる。
(2)肘は伸ばす。前に振る時に力を入れる。
(3)前に振る時、肘を曲げていく。 後ろに振る時に力を入れる。
(4)前に振る時、肘を曲げていく。 前に振る時に力を入れる。
である。
これらは、東洋の様々な強健法から研究した。













当ブログ著者、KayのAI書。
数学、プログラミング、AI理論なしで、無料で実用的なAIを作ることが出来るようになるための本です。
分かり易い日常の言葉で書かれ、普通の概念で分かる易しい問題や面白い問題をAIに解かせる実習を通し、楽しく、AIを作るのに必要なセンスを身に付けます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード