ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

妖精のような、ミクさんのような身体を手に入れる

健康であることは疑いもなく良いことだし、さらに、若々しい身体であればもっと良いのである。
まあ、いろいろ好みがあるだろうが、私は、マッチョな身体には全く興味がなく、それよりも、妖精のような、美しくすらりとした身軽な身体が好ましいと思う。
そんな身体を作るためには、ある程度の運動は必要だが、運動と言えば、多くの人が、良いと思っている運動は、
・短時間で済む。1日1分とか、せいぜいが5分。
・ある程度はきつくて苦しい。いわゆる「効く」運動。
であると思う。
しかし、現実は、そんな短時間の運動では効果はなく、かといって、「効く」運動をそれなりの時間、毎日続けることは非常に難しい。
運動というのは、1年365日、毎日、長期間続けてこそ、素晴らしい効果がある。
「筋トレは週2日程度に抑える」と言う人もいるが、私が考える理想の身体作りに筋トレは必要ないし、週2~3日に抑えないといけないようなキツイ運動は、身体を壊すリスクが高く、やはり、必要ないと私は思う。
妖精のようなエレガント(優雅)な身体を作るには、軽い楽な運動を、すき間時間を見つけて出来るだけ多く、毎日やることだ。
そもそも、一番良い運動は、立っていることである。
なるべく座らず、良い姿勢で立っていれば、それで十分な運動である。尚、良い姿勢とは、学校や軍隊の「きをつけ」、つまり、直立不動では「ない」。
ごく自然にすっと立っていれば良いが、自分が美しいと思うポーズで立てば、さらに良い。
とはいえ、自然にすっと立っているのが最も美しく、良いモデルは、そんな立ち方をするものだ。

若々しく美しい・・・エレガントなプロポーションや身体の動きには、ある程度の強さが必要だ。
そのための最強の運動は、合気柔術式の四股だと私は思う。
これは、相撲の四股とかなり異なり、足踏みと表現した方が当を得ている。
肩幅程度に足を開き、数センチから、高くてもせいぜい十数センチ足を上げる脚踏みを繰り返す。
私が長くやっていて、最も効果的なやり方は次の通り。
・つま先は真っすぐ前に向ける。つまり、足は平行で、内股でも外股でもない。
・手は膝に軽く当てる。
・足を下ろす時は、そっと下ろす。
私は、長くやっているうちに、木の床や畳の上でやっても、ほとんど音がしなくなった。
手を膝に沿えるのは、古武術の特徴的な動きである「ナンバ」を自然に行うためだ。「ナンバ」の説明は複雑になるので、興味があれば、下の書籍を参照願う。
これにより、体幹とインナーマッスルが鍛えられ、効率とバランスの良い、しなやかな動きが出来るようになる、まさに、魔法の運動だ。
※四股については、『四股鍛錬で作る達人』が参考になるが、あまり詳しく知らなくても良いと思う。

もちろん、腕振り運動で、肩甲骨とその周辺の筋肉をほぐし、血行を良くし、心肺の負担を減らせば、万能の健康効果があり、姿勢も体形も美しくなる。
私は、運動は、上の「ナンバ四股」と腕振り運動だけで十分と思う(実際は、片方でも十分だ)。
私の場合、1日で、腕振り運動、四股、いずれも千回以上ずつやっているが、それでヘトヘトに疲れることはなく、むしろ、気持ちも気分も良く、何より、これで、妖精のような、美しく、軽々とした、エレガントな身体になると思えば、楽しくてやる気が出る。
そして、いつも言う通り、
「四股と腕振り運動をしているのだから、〇〇のように格好良くならないとおかしい」
と力強く宣言せよ。それで、効果百倍と思え。
〇〇は、例えば、「妖精」「初音ミク」「カイト(青年型ボーカロイド)」「キャシャーン(キャシャーンSins)」「モデル」「17歳」などで、自分が気に入っているものなら何でも良い。
昨年のマジカルミライの時の、ナンバ四股を始める前の私の写真は「Kay Twitterプロフィール」にあるが、今年は美しくなっているので、今年のマジカルミライの時には、また撮影しようと思う。

後、私が、楽しくて気に入っている運動は、短刀(木刀)の素振りだ。これは、自分で調べたり工夫してやると、実に奥が深い。








『僕は死なない』を読んで

肺癌で絶望的な状況から回復した本人が書いた『僕は死なない』という本の話をしようと思う。
ステージ4という、とても重い状態だったと言うが、この「ステージ」という言葉は、本来、専門的な用語で、一般的な会話で使えるようなものではないと思う。
この人は、左肺に大きな癌があり、それが右肺を含む肺全体、肝臓、腎臓、骨と転移していった。
ところで、この人は、最初の大きな病院の医者に言われるままの治療をしなかった。
まず、抗癌剤治療は行わないことに決めていた。
そして、最初の病院には不信感を持ち、納得出来る病院を自分で探した。
また、医療だけに限定せず、癌からの生還に関する、あらゆる本を読んで、良いと思えば、正規の医学ではない代替療法にも積極的に取り組んだ。
ユニークな治療で奇跡的な治療実績を上げていると言う病院を訪ねたり、「癌と戦うな」と訴える医者の本も読んだ。
良さそうな医者の指導に従い、食事も厳しく節制した。肉、魚は一切食べず、甘いお菓子も食べない。米も食べなかったと思う。食の楽しみは一切捨てたようだ。
高名なヒーラーを何人も尋ね、良いと思えばヒーリングを受け、時には、驚くべき体験をしたり、症状が軽減したこともあった。
このように、素晴らしい精神力で、生き延びるために大変な努力をしたが、結局は、癌はどんどん進行した。
座骨や背骨が痛く、歩行や電車での移動も苦しくなった。
そしてある時、計算が出来なくなって戸惑い、検査を受けたら、癌は脳にも転移しており、しかも、かなり大きかった。
さらに、眼球にも転移していた。
思ったよりは延命していたが、もう時間の問題と思えた。

だが、結果として、この人は、ほぼ完全に回復した。
それは、奇跡によるものではなく、あくまで、医療によって治ったのだった。
それは、新しい特効薬の効果が大きかったが、その特効薬は、遺伝子的な適合性があり、適合する確率はかなり低いのだが、この人は見事に適合していたのだった。これは幸運としか言いようがない。つまり、幸運で治ったとも言える。
脳に関しては、放射線療法を受け、効果があった。
このように、あくまで医療で治ったのだが、ある時期に、この人の精神性が大きく変わり、明るく、楽観的になったのは確かだ。
だが、それは、あらゆる苦しい努力をしたが報われず、諦めた時に、一種の悟りのようなものがあったのだと私は思う。
本の中では、この人が、「神様、降参です」と思い、神様に全てをゆだねた時に、回復が始まったようであるが、やはり、治った直接の理由は医療であった。

それと、はっきり言って、この人の場合は、かなり恵まれていた。
超エリートというわけではないかもしれないが、とても優秀な人と思われ、普通の人よりはかなり豊かで、両親も立派でおそらく裕福だし、奥さんも素晴らしい人で、感動するほど献身的だ。そして、2人の高校生くらいの息子達も本当に立派だった。
また、勤めていた会社では、社長が「復帰を信じている。代わりの人を雇うつもりはない」とまで言ってくれたそうだ。これは、精神的効果においても極めて大きかったはずである。当然、休職中の手当も出ていたと思う。
そんな素晴らしい環境であったので、良いと思ったあらゆる治療を受けられた。
そして、さらに、この人を心から心配し、出来ることは何でもしてくれる友人が沢山いた。
最後は東大病院に入院したが、毎日、2~3人が見舞に来院し、月に70人以上の見舞客がいて、医者や看護師達を驚かせた。
こんなところを読むと、私は、1人も来そうにない自分とつい比べて、ちょっと(いやかなり)凹む(笑)。

私は、自分で治したわけではないが、癌を治す手助けをしたことは何度かある。
友人の叔父さんの、余命一ヵ月と言われた胃癌は10日程で消え、医者を戸惑わせた。
その友人には、政木和三さんが発明した「神経波磁力線発生器」を奨め、友人はこれを買って叔父さんに使ってもらったのだった。
この装置は、私の父親に関しても、医者が絶対に治らないと断言した症状を、完全に治した。
だが、いろいろあり、この装置の販売は禁止された。
ところが、この装置を再現させたものを作っているところもある。
私は、自分で試していないので分からないが、良さそうと思うのは、次の2つ。
◆株式会社セルパワー『セルパワー』
◆株式会社ケネスト『復刻版 超強力磁力線発生器 試作品』
私が保証するわけではなく、使用したい場合は、自分でよく調べて欲しい。

関英男博士は、自身の胃癌を、腕振り運動で治し、自分以外でも、癌を含む難病奇病を腕振り運動で完治させた事例を『宇宙学序章 グラビトニックス』に記載しているが、この本は絶版で古書も高価だ。
一頃は、比嘉照夫博士が発明したEM(有用微生物群)を使うことで、癌やその他の病気に奇跡的効果があったとされ、ブームになった。
特に、飲料用のEM-Xは、癌医学の権威マンディ・ゴーナム博士に「癌治療の特効薬」とまで言わせたという雑誌記事を見た覚えがある。
飲料用ではないが、安価なEM1号も、非常に効果的であるという話があり、飲む場合には自己責任で行う必要があるが、飲んで害があったという話は見聞きしたことがない。また、私も散々飲んだことがある。
EM-XもEM1号も、試す場合は、自分でよく調べて考えて欲しい。
ちなみに、EM-WはEM1号とほとんど同じと思うが、香り的には飲み易いと思う。
尚、個人的には、EMに関しては、良い部分もあると思うが、周辺におかしなものも感じ、やや変な方向に行ってはいまいかと思う。












超簡単になったナンバ四股

たびたび、四股のことを書いているが、四股と言っても、現代の相撲の四股とはかなり違い、大東流合気柔術という、合気道と似た武術の達人だった佐川幸義氏が考案したと言われる、「ペッタンペッタン四股」と言えるほど軽い四股だ。
この佐川流四股の原理がよく分らなかったので、これまで、やり方を、ちょっと難しく書いたが、私は最近、ナンバ歩きの本を読み漁っているうちに、佐川流四股の原理が分かったように思う。
すると、この四股を簡単に表現出来ると分かった。
つまり、佐川流の四股とは、
「手を膝につけて行う足踏み」
である。後は各自、自分のやり易いようにやれば良い。
「手を膝につけて行う足踏み」さえやれば、効果があるから。
ただ、相撲の四股だって、手を膝につけるので、同じと言えば同じだ。
しかし、相撲の四股なんて、なかなか出来ないが、佐川流四股なら、誰でもどこでも出来る。
そして、おそらくだが、相撲の四股も、昔は佐川流の四股に近く、昔の力士はもっと強かったのではないかと思う。

「手を膝につけて行う足踏み」
これで十分だが、1つ言えば、足は肩幅か、それより少し広く開いた方が良い。
また、自然にそうなるとは思うが、敢えて言えば、足はそっと上げ、そっと下ろす。
そして、個人的には、つま先は前を向く・・・つまり、足は平行で、内股でも外股でもない方が良い。これも根拠はあるが、どうしてもというほどではない。ただ、女性や、特に、少女がやる時はこれに限る。そして、やはり根拠はあるのである。

佐川流四股がなぜ良いかは、ナンバ歩きの研究で分かった。
現代では、歩く時に、足と手を逆に出して歩く。これは、軍隊の行進である。
しかし、高いところに上がる時には、右足を上げるのと同時に右手を上げるはずだ。
そんな自然で当たり前の歩き方がナンバ歩きで、平地で歩く場合は、ほとんど手を振らず、敢えて言えば、右足を出す時、右手がわずかに上がり、右足を下ろす時、右手を下ろすのである。
だから、歩く時、手を膝に付ければ、自然にナンバ歩きになる。
身体の右側、左側が、上から下まで同調して動くのだから、効率が良く、疲れず、また、強い力が出せる。
一方、軍隊歩きでは、手と足(上体と脚)をバラバラに動かすのだから、効率が悪く、疲れ易く、力が出ない。
クワを振るう時、右利きなら、右足と右手を同時に前に出すはずだ。それでこそ効率が良いからだ。これを逆にやれば、力は出ないし、疲れる。軍隊歩きや、現代の普通の走り方は、そんなおかしなものなのである。

相撲の四股も、ナンバ歩きのように、身体を効率良く動かすための鍛錬であるが、近年は、四股の見栄えが重視されるようになり、良くないものになってきたという説がある。
それについては、『四股鍛錬で作る達人』の「合気の達人の四股」のところで詳しく解説されているので、興味があれば参照願う。

元々、佐川流四股のやり方は、正式には公開されておらず、やり方は達人の間でも異なるのだと思うん。
だが、「膝に手をつけて行う足踏み」でだいたい同じで、私は一応、「ナンバ四股」と呼んでいる。

こんな話がある。
ある日本人物理学者が、スイスの大学で講師をやることになった。
この物理学者は合気道をかなりやったので、スイスで格闘技の心得のある者達と組み合ったが、スイスでは巨漢で怪力の男が多く、そんな者達には、力の差で、合気道が全く通じない。
そんな時、この物理学者より、もっと合気道が強い日本人の先輩が来たのだが、その先輩は、この物理学者に四股を毎日千回踏めと言う。
この先輩は、佐川幸義氏の弟子で、彼が毎日千回踏んでいる四股は、足踏みのようなものであるが、おそらく、ただ「四股」と言ったのだと思う。
それで、この物理学者は相撲の四股と思い「千回なんて無理です」と言ったが、先輩は「俺はやってる」と言うので、とりあえず、この物理学者は、毎日300回(おそらく相撲の)四股を踏んだ。
ところが、それで再び、スイスの大男と組み合ったら、今度は簡単に勝ってしまった。
四股はナンバ歩き式の、効率良い身体の使い方が身に付き、しかも、体幹が向上するからだと思う。

我々は、楽なナンバ四股をやれば良いと思う。
楽とは言っても、千回もやるのは、少し大変と思うが、無理なことはないと思う。
もちろん、100回、200回でも効果がある。
数は、多ければ多いほど良く、数多くやるメリットは計り知れない。








足腰を壊さず楽なのに、美しく、素早く動けるようになるスクワット

正しいスクワットのやり方と言われたら、こんなやり方を思い浮かべるのではないだろうか?
腕を胸の前でクロスさせ、上体を真っすぐに保ち、膝が床と平行になるまで膝を曲げる。
あるいは、膝を曲げながら、伸ばした腕を前に上げていき、膝と床が平行になったところで、腕は真っすぐ前に伸びた状態になる。これも、このようにやれば、上体を真っすぐに保ち易いからである。
もっと簡単には、手を頭の後ろで組むと、背中が丸くならないので、後は、自主的に、上体を真っすぐに保ったまま、スクワットを行う。
この3つのやり方は全て、上体を真っすぐに保つことで、脚に最大の負荷をかけることを目的としている。
つまり、「楽しちゃいかん」「楽したら効果が落ちる」というわけである。

しかし、脚に最大の負荷がかかるということは、最も効率が悪い身体の動かし方であるということだ。
だから、まさか、日常の動作や、身体を使った作業、人間や動物との格闘といった中で、立ち上がる時、そんなふうに、上体を真っすぐに保って立つようなことはしない。
出来るだけ、力を使わず、楽に立つはずであり、力が不要だからこそ、必要なら、素早く立つことが出来る。
けれども、「正しいスクワット」は、効率の悪い、疲れ易い(エネルギーを多量に消費する)、素早く動けない身体の動かし方を、身体に憶えさせるものなのである。
言ってみれば、戦って殺され易い身体の動かし方を、身体に叩き込んでいるのである。
また、これは、足腰を壊し易く、腰痛や膝痛になるリスクが高い動き方である。
説明は省くが、「正しい腕立て伏せ」も同じである。
もちろん、格闘技の選手などは、技を知っているので、「正しいスクワット」「正しい腕立て伏せ」をやっていても勝つ動きが出来るが、やはり不合理な動きなので、筋肉のない古武術家に軽くあしらわれてしまうことがあるのである。古武術では、身体の合理的な動きを習得するからだ。

古武術家は、歩く時ですら、楽で効率の良い、疲れない歩き方をする。
これも、ウォーキングで筋肉や心肺を鍛えるという発想とは真逆である。

プロレスラーのトレーニングに、ヒンズースクワットというものがある。
これは、腕を前後に振りながらスクワットを行うもので、しゃがんだ時に、腕は一番後ろにあり、腕を前に振りながら、脚を伸ばすのである。
腕を前に振っているとは言っても、実際は、上に振っているのであり、立ち上がった時、手は一番上にあり、その時、肘は曲がっている。
なぜ、こんなふうにやるのかというと、まず、腕を前に振ることで、上体が真っすぐになるということがある。
同時に、腕を上に振る反動で、下に力が加わり、体重が少し重くなって負荷が増えるのである。
強く上に振るほど、脚の負荷は大きくなるのである。
これも、筋肉を鍛えるという意味では効果的であるが、動きとしては非効率で、そんな非効率な動きを身体に憶えさせてしまう。
ルール無用の喧嘩や動物との戦いの中で、立ち上がる時、腕を上に振ったりはしない、振るなら下に振るはずである。

だから、スポーツ選手や格闘技選手でない我々がやるべきスクワットは、脚を伸ばす際に、下に振るようにしなければならない。
それにより、身体に、効率の良い動きを覚えさせるのである。
具体的に書くとこうだ。
両足を平行に、肩幅の広さに開く。
やや肘を曲げ、両手を少し上に(みぞおちのあたりまで)上げる。
膝を曲げながら手を下に振り、膝をわずかに曲げたらすぐに伸ばし、手を振り下ろし終わった時には、膝は伸ばし終わっている。
膝を曲げた時、腰が沈むのは、せいぜい10cmくらいまでである。
ゆっくり行うが、調子が出てきたら、素早く動いても良い。
手を下に振る反動で、少し体重が軽くなると共に、手足が連動した効率の良い動きなので、非常に楽である。
このように楽な運動なので、100回以上は行いたい。慣れれば、1000回でも2000回でも行う。
数多く行う程、効率的な動きが身に付き、インナーマッスルが鍛えられ、実用的に強くなると共に、無駄な肉が取れるはずである。
これもまた、手と足を連動させて効率よく動くナンバの応用で、ナンバスクワットとでも呼びたいと思う。








歩くよりも優雅なナンバ四股

その名が、舞踊の「ナンバ」からきたと言われるナンバ歩きは、極端に言えば、右手と右足、左手と左足を同時に前に出して歩くが、実際は、手は前後に振らずに歩く。
ただ、右足を前に出す時に、わずかに右手を上に、左足を前に出す時に、わずかに左手を上に上げる。
スポーツや武道・武術でも、ナンバ歩きは注目されており、ナンバ歩きの応用のナンバ走りは、陸上競技の短距離走から長距離走、さらに、別の競技でも取り入れる動きがある。
しかし、元々、剣道では同じ側の手と足を前に出すのであり、これは、ほぼあらゆる武道・武術でもそうだと思うし、ボクシングですらそうである。
そして、歩く時だって、階段の2段飛ばし、3段飛ばしをする時は、やはり、同じ側の手と足が、自然に前に出る。
実際のところ、我々が普通に行ってる、反対側の手足を同時に前に出す、軍隊の行進式の歩き方は、身体の負荷が大きく、頭脳にも悪い影響を及ぼす。そもそもが、軍隊式の歩き方は、兵士の思考能力を破壊し、どんな命令にでも従わせるためのものであるのだと考えられる。
戦争中の、日本人の兵隊に関する、こんな話がある。
「日本人は、一人一人は、優しくて善い人なのに、集団になると、残虐なことを平気でやる」
集団で残虐なことをするのは日本人の兵隊に限らず、あらゆる国の軍隊がそうであるが、その原因が軍隊歩きであり、単に集団になれば残酷なことをするのではない。
学校の集団いじめも、学校で必ずやらされる軍隊歩きが、その原因の1つであると思う。

さて、まだ少ないかもしれないが、優れたスポーツトレーナーや武道家の方々が、ナンバ歩きの素晴らしさに気付き、取り入れることによって成果を上げている。
ただし、ナンバ歩きは、決してスポーツや武道・武術のためのものではなく、身体と頭脳の能力を高め、心を安定させるために、誰にも必要なものである。そして、西洋から軍隊歩きが入って来る前の日本では、誰もがナンバ歩きをしていたと思われるのである。
そこで、ナンバ歩きを一般の人にも勧める人も現れており、それは良いことであると思う。
しかし、私も、ナンバ歩きの本を読んだり、動画を見ているが、どうも説明が分かり難いし、工夫をこらすことで、さらに分かり難い解説をする人が多いように思う。
基本、右足を前に出す時に、右手を少し上に上げれば良いだけなのだが、奇妙な手の動きをしてみせたり、両手に棒を持たせて回させたり、手をくるくる回したりと、もう止めてって感じだ(笑)。

そこで、私は、大東流合気柔術式というか、この武術の達人だった佐川幸義氏の佐川流四股に、ナンバ歩きを取り入れた。
これをやれば、歩かなくても、身体と頭脳の調整が出来るだけでなく、足腰を中心とした身体を、そして、脳が鍛えられる。
そして、自然に、ナンバ歩きをするようになる。
やり方はごく簡単で、次のようにする。

(1)足を平行にし(つま先を真ん前に向ける)、肩幅に開いて立ち、両手を膝の前に軽く付ける。
(2)(1)を保ったまま足踏みをする。足は少しだけ上げ、下ろす時はそっと下ろす。

手を膝に付けることで、自然に、右足を上げる時に右手が、左足を上げる時に左手が上に上がる。
四股もまた、同じ側の手と足を同時に上げるのだからナンバだと思う。
ただ、昔の力士は、佐川流の四股のように、小さく足を上げていたらしい。
ある合気道家が、ナンバ足踏みをしながら超早業を見せたり、やはり合気道家が、手も足も出なかった巨漢で怪力の西洋人がいたが、四股を毎日300回踏んだら、楽々倒せるようになったという、動画や本を見たことがある。ウイリアム・リード氏の動画と保江邦夫氏の本だったと思う。
(保江氏は、多分、相撲式の四股をやったのだと思う)

佐川流四股は楽なので、誰でもすぐに数百回やれ、慣れれば数千回でも出来ると思う。
西洋トレーニングでは、高い負荷を使って短時間の運動を行い、結果、身体を壊すことが多いと思う。
一方、日本の古武術などの訓練は、軽いが身体の特性に合った運動を、数多く繰り返すことで身体を根本的に健康に、そして、驚くほど強く美しくする。
ナンバ四股は、女性でも優雅に出来る。
上にも述べたが、ナンバ四股をやっていれば、自然、ナンバ歩きが出来るようになると思う。
ただ、軍隊歩きが染みついている場合、少し、軍隊歩きにならないよう意識する必要があるかもしれない。
しかし、無理矢理、「右足を出すから右手を上に」などと考えながら歩くとギクシャクし、身体にも心にも悪いと思う。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード