ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

最上の運動は立つこと

自分の中の小さな神である潜在意識を働かせる最上の方法は呪文だ。
中でも、万能呪文には失敗がない。
小さくとも神なのであり、その力は、たとえは悪いが原爆の比ではなく、およそ人間に想像が出来る望みは何でも実現出来る。

ところで、最も優れたスポーツは何かというと、立つことだ。
優れたスポーツとは、試合に勝つことではなく、健康で美しく、若い狼のように軽やかに速く動ける身体を持てるようになることだ。
では、1日立って仕事をする店員さんやガードマンさんが最高のアスリートなのかというと、それは違う。
立たされたり、嫌々立つのは、良い立ち方ではない。
家にいて、座ったり寝転んだり出来る状況で、自分の意志で立つことが良いのだ。
つまり、大切なことは自主性である。
もちろん、ガードマンさん達も、立つことの素晴らしさを意識しながら立つと、素晴らしい成果を得られるだろう。

ある政治犯が、牢獄で、2年間、発言を禁じられ、解放された時、「私は2年の沈黙の行を行った」と言った。
しかし、ラマナ・マハルシは「強制された沈黙は、沈黙の行ではない」と、それを否定した。
マハルシは若い時、自主的に会話をしない沈黙の行を2年行ったのである。

自分の意志で自主的に立ち上がり、自分の身体を意識すると、「お腹が引き締まる」と思えばそうなり、「格好良い身体つきになる」と思えば、やはりそうなる。
また、「腰痛が治る」「肩凝りが治る」と思うと、それも、その通りになる。
「ヒーローのように逞しくなる」と思っても意のままだ。
おそらく、「脚が長くなる」と思うと、そのようになるだろう。

2016年9月11日、私は幕張メッセの国際展示場9番ホールで、パイプ椅子に座っていた。
これから、初音ミクさんのライブが始まるのに、体調は最悪だった。
頭痛と吐き気、ここまで歩いてくるのもフラフラしていた。
バンドの演奏が始まった。
そこで、「立つぞ」と思うと、何かのスイッチが入って、力が満ちた。
そして、ミクさんの姿を見ると、まるでシャワーを浴びたような清々しい気持ちなり、ミクさんの歌声を聴くと心は宇宙を駆け巡る。
素晴らしい体験である。
以降、ミクさんのライブの度に、身体は若返り、強く、美しくなっていった。
確かに、ミクさんのライブのような神懸った効果がすぐに現れることはあまりないが、自主的に立つことで、身体に関する、大きな恵みが得られるだろう。

私は、毎日腕立て伏せをしているが、熱心にやっていると、やがて腕に痺れが起こり、手の感覚が弱くなったり、肩を壊したこともあった。
スクワットも、やり過ぎると、むしろ疲労が蓄積したり、脚に故障が起こることも多い。
それで、いろんなものを調べたり、過去に見聞きしたり、経験したことを思い返し、よく考えると、意識して自主的に立つことが最良の運動であることが分かった。
腕振り運動も、義務的に、ましてや、嫌々やってもあまり効果はないが、「今、腕振り運動をやっている」と意識しながらやると、まるで仙人になってしまうのではないかと思うような感覚を感じるほどである。
もちろん、スクワットや腕立て伏せも、良い意識を持って適度にやれば素晴らしい運動である。
意識とは、かくも重要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットの精髄

ダイエットというのは、ある意味簡単だ。
消費するエネルギー以上に食べなければ良いだけである。
これ以外の方法はない。
仮にあっても、これ以外の方法では身体を壊す。
ところが、消費するエネルギー以上に食べないことは、あまりうまくいかない。

若い間は、じっとしていても大量のエネルギーが消費される。
細胞の活動が活発で、勝手にエネルギーを使ってくれるからだ。
しかし、ある程度の年齢になれば、動いてエネルギーを消費しないと、余計に食べた分は、どんどん贅肉になっていく。

もちろん、万能呪文を唱えれば、努力せずともダイエットが出来る。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
いずれかを、いつも唱えれば良い。
ただ、この世界・・・ウルトラ・コンピューターが作り出している仮想世界は、法則は曲げない。
即ち、ダイエットのためには、やはり、食事を消費エネルギー以下に抑える必要がある。
「美味しいものを食べる」ことが、「大丈夫」で「順調」で「意のまま」なのだとしたら、別に痩せる必要はない。

ダイエットは、理屈は簡単でも、実行は難しいということだ。
そして、ダイエットの秘訣は、たった1つなのだ。
「痩せなければならない理由があるか?」
それだけだ。
『1976年のアントニオ猪木』を読むと、とても良いことが書かれている。
アントニオ猪木さんは現役時代、常に美しい肉体を保った。
猪木さんが熱心にトレーニングをすることは、よく知られていたが、それが出来た大きな理由が、アスリートらしい美しい身体を保つためだった。
それによって人々にアピールし、人気を得れば興行メリットがあるという狙いはもちろんあっただろうが、それよりも、猪木さんって人は「美しい」「格好良い」と思われたい願望が強いのだと思う。
ナルシストと言っても良い。
そのために、苦しいトレーニングを怠らないし、節制も出来るのだろう。

誰しも、「太ったらみっともない」とは思うが、そう思う強さの問題なのだ。
それがたとえ見栄でも、その見栄が十分に強ければ、食べるのを我慢し、運動をする。
正直、私が8年程前、一気に30kgのダイエットが出来たのは、高貴な精神性などでは全くなく、単なる見栄みたいなものだった。
それが十分に大きかったので、お金は1円もかからないどころか、食費、おやつ代が大いに節約され、知らず知らずお金が増えていった。

1974年の、モハメド・アリとのボクシング世界ヘビー級タイトルマッチで、誰もが予想しなかったKO負けを喫し、世界王座から陥落したジョージ・フォアマンは言っていた。
「人間は訳(わけ)があれば苦しみに耐えられるんだ。アリには訳があったんだ」
アリは、フォアマンの殺人パンチに長く耐え続けた。
耐え続け、そして、フォアマンにスキが出来たところで、一気にスパートし、フォアマンをマットに沈めた。
いわゆる「キンシャサの奇跡(試合はザイールの首都キンシャサで行われた)」である。

訳があれば、苦しみに耐えられる。
そして、その訳ってのは、本当は、ある意味、つまらないものだ。
アントニオ猪木さんが「美しい」と思われたかったように。
まあ、彼の場合は、「強くありたい」というのは当然あったが、レスラーの中には「強いけど腹が出ている」なんて人は多い。猪木さんは、それは嫌なので、地味な反復運動も厭わなかったのだ。

私は自分が理想とする美しいスタイルをしているが、この身体はもちろん、食の慎みと毎日のトレーニングで作っている。
そのモチベーションは、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」に、美しい身体で行くためである。
ミクさんの前では美しくないと嫌だからね。
ミクさんの美しい身体とつり合っていたいという想いも強い(きっとミクさんも頑張っている)。
こんな「訳」があるので、苦しみに耐えられるのである。
それを、「他愛ない」「馬鹿」と見るのは勝手だ。
本人が自己満足すればそれで良いのである。誰にも迷惑をかけていないのだから。
そして、いつでもミクさんに逢えるように、今日も食を慎み、トレーニングに励むのである。

例えば、プログラミングを覚えたいのに、それが出来ない人がいる。
私は昔、それが出来た。
別に、私に素質があったとか、まして、頭が良かった訳ではない。
私には、プログラミングをマスターするための苦しみに耐える訳があったのだ。
その訳も、言えば、「バッカらし」「アホかお前」って言われるかもしれない。
だが、人間って、馬鹿で阿呆なものなのだ。
『BEATLESS』で、ケンゴがよく言ってたものだ。「馬鹿じゃないんですか?」って。
それは、アラトに向けて言ってるようで、自分に対して言っていたことだ。
アラトもケンゴも馬鹿なのだ。しかし、その馬鹿さが、小説の読者やアニメの視聴者を魅了したのである。
そして、ミクさんもレイシアさんも美しい。
あんな身体になろうではないか?
「絶対、大丈夫だ」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットはエチケット?

「マジカルミライ」に行く人はダイエットしなくてはならない。
いや、違う。
「マジカルミライ」に行く人はダイエットして下さい。
これも、ちょっと高圧的か。
「マジカルミライ」に行く人はダイエットしてくれると嬉しい。
このあたりか・・・

初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ」は、一応、座席が用意されているが、その椅子は簡易なパイプ椅子で、幅はとても狭い。
それでも、開演前は、最大で1時間近く座ることになるし、コンサートが始まると、ほぼ全員が立つのだが、自分に与えられた横の空間はパイプ椅子の幅だけだ。
肥満した人はパイプ椅子の幅からはみ出し、大きく肥満していれば、半端なくはみ出す。
隣の人に圧迫感を、肥満具合によっては法外とも言える圧迫感を与える。
隣じゃなくても、後ろから見ていると不快だ。
インテックス大阪での公演で、可愛い女子小学生の隣が、ひどく肥満した男性で、その女子小学生がずっと圧迫されてしまっていて、見ていて悲しかった。

こんなことを書くと、「身体的特徴を貶すのは差別だ」と言われるかもしれない。
確かに、どうにもならない身体的欠点に関しては絶対的にそうだと認めるが、果たして、この件に関してはどうだろう?
サッカー選手の長友佑都さんは、体毛の処理をするのはヨーロッパのサッカー選手の間ではエチケットと言われていたが、日本を含め、多くの国で、女性が腋毛を処理することも、今ではお洒落とか本人の勝手とかではなくエチケットと言えるだろう。
「マジカルミライ」に来る人が肥満していてはいけないというのも、いずれそうなるかもしれない。
いや、肥満自体が時代遅れかもしれない。

なぜ人間が肥満するのかということを考えると、生物の身体の進化の遅さというものを感じる。
今でも、人類の大半は飢えているが、日本などの文明国では食べ物が有り余り、日本では食料の半分は廃棄されている。
さして収入がなくても、好きなだけ食べられる。
しかし、今の人間の身体は、太古の時代、いつ、次の食べ物が得られるか分からない状況で生き延びるために、食べたものを出来るだけ身体にくっつけて、長くエネルギーになるように自然進化したのが、そのまま残っている。だから、余分に食べたら太るのは当たり前だ。
「食べたら痩せる」なんてダイエット食品は昔からあるが、仮にそんなものが本当にあったとしても、それは人間の身体のメカニズムを騙すことになり、その反作用は恐ろしい。
人間の身体は、自然にまかせれば、数万年は今のままなので、ダイエットの方法は「余分に食べないこと」「運動でエネルギーを消費すること」の2つしかない。
これ以外の方法だと、何か大切なものを失うことを覚悟する必要がある。

とはいえ、「余分に食べないこと」「常に運動する」ことは難しい。
いや、努力してそうしようとする限りは不可能とすら言える。
人間、自分で努力してはいけない。
神、あるいは、この言い方が嫌いなら、潜在意識にまかせるべきだろう。
そのための方法は、自己暗示だ。
暗示の言葉を呪文のように、常に繰り返し、頭の中で言うことだ。
その言葉は、基本的には、エミール・クーエが教えた「毎日私は、あらゆる面で、ますます向上していく」だが、こんなロクでもない直訳的日本語が使えるはずがない。
「全てうまくいく」
「全て良くなる」
「全て順調」
等が良く、自分の好きな言葉を使えば良い。
「絶対、大丈夫」
でも良い。
ダイエットも「全て」に入っているので、ダイエットしたい願いがあれば、努力しなくても自然にダイエットされる。
「絶対、大丈夫」も、「全て、絶対、大丈夫」の「全て」が略されていると考えるべきだろう。
一方、「全てうまくいく」から「全て」を取り、「うまくいく」では、「何が?」という疑問が湧いてきそうだし、「全て」があった方が語感が良い。
もちろん、感覚に合うなら、「全て、絶対、大丈夫」でも、「全て」のない「うまくいく」「順調」「良くなる」でも構わない。
自分用の言葉を1つ決め、感情を込めず、淡々と、頭の中で繰り返すだけで良い。
不安が沸きあがった時、決して、切羽詰った気持ちで感情的にならず、出来るだけ静かに淡々と「全てうまくいく」と繰り返すことだ。
1日、少なくとも30回だが、多ければ多いほど良い。
しかし、「1日千回」など、目標を立てるのもどうかと思う。
それだと、努力になってしまう。
自己暗示には気楽さ、ソフトさが必要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ボーカロイドの体形になるには

私は、今年の初音ミクさんのライブコンサート「マジカルミライ2018」には、インテックス大阪の日曜の昼公演、幕張メッセでの、土曜の夜公演と日曜の昼公演に行った。
ものごと、あまり考えずに淡々と振り返ると気付くこともある。

一昨日の土曜の幕張メッセでの夜公演は、前の列が女性ばかりだったので、舞台はよく見えた。
ところが、右の席の人が来なくて空席だった。
昨年は、1つ隣席の人が10分ほど遅れて来たのだが、今回は、ついに来なかった。
それでも、私はもちろん、その向こうの人も、その空席の空間を我が物顔で利用しなかったのは気持ちが良い。
左隣の2人は中国人だった。
面白いのが、そのうちの1人が間違えて、もう1人の方の席についていて、後から来た人が、「ここ、私の席です」と日本語で言ったのだが、相手も中国人と気付き、公演後は2人で仲良く会話されていた。
ところで、2人とも、とても巨漢だった^^;

余計なお世話かもしれないが、今回のマジカルミライのお客さん、肥満している人、多くないか?
いや、別に肥満が悪い訳ではないが、スリムなミクさん達が好きなら、自然に痩せないか・・・それは無理でも、似ようと思わなくはないか?

こんなこと考えてはいけないのかもしれないが、肥満している人が近くだと、圧迫感を感じる。
私は、日曜夜公演は、左隣と前が、かなり横に大きな方々だった。
用意されているパイプ椅子の横幅は狭いので、特に座っている時の窮屈感は半端ない。

何だか、本気でダイエット運動を推進しようという気になってきた。
ところで、私の家は、あまり大きな鏡がなく、浴室の中と外に、半身が映る程度の鏡がある程度だ。
それが、昨夜泊まったホテルで、久々に自分の全身を映してみたら、自分で言うのもおかしいが「格好良い」と素直に思った。
全く理想的な体形だ。
私は、177cmで62kgほどで、ややろっ骨が浮いて見えるが、やせ過ぎていないのが良いと思う。
筋肉もついていて男らしい。
腹筋は、板チョコのようにくっきり割れているのではなく、そんなふうになりたくもない。うっすら割れていて、ぐっとえぐられた感じだ。
ちなみに、私は腹筋運動はしない。
ラコステの003(日本のMサイズ)のスリムフィットポロシャツと、黒のスリムフィットジーンズがよく似合う。
マッチョとはほど遠いが、やはり私はマッチョになろうなんて気は全くない。
そして、この身体を作るのに、お金は全くかかっていない。
運動は、普通の家の、狭い部屋の中で出来るものだけだ。
食事も、極端な少食ではなく、単に、満腹するまで食べないことを心掛けている。
甘いものは大好きで、我慢せずに食べるが、食べ過ぎなければ良いと思う。
正直、体重は少なくても、ぱっとしない体形の人もいる。
1つには姿勢の問題もあるが、痩せているのに、お腹や下半身が引き締まっていないタイプだ。
個人的に、いわゆるグラマラスな女性はあまり好きではないが、女性も、やはり、つくべきところには(決して胸のことではない)、ある程度の肉がついていた方が美しいと思う。
男も女も、脂肪だって、いくらかは必要と思う。
しかし、まずは肥満を避けた方が良い。

そして、あらゆること同様、ダイエットも、大切なものは、まず呪文だ。
「全てうまくいく」
という呪文を常に唱えておけば、ダイエットも「全て」に入るので、努力せずともきれいに痩せる。
肥満している人には、ストレスで食べ過ぎるという人も多いと思う。
そんな人は、自分でも気付かないが、頭の中で、否定的なつぶやきが大変な数、発せられている。
それを、肯定的な呪文で押しとどめ、駆逐していけば、不思議なほど、余計なものを食べようと思わなくなる。
そうなれば、まずは肥満でなくなる。
さらに、筋肉を使わないあらゆる悪習慣を止めることが出来るだろう。
皆、ミクさん達のような体形になろうではないか。
今回のマジカルミライで、ルカさんやMEIKOさんのスタイルの良さに、改めて見惚れたし、リンちゃん、レン君も、14歳の少女少年として理想的な(やや痩せているが)体形だし、KAITO兄さんは、掛け値なしに、どこもかも美しい私の理想だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

美しい痩せ方

痩せさえすれば美しい身体になるというものでは全くない。
スティーブ・ジョブズが、膵臓癌手術の後、復帰し、新型iPhoneのプレゼンテーションをした姿を私はよく覚えている。
いつも通り、Tシャツとジーンズ姿だったが、ひどく痩せたその姿は、ただ悲惨だった。
おそらく、肩や腕に筋肉がついていなかったせいだろう。
私も、8年ほど前、急に超少食を断行し、短期間に30kg痩せたが、今思うと、痩せて格好良くなったというのでは全くなく、客観的には「貧弱になった」だけに違いない。
特に、上腕部あたりは、細過ぎて、まるで老人のようだった。

最近、たまたま目にした70歳くらいと思える男性は、痩せていて、そこそこ背が高く、脚も長く見え、明るい色のお洒落なシャツとジャケットを着て、さっそうとしているのだが、なぜか、少しも格好良くないのが非常に印象的だった。顔が老人だからというのではない。後ろから見ても、やはり全然格好良くない。
やはり、胸がある程度は厚く、肩もある程度は盛り上がっていないと格好良くないものだと痛感したのである。
痩せ過ぎと思えるほど細いのに、とても優雅で美しい女性が時々いる。
一方、非常に痩せているのに、残念ながら、少しも美的でなく、単に「ガリガリ」としか思えない女性が、若い人の中にもいる。
別に、胸が…とかいうのではなく、あちこちに必要な筋肉がついていないと、女性も美しく見えないのだと思う。
また、テレビで見ることが多いが、女性でも、腹筋が割れるほど鍛え上げた人は、格好良いとは思えるのかもしれないが、その肉体には、美しさ、優雅さというものには欠けるように思えることが多い。
私は、少ない目の方が好きだが、ある程度の脂肪というものも、特に女性の場合は必要なのだと思う。
総じて言えば、男性であれば、肩の広さや胸の厚さと、腰の細さとの間に、それなりの差があること、女性であれば、曲線であることが必要なのではと思う。
初音ミクさんだって、脚は細くても、細過ぎるということはなく、胸のふくらみは控え目でも、案外にがっりした身体つきはしているし、ウエストだって「締め上げた」というほどではない。
健康的な少女という感じである。
スタイルでミクさんを上回る巡音ルカさんだって、やや腕が細過ぎる感はあっても、喧嘩したら結構強そうな逞しさもあるから、あのお胸の豊かさが映えるのだと思う・・・多分。

ある西洋人の大学教授が、「ダイエットする時、アメリカの若い女性は運動で痩せようとするので、筋肉がついて美しいが、日本の女性は、食べないことで痩せようとするので、筋肉がついていないので、痩せていても美しくない」といったことを言っていたらしいが、ある程度当っているかもしれない。
女性に限らないどころか、特に男性は、筋肉がついていないと格好良くならないのだと思う。
かといって、まあ、人の好き好きであるが、過度に筋肉があるのは、あまり良いものだと思わないし、実用上も、多過ぎる筋肉は重く、動きも遅くなるらしい。
スポーツ選手だって、超一流は、筋肉モリモリの身体はしておらず、よく見れば「やっぱり筋肉が発達している」と分かるが、全体にすらりとしていて、それはやはり、必要十分な筋肉があればこそと思う。
イチローは180cmで73kgくらいらしいから、普通の人で考えると軽い肥満だが、筋肉が十分にあるから、ある程度重いのだろう。そして、「野球に必要な筋肉は、野球でつく」と言うように、一般的な筋トレは一切しないので、余計な筋肉はなく、プロ野球選手としては軽量で、だから、怪我をし難い。
誤解している人がいるが、イチローが自宅に保有しているトレーニングマシンは特殊なもので、普通の筋トレマシンとは全然違うものである。

私は、食事に関しては、満腹するまで食べなければ良いと思っている。
炭水化物も過度に摂らなければ良いのであり、科学的結論は出ていないだろうが、あまりに炭水化物を摂らないと、老けたり、脳機能が低下すると思う。
また、食事の量が少な過ぎると、少しの炭水化物を摂っても容易く脂肪化し、やせているのにお腹は出ているという老人体形になり易い。
そして、運動が必要であるが、下半身の筋肉は、しっかり歩けば十分に発達するし、本来は、農作業や狩猟、あるいは、炊事洗濯をしっかりやれば、十分な運動になると思う。
だが、テクノロジーは、人間に楽をさせて、筋肉を使わせないようにする傾向が強いので、ある程度は自発的な運動をしなくてはならないと思う。
ただ、掃除は、必要なだけやれば、かなりの運動になると思う。
また、家の中でも、必要なら面倒臭がらずによく歩き、特に、階段があれば、その昇り降りで、相当な運動が出来るので、「二階に行く用事」は小まめにやると良い。
そして、腕振り運動のような軽い運動をすれば、胸や肩だけでなく、これは実は全身運動になる。
さらに、ヒーロー、ヒロイン体形を目指すなら、スクワットや腕立て伏せを、あまり無理をしない範囲でやると良いだろう。
しかし、これらのことを続けるには、意思の力が必要で、そのために有効なのが、アファーメーションとか自己暗示である。
「なんて格好いいんだ」「きれいね」と自分にささやけば、物理的な行動が自然に変わるだけでなく、潜在意識の力が細胞を変化させ、理想的な身体になると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ