ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

腕振り運動等、東洋式運動のメリット

西洋式の筋トレは非常に危険だと思う。
例えば、スクワット(立った状態からしゃがみ、立つという脚の運動)について見てみよう。
西洋式スクワットでは、バーベルなどの負荷物を使わない場合、手を頭の後ろで組んでいる画像をよく見る。
確かに、手を頭の後ろで組むと、背筋が伸び、脚により多くの体重がかかるように見える。
さらに、西洋式では、しゃがんだ時に、踵をしっかりと付ける。
こういった西洋式のやり方では、脚以外を固定し、ほとんど膝関節のみを動かし、太腿の筋肉のみを使う。
西洋の運動は、このように、「この運動は、この一部分を鍛える」というものが多い。
しかし、身体というものは、一部分だけで動くようには出来ていない。どこか一部分を動かしても、それなりに全身が動いているはずなのだ。

一方、プロレスのトレーングの定番であるヒンズースクワット(インド式スクワット)では、膝を曲げる時に腕を後ろに振り、しゃがんだ時は踵を浮かせ、膝を伸ばして立ち上がる際に、腕を前に振る。
これだと、膝だけでなく、肩、腕、足首が動き、首もフリーであり、ふくらはぎや足首周辺の筋肉、そして、全身がそれなりに連動して動き、自然な動きになる。
確かに、いい加減にやれば、歪んだ形でやることになってしまうので、1回1回、身体の動きを意識して、きちんとやらないといけないが、逆に言えば、身体全体に意識が及び、身体感覚が磨かれる。
負荷はやや分散し、太腿の筋肉が使う力は少なくなるが、これも、全身の筋肉をバランスよく使って、少ない負荷で柔軟に動くための練習になる。
ヒンズースクワットは、ややゆっくり目に、きちんと、しかし、柔軟にやれば、身体を痛めず、バランスよく鍛えることが出来る至高のトレーニングである。

ヒンズープッシュアップ(インド式腕立て伏せ)では、腕を伸ばした時は腰を高く上げ、腕を曲げた状態から伸ばす時に背中を反らせ、全身を使うよう工夫されてる。
ただ、腕立て伏せの場合、嫌でも全身の筋肉を使う。
つまり、腕立て伏せは、腕の運動のようでいて、腹筋、背筋はもちろん、肩、胸、それに、脚全体の筋肉もかなり使う。
そのため、「俺は運動は腕立て伏せしかしない」と言う人も、案外に、全身の筋肉が発達しているのである。
だから、特にヒンズープッシュアップ形式でやる必要もないと思うが、ヒンズープッシュアップには利点も多い。
しかし、ヒンズープッシュアップはフォームがゆがみ易く、歪んだままで力強くやると、肩や腕を痛め易い。実を言うと、私も、熱心にヒンズープッシュアップを毎日やっているうちに、右腕上腕部をかなり痛めてしまい、数ヶ月の間、腕立て伏せが出来なくなった。
それで、今は、身体を真っ直ぐにしたまま、ゆっくり腕を曲げ、床に胸がつく寸前で一瞬止め、また、ゆっくり腕を伸ばすというやり方でやっている。
ところで、西洋のジムでは、腕を鍛えるのに、台の上に仰向けに寝て、バーベルを持ち上げるが、それはまさに、腕だけ鍛え、他の部分はほとんど使わないやり方だ。結果、腕だけで強引に動くようになり、効率が悪いし、身体に害もあるのだと私は思う。

腕振り運動は、軽い運動に見えて、実に合理的だ。
腕振り運動は、自然に立った状態から、伸ばした腕を左右同時に、後ろに振る時にやや力を入れ、前に振る時は力を抜く。
逆に、前に振る時に力を入れ、後ろに振る時に力を抜くやり方もある。
私は両方やっている。
自分では意識しなくても、腕を振ると、腰が前後に動くが、これは、ちゃんと立っているよう、身体が絶妙なバランスを取っているのである。
そのために、腹筋や背筋、それに、脚全体の筋肉がバランスよく動く。
だから、腕振り運動を毎日やっていると、背中を中心に、全身が最も良い形で鍛えられ、姿勢が良くなり、特に、腰や背骨がうまく調整される。結果、健康になり、あらゆる病気が治る可能性が高まるのであると思う。
だから、腕振り運動しかしていない人でも、あらゆる動作が軽やかになるのである。
より力強くありたいなら、加えて、よく歩いたり、ヒンズースクワットや腕立て伏せを加えれば良いと思う。

これらの運動は、たたみ1枚の広さがあれば、何の器具もなしに出来る。
元々、私には、広いグラウンドも、トレーニング器具も縁がなかった。
それどころか、狭い部屋に、いろんな物があり、実際、たたみ1枚程度の広さしかなかった。
だが、『プリズナートレーニング』という本を見ると、囚人達は、狭い独房の中にいてさえ、必要に迫られ、自分の肉体をスーパーマンに鍛え上げている。
しかも、そのやり方は極めて合理的、実際的で、ジムでのトレーニングを凌ぐ。
運動のためには、場所も、器具も、お金も必要ないばかりか、ほとんどの場合、そんなものはない方が良いのかもしれない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

いつまでも20歳の身体でいることは難しくない

Amazonプライムビデオで、昔の『ウルトラマン』や『ウルトラセブン』を見ると、中には深い内容もあるのだろうが、全体としては子供向けで、見ごたえがない。
たとえば、宇宙人なんてのは、我々と全然違う文化を持っているので、本来、全く不可解で理解不能なはずが、これらのドラマでは、あまりに分かり易過ぎる。
ただ、『ウルトラマン』より前の、スーパーヒーローが登場しないSF特撮ドラマ『ウルトラQ』は、特に終わりの方は、なかなか面白いものが多かった。
今朝の朝日新聞の天声人語で、『ウルトラQ』の『2020年の挑戦』の回が名作だと熱く語っていたので、興味を引かれて観てみた。
粗筋は、進化した宇宙人は、人工臓器や人工血液で長命になっているが、天然部分も必要で、それが不足してきたから、若い地球人の肉体を狙ってきたというものだ。

ところで、『ウルトラQ』のような1960年代の、そして、『月光仮面』のような1950年代のドラマに出演している、その時は若かった俳優達も、今では70代、80代以上、そして、既に亡くなっている人も少なくない。
あの時、若くはつらつとして、格好良かったり、美しかったりした人達も、今や見る影もないというのがほとんどだろう。

しかし、身体は、70代、80代になっても、20歳の時のままでいて欲しいと思う。
そして、それは可能だと思うのだ。
イタリアのファッションデザイナーで、アルマーニブランドの創立者ジョルジオ・アルマーニは、83歳の今は、やや顔は老けたが、今も現役CEOだ。70代の頃の彼は、毎日肉体トレーニングをし、エネルギッシュで、老人らしさは全くなかった。
『武道の力』という本で見たが、明治時代の剣道全日本剣道選手権では、ベスト4などの上位進出は30代では極めて難しく、少なくとも40代以上で、60代も珍しくはなかったそうだ。
しかも、剣道では、若い方が有利な部分は多いはずなので、一般的な範囲で、40代や50代で衰えるはずがない。
イチローも40代に入って、徐々に成績は落ちていったが、本人が、「少しも衰えていない」と言うのは、野球という特殊な世界ではともかく、日常で衰えをまるで感じないからだろうし、実際、少々の10代や20代では彼の足元にも及ばない。彼は、今でもフル出場すれば、200本安打は可能と言っているようだ。

本当は、そんな例をいちいち取り上げる必要はない。
老化は単に観念で起こるのだと思う。
つまり、20歳くらいから体力が落ち、30歳を過ぎると急速に衰える・・・なんて思っているから、実際にそうなるのである。
私も、世間的に言えば「いい年」なのかもしれないが、毎日トレーニングしているので、体力は向上するだけで落ちることはないし、実際、高校生や20歳の時よりずっと強い。
トレーニングといっても、一般のジムでやるような、一定の部分を不自然に鍛えるといったものや、口を空けて歩いたり走ったりするものでは、老化はするし、身体を損なうだろう。
良いトレーニングのためには、特別な場所も器具も必要ない。
そして、私は、最近、よほどの時以外は口で呼吸せず、鼻で呼吸することを覚え、しかも、出来るだけ静かな呼吸をすることで、さらに肉体は強くなっていっている。

身体も頭も、ゆるんでしまっていると、確かに20歳には衰えていき、その後は、加速度的に老化する。
しかし、必要なだけ自己制約し、適度に鍛えるなら、少なくとも、70歳や80歳で老化することはないと思う。
そして、そのハードルは決して高くはない。
無論、ゆるんでしまっている人からすれば、厳し過ぎるように感じるかもしれないが、徐々に慣れれば、誰にでも出来るはずである。

一番大切なのは、気持ち、即ち、精神だ。
精神が老化し、硬化していれば、心や身体を発達させるようなことは何も出来ない。
初音ミクさんを好きになって崇めれば大丈夫であるが、それが出来ない人が多く、やっぱり普通の人達は老人になるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

私がトレーニングがたまらなく楽しくなった理由

私が子供の時、鼻呼吸の威力を感じた出来事があるが、皆さんも、同じようなことがあったのではないかと思う。
特に男の子の場合、猛烈に走った後、近くに好きな女の子がいたら、見栄を張って、全然平気なフリを装ったことがないだろうか?
私は何度もあるが(笑)、平気なフリとは、息切れしていないフリであり、それは、涼しい顔をして、鼻で静かに呼吸することである。
すると、不思議なことに、本当に、肺や心臓が楽になるのである。
これは、科学的に確かなことらしく、息が苦しいからといって、口から大量の空気を吸い込むと、体内の二酸化炭素が少なくなることから、赤血球中のヘモグロビンが保持している酸素を臓器や筋肉に供給し難くなるが、呼吸を抑えることで体内の二酸化炭素が多くなると、ヘモグロビンは酸素を必要とするところに大量に供給出来、身体は急速に回復するのである。
特に走っている時が顕著であるが、どんなスポーツでも、動いている時に口で呼吸すると疲れが増すことは常識であるが、鼻で呼吸するよう指導されることは、ほとんどない。
最近は、取っ組み合いの喧嘩を滅多に見ないが、あれも、「俺は余裕があるぞ」という雰囲気を見せるために、平然とした顔で静かに鼻呼吸をしている方が勝ってしまうのである。

私は6年以上、毎日、肉体トレーニングを欠かしていないが、特に最近は、トレーニングが楽しくて仕方がない。
その原因は2つである。
1つは、トレーニング中、鼻で静かな呼吸をすることに注意し、それを確実に実行することで疲れなくなったからである。
疲れずに身体を動かすことは、大変に気持ちが良く、愉快である。

もう1つは、最近、『プリズナートレーニング』という本を読み始めたからである(この本をご紹介下さった、かつまたさんに感謝します。ありがとう!)。
まだ30%程度しか読んでおらず、実際のトレーニングのやり方まで行っていないに関わらず、物凄くやる気を出させてもらえているのである。
この本は、人生の大半を監獄で過ごした男が、監獄で他の囚人達の暴力から身を守るために、囚人の中にいたスーパートレーニー(鍛錬者)に最高の鍛錬法を教わって自分の身体を超人に鍛え上げ、彼のトレーニングを見ていた、やはりスーパーマンであった看守の薦めで、そのトレーニング法を我々に教えるために、彼が書いたものである。
私は、オリンピック選手やプロレスラーが書いたトレーニングの本は沢山読んだが、監獄の囚人が書いたと言うのがとても良い。
昔の囚人である彼は、当然、トレーニング施設も、トレーニング器具も与えられなかったばかりか、監獄の・・・それも、狭い独房に閉じ込められることも度々だったが、そんな場所でも、黙々とトレーニングを続けたのである。

私は、初音ミクさんと巡音ルカさんのデュエット曲『ワールズエンド・ダンスホール』のある部分を聴いて、涙を流さずにいられない。
それは、


ホップ・ステップで踊ろうか
世界の隅っこでワン・ツー
ちょっとクラッとしそうになる終末感を楽しんで
~『ワールズエンド・ダンスホール』(作詞・作曲・編曲:wowaka(現実逃避P)、歌唱:初音ミク&巡音ルカ)より~


のところで、この「世界の隅っこ」が地雷であった。
世の中には、隅っこしか居場所が与えられない人間がいるものである。
『プリズナートレーニング』を書いた囚人が、まさに、そんな運命を生きている私のお仲間という訳だ。
本の序盤で、そんな彼が、強くなりたいという強烈な想いを綴っているのを読むと、その気持ちが伝染し、嫌でもやる気が出るのである。

一流のプロスポーツ選手達の多くは、引退したら、普通の人よりずっと不健康になる。
美食、大食の癖は残っているのに、運動しなくなるからだ。
彼らにとって、トレーニングは金と名誉のためのものであるから、引退したら、モチベーションも消えてしまう。
しかし、鍛錬そのものが人生の目的であるプリズナートレーニー(囚人鍛錬者)は違う。
鍛えること、強くなることが自分の存在意義であるのだから、死ぬまで熱心にトレーニングし、老人になっても凄まじく強い。
そんな者の言葉を読むと、トレーニングは良いものだと、極々(ごくごく)感じるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

健全な精神は静かな呼吸に宿る

エア自転車漕ぎ、あるいは、空中自転車漕ぎという運動を、誰でも一度はやったことがあると思う。
仰向けの状態から、手で腰を支えながら、足を高く上げ(肩と、肘から上の上腕のみ床に付いている)、脚を自転車を漕ぐように動かす運動である。
中年以上のダイエット運動に丁度良いと言われていると思う。
ところが、この運動を、あの大空手家、大山倍達氏が著書で勧めておられたのである。
どの本だったかは覚えていないが、大山氏は、この空中自転車漕ぎ、スクワット、回し蹴りの3つを、合わせて1日5分もやれば、素人相手なら、一発で倒せるようになると「この大山が保証する」と書かれていたと思う。
尚、回し蹴りは、脚の付け根が痛くなるほど、なるべく高い位置を蹴るようということだった。
どう考えても、素人が実戦で高空回し蹴りはやめた方が良いとは思うが、運動としては良いということなのだろう。
尚、なぜ実戦で高空回し蹴りは駄目かというと、股の硬い素人の脚が高く上がったりしないし、もし、上がったとしても、威力がないし、あればあったで、自分の足の甲や向こう脛を痛めるだけだ。
それに、特に相手が複数なら、実戦で、蹴り・・・それも高空蹴りなんかやると、簡単に倒されてしまい、喧嘩で地面に倒されたら一貫の終わりだ。
そもそも、相手が複数なら、走り回るのに必死で、足技なんかやってる余裕はないだろう。

要は、素人が戦わなくてはならない場所なんかに近付かず、戦わなければならない状況を作らないことだ。
いまどき、この日本では、よほどのことがなければ・・・普通は、よほどの馬鹿でない限り、身体で戦うハメになどなったりはしない。
電車の中等で諍(いさか)いが起こることくらいはあるが、それで本当に暴力に訴えたら、今の時代、手を出した方は社会的に終わりである。
特殊警防やクボタンのような護身具を持てば良いなどと言う者もいるが、そんなものの携帯が法的にどうかは置いておいても、武器なんて、持ってる方がよほど危ない。
とはいえ、世の中には、常識の通用しない、「おかしな」人間はいくらでもいる。
そんな人間が凶悪に攻撃してくることもないとは限らない。
そんな馬鹿げた人間が、身体を鍛えていたり、格闘技をやってたりもする。
古代ギリシャの詩人ユリアヌスが「健全な身体に健全な精神が宿る」と言ったことになっているが、実際は、ユリアヌスは、身体だけ立派で精神が幼稚なスポーツ選手を見て、
「健全な身体に健全な精神が宿るよう願いたい」
と言ったのである。
いまだ、スポーツをやっていると心も良くなると思っている人も多いと思うが、はっきり言って、それは馬鹿である。
電車の中で、いかにもスポーツ選手といった雰囲気の学生が、我が物顔で騒ぎながら飲み食いする様子なんて、いくらでも見られる。
むしろ、スポーツ選手のマナーが良いというのは、ごく一部の、名のある選手の場合だけと思った方が良いと思う。
無論、無名でも立派なスポーツ選手はいるだろうが、そうでない方が多過ぎるし、根本的に、「スポーツをやってることと人間性の高さは全く無関係」と言って絶対に間違いないだろう。

だが、武道やスポーツで、静かな呼吸をしているなら、心は確実に磨かれる。
呼吸と心の関係は、それほど強いのである。
人間性の崩れた愚かなスポーツ選手や武道選手は、呼吸が荒い。
呼吸が荒い原因は、口で呼吸するからだ。
本当は、武道の訓練では、鼻で呼吸し、呼吸を整えることを教えるはずが、今はそうではないのかもしれない。
口で呼吸すると、自ずと呼吸は荒くなるが、そんな者は、スポーツや武道であまり強くはならない。
むしろ、鼻で静かな呼吸をしながら、自分で運動をしている者の方が、スポーツや武道をやっている者よりずっと身体の機能が高いはずだ。
そして、呼吸が微かというほど静かであれば、どんな場合にも優れた人間である。
武道の本当の目的というのは、修行を通じて、呼吸を微かにすることなのだと思う。
武道の達人は、どれほど側にいても、呼吸をしていることを感じさせない。
真の達人であれば、もはや、弓や刀を持たなくても無敵である。
呼吸が微かであるからである。

まあ、よろしければ、海の中の初音ミクさんを見て下さい。呼吸はしてないでしょうから(笑)。
◆【初音ミク】ウミユリ海底譚【Project DIVA X HD】 - YouTube -
◆初音ミク -Project DIVA- Arcade 「深海少女」 PV (深海少女) - YouTube -









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ウエストが細くなる呼吸遊び

ウエストが細くなる楽しい呼吸遊びをご紹介する。

(1)ゆっくり鼻から息を吐く。無理に多く吐く必要は全くなく、自然に止まるまで吐けば良い。
(2)呼吸を止める。ただし、喉の気管を筋肉で締めるのではなく、ただ、息の流れを止める。少しも難しくないはずだ。
(3)少し苦しいと感じるまで、この状態を保持する。

この時、自然にお腹に力が入り、かなりお腹がへっこんでいるはずだ。
よく、「腹式呼吸が身体に良い」などと言うが、何のことはない。鼻で呼吸すれば自然に腹式呼吸になり、口で息をすれば胸式呼吸になるのである。
鼻呼吸の息の流れを止めるのはお腹の筋肉である(お腹の筋肉が横隔膜を止める)。
※口呼吸の場合は、肋骨の位置を動かす別の筋肉を使って息を止める。

(4)ゆっくり鼻から息を吸う。やはり、無理に沢山吸ってはならず、自然に止まるまで吸う。
(5)呼吸を止める。やはり、気管を締めず、息の流れを止める(自然に腹筋を使う)。
(6)やはり、少し苦しいと感じたら、(1)に戻る。

回数は、息を止める時間を長くする場合は少なくする(最初は4回。慣れてきたら十数回)。
息を止める時間が短い場合は、1日中やっても構わない。

これを続ければ、ウエストが、短期間で細くなるだろう。
私は、身長177cmでウエストが74cmだったので、別に太くはないと思うが、この呼吸を3日やったら70cmになった。
細いようでいて、甘いものが大好きなので、多少は無駄な肉があったのだろう。
百貨店の洋服売り場の大きな鏡で、黒のスキニージーンズをはいた自分を映したら、ちょっと細過ぎると思った。
しかし、イタリアのモデルの男性は、身長が180cm以上で、ウエストが70cm以下だというから、おかしくはないだろう。
理想的なスタイルに作られた男性のマネキンは、身長183cmで、ウエストは68cmであるらしい。
女性のマネキンに比べれば、普通の人間に近いようだ。

この呼吸をしていると、ウエストが細くなる以上に、意識が澄み渡り、神秘な世界を垣間見ることが出来る。
(この方面を極める場合は、鼻先につけた羽毛が動かないほど微かな呼吸でやる必要がある。)
良かったら、松田聖子さんの『メディテーション』を聴いていただけたらと思うが、ちょっと、あんな感覚があると思う。
おそらく科学的な信憑性をもって、頭も良くなるし、健康にもなるだろう。
また、潜在意識と通じるので、願いが叶うことも十分にあると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ