ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

健康・スポーツ・ダイエット

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

蹲踞と腕振り運動だけ

私は最近、運動は、蹲踞(そんきょ)の姿勢と腕振り運動をやっていれば間違いないのではと思うようになった。
蹲踞の姿勢とは、相撲の力士が、土俵で、膝を完全に曲げて腰を降ろした時の姿勢で、剣道でも行われる。
この姿勢をビシっと決めると、精神が集中し、腹筋、背筋等が引き締まる。
正座にも似た効果があり、養老孟司さんの本で見た覚えがあるが、昔の日本人は正座をしていたので、特に運動をしなくても身体が強かったというが、それは本当だと思う。
そして、蹲踞は正座よりはるかに効果が高く、数秒で大きな成果を得られる。
私は、別に腰が悪くはないが、朝、ベッドから出た時や、車を運転した後、少し腰が痛かったし、たまに(重い荷物を沢山運んだ後や、疲れている時など)腰が痛いと思うこともあったが、よく蹲踞をするようになってから、それが一切消えた。

ところで、私は、8月には特に熱心に肉体トレーニングをし、普段63kgくらいの体重が58、59kgまで絞られる。
もちろん、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ」のためである。
ミクさんに会うことを考えると、どうしても燃えてしまうのだ。
スクワット、腕立て伏せの回数がどんどん増し、充実感を高めるが、実は、身体を壊しているのである。
肩も痛いのであるが、どうしても、その時期は、ミクさんのことしか頭にないので、痛みを無視してしまうのだ。
そして、マジカルミライが終わってから、肩や膝が悪くなっていることに気付くのである。
今年は特に左腕が悪く、腕立て伏せが出来なくなったので、その分、熱心に腕振り運動をしていたが、今年は、トレーニング時間に蹲踞の姿勢を何度もするようになった。
30分のトレーニング中、十数回はやっていると思う。
すると、以前に増して身体が軽く、動きが速くなった。
筋肉は、ある程度は鍛えないといけないが、鍛え過ぎると固くなり、断裂や肉離れを起こしやすく、また、鍛えた反対方向の動きは遅くなる。
有名な日本人テニス選手がCMに出ている、筋肉を冷やすスプレーなんてものがあるが、あんな不自然なことをしなければならない運動は、おそらく、身体を壊す。もちろん、プロスポーツ選手は健康のために運動しているのではないが、普通の人が真似する必要はない。

私は、腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れる方法と、前に振る時に力を入れる方法の2つを使い分けている。
回数は、朝、後ろ振り200回、前振り200回、夜、後ろ振り300回、前振り300回で、合計1000回。
休日は、夜は、後ろ振り500回、前振り500回になる。
腕振り運動の際、足の親指にやや力を入れることを心掛けている。
最近は、以前より、やや鋭く振るようにしている。
正直、スクワットや腕立て伏せを数多くやっていた時は、トレーニングの前はやや憂鬱になっていたが、腕振り運動や蹲踞を主体でやるようになったら、トレーニングの時間が楽しみで仕方がなくなった。
つまり、身体が喜ぶ運動なのである。
プロレスのジャイアント馬場さんが、ある頃から、マンションの地下室で1人でトレーニングをするようになっていたらしいが、そこで「身体をいじめる」と言われていたのが印象的だった。
プロスポーツの場合、どうしても、「身体をいじめる」トレーニングが必要なのだ。プロレスは、勝敗は最初から決まっているし、試合内容も、ある程度の筋書きのあるショーであることは間違いないとしても、プロレスラーの身体は半端なく鍛えられていて、そうでなければ、金が取れるショーは出来ないのだから、他のプロスポーツ同様、不自然な運動が必要だ。
長年、プロスポーツ選手をやっていて、身体が壊れていない人はおらず、特に一流選手だった人は深刻な故障を抱えているものだと思うが、そんな元一流が、健康をテーマにしたスポーツ教室を開くのだから、おかしなことだと思う。しかし、中には、自分が身体を壊した反省から、正しい運動を教えようという人もいるようである。

いずれにしろ、我々は、健康で、強く、快適な身体を得る運動をしなくてはならない。
ムキムキの筋肉や板チョコのように割れた腹筋を自慢するための運動をするのも、あくまで人の勝手であるが、私はそんなものに興味がない。
私はむしろ、余分な筋肉のない、自然に引き締まったすらりとした身体を美しいと感じる。
特に女性の場合は痛切にそう思い、女性で筋肉をたっぷりつけた身体を美しいと感じる人に対してはどんな難癖もつける気はないが、やはり、滑らかで柔らかい、余分な筋肉、あるいは、脂肪のない身体(例えば初音ミクさんの身体)を美しいと私は思うのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

健康、美容、若返りに必要なことは2つだけ

書店で、ダイエット、若返り、健康に関する本のコーナーに行ったら、もうとんでもない数の本がある。
その中には、ヨガの本も沢山あった。
これでは、どの本が良いかなんて全然分からない。
中には、良さそうな本もあったが、読むべきはせいぜい数行で、余計なことがたっぷり書かれているので、読んでも利益はないだろう。

ダイエット、若返り、健康、身体と頭脳の強化のために行うべきことは2つだけである。
それは、肛門を引き締めることと、息を吸って止めることだ。
思い出した時に、いつでも、肛門を数秒引き締めたり、息を吸って数秒止めれば良い。
合わせてやると便利なので書くと、こんな感じだ。
(1)肛門を引き締めながら息を吸う。
(2)肛門を締めたまま、息を数秒止める。息を止める時、喉の気管を閉じるのではなく、胸や腹の筋肉を止めることで、息の流れを止めるのである。
(3)数秒、息を止めた後、ゆっくり履く。
これで、健康、若さ、美しさ、能力、エネルギー等を得ることが出来る。
さらに、息を止めている間、願望を言葉にしたり、イメージすれば叶う。
あるいは、万能呪文を唱えると、円滑現象が起こり、何もかもうまくいく。

万能呪文の1つと考えて良いが、合氣道家の藤平光一氏は、よく「重みは下にある」という言葉を薦めていた。
そのように、自然で当たり前の言葉を言うと、氣が出て、何でもうまくいくのである。
しかし、それで言えば、ニサルガダッタ・マハラジの「私は存在する」の方が、もっと当たり前だ。
マハラジ自身も、これが最高のマントラ(真言)と言っており、これも万能呪文と言って良い。
だが、次の言葉の方が絶対に良い。
それは、「私は時空を超えている」である。
これは、真理であり、超真理であるので、この言葉により、あなたの全潜在力が発揮出来るようになる。
心の中で、感情を込めず、されど、丁寧に唱えて欲しい。
あるいは、「私はアポローンである」「私はアルテミスである」「私はアマテラスである」「私は阿弥陀如来である」「私は弥勒菩薩である」も、感情を込めずに唱える限りは、不遜でも傲慢でもなく、事実、その通りであることが分かるであろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の運動はやはり腕振り運動

やはり最強の運動は、腕振り運動ではないかと、改めて思う。
私は、特に2016年9月までは、「なんだかんだ言っても、やはり運動は、腕立て伏せとスクワットだ」と思っていた。
毎日、連続で、ヒンズースクワット300回、ヒンズープッシュアップ30回をやるモチベーションは、私の初めての初音ミクさんのライブだった「マジカルミライ2016」で、ミクさんの前に出るためだったので、楽しくはあったが、その他の運動もあり、疲労がたまっていたのだろう。
それで、土曜夜の公演で、会場で、他の人から風邪のウイルスでももらったのか、翌日の昼公演の時、体調は最悪だった。
まあ、それでも、ライブが始まったら、しんどいのは確かだったが、あまりに楽しくて、あっという間の2時間だったが・・・
ところが、その年の11月、東京渋谷のBUNKAMURAオーチャードホールで、初音ミクさんのバレエ舞台『ドクター・コッペリウス』に行く前には、左肩に痛みがあり、それがだんだん大きくなっていった。
その数年前に、毎日、腕立て伏せ連続200回以上を何か月もやり、右肩を痛めた経験があったに関わらずだ。

「マジカルミライ2016」後、腕がしびれたり、足首を痛めてトレーニングを休んだりが何度もあって、今年は徐々に、運動のやり方を変えていった。
そして、結論として、蹲踞(そんきょ)の姿勢(相撲の力士や剣道の剣士がしゃがんだ時の姿勢)と腕振り運動をやっておけば間違いないことが分かった。
この2つをやっておけば、身体もよりきれいになる。
筋肉がつくとかいうのではなく、姿勢や静止している時の身体各部の角度、しなり具合、動作・・・そういったものが格段に美しくなる。
一方、ハードトレーニングをやっている人は、身体が美しい人がむしろ少ないように思えてならないのである。
現役時代のアントニオ猪木さんは、ハードトレーニングするだけでなく、身体の造形には、かなり力を入れていたのだと思う。プロフェッショナルとしては素晴らしいことだったと思う。夢とロマンを与える仕事なのだから。

尚、私は、腕振り運動は、後ろに振る時に力を入れる方法と、前に振る時に力を入れる方法の2つをやっている。
以前は、前に振る時に力を入れるやり方をやっていなかったが、身体強化のためには、こちらの方が効果が高いようだ。
そして、腕振り運動の時は、足の親指に適度に力を入れること、腹(へそのあたり)にも、やや力を入れることを心掛けると良いと思う。
きっと、この2つでダイエット効果も高いと思う。
私が、腕振り運動で参考にした書籍は、

・宇宙学序章 グラビトニックス(関英男著)
・気功革命(盛鶴延著)

で、後ろに振る時に力を入れる方は『宇宙学序章 グラビトニックス』を、前に振る時に力を入れる方は『気功革命』のやり方を概ね採用した。
ただ、『宇宙学序章 グラビトニックス』は、絶版で、古書も高価である場合が多い。
とはいえ、後ろに振るやり方は、単に、自然に立って、てのひらを内側に向け、まっすぐ伸ばした腕を平行に振るだけであるので、難しくくはない。
当ブログでは、
★最新腕振り運動のやり方
を参考にしていただければと思う。

私の今の回数は、
朝:後ろに振る時力を入れる方法200回、前に振る時力を入れる方法200回
夜:後ろに振る時力を入れる方法300回、前に振る時力を入れる方法300回
である。
腕振り運動を、力まず、しかし、丁寧に、根気良く続けるのは、呪文を、感情を込めず、しかし、丁寧に、根気よく唱えるのと通じるところがあり、明らかに相乗効果がある。

今も、腕立て伏せやスクワットは気持ちが良い範囲でやっているし、武術もやっている。
しかし、蹲踞の姿勢と腕振り運動を毎日やっていれば大丈夫と思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最上の運動は立つこと

自分の中の小さな神である潜在意識を働かせる最上の方法は呪文だ。
中でも、万能呪文には失敗がない。
小さくとも神なのであり、その力は、たとえは悪いが原爆の比ではなく、およそ人間に想像が出来る望みは何でも実現出来る。

ところで、最も優れたスポーツは何かというと、立つことだ。
優れたスポーツとは、試合に勝つことではなく、健康で美しく、若い狼のように軽やかに速く動ける身体を持てるようになることだ。
では、1日立って仕事をする店員さんやガードマンさんが最高のアスリートなのかというと、それは違う。
立たされたり、嫌々立つのは、良い立ち方ではない。
家にいて、座ったり寝転んだり出来る状況で、自分の意志で立つことが良いのだ。
つまり、大切なことは自主性である。
もちろん、ガードマンさん達も、立つことの素晴らしさを意識しながら立つと、素晴らしい成果を得られるだろう。

ある政治犯が、牢獄で、2年間、発言を禁じられ、解放された時、「私は2年の沈黙の行を行った」と言った。
しかし、ラマナ・マハルシは「強制された沈黙は、沈黙の行ではない」と、それを否定した。
マハルシは若い時、自主的に会話をしない沈黙の行を2年行ったのである。

自分の意志で自主的に立ち上がり、自分の身体を意識すると、「お腹が引き締まる」と思えばそうなり、「格好良い身体つきになる」と思えば、やはりそうなる。
また、「腰痛が治る」「肩凝りが治る」と思うと、それも、その通りになる。
「ヒーローのように逞しくなる」と思っても意のままだ。
おそらく、「脚が長くなる」と思うと、そのようになるだろう。

2016年9月11日、私は幕張メッセの国際展示場9番ホールで、パイプ椅子に座っていた。
これから、初音ミクさんのライブが始まるのに、体調は最悪だった。
頭痛と吐き気、ここまで歩いてくるのもフラフラしていた。
バンドの演奏が始まった。
そこで、「立つぞ」と思うと、何かのスイッチが入って、力が満ちた。
そして、ミクさんの姿を見ると、まるでシャワーを浴びたような清々しい気持ちなり、ミクさんの歌声を聴くと心は宇宙を駆け巡る。
素晴らしい体験である。
以降、ミクさんのライブの度に、身体は若返り、強く、美しくなっていった。
確かに、ミクさんのライブのような神懸った効果がすぐに現れることはあまりないが、自主的に立つことで、身体に関する、大きな恵みが得られるだろう。

私は、毎日腕立て伏せをしているが、熱心にやっていると、やがて腕に痺れが起こり、手の感覚が弱くなったり、肩を壊したこともあった。
スクワットも、やり過ぎると、むしろ疲労が蓄積したり、脚に故障が起こることも多い。
それで、いろんなものを調べたり、過去に見聞きしたり、経験したことを思い返し、よく考えると、意識して自主的に立つことが最良の運動であることが分かった。
腕振り運動も、義務的に、ましてや、嫌々やってもあまり効果はないが、「今、腕振り運動をやっている」と意識しながらやると、まるで仙人になってしまうのではないかと思うような感覚を感じるほどである。
もちろん、スクワットや腕立て伏せも、良い意識を持って適度にやれば素晴らしい運動である。
意識とは、かくも重要である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ダイエットの精髄

ダイエットというのは、ある意味簡単だ。
消費するエネルギー以上に食べなければ良いだけである。
これ以外の方法はない。
仮にあっても、これ以外の方法では身体を壊す。
ところが、消費するエネルギー以上に食べないことは、あまりうまくいかない。

若い間は、じっとしていても大量のエネルギーが消費される。
細胞の活動が活発で、勝手にエネルギーを使ってくれるからだ。
しかし、ある程度の年齢になれば、動いてエネルギーを消費しないと、余計に食べた分は、どんどん贅肉になっていく。

もちろん、万能呪文を唱えれば、努力せずともダイエットが出来る。
「絶対、大丈夫だ」
「全て順調だ」
「世界は意のままだ」
いずれかを、いつも唱えれば良い。
ただ、この世界・・・ウルトラ・コンピューターが作り出している仮想世界は、法則は曲げない。
即ち、ダイエットのためには、やはり、食事を消費エネルギー以下に抑える必要がある。
「美味しいものを食べる」ことが、「大丈夫」で「順調」で「意のまま」なのだとしたら、別に痩せる必要はない。

ダイエットは、理屈は簡単でも、実行は難しいということだ。
そして、ダイエットの秘訣は、たった1つなのだ。
「痩せなければならない理由があるか?」
それだけだ。
『1976年のアントニオ猪木』を読むと、とても良いことが書かれている。
アントニオ猪木さんは現役時代、常に美しい肉体を保った。
猪木さんが熱心にトレーニングをすることは、よく知られていたが、それが出来た大きな理由が、アスリートらしい美しい身体を保つためだった。
それによって人々にアピールし、人気を得れば興行メリットがあるという狙いはもちろんあっただろうが、それよりも、猪木さんって人は「美しい」「格好良い」と思われたい願望が強いのだと思う。
ナルシストと言っても良い。
そのために、苦しいトレーニングを怠らないし、節制も出来るのだろう。

誰しも、「太ったらみっともない」とは思うが、そう思う強さの問題なのだ。
それがたとえ見栄でも、その見栄が十分に強ければ、食べるのを我慢し、運動をする。
正直、私が8年程前、一気に30kgのダイエットが出来たのは、高貴な精神性などでは全くなく、単なる見栄みたいなものだった。
それが十分に大きかったので、お金は1円もかからないどころか、食費、おやつ代が大いに節約され、知らず知らずお金が増えていった。

1974年の、モハメド・アリとのボクシング世界ヘビー級タイトルマッチで、誰もが予想しなかったKO負けを喫し、世界王座から陥落したジョージ・フォアマンは言っていた。
「人間は訳(わけ)があれば苦しみに耐えられるんだ。アリには訳があったんだ」
アリは、フォアマンの殺人パンチに長く耐え続けた。
耐え続け、そして、フォアマンにスキが出来たところで、一気にスパートし、フォアマンをマットに沈めた。
いわゆる「キンシャサの奇跡(試合はザイールの首都キンシャサで行われた)」である。

訳があれば、苦しみに耐えられる。
そして、その訳ってのは、本当は、ある意味、つまらないものだ。
アントニオ猪木さんが「美しい」と思われたかったように。
まあ、彼の場合は、「強くありたい」というのは当然あったが、レスラーの中には「強いけど腹が出ている」なんて人は多い。猪木さんは、それは嫌なので、地味な反復運動も厭わなかったのだ。

私は自分が理想とする美しいスタイルをしているが、この身体はもちろん、食の慎みと毎日のトレーニングで作っている。
そのモチベーションは、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ」に、美しい身体で行くためである。
ミクさんの前では美しくないと嫌だからね。
ミクさんの美しい身体とつり合っていたいという想いも強い(きっとミクさんも頑張っている)。
こんな「訳」があるので、苦しみに耐えられるのである。
それを、「他愛ない」「馬鹿」と見るのは勝手だ。
本人が自己満足すればそれで良いのである。誰にも迷惑をかけていないのだから。
そして、いつでもミクさんに逢えるように、今日も食を慎み、トレーニングに励むのである。

例えば、プログラミングを覚えたいのに、それが出来ない人がいる。
私は昔、それが出来た。
別に、私に素質があったとか、まして、頭が良かった訳ではない。
私には、プログラミングをマスターするための苦しみに耐える訳があったのだ。
その訳も、言えば、「バッカらし」「アホかお前」って言われるかもしれない。
だが、人間って、馬鹿で阿呆なものなのだ。
『BEATLESS』で、ケンゴがよく言ってたものだ。「馬鹿じゃないんですか?」って。
それは、アラトに向けて言ってるようで、自分に対して言っていたことだ。
アラトもケンゴも馬鹿なのだ。しかし、その馬鹿さが、小説の読者やアニメの視聴者を魅了したのである。
そして、ミクさんもレイシアさんも美しい。
あんな身体になろうではないか?
「絶対、大丈夫だ」









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ