ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
あなたをSE、プログラマー、あるいは、超能力者にするブログ。ひきこもりも歓迎。

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

もっと呪文を

我々は、もっと呪文を唱えなければならない。
いや、実は、もう既に、誰もが呪文を唱えている。それもごく頻繁に。
ただし、ほとんどの人が、非常に好ましくない呪文を唱えているのだ。
「また嫌な目に遭う」「会社は辛い」「学校は嫌な場所だ」「どうせ私は駄目だ」
「私はあいつらの言いなりになるしかない」「逆らえない」「僕は弱い」「あいつは僕より偉い」「我慢するしかない」
一説では、人間は、1分間に、300から1000の呪文を唱えている。
それは、深層意識から出てくる言葉であり、深層意識の状態を表しているが、頭の中のひとり言(呪文)を繰り返すことで、深層意識の現在の状態を強固にしていくのだから恐ろしい。
つまり、人間は、教育された信念を自動的に強化していくように出来ている。なぜそうなっているのかというと、原始的な時代は、その方が生き延び易いからだ。
だが現代では、なぜ、マイナスの呪文ばかり唱えるようになったのかというと、1つは学校のためである。
学校は、従順な労働者を生産するための場所であり、必然的に、被支配者に相応しい呪文を生徒に叩き込む構造になっている。
もう1つは、支配者が民衆を自分達の都合の良い頭の持ち主にするためで、そのために近代では、新聞、テレビ、ラジオがフルに活用され続けている。
ともかく、我々は、深層意識に叩き込まれた呪文を消し、深層意識を好ましい状態にしなければならない。
そのためには、プラスの呪文を意識的に唱えるだけで良い。
それを数多く、継続的に唱えることで、深層意識の呪文を消し、新しい形の深層意識を形成する。
呪文の言葉は、自分にとってプラスのものなら何でも良い。
ただし、早く効果を出すためには、同じ言葉を使った方が良いだろう。ただし1つでは飽きるから、3つか4つが良いかもしれないが、それは人それぞれだ。
「私はできる」「できる」
「ツイてる」「豊かだ」「幸せだ」
「ありがたい」
ジョン・マクドナルドの『マスターの教え』という本には、沢山の肯定的な単語が紹介されている。
ただ、この本では、1日の中で一度、30分ほど唱えよと書かれているが、特に気に入ったものを1日中唱えるべきである。
当時は(この本が書かれたのは半世紀以上前と思われる)、その後ほど、支配者による洗脳が強固でなかったのかもしれない。
ただ、『四つの約束』などで知られる、ドン・ミゲル・ルイスは、旧約聖書の時代から、人類の頭の中には、悪しきひとり言が繰り返されていると主張している。

「呪文」「つぶやき」「自己暗示」は、どれも同じ意味と考えて良いが、これらについて、著者の個人的な思い込みが書かれたものは読まない方が良い。
重要なことは理屈ではなく、呪文を唱えることだ。
まとめて言うと、我々一般人は、頭の中で、悪いひとり言(呪文、暗示)が繰り返されているので、それを打ち消すために、本当に自分の役に立つ呪文を唱えることが必要なのである。
世界、あるいは、人生は、深い心・・・深層意識、潜在意識、無意識が作る。だから、そこが支配者の都合の良い暗示に満ちていては、我々は奴隷の人生を歩むしかないのである。
だが、深層意識の中の常態が良ければ、世界、あるいは、人生は、思いのままである。
そのための呪文を、頻繁に、そして、長期に渡って唱える必要があるが、その恩恵を考えると、容易いはずである。











こうすれば、YouTuberにだってなれる

中学生や高校生がなりたい職業の1位、あるいは、上位に、YouTuberがある。
これに関して、批判的な向きもあろうが、私は、そんなに間違っていないと思う。
別に、YouTubeに限定される必要はない。
YouTubeは2次元のビデオだが、3次元で配信を行うものもあり、2次元・3次元も、今後、いろんなものが増えていくだろう。
何なら、自分で作っても良い。
つまり、クリエイティブであれば良いのであり、今は、たまたまYouTubeが一番流行っているので、そこにクリエイターが集まっているだけだ。

カーン・アカデミーという、教育の形を根本的に変えてしまった教育ビデオ・コンテンツもYouTubeの教育ビデオから始まってるが、ここまで大きくなったのは、コンテンツが良かったからだ。
ただ、カーンは、別にこれで儲けようとか、教育改革を起こそうとか、まして、有名になろうと考えたのではない。
まずは、子供たちに、分かり易く、そして、楽しく勉強させてやりたかったのであり、また、落ちこぼれを救おう、さらに、教育の機会が与えられない子供を無くそうと思ったのだ。
そして、カーンは、そのために役に立つ教育コンテンツを作ることが楽しかったのだ。

自分が作ったビデオによって、他の人の役に立つことが嬉しいと感じるようでないと、良いYouTubeにはなれない。
残念ながら多くみかけるが、単に受け狙いのもの、自分が目立ちたいだけのもの、そして、儲かりさえすれば良いものを作ろうとすれば、一瞬はうまくいっても、すぐ駄目になる。

持っている予算の中で、みんなに喜んでもらえるものを作るためにクリエイティビティー(創造性)を発揮するというのは、いかなる仕事でも共通する成功の原則なのであるから、それを持っていれば、他の仕事で成功するのと同様、YouTuberでも必ず成功出来るはずである。
ところが、「YouTuberで成功出来るのは千人に1人、万人に1人」などと言われるのは、今はまだ、さっき述べたビジネスの成功の鉄則を知らないYouTuberが多過ぎるからである。
それでいえば、コンピュータープログラマーも同じようなところがあるのだ。つまり、コンピュータープログラマーがいくら足りないと言ったところで、お客様の役に立ち、喜んでもらおうという心がけのあるプログラマーでない限り用はなく、実際、そうでないプログラマーは、仕事を得るのに苦労しているはずだ。プログラマーだって、本当に、そういった、真のビジネスマインドを持っていれば、開発会社に入る必要がないなかりか、日本のソフト開発会社の多くは、お客様のことを温かく思いやるマインドに著しく欠けているので、そんな会社には入らない方が良いくらいだ。
(※良い開発会社が、単に「ご親切」、つまり、客の言いなりになるというのではないのは当たり前だが、そんな誤解をする未熟な者も多いので、一応、断っておく)
そして、今後は、いかなる職業であれ、お客様の役に立ち、喜んでもらうために創造性を発揮出来るなら、就職する必要はなくなる。
そのためには、学校の勉強のようなものではなく、自分が好きなことで、真剣に、それなりの期間、打ち込めるものを持たなくてはならない。
プログラミングもその1つだし、絵やビデオの制作、音楽や小説の制作、デジタル技術や機械の開発など、道はいくらでもある。

今こそ、何かに打ち込み、それを楽しむことが必要である。
受験みたいな無駄なことばかりに時間やエネルギーを費やしていたら、一生、強い者にしがみつくだけの奴隷でいるしかない。











ジョセフ・マーフィーの成功法則は効果があることの証明

家に引きこもって、仕事にも学校にも行かない人が増え続け、相当な数になっているようだ。
自分も引きこもり気質だという大思想家の吉本隆明氏は、著書で、引きこもりは、誰とも会わずに出来る仕事を探した方が良いと書かれていて、それならば、今の時代、家でネットを使って稼げば良さそうなものであるし、そんな人もいるにはいるが、それは難しいことで、滅多にはいない。

私も引きこもり気質というか、若い頃は実際に行きこもっていて、そのまま引きこもっていてもおかしくなかったはずだが、なぜかブラックなセールスマンをやっていた。
休日なしで深夜まで働き、それでいて基本給もなく売らなければ収入なしで、通勤や営業の交通費も一切なしで、これは確かに、今ではブラックだが、昔は、そんな職場はよくあったと思う。もちろん、今でもあるだろう。
確かに厳しい仕事で、10人入ってくればひと月以内に9人が辞めた。数日で辞める人が多く、翌日来ない人も少なくなかった。
そんなところに、何を間違ったのか、引きこもりの私が入り、そして、勤め続けていた。
ところが、ブラックと言っても、職場は皆、良い人で、案外に楽しかったし、ブラックな苦しさも良い思い出になっている。
それは良い経験というだけでなく、実に良い経験だ。
私に、なんでそんなことが出来たのかというと、これは間違いなく、ジョセフ・マーフィーの潜在意識による成功法則の本を読んだからだろう。
そして、1年ほど真っ暗な職場で修行し、もう少しマシなセールスの職場に入った途端、強豪セールスマン達を抑えてセールスコンテンストで優勝したのも、ジョセフ・マーフィーの本を読んでいたからだ。
やがて、小さいながらブラックでない会社(自社ビルを持っていた)に入れたのも、マーフィーの本のおかげで、そこで、プログラミングを覚えてプログラマーになり、一部上場企業のSEになれたのも、やっぱり、マーフィーの本のおかげだ。
つまり、ジョセフ・マーフィーの成功法則は、やはり効果があるのだ。
その後は、大成功を目指すというより、働かずに趣味に生きるのが好きなので、ほとんど働かずに給料を貰っていたところは、小泉純一郎元総理のサラリーマン時代のようである(小泉氏は「人生いろいろ、会社もいろいろ」と言われていたが)。
モデルは、サラリーマン時代、出社と同時に遊びに出かけていた、大俳優の丹波哲郎氏だった。私も、ほとんど社内にいなかった。
ただし、働かないながら、有名人でも何でもない私が、結構な人数を相手に講演をしていたのだから面白い。
そんな珍しいことが出来たのも、やはり、マーフィーの本の教えのおかげだ。

そんな訳で、ジョセフ・マーフィーの本はお薦めするが、あの1冊の長さには、ちょっと疑問もある。
しかも、1冊を通じて、ほとんど同じ調子なので、飽きるかもしれない。
いや、先入観を与えるのも良くないのだが、あの長さが理由で、せっかく読み始めても、読むのをやめる人がいるかもしれない・・・いや、いた。
とりあえずは、多少の忍耐を発揮して通読することを薦めるが、その後は、気に入った部分だけ読めばよく、読まないくらいなら、最初の方だけしっかり読むと良い。

渡部昇一氏は、オックスフォード留学時代にマーフィーの本を読んだのが、あれほどの大批評家、大学者、大作家になった要因だと言われているが、ある時期までは、それを隠し、マーフィーの本は大島淳一というペンネームで書き、大島淳一が実は渡部昇一氏だと知った時は、私はかなり驚いた。
しかし、それで、マーフィーの成功法則の信憑性も高まったことだろう。

私は、引きこもり支援の活動を公的に行うことになり、それは一応は専門のITの啓蒙だが、マーフィーの本を読むのが手っ取り早いとも思える。











考えることを放棄した者が最強な理由

私が本当に名言だと思うのは、BLOGOSに掲載された、UFO研究家の矢追純一さんのインタビュー記事
「宇宙人が飛んでくるから、それを撮るんです」〜矢追純一氏がUFO特集を始めたワケ
の中の、
「僕は小さい時に、自分でものを考えることを放棄したんです。頭も悪いから。」
だ。
私は、矢追さんはソクラテスの生まれ変わりではないかと思っている。
ソクラテスは、「私だけが、自分は何も知らないと分かっているので、私が人類で一番の知恵者でなのだ」と言ったのだ。
ただ、矢追さんは「方針だけは決めろ」と言われているように思う。
方針・・・と言ったら何やら抽象的だが、英語で言えば、ポリシーとかプランで、こっちの方が少し分かり易いかもしれない。
ただ、ざっくりとしたポリシーやプランなのだろう。
丁度、長谷敏司さんのSF『BEATLESS』で、超高度AIである美少女アンドロイドのレイシアが、17歳のアラトに「私たちが共に歩む未来をデザインして下さい」と言い、結局、アラトが、後にその「デザイン」を、ざっくりと、「皆が信じられる未来」と言ったようにだ。
まあ、普通の人の場合は、「方針/ポリシー/プラン」は、社長になるとか、プログラマーになるとか、金持ちになるといった感じかもしれない。
だけど、自分で、それをどう実現するかと考えると、もう、ややこしくなってうまくいかないし、そもそも、思った通りに事は運ばない。
さらに、「考え」なんてのは、自分の意志で起こしているように感じても、実際は、頭の中で勝手に起こるものであり、それを「私が考えている」と思っているだけというのが科学的真実らしい。
だから、方針をはっきりさせて、考えることを放棄すれば、方針にそった良い考えが発生するし、それどころか、「流れ」とでも言うべきものが生まれ、自然にうまくいくはずだ。ちなみに、世間で言う「思考停止」とは、実際は、考えていないのではなく、「下らないことを沢山考えている状態」なのである。
方針をバシッと一度で頭にインプットすることは難しいので、例えば、「社長になる」と頭の中で唱え続けると良い。
これに関しては「社長になった」と過去完了形で言うのが良いと言う人もいるが、好きなようにやれば良い。
別に私は社長になりたくはないが、もし、そんな方針を持つなら、「社長、社長、社長・・・」と単語だけで唱える。
「社長になる」とか「社長になった」なんて唱えると、まず、反発が起こり、潜在意識に定着しないからだ。
では、いよいよ、私も考えることを放棄しよう。











ウイルスの流行や天災について

中国で発生した新型コロナウイルスは、日本を含む他国でも感染者が発見され、死亡者もいるようだ。
だが、今のところ日本では、ほとんどの人が、「ちょっと心配」程度の気持ちだと思う。
2006年に、日本でノロウイルスが大流行した時は、周囲に感染者がいたので(元々、ノロウイルスには年間数百万人が感染するが)、ノロウイルスだけで死亡することはまずないながら、身近に感じたものだったと思う。
ちなみに、2006年のノロウイルスでは、私の会社の同僚が感染し、かなり重症になって1週間ほど寝込み(通院はしたが入院はしなかったらしいが)、私も高熱を発して1日くらい休んだのではないかと思う。
さらに以前の、1996年の病原性大腸菌のO157(オーいちごーなな)の日本での大流行では、死亡例もあり、深刻度は高かったと思う。消毒液が流行したのは、実は、このことが原因ではないかと思われる。

これら、ウイルスや微生物への対策としては、「うがい」「石鹸で手首まで洗う」「消毒」がよく言われる。
しかし、政府が、「食事前には、石鹸で手首までよく洗って下さい」と言うと、土木作業員らが、特に外で昼の弁当を食べる時のことを考えると、馬鹿馬鹿しく感じるそうだ。
「手は、道の水溜りで洗うか、そうでないなら洗わない」
そんな人達が、O157に感染したという話は、あまりなかった。

ウイルスだけでなく、規模の大きな地震や台風といった天災が連続して起こると、「天罰」説みたいなものが言われることがある。
昔、東京都知事だった石原慎太郎さんが、そんなことを言ってバッシングを受けて謝罪してからは、有名人は「そんなことを言ってはならない」ことが分かって、うかつなことを言わなくなったが、石原さんへの批判は政敵が仕組んだ部分も多かったのだと思う。
つまり、「天罰」だと言ったら、「災害が起こった地域の人々が悪い」と言ったとすり替えら得るのだが、石原さんも、まさかそんなことは言っておらず、日本規模、世界規模の人間の心が悪くなったからではないかと言ったのだと思う。そして、それは、非科学的と言われたらそうなのかもしれないが(最近は、案外に言われなくなりつつあるようにも思うが)、心がけとしてはあっても良いのではと思う。
2018年に北海道で大規模な地震があった際、初音ミクさんの会社であるクリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長がツイッターで、「社内のミクさんのフィギュアは1つも倒れませんでした」と、社内の様子の写真を掲載されていたのを感動的に覚えている。また、同社は、極めて早く営業を再開していたと思う。
そういうのを見ると、やはり徳の高い存在は天の加護を受けるものだと思ってしまうが、それを宗教的と批判したくなる向きもあるとしても、「では天に恥じない生き方をしよう」という気を起こすなら、悪いことではないだろう。いや、宗教や信仰だって、そういった意味での良い部分は大いにあるはずなのだ。

私は密かに、地震、台風、大雨が頻発した際には、他者のことはともかく、自分の心の悪しきものが強くなっていることを疑い、多少は悔い改めてはいたし、その証として、被災地に一度に39,000円(もちろん、ミクさんにちなんで)の寄付をしたこともあった。クリプトン・フューチャー・メディアでは、度々、天災被災地への義捐金を出しておられる。そういったことが、今月はヨーロッパ5ヶ国でまでミクさんの大規模なライブが行われ、4月以降は北米12都市でライブ、そして、米国最大級の音楽フェス「コーチェラ」にも2週に渡り出演と、世界的に活躍を広げるほどの天の助けも得ているのではないかと思う。

全く個人的な話だが、私は、いかなるウイルスに対しても、ビタミンCの大量摂取で対応出来ると思っている。
いや、そもそも、いかなる病気に対してもそうなのである。
それと、毎日の腕振り運動千回以上だ。
それで、現実に超健康で、超人的、ヒーロー的身体を保っているのだから、思い込みとしても悪くはあるまい。











プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
IT学習
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ









タグクラウド
QRコード
QRコード