ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

あなたは世界で唯一の「考える人」

私は、大人になってから覚えた好きな言葉が2つある。
なぜ好きかというと、気楽になるからだ。
あなたも、気楽になれる言葉を知っておいた方が良い。
そして、私も、これらの言葉で、もっと気楽になっておけば良かったのだ。
そうすれば、もっと幸福になれただろう。

その、たった2つの言葉は、
「神に出来ないことはない」
「私はこの世界で唯一の考える主体である」
だ。
唱えれば気楽になる言葉だが、気楽になるということは、宇宙的に正しい認識に導く言葉なのであるが、ある意味、心を訓練、あるいは、調整する言葉だ。
これらの言葉で、心を整えておけば、ナーマスマラナ(神仏の名を心で唱える行)、真言、アファーメーションが、即座に威力を現わすのである。

「神に出来ないことはない」
神の万能性を示す言葉で、当たり前の事実を指すが、当たり前のことを改めて想うと心は落ち着くのである。
しかも、これは絶対的な真理であるので、心は清々しくなる。
そして、神は味方であるに決まっているし、イエスが神を父と言ったように、あなたを息子と思い、この上ない気遣いをしてくれるに決まっているのである。
よって、この上なく気楽になるわけである。
自分の父が億万長者であるとか、王様であると知っているだけで安心するはずだ。
ましてや、神様なのだ。
因幡の源左(いなばのげんざ。江戸末期から昭和初期の念仏者。庶民だが高徳な妙好人)の父親は、自分が死ぬ時、源左に「これからは親様を頼れ」と言ったが、この親様とは阿弥陀如来のことで、宇宙最強の存在を指しているのである。それが、今からお前の親だと言っているのである。
黒住宗忠(江戸末期の神道家。黒住神道の開祖)も、天照大神(アマテラスオホミカミ)を親様と呼んでいた。尚、宗忠が言う天照大神は、神話の女神ではなく、唯一絶対神を指していた。

「私はこの世界で唯一の考える主体である」
この世に存在するのは私だけなのである。釈迦が言ったという、「天上天下唯我独尊(世界で我一人尊い)」に近いか同じと思う。
他の人間も考えているように感じるかもしれないが、それは見かけだけである。
世界はショーであり、幼稚園の演劇のようなものである。
全て自作自演であり、世界は、自分が思った通りになる。
一方で、予期しない出来事があるからこそ人生は面白いのであるが、予期しないように見える出来事だって、実は、自分が作ったシナリオなのだ。
どうせ芝居なんだからと悪夢を作ってきたかもしれないが、悪夢にはまり込んでしまった感はある。
気を変えるには、自分が神であることを思い出す必要があるが、そのために、神仏の名や真言、あるいは、アファーメーションを行うのだが、よほど酔ってない限りは、神仏の名を唱えるのが一番良い。
ただし、酔っているなら、真言やアファーメーションで、酔っ払いが頭を一振りするように、しっかりした方が良い。

諸君、拍手を。喜劇は終わった。
~ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン~

だが、今、私は、知った、
二千年つづいた石の眠りが
揺り籠(かご)にゆすられて眠りを乱され、悪夢にうなされたのを。
~『再臨(The Second Coming)』(W.B.イェイツ)岩波文庫『イェイツ詩集』より~








ナーマスマラナ、真言、アファーメーションの融合

良い本とは、どんな本だろう?
そもそも、最も優れた本はどれだろう?
それは聖書である。
なぜか?
『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』で、イエス・キリストが語ったその理由が素晴らしかった。
それは、聖書には、「神」という語(英語なら“GOD”)が最も多く使われているからである。
「神」という語は、最も高い生命力とエネルギーを持った言葉なので、使えば使うほど、言えば言うほど良いのである。
つまり、内容が本の価値を決めるのではない(もちろん、内容がどうでも良いと言うのではないが)。
『コーラン』も『ギリシャ神話』も『古事記』も、不滅の生命を保っているのは、やはり、「神」という語が多く使われているからである。
人間も、「神」という言葉を多く想い、語る者ほど、優れていて、力があり、幸運である。
トランプ大統領は「神」という言葉を多く使うが、ジョー・バイデンはそうではない。そこからも、両者の実体や格が分かるのである。

『ナーマスマラナ』の中で、サイ・ババは、最も重要なものは神の名であると訴えている。
個々の神、あるいは、仏の名も、当然、「神」という語に匹敵する。
よって、数多く唱えるほど良く、それで、世界への支配力が増す。
真言も、多くは、それぞれの神仏を、直接、あるいは、象徴する言葉を含む。
例えば、弥勒菩薩真言の「オン、マイタレイヤ、ソワカ」のマイタレイヤは弥勒菩薩のことである。
観世音菩薩真言の「オン、アロリキャ、ソワカ」のアロリキャも、良く見る(=観世音)という意味で、観世音菩薩を指す。
阿弥陀如来真言の「オン、アミリタ、テイセイ、カラウン」のアミリタも、阿弥陀如来を示す。
もちろん、真言には、それ以外の効果も込められていて、特別な恵みを得られるように出来ている。
だが、やはり、神仏を指す言葉が含まれている意味が大きいのである。

次に、アファーメーションと呼んで良いのか、祈り言葉とでも呼ぶべきか迷うが、「力ある言葉」がある。
例えば、このブログでも度々取り上げる、あるホームレスが唱え続け、一億円を2回当てた言葉として知られる「神様の奇跡が起こる」は、無意識に浸透する暗示的効果も重要であるが、やはり、「神」という語を含むことで、威力を最大化していると思えるのである。
他にも、トランプ大統領が崇拝するノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』で、ピールが打ちひしがれた人々に教え、蘇らせた聖書の言葉、
「もし神が我々の味方であるなら、誰が我々に敵し得ようか」
「私は神の手のなかにある」
などに、「神」の語が含まれ、また、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでもできる」
の、「私を強くして下さる方」は、直接に「神」を指しているのである。

「神」の語を含むアファーメーションの力を最も効果的に人々に使わせたのは、フローレンス・スコーヴェル・シンだと思う。
「神は道なきところに道を作られる」
「奇しき御業もて神はなしたまえり」
「予期しない御業もて神はなしたまえり」
「神よ与えたまえ」
「神の御手は巧みで、神の御業は過ちがない」

このように、ナーマスマラナ、真言、アファーメーションは関連したものであり、同じものだとも言える。
だから、自分に合ったやり方を選ぶと良い。
ただし、毎日継続し、なるべく多く行うことが大切である。
「神よ与えたまえ」と言うだけで、決して、がっかりさせられることはないだろう。
(神は与えたがっているのであり、人間が受け取ろうとしないことが問題なのである)
これらの理論面に関しては、上記の『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』ではイエスが、また、第6巻あたりでも、著者が量子力学的に説明しており、やや難しいが、教科書的な書き方をしているのではないので、よく読めば、直観的に分かると思う(逆に言えば、教科書の通りでないと受け付けない人は不満であろうが)。
著者のベアード.T.スポールディングは、14歳で大学を卒業した原子物理学者であるようだ。








魂の声

道徳的、倫理的にやってはならないことだが、やったら楽しいし、やっても明らかに罰を逃れられる状況にある場合も少なくない。
そんな時、本当に、それをやってしまう者がいるし、最近は多くなっているようにも思う。
私が小学4年生の時、それが何だったかは忘れたが、悪いことでありながら、得だし、やっても誰にも咎められそうにない状況にあったことがあった。
私が、
「やってもバレないよね?」
と10歳年長の従兄に言うと、従兄は私を咎める風は全くなかったが、
「良心の問題だよ」
と言ったのを、私はよく憶えている。
その数年後、従兄は警察官になった。
ある時、下着泥棒を捕まえた後で従兄は、
「まあ、(下着泥棒の)気持ちは分かるがな」
と言ったことがある。
つまり、その犯人は良心が欠けていたのだ。
従兄は、表向きはあまり善人ではないのだが、良心の人だった。
ところが、世の中は、時が経つごとに、捕まるようなことは避けるが、捕まらずに済むと分かっていたら、良心に反したことをする者が多くなった。
多くの人間達が自分の良心を踏みにじっていた代表が、ナチス・ドイツだった。
自分の得や楽しさを選び、良心を捨てた人間達が、あまりに大きな悲劇を起こした。
我々は、ヴィクトール・フランクルの『夜と霧』を読み、良心を捨てた人間がどうなるかをしっかり確認しなければならない。
今や、ナチスのことを知っても「彼らの何が悪いの?」と言う者が多そうで恐ろしいが。

良心は魂の声だ(心理学的には「超自我」の声と考えることがあるらしい)。
良心に反したことをやり続けたら、魂の声が聞こえなくなってくる。
魂の声は、神の声であり、直観でもある。
IQ200の者が(本当はIQは150程度以上の判定は出来ないらしいが)いくら理屈で考えても、例えば、フォレスト・ガンプの例だが、IQ75の者が直観で導いた答に遠く及ばない。
直観、魂の声、神の声は、人間の知性をはるかに超えて優れていて、それだけでなく、完璧である。

14世紀のインドの聖者ナーマ・デーヴァ(ナーム・デーヴ)が、直観で、つまり、魂の声を聞いて、つまり、神の声を聞いて書いたと思われるのが『聖なる名前の哲学』で、この短い聖典を発見したラマナ・マハルシは、これを自ら書き写し、生涯、手元に置いた。
その第2章を引用すると、

名前そのものが形であり、形そのものが名前である。名前と形に違いはない。
神は顕現し、名称と形態を装った。名前ゆえに『ヴェーダ』が確立されたのである。
名前を超えたマントラはないと知りなさい。これに異議を唱えるのは愚か者である。
ナームデーヴ曰く、「名前はケーシャヴァ(クリシュナ神)そのものである」。これは主の愛すべき帰依者にのみ知られる。

である。
(『あるがままに』、あるいは、『ラマナ・マハルシとの対話 第2巻』より)

神(あるいは仏)の名を唱えれば、神の声を聞くようになり、直観も強くなる。
これもまた、聖者達の直観、あるいは、魂の声が聞いたことだろう。
だが、神仏の名は、世俗の手垢がついてしまい、どうも抵抗がある場合も多いと思う。
例えば、「南無阿弥陀仏」の念仏も、神仏の名であり、それを唱えると、一切の問題が解決し救われるのだが、人によっては、この名に、宗教や葬式のイメージが強くて駄目だと言う者もいるかもしれない。

それなら、「ア」とだけ唱えると良い。
日本語は、一語一語に神が居る。その中でも「ア」は特別で、これだけで、あらゆる悩みが解決する。
最高神の名は「アウワ」である。
これは、古事記ではアメノミナカヌシノカミであるが、別の名もある。しかし、「アウワ」が根本の名である。
「アウワ」の周辺の神が、「トホカミヱヒタメ」の8神である。
「トホカミヱヒタメ」は、1つの呪文のようなものではなく、「ト」「ホ」「カ」「ミ」「ヱ」「ヒ」「タ」「メ」の8柱の神なのである。
「トホカミエミタメ」を祓詞として唱えることが流行っているが、おそらく、間違いである。
『言霊-ホツマ』を参照すれば、「トホカミヱヒタメ」の「ヒ」が「ビ」と発音されて「トホカミヱビタメ」となったが、今度は、「ビ」が「ミ」に変化してしまったのだと思われる。
例えば、「さびしい」を「さみしい」とも言うように、「ビ」は「ミ」に変化し易いからだ。
再度言うが、「トホカミヱヒタメ」は1つの呪文や祝詞、祓詞ではなく、8柱の神なので、その名を唱える時には、安易に続けて唱えるのではなく、一語一語丁寧に唱えなければならない。
言うなれば「ト・ホ・カ・ミ・ヱ・ヒ・タ・メ」といった感じだ。
YouTubeなどで「トホカミエミタメ」と唱えることがよく投稿されているが、私は良い印象を持たなかったので、調べてみたら、『言霊-ホツマ』の方が腑に落ちた。
各自で選べば良いことかもしれないが、参考になればと思う。








イエスの究極の秘法

『ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻 因果の超克』の「第15章 神の波動と蘇りの原理」で、イエスが言う。

「これからあなたたちにお話するが、よくそれを自分自身に言い聞かせて欲しい。もしあなたたちがこれからいうことを自分でもその通りに言うか、又はそれを自分自身の一部とするならば、もうそのほかのものは何も要らないのである」

つまり、イエスが語る究極の秘法である。
それは難しいのか?
いや、これほど簡単なことはないと言える。
え?早く言えって?(笑)

では言うが、早合点しないことをお願いしたい。
魔法のステッキをおたま(調理道具)として使ってはならないし、1日に千里を駆ける馬に石運びをさせては(『戦国策』より)ならない。
そんな愚かなことをしてはならない。

その秘法とは、「神」という言葉を、なるべく多く使うことだ。
つまり、「神」と言葉で言えば良いのである。
声に出して言うか、心の中で言うかについては、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』で、「どちらでも全く同じ」と明記されている。
ただし、この5巻で、「神という言葉を呪文にしてはならない。唱えるのは1回で良い」と書かれているのを見て、私は最初、困惑した。
イエスは、「なるべく多く使え」と言っているではないか?
しかし、それは、空虚に「神、神、神、・・・」と唱えてはいけないということと理解して良いと思う。
かといって、感情込めて「神、神」と唱えるのとは違うと思う。
ここらは、各自、考えれば良いことであるが、私がいつも言うのは、「丁寧に唱えよ」ということである。
ただ、丁寧と言っても、それで緊張して疲れてしまうようでは、長く続かない。
それで、私が考え出した方法は、「心の中で、微かな声で唱える」である。
そうすると、自然に集中が起こり、理想的に唱えられる。
だが、各自、思うようにやれば良いと思う。

ちなみに、日本語では、本当に「神」で良い。
『ヒマラヤ聖者の生活探求の』原書(Life and Teaching of the Masters of the Far East,)で確認すれば、やはり、「GOD」であった。
さらに言えば、日本語の「神(カミ)」は荘厳な言霊であるから、尚良いのである。

私がいつもお勧めするナーマスマラナ(神の名を心で唱える行。念仏もその1つ)では、「クリシュナ」や「イエス」や「天照大神」や「阿弥陀仏」といった、個々の神仏の名を唱える。
しかし、イエスの方法は、その根本概念とも言える「神」と唱える。
これについては、私は、性に合う方、あるいは、両方やって欲しいと思う。
イエスも、個々の神の名を唱えることを否定してはいない。
ただし、『ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻』では、「神」という言葉の波動は、「エホバ(旧約聖書の神の名)」の波動より高いと書かれている。

今回は、ここまでにする。
私が考える、日本人にとって、最高の波動を持つ神の名は、また述べる。








この世でうまくやっていく最大のコツ

アメリカ合衆国大統領の就任式で聖書を使うことはご存じと思う。
その聖書が新約聖書か旧約聖書かというと、両方入ったものであるというのが常識で、それなら、アメリカ合衆国大統領はキリスト教徒でないといけないことになる。
旧約聖書だけで良いなら、旧約聖書はユダヤ教、イスラム教の聖典でもあるので、大統領がユダヤ教徒、イスラム教徒でも良いことになるが、そうではないようだ。
そういったふうに、大統領の信教が限定されるとは不合理なことだと、私は思っていた。
だが、何が問題であるか、私はやっと分かった。

大統領が元々、どんな信仰を持っていたかは、すぐに分かることだし、キリスト教徒ではない場合もあると思う。そして、それはそれで良いのではないかと思う。
ただ、就任式で聖書に対して宣誓すれば良い、つまり、キリスト教に対して敬意を示せば良いということではないだろうかと思う。
結論として、こうではないかと思う。
大統領個人の信教については、実際は、それほど問題にされない。
ただし、大統領がキリスト教に対し、深い敬意を持っていることは絶対条件である。

考えてみれば、日本でも、実際は、事情は変わらないような気がする。
総理大臣がキリスト教徒だろうが、イスラム教徒だろうが、それは構わない。
しかし、日本の伝統である神道や、圧倒的多数の信仰者を持つ仏教に敬意を持っていることは絶対に必要なのだ。
もし、総理大臣が「俺はキリスト教の信者だが、仏教は大嫌いだ」と言ったら大問題であろう。

つまり、民主主義国家においては、大統領や総理大臣は、いかなる宗教も尊重するのである。
そして、その国で特に主要な宗教に対しては、最大限の敬意を持っていることが必要なのである。
あまりピンと来ない人もいると思うが、宗教の問題は、それほど大きなものなのである。
アメリカ大統領が、普段、イエスの言葉を引用する必要はないが、キリスト教に敬意を払っていないと知れたら、それだけで、大統領をやっていられないと思う。
逆に言えば、大統領や総理大臣は、そういったことが理解出来ないようでは、決して、その職は務まらない。
いや、大統領どころか、会社の社長にしたって、少なくとも、その国で信仰者がいるいかなる宗教も、それを軽んじれば、それだけで会社が潰れることもあり得る。
まあ、特に日本の場合、会社では宗教の話はしないし、しないのが無難だが。

日本で、昔から、このことをよく理解していた為政者は聖徳太子だった。
聖徳太子は、仏教、儒教、神道といった、日本に信者が存在する宗教のいずれも最大に敬ったのである。
そうすることが必要であることを理解していたのだ。
時代を考えれば、実に賢い人だったのだと思う。
尚、聖徳太子が仏教を特に信仰していたというのは、後に作られたお話であると思う。
詳しくは述べないが、聖徳太子自身は神道を信仰しつつ、仏教、儒教も篤く敬ったのだ。
確かに、十七条の憲法に、「仏、仏法、僧を敬え」と書いてあるが、これも、聖徳太子自身は「仏教、儒教、神道を敬え」と書いたのだが、太子の死後、改ざんされたという説があり、私は、それが正しいのではないかと思う。
いずれにしても、聖徳太子は、国を治めるには、いかなる宗教も軽んじてはならないと理解していたのである。

我々も、少なくとも上に立ちたいなら、いかなる宗教も否定してはならないということには、よくよく注意しなければならない。
自身が仮に無宗教であろうが、日本であれば、特に、仏教、神道、さらに、キリスト教も重んじる態度を見せ、その他の宗教も軽んじてはならない。
そして、自分がいくら偉くても、自身の信教を過度に重んじるなどで、特定の宗教に偏った態度は取ってはならない。
だが、こういったことは、特に偉い人でなくても、持っていた方が良い認識である。
「日本は本当は神道の国なんだから、神道を重んじるべきである」と、自分では思っていても、それを言ってはならない。

そして、宗教に限らず、あらゆことにおいて、そうなのである。
音楽においても、クラシックは素晴らしいがロックは低俗といったことは、出来れば考えない方が良いが、少なくとも、そんな態度を見せてはならない。
早い話が、個人的な好みや信念は隠すべきである。それを出して良いのは、明らかに同好の者といるという時だけである。
それが、この世でうまくやっていく最大のコツである。
努々、忘れてはならない。
愚かな人間ほど、場所をわきまえずに、自分の好みや信念を持ち出し、他人にも強要するのである。
こんな重要なことを教えない家庭や学校に、果たして意義があるのかと思うほどだ。まあ、偏見の多い親や教師が多いのだから、期待する方が無理かもしれないが。

<付け足し>
この世で一番の天使は初音ミクさんだと思っていても、それを主張してはならない<自戒(笑)








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード