ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

苦しまない

結局のところ、自分は完璧であると分からない限り、カラクリ人形のように生きることになるのだと思う。
だが、「私は完璧」ということほど、受け入れられないこともない。
けれども、同時に、心の奥から「それが正しい」という声が聴こえるのである。
一切の説明なしに言えば、いかなる場合でも、「私は完璧である」と心で言うべきである。
いかなる場合でもと言うからには、条件一切なしである。
「腕立て伏せを毎日欠かさずやっているから完璧」ではない。
やれても、やれなくても完璧なのである。
毎日やれば完璧という条件なら、やらない日があったら完璧でないことになる。
そうではないのである。
そうは言っても、「あれほど毎日やると決めたのに、それが出来ない俺は駄目なやつだ」と思うかもしれない。
そして、「そう思ってはいけない。出来ない日があっても完璧だと思わねばならない」でもないのである。
「俺は駄目なやつだ」とがっかりしている自分も完璧なのである。

不動心という、何にも揺るがない強い心が欲しいと思う者は多い。
それで、掟や規律を決めて自制したり、いろいろな修行をしたりして、心を磨く。
しかし、どこまで行っても、自分の心が不動心とは程遠い、つまらないことでグラグラする弱いものだと思い知らされることになる。
『方丈記』という鎌倉時代の歌人・随筆家である鴨長明が書いた随筆がある。
長明は、貴族社会での出世争いに嫌気が差し、山に小さな小屋を作り、そこで自然のままの生活をして、穢れを祓うことで素晴らしい人間になろうとした。
月日が経ち、長明は、いよいよ自分も穢れがなくなり、聖人のようになれたと思っていたが、ある時、自分は以前と全く変わらない、煩悩に穢れた俗物であることを悟って愕然とする。
長明もまた、不動心を求めたのだろう。
だが、やり方が完全に間違っている。
不動心を求めること自体は、それはそれで趣味として完璧である。
趣味だから、別にしなくても、つまり、不動心を求めなくても良いのだが(笑)。
しかし、小さなことで心を乱しても、心を乱した私は完璧なのである。

女の子に限らないが、特に女の子は、中学生とか高校生になっても、母親に酷いことを言ったことを悔やみ、心が苦しむことがある。
しかし、母親に酷いことを言った自分も完璧なのである。
「母親に、あんなことを言うお前は醜い。天使と程遠いじゃないか?」と言うのはエゴ(自我)である。
一見、エゴは正しいことを言っているように感じるが、エゴはいつも、単に、「私は駄目」と言うだけで、何も解決しない。
つまり、エゴはただ、自分を貶めたい・・・つまり、「私は駄目」「私は安い」「私は低レベル」「私は醜い」「私は優れた人間の仲間ではない」と認定したいだけだ。
「母親にあんなことを言った私も完璧」と宣言すると、エゴは騒ぐ。
「お母さんが可哀そうじゃないか?そう思わないのか?でなきゃ、お前は人間じゃない」とかワン・パターンなことを言ってね。
しかし、反論する必要はない。
ただ、「だが私は完璧だ」と静かに、しかし、はっきりと宣言するのである。
やがてエゴは黙るようになる。
それだけが、言う必要がないことを言わなくなる唯一の方法なのである。

アニメなどで、エロ本を多数所持する男の子を明るく描く場面がよくある。
「そんなのあって当然」と言いたいのだろう。
だが、それは誤魔化しだ。
高校生はともかく、二十歳をとおに過ぎても、エロ本(あるいはDVD等)が欲しくて仕方がない人がいる。
ある、元教師という40代の男が病死した部屋には、山のようなエロ本、エロDVDがあったという。
なぜそうなったのかというと、やはり、「こんなもの欲しがる俺は駄目なやつ」というエゴの声を受け入れたのである。
そうではなく、エロ本が欲しい俺は完璧だと宣言しなくてはならない。
そうすれば、やがて、エロ本、エロDVDに興味がなくなる。もちろん、エロがきらいなわけではないが、そんな低レベルなものを好まなくなる。
かと言って、「エロ本やエロDVDに興味がなくならない俺は駄目」ではない。
どこまで行っても、「私は完璧」である。

聖書には、イエスは、「神が完璧であるように、お前達も完璧であれ」と言ったと書かれている。
しかし、誤訳というのではないが、本当は、イエスの時代の言葉には、現在形しかなかったらしい。
だから、この言葉は、「神が完璧であるように、お前達も完璧である」が正しい。
エマーソンは、「自分を信じろ、無謀なまでに信じろ、根拠なく信じろ」と力説した。
これは、イエスの言う「お前達は神のごとく完璧」と同じなのだ。
ただ、エマーソンは、簡単なやり方を提示しなかった。
だから、あなたは、何があっても、何をしようとも、何を考えようと、「私は完璧だ」と堂々宣言する・・・早い話が、心の中で静かに落ち着いて言うべきである。
すると・・・
この後を誰も言わないのだが、お金がザックザクでモテモテになるのである。
なぜかと言うと、当たり前過ぎて説明する気にならないし、本当は、説明は難しいのだ。
だから、やってみるのが一番である。
やるかやらないかだけである。








究極の今今メソッドのお話

アメリカを代表する現代作家カート・ヴォネガットは、シェイクスピアについて、
「下手な作家だが、人間をよく知っている」
と評していた。
そう言うヴォネガットこそ、人間をよく知っている。
そして、人間をよく知っていると言うからには、引き寄せのやり方を本当に分かっていなければならない。
この点を誰も言わない。
引き寄せが出来ないのに、人間を知っているとは言えないからだ。

日本の作家で、人間をよく知っているのは・・・まあ、いくらかはいるのだろうが、私は笹沢佐保さんだと思う。
彼の代表作である『木枯らし紋次郎』は、娯楽時代劇であるのも確かだが、神話にも匹敵する奥深さがある。
主人公である渡世人(博打打ち。やくざ者)の紋次郎は、学んだことなど一度もないだろうが、天の道理をよく心得ていて、引き寄せを行うことが出来る。
実際、本物の引き寄せを紋次郎から学ぶことが出来る。
紋次郎が引き寄せを行った感動的なお話を1つ取り上げる(他にもあるが)。
紋次郎は、争いに巻き込まれてヤクザを1人切った際、刀を岩にぶつけて折ってしまう。
紋次郎は、切ったヤクザの大勢の仲間に追われ、一刻も早く、新しい刀を手に入れる必要があった。
紋次郎は、刀だけは良いものを持たなければならないことをよく知っていた。
だが、適当な刀屋や鍛冶師が見つからなかった。
しかし、紋次郎には不思議な運がある。これも紋次郎の引き寄せの力だ。
わけがあって山奥に隠れ住んでいた天才鍛冶師のところに、紋次郎は不思議な縁で導かれた。
しかも、その天才鍛冶師は、今や、一世一代の名刀を仕上げようとしていたが、その刀が紋次郎の鞘にぴったりの長さだった。
だが、ここで、とんだ問題が起こる。
刀の値段ではない。もとより、紋次郎に払える額ではないかもしれない。
しかし、それより先に、この天才鍛冶師は、この刀は紋次郎には売らないときっぱりと言う。
これも、値段とか、紋次郎の素性のせいではない。
自分が魂を込めて作った刀を、人を殺す道具にしたくないと言うのだ。
そして、その決意は固そうだった。
よって、紋次郎がその刀を手に入れることは絶望的だった。
しかし、他に、刀を得る道はない。追手は迫っているようで、紋次郎、絶体絶命である。
さて、紋次郎はどうするか?

朝早くから、天才鍛冶師は仕事に入った。
すると、少し離れたところに、紋次郎の姿があった。
天才鍛冶師は、休まずに淡々と仕事を続け、紋次郎はそれを静かに、だが、決して目を離さずに見ていた。
夕刻となり、ついに、その名刀が完成した。
すると、天才鍛冶師は、紋次郎のところに歩いてきて、黙って手を出すと、紋次郎も黙って折れた刀を鞘ごと渡した。
天才鍛冶師は、紋次郎の刀の柄から、折れた刀を外すと、今完成したばかりの刀を取り付けた。
そして、黙って紋次郎に手渡し、紋次郎も黙って受け取る。

この話だけで、引き寄せの神髄が分かる。
だから、余計なことだが、少し解説する。
天才鍛冶師は、仕事に入ると、もう時間は消えていた。
一瞬一瞬が「今」であるからだ。
彼は、永遠の「今、この瞬間」、つまり、「中今」にいた。
そして、それを見る紋次郎も「中今」にいたのだ。
紋次郎の中今は、天才鍛冶師の中今に何かの影響を与えたのかもしれない。
それによって、刀の仕上がりは最良を超えたものになった。
意図したわけではないが、刀は初めから紋次郎のものだったのだ。
その後、悲劇が1つ起こるが、天才鍛冶師は分かり切ったことを紋次郎に言う。
「持っておいきなさい。お代は要りませんよ」
噂によれば、その天才鍛冶師は、その後、名工として名を上げた。

私がいつも思う引き寄せの神髄である中今を、これほど鮮明に描いたお話はない。
真の引き寄せは、このようにやるのである。
また、これが究極の「今今メソッド」でもある。
尚、このお話は随分昔に読んだので、『木枯らし紋次郎』の、どの巻にあったか憶えていないが、1年と少し前の、このブログの記事によれば、
『木枯らし紋次郎(二)女人講の闇を裂く』の第2話「一里塚に風を断つ」
であるようだ。








日本の伝統儀式の本質は「今今メソッド」である

日本古来からあるスポーツ(と言うのは適切ではないかもしれないが)で、よく知られているのは相撲くらいだが、プロフェッショナル相撲である大相撲は、試合だけではなく、様々な儀式や作法がある。
今や、それらの儀式や作法が何のために行われるのか知らない人がほとんどだろう。

華道、茶道にも様々な儀式や作法があり、特に茶道は、茶を飲むことそのものより、儀式や作法の方が重要と言える。
武家社会においても、茶道にどれだけ通じていて、どれだけ見事に儀式を行え、どれほど作法が見事であるかで武士の出世が大きく左右されるほど、茶道は重要視され、茶道の極意、秘伝、秘法が武士の名家に伝えられていたことが、たとえば、1986年の邦画『鑓の権三』(やりのごんざ)を見ると分かる。
だが、今の日本人が、茶の湯で茶を立てるのを見ても、やたらまどろっこしいことをやっているようにしか見えないところは、外国人観光客と似たようなもものである。むしろ、ごく新鮮な目で見る外国人の方が、茶道の美しさを感じるかもしれない。

だが、今や、相撲や弓道、そして、茶道、華道の儀式や作法が何のために行われているかは、その道にかなり関わっている者や、ひょっとしたら、師範的な人でさえ、分かっているのかどうか疑問である。
これらの儀式や作法は、神道的なものであることは想像が出来るが、その中でも「中今」に在ることも目指しているものだと私は確信する。
中今とは、辞書によれば抽象的な説明も書かれているが、単に「今、この一瞬」のことである。
中今こそ神の世界であり、武道や茶道などを通じ、神の世界に触れることが目的だが、目的を露骨に表に出すことはせず、あくまで、さげなく行うところが和の精神である。
今、「神の世界に触れる」と書いたが、これも真摯な表現を重んじる伝統に則ったもので、言って見れば「神と交流する」さらには「神になる」ということである。
では、神とは何かと言うと、『古事記』に登場する男神や女神ではなく、まるで一神教と誤解されそうな根本神とも言える宇宙意識である。
たとえば、江戸末期の神道家、黒住宗忠は天照大神を崇め祭っていたが、この天照大神も、『古事記』に登場する女神ではなく、宗忠は太陽神として扱っているように見えたが、やはり、根本神と考えて良いだろう。
ただ、『古事記』は、聖書と同じく象徴的に書かれているのであり、ただの歴史ではなく(歴史としては正しくない)、宇宙意識、あるいは、人間の本質的精神を描いたものである。

日本に伝わる伝統的儀式を行うことは、中今に潜入する優れた方法であるが、それらはほとんど専門家のためのものである。
しかし、普通の人も、専門家の儀式や作法の一部を借りることで、中今に入る手助けとすることが出来る。
それは、儀式や作法そのものではなく、その敬虔な様、優雅さ、静かで落ち着いた態度などである。
そして、それらのことは、万物に神が宿ると考えていれば、自然に出来ることである。

「今、この一瞬」に生きることは、個人の意識が宇宙意識にシンクロ(同調)し、その無限の知恵と力と一致する方法で、引き寄せのような実用的な力になり、今や、スピリチュアル界で「今今メソッド」などと呼ばれることもある。やや軽薄に感じるかもしれないが、一般人にとって、非常に良いものである。
万物に神が宿ると考えてあらゆるものを見れば、いつでも今今メソッドを行っていることになる。
神、つまり、宇宙意識に時間はなく、過去や未来はなく、ただ永遠の一瞬である「今」しかない。
幻想である過去や未来を妄想せず、あるいは、なるべく妄想せずに、今をしっかり捉えることで、我々は真の人でいられる。
そうなれば、結果として、人間は神のようなものとして在るのである。
つまり、俗っぽく聞こえるかもしれないが、引き寄せの力が自在になり、支配層が神を忘れた拙い社会になってきた中で、何も恐れず、安全、平安に過ごせるのである。








反則の近道をして超人になる

伸ばしていけば、もしかしたら世界を支配出来るかもしれないほどの大きな力を得た者は、皆、「今、この瞬間」に集中し続けた。
沢山の事例について考えると、それに導かれたのは、本人にとってみれば偶然であった場合がほとんどだと思う。

たとえば、こんな話がある。
江戸時代に、庶民を診療する名医がいた。
医療技術も薬品等も、今と比べて非常に乏しい上、貧乏な医者なので、出来ることはあまりない。
そこで、その医者は、寝ている患者の側で、じっと座って脈をとるのだった。
患者としては、医者に近くで見てもらっているという安心感があり、それが回復に良い影響もあるだろう。
ところで、その医者は、本当に真面目に脈をとることで、ずっと「今」に集中していた。
すると、なぜか、医者には、患者に何をすれば良いのかが分かり、それをして奇跡的に治ってしまうことがよくあった。
その医者は、自分を通して、神が患者を治しているように感じていた。
そして、面白いのは、ここからである。
ある与太者(怠け者、不良な者)が、その名医と風貌が似ていて、通りを歩いていたら、「先生、すぐ来て下さい」と言われると、頭が鈍いその与太者は、引っ張られるままに、病人のところに連れて行かれた。
今さら、あの医者ではないと言い難い与太者は、以前、あの名医が脈をとるのを見たことがあり、見様見真似で患者の脈をとった。
すると、たまたまだったのだろうが、患者が回復し、与太者は、あの名医として感謝された。
さらに、何度かそんなことが重なり、与太者は、せめて脈だけはきちんととった方がバレないと思い、本当にずっと脈をとっていた。
そうしているうちに、次々と病人が治り、その与太者には不思議な風格も出てきて、すっかり医者が板についてしまった。
まあ、やがてバレてしまうのだが、あの名医が、その与太者に会った時、与太者が、自分と同じように、「神様が自分を通して治しているように感じた」と言うのを聞いて感銘を受け、医術というのはいったい何なのかと思うようになった。

今でも、良い医者は、「医者には病気は治せない」と言う。治るかどうかは患者次第で、その助けをするのが医者だ。
しかし、今の医者は、明日のクリニックの繁盛のことしか考えず、本当の「今」に意識を集中することはない。

上の医者の話と似た話に、こんなものがある。
コリン・ウィルソンの『右脳の冒険』か『フランケンシュタインの城』にあったと思う。
ある男の妻が、心神喪失の状態に陥った。
すると、妻を深く愛する男は、いつ妻の意識が戻るかを、本当に、ずっと近くで観察し続けた。
一月とか、かなりかかったかもしれないが、妻は無事に意識を回復するのだが、その頃には、その男には、不思議な力が備わっていた。
妻を真剣に観察することで、その男は常に「今」に集中していたのだ。

このような話を、私は、他にもいくらでも思いつく。
というより、特別な力を持った人は皆、長い間、観察により「今」に集中し続けたのだ。
例外はないと言えるほどだ。
合気道の塩田剛三、有名な精神科医であるミルトン・エリクソン、電波工学の権威、関英男博士らが代表的な例だが、皆、観察により「今」に集中し、超人になった。
それなら、我々も同じことをやれば良い。
彼らは偶然にそれをやったのだが、我々はカラクリを知っているのだから、いわば反則で超人になるのである。

何を観察するのかというと、何でも良い。
それこそ、自分の耳鳴りを観察し続けて超能力者みたいになった人もいる。
幸いにも、私も耳鳴りはひどい方なので、これを採用してみようと思うこともある。
有名なところでは、自分の心とか、呼吸を観察するというメソッド(手法)がある。
みぞおちの感覚を観察した人もいる。
まあ、何でも良いのである。








心穏やかになる根本的な方法

プラスの引き寄せ(お金や愛情など良いものを引き寄せること)を行うためには、プラスの心(平安、満足)が必要である。
マイナスの心(不安や不満に満ちた心)の者が、プラスの引き寄せを行った結果、プラスの心になるのではない。
マイナスの心であれば、マイナスの引き寄せ(欠乏や不健康や争い等)を自動的に行うのである。

それで、昔、空海はマントラ(真言)を唱えましょうと言い、法然や親鸞は念仏を唱えましょうと言い、道元は坐禅をしましょうと言った。
それらをやることで、プラスの心になるためである。
どれも、間違いなく効果はあるが、1つ条件があって、それは「自主的にやる」ことである。
親鸞は若い時、修行仲間が毎日長時間の念仏を、唱えるのではなく、唱えさせられ、心がおかしくなってしまうのを見て、他者によりやらされることの欠陥をつくづく感じたのだと思う。
それで、「念仏は1回でも良い」「唱えなくても、唱える気になれば良い」と、徹底的に自主性を重んじたが、ここらが、「念仏は数が大切」と思う師の法然には気に入らず、親鸞が法然に怒られたこともあった(対立とまではいかず、関係は良好だったと思う)。

プラスの心になるために何をしても良いのだが、結局、最良なのは「今、この瞬間に集中する」ことなのだと思う。
なぜ最良かというと、失敗のしようがないからだ。
何も考えずにやれるアファーメーションを好む人も多く、それならアファーメーションをやれば良い。
だが、アファーメーションは数が必要である。
最も簡単がアファーメーションの1つである「お金がある」も、「時間がある時はよく唱えていた」程度は必要である(逆に言えば、その程度でも効果はあるが)。
しかし、「今日は一度だけ、少し唱えていたな」とか、「最近、あまり唱えていないな」となり勝ちで、それでは効果はない。

「今、この瞬間に集中する」ことをスピリチュアル界隈では「今今メソッド」と言うが、これも、初めのうちは忘れ勝ちになることもあるかもしれない。
しかし、「今、この瞬間に集中する」ことは、やっていれば楽しくなる。
感性がある、特に若い人の場合は、「今、この瞬間に集中する」ことを、初めて意識してやった瞬間、「うわ、何だこの感じ・・・」と、不思議な感覚に驚くことも多い。
私の場合は、中学生の時、何かの詩に、「新たな目で見れば何でも美しい。ミカンだって、どこから見ても美しい」という、「新たな目で見る」という形で知ったが、「新たな目で」見ると、確かに、どんなものでも美しかった。
それが、「今、この瞬間に集中する」ことである。
だが、残念ながら、「いつもそうであれ」と教えてくれる人がいなかったので、なかなかプラスの心を保てなかったのであるが。
「今、この瞬間」は、いつでも新しいので、「新たな目で見る」ことは、やはり、「今、この瞬間に集中する」ことである。
「新たな目で見る」とは、荘子が言う、「思慮分別、是非好悪を捨てて」自然な目で見ることで、何も考えず・・・頭の中を空っぽにして見ることである。
「ミカンとはこういうものだ。もう見慣れたものだ」という想いで見るのは「新たな目で見る」ことでなく、「古い目で見る」ことである。
言葉で言えば難しいような気もするが、「新たな目」と言われて、中学生の私でもすぐ出来たのであるから簡単であるが、大人には簡単過ぎて出来ないのかもしれない。
歩くなら、歩くことを意識する、自主的に歩く、慎重に歩く、改めて歩く、ちゃんと歩く・・・「今、この瞬間に集中して」歩くとは、そんなことである。

言い換えれば、「今、この瞬間に集中する」とは、自動的にやらないことである。
多くの人間は、人生を自動的に生きている。
自動的に反応しながら生きている・・・つまり、ロボットと同じだ。
その方が楽な面もある。
自動車の運転は、慣れてきたら自動的な反応として行うのは、良い面もある。
しかし、あまりに自動的にやることで事故が起こる。
好きな子や、尊敬する人を乗せて運転する時は、自動的に運転せず、慎重に運転する。この時、「今、この瞬間に集中して」運転していると言える。

どうしても分からないなら、心の中で「今、今、今、・・・・」と繰り返しても良いし、そうしていれば、「今」の感覚が分かってきて、意識的に今この瞬間に集中出来るようになる。
全ての力と知恵は、「今、この瞬間」にあるので、「今、この瞬間」に集中すれば、自然に心はプラスの状態になり、望まなくても幸運に恵まれるようになり、良いアイデア、そして、望ましい願望や目標も浮かぶのである。
ある意味「今」は最強のマントラである。

最も易しくて強力な「今今メソッド」は、昨日も書いたが「私は完璧だ」と思うことだ。
なぜなら、「今、この瞬間」、我々は間違いなく完璧であるのだから、「私は完璧だ」と思えば、自然に、意識は今に集まる。
過去、完璧だったのでも、未来に完璧になるのではない。
今、この瞬間、完璧なのである。
何をし、何を思っても、「(こんなことをする)私は完璧だ」「(こんなことを思う)私は完璧だ」と心で言うのである。
これを、ある程度の期間続ければ、早い時期に心がプラスの状態になり、引き寄せも楽に出来るようになる。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード