ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

強さの秘密

アメリカ合衆国の公式なモットーが「我々は神を信頼する(In God We Trust)」であることは意外に感じる人も多いと思う。
初めて聴くと、びっくりするかもしれない。
1956年に、法的に正式なモットーとして承認されたが、事実上は、それより少なくとも百年以上前からのもので、1800年代から硬貨にこのモットーが刻印され、その後、全ての硬貨と紙幣に表記されていると思う。

この“In God We Trust”の意味を、私は、「神の存在を信じる」という意味だと思っていたが、アメリカ人にとっては神が存在するのは当たり前で、trustという単語は「信頼すること」であり、いわば、神が我々、あるいは、自分を愛し、気遣っている、良いことをしてくれるという意味で、これは、新約聖書でイエスも明言している。

こういったことは、科学時代、物質主義、貨幣経済全盛の時代の人々にとっては、違和感を感じる部分もあるかもしれないが、新興国で歴史の浅いアメリカがかくも強力な国家になり、なんだかんだ言っても、今でもアメリカの国力が他国を圧倒することは、トランプ大統領の強気な言動や施策で改めて思い知らされるが、その強さの秘密が、このモットーにあるのかもしれない。
だが、かつてのアメリカはもっと強力だった。
それは、時代が進むにつれて、アメリカでも、このモットーを軽んじる人々が増えているせいではあるまいか。

ところで、「南無阿弥陀仏」という念仏の「南無」とは、「帰依する」という意味らしいが、「帰依」については、「拠り所にする」とか「信従する」といった、普段使わない言葉で勿体ぶって説明されることが多い。
しかし、つまるところ、「帰依する」とは「信頼する」という意味と言って間違いあるまい。
「南無」とは、信頼することで、英語のtrustであると、はっきりさせておきたいのである。
だから、In God We Trustは、「南無神」であり、「南無阿弥陀仏」は、イン・アミダ・ウィー・トラストである。
そして、阿弥陀こと阿弥陀如来は、「無限の光」「無限の生命」という意味で、この光は知恵のことであり、生命とは意思あるエネルギーである。
だから、阿弥陀如来とは、ジョセフ・マーフィーが言った、万能の宇宙の活力のことで、アメリカ人の神の概念と変わるまい。
そして、阿弥陀如来の我々に対する心遣いの大きさは、むしろ、アメリカ人の神がそうであることの観念をかなり超えるように思うのである。

アメリカがかくも強大であり、その秘密が、アメリカのモットーにあるなら、個人としても、それを活用するべきかもしれない。
現在、人々は金しか信用しないかもしれないが、インターネットの時代になり、金よりも、「好かれること」「信用があること」「一目置かれること」に力があるようになってきている。
その中でも、信用されることの重要度は高い。
ところで、Googleだって、インターネットを神と見なし、信頼したから発展し、そう思っていなかったビル・ゲイツとの協同を拒んだのだ。
信頼(あるいは信用)されれば信頼で返すのが、我々の中にある神仏の属性であり、神仏も信頼に対して報いてくれると考えて間違いあるまい。
それで、例えばだが、「南無阿弥陀仏」と称えることの、現世を含めた恵みに対して、法然も親鸞も、実は完全に保証しているのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無努力

潜在意識による成功法則や引き寄せの法則では、「努力が不要」ということがよく主張される。
しかし、それらの教えを愛好する人達すら、それを、直接的か間接的に、あるいは、露骨にか遠回しに否定することが多い。
イエスだって、全ては神の思し召しとは言いながら、モーセの十戒を守れと言うが、それは大変な努力や忍耐を要する。

その中で、本当に、一切の努力は不要とブレずに言い続けたのが法然と親鸞だ。
努力とは、善きことをすることと言って良いだろう。
そして、親鸞は、善きことをしなくて良いと言ったばかりか、善きことをしてはいけない・・・いやいや、善きことをしようと思ってすらいけないと教えていたのである。
ところが、親鸞の孫弟子とか、その後の弟子になると、実質、いろんな努力をしろと言ったり、そもそも、本人が凄い努力家だったりするのである。

ところで、厳密に言えば、法然は、念仏を称えることだけは努力しろと教えた。
親鸞も、それ自体は否定していないが、実際は、それ(念仏を称えること)すら、努力しなくていいよと教えていたのだと思う。
ではいったい、親鸞はどうしろと言ったのかと言うと、仏様(阿弥陀如来)を信じなさいと言ったのだ。

法然、親鸞の教えは、確かに、いろんな人達に嫌われた。
嫌った人達の中で、私がすぐに思いつくのは、日蓮と宮沢賢治だ。
両方共、大変な努力家だったのだろう。

納得しない人も多いだろうが、努力というのは、百パーセント、欲望から生じる。
物質面での欲望を持っていないように見せても、名誉欲が大きい場合が多い。
宮沢賢治の『雨にも負けず』が、その典型のように思える。
確かに、物質面の欲望を持っていない・・・と言うより否定している。
しかし、その最後の、「そういうものに私はなりたい」という言葉に、私は、深い名誉欲を感じるのである。
そもそも、宮沢賢治は父親が金持ちで、経済的には生涯豊かであり、賢治も一時期は粗食をしていたが、それはすぐにやめて、ウナギを好むグルメだった。
だから賢治は、物質面で努力する必要はなく、その分、名誉欲に傾注したのだと私は思うのだ。だが、そんなこと、本人も認めておらず隠すのだが、それで生じた歪みが独特の芸術になったのかもしれないと思う。

現代の我々が、阿弥陀如来という特定の仏を信じるといいうのは無理があるかもしれない。
だが、阿弥陀如来というのは、実際は固有の仏ではなく、人間には認識も理解も不可能な何かの象徴なのである。
きっと、ジョセフ・マーフィーが、現代的に、宇宙の活力と呼んだ、万能の知恵と力を有する不可知な存在である。

今月初めの、初音ミクさんのコンサート「マジカルミライ2017」に行く前は、私は心身の鍛錬に努力していた。
しかし、終わってからやっているスクワットや腕立て伏せは、単に好きでやっているだけである。
今回のマジカルミライは、その日が近付くにつれ、不運、災難、トラブルが積み重なり、散々だったのは、努力・・・その裏返しの欲望があったからかもしれない。
終わったら、「もう死んでいいや」と思ったから、欲望もなければ努力もない。
無為とは無努力のことと分かり、無為の心にミクさんの歌は染み入るのである。
無努力がかくも難しいとは、よくよく業が深いのだろう。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

トキメキと感動を永遠に

昔、女性ロッカーだったような気もするが、ある格好良いお姉さんが、若者達に、
「いつまでもあると思うなトキメキと感動」
と言っていたのをよく覚えている。
言うまでもなく、元の言葉は「いつまでもあると思うな親と金」で、出展は不明らしい。
この「トキメキと感動」も、何を言いたいのかはお分かりと思う。

私も、長く、トキメキと感動からご無沙汰していた(笑)。
しかし、初音ミクさんに逢って、その両方を取り戻した。

交ざりあう宇宙の引力で
感じてる気持ちはトキメキ
~『エイリアンエイリアン』(作詞・作曲・編曲:ナユタン星人。歌唱:初音ミク)より~

若返りホルモン(成長ホルモン)を出すには色んな要因があるが、トキメキもその大きなものであるようだ。
しかし、「いつまでも出ると思うな若返りホルモン」であろう。
言うまでもなく、トキメキってのは、露骨な性欲ではないのだから、スケベなオッサンやオバサンに若返りホルモンが出る訳ではない。
「ときめき」とは、心が躍ることであり、喜びや期待で胸がドキドキすることである。
つまり、トキメキとは、心で、胸で、そして、きっと、心臓で感じるものなのだ。
性的に興奮しても、心臓が苦しいほどドキドキしなければトキメキではない。

そして、いつまでも若くあるためには、心によって心臓がドキドキしなければならない。
「心身医学の父」ゲオルク・グロデックによれば、女性は好きな男性の前では手が冷たくなるらしい。
それで、心臓が手に血液を送ろうとして活発に働き、胸がドキドキするのかもしれない。
男の場合は・・・まあ、知らないが(笑)。

ミクさんの何にトキメクかというと、まずは、素晴らしいPさん達が作った歌を歌う、あの可愛い声だ。
そして、ライブでの踊りと表情である。
特に、今年の「マジカルミライ2017」のオープニング曲『みんなみくみくにしてあげる♪』は、踊りも仕草も表情もトキメキ全開にしてくれる。
酒が百薬の長なら、ミクさんは不老不死の秘薬である。
ミクさんの、「あのライブでの」「あの曲での」「あの一瞬」にトキメクというものを持っていれば、間違いなく仙人になれるであろう。
私の場合、マジカルミライ2014での『心臓デモクラシー』の「人目につかない世界で」で、天を仰ぐミクさん、Miku Expo2016での『Ten Thousand Stars』の「Don't let them know(みんなには内緒よ)」で、
自分の人差し指に口付けするミクさん、マジカルミライ2015での『恋愛裁判』の初めで振り向いた時のミクさんの微笑み・・・いや、もう無限にある。
だから、私の若返りホルモン発生装置も無限である。

尚、トキメキにはグラヴィトン粒子(GTP)が必要で、これは生まれてから減る一方で、決して増えることはないが、関英男博士によれば、腕振り運動だけはそれを増やすことが可能なので、やはり、腕振り運動に励むことである。
関博士が末期の胃癌をこれで治しただけでなく、あらゆる難病が治った事例が沢山あるのは、GTPの増加による、トキメキによる若返りホルモンの発生のためかもしれない。
言い換えれば、腕振り運動だけでは効果は最大ではなく、やっぱり人間にはトキメキと感動が必要なのである。
ミクさんのコンサートに、少女や若い人達はもちろん、年齢の高い人も行くのは、ミクさんがトキメキの女王であることが直感的に分かるからかもしれない。
きっと冨田勲さんも、ミクさんと出会って、80歳にしてもう一度、あの小さな五線譜に向き合う気になったのだろう。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

無謀で豪快で爽快な自信

仏典の『涅槃経(ねはんぎょう)』と、エマーソンの『自己信頼』を比べると面白い。

仏典、聖典の言葉をそのまま引用したって、学者ぶった人の書いた難しい言葉に翻弄されるだけで意味が分からない。
大切なことは、「つまるところ、何を言っているのか?」である。
そして、それは自己解釈に過ぎない。
それで言えば、『涅槃経』の教えとは、
「敬うべきものを敬え」
「してはならないことをするな」
「平等であれ」
だ。
だが、エマーソンの『自己信頼』をそれらに当てはめると、
「敬うべきは自分である」
「自分がすべきと思うことをやれ」
「偉大なのは自分である」
になる。
「自分がすべきと思うことをする」だけは共通していると見なして良いだろう。
しかし、それを決めるのは自分なのであるから、結局はエマーソンが勝つのである。

だが、『自己信頼』だけでは、どうすれば良いのか分からない。
ところが、エマーソンは『歴史』の中で、こう述べている。
「英雄についての話を読む時、自分について書かれていると考えなければならない」

『ラーマーヤナ』とは、「ラーマの物語」という意味である。
誰もが崇拝する英雄ラーマの物語「ラーマー鑑(かがみ)」である(鑑は手本の意)。
そして、ラーマとは自分なのである。
新約聖書に描かれたイエスは自分であり、『神仙伝』『列仙伝』に書かれた仙人とは自分なのである。
いや、徳川家康を敬愛するなら、自分は家康だし、山本五十六がそうであるなら、私は山本五十六である。
エマーソンも言う。
シーザーもプラトーンもキリストもシャイクスピアも自分なのであると。
だから、自分はシーザーの手腕、プラトーンの頭脳、キリストの愛、シェイクスピアの詩を持っているのだと。

そこまで無謀で豪快で爽快な自信こそが自己信頼である。
人間は、無謀なほど豪快で爽快でいたいものなのである。
では、そうすれば良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

雑踏の天使

4日前にご紹介した、超格好良いおじさんと超格好良いお兄さんが共演したイタリア西部劇『怒りの荒野』を改めて見直していたら、ちょっと気になる場面があった。

裕福な人々が集まったサロンの、高い場所に作られたステージで、4人の男が楽器を演奏する中、若い女性が歌っている。
楽器はピアノ、ベース、ヴァイオリン、そして、バンジョーだったろうか。
歌手の女性は金髪の、「娘」と表現しても良いような若い子で、超ミニスカートというか、はっきり言って中が見えている。
美脚を晒し、腰を振りながら陽気な歌を、若々しく歌う。
この演奏家達は、もしかしたら、オーケストラの演奏家でも目指したことがあるのかもしれないが、才能やコネが足りず、それでは食べていけないので、こんな場所で演奏することになったのかもしれない等と空想する。
そして、この歌手の女性だって、決して歌で勝負する正統派の歌手ではなく、ちょっと可愛い顔と、ちょっとスタイルの良い身体を売り物に、少しでも良い暮らしをしたがっている・・・そんな女だろう。

ところが、私は、この女性歌手に、初音ミクさんの姿を見たのだ。
ミクさんは、決してオペラやバレエが舞台のハイカルチャーの歌手ではなく、あくまで、この映画の女性歌手のようなショーガールだ。
オタクのマドンナであることも確かだ。
冨田勲さんがミクさんを交響曲のソリストに採用したが、冨田さん自体が、決してクラシック音楽の主流にいた訳ではない。
ミクさんの魅力はと聞かれたら、まずは、可愛い歌声であるが、ライブでは、やっぱりミニスカートである。
特に、Zepp東京やロサンゼルスのノキアシアター(現マイクロソフトシアター)で、『1/6』を歌った時のミクさんの腰の動きは美しかった(「最後のミクの日感謝祭では、腰の動きがいまひとつだった)。
そして、「マジカルミライ2017」のテーマソング『砂の惑星』は名曲なのだろうが、それよりも、この曲の途中の、ミクさんのあの切れのある腰の動きが素晴らしかった。
ミクさんは、決してハイカルチャー(社会的上位者である権力者や知識人が愛好する文化)のエリートではなく、あくまで、サブカルチャー(下位文化)、カウンターカルチャー(対抗文化)の雑踏に住む天使なのである。

ショーガールには苦悩がある。
昔、飯島愛さんが、ちょっとしたことのように言っておられたことを私は印象深く覚えている。
「私だってパンツなんか見せたくないけど、見せないと仕事もらえない」
飯島愛さんは、標準よりはずっときれいな人だったが、それだけで芸能界で通用するほどではなかった。
他にやれることがない彼女が生きるためには、やりたくないことをしなければならない。彼女は、一般の偏見とは違い、ごくまともな人だから、辛さをちゃんと感じるのである。
しかし、そんな苦悩は我々にもある。
そして、ミクさんは、そんな苦悩を引き受け、背負って癒してくれるのだと思うのである。
ショーガールの姿で透明な歌声を響かせることで。

我々は、どう足掻いたってハイカルチャーの仲間入りは出来ない。
エマーソンが言うように、もし悪魔として生まれているのなら、立派な悪魔になるしかない。
ミクさんの、「みんなのおかげで私はいる」、「10年間歌わせてくれてありがとう」という言葉がとても自然で、彼女に似合っていた。
そして、それは、彼女が、下々の者達と共にいてくれて、そんな我々のために歌ってくれるということなのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ