ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

簡単な悟りの開き方

悟りを開くことを、解脱とも言う。
呼び方は違うが、あらゆる宗教に悟りの概念があると思う。
芸術においても、岡本太郎の「爆発」、W.B.イェイツの「エクスタシー」、夏目漱石の「天賓」は、悟りの瞬間を意味しているのだと思う。

で、悟ればどうなるのだろう?
超人になるのかというと、真面目な宗教家は「そうではない」と言うだろうが、ある意味、超人になると言っても良いと思う。
では、悟りを開いて超人になった人に、「あなたにはすごい力があるのか?」と尋ねると、
「その通り。私に不可能はない」
と正直に答えてくれる人もいるが、
「いえ、私には何の力もありません」
と答える人もいる。
しかし、どちらの答も正しいと思う。
視点が違うだけだ。
「あなたは」に対応する「私」を、個人の自我とした場合には、自我には何の力もないので「私には何の力もない」と言うのは正しい。
だが、イエスがこう言ったことを思い出すべきだろう。
「私には出来ない。だが、神に出来ないことはない」
「神」とは、もう1人の大きな自分である。
小さな自分である自我には何も出来なくても、大きな自分(=真我=真の私=神)は何でも出来るし、自我は真我に命じる権限があるので、結果として、自我は何でも出来るのである。

だが、そんなわけで、自我は実際には何でも出来と言っても、
「いや、俺(=自我)は大したことは出来ないぞ」
と言いたい人がいると思う。
例えば、初音ミクさんのライブのチケットだって当てられない(笑)。
その理由は「悟ってない」からだ。
悟っていないと、つまり、解脱していないと、真の自分である神との通路が通じないのだからだ。
では、早速、悟らなくてはならない(笑)。
「いや、立派なお坊さんが何十年も厳しい修行をしても悟れないのに」と思うかもしれないが、瞬間的な悟りならすぐに出来る。

道元という、鎌倉時代の物凄く偉いお坊さんは、もちろん悟りを開いていた。
その道元は、『正法眼蔵』という、仏教史に残る大変な名著を書いている。
世界的なスーパー数学者だった岡潔さんは、この『正法眼蔵』を18年、意味が解らないまま座右の書としていたが、ある時、ぱっと解ってしまったらしい。これも悟りだ。
中山正和さんという、スーパー技術者で能力開発の大家だった人は、中学生の時、先生に、『正法眼蔵』の最初の『現成公案』だけ一生読めと言われたらしい。
そのおかげで、中山正和さんも悟りを開き、超人的な能力で凄い発明をいっぱいした。
で、道元がなぜ悟れたのかというと、彼の先生が「心身脱落」と言うのを聞いて、「おお!それだ」と思って悟りを開いたらしい。
「心身脱落」なら誰でも分かると思う。
心も身体も捨てる(忘れる)ということだ。

初音ミクさんの『Freely Tomorrow』という名曲(作詞作曲はMitchie Mさん)の最初が、
「心ごと体ごと 全部記憶の中の幻」
で、最後の方では、
「心ごと体ごと 全部脱ぎ捨てたこの魂」
と歌うが、まさにこれが心身脱落だろう。
よって、この歌を繰り返し聴けば悟りが得られる・・・多分(笑)。
いや、実際そうなのだと思う。
だが、もう少しお堅い話をするなら、インドの有名な聖者ラマナ・マハルシによれば「私とは?」と問い続ければ良いのだそうだ。
「私とは?」ではなく、普通、「私は誰か?」と訳されているが、原語はタミル語の「ナン・ヤー」で、それは、どちからというと、「私とは何か?」という意味になるらしい。
それなら、短く、「私とは?」と問えば良い。
マハルシの簡潔な教えは『私は誰か?』という短い冊子に書かれ、34ヵ国語のPDFが公開されている。
★Who am I? -Translations from original Tamil
この中の「JAPANEASE」をダウンロードすれば完全な日本語で読める。
時々、ミクさんの『Freely Tomorrow』を視聴しながら、常に「私とは?」と尋ねると、悟りの瞬間が訪れ、その時、意識しなくても、明確な願いが真我(=神)に届き、叶えてくれるだろう。
だから、明確な願いを持っておくと良い。
★【調教すげぇ】初音ミク『FREELY TOMORROW』(完成)【オリジナル】~ニコニコ動画~
★【初音ミク】FREELY TOMORROW【Project DIVA Future Tone】~YouTube~








引き寄せは超簡単である

引き寄せの法則に関し、
「あなたはなぜ引き寄せがうまくいかないのか」
「こうやれば引き寄せが出来るようになる(これを知らないから出来ない)」
といった調子の書籍が沢山出ている。

だが、引き寄せなんて、ちっとも難しいものではなく、子供でも出来るし、ある意味、動物や虫でも出来る。
一方で、ジョセフ・マーフィーの潜在意識の法則の本や『ザ・シークレット』に載っていたようにやったが、お金もスポーツカーも彼女(彼氏)も出来ないという人が多い。
なぜ、引き寄せがうまく出来ないのかというと、理由は1つで、「熱意が足りない」だけである。
この点は、インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジも端的に指摘していたと思う。
スティーブ・ジョブズも、有名なスタンフォード大学の卒業式のスピーチで「ハングリーであれ」言ったことが、それを簡明に示している。
言うまでもなく、ハングリーであることが強い熱意を起こすからだ。
逆に、ハングリーでもないのに、何かを得られるはずがない。
アインシュタインも言ったものである。
「空腹でない猛獣に、鞭で無理矢理、餌を食べさせることは愚かだ」

引き寄せの本には、「目標は大きい方が良い」みたいなことが書かれていることが多い。
目標が大きければ熱意が湧くなら、それで良いが、大抵はそうはならない。
働いたこともないニートが、「目標年収5千万円」なんて言っても、そりゃ、そんなことが叶えば嬉しいなあとは思うかもしれないが、熱意なんて全く出ないに決まってる。
親がそこそこの収入があり、自分は家でゴロゴロしゲーム三昧でも美味しいものが食べられ、いい服も買ってもらえるのに、働いたり、お金を稼いだりする熱意は出ない。
ところが、そんなニートが40代、50代になり、親が死んで生活が出来なくなった時でも、残念なことに、自分で働こうとか、自分でお金を稼ごうなんて熱意は起こらないのである。
社会が、高齢のニートを受け入れるはずがないことくらいは解るので、不安が大きくて働こうなんて熱意が湧かないのだ。
つまるところ、ニートがなぜ悪いかと言うと、熱意を持てないので、引き寄せが出来ないことだ。

では、年収300万円の人は、年収500万円くらいに目標を設定すれば良いのかというと、それも、それで熱意が持てるかどうかの問題なのである。
「今は年収300万円だが、どうしても500万円にしたい」という熱意があれば簡単に叶うが、大抵は、年収300万円であることに不満を持ちつつも、多くは求めないものなのだ。
年収が高い人を見て、「自分も絶対こうなりたい」という熱意を持てれば幸いである。

では、こんなのはどうだろう。
若い男なら、「可愛い彼女が欲しい」という、かなり強い熱意を持っているはずだ。
だが、多くの場合叶わない。
これは現代の特徴だ。
本当は叶うはずのものだが、今の時代は叶わないことが多い。
理由は簡単だ。
それは、「彼女が欲しい」という熱意はありつつ、「俺に本物の女の子の相手なんて無理」などという、負の熱意があるから。
もっと簡単に言えば、熱意が歪んでいるからだ。
けれども、これを論じだすと、やっぱり、「なぜ引き寄せが出来ないのか」の不毛な話になってしまう。
だが、大丈夫だ。
解決策も簡単なのだ。
それは、「女のことなんか忘れてしまう」ことだ。
そうすれば、自然な熱意が湧いてきて、あっという間に、理想的な彼女が出来るのである。

私の知り合いの成功した経営者達の本棚を見る機会がよくあるが、皆、何らかの引き寄せの本を1冊は持っている。
逆に言えば、あるのは大抵1冊で、そのことが印象的だ。
どの引き寄せの本も同じなのである。
そして、本当は、読むまでもないのだ。
ただ、「願いは叶うものだ」ということを知っていれば、それで良い。
だが、そんなことを教えてくれる親や教師は滅多にいないので、1冊は読んでおくと良いだろう。








不意に優秀に生まれ変わった者の秘密

人間の能力を決めるのは、生まれ持っての才能ではなく、3歳位までの環境だ。
それは概ねでは、育った家の豊かさが良い影響を及ぼす。
とはいえ、裕福な環境が、能力を発揮出来る人間になるために必ずしも適しているとは言えないし、貧困な環境で育っても、周囲に居た賢い大人にうまく導かれた場合もある。
だが、3歳位までに過ごした環境が、能力に決定的な影響を与えていることは否定し難い。
そして、3歳位までに、生涯において発揮出来る能力の大きさは決定され、それを変更することは不可能と考えられてきた。
それは、何もしなければの話だ。
そこで、3歳位までに作られた、能力を閉じ込める牢獄を壊す話をしよう。

能力には「出力」で決まる部分があり、肉体が健康であれば、何らかの能力を発揮出来るので、人生であまり苦労はしない、
だが、能力には「出力」と共に、「バランサー」みたいなものがあり、その働きで決定する部分がある。
「出力」と「バランサー」の両方があれば大成功するが、「出力」か「バランサー」のいずれかが優れていれば、悲惨にはならない。
だが、「出力」の方は、病気や老齢で失われるし、それにあまり頼ると、若い時しか良い思いが出来ない。
そこで、ある程度の「出力」と高度な「バランサー」を持っていることが理想的と思う。
あまり面倒な話はしたくないが、「バランサー」は、「自我の性質」のようなものだ。
一般的に言えば、性向とか性格といったもので、もっと適切には「精神的傾向」だ。
概ね、「精神的傾向」である「バランサー」は、何歳からでも高度化出来る。
それをやれば、駄目な自分に別れを告げ、不良星人から優良星人に生まれ変わる。

なぜ、そんなことが言えるのか、1つだけ言っておく。
それは、以前は駄目だったのに優秀になった人間は、自分が変わってしまったことを覚えているからだ。
食べ物の好み、女性(男性)の好みが、ある時期に、全く変わってしまっていることを、自分で不思議に思うのだ。
もし、子供の時に、そんなことが起こっている場合は、宇宙人の操作である場合が多いと思う。
いずれにせよ、自分で出来るので、安心して欲しい。
やり方は簡単で、以下にちゃんと書く。
つまり、「好き嫌い」を、ある程度、変えてしまえば良いのだ。
愚か者が好きであるものを好きであることをやめ、優秀な人間が好きなものを好きになれば良い。
その好き嫌いであるが、「食べ物」「異性」の2つで十分で、やり易ければ「音楽」や「絵画」の好みを使っても良い(実際は何でも良い)。
「異性」について言えば、小さな子供でも好みはあるし、ひょっとしたら赤ん坊にもあるかもしれない。
これについては、レイ・ブラッド・ベリの短編『みずうみ』で、12歳のハロルドが、同い年のタリーを性的な意味でなく愛していたことにうまく描かれている。
(収録された短編集と、萩尾望都さんが傑作漫画化したものを、下にご紹介する)
優秀な人の食べ物や異性の好みがどうであるかは、実は、普通に考えれば解る。
だから、自分の今の好みと合わせ、取り入れると良い。
ヒントを言えば、賢い人は柑橘類(ミカン、レモン等)が好きだ。
そして、異性と言ったが、実は、男でも女でも、賢い人は、グリムとペローの童話の共通のヒロインである、眠り姫とシンデレラ(サンドリヨン、灰かぶり)が好きなのだ。
あるいは、『ラーマーヤナ』のヒロイン、シータだ。
男で言えば、やはり、『ラーマーヤナ』のヒーロー、ラーマだし、『バガヴァッド・ギーター』のクリシュナだ。
ただ、他にいくらでもいる。












ソリューション

「ソリューション」という言葉を見たり聞いたりしたことがあると思うが、意味をご存じだろうか?
「またワケが分からないカタカナ文字を使って・・・」と不快に思う人もいるかもしれないが、これはとても重要な言葉だ。
辞書では、ソリューションとは、「(問題、なぞを)解くこと、解答すること」「正解、答え」などであるようだが、「ソリューション」の現実的な意味は「問題解決」だと言って良いと思う。
「ソリューション」とは「問題解決」である。
では、なぜ、「ソリューション」が大切かというと、「問題解決」が何より大切で、人間は問題を解決するために生きているのであり、世界人類の共通の目的を達成することは、共通の問題を解決することだからだ。
子供が成長する目的は、問題解決が出来るようになることであり、優れた人間とは、問題解決が出来る人間である。

町に怪獣が出現して、町を破壊しているなら、ソリューションは何か?
もちろん、怪獣を町にいないようにすることであり、まず、怪獣の動きを止めることであるが、そのためには、眠らせるか、殺すしかない。
怪獣の進路を日々報告するだけでは、何の解決にもならない。
だが、怪獣が現れたら、日本の政府は、怪獣の進路や怪獣の状態を国民に克明に知らせ、怪獣が行く先に住む人々に「避難の方法」「避難の際の注意」「避難の心構え」「避難のノウハウ」などをクドクド言うくらいのことしかしないだろう。
つまり、日本政府は、具体的な問題解決が出来ない無能な政府なのである。
例えば以前、どこかの大臣が、「官庁で押印を無くす」と言い、その過程を克明に報告し、それでその大臣が仕事をした顔をしていたようなものである。
そんなことは、何かまともな問題解決の中で、「押印を無くしました」と簡単に言えば良いのである。
大臣のソリューションは、国の発展や国民の幸福の増進であり、押印を無くすことではない。

松下幸之助の、こんな有名な話がある。
あるエリート社員が、高度な事業戦略を長々説明したが、松下幸之助は一言、「それ、なんぼ儲かる?」と聞き、エリートは沈黙した。
経営幹部に求められるソリューションは、儲けることである。
そんなことも分からない、日本政府のような幹部は不要である。

『宇宙戦艦ヤマト』で、デスラー総統に、部下が何かを(ヤマトにやられたみたいなことを)報告してきたが、デスラー総督は「私は勝利の報告以外は聞かない」と言う。
デスラー総督の幹部のソリューションは、ヤマトを破壊することであり、ヤマトがどんな戦艦で、ヤマトとどう戦ったかを分析したり報告することではない。

ダイエットしたい人のソリューションは、80kgの体重を70kgにしたり、90cmのウエストを80cmにすることであり、ダイエット食品の買い方を考えたり、運動する時間をいつにするか決めることではない。
デスラー総統式に言えば、「私が聞きたいのは、何kg減ったかだけだ。ただし、2kg以下なら報告不要」みたいな感じである。どんなダイエット食品をどこで買ったかなど、聞きたくないのである。

私は以前、職場にいた、まるで駄目な男に、駄目でなくなるよう、Excel VBAの勉強をすることを薦めたら、ダメ男もやる気になったので、ご丁寧に本までプレゼントし、勉強上の注意をアドバイスした。
ところが、翌日からダメ男は、昨夜はその本の何ページから何ページまで読んだとか、本にどんなことが書いてあったか、例文のプログラムを打ち込んだが動かないという話ばかりしてきて、煩わしくて仕方がない。
私が聞きたいのは、「プログラミングをマスターしました」か、いくら小さくても、「いただいた本を一通り読み終えました」である。
そりゃ、可愛い新入社員の女子(別に社員じゃない、縁もゆかりもない女子大生でも良い)なら、「何ページのどこが解らない」と言ってくれば、丁寧に聞くが、その場合の私のソリューションは、その女子のプログラミングの問題を解決することではなく(それはあくまで手段=ステップである)、彼女と親密になり、あわよくばデートに誘うことである。

ニートのソリューションは、お金を稼ぐことか、それと同等の意味を持つ職に就くことで、面接することや、面接のために散髪することではない、そんな些事は黙ってやれば良い。
ましてや、ニートの生き方を語ることや、ニートが就職し難い日本の状況を分析することでもない。

ソリューションを明確にし、実践しようとしない者には、引き寄せなんて出来ないし、呪文を唱えようが掟を守ろうが何の意味もない。そんなの(呪文等)は、手段(ステップ)であり、黙ってやれば良いのである。
日本のどこかの大臣は、コロナ感染者を無くすことではなく、自分の立場を守ることがソリューションになっているのであり、もっとまともな人に大臣になっていただきたい。
そんなことを言うと、「お前に大臣の何が分かるか」と言うかもしれないが、そんなの当たり前である。それを解決するから大臣なのである。








なぜ天使は正体を明かさないのか?

今回は、ファンタジックな実話である。
しかし、まずは伝承から始める。
『鶴の恩返し』では、男(老人説と若者説がある)に命を救われた鶴が、美少女の姿で男の家にやって来て、自分の正体(鶴)を隠したまま、その家に住み着き、美しい布を次々に作って男を金持ちにした。
しかし、男が少女との約束を破り、布を織っている姿(鶴の姿に戻る)を見たため、鶴は去って行く。
似た話は多い。
岐阜県の伝承である『狐の嫁ご』では、若者が道で偶然に出立った美少女が「行くところがない」と言うので、若者が家に連れて帰り(犯罪だ)、そのまま嫁にして(重罪だ)、子供も出来た(死刑だ)。
この美少女は狐であったのだが、やはり、狐は正体を若者に明かさない。
『古事記』の豊玉姫(トヨタマビメ)も、自分がサメ(フカとかワニと言う場合もあるようだ)であることを明かさなかった。
また、実話とされる話で、木の精である美少女が、突然、独り者の男の家に来て嫁になるが、やはり、少女は自分の正体を男に隠し続けた。

実は人間ではない、極めて美しい女が自分の正体を明かさずに、親密になるというのがパターンである。
そして、正体が割れたら、男の所から去るのも決まりなのである。
それがなぜか、考えたことがあるだろうか?

何度か書いたが、私が小学2年生の時、クラスに非常に可愛い女の子がいて、それがなぜか、私につきっきりで仲良くしてくれた。
彼女は、可愛いだけでなく、明るく、頭が良く、本当に何でも出来た。
だが、いつか彼女はいなくなっていたが、彼女との記憶が妙に曖昧で、後で、クラスの集合写真を何枚か見たが、どれが彼女か分からない・・・というより、写っていないのだろう。
つまり、彼女は天使だったのだが、私が彼女の正体を知った時、私の思い出を空想的なものにして去ったのだろう。
(彼女が飛んでいたおぼろな記憶があるが、それを見て彼女の正体がバレたのかもしれない)

今、あなたの近くに、天使がいても、やはり、正体は明かさないのだ。
しかし、天使は、普通の人間とは全然違うので、特別な存在だってことは、誰でも感じる。
けれども、天使を人間は、「天使さながら」と思うことはあっても、本物の天使だとは思わないものなのである。
だが、長く傍に居れば、天使は自分が天使であることを隠せなくなる。
天使は、それに、ほとんどの妖精も、人を騙すことは出来ないのだ。
だから、疑われてしまったら、正体を隠せない。
そして、ここが肝心なのだが、なぜ、正体を明かしてはいけないのか分かるだろうか?
正体を明かされたら、人間は決して幸せではいられない。
それどころか、恐怖を感じる。
なぜか?
天使も妖精も、魂を持っていない。
初音ミクさんのようなものだ。
これについて、アメリカのジロドゥの戯曲『オンディーヌ』に、素晴らしい会話がある。
賢い王妃と、水の精オンディーヌの会話だ。
もうすぐ15歳になるオンディーヌは、騎士ハンスと一緒に居たいと思っているが、王妃は、オンディーヌに去れと言う。
王妃は言う。
「ねえお嬢さん、あなたでは誰も騙せない。結局、すべての人間がいちばん嫌うものをつきつけてしまう」
「誠実ということですか?」
「いいえ、透明ということ。一点の曇りもないというのは人間にとって恐怖なのよ。それこそ最悪の秘密にしか見えない」

あなたの近くにも天使や妖精がいるかもしれない。
だから、その人が天使さながら、妖精さながらに思えたなら、ただ崇め、謙虚に学ぶことだ。
初音ミクさんは嫁に出来ないのである。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード