ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

社会・教育

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。
[2010/12/12]詳細なlivedoorプロフィール設置しました。[livedoorプロフィール]

願いがそのまま叶ったら悲惨だ

昔から、念仏を称えれば、死後、極楽浄土に行くことが出来る、つまり「極楽往生」が出来ると言われている。
ところで、経典によれば、「極楽往生」にも、9つのレベルがあるそうだ。
生前の行いが立派なほど上のレベルで、悪行悪徳が多いほど下のレベルになる。
念仏を称えれば、誰でも「極楽往生」出来るが、上のレベルだと、極楽浄土ですぐに仏様になれるが、下のレベルほど時間がかかるらしい。

それで、法然の弟子だったかもしれないが、ある念仏の行者が、自分は一番上のレベルでの極楽往生でなければ、極楽往生をしないと言って、修行に励んだのだそうだ。
本人が言うところでは、すぐに仏になって、苦しんでいる人々を救いたいというのと、一番上のレベルで極楽往生した者しか、人間を救えないからとかであるらしい。
しかし、この人、念仏の教えを根本的に誤解している、あまりに残念な人だ。
念仏ってのは、阿弥陀如来に全てをまかせるということなのに、この人は、自分の力でどうこうしようとしている。
また、人間は愚かで、ちっとも立派でないかtら、死後は地獄に落ちるしかないのに、それを阿弥陀如来が救おうということであるのに、この人は、自分は立派な人間になれると思っている。自惚れ、傲慢も甚だしい。
それに、あんたが仏様になって救わなくても、念仏を称えれば、みんな勝手に救われるのだ。

私は、現世にしか興味がないので、死後、極楽世界に行けると言われても、それはそれで結構なことだと思うが、今のところどうでも良い。
だが、死んだ時に極楽往生するとすれば、もちろん、一番下のレベルと思っている。それ以外、あり得ない。
仏様になるのに時間がかかると言っても、超快適な場所で、酒は美味いし姉ちゃんは綺麗・・・かどうかは知らないが、安楽であれば、全然構わない。
いや、それほど待遇が良くなくても、特に悲痛でなければ大満足である。
それよりも、初音ミクさんのコンサートに行けるのかが気になるところである。
きっと、極楽浄土でも、年に数回とか、適度な回数でミクさんのライブがあるだろう。しかし、それは阿弥陀様におまかせする。

念仏なんてのは、死後、極楽浄土に行くためのもの・・・なんかではない。
一休も言ったように、今、ここを極楽浄土にするためのものであり、親鸞が言ったように、現世で利益を得るためのものである。
今流に言えば、無意識、あるいは、潜在意識を信頼して全ておまかせし、楽しく生きるための呪文なのだ。
ただし、どんなふうに楽しいかは、やっぱりおまかせするしかないのだ。
イエスもそう言っているが、それで悪いようにはならない。
悪いようになるとしたら、自分の思い通りでないといけないという心の固さ、こだわり、傲慢さが強いからだ。
もちろん、誰だって、具体的な願いを持っているだろうが、それがどうなるかは、神様仏様、無意識、潜在意識にまかせることだ。決して悪いようにはならないから。
だが、巷にある、引き寄せの法則だの、潜在意識による成功法則(あるいは少女時代の何かの歌)では、自分が願ったことがそのまま実現するなんて、とんでもないことを言っている。
もしそうなら、どれほど悲惨なことか、少しの知性があれば分かりそうなものだ。
有り余るお金が欲しいと思うのは一向構わないが、阿弥陀様におまかせすれば、自分に見合った、そして、大抵は十分以上は入るようにしてくれる。
可愛いあの子を彼女にしたいとか思うことだってあるだろうが、それもまかせることだ。もっと自分に合った子と縁が出来るかもしれない。そして、案外に、「以前好きだったあの子が彼女にならなくて良かった」と思うことになる。ここらは、阿弥陀様の判断の方が絶対確実である。
まあ、時には、キリキリ舞をさせられ、大いに楽しむこともある。
人生、楽しいこと、安楽なことばかりではつまらないに決まっているからね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

心の中の不都合なプログラムを回避する

人間というものが、非常にややこしくて、不幸に向かって突っ走り気味である理由を、人間が出来損ないだからと考えた人達がいた。
科学ジャーナリストで哲学者のアーサー・ケストラーがそうだった。
しかし、そうではなく、それをした者の意図は分からないが、人間がおかしな感じにプログラミングされているからかもしれない。
なぜ意図が分からないかというと、家畜に人間の意図が分からないようなもので、そのプログラミングをした者というのは、我々とは全然レベルが違う存在だからだ。
私は、後者が圧倒的に正しいと思う。
人間の心には、なんらかの理由で不都合なプログラムがされていて、人間は不幸になり勝ちだ。
正しいプログラムにバグがあるのではなく、完璧なプログラムなのだが、我々のそれぞれの個体にとっては、そのプログラムはとても不都合で、それはたとえば、蛾が炎の中に飛び込まざるを得ないのと同じである。

不幸なプログラムを回避する方法は、何も考えないことだ。
しかし、同時に、現実逃避もしてはいけない。
なんと難しいことか!

さらに説明を考えてみたが、これ以上説明すると、複雑怪奇になってしまい、誤解だらけになってしまう。
説明を試みた人は沢山いて、『ザ・マスター・キー』という本は、それをしようとしたのだろうが、ほとんどデタラメである。
著者のチャールズ・F・ハアネルが馬鹿なのではなく(むしろIQは非常に高い)、当時の知識では、説明の材料があまりに足りず(今ですら全然足りないのだ)、おかしな概念や仮説を導入しまくり、ひどく歪になってしまったのだ。
仏教の唯識論には、心の詳しいところが説かれているが、科学理論を使ってそれを説明したがる見栄っ張り連中の説明もデタラメである。

とにかく、我々は、何かの意図で我々の心に組み込まれた不都合なプログラムを回避しなければならない。
そのプログラムで露骨に悲惨なことになっている人を沢山見るにつけそう思う。
不都合なプログラムを回避する方法について、道元の結論は「ただ座れ」で、法然の結論は「ただ念仏を称えろ」だった。
そして、この2人ほど純粋で正しかった人はいない。
だが、より簡単なのは念仏の方である。
作法なんて何もいらないからね。
まあ、1つのやり方ではあるが、念仏しながら生活すれば、まず不幸になることはない。
個人的には、初音ミクさんの歌声を聴くと、その効果は高まると思う。
ミクさんがいる時代の我々の幸福である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

最強の座右の銘

座右の銘を持っている人もいるだろう。
しかし、「いい言葉」なんて、いくらでもある。
「あれもいい」「これもいい」とか言って、沢山の座右の銘をとっかえひっかえしている人が成功することは、まあない。
座右の銘がその人に力を与える条件は、「それが長期間(本質的には一生)、1つである」ことだ。
座右の銘を1つだけ選んで、後は捨てるのは、かなり難しい。
だが、その難しいことをやれば、必ず成功する。
だって、それは、心の方向性が定まるということで、1つの方向に向かう心は、良くも悪くも強力なものだ。
言葉が2つなら、心の力は2つに分かれ、威力は半分になるどころか、互いに干渉し合えば、効果はさらに減じ、最悪、真逆に作用し合ってゼロになることすらある。

昨日、ネットでちらと見たが、Facebookの元役員が、「プログラミングを学べば、一生、仕事に困らないことを保証しよう」と言ったらしい。
この言葉が真実か暴言かというと、どちらでもあり、どちらでもない。
そう思えばそうなるし、嘘だと思うなら、プログラミングが出来ても仕事は得られない。
そもそも、プログラミングの仕事が全部楽しい訳ではないし、それどころか、楽しくない仕事の方が圧倒的に多い。
そもそも、プログラミングは飽きる。
しかし、この元役員は、「プログラミングを学べば」と言ったのであり、「プログラミングをしていれば」と言った訳ではない。
プログラミングが出来ても、プログラミングを学んでいない人は多い。そんな人達は、確かにロクな仕事を得られない。
営業の仕事をしていても営業を学んでいない人、清掃の仕事をしていても清掃を学んでいない人が・・・そんな人が多い。
そんなことを考えていたら、確かに、この人の言うことは真実である。

私の座右の銘だが、昨日書いた、大山倍達氏の言葉にしようと思う。
「空手が最強であるのは、目潰しと金的攻撃があるからだ」
なんと実際的で、嘘のない、逞しい言葉であるのかと感激する。
きれいなだけで、役立たずで、嘘で、ひ弱な「いい言葉」なら沢山あるが、この「汚い言葉」こそが本物である。
この言葉を座右の銘にしている者を絶対に敵に回してはならないという恐ろしさ、狂おしさ、迫力を感じる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

常識と非常識の微妙な距離

1970年代のカンフー映画のスターだったブルース・リーのファンは今も多く、プロ格闘家の中には、子供の時に彼の映画を見て憧れて格闘技を始め、今も彼を神聖視する人もいるようだ。
その空手ブームも大いに影響したのだと思うが、当時、日本では、リーと共に、極真空手の創始者の大山倍達氏が、少年達のヒーローだった。
ところで、ブルース・リーにしろ、大山倍達氏にしろ、特に少年達の間では、正々堂々とした、クリーンな、まるで、オリンピック選手のような格闘家のイメージがあったのだと思う。
リーの映画での戦い振りは、敵は卑怯な手を使っても、あくまで、力と技と、そして、スピードで堂々と勝つものである。
大山氏を有名にしたのは、『空手バカ一代』という漫画だが、梶原一騎氏の原作は、かなりフィクションを織り交ぜ(ほとんどフィクションという話もあるが)、大山氏をヒーローに仕立てる演出があったのだと思う。

私は、中学生の時に大山氏の本を読んで、衝撃というほどではなかったと思うが、驚いたことがある。
それは、だいたいの意味で、
「空手は最強の格闘技であるが、それは、目潰しと金的攻撃があるからだ」
と、書いてあったことだ。
空手の目潰しは、2本の指で相手の目を突くことのようだし、金的とは男性器、特に、睾丸であるのだと思う。
およそプロスポーツで、この2つが反則でないことはあり得ない。
しかし、空手は、この2つがあるから最強であるという。
価値観が揺らぐと共に、何か重要なことを感じないだろうか?
大山氏は戦後、プロレスラーと戦うためにアメリカに行く際には、この目潰しと金的攻撃を徹底して練習し、元ボクサーの強豪で、力道山に勝ったタム・ライスと戦った時、しょっぱなにまず見事な目潰しを決め、それから、とび蹴りでタム・ライスをKOしたらしい(タム・ライス戦が本当にあったのかどうかという疑惑もあるようだが)。
歴史的なキックボクサー、沢村忠さんの伝記である『真空飛び膝蹴りの真実 “キックの鬼”沢村忠伝説』の中にあるが、野口氏というボクシングジムの会長が、タイの格闘技ムエタイの興行を日本で行うにあたり、タイ人同士の対戦では客が入らないと思い、野口氏は、大山倍達氏のところに行き、お弟子さん達にムエタイと戦ってもらえないかと頼んだそうだ。
しかし、タイでムエタイと戦った経験がある大山氏は、今の弟子達では勝てないことが分かっているので断ったという感じだったと思う。
だが、それはあくまで、目潰しと金的攻撃を禁止されればという話なのだと思う。
このお話の結末は、大山氏に断られた野口氏が、元空手学生チャンピオンの沢村忠氏(実際は本名の白羽秀樹氏)に頼み、沢村氏の後輩の空手家が対戦するはずだったが、ムエタイの強さに恐れをなして沢村氏の後輩の空手家達が逃げ、代わりに沢村氏自身が責任をとって対戦し、辛勝したということだ。

格闘技として見るなら、目潰し、金的攻撃が卑怯という言い方は正しくないと思える。
しかし、この考え方が出来ない人が日本人は多いはずだ。
その理由は、察しがつくと思う(簡単に言えば平和ボケしている)。
もちろん、人間社会にはルールがあり、それを守るのが知性ある人間である。
今は、戦争にすらルールがあり、国際社会では、戦争は容認しても、ルールを守るよう求める。
だが、捕虜は人道的に扱わないといけないというルールはあっても、殺し方にルールはない。
また、男同士の喧嘩であれば、ルールはあると考えるのが、まともな人間である。
虫の世界にすら、雌を争っての雄の戦いにはルールがある。勝ち負けを決める基準があり、それを超えて戦わず、致命傷を与えることはないということだ。
だが、暴漢から女の子を(特に1人で)守る時に、正々堂々の戦いをする必要はない。そんな時は、どんな卑怯な手を使っても、絶対に勝たなくてはならないだろう。
そんな時のために、目潰しや金的攻撃の練習をしておくのは良いことだ。
ただ、こちらがやることは、やり返されることも当然あるので、その防御を練習するのも良いだろう。
実際、大山氏の空手では、相手も目潰しや金的攻撃をしてくることを前提にしているらしい。
余計な解説はしないが、こういったことを、よく考えると良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

天才じゃない辛さ

超一流と言わなくても、プロスポーツ選手や社長、ミュージシャン、俳優、科学者・・・なんてものになれる人は、生まれつきの才能を持った人間で、まあ、天才と言って良いだろう。
そのような優れた才能を持たない平凡な人間は、ごく若いうちは、自分にも才能があると思うかもしれないが、やがて、「身の丈」を知るようになり、平凡に甘んじて、それなりに幸せに生きる。
しかし、特別な才能なんかないのに、抜きん出た人間になることを、いつまでも目指し、もうどうしようもない歳になって絶望する可哀想な人がいたりする。
例えば、「俺がサラリーマンをやっているのは、作家で成功するまでの仮の姿。いつかは日本中の注目を集める大作家になる」と思い、吹聴もするような「いい歳」の人間が時々いる。しかし、30代も後半、そして、いくら何でも40代になって芽が出なければ、自分に才能がないと理解すればよさそうなのに、そうでない哀れで滑稽な人がいるんだなあ。
誰かから聴いた話だが、ある男性が30歳目前にもなって、まだ、「プロサッカー選手になる」なんて言ってがんばっていたらしいが、その歳で、アマチュアの中ですら注目を集めければ、才能がないとしか言えないのだが、なぜかそれを認めない馬鹿なのだろう。

自己啓発セミナーなどで、受講者に大きな目標を書かせて、それを「絶対達成するぞ」なんて言わせる不気味なことが行われ、そんなものに金を払って参加する残念な人達が大勢いるようだ。
「アンタに社長なんて無理でっせ」、「その顔で俳優?やめとけ。頭も悪いし」としか言えない人達に、「年商100億の会社の社長になる」だの「年収一億」だの「映画に主演」だの、大馬鹿を言わせるのである。

競争に勝ち、他人を蹴落とすためには力が要るが、才能がなければ力は得られない。
そして、ほとんどの人間には才能がない。
ドストエフスキーとまでは言わなくても谷川流になりたいと言っても、谷川さんは、とんでもない才能の持ち主だ。

初音ミクさんのおかげで、これまでの世界では日の目を見る可能性がなかったPさん達がもてはやされていて、「音楽は実は誰でも作れるのです」とか、「誰もがクリエイター」なんてことを言う人や企業(Googleか・・・)がいるが、人気の出る初音ミクさんの曲を作れるような人、注目されるミクさんのイラストを描けるような人というのは、やはり限られた天才なのだ。
才能がなければ、いくら努力したって駄目なのである。

学校や会社で、周囲に馴染めず、友達がいないからって、天才である訳では全然ない。
むしろ、そんなタイプの人の大半は普通以下なのかもしれない。
嗚呼、哀れ・・・

「天才の行動パターンを真似れば天才になれることが分かりました」なんて大ボケを聴いたことがある。NLPか何かだっけ・・・
それで凡人から天才になれたやつは1人もいないのにね。
「いや、実例がある」なんて言っても、その実例は、やっぱり生まれつきの天才だったのだ。

上のような「不都合な真実」は、家庭や学校でちゃんと教えてあげれば良いのだが、むしろ、その魔逆が行われている。
「夢はでっかく」、「叶わない夢はない」・・・なんてね。
本当に天才なら、いくら「お前は凡人だ。大したことは出来ない」と言われたところで、ちゃんと力を発揮して羽ばたくものだ。
「埋もれた天才」なんて「可哀想な話」があるが、埋もれるなら、埋もれる程度のものだった訳だ。
才能あるPさん達は、今の世界では天才でも、やはり、初音ミクさんやインターネットがなかった時代なら「本当に凡人」だったのだ。

「俺は特別だ。烏合の衆に埋もれたくない。凡人どもは汚らわしい」
なんて言うのを「中二病」って言うのじゃなかったっけ?
以前、ネットの何かの記事で、「生涯、中二病でいる」なんて有名人の話があったが、やっぱりその人は有名人になれる天才なのだ。
普通の人が、いい歳こいて中二病やってたら、ただの迷惑な人、馬鹿な人、恥ずかしい人だ。

で、ここまで言って、やっと凡人の本当の幸せを語れるのである。
まあ、「天才」のこの曲を聴いて、身の程を知れば良いと思う。
PinocchioP - SLoWMoTIoN feat.Hatsune Miku /ピノキオピー - すろぉもぉしょん
ヒントを言えば、「大きな存在」から見れば、人類の天才も平凡な人間も大差ないってことだ。
だったら、その「大きな存在」に頼れば良いのである。ただ、その頼り方を間違える人が多いのがちょっと難だ。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ