ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ITのスキマ分野で楽に働く

昔の日本で、武士は大刀、ヤクザは長脇差(脇差よりは長く大刀より短い刀)の違いはあっても、刀が武器の時代に、剣の腕前の方はイマイチでも、変わった武器を使うことで優位に立つことを考えた頭の良い者がいた。
どんな武器かと言うと、例えば、手裏剣、吹き矢、スリングショット(投石器、パチンコ)等で、これらの腕前を磨いていれば、剣ではかなり強い敵にも勝てる可能性が高まった。特に、不意打ち的に使えば効果的だ。

武器に限らず、何事も正攻法ではなく、頭を使って、ユニークな裏技・隠し技、奥の手で勝利するというのは、弱者の知恵である。
ビジネスにおいても、大手企業はじめ、普通の会社では扱わない分野に特化して、大ビジネスとは言わないまでも、そこそこの収益を上げる賢い会社がある。
そういった、小さいが、確実に存在するニーズに応える事業市場を、スキマ産業と言う。
スキマ産業で成功する秘訣は、何と言っても、ライバルが少ないことだ。
初音ミクさんの会社のクリプトン・フューチャー・メディアも、最初からボーカロイドをやっていたのではなく、効果音(ドアをノックする音等の映画等で必要な音)やBGMといった、あまり普通の音楽系の会社が扱わない分野で事業を始め、技術も高かったので大きなシェアを握り、余裕があるところで、あまり期待せずにボーカロイドソフトに取り組んだのだと思う。

私は、20代前半の頃、社員十数名の小さな会社に勤めていたが、そこの社長に、スキマ産業の原理について書かれた本を手渡され、読むように言われたことがある。これが後々、非常に役に立った。何とも恩のある社長である。
そういえば、超有名な評論家であった竹村健一氏も、「ライバルの多い市場で無駄に頑張らず、ライバルのいない分野で楽に勝つ」ことを著書で薦めていた。

人間でも、珍しいスキルを持っていて、そこそこにニーズがあれば良い思いが出来る。

私が、プログラマーになりたての頃は、勤めていた大きな会社の中で、皆、どこのシステム会社でもやるような仕事を、毎日残業しながら頑張っていたが、そんなことでは、皆、良い思いが出来ず、嫌々働いているように見えた。
それで、私は、小さなソフト会社を訪問していると(自由行動が好きな人だったw)、大きな会社がやらないことで収益を上げているところがあり、これも一種のスキマ産業かと思い、私もその方面に取り組むと、初めはニーズがないのだが、ニーズを作り出せることが分かり、結果、楽な仕事が出来るようになった。

それで言えば、今、スマホアプリとか、Webシステムを作るのは、どこの会社でもやっているのでライバルが多く、プログラマーは大変だと思う。
AI分野やビッグデータ分野だって、多くの技術者が同じやり方で競争して大変だ。
かなり前のことだが、ある有能なシステムエンジニアが、Excelでシステムを作ることを始めたら、開発速度は速いし、ユーザーも慣れたExcelで操作出来るので、ビジネスが好調になった。
私も、メインの仕事とは別に、データベースソフト(MAGIC等)で、企業のシステムを作ったら、楽にやれるようになり、仕事はもっぱら、これを使うようになった。
データベースソフトは、今は、大半がマイクロソフトAccessで、少しFileMakerがあるくらいと思う。オープンOfficeのBaseは、あまり流行っていないはずだ。
Accessは、大型データベースのマイクロソフトSQL Serverと相性が良いので、ほぼ万能である。
ビッグデータとなると、ちょっと難しいが、AIの機械学習であれば、今やツールを使えば簡単に出来るので、むしろ、データベースソフトでデータを上手く加工することが重要であり、それには、Accessのようなデータベースソフトに慣れていることが圧倒的有利になる。

何か特技を身に付けたいなら、Excel + VBAを修得すると、実に有利になる。
ただ、Access + VBAは、Excel + VBAの十倍有益で、これが出来ると、発想力があれば、本当にいろんなことが出来る。
そんな訳で、Excel + VBAももちろんお薦めだが、Access + VBAも良いと思う。
正直、どっちが難しいかというと、どっちとも言えない。
私は、Access + VBAばかりやったので、Excel + VBAの方が難しい。
昨年、AIの本を書いた際、その中の実習用のデータは、本当はAccessで楽々作ったのだが、世の中に、Accessを使う人は多くないので、データ作成プログラムを本に載せる(あるいはダウンロードサービスを行う)のに、Excel + VBAで書き直したが、慣れないので結構大変だった。

Excelは、データが百万件くらいまでだし、基本的に1つの表(テーブル)で処理するのに都合が良い。
実用的には、今のSSDのパソコンでも、10万件くらいまでが快適と思う。
だが、Accessなら百万件以上でも十分扱え、しかも、複数のテーブルを同時に楽々扱える。
さらに、AccessとSQL Serverを連携させれば、無料のSQL Server Excpressでも、数百万件以上の複数のテーブルが十分に処理出来る。
Accessは2万円以下であるが(私はAmazonで15,000円ほどでダウンロード購入した)、私は、数百万円以上の価値のあるソフトだと思う。

もし、何か特技を身に付けたくて、Excel + VBAでもしようかなと思うなら、もう1レベル高いAccess + VBAを検討してみても良いと思う。
「私はAccess VBAの達人だ」といったアファーメーションを使えば、ちゃんとマスター出来ると思う。








凡人はオタクで成功する

特技というのは、特徴のようなもので、あるとないでは大変な違いだ。
特徴のない人間は、目立たないので選ばれない。
また、特技というのは、武器でもある。
武器を持たない人間は、戦っても勝てない。

どんな特技が良いかというと、
・ユニーク(希少)
・ニーズがある(高需要)
・熟練している
である。
得意であっても、誰でも出来たり、大勢の人が出来ることは特技ではない。
例えば、パソコン、スマホ、ワード、エクセル、ツイッター、フェイスブックなどは、昔なら特技だったが、今は、出来て当たり前だし、どれも、やりさえすればすぐに出来るくらい簡単になっている。
また、特技であっても、需要がなければお金にならない。
アーチェリーで全国3位といったら大したものだが、それが生かせる仕事はない。
そして、熟練というものが大切だ。
熟練も需要と大いに関りがある。
簡単な例では、素人の間では、びっくりする位、ピアノやギターが上手くても、よほどの腕前と、それを生かす管理能力がない限り、それで稼ぐことは出来ない。
非常に多いのだが、そこそこ英語が出来る、そこそこイラストが描ける、そこそこウェブページを作れる程度では、特技と認められない。

なんでもこなす人、つまり、ゼネラリストは、よほど優秀でない限り「うだつが上がらない」。替えがいくらでもいるからだ。
本人は、「俺がいないとこの部署(あるいは会社)は回らない」とか「俺は一目置かれている」と思っていても、実際は、いなくなって困ることは全くない。
それが分かっているから、サラリーマンは、情報を隠して、自分しか知らないことを作っておくことで自分の重要性を高めようとする者が多いが、それは、結局は、自分をそこから追い出すことになる。

つまり、どう言っても、立派な特技を持っていないとロクなことはない。

ところで、さっき、そこそこ英語が出来るとか、そこそこイラストが描けるといった、レベルが低いと特技ではないと言ったが、大したことがない腕前でも、下手なプロより有益なことがある。
それが、「特化の魔術」で、何かの分野に非常に興味があって、その分野に関する英語なら完璧に分かるとか、何かの分野のイラストを描くことに物凄く熱意があって、その分野に関しては、プロでも描けないといった場合には、それで身を立てられる場合がある。

企業でも、どこの企業も扱わない分野に特化して成功することがあるが、そのような分野を「スキマ産業」「ニッチ産業」とか言い、市場が小さいので大手が取り組まない分野に小さな会社が取り組んだところ、儲かったり、市場を独占するということがある。
初音ミクさんの会社のクリプトン・フューチャー・メディアは、効果音などの音源コンテンツを扱う珍しい仕事をしていたので、市場を独占して利益を上げ、ボーカロイドアプリ(「初音ミク」もその1つ)を作る際も、それほど儲けようと思わなかった・・・ダメ元とまでは言わなくても、企業生命を賭けていた訳ではなかったと思う。だからうまくいったという面があると思う。

Excel VBAでデータ処理をするというのも、プログラミングのプロがあまり取り組まなかったことでありながら、極めて有益なので、これを熱心にやったアマチュアが、結構いい思いをし、立派な特技になったのだ。
そもそもが、パソコンというものは昔、大手コンピューター会社が見向きもしなかったので、パソコンの製造販売を手掛けたスティーブ・ジョブズが大成功したし、ソフトウェアの会社や技術者も、昔はパソコンなどは馬鹿にして無視したので、これに真面目に取り組んだビル・ゲイツが大成功したのだ。
そして、ジョブズにしろゲイツにしろ、別にスキマ産業を意図的に狙ったのではなく、単に、面白いと思ったから寝食を忘れて熱心に取り組んだだけである。

好きなことにのめり込んで、時間を注ぎ込む者のことを「オタク」と言う。
ただ、ゲームや、アダルトのように「やらされること」に時間を注いでも駄目なんだ。
そんな「やらされてる」同じやつがいっぱいいるから、日本一にでもならない限り全く役に立たない。
だから、ゲームオタク、アイドルオタク、エロオタクが勝ち組になることは、まあ、ない。

「俺はExcel VBAで稼ぐぞ」と思っても、本当に興味があって、オタクにならないと実力がつかない。
学校やマスコミの教えや情報は無視し、大勢に流されないようにしなければならない。
そして、自分だけの特殊な武器を持ちたいと真剣に思えば、それに導かれるものだ。
そうすれば、自分は熱心に楽しみながら、自分だけの光線銃を持てる。
これや!(笑)








低価格スマートフォンUMIDIGI A7 Proについて

ちょっとスマートフォンの話を。
通信料が安いSIMフリー機に興味のある方の参考になればと思う。

私は、スマートフォンを、ドコモ、au、ソフトバンクのお店で買ったことがない。
AmazonでSIMフリー機を買い、それに、格安SIMカードを入れて使っている。
私は、スマートフォンはインターネット専用で、通話はいまだガラケーを使っていて、月額料金は合わせて2000円ほど。
やり方は、別に難しいことはないのだが、やや戸惑う人も多いかもしれない。
(このスマートフォンをこのまま通話用にも簡単に出来るが、これで通話やショートメールを受け付けたくないのでやらない。)

私は常にAndroid機を使う。個人的にiPhoneは使う気にならない。
ところで、国内スマートフォンメーカーは、スマートフォンをSIMフリーで売ることが滅多になく、正規販売では、SIMフリー機は中国製が圧倒的に多い。
中国製SIMフリースマートフォンの特徴は、価格が安いことと、表面上のスペックが高いことだ。
だが、安心して買えるのは、GoogleのPixcelや、ソニーのXperiaだが、欲しいスペックのものは10万円以上する。
来月発売のソニーXperia 1 IIは、5G対応で、その他も素晴らしいスペックだが124,000円。

中国製SIMフリー機は、先程も述べたがスペック上は良い。
だが、私には、あまり良いイメージがない。
私は2016年8月に、初めて中国製SIMフリー機ZenFone 2 Laser を購入した(37,600円)。
メーカーのASUSは、GoogleのタブレットNexus7を作っていたメーカーで、このNexus7(2013年版)が大変に良かったこともあり、期待して購入した。
このスマートフォンは、画面は、6インチ、FHD(1920 x 1080ピクセル)、内蔵ストレージ32GBで、スペック自体は十分だが、余計なアプリが沢山プリインストールされていて、その多くが、アンインストールできない。それらのアプリは、しつこく有償アプリ購入に勧誘してくるし、中にはスパイウェアであると感じられるものもあった(実際は分からないが)。
ちなみに、画面解像度FHDの1920 x 1080ピクセルは、テレビのフルハイビジョンやblu-rayと同じで、スマホの小さな画面ではかなり緻密である。最近はFHDのスマホも増えたが、まだHD(1280 x 720ピクセル)以下が主流と思う。
このZenFoneは、2年ほど使っていたら、突然に再起動することが起こり始め、連続再起動まで起こるようになった。
それで、2018年6月、香港に本社があるLenovo(レノボ)のSIMフリー機「Lenovo PHAB2 Pro」を購入した。

Lenovoは、携帯電話事業を米国モトローラと統合し、本店をアメリカに置く等、偏見かもしれないが、普通の中国メーカーとは信頼感が違う(ような気がする)。
実際、Lenovo PHAB2 Proは素晴らしいスマートフォンで、私は気に入っている。
6.4インチQHD (1440 x 2560)のディスプレイは美しく、標準64GBの内蔵ストレージに、その頃には安くなっていた128GBのマイクロSDカードを追加すれば、使い切れないほどの容量だった。
当時としては大きい4050mAhのバッテリーも有難かった(標準的なスマホで3000mAh程度か)。
欠点としては、誰が見ても「え?それスマホ?」というくらいデカいことで、片手での操作は無理で、重くもあった。しかし、それはさほどのことはなかった。
私は、スマホは画面の大きさ、美しさを重視する。
ところが、このLenovo PHAB2 Proは、2年使うと、バッテリーの消耗が早くなってきた。
また、このスマホは、Android6以上に対応せず、若干の不都合もあった。
しかし、バッテリー交換さえ出来れば、もうしばらくは使い続けると思う。バッテリー交換は、やろうと思えば出来るだろうが、面倒そうなのでやめた。

そこで、SIMフリー機のメリットの1つである、「とりあえず買って使う」という軽い気持ちで、最近、中国メーカーの、UMIDIGI A7 Pro を購入した。
決め手は、「余計なアプリは入っていません」だった(笑)。それは、ほぼ本当だった。
OSはAndroid10。
ディスプレイは、6.3インチFHD+(2340 x 1080)。
内蔵ストレージは128GBで(64GBモデルもある)、バッテリーはLenovo PHAB2 Proの4050mAhを超える4150mAh。
尚、Lenovo PHAB2 Proが6.4インチと言っても、UMIDOGI A7 Proは、最近主流の縦長ディスプレイであることと、画面以外の面積が少ないことで、Lenovoよりはるかに小さく、実は、その前に使っていた、6インチのZenFoneより小さいのである。
ダメ元のつもりだったが、反応速度といい、全く問題ない(私はゲームをしないので、ゲームでの性能は分からないが)。
背面の4眼カメラは目立つが、私は写真性能は、これまでのスマホでも十分と思っているので、多分、凄いのだろうが、良さが実感出来ない。
バッテリーの持ちは実感として良い。
そして、価格は、何と、17,969円(税込)であった。
また、最初から画面保護フィルムが貼ってあり、保護カバーも付属していたのは驚いた。
それと、ちょっと良かったのが、USBコネクタが、ZemFoneやLenovo PHAB2 ProのMicro USBではなく、Type-Cであることで、これは、他のタイプのUSBコネクタと違い、表裏がないので、楽である。
とりあえず、当面、これでいこうと思う。
これで、中国製スマートフォンのイメージが変わるだろうか?

ところで、Lenovo PHAB2 ProもUMIDIGI A7 Proも、ケースに入れても、そのケースのカバーの開閉で電源ON/OFFをしない。
Lenovoの方はまだ、電源OFF時に、画面をダブルタップすれば電源ONになったが、UMIDIGIはそれもない。
私は心配性なのか、いちいち電源スイッチでON/OFFをすると、スイッチが壊れてしまうような気がする(まず、その心配はないと思うが)。
だが、カバーの開閉などで、電源ON/OFFをすることはアプリで出来る。
そのアプリも多数あるが、いろいろ試したら、Gravity Screenが最も良いと思った。








システムエンジニア・プログラマーになるハードルが低い方法

私は、システムエンジニア(SE)とプログラマーを区別しないので、以下、プログラマーとSEを、ほぼ同じ意味で書く。
自分がプログラマーになれるとは思っていない人も含め、プログラマーになって楽しく仕事をする方法を考えた。

プログラマーになるには、ソフト開発会社や、会社自体はソフト開発会社ではなくても、事業としてソフト開発を行っている会社に入るという選択を思い浮かべる人が多いと思う。
ただ、この場合、会社のやり方が、どれほど偏っていても、自分がそれに合わせる必要があり、必ずしも良質なキャリアを積めない・・・つまり、他所で通用しないプログラマーになる危険もある。
人によっては、「沢山のソフト会社を転職して、幅広いスキルを身に付けると良い」と言う人もいるが、それは、誰でも出来ることではない。

また、正直なところ、初めのうちは、全ての人が、あまりハイ・レベルなプログラマーになりたい訳ではないと思う。
そこで、割とお薦め出来る選択肢が、企業の情報部門の社内SEになることだ。
こんな書き方をすると、消極的な感じがするかもしれないが、そうではない。
アメリカでは、企業システムの半分以上が、社内で開発されていると言われている。
日本では、まだまだ、会社のシステムをソフト開発会社に依頼する場合が多いが、それでも、社内開発の割合は確実に増えている。
だからこそ、社内SEは有望なのである。

会社のシステムを外部のソフト会社が製作するというのは、実のところ、いかにソフト開発会社のSEが優秀でも無理があるのである。
つまり、可能であれば、会社のシステムは、その会社内で作ることが望ましい。
だからこそ、システム先進国のアメリカでは、ソフトの社内製作が盛んなのである。
日本は、政府の上級機関でも、IT化が悲惨なほど遅れていて、まさかと思う場面でいまだFAXが使われているが、日本の会社の中には、まだ、そのレベルのところが少なくない。
そんな事情もあり、特に中小では、社内SEの活躍場所は多い。
もちろん、「コンピューターやソフトに金をかけられるほど儲かっていない」という中小は多いだろうが、実際は、コンピューターに投資することで、短期的にも収益が上がる場合だって多いと思う。

社内業務の自動化には、Excelマクロ(VBAプログラム)が活用される場合が多く、技術者としてのキャリアがない人が、VBAで活躍する例は多い。
ただし、Excelレガシーという言葉があるように、計画性がなく、思いつきで作ったまま放置したExcelマクロがたまっていくことで、かえって、業務のトラブルになっている場合が多いのも事実だ。
だから、Excelマクロを活用するなら、管理責任を負う者を立て、その者は管理スキルを磨かなくてはならない。
とはいえ、管理責任者の下、計画的に作られ、運用されるExcelマクロは素晴らしく役に立つ。

また、どんな会社も、いまどき、Webサイトを持ち、それが、ユーザーとのインターフェースになっている場合も多く、社内Webプログラマーも重要である。
ただ、Webシステムも、高度に管理すべきものであることを理解して、それを実施しなければならない。
単に「ホームページ」を作るのではなく、技術的に押さえておくべきことがあるのである。
とはいえ、だから高度なセキュリティーが必要というよりは、「危なくない運用」をすることが重要である。
リスクのあることに関しては、システムの専門会社に頼ることも必要だ。ただし、その場合も、社内に開発要員がいた方がうまくいく場合が多い。

社内業務システムでは、マイクロソフトAccessを使えば、そこそこの企業では、社内で基幹システムを作ることも可能である。
ただし、そのようなことは、やや難易度が高いので、特に最初は、専門会社に協力を依頼しても良いが、丸投げせずに、やがては社内で開発出来るようになれば良いだろう。
Accessを使う場合、データベースにはSQL Serverを使うと良いが、そこそこの売上げがある会社でも、無料のSQL ServerであるExpressエディションで間に合ってしまう場合も少なくない。
社内開発をVisual StudioやPHP等によるWebシステムにしても良いが、Accessを使った方が、開発・保守が圧倒的に速く楽な場合が多いと思う。
ただ、Access VBAでSQL Serverを使う方法を丁寧に書いた本を、私はあまり見たことがない(私が書いても良いのだが・・・)。
また、Accessは、実は、BI(ビジネス・インテリジェント)ツールとして万能だし、AIのためのデータ作成にも便利で、人気がない(Excelに比べ)割には、極めて優れたソフトなのである。

以上から考え、社内プログラマーを目指す場合、必要なスキルとして、まずは、
・Excel+VBA
・Access+VBA
・HTML、CSS、JavaScript、PHP
のどれかが出来ると有利と思う。
そして、仕事をやりながら、Python、Javaを勉強しておくと、活躍舞台が広がる。
また、もし興味があればC言語やC++言語が出来れば、技術系の開発に進める可能性も高まる。
後は、自分で情報を得ていれば、何が必要か分かると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
大袈裟ではなく、今後はAIのリテラシーは必須であり、企業にとってもAIと無関係でいることは出来ません。
しかし、AIの本は、技術者向けの難しいものか、役に立たない一般論が書かれたものが大半です。
本書は、数学、プログラミング、難しいAI理論なしで、楽しい実習を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的としています。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

人形と人間に違いはない

日本には、 人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)という、浄瑠璃(演奏と語り)と人形によって演じられる伝統芸能がある。
尚、文楽と人形浄瑠璃文楽は同じだが、 文楽(人形浄瑠璃文楽)と人形浄瑠璃は厳密には違うものらしく、良くないのかもしれないが、ここでは、人形浄瑠璃でまとめる。

日本人は、人形浄瑠璃の人形を、人間と同じ、あるいは、それ以上に情感を持って見るようだが、これは、外国人には理解し難いものらしい。
特に、一神教であるキリスト教やユダヤ教では、人間以外のものは、文字通り「物」であるが、八百万の神の国である日本では、万物に神が宿るのであり、人間も物も平等である。
だから、人形に対する、日本人と(特に)西洋人の情感の違いは、そこらの歴史的感覚の違いであると、よく言われる。
だが、西洋人だって、人形浄瑠璃に馴染むと、やはり、人形に対する情感を感じるのだと思う。
それに、西洋人の女の子が、例えば、フランス人形を愛する気持ちも、とても情感があるはずだ。

ところで、人間と人形の違いは何だろうか?
ここでは、特に、人形浄瑠璃の場合について考える。
普通には、生物と非生物という区別が思い浮かぶだろうが、実は、科学的にこうも言えるのである。
人間がどう動くかは予測不可能だが、人形浄瑠璃の人形は、どう動くかは予定されて決まっている。
だが、人形浄瑠璃の台本や演出を制作した人が、どう製作するかは予測不可能なので、人形だって、やはり、予測不可能なのだ。
どんなに昔に決められた台本や演出だって、それが作られた時には、やはり予測不可能(作った人にとってすら)だったはずだ。
そして、人間も人形も、大部分は電子で出来ていて、電子の動きは予測不可能であることは科学的に解っているのだから、電子という観点において、構成要素といい予測不可能なことといい、人間と人形に違いはない。
(原子のほとんどの大きさは電子の分布で占められる。原子核はほんのわずかな大きさで、原子を野球場とすれば原子核はビー玉くらいとも言われる)

では、ライブの初音ミクさんはどうだろう?
やはり、初音ミクさんと人間に違いはないことが解る。
人間は、身体を構成した電子が(正しくは電子の分布が)光子を反射することで見える。
そして、初音ミクさんは、特殊な透明ボードに光が作用して見えるのだが、本質は、ボードを構成する電子が光子を反射して見える点で同じなのである。
しかし、コンピュータープログラムで動くミクさんは、人形浄瑠璃の人間以上に予定された行動をするので、行動が不確定な人間とは違うと思うかもしれない。
だが、人間がミクさんの動きをどうするかは、やはり不確定で、どんなプログラムが出来るかも不確定なのであるから、やはり同じなのである。
ミクさんが人間に依存するのは確かだが、人間の方がもっとミクさんに依存するかもしれない。
人間がミクさんに依存する度合いが大きいので、ミクさんはスーパースターなのである。
そして、ミクさんが予測不可能なことをするほど、観客は親近感を持つ。
例えば、「マジカルミライ2019」で、3曲目の『愛の詩』を歌った後、ミクさんは、「こんばんはー」と挨拶すると、不意に右方向(会場からは左方向)にトコトコと走っていき、「こっち側のみんなー、げんきー?」と尋ね、その後、「それじゃあ」と言って、反対側に走って、「こっち側のみんなも、げんきー?」と尋ねる。
こんな予想外の行動を見て、観客は、ますます、ミクさんを自分と同等と感じ、親近感を持つのである。
また、「マジカルミライ2018」からは、日によってセットリストを一部変えているが、これも、ミクさんの予想外の行為と感じ、さらにミクさんを人間らしく感じるのである。
そんな演出を考えるスタッフはやはり感性が優れているのだと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
現場で実務をしておられる人がAIを作ると大きな効果を発揮する可能性があります。
この本は、Excelが使えるスキルがあれば、楽しみながら自分で実用AIを作れるようになることも目指しています。
また、高校生や大学生が、学術的以前に、自分でAIを作って使う体験をすることで、AIにおいて最も大切な、問題を予測問題に捉え直すセンスを得るのにも適していると考えています。
是非、学校で導入していただきたく思います。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード