ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

才能の有る無しの判定

才能がないことをやってはならないし、やらせてもいけない。
無駄な努力になり、貴重な人生の時間を無駄にする。
才能もないことを、親が自分の子供に無理矢理やらせることも多いが、そんな子供は、ストレスで病気になるかもしれないし、心に深刻な影響を抱えるかもしれない。
一方、才能もないことを、自主的に熱心にやる場合は、子供っぽい妄想があったり、あるいは、邪な想いがあることが多い。
子供が、単に格好良いからという理由でやりたがるのは、ある程度仕方がないが、それなりの歳になれば、自分には向いていないことを自覚した方が良い。
あの手塚治虫さんだって、子供の時、宝塚歌劇団に憧れ、中学か高校の文化祭で、本物の宝塚歌劇団の衣装を借り(貸してくれる大らかな時代だった)、自分で歌劇を演じたが、失笑を買って、やっと、自分に才能がないことを理解した。
多くの場合、才能がないことは、他者が客観的に見た方が分かり易いので、手塚さんの場合も、もっと早く誰かが指摘してあげるべきだった。そうすれば、手塚さんも恥をかかなくて済んだ。
だが、沢山の人達に「才能がない」と言われながら、強い意思で継続し、成功した稀な例が注目されてしまうので、「自分には才能があるに違いない」と思い込む人も、多いのかもしれない。
もちろん、本当に好きなら、才能の有無に関わらずやれば良いが、好きであっても、必ずしも才能があるとは限らず、それでプロになろうなんて妄想してはならない。
だが、自分に才能がないことは、なかなか認めたがらないものかもしれない。
例えば、音楽が好きで、そこそこは出来るようになる者は少なくないが、プロになる才能がある者は、悲しいまでに少ない。
以前、クリプトン・フューチャー・メディア(初音ミクさんの会社)の伊藤博之社長が、音楽に限定したわけではないと思うが、「人生を賭けてはならない」と言われていたと思うが、それが非常に印象的だった。あの人は、才能もないのに音楽に人生をかけて、そして、人生を棒に振った人を沢山見たのだと思う。

ところで、現代の医者になるのに、特別な才能はいらないと思う。
そこそこ頭が良く、性格に極端な欠陥でもない限り、親が金持ちの医者なら、誰でも医者になれる・・・というか、なれている。
だが、医者に向き、不向きはあり、本来は医者に向いていない医者は多いと思う。
「心身医学の父」と言われたドイツ人医師ゲオルク・グロデック(1866~1934)は、兄が何人かいたが、医者であった父親は、ゲオルクだけを医者にした。
その理由について、ゲオルクは、自分が姉と人形遊びをしているのを父親が見たことがきっかけだったのではないかと述べていた。
彼が、姉と人形遊びをしていた時、姉が、人形にもう1枚服を着せようとしたら、ゲオルクが「人形が苦しがる」からと止めたのだそうだ。
さっき、医者に才能はなく、向き不向きがあると言ったが、この話から、本当は、向き不向きと才能は同じものだと思う。
単に、現代の職業医師に才能はあまりいらないということだろう。

むしろ、プログラマーの方が、現代の職業医師より才能が必要かもしれない。
ただ、今のところ、全てのプログラマーに、それほどの能力が求められているわけではないという理由で、なろうと思えばプログラマーになるのは、そう難しいことではない。
とはいえ、必要とされる能力は、時代と共に高くなるので、やはり、才能がないならやめておいた方が良く、それは、Excdelマクロ(VBAプログラミング)の場合もだし、むしろ、才能のない者がExcelマクロを作ることで深刻な問題が発生することが多い。

才能があるかないかをどう判断すれば良いかだが、それには、私が昔からよく書いている、あるミュージシャンの言葉を覚えていると良い。
それは、こんな言葉だ。
「ミュージシャンてのは、街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足出来るやつじゃないと務まらない」
これが全てであると思う。
有名な、スマイルズの『自助論』を読んだ上で、熱心にやれることが、自分に向いたものではないかと思う。








偽物の冴えた生き方

モグリの医者というものについて聞いたことがあるかもしれない。
この「モグリ」とは、「法を犯し、また許可を受けないで、仕事・商売などを行うこと。また、その人。」という意味だ。
ただ、モグリの医者など、小説等、フィクションの中にだけいるものと思っている人がいると思う。
しかし、希に、実際にモグリがバレて逮捕された医者らしき者の報道があるし、実のところ、私は、結構な身分の医者だが、「あの人、モグリだよ」と教えてもらったことがある。そう言った人は、別に、そのモグリという医者と敵対している人ではなく、その全く逆で、私にそんな嘘をついても、何の得もしない人だった。
モグリの医者と言っても、元々は本物の医者で、何か法を犯すことをして医師免許を剥奪されたという場合がほとんどと思う。
だから、モグリとはいえ、医療行為は能力的には可能で、腕が良い場合もある。私が知っていたモグリらしき医者がまさにそうだった。

ところが、医学教育など全く受けていないモグリの医者の実話があり、そのモグリの医者はアメリカ海軍の軍医を務め、手術も行ったが、医者としての評判は良かったらしい。
ある意味、大したものである。
けれども、大昔だろうが、法が医者を認定しなかった時代・・・早い話が、医者なんていなかった時代があり、ひょっとしたら、今でも未開の地域で、そんな所もあるかもしれない。
しかし、正式な医者というものが存在しなかった時代でも、民間療法というものがあり、民族の長い経験の中で、病気を治すノウハウが蓄えられていたものだった。そして、そんな状況下で、病気を治すのが上手い人がいて、そんな人が医者のように扱われたのだと思う。
そのような医者は、腕が全てであるし、誰に認定されたわけでもないことから、かえって自主的に調べ、考え、経験に学び、結果、良い医者になることもあったのだと思う。
また、現代でも、モグリの医者であるからこそ、それがバレないために、懸命に勉強したり腕を磨いたりで、上で述べた海軍の軍医のように、良い医者もいるかもしれない。

西尾維新氏の小説である、『化物語』から始まる「物語シリーズ」の中で、クセはあるが普通の人間を超越した、スーパーな3人の中年男女が、同じ大学に在籍していた時、「本物と偽物はどちらが上か?」という議論をしたという話がある。1人は「本物」、1人は「どちらとも言えない」で、最後の1人は「圧倒的に偽物」と答えた。
私も、全部がそうとは言えないが、本物に負けてはいけない理由を執念めいて持っている偽物が本物を圧倒することもあるのだと思う。
武道家でも、本物は師の教えが多くを占め、それに自分で工夫したものを付け加えるのだと思うが、偽物は、本来、師が教えてくれるような根本がない弱点はあるものの、良いものを貪欲に取り入れているうちに、案外、本物の武道家を超えることもあったと思う。

私も、システムエンジニアとしてはモグリの部類だ。
大学の専門の学部や、専門の学校で学んだことはないし、企業の研修を受けたこともない。
勉強しながら、勤めていた会社で実験と実践を同時にやったのだが、そんな人は、特に昔は結構多かったと思う。
私は、そこから、まずはベンチャーの開発会社に入り、そして、大手企業のシステム開発部門に入るという経緯で、あたかも情報科学の学位でもあるような顔で、大手を含む企業で講義や技術指導もしたし、アメリカの超一流大学で講師を務める話もあったくらいで、モグリの気分を満喫していた(笑)。
まあ、コンピューターの仕事に免許はないし、大学の先生にも免許はないので、全く何の問題もないのだが。
だから、私が本当にモグリであったわけではないが、本物と、モグリの偽物との間の利点欠点も分かるように思う。
まず、やはり、モグリは、より緊張感がある場合が多く、切羽詰まった真剣さのために、覚えが速く、また、上手くなることも多いのではないかと思う。
欠点としては、基本がないことだろう。その意味で、歴史や伝統がある分野では、蓄積された基本的ノウハウを効率的に学べる本物と張り合うのは、かなり厳しい場合もある。ただし、伝統に縛られない自由な発想が出来ることが良い場合もある。

法を犯すモグリは良くないが、モグリっぽい偽物として挑戦するのは面白いことが多い。
特に、プログラミング分野は、プロと同じツールが、ほとんどタダで使える良い時代で、本物も偽物もない。
特に、ExcelやAccessのVBAであれば、あなたも今日からモグリ・・・ではないが(笑)、偽物プログラマーになれる。
そして、偽物プログラマーは苦労も多いが楽しいものであると思う。








AIの誤解を解消し、AI開発者になろう

1972年に放送された『ルパン3世』のエピソード22「先手必勝コンピュータ作戦」は、おそらく今も、大半の人が持っているAIに対する誤解を解消する題材になる。
簡単に言えば、こんな話だ。
FBIの最新の犯罪対策コンピューターが日本の警視庁に導入される。
当時は、AIという言葉は一般的ではなかったが、このコンピューターは事実上のAIなので、以下、AIと呼ぶ。
このAIを使えば、ルパンの行動を全て完全に予測出来る。
ルパンは、逮捕されて投獄された仲間である次元と五右衛門を脱獄させようとしていた。
AIが予測した、ルパンの作戦は、4階の留置場に次元と五右衛門が移った後、留置場の下にトランポリン付のトラックで乗り付け、次元と五右衛門が、そのトランポリンの上に飛び降りるというものだった。
よって、トラックでやってきたルパンを待ち伏せて逮捕するという作戦が立てられた。
AIの予想通り、トラックで乗り付けたルパンは、AIの恐ろしさを知っているので、
「ここまでの俺の行動はAIに読まれている」
と考え、気紛れを起こして、次元、五右衛門のいる4階留置場の部屋に進入し、そこから、小型グライダーで見事、脱出する。
ルパンは、
「AIに勝つのは人間の気紛れさ」
と勝利宣言して去っていく。

AIにこんなことが出来るなんてデタラメなことだ。
とにかく、勘違いしないで欲しいのは、ルパンがどんな方法で次元達を救おうとするか予想するのは人間の仕事だということだ。
もちろん、人間の予想は1つではない。
トランポリンを用意して次元達を飛び降りさせることも予想するだろうし、可能ならば、小型グライダーで4階から逃げることも予想出来るはずだ。
また、その他にも、あらゆる可能性を人間は予想するだろう。
人間が、ルパンの行動を予想出来なければ、AIは何の役にも立たない。
そして、人間が、ルパンの作戦を、例えば100個予想し、それで十分と判断したら、AIに、ルパンがどの作戦を実行するか予想させるのである。
ただし、AIは確実な1つを予想したりはしない。
・次元と五右衛門をトランポリンに飛び降りさせる:推定確率23%
・小型グライダーで逃げる:推定確率19%
・看守に変装して次元達を部屋から出し、3人共、警官に変装して脱出:推定確率7%
・・・・
といった感じで、確率で予想を提示する。
そして、確率の高い方の作戦の内、必要と考えられるもの全てに対応するのである。
基本的には、こんな感じである。

野球の監督をAIが出来るなんて言う者もいるが、出来ない。
作戦を立てるのは、あくまで人間の監督であり、AIは、その作戦がどのくらいの確率でうまくいくか推測するだけである。
監督が素晴らしい作戦を立てなければ、AIを持っていても何の役にも立たないのだ。

宇宙人が攻めてきても、AIが戦い方を提示したりはしない。そんなことは出来ない。
人間が戦略を、例えば20個出し、その中で、AIが最も高い勝利確率を付けた作戦を実行するのである。

ただし、最初のルパンの例で言えば、ルパンや次元、五右衛門の膨大なデータがない限り、AIは精度の高い推測が出来ない。
さらに、データがあっても、それをどう数値表現するかを人間が考えないといけない。AIは数字しか分からないからだ。
このように、データをAIが推測するのに都合の良いように、組み合わせ、作成するのも、人間の仕事で、そんなことをするのがAI開発技術者だ。
AI自体を作るには、高度な論理学や数学の能力が必要だが、AI開発技術者として、AIが良い推測が出来るような形にデータを作るのは、純粋な思考力とかセンスの問題で、別に数学も論理学もプログラミングも必要ない。
頭が良いに越したことはないが、つまるところ、AIを活用するのに必要なのは、慣れとか、経験とか、やはり、センスである。
数学やプログラミングが出来なくてもAI開発技術者になれる。
下にご紹介した、AI実習書『楽しいAI体験から始める機械学習』は私の著書で、非常に画期的なAI入門の方法を採用している。
AIに「モンティホール問題」や「囚人のジレンマ」を解かせたのは世界初…じゃないかと思っているが分からない(笑)。
私が作ったExcel VBAの、とても面白いサンプルプログラムを無償ダウンロード出来る。
あなたもAI開発技術者になれるかもしれない。








AIに勝つ単純な秘訣

有名なアニメ『ルパン三世』の、1971~1972年の第1シリーズで、何と、ルパンがAI(人工知能)と戦っている。
当時は、「AI」は専門家しか使わない用語で、このアニメでも、単にコンピューターと呼んでいたが、このコンピューターは、ルパンの行動を正確に予測するのだから、まさに、今日、AIと呼ばれているものと同じである。
AIとは、思考するのではなく、予測するのである。ここを間違うと、AIを正しく活用出来ない。
例えば、企業が、何を売り、どんなサービスをするかを考えるのは、あくまで人間で、AIは、それが売れるか(あるいは、どのくらい売れるか)予測するだけである。だが、現代のAIの予測精度はおそろしく高い場合があり、人間の予測をはるかに超えることもある。
一方、人間なら簡単に予測出来ることを、AIが予測に失敗することもある。
例えば、「5」という文字を見た時、人間だって、それを「5」だと予測するだけなのだが、少々乱暴に書かれた「5」でも、それを「5」であると、素早く予測出来ることが多い。しかし、十分に調整されていないAIは、予測が出来なかったり、他の文字だと予測してしまうこともある。
もっとも、現代のスマートフォンを通して使えるグーグルのAIは、手書き文字も含め、沢山の言語をかなり正確に読み取り翻訳出来る。
とはいえ、ルパンの行動を予測することは難しい。
ルパンの行動を正確に予測するためには、ルパンに関する、とんでもなく沢山のデータが必要だ。
この、『ルパン三世』のアニメでも、今日のAI以上のAIを使い、ルパンの多量のデータを収集済みであることが、暗黙の了解であると考えないといけない。
それで、ルパンは、ことごとく行動をAIに予測され、盗みの仕事に失敗し、逮捕されてしまう。
そこで、最終勝負となる。
つまり、ルパンがどんな方法で脱獄するかをAIが予測すれば、それを封じる方法を人間が考えて事前に準備することが出来るのである。
ルパンは脱獄計画を実行しながら、「さて、ここまでの俺の行動はAIに予測されている」と考えた。
だが、最後に、ルパンはAIの予測通りに動かなかった。
そして、ルパンは言う。
「AIに勝てるのは人間の気紛れさ」
ルパンは、気紛れに行動することでAIに勝ったのだ。

では、本当に人間の気紛れがAIに勝てるかというと、ただの気紛れならAIに予測される。
人間にとっても、AIにとっても、「斜め上」の気紛れでないと、つまり、言ってみれば、ぶっ飛んだ気紛れでないと駄目だが、人間は本来、そんな発想が出来るのである。
だが、すっかり、メディアに洗脳された人には、そんな「超斜め上」の発想が出来ない。
「超斜め上」になれるかどうかが、我々が洗脳社会に勝ち、幸福になる鍵である。

最近、人気急上昇中の「天才」成田祐輔(なりたゆうすけ)氏(経済学者。東大首席卒業。MIT博士。イエール大学助教授)が登場した動画で、印象深いものがあった。
成田氏はデータの専門家で、それはつまり、AIやビッグデータ活用の専門家ということだろう。
成田氏は、イエール大学に、Amazonの副社長を呼び、この、データを駆使して高収益を上げる企業のデータ活用法について何か話してもらおうとした。
ところが、Amazon副社長は「データは危険」だと言う。
これは、どういうことかというと、おそらく、「ある範囲のことでならデータは有益であるが、高度な場面では、データは役に立たない、つまり、信用出来ない」ということと思う。
成田氏が、では、何を信用するのかとAmazonの副社長に尋ねた時の答が素晴らしかった。
それは「CEO(最高経営責任者。社長である場合が多い)の心の声だ」である。
頼りになるCEOの心の声は、きっと「超斜め上」であり、人間にもAIにも予想外のことのはずなのだ。

企業に限らない。
強い企業のCEOの心の声が頼りになるように、平和な国では、大統領などの国家元首の心の声が重要なのだ。
そして、心の声は我々にだって聞けるし、それは、CEOや大統領の心の声と変わらないのだ。
では、どうすれば、魂の声とも言える、純粋な心の声を聞けるのか?
アニメ映画『009 RE:CYBORG』を見よ(笑)。
009ことジョーは、「彼の声」を聞くが、多くはないとはいえ、他にも、世界中で「彼の声」を聞く者が現れ、それは神の声と思われることもあった。
だが、ジョーは言う。「人によって、彼の声がどう聞こえるかは違う」。
ジョーは、やがて、「彼の声」を正しく理解するようになる。
なぜなら、彼が人を思いやり、仲間を信じる心を持っているからである。
ある世界最高クラスの投資家も、心の声を聞いていた。
そのコツを尋ねると、「欲張らないことだよ」と答えた。
これが答ではあるまいか?








スペシャリストを目指せ

ある有名な歌手が、40歳を過ぎた時に行き詰まり、二進(にっち)も三進(さっち)もいかない状態で、歌手を止めて、別のことをしようと思ったらしい。
しかし、思いとどまり、歌手を続けた。
思いとどまった理由はこうだ。
「どこの世界でも、20年、30年とやっている人達がいて、新しく始めた自分が、そんな人達にかなうはずがない」
何かの道を長く続けている者なら分かることだと思う。
長く積み上げてきた経験に優るものはない。
そりゃ、自分がやってきたことがもう古く、その仕事が、遠くなく消えてなくなる運命である場合や、自分がやっている仕事が簡単な仕事で、短期間で十分なレベルになれる場合は別だ。

大きな会社では、新入社員は、自分がどの部署に回されるか、分からないという場合が多い。
学校を出たばかりの学生は、まだ真っ白なので、何に向いているかを会社が判断してあげようとか、いろいろな部署に入り、いろいろな仕事を経験することで幅広い人間にしようというのだろうが、もうとんでもない話である。
大学どころか、高校を卒業したら、自分が何に向いているかなど自分で分かるはずだし、そもそも、会社に人間の適正の判断は難しい(事実上、不可能)し、はなから、社員の適正を見極めるのではなく、会社にとって都合が良さそうな部署に配置させることがほとんどだ。
また、あちこちの部署を経験させるのは、あくまで、その会社のことをよく理解させるためであり、どこの会社でも通用するような実力をつけさせるためではない。会社の意図かどうかはともかく、結果として、その会社でしか使えない能力しか得られない。
そんな会社でうまく出世して部長になっても、リストラされたり、会社が倒産すると、転職の際、「あなたは何が出来ますか?」と尋ねられたら、「部長が出来ます」といったような笑うしかない答しか出来なくなる。部長は仕事の名称ではなく、「部長が出来る」を正確に言えば、「前の会社の部長が出来る」ということであり、別の会社では平社員の仕事も出来ないのである。
営業をやってたと言っても、営業のやり方は会社によって違う。
また、営業という仕事には専門性がない場合が多く、一般的には、営業の仕事には就かない方が良い(もちろん、特殊な専門性が生きる営業は別だが)。
経営者だって、高い専門性を持っている場合が圧倒的である。

長くやればやるほどスキルが上がり、20年30年とやれば、誰にも負けない確固としたものを持てる仕事を選ぶべきだろう。
ただし、日本では、学校から会社まで、庶民は代替可能なロボット人間として育てるので、専門性のある生き方をしようと思うと、学校や会社(あるいは社会)を否定しなくてはならない場合が多い。それが出来ない者が、「私は何に向いているのだろう?」とか「私が進むべき道は何だろう?」ということが分からず、特に何も出来ないサラリーマンになってしまうのである。
私の場合、初めから学校や社会を否定していたので、プログラマーになるのは簡単だった。
しかし、ソフト開発以外のことについてはあまり知らないし、そもそも、自分でやったことのないことを本当に知ることは出来ない。

プログラマーになるなら、30歳くらいまでなら、JavaやPHPといった最も仕事の多いプログラミング言語や、PythonやJavaScriptといった最も将来性があるプログラミング言語を何か1つ、少なくとも、入門書レベルなら完璧にしておけば、開発会社に入れてもらえるので、そこで経験を積めば大丈夫である。
30代後半以上であれば、Excelマクロ(VBAプログラミング)が出来れば、会社の仕事を、それで自動化させれば頭角を表せるし、Excelを使わない会社はないので、転職の際、「ExcelとExcelマクロ、滅茶苦茶出来ます」と言ったことで採用されたら(採用される可能性が高い)、良い状況になるだろう。
「うちはExcelは使わず、別のツールを使ってますが、それをやってくれますか?」
と言われたら、もう既にExcelで十分な経験がある場合を除き、止めた方が良いと思う。まずは、どこでも通用する知識が大切だからだ。
尚、Excelマクロではなく、Accessマクロ(Access+VBA)なら、SQL Serverと組み合わせれば、そこそこの会社なら基幹システムでも作れ、システムの拡張修正も早く出来る。
そこで、Accessマクロを作ることが出来るなら、開発会社に入るより、システムを社内開発する会社の開発部署に入る方が良いかもしれない。社内開発をAccessでやっている会社は合理性が高い場合が多い。
社内でシステムを開発出来るメリットは多く、アメリカでは、かなり多くの会社が、システムを自社開発しているのは、それに合理性があるからだ。社内SE(システムエンジニア)の能力は、他社でも十分に通用する。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード