ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

AIも人間のこれには歯が立たない

欠点が大きければ大きいほど成功する。
ガンジーも信じない程、偏執狂的な不安症を持つチャーチルが、ヒトラーを絶対に信用せずに(他の政治家は概ねヒトラーを評価した)叩き潰したように。
色キチガイで博打好きなニコロ・パガニーニが、ヴァイオリンの演奏は悪魔的に上手かったように。
彼らは、それらの欠点がなければ、今に伝えられるような偉大な人物にはなっていない。
こういった人物の例は、いつの時代にも沢山いる。
そして、傑出した人物というのは、確実に、並外れた欠陥を持っているものだと断言する。
一頃、アインシュタインは、「唯一の健康的な偉人」と言われたが、なんのなんの、ほんのわずか伝わっている負の逸話すら「ぱない(並ではない)」ものである。

最近、ハリウッドの大物監督が、俳優へのセクハラ行為を暴露され追放されたが、彼はもっとうまくやれなかったのかなと思う。
日本の総理の最大の恥さらしとされるある元首相は、60も過ぎていたと思うが、21歳位の愛人がいたのがバレて社会的に死んだが、彼の唯一の失敗は、愛人に支払う金をケチったことだった(誰だって若い愛人くらい欲しいさ)。
その愛人の女性は、「お金じゃありません。誠意が欲しかった」と言ったらしいが、誰かが実に的確なことを言っていた。
「金のことを男の誠意と言うのだ」
と。
あのハリウッドの変態監督も、しっかり金を払っていれば、これほど早くジ・エンドになることもなかったろうに。
彼は、普通の人なら出来る自制が出来ない欠陥人間であったから成功したのだと思う。だから、それは成功した金でうまくやるべきだったのだ。

まあ、多少「盛って」(次の広辞苑に追加される新語。「おおげさにする」の意味)述べたが、要は、人間は欠陥で大成功するのである。
美点の方は、ますますAIに敵わなくなるが、人間の偏執的、変態的欠陥には、優秀なAIも全く歯が立たない。
よく、「これからAIに奪われる職業」なんてことが話題になるが、AIに取って代わられるのは、職種で決まるのではない。
どんな高度な仕事もAIに奪われる一方、レンガ積みの仕事すらAIに勝ち続ける人も必ずいる。
度を超えた変態的なレンガ積み職人であればね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

システムエンジニアの非すゝめ

私はプログラマーとシステムエンジニアを区別しないのだが、客先ではシステムエンジニアと名乗るしかない。
システムエンジニアは、企画・計画が仕事で、プログラマーは製造作業をするような観念があるかもしれないが、特に今のオブジェクト指向プログラミングの時代には、企画者がプログラミングをした方が確実だし、経験豊かなプログラマーこそが良い企画が出来る場合が多い。
確かに、プログラミングの出来ないシステムエンジニアや、企画を立てるまでの経験のないプログラマーというのはいるが、職業としての呼び名を区別するほどでもないと思う。
しかし、区別をしなくてもいいが、区別したって構わないとも言える。
早い話が、呼び名なんてどうでも良い。

ところで、システムエンジニアというのは、中学生や高校生男子のトップクラスの憧れの職業らしく、YouTuberを超えるという調査もあるほどだ。
しかし、私は、彼らにシステムエンジニアになることを勧めるのは、非常に消極的である。
プログラミングをマスターするのは大いに結構だが、システムエンジニアになれなんて言う気はないのだ。

ここで、システムエンジニアの良い定義を思いついた。
それは、ユーザーが構想したシステムを作る人だ。
ドワンゴのプログラマーのように、自社サービスであるニコニコ動画のシステムを作るのがプログラマーだとしたら、どこかの企業の何かのシステムを、その企業の構想に基き、私が1から開発する場合にはシステムエンジニアと言う訳だ。
もちろん、こんな区別も本当は不要なのだがね。

で、なんでシステムエンジニアになることをお勧めしないかと言うと、私がこの仕事を大嫌いな理由がそれになる。
これは、本来、システムエンジニアとして言ってはならないことであるが、若い人の後学のためにあえて言えば、「ユーザーは非論理的である」という、ミスター・スポックが言いそうなことが事実による。
システム開発にあたり、お客さんであるユーザーと深く話し合うのだが、大半のユーザーはひどく非論理的なのである。
いや、ユーザーが非論理的と言うより、ほとんどの人間が非論理的なのだ。たとえ大学の理系学部を出ていてもね。
まあ、システムエンジニアが何でも理論的と言うのではなく、こと、コンピューターシステムを考える上では、システムエンジニアはひどく論理的なのである。
それは、一流のスポーツ選手は、普段は全く論理的でない人でも、こと自分の競技に関しては恐ろしく論理的であるようなものだ。
だが、スポーツ選手であれば、特に一流なら、自分の思い通りに出来るが、システムエンジニアはそうはいかない。

ユーザーは、
「ここはこうなるようにして欲しい。そして、ここはこうで、ここはこうだ。うん、これは素晴らしいシステムになるぞ!」
と自画自賛せんばかりに言うが、そんなシステム、使い物にならないどころか、稼動すらしない。
いや、本当に稼動して使われたりなんかしたら、ゾっとする。
非論理的過ぎてトラブルは続出するだろうが、そのトラブルの責任は私が取らないといけない。
だが、ユーザーは、自分の考えが非論理的であることを決して認めない。
私は、出来るだけ丁寧に、そして、下手に出て、
「ほら、こんな場合に拙いことになるでしょ?だから、こうすべきなんです」
と言っても、ユーザーは、まあ極端に言えば、
「こっちが客だ。言う通りにしたまえ」
「私を馬鹿にしているのか?それとも、お前は楽をしたがっているだけじゃないかね?」
と言い、モメると、システムのことは分からないシステムエンジニアの上司や、その上の偉い人は、
「お客さんの言う通りにしたまえ。あちらの役員からもそう言われているのだ」
と、「超非論理的な論」を出してくる。

これがシステムエンジニアの仕事だ。
精神を破綻させたくないなら、やめておくことだ。
まあ、YouTuberになることは、もっとお勧めしないが・・・(笑)。

では、ドワンゴのプログラマーになるのはどうかというと、それは良いことだ。ただし、数年でやめる計画ならね。
ドワンゴに入ったら、ニコニコ動画のようなシステムには詳しくなるかもしれないが、世の中にシステムの種類はゴマンとある。
カドカワN高校のプログラミング授業の宣伝に、
「ニコニコ動画が作れるようになる」
とか言うのがあった。
もちろん、中学生向きのPRとしては悪いことはないが、これは、言い換えれば
「ニコニコ動画しか作れない」
ということだ。
それは、ドワンゴの多くのプログラマーに対しても凡そで当てはまるかもしれない。
1つのものごとに精通すれば全てが分かるという面も確かにあり、空手の達人は柔道の極意の一部も分かるかもしれないが、実際に柔道の試合で勝てる訳ではない。
それと同様、ニコニコ動画のシステムの達人になっても、他のシステムを高度に作れる訳ではない。
つまり、いろんな経験をしてこそ一流になれるのであるが、プログラマーも全くそうなのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この世はプログラミングで出来ている

私が、ニート2年目の19歳の時に読んだ、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』に改題)の中に、ある貧困なユダヤ人の少年に、教師が、「もし、沢山のお金を持ちたいなら、それをどう使うかを考えなさい」と教える話がある。
その子は、その通りにして、やがて大富豪になる。
しかし、私は、その方法をうまくやれなかった。
建設的な、自分が納得する大金の使い方を思い浮かばないのだ。
それが出来れば、私は金持ちになっていただろう。
そのユダヤ人の子供に、この方法を教えた教師もそうだったのではないだろうか?
そもそもその方法は、なかなか難しいのかもしれない。
そして、大抵の人は、「5億円あったらどう使う?」などと聞かれたら、やっぱり、大したことは思い浮かばないのだ。

1千万円の貯金が出来たら、次は2千万円と思うような人は、器が小さく、金持ちになったりしないのだろう。
ましてや、「大金を持ったらどうする?」と聞かれて、「貯金する」なんて小市民は、身の丈を知って生きていくのが最大の幸せだ。

ところが、お金の額を、ただの数字だと認識する者は、案外にお金持ちになっている。
そんな者は、大金を手にしても、自分が偉いから、あるいは、凄いからお金を得たなんてちっとも思っていないし、贅沢もしない。
そんな人は、騙しようがなく、詐欺に遭うこともない。
ゲーマーが案外、株で儲けたり、経営で成功したりすることがあるのも、人間が失敗する大きな要因であるプライドがあまりないからだと思う。

そして、この世は、ますますプログラミングになっていく。
だから、これからは、プログラミングが出来る者が、自由に世界を創造出来るようになっていくかもしれない。
世界を無理に変えようとせず、現状を認識し、その上で、「もし、○○だったらこうする」という、戦略と決断の下に進めば、失敗しても、次はもっとうまくやれるようになる。
それがプログラミング思考というものだ。

どんな意味においても、今後の世界では、プログラミングの能力は価値のあるものに違いない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

久々にプログラミングの勧め

ひきこもりで依頼心が強く、幼稚なせいで自己中心的な私が、社会でうまくやれたのは、やはり、コンピュータープログラミングが出来たからだ。
とはいえ、凄いプログラマーなのかというと、それは全くない。
これについて、思い出すことがある。
竹村健一さんは、英語を生かして成功したが、彼が言うには、「僕の英語なんて、素人に毛が生えた程度」らしい。
それで言えば、私のプログラミングも同じである。
ただ、私は竹村さんのような行動力というか、冒険心に欠けているが、それでも、それなりにはうまくいった・・・早い話が、安楽で苦労知らずだ。
また、英語を役立てるには、そういった冒険心というか、才知や並々ならぬ努力が必要で、英語が出来るだけでうまくいくことはない。
だから、私の考えでは、英語かプログラミングかで迷うなら、絶対にプログラミングだ。

Facebookの元CEOや、N高等学校(学校法人角川ドワンゴ学園)のプログラミング指導責任者が、「プログラミングが出来れば、一生仕事に困ることはない」「プログラミングが出来れば、一生食いっぱぐれない」といったことを言っているらしいが、一生かどうかはともかく、私に関しては本当だ。
頭も性格も悪くても、そうだったのである。

では、プログラミングはどうやって習得するかであるが、英語と同じで、「時間をかける」につきる。
良い学習方法というのもあるかもしれないが、それが誰にでも合うとは限らない。
しかし、時間をかければ、自然と、どうやれば良いかが分かってくるはずだ。

時間をかけることの大切さは、チームラボ社長の猪子寿之さんや作家の村上龍さんらも語っているのを読んだことがある(書籍は下に紹介する)。
私も、下手な勉強方法だったと思うし、学習能力も高くなかったが、とにかく時間をかけたと思う。
他のことにかけられる時間があれば、出来る限り、プログラミングに回したのである。
そして、今の時代は、私の修行時代より、はるかに勉強がし易い。
やることが分からなければ、有名な天才プログラマーの清水亮さんが言われているように、「写経」、つまり、良いプログラムを、意味が分からなくても、何も考えず、そのままキーボードで打ち込んでいけば良い。

私でさえ、プログラミングは抜群の威力を発揮したのだから、これからの人では、さらにそうだと思う。
もっと言えば、これからの時代は、プログラミングが出来るか出来ないかが、大きな、あるいは、圧倒的な差になる。

どんなプログラミング言語をやれば良いかについては、自分で選べば良いと思う。
私の時代は、BASIC、アセンブリ言語、C言語、Pascalくらいしか選択肢がなく、私は、加えて、LISPとPrologをかじり、Smalltalkにも手を出した。
だが、まずは1つである。
最初の1つは、若い人ならJavaScriptが良いと思う(先に、最低限のHTMLの知識が必要だが、それは、他の多くの言語でも同じである)。
また、既に長く働いている場合は、ExcelとVBA言語、あるいは、AccessとVBA言語が非常に役に立つと思う。
VBA言語が出来れば、とても有利な立場にもなれる。
C言語をマスターすれば、ITやコンピューターに関する根本的な力がアップする。
そして、今でも、また、当分は、PHPやJavaが標準的な言語であることに変化はないだろう。
どんな言語でも、恐れず、ますは写経から入ると良い。
いずれにしろ、根気が大切で、毎日、長時間かけなければ実力がつかない。
短時間で手っ取り早く楽にマスターしようなどと思わない方が良いだろう。
特に、ひきこもっていて、時間があるなら、是非、プログラミングをやっていただきたい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

Android用動画再生プレーヤーはこれしかないと思う

DVDやblu-rayからコンテンツファイルを取り出すリッピング(あるいはデジタル放送の通常の動画ファイルへの変換)は法律で禁止されているが、YouTubeを見ると、ほとんんど堂々と行われている。
「悪法も法なり」で守らなければならないが、確かに時代遅れで馬鹿な法律と断言出来る。

初音ミクさんの動画はiTunes Store以外では、ほとんど販売されていないので、使う機会は減っているが、動画再生アプリの選択には悩まされた。
Android用では、定番のMXプレーヤーが明らかに優れている・・・というより、他のものが、あまりに駄目だ。
しかし、MXプレーヤーは不意にAAC音源が再生されなくなり(外部コーデックをインストールしても駄目)、Google Playには登録されていない特殊なライブラリがないと再生されないことがあった。
そして、だいぶ前から、MXプレーヤーのフリー版だが、起動と同時に重い広告が出るようになり、このアプリを使う前には機内モードにして通信を切っている。
しかし、それも面倒なので、他の動画再生アプリをいろいろ試したが、全部駄目。
なんで、最新に近い高性能のスマホと、新しいバージョンのAndroidで、当たり前のことがちゃんと出来ないのだろうと思う。
ネット上で「これが最高です」と薦めているアプリは一通りは試したが(要求権限が過剰なものは除く)、「惜しい」ものすらなかった。
尚、Googleアカウントにクレジットカードを登録する気にはならないし、Vプリカを使うのも面倒なので、有償版を買うつもりはない。
ところで、アプリ起動時に画面を占拠する動画広告なんて見たら、その商品やサービスは絶対に買わないし利用しないと決心すると思うし、後で述べるが、そんなアプリは捨ててしまうものではなかろうか。

ところで、そのままで、ほとんどの動画を再生出来るフリーウェアのVLCが素晴らしい。
Windows用では、Media Player Classcではきれいに再生出来る動画がうまく再生出来なかったりしたが、Android用は本当に良い。
ただ、1つの動画ファイルを再生したら、フォルダ内の次のファイルを再生せずに止まってしまうお粗末なところがあり、性能は良いと思いつつ、使わずにいた。
ところが先日、何と、Android用VLCで、フォルダ内のファイルを連続再生出来ることを偶然発見した。
ネットでは、そのやり方は、いくら探しても見つからなかった(探し方が悪いのかもしれないが)。
やり方は、フォルダをロングタップ(タップ長押し)した時に出てくる「再生」ポップアップボタンをクリックすれば、フォルダ内ファイルを全て再生してくれる。
また、フォルダ内のファイルをロングタップしたら、ポップアップメニューが出るので、その中の「全て再生」をタップすれば、そのファイル以降(番号順、アルファベット順)を連続再生する。
これで、動画再生アプリはVLCで決まりだ。
MX動画プレーヤーはアンインストールした。

ミクさんのblu-rayをタブレット機器で見ることが出来ないのが辛い。
リッピングが違法でない国の人に(違法な国がそんなにあるのか?)リッピングしてもらい、それで取り出した動画ファイルを使うのなら違法ではないのかなあと思う。
いや、やはり、そんな阿呆な法をなくさなければならないが、法律に関わる人達の頭が進化するには時間がかかるだろう。
ドワンゴで、循環的複雑度という、本来はプログラムの複雑度を調べるための測定法で、著作権法を調査したところ、103だったという。
プログラムの循環的複雑度が70を超えたら、改善不能なのだそうだが、この法律も改善不能なのである。
日本の法律は、弁護士同士で解釈が異なるのを、面白おかしくテレビで放送している阿呆なものなのである。
せめて、これからの子供がプログラミングで論理思考を学び、大人になったら、まともな法律を作ってくれないかなと期待している。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ