ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
Twitterは、ちゃんとプロフィールが書かれ、1週間以内に1回でもツイートされている人なら、フォローしていただければ、大抵フォロー返します。

[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

画像編集ソフトで悩む

画像編集ソフトをよく使われるだろうか?
私はあまり使わない。
使う時は、PhotoFiltre(フランス)を使う。シンプルなソフトで、インストール不要版(Portable version for USB drive)があるからだ。
もう少し複雑な編集をする時は、Photoshop Elementsを使う(WACOMのタブレットを買ったら付いていたので)。

以前は、Fireworksを使っていたが、このソフトの開発元のマクロメディアがアドビに買収され、アドビも本気でサポートする気もないようなので(2012年で開発中止した)、使うのをやめた。
いいソフトなのに残念だ。

で、今朝も書いたが、「マジカルミライ2017」公式サイトの背景画である、iXimaさんによる超絶可愛い初音ミクさんの画像をダウンロードして再合成しようとしたら、なかなかうまくいかなかった。
この画像は、
・背景画(Jpeg画像)
・ミクさんの絵(透過Png画像)
・輝くキューブの画像(透過Png画像)
の3つで構成され、背景画を一番下のレイアに、その上のレイアにミクさんの絵を、そして、その上のレイアに輝くキューブの画像を重ねれば良いのだが、これだけのことがうまくいかない。
Photo Filtreでは、透過Png画像を透過画像として扱えず、透過部分が真っ黒になる。これでは全く駄目だ。
そこで、Photoshop Elements 10を使ったら、透過Pngは扱えたが、なぜか、線がギザギザになる。せっかくのミクさんの美しい髪が台無しだ。
ためしに、Pixiaをインストールして使ってみたが、透過Pngは使えるようなのだが、透過しない部分まで薄くなる。そもそも、このソフト、使い方が独特で分かり難い。人気があるソフトなので、使い込めば良いソフトなのかもしれないが、ありきたりな操作をしても、意味不明の結果になる。私の使い方が悪いのかもしれないが、ソフトを使うスキルは標準以上にあるはずの私がこれだけ混乱するのだから、普通の人にはお奨めしない。

それで、結局行き着いたのは、有名なオープンソースの高機能ソフトであるGIMPである。
これをインストールするのは10年以上振りだ。昔は、高機能ながら不安定要素もあったが、さすがに今はかなりしっかりしていると思う。
GIMPでは、その画像合成は簡単に出来、綺麗に仕上がった。
さすがGIMPである。
ただ、GIMPでは、「保存」というのは、GIMP形式での保存のみを指し、JpegやPng画像形式での保存は「エクスポート」と言う。
なんで、そんなことするのだろう?
まあ、GIMPは素晴らしいので許すが。
★GIMP公式サイト

ブラウザ上で使える良い画像編集ソフトもあるのだが、それらを使うには大抵、アドビのFlashPlayerを必要とするが、私は、FlashPlayerは決してインストールしない。
そもそも、アドビのソフトはなるべく入れたくない。
PDFを読むためにも、アドビのAcrobatリーダーは使わず、別のものを使っている。
アドビのソフトはインストールすると、Windows起動時に、それらのソフトのランタイムを起動するように設定されてしまい、RAM(一般にいう「メモリ」)を数百メガの単位で消費されかねない。
RAMの搭載量が少ない古いパソコンで、起動時にアドビのソフトのランタイムが、ほとんどのRAMを占領してしまい、使い物にならないほど遅くなってしまったなんて、よくあると思う。
また、アドビのソフトのインストール時、チェックをわざわざ外さないと不要なセキュリティソフトが一緒にインストールされてしまうようになっている。
私はかなり本気で、「アドビ、潰れればいいのに」と思っている。

尚、「マジカルミライ2017」サイトの背景画のミクさんの絵は、保存禁止の意図があるかもしれないので、やり方は言い辛いが、「右クリックできない 画像 保存」あたりでググると簡単に分かると思う。
しかし、その画像を勝手に公開するのは駄目であることは間違いないので、それは絶対やらないように。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

何かに惚れ込むと賢くなる

教育というものは、人間の頭に知識と理屈を入れれば、その人間は賢くなるという大誤解を疑わずに、それを何千年も続けてきた。
だが、頭に知識と理屈を詰め込めば、「賢い人」ではなく、「おかしな人」が出来るのは、誰でも知っている。
そりゃ、賢い人の中にも立派な学歴がある人もいるが、そんな人達は例外なく、学校教育からうまく距離を取っている。

AI(人工知能)の研究で、優れた人の知恵は理屈でないことが、やっと分かった。
2006年以前のAIは、理屈と知識で作られていたが、ひどく無能・・・というか、奇妙だった。
だが、2006年以降の、人間のように学ぶAIは、以前は考えられなかったが、実用になってしまった。知らない人も多いが、そこらに溢れているのだ。
そして、AIは間違いなく人間を追い越す。
それは、2040年から2050年の間と言われているが、いずれにしろ、それは「あっという間」のことになる。

では、知恵は、理屈と知識ではなく、何によって出来るのかというと、「沢山のものごとの共通項を抽出したパターン」、すなわち、概念だ。
無理に覚えようとせずに学ぶと、概念が頭の中に形成されて賢くなる。
だから、優れた概念、強い概念を作れば本当に賢くなる。
そんなことは、最高のAI研究者であったマービン・ミンスキーに、世界最高の数学教師と言われた、数学者、心理学者、コンピューター科学者、AI研究者で、いずれの分野でも大きな業績を上げたシーモア・パパートが何十年も前から言っていた。
ところで、ここで重要なことがある。
パパートは、こう言ったのだ。
「強い優れた概念を持つためには、何かに惚れこまなくてはならない。私は平凡な能力しかないのに、数学やコンピューター等の研究で大きな成果を上げられたのは、幼い時に歯車に惚れ込んだからだ」
ところが、子供が何かに惚れ込むと、それが試験の点数に結び付きそうにないと、あらゆる手を使ってそれをやめさせるのが「教育」だ。それは、「狂育」と言うべきだろう。学校で幅を利かせているのは「狂育」である。

あなたは、何か、惚れ込んでいるものがあるだろうか?
食欲や性欲に関することは駄目だ。
まあ、それらも、創作のエネルギーに転換すれば、むしろ、より強い概念になるが、ちょっと難しいんだ。
偉大な人っていうのは、100パーセント間違いなく、何か特別に好きなものがある。
もちろん、彼らの好きを真似する必要はないし、してはならない。
他人にはつまらなく見えても、自分が好きなら価値がある。
偉大な人間の「好き」にも、一般的には卑小と見られるものも多いので、彼ら(偉大な人達)が、自分の好きなものを語らない場合も珍しくはない。
というか、他人の「好き」なんて、大概、下らないものだ。
だから、あなたも、黙って何かに惚れ込むことだ。
そうすれば、天才と変わらなくなるだろう・・・いや、それが天才なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

アメリカの危機はヒラリーだった

最近、アメリカ大統領選で負けたヒラリー・クリントンが、選挙で負けたのは、ロシアのプーチン大統領が指示したサイバー攻撃のせいだと訴えているらしい。
それはどういうことかというと、サイバー攻撃で重要な選挙に負けるヒラリーなんかに国を任せるなんて、危なくて出来ないということだ。
CIAその他のアメリカの情報機関が一生懸調査して分かったことは、ヒラリーの感覚は時代遅れで、ITに超弱いということなのである。
そもそもの発端は、ヒラリーは完全に認めているが、私用メールを公務に使ったという大間抜けな行為で、いまどき、さしてセキュリティ意識のない普通のサラリーマンでも、そんな阿呆なことはしない(少なくとも、してはいけないと分かっている)。
マスコミってのは、こういった思考が全く出来ないようだ。
一方、ビジネスで鍛えられているトランプのセキュリティはしっかりしていると予想される。
やっぱり政治屋・・・特に、特権意識を持ったようなヤツは駄目なのだ。
まとめると、大統領選挙へのロシアのサイバー工作が本当にあって、それでヒラリーが負けたのだとしたら、それは、ヒラリー・クリントンが大統領に全く相応しくない無能さを明らかにしたということなのである。

ところで、ヒラリーはさらに、プーチンがそんなことをしたのは、自分への個人的恨みからだとも言っているらしい。
私は、少なくとも超エリートというのはIQが高いものだと思っていたが、そのようなことを聞くと、ヒラリーは、元々はIQが高かったとしても、贅沢な生活のせいでIQが低下してしまったとしか思えないのだ。
そんな重要人物の個人的恨みを買うような、お高くとまったオバさんに大統領が務まるはずがないだろう?
トランプならプーチンとも仲良くやるだろう。
政治もビジネスも、つまるところ、人間関係なのだ。
過剰な自尊感情のために、相手の気持ちより自分の面子を重んじるようなヤツに重要な地位を与えてはならないのは、会社でも政府でも国際関係でも同じなのだ。

私は、大統領選では、ずっとトランプ支持だった。
それは、何度か書いたが、顔で分かることだ。
人間は、顔で全て分かる。
いちいち書くのも面倒だが、それは美醜の問題ではない。
トランプも男前だが、ヒラリーだって美人だ。
だが、ヒラリーの、あの悪魔のような邪悪な顔にはゾっとする。
そんな直観が働くことが大切だ。
これももう何度も書いたが、普通の人でも、CEOの顔写真だけで、その会社が儲かっているかそうでないかの判別が出来るし、やはり顔写真で、選挙で当選する候補者と落選する候補者、大学の優秀な学生とそうでない学生の区別が、かなりの確率で出来るという話は、驚くようなことではない。

成功したい、あるいは、平安な人生を送りたいなら、私的好みを消して顔で相手を判断出来るようになることだ。
それには、そこそこの数の人と、そこそこに深い関係を持たなければならない。
必要なら、自分を抑えるか自我をある程度消さなくてはならない。
浅い付き合いばかりとか、人との接触を避けていては、当然、人の審美眼、鑑定眼を養えないのは、美術品とも似たところがある。

尚、ついでの話だが、サイコパス(良心を持たない人間)の顔は、ちょっと読み難い。
しかし、それは、上っ面で誤魔化されるからであり、ちゃんと人の顔を見ることが出来るなら、そうそう騙されない。
また、サイコパス自身は、人の顔を読むのが苦手だ。
自分を抑えることが出来ないので、個人的好みが色眼鏡になり、顔を読むことに失敗するからだ。
サイコパスの私は、人の顔を読む時、なるべく呼吸をしないようにしている。そうすれば、自我が希薄になるからである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

fireTVでYouTubeを快適に検索・視聴出来るようになった

今朝書いた、テレビでインターネット動画を見るのに便利な小型デバイスである「Amazon fireTV stick」に関する煩わしい問題が解決した。
そこで、
「テレビで、Youtubeの動画を楽しみたい」
と思う人に、ごく簡単なアドバイスをしようと思う。
ただし、あくまで、「私はこうなった」というだけのものであり、うまくいかない等で質問されても、申し訳ないが基本答えない。
尚、Wi-Fi環境があることは前提だ。
記述した製品やアプリは、最後にまとめて紹介する。
費用は、5千円から6千円だ(最も安価な方法としたい)。
標準リモコンは、最初の設定が終わったら使わず、後は、スマートフォンやタブレットPCを使うのが良いと思う。
Android端末の使用として書いているが、iOSでも、ほとんど同じではないかと思う(ただし、やっていないので分からない)。

まず、お金が要るものは、
・Amazon Fire TV Stick(4,980円)
だけだ。
音声認識リモコンのついた値段の高いものはいらないと思う。
そもそも、スマートフォンやタブレットPCがあれば、リモコン自体不要で、それらで音声入力出来る。
ただ、HDMI延長ケーブルは最初に買っておいても良いと思う(これも最後にご紹介しておく)。

スマートフォン用リモコンアプリは、
・Amazon Fire TVリモコンアプリ
だ。
Google PlayやAmazonで無料インストール出来るが、なぜか、Amazonで購入しようとしたら、「対応機種外」としてインストール出来なかった(そんなはずないのに)。

次に、これが大事だが、YouTubeアプリは、
・Tube+ for YouTube
を使う。
(fireTVがデフォルトで紹介している「YouTube.com」アプリは使わない・・・使いものにならない)。
このアプリは無料で、Google Playではなく、Amazonで無料購入する。
購入すれば、自動で、fireTV stickにインストールしてくれる。
英語ソフトだが、適当にやったら十分使えた。
このアプリは、スマートフォンから検索文字の入力を受付け、日本語もOKで、音声入力も出来る。
ここらは、スマートフォンから英語しか入力出来ない上、そもそも、入力してもfireTVに送れず、音声入力も出来ない標準アプリ(?)「YouTube.com」とはエラい違いだ。
ただし、Tube+ for YouTubeも、最初に出てくる、検索文字入力画面では、英語しか入力出来ない。
しかし、その入力画面で、スマートフォンの、タップ、スワイプエリアをタップしたら、画面に日本語入力ウインドウが開いた。そこで、スマートフォンの音声入力も使えた。
尚、私のスマートフォンとタブレットPCは、Asusのzenfone2と、Google Nexus7(2013)だ。

初音ミクさんのYouTube動画を、フルハイビジョンテレビの大画面で見るのは、やはり楽しい。
しかし、標準リモコンや、fireTVがインストールを勧めている「YouTube.com」アプリが、あまりに酷くて、fireTVはお奨めしたくなかったが、私と同じように、tube+ for YouTubeが使えたら、かなり快適と思う。

上記に挙げた製品やアプリは、約束通り、以下にご紹介する。
ただ、「Amazon Fire TVリモコンアプリ」は、Google PlayやApp Storeで購入した方が良いと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

fireTV体験記

昨日、Amazonの「fireTV stick」が届いた。
ちょっとでっかいUSBメモリといった形のデバイスを、テレビのHDMI端子に差し込むだけで、テレビでインターネット動画を見ることが出来る。
動画再生時に、PCやタブレット機器などは必要なく、この小さなfireTV stickがPCやスマホの役割を果たし、Wi-Fiの電波を受信し、Youtubeやニコニコ動画等のアプリを動かすのである。
光回線などの高速インターネットによるWi-Fiが必要である。
まあ、スマートフォンのLTEをテザリングしてもそこそこ使えるとは思う。

このfireTVと同種のものにGoogleのChromecastがあるが、そっちにしておけば良かったという気もする。
というのは、私が使うのは、今のところ、Youtubeだけであるからだ。
ニコニコ動画に関しては、プレミアム会員にすらなっていない。
Amazonはプライム会員になっているが、それはあくまで、日時指定配送をしてもらえるからで、プライムビデオを見たことも一度もない。正直、見てる時間がない。
ニコニコ動画に関しては、春のニコニコ超会議で、初音ミクさんが出た「超歌舞伎」以外、見たことは、ほぼない。
テレビを見るのは、ほとんどがミクさんのコンサートのブルーレイを見る時だけである。
しかし、Youtubeで、ミクさんの動画はよく見るので、それを大きなテレビ画面で見ることは興味があったので、とりあえず試してみたわけである。

使い方は、とても簡単だと思う。
新しいサービスというものは、例えば、SIMカードをスマートフォン等のタブレット端末で使うことも、現在は簡単になったが、それが出始めの頃は、なかなかうまくいかないことがあって大変だった。
fireTVも、アメリカで2年半、日本で1年少々経ち、かなり改善されてきたのだろう。

fireTVの専用リモコンでの操作は問題ないが、Youtubeでの検索はとても不便だ。
fireTVは、このfireTV stickだけで見る方法と、タブレット機器の画面や音声をテレビに複製する「ミラーリング」という方法がある。
ミラーリングの場合は、タブレットPCやスマートフォンを操作すれば良いのだから便利であるが、処理はタブレット側でやり、さらに、その動画、音声をfireTVに飛ばすのであるから、回線負荷や余計な処理が入る分、映像が止まったり、遅れたりするので、使い物にならない。
単に、タブレット端末の静止画像を皆でテレビで見るという時に使うものだろう。

ところで、タブレット端末をfireTVのリモコンに出来るアプリがあったので、「それは良い」と思ってインストールしてみたが、ほとんど使い物にならない。
タブレットPCの画面キーボードで検索語を入力しようとしたら、「Amazonキーボードと違う」とか表示され、入力した語句がテレビの方の検索文字入力位置に出ない。
では音声入力と思ったら、こちらはテレビの方に行くのだが、なぜか、不意にAmazonのプライムミュージック検索に切り替わり、Youtubeの検索にならない。
もう、「なんだ、こりゃ!」である。
まあ、fireTVアプリで、標準リモコンより「ほんの少しマシ」な検索語の入力も出来るのだが、もっと便利なアプリが作れそうなものだ・・・いや、プログラマーとして言えば、絶対作れる。
Amazonは、Youtubeを見させず、プライムビデオを見させるために、わざとやっているのだとしか思えない。
上で、「Chromecastにしておけば良かった」と述べたのは、おそらく、Chromecastなら、こんな不便はないだろうからだ。

Youtubeは、今は、フルHD(4Kもあるらしいが)、時間無制限となり、それを大画面テレビで見られる価値は大きい。
確かに、Youtubeの動画の多くは違法アップロードである。
とはいえ、これらを違法だと言っている時代は、もう終るかもしれない・・・というか、事実上終わっている。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ