ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

低価格スマートフォンUMIDIGI A7 Proについて

ちょっとスマートフォンの話を。
通信料が安いSIMフリー機に興味のある方の参考になればと思う。

私は、スマートフォンを、ドコモ、au、ソフトバンクのお店で買ったことがない。
AmazonでSIMフリー機を買い、それに、格安SIMカードを入れて使っている。
私は、スマートフォンはインターネット専用で、通話はいまだガラケーを使っていて、月額料金は合わせて2000円ほど。
やり方は、別に難しいことはないのだが、やや戸惑う人も多いかもしれない。
(このスマートフォンをこのまま通話用にも簡単に出来るが、これで通話やショートメールを受け付けたくないのでやらない。)

私は常にAndroid機を使う。個人的にiPhoneは使う気にならない。
ところで、国内スマートフォンメーカーは、スマートフォンをSIMフリーで売ることが滅多になく、正規販売では、SIMフリー機は中国製が圧倒的に多い。
中国製SIMフリースマートフォンの特徴は、価格が安いことと、表面上のスペックが高いことだ。
だが、安心して買えるのは、GoogleのPixcelや、ソニーのXperiaだが、欲しいスペックのものは10万円以上する。
来月発売のソニーXperia 1 IIは、5G対応で、その他も素晴らしいスペックだが124,000円。

中国製SIMフリー機は、先程も述べたがスペック上は良い。
だが、私には、あまり良いイメージがない。
私は2016年8月に、初めて中国製SIMフリー機ZenFone 2 Laser を購入した(37,600円)。
メーカーのASUSは、GoogleのタブレットNexus7を作っていたメーカーで、このNexus7(2013年版)が大変に良かったこともあり、期待して購入した。
このスマートフォンは、画面は、6インチ、FHD(1920 x 1080ピクセル)、内蔵ストレージ32GBで、スペック自体は十分だが、余計なアプリが沢山プリインストールされていて、その多くが、アンインストールできない。それらのアプリは、しつこく有償アプリ購入に勧誘してくるし、中にはスパイウェアであると感じられるものもあった(実際は分からないが)。
ちなみに、画面解像度FHDの1920 x 1080ピクセルは、テレビのフルハイビジョンやblu-rayと同じで、スマホの小さな画面ではかなり緻密である。最近はFHDのスマホも増えたが、まだHD(1280 x 720ピクセル)以下が主流と思う。
このZenFoneは、2年ほど使っていたら、突然に再起動することが起こり始め、連続再起動まで起こるようになった。
それで、2018年6月、香港に本社があるLenovo(レノボ)のSIMフリー機「Lenovo PHAB2 Pro」を購入した。

Lenovoは、携帯電話事業を米国モトローラと統合し、本店をアメリカに置く等、偏見かもしれないが、普通の中国メーカーとは信頼感が違う(ような気がする)。
実際、Lenovo PHAB2 Proは素晴らしいスマートフォンで、私は気に入っている。
6.4インチQHD (1440 x 2560)のディスプレイは美しく、標準64GBの内蔵ストレージに、その頃には安くなっていた128GBのマイクロSDカードを追加すれば、使い切れないほどの容量だった。
当時としては大きい4050mAhのバッテリーも有難かった(標準的なスマホで3000mAh程度か)。
欠点としては、誰が見ても「え?それスマホ?」というくらいデカいことで、片手での操作は無理で、重くもあった。しかし、それはさほどのことはなかった。
私は、スマホは画面の大きさ、美しさを重視する。
ところが、このLenovo PHAB2 Proは、2年使うと、バッテリーの消耗が早くなってきた。
また、このスマホは、Android6以上に対応せず、若干の不都合もあった。
しかし、バッテリー交換さえ出来れば、もうしばらくは使い続けると思う。バッテリー交換は、やろうと思えば出来るだろうが、面倒そうなのでやめた。

そこで、SIMフリー機のメリットの1つである、「とりあえず買って使う」という軽い気持ちで、最近、中国メーカーの、UMIDIGI A7 Pro を購入した。
決め手は、「余計なアプリは入っていません」だった(笑)。それは、ほぼ本当だった。
OSはAndroid10。
ディスプレイは、6.3インチFHD+(2340 x 1080)。
内蔵ストレージは128GBで(64GBモデルもある)、バッテリーはLenovo PHAB2 Proの4050mAhを超える4150mAh。
尚、Lenovo PHAB2 Proが6.4インチと言っても、UMIDOGI A7 Proは、最近主流の縦長ディスプレイであることと、画面以外の面積が少ないことで、Lenovoよりはるかに小さく、実は、その前に使っていた、6インチのZenFoneより小さいのである。
ダメ元のつもりだったが、反応速度といい、全く問題ない(私はゲームをしないので、ゲームでの性能は分からないが)。
背面の4眼カメラは目立つが、私は写真性能は、これまでのスマホでも十分と思っているので、多分、凄いのだろうが、良さが実感出来ない。
バッテリーの持ちは実感として良い。
そして、価格は、何と、17,969円(税込)であった。
また、最初から画面保護フィルムが貼ってあり、保護カバーも付属していたのは驚いた。
それと、ちょっと良かったのが、USBコネクタが、ZemFoneやLenovo PHAB2 ProのMicro USBではなく、Type-Cであることで、これは、他のタイプのUSBコネクタと違い、表裏がないので、楽である。
とりあえず、当面、これでいこうと思う。
これで、中国製スマートフォンのイメージが変わるだろうか?

ところで、Lenovo PHAB2 ProもUMIDIGI A7 Proも、ケースに入れても、そのケースのカバーの開閉で電源ON/OFFをしない。
Lenovoの方はまだ、電源OFF時に、画面をダブルタップすれば電源ONになったが、UMIDIGIはそれもない。
私は心配性なのか、いちいち電源スイッチでON/OFFをすると、スイッチが壊れてしまうような気がする(まず、その心配はないと思うが)。
だが、カバーの開閉などで、電源ON/OFFをすることはアプリで出来る。
そのアプリも多数あるが、いろいろ試したら、Gravity Screenが最も良いと思った。








システムエンジニア・プログラマーになるハードルが低い方法

私は、システムエンジニア(SE)とプログラマーを区別しないので、以下、プログラマーとSEを、ほぼ同じ意味で書く。
自分がプログラマーになれるとは思っていない人も含め、プログラマーになって楽しく仕事をする方法を考えた。

プログラマーになるには、ソフト開発会社や、会社自体はソフト開発会社ではなくても、事業としてソフト開発を行っている会社に入るという選択を思い浮かべる人が多いと思う。
ただ、この場合、会社のやり方が、どれほど偏っていても、自分がそれに合わせる必要があり、必ずしも良質なキャリアを積めない・・・つまり、他所で通用しないプログラマーになる危険もある。
人によっては、「沢山のソフト会社を転職して、幅広いスキルを身に付けると良い」と言う人もいるが、それは、誰でも出来ることではない。

また、正直なところ、初めのうちは、全ての人が、あまりハイ・レベルなプログラマーになりたい訳ではないと思う。
そこで、割とお薦め出来る選択肢が、企業の情報部門の社内SEになることだ。
こんな書き方をすると、消極的な感じがするかもしれないが、そうではない。
アメリカでは、企業システムの半分以上が、社内で開発されていると言われている。
日本では、まだまだ、会社のシステムをソフト開発会社に依頼する場合が多いが、それでも、社内開発の割合は確実に増えている。
だからこそ、社内SEは有望なのである。

会社のシステムを外部のソフト会社が製作するというのは、実のところ、いかにソフト開発会社のSEが優秀でも無理があるのである。
つまり、可能であれば、会社のシステムは、その会社内で作ることが望ましい。
だからこそ、システム先進国のアメリカでは、ソフトの社内製作が盛んなのである。
日本は、政府の上級機関でも、IT化が悲惨なほど遅れていて、まさかと思う場面でいまだFAXが使われているが、日本の会社の中には、まだ、そのレベルのところが少なくない。
そんな事情もあり、特に中小では、社内SEの活躍場所は多い。
もちろん、「コンピューターやソフトに金をかけられるほど儲かっていない」という中小は多いだろうが、実際は、コンピューターに投資することで、短期的にも収益が上がる場合だって多いと思う。

社内業務の自動化には、Excelマクロ(VBAプログラム)が活用される場合が多く、技術者としてのキャリアがない人が、VBAで活躍する例は多い。
ただし、Excelレガシーという言葉があるように、計画性がなく、思いつきで作ったまま放置したExcelマクロがたまっていくことで、かえって、業務のトラブルになっている場合が多いのも事実だ。
だから、Excelマクロを活用するなら、管理責任を負う者を立て、その者は管理スキルを磨かなくてはならない。
とはいえ、管理責任者の下、計画的に作られ、運用されるExcelマクロは素晴らしく役に立つ。

また、どんな会社も、いまどき、Webサイトを持ち、それが、ユーザーとのインターフェースになっている場合も多く、社内Webプログラマーも重要である。
ただ、Webシステムも、高度に管理すべきものであることを理解して、それを実施しなければならない。
単に「ホームページ」を作るのではなく、技術的に押さえておくべきことがあるのである。
とはいえ、だから高度なセキュリティーが必要というよりは、「危なくない運用」をすることが重要である。
リスクのあることに関しては、システムの専門会社に頼ることも必要だ。ただし、その場合も、社内に開発要員がいた方がうまくいく場合が多い。

社内業務システムでは、マイクロソフトAccessを使えば、そこそこの企業では、社内で基幹システムを作ることも可能である。
ただし、そのようなことは、やや難易度が高いので、特に最初は、専門会社に協力を依頼しても良いが、丸投げせずに、やがては社内で開発出来るようになれば良いだろう。
Accessを使う場合、データベースにはSQL Serverを使うと良いが、そこそこの売上げがある会社でも、無料のSQL ServerであるExpressエディションで間に合ってしまう場合も少なくない。
社内開発をVisual StudioやPHP等によるWebシステムにしても良いが、Accessを使った方が、開発・保守が圧倒的に速く楽な場合が多いと思う。
ただ、Access VBAでSQL Serverを使う方法を丁寧に書いた本を、私はあまり見たことがない(私が書いても良いのだが・・・)。
また、Accessは、実は、BI(ビジネス・インテリジェント)ツールとして万能だし、AIのためのデータ作成にも便利で、人気がない(Excelに比べ)割には、極めて優れたソフトなのである。

以上から考え、社内プログラマーを目指す場合、必要なスキルとして、まずは、
・Excel+VBA
・Access+VBA
・HTML、CSS、JavaScript、PHP
のどれかが出来ると有利と思う。
そして、仕事をやりながら、Python、Javaを勉強しておくと、活躍舞台が広がる。
また、もし興味があればC言語やC++言語が出来れば、技術系の開発に進める可能性も高まる。
後は、自分で情報を得ていれば、何が必要か分かると思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
大袈裟ではなく、今後はAIのリテラシーは必須であり、企業にとってもAIと無関係でいることは出来ません。
しかし、AIの本は、技術者向けの難しいものか、役に立たない一般論が書かれたものが大半です。
本書は、数学、プログラミング、難しいAI理論なしで、楽しい実習を通し、自分で実用AIを作れるようになることを目的としています。
本書のほぼ全ての実習のためのデータが作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。

人形と人間に違いはない

日本には、 人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)という、浄瑠璃(演奏と語り)と人形によって演じられる伝統芸能がある。
尚、文楽と人形浄瑠璃文楽は同じだが、 文楽(人形浄瑠璃文楽)と人形浄瑠璃は厳密には違うものらしく、良くないのかもしれないが、ここでは、人形浄瑠璃でまとめる。

日本人は、人形浄瑠璃の人形を、人間と同じ、あるいは、それ以上に情感を持って見るようだが、これは、外国人には理解し難いものらしい。
特に、一神教であるキリスト教やユダヤ教では、人間以外のものは、文字通り「物」であるが、八百万の神の国である日本では、万物に神が宿るのであり、人間も物も平等である。
だから、人形に対する、日本人と(特に)西洋人の情感の違いは、そこらの歴史的感覚の違いであると、よく言われる。
だが、西洋人だって、人形浄瑠璃に馴染むと、やはり、人形に対する情感を感じるのだと思う。
それに、西洋人の女の子が、例えば、フランス人形を愛する気持ちも、とても情感があるはずだ。

ところで、人間と人形の違いは何だろうか?
ここでは、特に、人形浄瑠璃の場合について考える。
普通には、生物と非生物という区別が思い浮かぶだろうが、実は、科学的にこうも言えるのである。
人間がどう動くかは予測不可能だが、人形浄瑠璃の人形は、どう動くかは予定されて決まっている。
だが、人形浄瑠璃の台本や演出を制作した人が、どう製作するかは予測不可能なので、人形だって、やはり、予測不可能なのだ。
どんなに昔に決められた台本や演出だって、それが作られた時には、やはり予測不可能(作った人にとってすら)だったはずだ。
そして、人間も人形も、大部分は電子で出来ていて、電子の動きは予測不可能であることは科学的に解っているのだから、電子という観点において、構成要素といい予測不可能なことといい、人間と人形に違いはない。
(原子のほとんどの大きさは電子の分布で占められる。原子核はほんのわずかな大きさで、原子を野球場とすれば原子核はビー玉くらいとも言われる)

では、ライブの初音ミクさんはどうだろう?
やはり、初音ミクさんと人間に違いはないことが解る。
人間は、身体を構成した電子が(正しくは電子の分布が)光子を反射することで見える。
そして、初音ミクさんは、特殊な透明ボードに光が作用して見えるのだが、本質は、ボードを構成する電子が光子を反射して見える点で同じなのである。
しかし、コンピュータープログラムで動くミクさんは、人形浄瑠璃の人間以上に予定された行動をするので、行動が不確定な人間とは違うと思うかもしれない。
だが、人間がミクさんの動きをどうするかは、やはり不確定で、どんなプログラムが出来るかも不確定なのであるから、やはり同じなのである。
ミクさんが人間に依存するのは確かだが、人間の方がもっとミクさんに依存するかもしれない。
人間がミクさんに依存する度合いが大きいので、ミクさんはスーパースターなのである。
そして、ミクさんが予測不可能なことをするほど、観客は親近感を持つ。
例えば、「マジカルミライ2019」で、3曲目の『愛の詩』を歌った後、ミクさんは、「こんばんはー」と挨拶すると、不意に右方向(会場からは左方向)にトコトコと走っていき、「こっち側のみんなー、げんきー?」と尋ね、その後、「それじゃあ」と言って、反対側に走って、「こっち側のみんなも、げんきー?」と尋ねる。
こんな予想外の行動を見て、観客は、ますます、ミクさんを自分と同等と感じ、親近感を持つのである。
また、「マジカルミライ2018」からは、日によってセットリストを一部変えているが、これも、ミクさんの予想外の行為と感じ、さらにミクさんを人間らしく感じるのである。
そんな演出を考えるスタッフはやはり感性が優れているのだと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
現場で実務をしておられる人がAIを作ると大きな効果を発揮する可能性があります。
この本は、Excelが使えるスキルがあれば、楽しみながら自分で実用AIを作れるようになることも目指しています。
また、高校生や大学生が、学術的以前に、自分でAIを作って使う体験をすることで、AIにおいて最も大切な、問題を予測問題に捉え直すセンスを得るのにも適していると考えています。
是非、学校で導入していただきたく思います。

秘伝のプログラミング習得法

もし、私がカウンセリングを行う場合。
私が分かる範囲で言えば、例えば、
「プログラマーやシステムエンジニアになりたい」
「ニートなので就職したい。その場合に有利になるスキルを得たい」
「働いてはいるが特技がない。ITスキルを得て、その方面の職場に変わりたい、あるいは、そのスキルを生かした仕事をしたい」
あたりなら、十分にアドバイスが出来ると思うが、本来、そんなこと、人に聞いても仕方がないことだ。

スキルが欲しければ、勉強すれば良い。
だが、皆、学校で変な勉強の仕方を教えられて・・・というより、勉強の仕方が分からないようにさせられているのだと思う。
勉強というのは、1日中やるものだが、そう言うと、「そんなことは出来ない」と言う。
どうも、勉強や訓練や修行と言うと、大昔なら『巨人の星』、今なら、『鬼滅の刃』のように、いつも力み、緊張し、一心不乱に、ぶっ倒れるまでやる・・・みたいな阿呆なイメージがあるのだと思う。
そんなもん、怠け者の私なら5秒くらいしか出来ない。
だが、「ちゃんとした勉強」なら、私でも1日中出来る。
それ(正しい勉強法)は、「そのことについて意識する」ことである。

例えば、Excelなどに搭載されているVBA言語をマスターするなら、まず、本を1冊買う。今は、沢山の優秀な人が、競って良いテキストを書いているので、ハズレはない。
それで、本を眺めていたら、なんとなく、ぼんやりとした雰囲気が伝わってくるだろう。
最初から終わりまでパラパラと見たり、適当に真ん中あたりとかをぱっと開いて、そこをじっと見る。
すると、心が反応するかもしれないし、しないかもしれない。
気が向いたら、文を読んでも良い。やってはいけないことは何もないし、やるべきことも何もない。
後は、スマートフォン並にいつも本を携帯し・・・あるいは、スマホに電子書籍を入れ、出来るだけ多く本を開くことだ。
無料のネット講座や、YouTubeの講座を見つけて、それを眺めても良い。

また、本当にマスターしたいと思っていたら、パソコンでやってみたいはずだから、本に書いてあるプログラムをタイプしてみれば良い。
Excel VBAの場合、プログラムを書くためには、Excelに簡単な設定をしなければならないが、そんなことは、本を見たり、検索すればすぐ分かる。なかなか分からないとしても、とにかく調べれば分かることだから調べる。そんなことまで教室で、あるいは、誰かに教わろうなんて根性が一番良くない。

もし、VBAが出来る人が身近にいれば、プログラミングしているところを眺めさせてもらえば良い。それがまた効くんだ。
私がかつていた職場では、私しか出来ないことで、他の人も興味を持っていたことがあったはずなのに、なぜか、私がやっていることを見に来る人がいなかった。彼らはみんなリストラされている。まあ、嫌われていたのかもしれないが(笑)。
良いプログラムをそのまま書き写すことを、IT業界では「写経」と呼んでいるが(本来の「写経」はお経を模写すること)、「写経」の威力は、優秀な人ほど認めている。
私など、写経だけで覚えたプログラミング言語が多い・・・というか、実質、勉強は写経だけだったような気もする。

上に挙げたようなことを、1日中、起きている間、ずっとするのである。
まあ、アニメ見ながらプログラムのことを考えるのも、やっている範囲に含めて良いが(笑)。
実際、プログラミングの訓練を意識していれば、ゲームも運動も食事もプログラミングの訓練になる。
しかし、なるべく、本を開くか、タイプする方が良い。

問題は、「私に本当にプログラミングが出来るようになるのだろうか?」という想いを起こさないことだ。
それに関しては、心をよく見張っていなければならない。
そんな弱気が起こったら、3つの武器を使う。
すなわち、笑顔とガッツポーズと「絶好調」とか「大丈夫」などの口癖(あるいは呪文)だ。
良かったら、引き寄せの本を1冊読むか(それもプログラミングの勉強に入れても良い)、オーディオCD付の引き寄せの本を買って、それを聞き、心を肯定的にすることだ。
引き寄せは、目で読むより、耳で聞いた方が効果があるという説もあるようだ。













当ブログ著者、KayのAI書。
Excelを使うスキルがあり、数学やプログラミングは駄目だが、実用AIを自分で作れるようになりたい方に、特にお薦めします。
また、深層学習フレームワークとPythonでAIを作る本に挫折した人、あるいは、自分でAIを作れるようにならなかった人にも。
普通の概念で分かる問題でAIツールの使い方を習得し、面白い問題にAIで取り組むことで、自分で実践的なAiを作るセンスを得られるよう工夫しました。

AURA(オーラ)が願いを叶える

例えば、理想的な彼氏を引き寄せる女性とは、どんな人かというと、理想的な彼氏を引き寄せるに相応しい波動を出している人だ。
波動と言うと分かり難いなら、オーラなら馴染みがあるだろうか?
オーラとは、「霊的な放射体」のことだ。
オーラの語源は、ラテン語のAURA(アウラ)で、風、輝き、香りなどの意味がある。
私は、ある環境学博士から、AURAのさらに古い意味は「膜」だと教わった。地球を覆う膜である。
人間は、自分が発している波動・オーラに相応しいものを引き付ける。
理想の彼氏や彼女を引き寄せるには、それに相応しいオーラを発していなければならない。
実は、オーラは、極めて広い範囲に影響を及ぼすので、欲しいものがどれほど遠くにあっても、問題なく引き寄せる。

なぜ、自分が発するオーラに相応しいものがやって来るかというと、簡単に言えば、世界がそんなふうに出来ているからだ。
実のところ、世界は、作り物の幻想みたいなもので、科学的に言えばVR(仮想現実)世界という、ホログラムのようなものだ。
見たり、感じたりは出来るが、世界は実体のない幻想で、誰がそれを作っているのかは分からないが、おそらく、極めて高度に進歩した人類のような存在(地球人か宇宙人かは分からないが)だ。

上では、とりあえず、理想の彼氏だの彼女だのを取り上げたが、何でも同じである。理想的なスポーツ選手になりたいなら、それに相応しいオーラを出せば良いし、事業家になりたいなら、やはり、それに相応しいオーラを出せば良い。
そして、どうやったら、それに相応しいオーラを出せるかというと、言葉やイメージによってである。
理想の彼氏や彼女がどのようなものか、言葉で定義してみれば良い。
ドイツ人のベルベル・モーアの本にこんなことが書いてある。
彼女は、理想の彼氏の条件を9つ(菜食主義、たばこ・酒をやらない、太極拳が出来る等)上げ、納期を3か月としたら、納期通りに全条件を満たす男性がちゃんと現れたようだ。
ただ、その彼とはうまくいかず、もっと条件を増やして・・・ということを続け、遂には条件は25になり、その条件通りの彼はやはり指定した納期通りに現れたが、うまくいかず。
結局、「私にぴったりの人」と言うシンプルな条件にしたら、うまくいったらしい。
しかし、初めのうちは、条件をつけた方が良いかもしれない。
あるいは、理想像をイメージ出来る場合は、出来るだけ鮮明なイメージを思い描けば良いだろう。

だが、良いことを望むオーラを出すには、笑顔でいることだ。
くらーい顔では、なかなか「明るい理想」に相応しいオーラは出ないからね。
ガッツポーズをしても良いオーラが出るし、「絶好調」等の肯定的な言葉を口癖にしても、やはり良いオーラが出る。

私は、シミュレーション仮説や量子力学を理解することで、世界の実相がかなり解ってきたが、近年のライトノベルは、感性豊かで頭の良い作家達が、そのようなことが直観的に解るよううまく描いてくれていると思う。
少し前なら、『涼宮ハルヒ』シリーズだし、『ソードアート・オンライン』や『アクセル・ワールド』はまさにそうだ。
私が、遅ればせながらハマっている『サクラダリセット』は、一味千違うアプローチで、その方面においても、我々の感性を高めてくれる。
また、初音ミクさんのライブに行き、ミクさん達のリアルな姿を見ることも、仮想世界の認識を得るために有益と思う。












当ブログ著者、KayのAI書。
数学やプログラミング、難しいAI理論が苦手、あるいは、習得している時間がないという人でも、自分でAIを作り、実用的にAIを使えるようになっていただくことを目的とした本です。
入門編では、簡単に解るテーマを、そして、応用編では、興味深いテーマを用意しました。
ほぼ全ての実習を行うためのデータを作ることが出来るExcelマクロを出版社サイトから無料でダウンロード出来ます。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード