ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

これで楽しくプログラミングをマスター出来る!

プログラミング、英語、筋トレ、絵画、音楽などを始めても、さっぱりな人がいる。
それが私には謎だった。
「これからの時代はプログラミングが出来れば有利」
「Excel VBAプログラミングが出来れば、仕事を効率化出来る有為な人材になれる」
などということは理解し、それなりに真剣に取り組んでいるのに、いつまでたっても上達の気配がなく、ついに挫折する人が少なくなかった。

それは才能の問題だろうか?
しかし、プログラミングをやるのに才能というほどのものは必要ない。
ところが、有名な超専門家や大学のITや教育の研究家すら、「プログラミングには才能が必要」「プログラミングの才能の差は非常に大きい」と言い、私もうっかり騙された。
そんなことはあり得ない。
だって、考えれば解る。
英語、筋トレに才能なんかあるだろうか?
あるはずがない。しかし、出来ない者は、やはり、さっぱり出来ないのである。
絵画や音楽も、プロにまでならなくても、そこそこは誰でも絶対に出来る。
しかし、大人になっても、小学生並の絵しか描けない者は多いし、音楽となると、歌も演奏もさっぱりで、作曲など夢のまた夢と言う人が多いだろう。
そして、知的な大人ですら、真面目にこう言うのだ。
「僕には絵の才能はないのです」
「私は、生まれつき、音楽は駄目なんです」

では、出来ない者は努力が足りないのだろうか?
それは、ある意味正しいが、アメリカ人やイギリス人が英語を覚えるのに努力なんてしていないし、我々日本人は、世界で最も難しい言語の1つのである日本語を覚えるのにも、やはり、努力なんてしなかったはずだ。

それなら、教育の仕方が悪いのか?著名な美術教師ベティ・エドワーズは、世界的ベストセラー『脳の右側で描け』で、それを強調するし、音楽、その他でも、教育の重要性や教育ノウハウを説く者は多いが、それは、ある程度は、自分達が教育ビジネスをやったり、教育界で偉くなるためである。だって、絵や音楽で教育なんて受けずにプロになった人はいくらでもいるし、まして、そこそこ出来るようになった人で、専門教育を受けたなんて人が、どのくらいいるだろう?
私も、プログラミングの教育なんて受けたことは一度もない。

結論は、2通りの言い方をしないといけない。
なぜ、何かに取り組んで、それを十分にマスター出来ないのか?
根本的には、注ぎ込んだ時間が少ない。
それだけである。
しかし、もう1つ言うしかない。
それは、「興味がなかった」である。
合わせて言えば1つになる。
「興味がないので、時間を注ぎ込まなかった」
これが全てである。

私は、プログラミングをマスター出来ない人を、割と沢山見た。
彼らは例外なく、プログラミングそのものに興味を持っていなかった。
「覚えたら得」「プログラミングが出来たら認められる」「就職出来る」
などと考えてはいるが、プログラミング自体には、本当は興味がないのだ。

興味があるかないかは、歴史を知っているかどうかで完全に判る。
プログラミングの実力がある者は、間違いなく、コンピューターやコンピュータープログラムの歴史を延々と語れる。
絵画の腕前のある者は、少なくとも、絵画の特定分野の歴史にやたら詳しい。
英語が相当出来る者は、アメリカやイギリスの歴史をよく知っている。
私も、プログラミングの歴史を語らせると、何日でも話し続けられるのである。
だが、私は、バスケットボールやスキーの歴史は全く知らない。それらを、別に、嫌ってはいないが興味がないからだ。

興味があれば、実力はついてくる。
そして、興味があるなら、歴史を知っている。
それなら、逆に、歴史を知れば、興味が出る可能性が高い。
考えてみれば、私も、まず、コンピューターの歴史について、読んだり、映像を見て、興味を持ったのだった。
それは、勉強の本ではなく、ロボットアニメやSFであった。
IT業界の大物・・・ビル・ゲイツやマーク・ザッカーバーグ、イーロン・マスク、ラリー・ペイジらも、例外なくSF好き・・・どころか、凄いマニアであったことが知られている。
これら大物達は、若い時に、『銀河ヒッチハイク・ガイド』や『ファウンデーション』を熱心に読んでいた。
初音ミクさんのお父さん、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長は『マジックキングダムで落ちぶれて』についてどこかで語っておられたが、この作品の中に、初音ミクさんのエッセンスのようなものがあるような気もする。
ついでに言えば、私のお薦めは『BEATLESS』である(笑)。













当ブログオーナー、KayのAI書。
紙の本は5月30日発売。Kindle版は販売中。
まずは、拍子抜けするほど易しいテーマを扱ったChapter.1をじっくりやって下さい。
そこで、超優秀なAIツールNNC(ソニー)の基本的な使い方や、AIに問題を解かせる原則を掴みます。
その後、AIを使うセンスを身に付けるため、モンティ・ホール問題等の、面白いテーマを扱っています。
ほぼ全ての実習のためのデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を、出版社サイトから無料ダウンロード出来ます。

コロナ後(あるいはコロナ中)、ITで稼ぐためのヒント

新型コロナウイルスは、ただのウイルス感染問題ではなく、裏があるのは間違いないが、我々一般人の手の出せることではない。
ただ、今後、ITに弱いのは、ちょっと痛いことになるかもしれない。
もうずっと前から、ITに強くなるためには、どうすれば良いかとか、何を学べば良いかなんて話があり、それに対し、学術的専門家、現場叩き上げの専門家、怪しい専門家(笑)などが、好き勝手なことを言っているが、どれも、話半分・・・いやいや、2割程度に聴いておいた方が良い。
私が見るところ、「少しは役に立つ」なら善良な方で、「ちっとも役に立たない」どころか「損害が大きい」という「ご意見」が少なくない。

例えば、「音楽家になるには?」なんてそうじゃないか?
幼い頃からピアノを習い、長時間一生懸命練習や勉強をし、大金をかけて音大を出て、超幸運にもプロのオーケストラの奏者になっても、仕事は必ずしも面白くはなく給料は多分安い。
学校の音楽の先生にでもなれたら勝ち組で、音楽家で食べていくなどほとんど無理。
一方、米津玄師さんほどでなくても、好きなように音楽をやってきた者の方が、ずっと上手くやっていることが多いはずだ。
ITもそれと同じだ。

まず、HTMLとCSSをある程度扱えないと、何をやるにもキツい。
私は、Webデザインの専門家ではなく、HTMLやCSSは適当にしか知らないが、部分的な企業のWebサイトなら受注する程度のことは出来る。その程度で良いのではと思う。
ついでに、クライアントサイドだけでいいから、JavaScriptが少し出来れば、非常に有利だろう。クライアントサイドのJavaScriptは、少しかじっておけば、本を見ながらでも出来ることが多い。
だが、普通の人が、PHPやRubyやPythonなんか出来たって、それほど(大抵は全く)有益ではない。
それらを使うただのプログラマーになっても、シンドいだけで給料は安いのが普通だ。
スマホアプリを作っても自分では全く儲からないし、それを作る開発会社のプログラマーになったら、やっぱり、あまり(大抵は全く)良い思いは出来ない。

ただ、自分がオーナー権を持つサービスを作るために、JavaScriptやPHPやRuby等をマスターするのは良いことだ。
ただし、本当に好きなら・・・である。
企業からプログラミングを請け負って稼ぐなんてのは、余程、要領の良い人・・・変な喩えだが、物品販売の請負いや詐欺師が出来るほどの適応力があることが必要だ。つまり、頑張ればいいってもんじゃない。

ブログを使ってアフィリエイトで稼ぐってのは、私は、引きこもりの人達にやらせようと思っているのだが、HTMLやCSSが全く分からないというのでは駄目だが、逆にそれらが自在であれば、非常に有利である。
HTMLはプログラミング言語の一種に分類されることもあるが、それで言えば、最も簡単なプログラミング言語だ。
学校でプログラミング教育をやる時、ビジュアルプログラミング言語のScratchなどをやるより、HTMLをやった方が絶対に良いはずだ。
Webサイト全体はツールを使って作るとしても、細かい部分で、どうしても、HTMLやCSSが必要で、さらに、JavaScriptが出来れば、大きなメリットを出すことが可能になる。

AIをやるにも、データを自由に作成・加工出来ないと話にならない。
だから、Excelは必須だし、Excelマクロ(VBAプログラミング)が出来れば、業務処理を効率化出来る以上に、AIなどで自分の可能性が広がる。
そして、可能であれば、安価で出来るので、マイクロソフトAccessを、SQL Serverとセットで使えると、大きなデータも自由自在に扱え、熟練すると、重要な仕事も出来るようになる。

つまり、純粋なIT技術者になるのではなく、ITを武器にして趣味で稼ぐには、上で挙げたようなことが出来れば有利なのであるが、これらは、表では、あまり言われないのである。













当ブログオーナーKayのAI書。5月30日発売。
とりあえずExcelが使えれば、自分でAIが作れるように書きました。
ソニーの無償の高機能AI開発Windowsアプリ、NNCを使用します。
本書のほとんどの実習が出来るデータを作れるExcelマクロ(VBAプログラム)を無償でダウンロード出来ます。
この本で学ぶことで、会社のデータを使い、何か重要なことをAIに予測させることが出来るようになって欲しいと思います。
実習は、モンティ・ホール問題、エイリアン遭遇回避作戦、囚人のジレンマなど、なるべく面白いものを、出来る限り易しく扱えるよう工夫しました。

いい加減な人(私のような)のプログラミング修得法

マクロソフトExcelで、VBA言語のプログラムを作れば、かなり凄いことが出来る。
3日かかる仕事を3分で終わらせる・・・なんて言う人もいる。
しかし、プログラミングについて知らない人や、駆け出しの人が、「3日かかる仕事が3分で終わる」と聴いたら、「はあ?」と思うはずだ。
想像が出来ないのだ。
つまり、プログラミングというのは、知識のない人はもちろん、初心者レベルの人が思うより、ずっと複雑なものだ。
しかし、では、プログラミングで超実用的なことをしようと思ったら、複雑なことを沢山覚えないといけないのかというと、それも違う。
Excelで素晴らしいシステムを作れる人には、Excel自体はすごく下手だったり、プログラミングもそんなに詳しい訳ではないという人がよくいる。
むしろ、Excelやプログラミングのこと細かいことに詳しい人には、案外、大したことが出来る人はいないようにすら思うのである。
だから、Excelシステム開発の超名人にExcelについて質問したら、全然答えられないということもある。

Excelのシステム開発の名人というのは、クラブの売れっ子ホステスに似ていると思う。
高収入の売れっ子ホステスは、最低限必要なことは勉強したかもしれないが、それは大したことではない。
Excel VBAプログラミングも同じである。必要な勉強自体は、本が1冊あれば、誰でも出来る(しかも、半分も読まないと思う)。
いや、イチローのような大バッターだって、スポ根漫画とは違い、練習自体は、平凡な選手と違うことをやっている訳ではないはずだ。
何かが違うのだが、それを単純に言ってくれる人がいない。
超一流になった人自身が、自分は特別なことをしたと信じたいのかもしれない。だから、自分がなぜ成功したか分からない。
その単純な答は、PHP研究所の「Voice S」誌の『「大企業の時代」は終ったか』という100円の電子書籍に書かれていた。IT業界の超大物で人気者経営者の2人、夏野剛氏(ドワンゴ社長)と猪子寿之氏(チームラボ社長)の、2013年の対談である。その中で、猪子氏が、こう言っている。
「僕は、人が本来もつ能力にはほとんど差がないと思っています。この世に生まれながらの天才はいないのです。
では、アウトプットの差をもたらすものは何か。それは単純に、費やした時間です」
これだけで納得出来るなら、この本は、もう読む必要はないが、なかなかそうはいかないだろうから、たった100円なので読めばと思う。

別に、Excel VBAプログラミングを毎日、ガリガリ勉強したり、プログラムしろというのではない。
私には、そんなことはさっぱり出来ない。
どうも、「苦しい勉強や修行をしてこそ」と思って、我慢してやる人もいるが、そんなの続かない。
で、あまり感心しない例かもしれないが、私がC言語を覚えた時は、こんな感じだった。
C言語は、習得が難しいプログラミング言語と言われる。
私は、最初はまず普通に、1冊、本を買って読み始めた。
しかし、すぐに解らなくなる。
そこで、書店で別の本を見ると、まさに「となりの芝生は青い」で、「お!こっちの方が解り易いぞ!」と思ってしまう(笑)。
で、そっちの本を買って読むが、やはり解らなくなる。
そんなことを繰り返す。
いい加減な性格がよく出ている(笑)。
でもね、いくらいい加減でも、読んでるのは確かで、時間もかけてる。
そんなことをやってるうちに、カタツムリが這うスピードかもしれないが、上達していったのである。
実は、この勉強法は、かのアイザック・ニュートンの数学の勉強の仕方と同じなのである。

売れっ子ホステスだって、初めは全然駄目で、何度もクビになりながらも、いろんな店でお勤めをする中で、少しずつ実用テクニックを身体で覚えたという場合が多いのだと思う。
また、私は、AIの本を書いたが、現代のディープラーニング型AIの学習の仕方も、基本同じだと思う。
AIは、1回1回は、いい加減に学ぶが、数多く繰り返すうちに、人間を超える推測をしてしまうのである。
よって、AIは、ガリガリ勉強した人が書いた本より、いい加減な私が書いた本の方が、いい加減な普通の人には学び易いのではないかと思う。
本は5月11日出版の予定だが、紀伊国屋やジュンク堂など、大手書店が、東京、大阪など、緊急事態宣言が出た地域で休業してしまっていて、その影響で、本の流通にも多少影響が出るかもしれない。尚、電子書籍の方は、今はAmazon、楽天BOOKSでも案内がないが、ほぼ同時に出ると思う。



本記事でご紹介した電子書籍。




KayのAI書籍。超優秀な数学講師Mr.Φとの共著。

Excelが使えれば、数学、プログラミングなしで、無料でAIを作れます。

AI書籍発売日決定

この世界に、いまや、在ってはならないものが大きく存在するうちは、新型コロナウイルスは収束しないし、逆に、そういったものが消える方向に進めば、不意に収束していくのではないかと、私は(勝手にだが)思っている。
この世にあってはならないものとは、大勢の人間を扇動して寄せ集めることで、誰かがぼろ儲けするようなものである。
一方、初音ミクさんライブは、世界中で常に大会場を満員にしながらも、コンサートの構造上、基本赤字のようで(実際そうだと思う)、このように、ファンサービスとして行うものは全然別である。

ところで、私が数学講師のMr.Φ(ミスター・ファイ)さん(ブログ「Mr.Φの数学と古美術」)と共著で出すAI書、

『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)

の店頭発売は、5月11日と決まった。
紙の本、Amazon、楽天の電子書籍も同時出版になると思う。
この本に関する、易しく、なるべく面白く書いた短いトピックを、私のもう1つのブログ、「メディアの風」に、出版までの間、数日に1本のペースで書いていこうと思う。
この本のキャッチコピーは「AIは誰でも作れる時代。まずあなたから」で、Excelが使えれば、数学もプログラミングもなしに、自分でAIを作ることが出来るようにするものだ。
AI作成ソフトは、ソニー様の無償のWindowsアプリNNC(Neural Network Console)を使う。
NNCは、無償とは信じられない驚くべきAIツールで、私なら1億円と言われても驚かない(買えないが)。
まず、AIに足し算を教えるという、易しいながら興味深いことを丁寧に説明し、それと基本同じやり方で、天才も博士も解らなかったことをAIにやらせる。
数学やプログラミングは不要と言ったが、数学的に理解したい人のためには、一流数学講師のMr.φさんが解説してくれるという贅沢な内容である(数学嫌いならスルーすれば良い)。

尚、AIを作るためのデータを自動作成するVBAプログラムが登録されたExcelファイルを、出版社サイトから無償ダウンロード出来る。
このVBAプログラムによるシミュレーションだけでも、かなり面白いと思う。
(例えば、モンティホール問題を、シミュレーションで納得出来てしまう)
易しいVBAプログラムなので、勉強がてら、シミュレーションの面白さを感じていただければと思っている。

尚、本の挿絵がちょっと可愛い。
表紙は女の子3人である(何の本?)。
一番小さい子は小学校低学年、一番年上の方は多分大学生と思う。
真ん中の子は、表紙を見る限り中学生に思えるが、本の中では高校生に見える。
挿絵には、エイリアンも囚人も出てくる(ますます何の本?)。
つまり、退屈なテーマではなく、なるべく面白い、それでいて、私としては実践的と思えるテーマを一生懸命考えた。
ただ、本当に面白いかどうかは読者が判断されることである。

最後のコラムでは、AIを、一部のエリートのものではなく、みんなのものにするための方法を、初音ミクさんから学んで提案した(つもりだ・・・)。
初音ミクさんについて書くことは、クリプトン・フューチャー・メディア様には、原稿を提出の上で、快く許可をいただき感謝に堪えない。

もしよろしければ、税別2,180円(紙の本。電子書籍未定)だが、読んでただけるとありがたい。









大不況に備えて意識の大変革を

新型コロナウイルスは、既に経済に大きな打撃を与えている。
そして、新型コロナウイルスは、インフルエンザのような季節性のウイルスではない。
つまり、インフルエンザなら暑くなれば消えてくれるが、新型コロナウイルスは暑さにも強く、長く猛威を振るう可能性がある。

ただ、だからといって、ニュースで(というより専門家が)言うように、いつ収束するか分からないというのではない。
要するに、他人と接触しなければ感染拡大は起こらず収束する。
ところが、今は、病院に新型ウイルスに感染した人が沢山来るのだから病院感染が増えているのだし、海外でオーバーシュート(爆発的感染拡大)が起こっている原因は、日本と桁違いに多いPCR検査が行われる病院で(感染者と非感染者が接触することが増えるので)感染が起こるからで、日本は、無闇にPCR検査をしないので、感染者が少ないのであると思う。

とはいえ、自分の意志でどうにもならない人は別だが、やたらと群れたがる馬鹿も多く、感染拡大は続くかもしれない。
そして、その後、間違いなく大不況がやって来る。
ところが、平成不況や、度重なる震災による不況、リーマン・ショック、福島原発事故の影響など、経済は大きな打撃を受けながらも、その実感がなかった人も多かったと思う。
バブル崩壊やリーマン・ショックなんて、欲の皮の突っ張った連中が無茶をして、「起こるべくして起きた」ことだが、企業でも、しっかりとした製品作りやサービスを基盤にしている企業は、それほどの影響はなく、むしろ、躍進したところも少なくなかった。
実を言うと、今回の新型コロナウイルスでも同じなのであるが、今は、しっかりとした製品作りやサービスという、企業として当たり前のことをちゃんとやっている会社が少なくなっており、そして、そんな会社に勤めている人も多いのだから、普通の人にも大不況の影響が出てしまうのである。

私の予想では、グーグルやアマゾン、マイクロソフトは伸びるが、アップル、フェイスブックは駄目になると思う。
庶民も経済不況の影響を受ける中で、製品の値段の高いアップルがユーザーをつなぎとめておける率は低くなるに違いない。

それはともかく、我々は、不況だって嘆いていても仕方がない。
いよいよ、会社依存から脱却し、隠し持っている自分の才覚を発揮しなければならないが、それは面白いことなので、意識を変えることが出来る者には楽しい世界になる。
オバマ大統領時代の「チェンジ」が、やっと今、本当の出番なのである。

まず、この引きこもりが必要な時代に、自分の好みに合う勉強をすれば、「コロナウイルス共存時代」に飛躍する。
たとえば、Excel VBAをマスターする良い機会である。
ただ、Excel VBAマニアは相手にせず(彼らは実用的でない細かいことばかり言う)、しっかりとしたテキストを使い、毎日勉強・実習するのだ。
また、HTMLやCSS、それに、少しJavaScriptが出来れば、アフィリエイトなどネットビジネスをする時に、大いに有利になる。
AI(人工知能)をマスターしたければ、私が来月出す本が、誰でも自分でAIが作れるようになるものなので、ご活用いただければと思う。
私も、NPO法人と協力し、IT全般、VBA、AIのセミナーを行う計画を立てているのだが、今のところ、軒並み延期だ。
行政絡みとはいえ、もうバーチャル講座に移行すべきなのだろう。

そして、自分の内部に巨大な力があることを、はっきり知るために、しっかりとした潜在意識活用の本を1冊、じっくり読むと良い。
これをやるのとやらないのとでは、雲泥の差になるだろう。
そして、個人的には、ウイルス感染に備えて、ビタミンCの大量摂取をお薦めしたい。















プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード