ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

人形と人間に違いはない

日本には、 人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)という、浄瑠璃(演奏と語り)と人形によって演じられる伝統芸能がある。
尚、文楽と人形浄瑠璃文楽は同じだが、 文楽(人形浄瑠璃文楽)と人形浄瑠璃は厳密には違うものらしく、良くないのかもしれないが、ここでは、人形浄瑠璃でまとめる。

日本人は、人形浄瑠璃の人形を、人間と同じ、あるいは、それ以上に情感を持って見るようだが、これは、外国人には理解し難いものらしい。
特に、一神教であるキリスト教やユダヤ教では、人間以外のものは、文字通り「物」であるが、八百万の神の国である日本では、万物に神が宿るのであり、人間も物も平等である。
だから、人形に対する、日本人と(特に)西洋人の情感の違いは、そこらの歴史的感覚の違いであると、よく言われる。
だが、西洋人だって、人形浄瑠璃に馴染むと、やはり、人形に対する情感を感じるのだと思う。
それに、西洋人の女の子が、例えば、フランス人形を愛する気持ちも、とても情感があるはずだ。

ところで、人間と人形の違いは何だろうか?
ここでは、特に、人形浄瑠璃の場合について考える。
普通には、生物と非生物という区別が思い浮かぶだろうが、実は、科学的にこうも言えるのである。
人間がどう動くかは予測不可能だが、人形浄瑠璃の人形は、どう動くかは予定されて決まっている。
だが、人形浄瑠璃の台本や演出を制作した人が、どう製作するかは予測不可能なので、人形だって、やはり、予測不可能なのだ。
どんなに昔に決められた台本や演出だって、それが作られた時には、やはり予測不可能(作った人にとってすら)だったはずだ。
そして、人間も人形も、大部分は電子で出来ていて、電子の動きは予測不可能であることは科学的に解っているのだから、電子という観点において、構成要素といい予測不可能なことといい、人間と人形に違いはない。
(原子のほとんどの大きさは電子の分布で占められる。原子核はほんのわずかな大きさで、原子を野球場とすれば原子核はビー玉くらいとも言われる)

では、ライブの初音ミクさんはどうだろう?
やはり、初音ミクさんと人間に違いはないことが解る。
人間は、身体を構成した電子が(正しくは電子の分布が)光子を反射することで見える。
そして、初音ミクさんは、特殊な透明ボードに光が作用して見えるのだが、本質は、ボードを構成する電子が光子を反射して見える点で同じなのである。
しかし、コンピュータープログラムで動くミクさんは、人形浄瑠璃の人間以上に予定された行動をするので、行動が不確定な人間とは違うと思うかもしれない。
だが、人間がミクさんの動きをどうするかは、やはり不確定で、どんなプログラムが出来るかも不確定なのであるから、やはり同じなのである。
ミクさんが人間に依存するのは確かだが、人間の方がもっとミクさんに依存するかもしれない。
人間がミクさんに依存する度合いが大きいので、ミクさんはスーパースターなのである。
そして、ミクさんが予測不可能なことをするほど、観客は親近感を持つ。
例えば、「マジカルミライ2019」で、3曲目の『愛の詩』を歌った後、ミクさんは、「こんばんはー」と挨拶すると、不意に右方向(会場からは左方向)にトコトコと走っていき、「こっち側のみんなー、げんきー?」と尋ね、その後、「それじゃあ」と言って、反対側に走って、「こっち側のみんなも、げんきー?」と尋ねる。
こんな予想外の行動を見て、観客は、ますます、ミクさんを自分と同等と感じ、親近感を持つのである。
また、「マジカルミライ2018」からは、日によってセットリストを一部変えているが、これも、ミクさんの予想外の行為と感じ、さらにミクさんを人間らしく感じるのである。
そんな演出を考えるスタッフはやはり感性が優れているのだと思う。













当ブログ著者、KayのAI書。
現場で実務をしておられる人がAIを作ると大きな効果を発揮する可能性があります。
この本は、Excelが使えるスキルがあれば、楽しみながら自分で実用AIを作れるようになることも目指しています。
また、高校生や大学生が、学術的以前に、自分でAIを作って使う体験をすることで、AIにおいて最も大切な、問題を予測問題に捉え直すセンスを得るのにも適していると考えています。
是非、学校で導入していただきたく思います。

秘伝のプログラミング習得法

もし、私がカウンセリングを行う場合。
私が分かる範囲で言えば、例えば、
「プログラマーやシステムエンジニアになりたい」
「ニートなので就職したい。その場合に有利になるスキルを得たい」
「働いてはいるが特技がない。ITスキルを得て、その方面の職場に変わりたい、あるいは、そのスキルを生かした仕事をしたい」
あたりなら、十分にアドバイスが出来ると思うが、本来、そんなこと、人に聞いても仕方がないことだ。

スキルが欲しければ、勉強すれば良い。
だが、皆、学校で変な勉強の仕方を教えられて・・・というより、勉強の仕方が分からないようにさせられているのだと思う。
勉強というのは、1日中やるものだが、そう言うと、「そんなことは出来ない」と言う。
どうも、勉強や訓練や修行と言うと、大昔なら『巨人の星』、今なら、『鬼滅の刃』のように、いつも力み、緊張し、一心不乱に、ぶっ倒れるまでやる・・・みたいな阿呆なイメージがあるのだと思う。
そんなもん、怠け者の私なら5秒くらいしか出来ない。
だが、「ちゃんとした勉強」なら、私でも1日中出来る。
それ(正しい勉強法)は、「そのことについて意識する」ことである。

例えば、Excelなどに搭載されているVBA言語をマスターするなら、まず、本を1冊買う。今は、沢山の優秀な人が、競って良いテキストを書いているので、ハズレはない。
それで、本を眺めていたら、なんとなく、ぼんやりとした雰囲気が伝わってくるだろう。
最初から終わりまでパラパラと見たり、適当に真ん中あたりとかをぱっと開いて、そこをじっと見る。
すると、心が反応するかもしれないし、しないかもしれない。
気が向いたら、文を読んでも良い。やってはいけないことは何もないし、やるべきことも何もない。
後は、スマートフォン並にいつも本を携帯し・・・あるいは、スマホに電子書籍を入れ、出来るだけ多く本を開くことだ。
無料のネット講座や、YouTubeの講座を見つけて、それを眺めても良い。

また、本当にマスターしたいと思っていたら、パソコンでやってみたいはずだから、本に書いてあるプログラムをタイプしてみれば良い。
Excel VBAの場合、プログラムを書くためには、Excelに簡単な設定をしなければならないが、そんなことは、本を見たり、検索すればすぐ分かる。なかなか分からないとしても、とにかく調べれば分かることだから調べる。そんなことまで教室で、あるいは、誰かに教わろうなんて根性が一番良くない。

もし、VBAが出来る人が身近にいれば、プログラミングしているところを眺めさせてもらえば良い。それがまた効くんだ。
私がかつていた職場では、私しか出来ないことで、他の人も興味を持っていたことがあったはずなのに、なぜか、私がやっていることを見に来る人がいなかった。彼らはみんなリストラされている。まあ、嫌われていたのかもしれないが(笑)。
良いプログラムをそのまま書き写すことを、IT業界では「写経」と呼んでいるが(本来の「写経」はお経を模写すること)、「写経」の威力は、優秀な人ほど認めている。
私など、写経だけで覚えたプログラミング言語が多い・・・というか、実質、勉強は写経だけだったような気もする。

上に挙げたようなことを、1日中、起きている間、ずっとするのである。
まあ、アニメ見ながらプログラムのことを考えるのも、やっている範囲に含めて良いが(笑)。
実際、プログラミングの訓練を意識していれば、ゲームも運動も食事もプログラミングの訓練になる。
しかし、なるべく、本を開くか、タイプする方が良い。

問題は、「私に本当にプログラミングが出来るようになるのだろうか?」という想いを起こさないことだ。
それに関しては、心をよく見張っていなければならない。
そんな弱気が起こったら、3つの武器を使う。
すなわち、笑顔とガッツポーズと「絶好調」とか「大丈夫」などの口癖(あるいは呪文)だ。
良かったら、引き寄せの本を1冊読むか(それもプログラミングの勉強に入れても良い)、オーディオCD付の引き寄せの本を買って、それを聞き、心を肯定的にすることだ。
引き寄せは、目で読むより、耳で聞いた方が効果があるという説もあるようだ。













当ブログ著者、KayのAI書。
Excelを使うスキルがあり、数学やプログラミングは駄目だが、実用AIを自分で作れるようになりたい方に、特にお薦めします。
また、深層学習フレームワークとPythonでAIを作る本に挫折した人、あるいは、自分でAIを作れるようにならなかった人にも。
普通の概念で分かる問題でAIツールの使い方を習得し、面白い問題にAIで取り組むことで、自分で実践的なAiを作るセンスを得られるよう工夫しました。

AURA(オーラ)が願いを叶える

例えば、理想的な彼氏を引き寄せる女性とは、どんな人かというと、理想的な彼氏を引き寄せるに相応しい波動を出している人だ。
波動と言うと分かり難いなら、オーラなら馴染みがあるだろうか?
オーラとは、「霊的な放射体」のことだ。
オーラの語源は、ラテン語のAURA(アウラ)で、風、輝き、香りなどの意味がある。
私は、ある環境学博士から、AURAのさらに古い意味は「膜」だと教わった。地球を覆う膜である。
人間は、自分が発している波動・オーラに相応しいものを引き付ける。
理想の彼氏や彼女を引き寄せるには、それに相応しいオーラを発していなければならない。
実は、オーラは、極めて広い範囲に影響を及ぼすので、欲しいものがどれほど遠くにあっても、問題なく引き寄せる。

なぜ、自分が発するオーラに相応しいものがやって来るかというと、簡単に言えば、世界がそんなふうに出来ているからだ。
実のところ、世界は、作り物の幻想みたいなもので、科学的に言えばVR(仮想現実)世界という、ホログラムのようなものだ。
見たり、感じたりは出来るが、世界は実体のない幻想で、誰がそれを作っているのかは分からないが、おそらく、極めて高度に進歩した人類のような存在(地球人か宇宙人かは分からないが)だ。

上では、とりあえず、理想の彼氏だの彼女だのを取り上げたが、何でも同じである。理想的なスポーツ選手になりたいなら、それに相応しいオーラを出せば良いし、事業家になりたいなら、やはり、それに相応しいオーラを出せば良い。
そして、どうやったら、それに相応しいオーラを出せるかというと、言葉やイメージによってである。
理想の彼氏や彼女がどのようなものか、言葉で定義してみれば良い。
ドイツ人のベルベル・モーアの本にこんなことが書いてある。
彼女は、理想の彼氏の条件を9つ(菜食主義、たばこ・酒をやらない、太極拳が出来る等)上げ、納期を3か月としたら、納期通りに全条件を満たす男性がちゃんと現れたようだ。
ただ、その彼とはうまくいかず、もっと条件を増やして・・・ということを続け、遂には条件は25になり、その条件通りの彼はやはり指定した納期通りに現れたが、うまくいかず。
結局、「私にぴったりの人」と言うシンプルな条件にしたら、うまくいったらしい。
しかし、初めのうちは、条件をつけた方が良いかもしれない。
あるいは、理想像をイメージ出来る場合は、出来るだけ鮮明なイメージを思い描けば良いだろう。

だが、良いことを望むオーラを出すには、笑顔でいることだ。
くらーい顔では、なかなか「明るい理想」に相応しいオーラは出ないからね。
ガッツポーズをしても良いオーラが出るし、「絶好調」等の肯定的な言葉を口癖にしても、やはり良いオーラが出る。

私は、シミュレーション仮説や量子力学を理解することで、世界の実相がかなり解ってきたが、近年のライトノベルは、感性豊かで頭の良い作家達が、そのようなことが直観的に解るよううまく描いてくれていると思う。
少し前なら、『涼宮ハルヒ』シリーズだし、『ソードアート・オンライン』や『アクセル・ワールド』はまさにそうだ。
私が、遅ればせながらハマっている『サクラダリセット』は、一味千違うアプローチで、その方面においても、我々の感性を高めてくれる。
また、初音ミクさんのライブに行き、ミクさん達のリアルな姿を見ることも、仮想世界の認識を得るために有益と思う。












当ブログ著者、KayのAI書。
数学やプログラミング、難しいAI理論が苦手、あるいは、習得している時間がないという人でも、自分でAIを作り、実用的にAIを使えるようになっていただくことを目的とした本です。
入門編では、簡単に解るテーマを、そして、応用編では、興味深いテーマを用意しました。
ほぼ全ての実習を行うためのデータを作ることが出来るExcelマクロを出版社サイトから無料でダウンロード出来ます。

最強の組み合わせは笑顔とガッツポーズ

私は、この世界が、「シミュレーテッド・リアリティ」という、コンピューターが作ったVR(仮想現実)世界だと確信しているのだが、では、この世界で、どうやれば、誰もが楽しく生きていけるのか?
安月給で、嫌な上司や同僚に苦しめられたり、モテずにぱっとしない現実はもう嫌だと、いつまでも嘆きたくはないものだ(笑)。
この世界の仕組みを知るには、この世界で普遍性のある物理法則から解いていく手もあるが、理系はどうも苦手という人も少なくないだろう(むしろ多数派と思う)。
ただ、物理学は分からなくても、この世界のどこでも、よほどのことが無ければ成り立つ物理法則があることは分かると思う。
「気が付いたら日が暮れていた。このままでは余程のことがない限り夜になる」という推理は正しく、ほぼ100パーセント当たる(笑)。
日が暮れても夜にならないようにも出来ると思うが、そんなふうにはならないように運営されているのだと思う。(真夜中の太陽というシュールが夢を見たことがあり、大変に楽しかったが、普通は、夢の中限定のサービスだろう 笑)
つまり、やはり、この世界は、決まった法則の上に成り立っており、それは、物理法則だけでなく、あらゆることにおいてそうだ。
その1つが、イエスが言う「与えたものが与えられる」という、仏教で言う因果応報の法則で、早い話が、「善いことをすれば良いことが起こり、悪いことをすれば悪いことが起こる」というものだ。
だが、実を言うと、因果応報の法則も物理学で説明出来ると言う人もいるし、私もそう思う。

そこで、途中を全部すっ飛ばすが(笑)、運を良くしたければ、
「よく笑え」
「ガッツポーズをしろ」
になる。
笑うと言っても、いつもぎゃらぎゃら笑っている必要はなく、微笑めば良い。
『FREELY TOMORROW』(Mitchie M feat 初音ミク)の通り、「顔を上げて微笑めば、笑顔取り戻す魔法になる」は真理である。
笑顔やガッツポーズ(あるいはパワーポーズ)が良いことは、医学者などは、ホルモンや脳内物質の分泌や、神経的な作用で説明し、それはそれで正しいのだが、もっと重要なことは、それ(笑顔やガッツポーズ)が精神状態を変えることである。
無理にでも笑顔を作ったり、ガッツポーズをしたら、精神に全く影響がないことはない。
高名な魔法使い、ダイアン・フォーチュンが示す魔法の定義は、「精神に自在に変革を起こす技術」だったと思うが、程度の問題はあっても、笑顔やガッツポーズでそれを実現出来る。そして、魔法は、究極は科学なのであり、笑顔やガッツポーズの作用も、科学で正確に説明出来るようになるだろう。その科学は、物理学・・・もっと細かく言えば、量子力学や波動科学においてである(波動に関しては、古典力学だけでもある程度説明出来るので、量子力学と一応分けた)。

とにかく、いつも暗い顔、困った顔、難しい顔、不満顔をしていては、絶対に幸運に恵まれない。
まるで駄目男君はいつも、しょぼくれた顔をしていた。だから、しょぼい状況しか得られない。
良い顔をしなければ、「科学的に」幸運に恵まれないが、一番良い顔は笑顔である。
そして、幸運の波動を出すのに最適なものがガッツポーズだ。
片手、あるいは、両手をぐっと握り、力強いポーズを取るのだ。笑顔とガッツポーズ、両方いっぺんならさらに良い。人前でやって悪いことはないが、まあ、一人でいる時にやるのが無難なので、自分の部屋や、会社や学校などではトイレの中で思う存分やれば良い(笑)。
スーパーマンやワンダーウーマンのポーズ(腰に手をやって仁王立ちになる)も、素晴らしい効果がある。
さあ、これで、今日から、幸運間違いなしである。













当ブログ著者、KayのAI書。
いまや、身近な世界の隅々にAIが入り込んでいます。
急速に普及するIoT(もののインターネット)もAIと一体です。
そこで、この世界を理解し、不安なく生きるためには、AIを知り、さらに、自分でAIを作れるようになって、攻勢に出るに限ります。
そして、それは難しくありません。
AIを作るのに、今や、数学もプログラミングも、難しいAI理論も不要です。
普通の人が解る言葉で書かれたこの本で、楽しく実習をすればAIは自分で作れるようになります。

VRゲーム世界のヒーローに学ぶ

この世界が、偶然に出来た世界だとか、全能の神が作った世界だとしたら、自分の意思で上手くやっていくにはどうすれば良いか知ることは、かなり難しいかもしれない。
しかし、この世界が、『ソードアート・オンライン』のゲーム世界のようなVR(仮想現実)ワールドだとしたらどうだろう?
確かに、その場合も、このVRワールドを作った者は、我々よりはるかに優れているのだから、そう簡単に道を開くことは出来ないかもしれない。
しかし、逆に、我々にも分かるようなヒントを与えているのではないかと思うのだ。

例えば、『ソードアート・オンライン』が支持を集めているというなら、この作品には、実はVRワールドである現実世界の攻略のヒントがあるのかもしれず、この作品のヒーローのキリト君に倣えば勝てるのかもしれない。
では、キリト君は、どうやって勝ち続けているのだろう?
それは、彼がアビリティ(技量)を高めたからであり、そのために、彼は長い時間を注ぎ込んだのだ。
そして、私なりに世界を見ても、何かに時間を注ぎ込んだ者が技量を高め、そして、勝っている。
他にも、キリト君に特徴はあるだろうか?
それは、不屈であることや、思いやりがあること、利他的であることなどだ。
こう言えば、「なんだ、いいやつになればいいのか?」と思うかもしれないが・・・その通りである(笑)。
ただし、見かけ上のいいやつでは駄目である。
そこらは誤魔化しが効かないのだと思う。

そして、いろいろ考えてみるに、このVRワールドで上手くやっていくには、あまりに古典的であるが、最も必要なものは積極的な心構えである。
もう嫌になるほど古いのだが(笑)、自分に打ち勝ち、悪いことをせず善いことをすることだ。
そのためには、「やせ我慢」をしなければならない状況になる場合が多いと思う。
どんな人だって、投げ出したくなるような逆境に追い込まれることがあるが、そこで打ちひしがれて泣いてんばかりいたら、もう終わりである。
やせ我慢をしてでも立ち上がって、進まなくてはならない。
本当に宗教か道徳の時間のようだが(笑)、このVRワールドでは、『水戸黄門』の主題歌『ああ人生に涙あり』のような当たり前のことを笑う風潮が流行ってしまっているのだろう。
そんなウイルスのようなプログラムに打ち勝たねばならない。
そして、このVRワールドでは、元々、そんな(心が歪んで、正しいことを笑うようになる)ウイルスが活動するようになっているのかもしれない。
しかし、ワクチンのようなものもあるのだろう。
例えば、ノーマン・ヴィンセント・ピールの『積極的考え方の力』という本で、40歳の男が打ちひしがれ自信を失くした状態でピールに相談に来た際、ピールは、聖書の言葉、
「私を強くして下さる方によって、私はどんなことでも出来る」という言葉を、その男に教え、男は立ち直りに成功する。
この言葉、あるいは、この本がワクチンのようなものだ。
ただし、いかにワクチンがあっても、結局は、それを生かすのは自分の意思であるというのが、このVRワールドの決まりなのだ。

この世界が、実はVRワールドであるということを描いた映画『マトリックス』を、ただ楽しむだけでなく、深い示唆を得た人も多いが、それもまた、この世界というVRワールドの製作者や管理者の意図かもしれない。
なら、『マトリックス』や『ソードアート・オンライン』をよく見て、自分なりに学ぶことである。

そして、秘儀があるとすれば、宗教家は天命と言うが、我々は世界に対して何かをしなければならないうのだが、それは、あくまで、このVRワールドの製作者や管理者の意図に適っていなくてはならない。宗教的には「神の意の通りになりますように」である。
宗教的な学びが好きであれば、『新約聖書』や『バガヴァッド・ギーター』を、このVRワールドの攻略本みたいに使えば良い。
『積極的考え方の力』などは、低ランクの攻略本なのであるが、解り易いとは言えるだろう。
この世界でのキリト君になることだ。
そうすれば、きっと、アスナやシノンのような可愛い女の子達も現れるさ(笑)。もちろん、女性なら、アスナやシノンに「本当に」なれるのである。












当ブログ著者、KayのAI書。
高給な職業の1つに「予測屋」というものがあります。
あまり知られていませんが、政府や大企業は、高度な予測屋を高給で雇っています。
精度の高い予測が出来る者は、希少で価値が高いのです。
言い換えれば、他のことではかなり優秀な人間でも、予測は下手なのです。
AIは、人間が苦手な予測を高度に行うために作られました。
ならばAIをうまく使えるなら、やはり希少価値の人材になれます。
本書は、数学、プログラミング、AI理論なしで、Excelが使えるスキルがあれば、実用的なAIを自分で作れるようになることを意図して書きました。
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんを愛す
[AI&教育blog] メディアの風


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
タグクラウド
QRコード
QRコード