ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

サッカーのようにプログラミングを身に付ける

電車の中では、老いも若きも、スマートフォンの画面を見ている人だらけだし、駅の構内や階段等でも、いくら「危険だ」「迷惑だ」と言っても、スマートフォンをいじりながら歩く者は多い。
子供のプログラミング教育で知られるMITメディアラボのミッチェル・レズニック教授は、「現代の若者は、単にスマートフォンなどの使い方に慣れているだけで、それらを創造的に使える訳ではない」と、TED講演で述べていた(だからプログラミング学習が必要となるらしいのだが)し、宮崎駿監督も昔、タブレットを使っている若者の指の動きが気色悪いとか、それらを使って自己満足しているだけで、創造的なことをしている訳ではないと批判的に述べていた。
しかし、スマートフォンをずっと使っていると、それに慣れているというのは確かで、慣れていないよりはずっと良いとは言えるのである。
だから、歩きながらスマートフォンを使って良いとか、スマートフォンにばかり注意が行って、周囲には無神経になって良いというのではないが、マナーをわきまえながらなら、長時間、スマートフォンを触ることのメリットも確かにある。

今は聴かなくなったが、昔、パソコンが上手くなるにはどうしたら良いかという話がよくあり、いろんな「専門家」がいろんなことを言ったが、どれも覚えていない。
そんなの、「長時間、パソコンを触れば良い」しか、答があるはずがないからだ。
そして、昔であれば、「パソコンに触る」とは、ほぼ、「キーボードを打つ」ということだったが、キーボードが苦もなく速く打てるようになったら、実際、ちゃんとパソコンを使えるようになっていた。
今は、若い人でパソコンが使えない人が多く、企業で新卒社員にパソコン研修をするとう「珍現象」が起きているらしい。
つまり、スマートフォンやタブレットばかり使い、パソコンを使わなくなってしまったからだ。
だが、仕事ではパソコンを使わざるを得ないのだから、本来は、放っておいても使えるようになるが、今の学生は良い意味での常識がないので、最初に、「ちゃんとしたパソコンの使い方」を教えることにも意味があるだろう。

サッカー強国では、子供達がどうやってサッカーが上手くなっているかというと、「とにかく長時間ボールに触れる」のだそうだ。
これが、ものごとの上達の鉄則である。
プログラミングをマスターする唯一の方法は、プログラムを書くことだが、それは、サッカーで言えば、「サッカーをすること」である。
しかし、まずは、サッカーボールに長時間触れることが必要なように、まずは、プログラムをキーボードに打ち込むことが、上達の秘訣である。
1つのプログラミング言語で使われるコマンド(命令)の単語やステートメント(文)の書き方は、それほど多くはなく、それらに慣れてしまえば、サッカーボールに馴染んだ子供が自然にサッカーのプレイが出来るように、楽にプログラミングに入っていける。
昔、手軽にゲームソフトを得られなかった時代には、BASIC言語で書かれたゲームの長いプログラムを自分でパソコンに打ち込んで遊ぶのは普通のことだった。
打ち間違いをすると、エラーメッセージが出て、スペルが間違っていたり、行を抜かしてタイプしていたりとかに容易に気付くが、どこをどう間違ったかを調べたりしているうちに、自然にプログラミングが身についたのである。
今は、大抵のプログラミング言語の開発環境をタダで構築出来るし、JavaScriptならブラウザだけあれば良い。また、Excelが入っていればVBAを使えるし、RubyやPythonの開発環境は短時間で構築出来る。
ただ、Pythonなどの開発環境をインストールする方法を解説した私設ページには、配慮に欠けるものが多い。ヘラヘラした感じの文章のものは避け、ある程度長文の、しっかりした文章で書かれた、ややお堅い調子のサイトが良いと思う。
また、確かに本を読んでプログラミングをマスター出来る訳ではないが、ずっと本を見ていたら、やっぱりプログラムに馴染むのであるから、「暇があればプログラムの本を見る」くらいであれば、案外に成果が出るはずだ。効率的とは言い難いが、私はそれで、C言語やPerlやPHP(これらはよく似ている)に馴染んでから、タイピング、プログラミングと、楽に進んだのである。

ついでに変なこと(?)を言うと、実用的な神秘力を見につけたいなら、ウィリアム.W.アトキンソンの本を常に読むと良い。
内海康満さんって人の場合は、『ローム太霊講和集』をボロボロになるまで読んで力をつけたらしいが、あの人を一目見た時、「それは本当だ」と実感した。雰囲気で分かるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

下層プログラマーがメシを食えるようになれる方法

プログラマーと言えば、プログラミング言語でプログラムを書く人のことで、プログラミングと言えば、プログラミング言語でプログラムを書くことだと思われているだろう。
もちろん、それはそれで正しい。
ところが、私は、何年間か、プログラムを書かないプログラマーをやっていて、そのおかげで「メシが食えるプログラマー」になれたのだ。
こう言うと、ちょっとシステム開発について知っている人なら、
「ああ、それはシステムエンジニアをやっていたってことでしょ?プログラマーとは違うのでは?」
と言うかもしれない。

ところで、NLP(神経言語プログラミング)という、心理療法の技術がある。
これも、別に何かの言語でプログラムを書く訳ではなく、心を治療する基本テクニックがあって、それを、個々の人に適応させるのである。
個々の人に適応させる際に、独自の手順を作るのだが、基本的な技術は決まったものを使うのである。
要は、プログラムとは個々の手順であり、「デザイン」という言い方が適切かもしれない。
コンサートなどのイベントでも、その具体的な内容のことをプログラムと言うが、これも、コンサートの具体的な中身のデザインのことである。

つまり、コンピューターが実行する処理内容をデザインすることがプログラムなのであり、そのためにプログラムを書く場合が多いというだけのことだ。
私はある時期、dbMAGIC(今のMAGIC)というシステム開発ツールを使っていたのであるが、これは、プログラム言語でプログラムを書かずに、処理のデザインを作ることが出来るものだ。
そして、その本質は、「画面や帳票をデザインする」「データベースをデザインする」「処理内容をデザインする」の3つなのであるが、重要なことは、「データをデザインし、そのデータを自由自在に処理することが出来る」ことだ。
私は、プログラム言語でプログラムを書くという面倒なことに煩わされずに、データ処理だけに集中出来た。
そして、データ処理に通じる・・・つまり、達人になることが、ビジネス分野、業務処理分野で、楽々メシが食えるプログラマーになる秘訣なのである。

DOA(データ中心アプローチ)という、システム開発分野の用語があるが、ビジネスシステムで最も重要なものはこれである。
ところが、DOAを語る時、すぐにER図だのエンティティだのといった専門用語を持ち出して混乱させる連中がいるが、要は、ちゃんとデータベース設計が出来れば良いのであり、私はそのために、ERだの、エンティティだのといった言葉を使ったことなどない。
システム開発では、なぜかOOP(オブジェクト指向プログラミング)の方が有名になってしまったが、それはもっと「さらりと」使えば良いのではないかと思う。そりゃ、今は誰でもそれを使うが、その技術的詳細を知る必要がある人は、ごく一部である。
それよりも、普通のプログラマーにとって重要なことは、DOAなのである。
ところが、DOAとOOPをごっちゃにする人が多く、Webでも、DOAで検索すると、そんな勘違い野郎のサイトが上位に出てくるから困る。
OOPは、確かに、手順とデータをカプセル化する技術だが、そのデータと、データベースのデータは全く意味が違う。
OOPは、いまや空気のようなもので、JavaやRubyを使えば、「自然に使ってしまう」ものであり、特に意識しなくても良いのではと思う。
それよりもDOAだ、データベース処理だ。
それを今、最も簡単に出来るのは、マイクロソフトAccessである。
この「簡単に出来る」ということが肝心である。
しかも、私がDOAを磨いた高価なMAGICとAccessは変わらない。
両者の違いは、圧倒的な値段の違いである(MAGICは高価だ)。
もちろん、細かには、値段が違うだけのことはあるのだが、DOAを習得するという意味においては全く変わらないし、私くらいになると、MAGICは、デスクトップアプリに加えて、Webアプリとタブレットアプリも作れるが、Accessはデスクトップアプリしか作れないという違い以外、何も違いを感じない。
そして、MAGICのWebアプリとタブレットアプリはあまり良くないように思うのだが、まあ、作れるのは良いことだ。
しかし、事務員や研究者が、早く簡単にデータ処理をしたい時に、いちいちWebアプリやタブレットアプリを作らないように、素早く作れ、素早く改造出来るデスクトップアプリが必要でなくなることは決してない。
それが出来ないことが、Googleがこの分野で弱い所であり、それが出来ることが、今後も、マイクロソフトが重要である理由である。
だから、マイクロソフトは、もっとAccessのサポートを真面目にやった方が良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

自分の力でメシが食えなければ、賢くも強くもなれない

正直に言えば、人間が鍛えられ、力を得るために、第一に必要なものは職業能力である。
これなくして、人が強くなったり、賢くなったりすることは決してない。
人は、生活の糧を得るために働くことで、賢くなり、強くなるのである。
あまりに当たり前であるが、この根本原則を外れてしまう人が多くなってきてしまった。
だから、今の世の中は、あまりに馬鹿が多いのである。
そして、学歴の高い馬鹿、本の知識は豊富な馬鹿が増えている。

職業の能力もないのに、宗教的な修行をしたり、聖典を読んでも「何の意味もない」。
別にニートが悪い訳ではないが、働かない限り(あるいは働いている人のサポートをしない限り)、人間としての価値が得られないのは確かである。
失業した中年が、企業の採用面接や、職業斡旋サービスなどで、「何が出来ますか?」と聞かれ、「部長が出来ます」と言ったとしても、その人は部長なんかは絶対に出来ない人である。
早い話が、部長が出来ないから失業したのだし、失業の理由が会社の倒産なら、社長が出来ない社長、役員が出来ない役員、部長が出来ない部長、課長が出来ない課長が多かったから倒産したのであり、自分もその1人だったというだけのことだ。

プロ野球選手の職業的能力の優劣について、「メシが食えるピッチング」「メシが食えるバッティング」という言い方は、とても適切と思う。
そして、「メシが食えるピッチング」が出来る投手は自信に満ちていて、自信があるからこそ、野球を楽しめる。
「メシが食えるバッティング」が出来ない野手は、自信がなく、野球が楽しくなく、そのまま猶予期間(新人なら入団から数年)が経過すればクビになって、本当にメシが食えなくなる。
会社では、本当は「メシの食えない営業マン」や「メシの食えない事務員」でも、会社に余裕があるうちは置いてもらえるが、やっぱり、自信がないし、仕事が面白くないものだ。
そして、今の会社は、「自分の力でメシの食えない社員」の中でも程度が低い者まで置いている余裕はないことが多いはずだ。

聖なる知恵や、高次の法則を探求するのは、あくまで、十分な職業能力を得てからだ。
そこで、私は、プログラミングの習得をお奨めするのである。
これからの世の中、高度にプログラミングが出来れば、わりと高確率で「食っていける」。
だが、「メシの食えるプログラミング」が出来なければならない。
技術者的プログラマーを目指すなら、OS、Web OS、ネットワークなどの広範囲な知識と経験を持ち、C言語を起源とするいくつかのプログラミング言語を習得する必要があるが、ビジネスやビジネス管理で有能な人材になるなら、ExcelやAccessの上で使うVBA(ビジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーション)をお奨めしている。
前者のプログラマーになるなら私のアドバイスなど不要であろうが、そうでない大多数の事務的職業に従事している人、あるいは、営業や販売、サービスを業務としている人に、是非ともプログラミングを習得して欲しいものである。
また、今後は、AI(人工知能)分野の非技術系プログラマーも多数必要になるが、それに備えてPython(パイソン)という、習得し易いプログラミング言語を習得することもお奨めする。また、Pythonはかなりの万能言語であり、今後有望である。
むしろ、専門プログラマーでない方が面白いと思うのだ。
そして、ExcelやAccess自体、あるいは、それらの互換ソフトで、VBA(およびその互換言語)以外に、このPythonやJavaScriptが使えるようになると思う。実際、LibreOffice(マイクロソフトオフィス互換のオープンソースソフト)やGoogleスプレッドシート(無償のWeb版スプレッドシート)は、そうなっている。とはいえ、まだまだ、マイクロソフトオフィス(Excel、Accessはその一部)とVBAが主流で、機能も充実している。

昔から、プログラマー(あるはシステムエンジニア)35歳定年説なんてものがあるが、他人が使うシステムを作る仕事の場合、そうなる傾向は確かにあると思う。
ドワンゴでニコニコ動画の開発・拡張のプログラミングをするのだって、ユーザーとの一体感があった時代は面白かったと思うが、今は、ユーザーの要求を満たすためだけの、自分とはあまり関わりがない仕事になっているのではないかと思う。そんなプログラミングは面白くなく、35歳くらいで辞めたくなるかもしれない。
一方、小規模でも、ExcelやAccessで、自分の周囲の業務の効率改善をするプログラミングは面白いし、ユーザー企業と一体になってそれを行う一級のプログラマーやコンサルタントだっている。
私もその1人である。ただ、そこまでなるには、ネットワークや高機能データベースの知識や技能が必要になるが、VBAをマスターすれば、意識次第で、そんな方向への道は開かれる。
なんとか、1人でも多くの人がプログラミングに取り組み、確固たる職業能力を得て欲しいと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

地獄を紙一重で逃れたことを知りゾっとする

デルポイ(デルフォイ)の神託の第一、「汝自身を知れ(身の程を知れ)」が本当に難しいことを思い知った。

自分を知るには、自分と似た人を研究すれば良いのではないだろうか?
私に似ているのは、脳の機能的欠陥により、共感や良心を持たないサイコパスだ。
しかし、書籍で取り上げられるサイコパスには、たとえ凶悪犯罪者であっても、スペックが高い者が多いし、あからさまに、「サイコパスは高い能力を秘めている」と主張する研究者や批評家、ジャーナリストもいる。
サイコパスには、感情に左右されずに冷徹な判断を下すことが成功につながる、経営者、弁護士、医師、将校が多いと言う。
刑務所に入るような下級サイコパスにしたって、そこで驚くべき才能を発揮して、いい思いをしているという例もあった。
どうも、彼らは私よりずっとハイスペックのようで、彼らを通して自分を見ることは出来ない。

精神分析学者の岸田秀氏は、毒親(母親)に育てられて精神が病み、それをなんとかしようとして精神の研究をして、人間の本性を解明した(らしい)。
岸田秀氏の著書には、非常に納得出来るところが多く、一頃はハマったが、離れてしまった。
岸田氏は、自分がおかしいことは認めているが、結局、人間自体が狂った存在であるとしている。
私だって、人間は大なり小なり狂っているというのは認めるし、世の中の人間がクズだらけなのは分かるが、全般的に言えば私よりマシだということを、感情的には納得しないが、論理的に分かってしまった。
そんな訳で、岸田氏の理論は、私には役に立たない。
岸田氏がモデルにした、吉本隆明氏の思想はと言うと、彼は日本最高の思想家らしいが、私には、やはり無縁の存在だ。いや、彼が間違っているのではなく、やはり彼の説く人間の性質ってのが、私からすれば上等過ぎるからなのだが。

これまで、「ああ、これが私だ」と思ったのは、ビートルスの『エリナー・リグビー』に出てくる、変な老女エリナー・リグビーだった。この歌に出てくる、もう一人の「孤独な人」マッケンジー神父は、いやしくも神父様だ。私だって、神父や僧侶になりたいが無理で、やはり、マッケンジー殿も、私からすればハイスペックだ。
では、エリナーお婆さんは?
老婆になっても、王子様を待っているような雰囲気があるあたり、妄想という点では私に似ているといえなくもないが、あそこまで信念があるからこそ、銅像まで作ってもらえたのだろう。私が死んでも、絶対に銅像は作ってもらえない。
どうやら、私はエリナーさんにも負けているようだ。
いや、そもそも、エリナーさんは大物である。
でないと、マッカートニーに歌ってもらえないさ。

だが、ついに、私が勝てる人間がいることが分かった。
詳しく言うのもはばかられるが、自分以下の人間の存在を知って爽快感を味わいたければ、中村淳彦氏の『ルポ 中年童貞 (幻冬舎新書) 』を読むと良い。
しかしだ。私が、この本に出てくる、とんでもナイナイな人間にならなかったのは、やはり、プログラミングが出来るようになったからだ。
紙一重ってやつだ。笑い事ではない。
BASIC言語を発明し、その著作権を放棄してくれた、ジョン・ケメニー博士とトーマス・カーツ博士に感謝する。
そして、彼らのBASICをパソコンに移植し、誰でもプログラミングが出来る世界を作ってくれたビル・ゲイツに感謝する。
だが、私は、微かに存在する自分以下の人間を見ることで、私自身が、かなり分かってしまった。
それまでは、自分はもう少し高級な人間と思っていたが、それは希望的な思い込みに過ぎなかった。
せめて、中村氏の本のような人間になる瀬戸際の人を救うために、プログラミングをお奨めしたく思う。悪いが、私には、他にお奨め出来るほど知っていることはない。
だから、プログラミングに興味があるなら死ぬ気でやって欲しいと本当に思う。
来年の目標とかにしたりしてね。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

唯一のひきこもり対策

ひきこもり、ニートは、かつて青少年問題だったが、今は、中高年問題になりつつある。
そりゃそうで、20年や30年なんて、あっという間であり、かつてひきこもりだった青少年も、すぐに、中高年になる。
そして、若い時にひきこもりやニートになると、ほとんどがそのままなのだと思う。
今朝の朝日新聞にも、40代のひきこもりの息子を80代の親が養っていたり、80代の女性が死に、孤独死かと思われたら、ゴミ屋敷になった家の奥に60代の息子が生活していたという話が載っていた。

私も、そうなる可能性は十分あったのだと思う。
なぜ、私がそうならなかったのかと言うと、2つの面から見なければならない。
1つは、異常なほど運が良かったこと。これは、4次元的要因と思える。
それなら、3次元的(つまり、現実的)要因はというと、プログラミングが出来るようになったことだ。
だから、ひきこもりの人が、このブログを見てプログラミングをマスターして豊かになったなら、その人には4次元的な作用、つまり、運があることになる。

はっきり言って、プログラマー、システムエンジニア(私はどちらも同じと思っている)の仕事は面白いものではない。嫌なところの方が多いかもしれない。
しかし、振り返ると、それでも、他の仕事と比べると、断然マシとは言えると思うのだ。

突出したプログラマーになるような人なら、私のブログなど見る必要もなく、自然にプログラミングを始めていることだろう。
私自身が、天性のプログラマーではない。
だが、上級であるとは言えると思う。そして、そうなれたのも、やはり運が良過ぎたのだ。

ところで、聞かれて困るのが、「どのプログラミング言語を勉強すれば良いですか?」だ。
主要なプログラミング言語だけで軽く3桁、一流のWebのサービスサイトだって、FacebookもTwitterもAmazonも、はてなも、LINEも、YouTubeもニコニコ動画も、ほとんど全て違う言語で作られているが、それぞれのサイトの製作者に聞けば、その言語を選んだ正当性、論理性、合理性・・・つまるところ、自分の賢さを熱く主張するだろうが、まあ、真に受けない方が良い。それは単なる、趣味や偏見でしかない・・・と言ったら言い過ぎであるが、違う言語で作ったって、そんなに変わらなかったはずだ。
何と言っても、スマートフォン用となると、どれも(ほとんど)同じ言語で作るしかないのに、やっぱりどれも同じくらい良いじゃないか?

ところで、「PHPなら仕事が沢山あるから、PHPなら間違いない」と言う人は多いが、それもどんなものかと思う。
PHPを使うなら、HTMLやCSSを十分使いこなせることが必要で、現実的には、JavaScriptも、少なくとも、本片手にプログラミング出来るようでないといけない。
また、PHPというのは、データベースシステムを使ってこそ意味があるので、MySQL、PostgreSQL(やや少ないが)、SQL Server、あるいは、Oracleなどが使えないといけないが、それぞれが、バージョンが違えば別物と言うほど異なる場合もある。
また、サーバーOSやWeb OSもある程度(いや、かなり)扱えないと、高給取りにはなれない。
つまり、豊かになれるハードルが高過ぎる。

それで私は、本物のプログラマを自称するほどの人からは、多分、ディスられる(馬鹿にされる)だろうが、ExcelやAccessと一緒に使うVBA(ビジュアル・ベーシック・フォー・アプリケーション)を一貫して勧めている。
もちろん、上に述べた、天性のプログラマーに対しては、何も言うことはない。
だが、特に自分は技術系ではないとか、極まった技術者になる自信がない、あるいは、やや年齢も高いという場合には、「悪い事は言わねえ。VBAやりなさい」と言いたい。
1つには、技術馬鹿にならずに済むということもある。
それに、たとえVBAでも、高度にマスターすれば、他の言語は難しくはない。

別に、ひきこもり対策と言うのではなく、社会で楽にやっていくためには、自分の武器が必要であるという事実、いや、真実を、もっと皆、頭に叩き込むべきなのだ。
学歴は、相変わらず強味ではあるが、昔に比べ、かなり無効になってきた。そして、これからは、ますます役に立たなくなり、後少しで、何の意味もないというほどになる。
かといって、誰でもすぐにマスター出来るようなことなど、ちっとも武器にならない。
そして、唯一のひきこもり対策は、単純に「強くなること」で、そのためには、武器を持つしかなく、社会でやっていく武器は鍛えて作るしかない。
「自分がやりたい仕事をする」というのは、「自分が身に付けたい武器を鍛える」ということと同じことなのだ。
それは、学校の勉強と違い、深海に潜るカプセルを作る時のように、本気でやらないといけないのである。
学校の勉強が、深海に潜るシミュレーションであるのに比べ、社会で働くとは、本当に深海に潜ることなのであるから。
シミュレーションでは、想定外のことは起こらない。
しかし、現実社会で働くと、思いもかけなかったことが次々にやってくる。
それに対処出来るのは、本物の武器を持つ者だけである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ