ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

ボーカロイドに見る、現実がSFを超える出来事

私は今日は、初音ミクさんのライブコンサート&企画展である「マジカルミライ」のために、千葉県千葉市美浜区の幕張メッセに来ている。
今年のマジカルミライは10周年となり、「マジカルミライ 10th Anniversary」となっている。
幕張メッセへは、関西の私の家から4時間ほどかかるので、本日は幕張メッセ近くのホテルに宿泊。

初音ミクとは何かというと、本来は、パソコン用の歌声合成ソフトウェアの名称だ。
初音ミクというソフトウェアは、15年前の2007年8月31日に、北海道札幌にあるクリプトン・フューチャー・メディアという会社から発売され、この日が、初音ミクの誕生日とされている。
このソフトウェアには、初音ミクという16歳の少女というキャラクターが設定され、世界中で大人気だ。

楽器の音を電子的に合成するシンセサイザー(昔はアナログ式だった)のことは、ぼんやりとでもご存じの方が多いと思う。
シンセサイザーは1960年代に開発され、製品として発売されたが、当初は、重装備な機械で、非常に高価だった。
1970年頃に、音楽家の冨田勲さんが個人で、モーグ博士が開発したモーグ・シンセサイザーを約1千万円で購入している。
冨田さんは苦労しながらこのシンセサイザーを使いこなし、これによって、世界的ヒットアルバムを数多く制作した。
冨田さんは、1986年の『宇宙とシンセサイザー』という本で、シンセサイザーは、いかなる楽器の音でも・・・ストラディバリの音でも完全に再現出来ると書かれていた。

だから、楽器演奏に関しては、現在では、シンセサイザーが人間を追い越したと言えるかもしれない。
尚、現在は、シンセサイザーは、パソコンソフトで実現されており、無料のものでも、相当な機能があると思う。
つまり、誰でも、かつては王侯貴族でもなければ持てなかったオーケストラを個人で所有出来るようなものだ。

ところが、人間の歌声というのは、楽器とは桁外れに難しいものだった。
『2001年宇宙の旅』(1968)で、HAL9000という人工知能コンピューターが『デイジーベル』という歌を歌うシーンがあるが、それは、2001年なんかではとても無理なことだった(まあ、あの映画の宇宙船も現在でも全く無理だが)。
コンピューターによる歌声合成の研究は、2000年に、ヤマハがバルセロナ(スペイン)のポンペウ・ファブラ大学と共同で開始し、開発されたシステムは「VOCALOID(ボーカロイド)」と名付けられ、2003年に発表された。尚、ここらの経緯はもっと複雑だが、一応、簡単にこう書く。
初音ミクの基本システムは、このVOCALOIDだが、VOCALOIDも初音ミクもどんどん進化していっている。
楽器に比べ、なぜ人間の歌声の合成がかくも難しいのかというと、簡単な言い方をすれば、人間の歌声というものは、数十もの楽器を瞬時に切り替えながら演奏するような複雑なものだからだ。

ところで、VOCALOIDシステムを使った歌声合成ソフトウェアには、クリプトン・フューチャー・メディア社にも、初音ミクの他に、鏡音リン&鏡音レン(2人で1セット)、巡音ルカ、MEIKO、KAITOなどがあり、1st PLACE社にはIA(イア)とONE(オネ)があるし、他にも、世界中に沢山ある。
世界的にも、クリプトン・フューチャー・メディアほど成功した例はないと思うが、ちょっと気が付くことがある。
それは、初音ミクの歌声、巡音ルカの歌声というふうに、歌声合成ソフトウェアごとに、丁度、人間のように歌声の性質が決まっていることだ。
だが、いずれは、1つのソフトウェアで、いろいろな声の歌声を発したり、声の質の調整や、あるいは、新しい声を作ることも出来るようになるだろう。
現在の歌声合成ソフトウェアは、人間の声をサンプリングしているので、サンプリングした人間の声に似ているのである。
しかし、AIがインターネット上の歌声・・・たとえば、YouTube動画の歌声を学習すれば、いずれは、あらゆる歌声を作れるようになる。
それが何年後かは分からないが、収穫加速の法則といって、テクノロジーの進歩の速度はどんどん速くなるので、思いのほか早く実現するかもしれない。
1960年代のモノクロアニメで、人間の少女そっくりに作られたロボットが、元の少女の声を聞いて、それを真似、やがて、全く同じ声を出すという場面があった。
そんな空想が現実になるのに随分時間がかかるものだが、SFの出来事の多くが、これからもどんどん実現していくだろう。

尚、下の一番最後にご紹介した『楽しいAI体験から始める機械学習』は私の著書で、初音ミクを含め、テクノロジーの進歩がもたらす世界の変革について少し述べた(最終章コラム)。よろしければ、ご一読願いたい。








あらゆることで達人になる1つの極意

スマートフォンが普及する前は「パソコンが苦手」という人は少なかった。
つまり、2010年以前は、50代以下で、パソコンが苦手な人は、そんなにいなかった。
しかし、それよりずっと前なら、非常に沢山いた。
そして今、またパソコンが苦手な人が増えている。若い人でもだ。
つまり、スマートフォンで済んでしまうことが多いので、パソコンを使わなくなったから苦手な人が増えているのである。
いや、パソコンが苦手という以前に、パソコンを使えない人が増えている。
信じ難いことだが、今は企業で、新入社員にパソコン研修を行っているそうだ。
だが、パソコンが得意でないとITに強くなれない。
ITリテラシーは国力の重要な要素であるのに、若者がパソコンに弱くなっているのは困ったことである。
マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツや、彼の後を継いでCEOになったスティーブ・バルマーらは、スマートフォンの普及を予想せず、スマートフォンに力を入れなかったことが、マイクロソフトがモバイル分野で、グーグルやアップルに後れを取ったと揶揄されるが、彼らは、キーボードが付いたパソコンに強いことがITに強いことだと深く理解していたがゆえに、ITに弱くなるスマートフォンを軽視していたのだろう。
そして、実際、日本ほどではなくても、アメリカ人もITに弱くなったのである。
確かに、スマートフォンに慣れていることで、スマートフォンのサービスは楽々使いこなせるだろうが、実際は、それは、「使っている」のではなく「使わされている」だけである。つまり、ロボット化させられていることに気付かないといけない。

私も、特に昔は、「どうすればパソコンに強くなれるのか?」と、社員のパソコンスキルを高めたい企業の幹部、あるいは、経営者に尋ねられたことがある。
しかし、私にはよく分らなかった。パソコンに強いのが当たり前の人に、「どうすればパソコンに強くなれるか」と聞くのは当を得ているとは言い難い。
アメリカ人に、「どうすれば英語に強くなれるのか?」と尋ねるようなものだ。
しかし、日本人の誰よりも先にパソコンに強くなった、年配のITコンサルタントにこう言われて納得したことがある。
「キーボードを速く打てるようになればいいんです」
これは、今も真理である。
スマートフォンを使いこなしている若者は、別に、スマートフォンの研修を受けたわけではない。
単に、長時間使ったというだけのことだ。
十分な時間、スマートフォンを使っていれば、70代、80代の人でも、若者と遜色なく使っている。別に、若者のスマートフォンの技量など、大したものではない。
パソコンのキーボードを速く打つとは、決して、キーボードを打つ研修に行ったり、キーボードの練習ソフトを使うことではない。
多くの時間、キーボードを使えば、自然に速く打てるようになる。
実は私が、プログラマーになる前、仕事で大量の文書をワープロで書く必要があり、必然的に猛烈なスピードでキーボードが打てるようになった。
だから、プログラマーになれたのである。
また、毎日、楽々ブログを書けるのである。
私は、長い時間、キーボードに触れることのメリットを体現した者であるわけだ。
ちなみに、私は、ブラインドタッチは出来ない。良いことではないのかもしれないが、左右の人差し指と中指の4本の指で、目にも止まらぬ速さでキーボードを打つのである(笑)。
偏見かもしれないが、5本の指で器用にキーボードを打つプログラマーに大したやつはいないような気がする。
まあ、実際は、2本だろうが5本だろうが、とにかく、速くキーボードを打てることが、パソコンに強くなったり、ITリテラシーを高めるのに有利・・・と言うより、必須である。

『月刊秘伝2020年3月号』で、大東流合気柔術に関する記事に書かれていたことだ。
大東流合気柔術の達人、佐川幸義は、四股(佐川流四股。相撲の四股とはかなり異なる)を重視していて、佐川自身や高弟達は、毎日、千回、二千回と四股を踏むのだが、ある入門者は、寝食を忘れて四股を踏んでいた。すると、数年後、佐川を除き、誰も、その者を倒せなくなってしまった。
愚直に長時間やる。この単純なことが、あらゆることで力をつける極意である。








才能の有る無しの判定

才能がないことをやってはならないし、やらせてもいけない。
無駄な努力になり、貴重な人生の時間を無駄にする。
才能もないことを、親が自分の子供に無理矢理やらせることも多いが、そんな子供は、ストレスで病気になるかもしれないし、心に深刻な影響を抱えるかもしれない。
一方、才能もないことを、自主的に熱心にやる場合は、子供っぽい妄想があったり、あるいは、邪な想いがあることが多い。
子供が、単に格好良いからという理由でやりたがるのは、ある程度仕方がないが、それなりの歳になれば、自分には向いていないことを自覚した方が良い。
あの手塚治虫さんだって、子供の時、宝塚歌劇団に憧れ、中学か高校の文化祭で、本物の宝塚歌劇団の衣装を借り(貸してくれる大らかな時代だった)、自分で歌劇を演じたが、失笑を買って、やっと、自分に才能がないことを理解した。
多くの場合、才能がないことは、他者が客観的に見た方が分かり易いので、手塚さんの場合も、もっと早く誰かが指摘してあげるべきだった。そうすれば、手塚さんも恥をかかなくて済んだ。
だが、沢山の人達に「才能がない」と言われながら、強い意思で継続し、成功した稀な例が注目されてしまうので、「自分には才能があるに違いない」と思い込む人も、多いのかもしれない。
もちろん、本当に好きなら、才能の有無に関わらずやれば良いが、好きであっても、必ずしも才能があるとは限らず、それでプロになろうなんて妄想してはならない。
だが、自分に才能がないことは、なかなか認めたがらないものかもしれない。
例えば、音楽が好きで、そこそこは出来るようになる者は少なくないが、プロになる才能がある者は、悲しいまでに少ない。
以前、クリプトン・フューチャー・メディア(初音ミクさんの会社)の伊藤博之社長が、音楽に限定したわけではないと思うが、「人生を賭けてはならない」と言われていたと思うが、それが非常に印象的だった。あの人は、才能もないのに音楽に人生をかけて、そして、人生を棒に振った人を沢山見たのだと思う。

ところで、現代の医者になるのに、特別な才能はいらないと思う。
そこそこ頭が良く、性格に極端な欠陥でもない限り、親が金持ちの医者なら、誰でも医者になれる・・・というか、なれている。
だが、医者に向き、不向きはあり、本来は医者に向いていない医者は多いと思う。
「心身医学の父」と言われたドイツ人医師ゲオルク・グロデック(1866~1934)は、兄が何人かいたが、医者であった父親は、ゲオルクだけを医者にした。
その理由について、ゲオルクは、自分が姉と人形遊びをしているのを父親が見たことがきっかけだったのではないかと述べていた。
彼が、姉と人形遊びをしていた時、姉が、人形にもう1枚服を着せようとしたら、ゲオルクが「人形が苦しがる」からと止めたのだそうだ。
さっき、医者に才能はなく、向き不向きがあると言ったが、この話から、本当は、向き不向きと才能は同じものだと思う。
単に、現代の職業医師に才能はあまりいらないということだろう。

むしろ、プログラマーの方が、現代の職業医師より才能が必要かもしれない。
ただ、今のところ、全てのプログラマーに、それほどの能力が求められているわけではないという理由で、なろうと思えばプログラマーになるのは、そう難しいことではない。
とはいえ、必要とされる能力は、時代と共に高くなるので、やはり、才能がないならやめておいた方が良く、それは、Excdelマクロ(VBAプログラミング)の場合もだし、むしろ、才能のない者がExcelマクロを作ることで深刻な問題が発生することが多い。

才能があるかないかをどう判断すれば良いかだが、それには、私が昔からよく書いている、あるミュージシャンの言葉を覚えていると良い。
それは、こんな言葉だ。
「ミュージシャンてのは、街角でハーモニカを吹いてさえいれば満足出来るやつじゃないと務まらない」
これが全てであると思う。
有名な、スマイルズの『自助論』を読んだ上で、熱心にやれることが、自分に向いたものではないかと思う。








偽物の冴えた生き方

モグリの医者というものについて聞いたことがあるかもしれない。
この「モグリ」とは、「法を犯し、また許可を受けないで、仕事・商売などを行うこと。また、その人。」という意味だ。
ただ、モグリの医者など、小説等、フィクションの中にだけいるものと思っている人がいると思う。
しかし、希に、実際にモグリがバレて逮捕された医者らしき者の報道があるし、実のところ、私は、結構な身分の医者だが、「あの人、モグリだよ」と教えてもらったことがある。そう言った人は、別に、そのモグリという医者と敵対している人ではなく、その全く逆で、私にそんな嘘をついても、何の得もしない人だった。
モグリの医者と言っても、元々は本物の医者で、何か法を犯すことをして医師免許を剥奪されたという場合がほとんどと思う。
だから、モグリとはいえ、医療行為は能力的には可能で、腕が良い場合もある。私が知っていたモグリらしき医者がまさにそうだった。

ところが、医学教育など全く受けていないモグリの医者の実話があり、そのモグリの医者はアメリカ海軍の軍医を務め、手術も行ったが、医者としての評判は良かったらしい。
ある意味、大したものである。
けれども、大昔だろうが、法が医者を認定しなかった時代・・・早い話が、医者なんていなかった時代があり、ひょっとしたら、今でも未開の地域で、そんな所もあるかもしれない。
しかし、正式な医者というものが存在しなかった時代でも、民間療法というものがあり、民族の長い経験の中で、病気を治すノウハウが蓄えられていたものだった。そして、そんな状況下で、病気を治すのが上手い人がいて、そんな人が医者のように扱われたのだと思う。
そのような医者は、腕が全てであるし、誰に認定されたわけでもないことから、かえって自主的に調べ、考え、経験に学び、結果、良い医者になることもあったのだと思う。
また、現代でも、モグリの医者であるからこそ、それがバレないために、懸命に勉強したり腕を磨いたりで、上で述べた海軍の軍医のように、良い医者もいるかもしれない。

西尾維新氏の小説である、『化物語』から始まる「物語シリーズ」の中で、クセはあるが普通の人間を超越した、スーパーな3人の中年男女が、同じ大学に在籍していた時、「本物と偽物はどちらが上か?」という議論をしたという話がある。1人は「本物」、1人は「どちらとも言えない」で、最後の1人は「圧倒的に偽物」と答えた。
私も、全部がそうとは言えないが、本物に負けてはいけない理由を執念めいて持っている偽物が本物を圧倒することもあるのだと思う。
武道家でも、本物は師の教えが多くを占め、それに自分で工夫したものを付け加えるのだと思うが、偽物は、本来、師が教えてくれるような根本がない弱点はあるものの、良いものを貪欲に取り入れているうちに、案外、本物の武道家を超えることもあったと思う。

私も、システムエンジニアとしてはモグリの部類だ。
大学の専門の学部や、専門の学校で学んだことはないし、企業の研修を受けたこともない。
勉強しながら、勤めていた会社で実験と実践を同時にやったのだが、そんな人は、特に昔は結構多かったと思う。
私は、そこから、まずはベンチャーの開発会社に入り、そして、大手企業のシステム開発部門に入るという経緯で、あたかも情報科学の学位でもあるような顔で、大手を含む企業で講義や技術指導もしたし、アメリカの超一流大学で講師を務める話もあったくらいで、モグリの気分を満喫していた(笑)。
まあ、コンピューターの仕事に免許はないし、大学の先生にも免許はないので、全く何の問題もないのだが。
だから、私が本当にモグリであったわけではないが、本物と、モグリの偽物との間の利点欠点も分かるように思う。
まず、やはり、モグリは、より緊張感がある場合が多く、切羽詰まった真剣さのために、覚えが速く、また、上手くなることも多いのではないかと思う。
欠点としては、基本がないことだろう。その意味で、歴史や伝統がある分野では、蓄積された基本的ノウハウを効率的に学べる本物と張り合うのは、かなり厳しい場合もある。ただし、伝統に縛られない自由な発想が出来ることが良い場合もある。

法を犯すモグリは良くないが、モグリっぽい偽物として挑戦するのは面白いことが多い。
特に、プログラミング分野は、プロと同じツールが、ほとんどタダで使える良い時代で、本物も偽物もない。
特に、ExcelやAccessのVBAであれば、あなたも今日からモグリ・・・ではないが(笑)、偽物プログラマーになれる。
そして、偽物プログラマーは苦労も多いが楽しいものであると思う。








AIの誤解を解消し、AI開発者になろう

1972年に放送された『ルパン3世』のエピソード22「先手必勝コンピュータ作戦」は、おそらく今も、大半の人が持っているAIに対する誤解を解消する題材になる。
簡単に言えば、こんな話だ。
FBIの最新の犯罪対策コンピューターが日本の警視庁に導入される。
当時は、AIという言葉は一般的ではなかったが、このコンピューターは事実上のAIなので、以下、AIと呼ぶ。
このAIを使えば、ルパンの行動を全て完全に予測出来る。
ルパンは、逮捕されて投獄された仲間である次元と五右衛門を脱獄させようとしていた。
AIが予測した、ルパンの作戦は、4階の留置場に次元と五右衛門が移った後、留置場の下にトランポリン付のトラックで乗り付け、次元と五右衛門が、そのトランポリンの上に飛び降りるというものだった。
よって、トラックでやってきたルパンを待ち伏せて逮捕するという作戦が立てられた。
AIの予想通り、トラックで乗り付けたルパンは、AIの恐ろしさを知っているので、
「ここまでの俺の行動はAIに読まれている」
と考え、気紛れを起こして、次元、五右衛門のいる4階留置場の部屋に進入し、そこから、小型グライダーで見事、脱出する。
ルパンは、
「AIに勝つのは人間の気紛れさ」
と勝利宣言して去っていく。

AIにこんなことが出来るなんてデタラメなことだ。
とにかく、勘違いしないで欲しいのは、ルパンがどんな方法で次元達を救おうとするか予想するのは人間の仕事だということだ。
もちろん、人間の予想は1つではない。
トランポリンを用意して次元達を飛び降りさせることも予想するだろうし、可能ならば、小型グライダーで4階から逃げることも予想出来るはずだ。
また、その他にも、あらゆる可能性を人間は予想するだろう。
人間が、ルパンの行動を予想出来なければ、AIは何の役にも立たない。
そして、人間が、ルパンの作戦を、例えば100個予想し、それで十分と判断したら、AIに、ルパンがどの作戦を実行するか予想させるのである。
ただし、AIは確実な1つを予想したりはしない。
・次元と五右衛門をトランポリンに飛び降りさせる:推定確率23%
・小型グライダーで逃げる:推定確率19%
・看守に変装して次元達を部屋から出し、3人共、警官に変装して脱出:推定確率7%
・・・・
といった感じで、確率で予想を提示する。
そして、確率の高い方の作戦の内、必要と考えられるもの全てに対応するのである。
基本的には、こんな感じである。

野球の監督をAIが出来るなんて言う者もいるが、出来ない。
作戦を立てるのは、あくまで人間の監督であり、AIは、その作戦がどのくらいの確率でうまくいくか推測するだけである。
監督が素晴らしい作戦を立てなければ、AIを持っていても何の役にも立たないのだ。

宇宙人が攻めてきても、AIが戦い方を提示したりはしない。そんなことは出来ない。
人間が戦略を、例えば20個出し、その中で、AIが最も高い勝利確率を付けた作戦を実行するのである。

ただし、最初のルパンの例で言えば、ルパンや次元、五右衛門の膨大なデータがない限り、AIは精度の高い推測が出来ない。
さらに、データがあっても、それをどう数値表現するかを人間が考えないといけない。AIは数字しか分からないからだ。
このように、データをAIが推測するのに都合の良いように、組み合わせ、作成するのも、人間の仕事で、そんなことをするのがAI開発技術者だ。
AI自体を作るには、高度な論理学や数学の能力が必要だが、AI開発技術者として、AIが良い推測が出来るような形にデータを作るのは、純粋な思考力とかセンスの問題で、別に数学も論理学もプログラミングも必要ない。
頭が良いに越したことはないが、つまるところ、AIを活用するのに必要なのは、慣れとか、経験とか、やはり、センスである。
数学やプログラミングが出来なくてもAI開発技術者になれる。
下にご紹介した、AI実習書『楽しいAI体験から始める機械学習』は私の著書で、非常に画期的なAI入門の方法を採用している。
AIに「モンティホール問題」や「囚人のジレンマ」を解かせたのは世界初…じゃないかと思っているが分からない(笑)。
私が作ったExcel VBAの、とても面白いサンプルプログラムを無償ダウンロード出来る。
あなたもAI開発技術者になれるかもしれない。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード