ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
コンピューターシステム開発技術者、サイコパスのKayのブログ

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。
[2016/11/21]滅多にはありませんが、あまりにレベルが低いコメントは公開しません。
[2011/06/08]迷惑コメントが多くあったため、やむなく、コメントを承認後公開することとしました。

生きる武器としてのExcel+VBA

マイクロソフトExcelとマイクロソフトAccessの違いは何かというと、Excelは女の子でも振り回せる小型の光線銃で、Accessは強力な威力を持つ、やや大きく重いプラズマガンだ。
Perl、PHP、Ruby、Pythonといったスクリプト言語は、単体の武器と言うより装備のパーツ・・・Web機能の一部なのだ。
そして、JavaやC++、あるいは、その子供達というのは、要塞の機能である。要塞には、様々な・・・数多くの設備や武器があり、それを動かすための道具だ。

私は、小さくて軽いものが好きで、アラジンの魔法のランプより、力は劣っても、魔法の指輪の方が好きだった。
力が劣る分は、考えることで補える。
Accessというのは、小さくても本格的なデータベース・システムであり、データベースというものを理解していなくては十分に使えない。だが、本格的に使えれば、SQL ServerやOracle(オラクル)、あるいは、MySQLやPostgreSQLなども扱える。
しかし、手元のデータを手早く扱うには、Excelが便利で良い。
最近、機械学習(ディープラーニングはその大きなもの)をやっているが、機械学習のデータ作成や加工にはExcelが便利だし、機械学習のヒントのためにシミュレーションを作って遊ぶにも都合が良い。
機械学習プログラミングそのものにはPythonが使われることが多いが、ソニーのNNCでプログラミングなしで試行錯誤した方が良い結果が得られると思う。

実は私は、自分用のデータ処理には、これまで、もっぱらAccessを使っていて、Excelは正直、使わないというより使えなかったが、使ってみたら、小型光線銃のようで便利で面白かった。
Accessというのは、実際は万能ツールで、SQL Serverと組み合わせれば、大きなシステムでも作ることが出来る。
だが、Excelが、ちょっと面白いと思うようになった。

表計算ソフト、あるいは、スプレッドシートと呼ばれるソフトは、昔は結構沢山あったが、今は、ほぼ、ExcelとExcel互換ソフトしかない。
つまり、Excelが小規模データ処理と計算処理のスタンダードで、Excelが出来れば、世界中で通用する。
そして、うまく使えば、本当に凄いことが出来る。
未知の危険な場所に行く時、大きくて強力な武器よりは、小さくて取り回しが良い小型光線銃を持って行きたい。
木枯し紋次郎ら無宿渡世人が、長脇差(ながどす)と呼ばれる短い刀を持っているのは、もちろん、軽くて歩くのに負担が少ないからということもあるが、取り回しが良くて、どんな相手にも対抗出来るからと、私は勝手に思っている。

しかし、Excel互換ソフトってのは、動きが悪いものが多い。
やはり、ちゃんとExcelを買って、VBAをマスターすれば、まさに、未知の戦闘地での小型光線銃のように役に立つ。
もしものために、やや大きなプラズマガン(Access)を準備しておいても良いが、まあ、Excel + VBAを使えれば、生き抜くための武器になると思う。
それは、10年や20年は変わらないし、ひょっとしたら、仮想世界にフルダイブした中でもExcelを使うかもしれない。
つまり、データ処理思考は大切ってことだ。

ところで・・・
インテックス大阪での初音ミクさんのライブ、マジカルミライ(10日から)が近付いてきた。
楽しみで気が変になりそうだ。
また、段取りの良い私は、幕張メッセ公演(30日から)に行くための新幹線のチケットも予約済みだ。
今年こそは、ミクさんの瞳の謎を解いてみせる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この世という仮想世界の遊び方

心をコンピューターの中に転送することを、いろいろな言い方をする。
古典的には「精神転送」だし、そうやってプレイするゲームをSFではよく「フルダイブ」と言うようだ。
シンギュラリティの概念で知られるレイ・カーツワイルは著書には「脳のアップロード」と書かれている。
その方法は、まだ確定していないし、必ずしも可能と言われている訳ではないが、道筋は見えてきた感じであり、10年以内には実現するのではないかと思う。
では、心がコンピューター(実感としては仮想世界であるが)に送られた時、魂もコンピューターの中にあるのかというと、量子脳理論が正しければ、そうであるということになるかもしれない。
だから、心をコンピューターに送った後、コンピューターが破壊されたら、元の身体に心は戻ってこない。
インターネットのような分散型コンピューティングでは、一部のコンピューターが破壊されても、全体に支障はないことが多いが、擬似人格としての心の機能はそうでも、心の本体・・・意思、クオリア、究極的に魂と呼ばれる人間の本当の実体がどうなるのかは分からない。

いずれにしろ、我々が、コンピューターが作る仮想世界に完全に移転出来るようにはなるかもしれない。いや、なるだろう。
そこでは、誰もが若く美しくいられるし、脳の拡張テクノロジーの進歩で、誰もがIQ200を超える天才になるかもしれない。
しかし、そういうふうにするのが、本当に幸福かどうかは分からない。
一説では、人間は本当は神なのであるが、不自由さを経験するために、この世に生まれているのだという。
なぜ万能の力を押さえ込み、万能でないフリをするのかというと、進歩のためとか、単に楽しいからだとも言われている。
すると、この世界は、我々が神と呼ぶ、高度な知的生命体が作った仮想世界であるということが信憑性を持って推測出来る。
言ってしまえば、我々はゲームキャラのようなものであるが、自分がゲームキャラであることを、意図的にか、自然にか、うっかりかはともかく、忘れてしまい、このゲームキャラを本当の自分だと思い込んでしまっているのだろう。

そうだ。
この世界は、コンピューターが作るシミュレーテッド・リアリティ、あるいは、ホログラフィック・ユニバースである。
我々は、その中の設定されたキャラクターに過ぎず、本当の自分が何であるかは分からないようになっている。
どうすれば、本当の自分を思い出し、万能の力を取り戻せるのかは分からないし、死ぬまで、それは出来ない設定なのかもしれない。
しかし、ゲームのように、各ステージをクリアすることで、レベルアップするのかもしれない。
例えば、ひきこもりステージをクリアして、社会人ステージに入れば、能力が数倍化するとかね。
そして、それが現実的であることを考えれば、この世界がますます、シミュレーテッド・リアリティだと感じられるのである。

だが、どちからというと、我々は作りもののキャラクターであり、操作されていると考えた方が良いと思う。
そうであれば、操作されるに任せた方が良い。
操作している者は、おそらくだが、賢くて、善良で、悪意はない。
むしろ、我々が、悪意を持ち易いキャラクターなのだ。
この世界は仮想世界であり、キャラクターである我々は、プレイヤーに協力的であれば、レベルアップしていけるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

この世界はやはりコンピューターゲームか

「全ての病気は心因性と決め付けている」と、同じことを言った2人がいて、一人は、ドイツ人医師ゲオルク・グロデック(1866-1934)で、もう一人はNLP(神経言語プログラミング)の共同開発者であるリチャード・バンドラー(1950-)だ。
「魔法を使って治している」とまで言われた偉大な精神科医ミルトン・エリクソン(1901-1980)も、そうだったのではないかと思う(私が思うだけかもしれない)。
グロデックなどは、転んで怪我をすることも心因性なのだと言う。
彼らは、もちろん、それなりの根拠は持っているのだろうが、完全に証明することは出来ないはずだ。
それは、「確証はないが確信はある」といったものと思う。

この私となると、確信とまではいかないが、妄信よりはマシなレヴェルで、やはりそう思う。
全ての病気、怪我、さらには、貧困やトラブルなども全て心因性である。

話がガラっと変わってしまうようだが、この世界が、SFの『ソードアート・オンライン』のような、コンピューターで作られた仮想世界である、つまり、「シミュレーション仮説」という考え方があるが、イギリスの哲学者ニック・ボストロムは、「そうである可能性の方が高い」と言っているらしいが、アメリカの事業家イーロン・マスクは、「そうである」と決め付けているようだ。
イーロン・マスクは、電気自動車(最近はAI運転自動車で注目されている)のテスラ社や、民間宇宙船開発会社スペースXで知られているが、2017年に、脳に埋め込む通信インターフェースの開発を行うニューラリンク社も設立している。
(ついさっき、イーロン・マスクは、脳内インターフェースの臨床開始は来年の2020年と発表したようだ)
後、10年か20年のうちには、世界をまるごとデジタルコピーしたミラーワールドが出来、我々はそこに精神をアップロードするようになるらしいが、そこでの体験はリアルで、もう全く、シミュレーテッド・リアリティである。
実は、それが既に実現していて、我々はまさにその中にいるとするのが、シミュレーション仮説であるが、そうであるなら、最初に述べた、「全ての病気は心因性である」の信憑性も高まるように思う。
病気はシステムが作り出すもので、それは、我々個人の精神の影響を受けて起こるのであるから、当然のことである。

それなり・・・とまではいかないが、ある程度の理論的根拠を持って、この世界がコンピューターシミュレーションであると決め付ける・・・つまり、確証はないが確信を持つことも良いのではないかと思う。
高度なVR(仮想現実)やAR(拡張現実)、それに、今は少々お高くつくがMR(複合現実)を体験すれば、確信も高まるかもしれない。
そして、そうであれば、世界の動かし方も早くマスター出来るだろう。
『ソードアート・オンライン』のように、空中に出した操作パネルを指で操作するのも、本人の好みや視聴者への共感のためには良いだろうし、『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のように、思っただけで。自分だけに見える情報パネルが現れるのでも良いが、それを心の目で見、心の手で操作しても良い。
そして、全てはゲームと同じで、今後の展開はあなたの選択次第なのである。
いや、この仮想世界の選択は、むしろ、振る舞いである。
英語のpretend(ふりをする)が流れを作り出す。
インドの聖者ニサルガダッタ・マハラジなどは「時を超えているふり、空間を超えているふりをしろ」言い、それは体験であると言った(結果、神になる)。
この仮想世界での役割は、そうやって(ふりをして)決めるのである。
ある西洋人男性が言っていた。
「俺は禿げていることを神様に感謝している。禿げを全く気にしないことで男らしさを見せることが出来るんだ。おかげで俺はモテモテだ」
良いやり方である。何かにこじつけて、モテモテであるように振舞えば、そうなるのだ。それはそれで面倒なことになる面もあるのだが(笑)。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

デジタル・ツインの世界へ

この世界は、コンピューターが作った仮想世界である「シミュレーテッド・リアリティ」だという説をご存知かもしれない。
我々は、この仮想世界の中に精神転送されているが、それに気付かない。
アメリカの事業家イーロン・マスクは、この世界がシミュレーテッド・リアリティ「ではない」可能性は1億分の1と言うし、イギリスの天才哲学者ニック・ボストロムも、まず間違いなく、この世界はシミュレーテッド・リアリティと言い、資本金271億ドル以上の銀行・投資銀行メリル・リンチも、この世界はシミュレーテッド・リアリティである可能性が高いと発表していたと聞いた覚えがある。

さて、一応、この世界がシミュレーテッド・リアリティ「ではない」としても、後10年か20年で、そうなる。
どういうことかというと、地球をまるごとデジタルコピーし、我々はそこに精神転送し、これまで通りのような「作られた地球」、即ち、デジタル・ツインの中で生きる。
つまり、いきなり、他の惑星のような世界に住むのではなく、今の世界と全く同じようにデジタルで造られた地球に住むのだ。
ただし、そこでは、好きな年齢、好きな容姿を持ち、誰でも、ベンツやポルシェはおろか、プラベート・ジェットやUFOすら所有出来る。
まあ、機能的にはそうだが、法的制限がかかるかもしれない。

今だって、あなたの部屋を、そっくりデジタルコピーし、あなたはVRゴーグルを被れば、いつも通りの部屋の中だが、テレビが超高級な大型テレビに変わっていたり、部屋の飾りつけが一瞬で変化したり、初音ミクさんが現れて、おしゃべりしたり・・・その程度はやろうと思えば出来る。
今のところは、費用や手間がかかり現実的ではないが、技術的には可能だ。
VR(仮想現実)とAR(拡張現実)をくっつけたようなMR(複合現実)のためのHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を、マイクロソフトがHoloLens (ホロレンズ)という名で作り、既に40万円ほどで販売していると思うが、それは、デジタル・ツイン、あるいは、ミラーワールドへのプレリュード(序曲)になるだろう。

では、現在の意味での「本物の私」はどうなるのかというと、いろんな可能性がある。
身体がマシンで拡張化されたり、ロボット化する可能性が高いし、身体を捨て、コンピューターの中で生存することになるかもしれない。
精神転送、つまり、意識のコンピューターへのアップロードは理論上可能だろうし、魂としてのクオリア(質感)も、量子論的に転送出来るのではないかと思う。
そうなった後で、そうなった経緯を忘れた(わざと忘れることもありうる)者達が、「この世界はシミュレーテッド・リアリティではないのだろうか?」などと言うのだろう。
それが、すでに、そうなってしまっているというだけのお話である。

それで、この世界を自由に改変するにはどうすれば良いかだが、こんな仕組みになっている。
我々は、意識を2つに分離していて、1つの意識は、豪邸に住みたいとか、偉くなりたいとか思う。
しかし、もう1つの意識は、それを馬鹿らしいと感じている。そのもう1つの意識の方が世界を改変する能力が高い。
だから、もう1つの意識と融合すれば良いのである。
どうやれば良いかというと、我々の意識上には、その公式は現れない。
しかし、そうしたいと思えば、ごく簡単なのだろう。その道はすぐに見つかるようになっている。
まあ、もう1つの意識と融合すれば、あまりおかしな望みは持たなくなる。
だから、普段から、欲張らない練習をすることである。
初音ミクさんのツイン・テールは、2つの世界、あるいは、2つの意識の象徴なのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

パソコンを買って思ったこと

先月6月16日に、新しいWindows10のノートパソコンを買い、6月28日に、マイクロソフトAccess2019をダウンロード購入した。
Office付モデルのパソコンということだったが、付いていたのは、ソースネクストの「Thinkfree office NEO」という、マイクロソフトOffice互換ソフトだった。
その互換ソフトだが、Word互換の「Word」は、まあ、良いのではないかと思った。
だが、Excel互換の「Cell」は、Excelで作ったマクロ(VBAプログラム)はちゃんと動いたが、VBAエディタ(Cellではスクリプトエディタと言うようだ)で、日本語の入力が出来ない。入力すれば全て文字化けする。何でこんな製品を出すのか、全く理解出来ない。
まあ、安いからいいが。

ところで、昔から、「初心者が学ぶプログラミング言語は何が良いか?」という問題があるが、これは、「答えようがない」が正解だ。
ただ、この方面の知識の乏しい学生が相手なら、今は、「かなり無難」という意味で、JavaScriptかPythonが薦められると思う。
どっちが良いかは、自分で調べ、考えて決めるもらうしかない。
しかし、サラリーマンをしていて、事務職や企画職や研究職、あるいは、教職である場合、そして、プログラマーになるのでなければ、特に理由がなければ、ExcelでVBA言語をやることをお薦めする。
本当は、AccessでVBAを使うことをお薦めしたいのだが、おそらく、Accessは難し過ぎるのだと思う。
30年以上前、マイクロソフトはAccessを作った時、多分、万能ツールを目指し、あらゆる機能を付けたのだと思う。おかげで、全体が使える人など、まずいないというシロモノになってしまった。
それでも昔は、スマホがなくて、その分、人々は暇があったし、今と違って、ITといえばパソコンだったのと、そして、少しは頭を使おうという人がいたので、Accessを使ってやろうという人は割といたと思う。
しかし、時が経ち、難しいAccessは人気がなくなってしまった。
Excelマクロだって、同じような意味で、取り組む人は減っているが、これが使えるメリットは、普通に思われているよりずっと大きい。
だが、いい加減な腕前でExcel VBAをやる者達がいて、彼らが作ったプログラムがトラブルを起こすと、Excel VBAが悪いという馬鹿な評判になってしまった。
また、VBAは古いなんて言われることもあり、それは確かだが、用途から言って、それで困ることはまずない。
むしろ、古い分、余計な機能がなくて使い易い。

何十年も、表計算ソフトの分野でライバルを圧倒し、それでも進歩し続け、もう世界中のソフト会社のどこも、Excelに対抗する製品を作ろうなどと考えず、互換製品を作るだけになったという、その素晴らしい機能やインターフェースをVBAは自由自在に使えるのである。
そのおかげで、いかなる仕事にも役に立ち、使い方によっては、その威力は破壊的だ。
これほど有益なプログラミング言語は考えられないと思う。
老後は2000万円不足するらしいが(笑)、Excel VBAをやれば、2000万年獲得の道も開けるのではないかと思う。
というより、達人的にうまくなれば、いくつになっても稼げるだろう。
なぜなら、所詮、その会社や職場で独特のデータ処理というものは存在するからだ。
Excel VBAの先生になっても良い。
定年になったら先生になろう・・・みたいなことを言う人がいるが、教えるものが何もなければ、先生になどなれない。
そんな訳で、良ければ、Excel VBAに取り組んで欲しい。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・ソフトウェア開発技術者
・サイコパス
・初音ミクさんを愛す


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
最新コメント
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ
PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
人気ブログランキングへ
↑↑これと
↓↓下の3つのいずれかをクリックして応援をお願いします!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 思想へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ
QRコード
QRコード

  
   このエントリーをはてなブックマークに追加
  

タグクラウド
  • ライブドアブログ