ITスペシャリストが語る芸術

-The Kay Notes-
SE、プログラマー、AI開発者、教育研究家、潜在意識活用研究者、引きこもり支援講師Kayのブログ。

IT、コンピュータ

当ブログは、第一期ライブドア奨学生ブログです。
◇お知らせ
[2019/12/28]AI&教育問題専用ブログ、メディアの風を公開しました。
[2017/03/01]「通りすがり」「名無し」「読者」「A」等のハンドル名のコメントは原則削除します。

Excelマクロ、Accessマクロで就職する

高学歴だったり、スキルがあったりするわけでもない人が、就職したい時に、どうすれば良いか少し述べてみたい。

企業が雇いたいのは、未経験なら、奴隷のように働いてくれる人で、まずは、そのような立場で採用されても良いと思う。
経験がないというのは子供と同じだということで、もし、10歳の子供を働き手として選ぶ時、まさか、「自分の意見をちゃんと言う」だの「新しいことを提案します」なんて、妄想勝ちな馬鹿な子を選ばないだろう。
健康で、絶対に遅刻せず、絶対文句を言わず、絶対逆らわず、言われたことを必死でやる子であることだけを求めると思う。
歳がいくつだろうと、経験がないなら同じことだ。
確かに、だからといって、あまりに無茶な要求をされたら、「出来ません」と言うなり、労働監督局に訴えるなり、辞めるなりすれば良いが、かなりの無茶は要求されて当たり前と思う。
明らかに道徳や倫理に反していれば(例えば、誰かを殴れと要求される等)、「出来ません」と言えば良いが、単に、「凄く面倒臭い」ことや「凄くシンドイ」ことは、やって当たり前なのである。
あるいは、道徳や倫理に反しないなら、「凄く恥ずかしいこと」をしなければならないことも当然ある。
例えば、「裸になって踊れ」なら「出来ません」で良いが、自分に関わりのないことでも、100件の顧客のところに行って、頭を下げて謝ることは、恥ずかしくて楽しいはずはないが、やれと言われたらやるしかないだろう。また、「裸になって踊れ」も、職場によっては「そんなの当たり前」かもしれない。例えば、お笑い芸人の事務所である。

ただ、いつまでも、そんなことをしたくないから、経験とスキルを得たいのである。
プログラマーになる場合はどうだろう?
SIer(エスアイアー)と呼ばれる(私は呼ばないが)ようなシステム開発会社に入るには、プログラミングやコンピューターが本当に好きな場合だけにした方が良い。
そして、本当にそんなことが好きなら、勝手に入ってスキルを上げるだろうから、私が何か言う必要は全くない。
そんな者なら、プログラミング言語の1つや2つは当然出来るはずだから、「俺、Java、無茶苦茶出来ます」と言えば、すぐ入れてくれるだろう。
あるいは、新しい分野に進みたいなら、「VBやPHPは仕事で長くやってきました。しかし、Pythonも、中級の書籍程度なら完全にマスターしています」と言えば、是非欲しいと思ってくれる会社も多いと思う。
大手に新卒で入る場合はいざ知らずだが、研修で勉強しようなどと思うのは論外だろう。

次は、それほど徹するわけではないが、ITの仕事をしたい場合である。
その場合、Excelマクロ(VBAプログラミング)の仕事を狙えばどうだろう?割と美味しい仕事と思う。
会社の事務員として、安定した仕事を持ちつつ、Excelマクロを作り、いずれは、専門のExcelマクロ社内開発要員になるのである。
何と言っても、世界中で、Excelを使わない会社はほぼない。「使わない」って会社は入らなくて良い。変な会社かもしれないから。
だから、入れる会社は多いし、たとえ、その会社でExcelマクロが使われていなくても、あなたが始めれば、すぐにリーダーになれる可能性がある。
そんなことを狙っての入社の方法だが、当然、Excelはかなり使えることと、Excelマクロの実用書程度は自力で完全にマスターすることだ。
そして、面接で、「俺、Excelはもちろん、Excelマクロ、無茶苦茶出来ます」と言えば(多少、ハッタリでも良い)、入れてくれる会社はいくらでもあるだろう。
この時、「私、Excelはもろチン、いえ、もちろん、Excelマクロ、無茶苦茶出来ます」と言ったら入れてくれない(笑。『僕は友達が少ない』に登場する美少女シスター、高山ケイトの真似)。
ただ、それで入れてくれるなら、未来はバラ色であるから、賭けてみても・・・やはり、やめておけと言いたい(笑)。
そして、こういったプログラマーになった場合、あるいは、これからなろうとする場合、Excelでなく、AccessとAccessマクロをマスターすれば、さらに有望である。
なぜなら、Accessをマクロまで使えば、少々の規模の企業でも、基幹システムだって作ることが出来るからだ。この場合は、データベースとして、Access自体のデータベースではなく、SQL Serverが必要だが、SQL Serverの無料バージョンをパソコンにインストールして勉強すれば良い。
私は、Accessの威力は散々味わった。
なぜAccessが良いかというと、Accessでの開発速度は、JavaやC#などを使うよりはるかに速いことによる。
会社の中では、「このコンピューター処理を早くやりたいが、開発会社にJavaやC#で作ってもらうと、時間がかかってしまうし、費用も高い」という物件が沢山ある。特に、儲かっている、優良な会社の場合は絶対そうだ。
そんな時、Accessで、その要求に応えれば、嫌でもモテモテのシステムエンジニア・プログラマーになれるのである。
また、開発会社に作らせると、ちょっとしたシステムの修正や追加でも、かなりお金を取られ、時間もかかる。それに面倒だ。
だが、社内の開発者がAccessでやる場合は、すぐに対応することが可能で安心だし、ある意味、タダである。
「俺、Excelマクロ、無茶苦茶出来ます」「俺、Accessマクロ、無茶苦茶出来ます」と言って就職しようではないか。








Excelは確固たる世界標準

何でも、世界標準とは凄いものだ。
日本人は、スマートフォンでは、アップルのアイフォンを持っている人が多いが、アイフォンは世界で最初のスマートフォンで、アイフォンが出てしばらくは、他にスマートフォンはなかった。
今では考え難いが、当時は、スマートフォンが一般に普及するとは思っていない人が圧倒的だったので、ライバルが出なかったのだ。
当時は、圧倒的なIT企業だったマイクロソフトのトップ・・・ビル・ゲイツや、ゲイツの後継者のスティーブ・バルマーもそうだったので、マイクロソフトはスマートフォンに関わろうとしなかった。
スマートフォンはコンピューターだ。
大衆が、コンピューターを電話として持ち歩くなんて、誰も思わなかったのである。
(スティーブ・ジョブズの先見性は改めて凄いと思う)
ところが、スマートフォンの可能性に気付いたのがグーグルで、グーグルは、アイフォンのOSであるiOSに似たAndrpidという、スマートフォン用OSを作ったが、スマートフォンそのものは自社で作らず、沢山の会社に作ってもらうことにした。一方、アイフォンは、OSもスマートフォンも、アップルしか作れない。
結果、現在、シェアでは、Androidスマートフォンが、アイフォン(iOSスマートフォン)よりはるかに多い。しかし、アイフォンのブランド力は強く、アイフォンのファンの多くは、Androidに乗り換えようとしない。
もし、マイクロソフトのビル・ゲイツやスティーブ・バルマーが、グーグルより先に、スマートフォンの重要さに気付いていたら、マイクロソフトは、パソコンに続き、スマートフォンのOS市場も奪い、マイクロソフトは現在でも時価総額世界一(2021年10月)であるが、もっとはるかに大きな会社になっていたはずだ。
ただ、マイクロソフトはかつて、圧倒的なナンバー1だった時代に、大き過ぎることから分割されそうになったことがあり、同じ苦労をせずに済んだのかもしれない。とはいえ、マイクロソフトも2度目となると、昔と違い、もっとうまくやったに違いない。まあ、これはそれはあくまで「もしも、マイクロソフトがスマートフォン市場を奪っていたら」の話で、あまり意味はないが。
そして、やはりグーグルは、かつてのマイクロソフトのように、市場支配力が大き過ぎるということで、アメリカ政府(正しくはアメリカ司法省だが)に訴えられ、今後、長きに渡って、アメリカ国家を相手に裁判で戦わないといけない。

そんなわけで、スマートフォンの世界標準は、アイフォンとAndroidスマートフォンの2つがある。
これは、たとえて言えば、自動車に、運転方法等がやや異なる2つのタイプがあり、免許証も2種類存在するようなものなのである。
まあ、自動車が空を飛ぶ時代になれば、本当にそんなことが起こるかもしれないが、当分、自動車は空を飛びそうにないし、もし、本当にそうなったら、国際会議で統一を目指すことになると思う。

パソコンでは、1980年代から、マイクロソフトのMS-DOSやWindowsが、事実上、世界標準だ。
ところが、アイフォン同様、アップルだけがハードとOSを作るマッキントッシュというパソコンがあり、シェアは小さいのに、確固たる存在感を保ち続けているのは凄いことだと思う。
グーグルも、Chrome OSという、パソコン用OSを作り、普及を目指しているが、こちらは、いまひとつ流行らない。
ところが、Windowsは圧倒的シェアなのだが、そもそも、大衆が、パソコンの代わりにスマートフォンを使うようになり、パソコン自体の出荷数が伸びないので、いっそう、Windowsの存在感が弱くなっている。
今や、日本でも、新卒の新入社員がパソコンを使えないので研修しないといけないという、ちょっと信じられないことが起こっている。

世界標準と言えるものが少なくなる中で、「これは世界標準」と言い切れるのが、マイクロソフトオフィスというビジネスソフトで、その中でも、ワープロソフトのWord、表計算ソフトのExcelがそうで、特に、Excelを使わない会社は世界中にないと言えるほどである。
Excelの牙城を崩そうと、サイボウズやジャストシステムが、Kintonやジャストユニットを作り、それぞれ優れた製品であるが、企業がExcelを使わなくなることはないだろう。
よって、座って働きたいなら、Excelは絶対に使えるようにならないといけないし、Excelが上手いほど、特に若い間は有利になる。
(その前に、スマートフォンばかり触ってないで、パソコンを使うことだ)
Excelが使え、そして、Excelでマクロが組める(VBA言語でプログラミング出来る)なら、貴重な存在である。
よって、特に専門プログラマーを目指すのでなければ(実際は専門でも有りだが)、Ecxcelでマクロを組めるようになると良い。
尚、私もだが、Accessで大きなシステムが組めるほどなら、Excelは使わないということもある。
そんな人は、さらに貴重なのだが、そこまで出来るようになる人は少ない。








SIerやSDGsって言葉を知らないと恥ずかしい?

SIerという言葉をご存じだろうか?
最初に言っておくが、私は知らない。
SIer(エス・アイ・イー・アール)と書いて、「エスアイアー(エスアイヤー)」と読むらしい。
System Integrator(システム・インてクレーター)を略した言葉で、和訳すれば、「システム統合者」という意味だ。
しかし、SIerという書き方をした場合、これは、「システム統合者」という個人を指すのではなく、会社を指すらしく、「システム統合会社」になる。
まあ、「システム」という言葉も曖昧だが、コンピューター、ネットワーク、ソフトウェアが統合されたものを漠然とシステムと言うことが多い。
そこで、SIerとは、「コンピューター、ネットワーク、ソフトウェアなどをまとめて面倒見る会社」といった意味になると言って良いのだと思う。
私は、そんな会社を、「システム開発会社」とか、状況に応じて、「ソフト会社」「コンピューターソフト会社」「IT企業」などと言い、SIer(エスアイアー)なんて言葉を使ったことはない。
ひょっとしたら、SIerと言われる会社の中では、よく使われているかもしれないが、一般に認知されているとは思えないのだが。
確かに、雑誌やWeb記事で、説明もなしに、SIerという言葉が使われていることもあり、私も最近では「ああ、コンピューター関係の会社のことね」程度に思いながら読むが、それでも違和感があり、SIerという言葉を見たら、検索することもある。
ちなみに、グーグルアシスタントに「えすあいあーってどういう意味?」と尋ねると、どうしても「Sir(サー)」の説明をされてしまった。
こんなSIerが「知らないと恥ずかしい言葉」なんて書かれているものを見たが、私は、知ってる方がよっぽど恥ずかしいと思うのだが。
ところで、以前は、IT技術者個人が「システム・インテグレーター」を名乗ることもあったが、SE(システム・エンジニア)とほとんど同じ意味で言っていたと思う。いや、今でも、そういう意味で使っている人もいるかもしれない。そんないい加減な言葉なのである。

私が他に「知っていると恥ずかしい」と思う言葉に「SDGs(エスディージーズ)」がある。
まあ、世間では、「いまどき知らないと恥ずかしい言葉」になっているようだが、私はマジ知らない。
SDGsとは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略なのだそうだが、「え?何それ?」としか言いようがない。
以前は「とっても注目されていた」そうだが、中身のないつまらないもの、あるいは、特定の国(主にその政府)や団体が利権を得るための仕組みだったことが、分かっているらしい。
まあ、これに含まれる概念や仕組みには重要なものもあるのだが、SDGsと言ったら、単に変なものになってしまうように思う。

このような、人々を混乱させるだけの意味のない言葉は、世の中にとても沢山あり、一時的に流行っても消えていくものが多い。
それをあたかも、「今や常識」「知ってて当たり前」から、「知らないと恥ずかしい」という言い方をするのが好きな人が、世の中に沢山いるのである。
私のようなIT業界の立派な社会人(?)が、SIerやSDGsという言葉を知らないなど、とんでもなく恥ずかしいということになるが、知らないものは知らないのである。
本当に「知らないと恥ずかしい言葉」というのもあるかもしれないが、それでも、私は知らないなら知らないと言いたいと思う。
そもそも、この世界に「知らないと恥ずかしい言葉」など1つもないと私は思っている。

昔、私は、朝の8時頃、時間を潰すために喫茶店に入って「ホットコーヒー」を注文したが、「ホット」と略しても「ホットコーヒー」を意味することは、私は「余計な知識」として覚えている。
で、その時、店員の女性が「モーニングで?」と尋ねてきたのだが、私は意味が分からなかった。
知らない人はあまりいないかもしれないが、朝食セットのことをモーニングと言う。多分(笑)。
毎日、喫茶店で朝食を食べる人が、いちいち「朝食セット」と言うのが面倒だということだろうか?私は、それが少しも面倒な気がしないのだが。

私にとって、SIerやSDGsは、「ホット」や「モーニング」のようなもので、まあ、一応は知っているが、必須知識とは程遠い、どうでも良いことなのである。

そう言えば、IoTなんて言葉もあり、これは、IT関連の記事や本を読む時、知らないわけにはいかなかったので覚えたが、もう使われていないような気がする。
そもそも、IoTを Internet of Thingsの直訳で「もののインターネット」と言うのは本筋から外れていると言われながら、やっぱり「もののインターネット」が訳として定着したこともあって、IoTはかなり曖昧な概念の言葉になったし、私は、こんな言葉は別になくても良かったと思っている。
それに、昔言われていたように、実際に、エアコンや冷蔵庫をインターネットに接続して使っているだろうか?
それと関連するが、スマートスピーカーに向かって、「電気つけて」とか「ビートルズを聴かせて」などと言っても、すんなり意図した通りのことが起こったりしない場合が多い。
IT関連の略語なんて、私には、「ひらかたパーク」を「ひらパー」と言うくらい、どうでもいいことである。
私はRPAなんて言葉も知らないが(まあ、本当は知っているが)、それが恥ずかしいと言うなら、別に恥ずかしいで構わない。本当は、知っている方が恥ずかしい場合が多いからね。
そもそも、他に知るべき重要なことが沢山あると思う。








般若心経の呪文でプログラミングをマスターする

プログラミングをプロレベルでマスターしたいという人も多いと思う。
資格なんか持ってるより就職し易いし、今の日本のIT業界はまだ職場環境が良いとは言えないが、社内SEになれば、いい想いが出来るし、営業しなくていいし(笑)。
私は、プログラミングをマスターしてから、いい想いばかりしている。
では、どうやってプログラミングをマスターしたのかというと、そりゃ、一所懸命に勉強したのだが(笑)、考えれば、楽しいことだった。
だが、不遇な状況にいる人に、プログラミングの習得を勧めたことはあるが、ほとんどの人が、渋々勉強した挙句、挫折したように思う。
では、私と彼らとの違いは何かというと、私の頭が良い・・・わけではない(笑)。その明確な証拠がある。
私より明らかに頭が良いのにプログラミングが出来るようにならなかった人がいた半面、言っては悪いが、私より頭が悪いのにプログラミングは上手い人もいるからだ。
そりゃ、高度な分野のプログラミングであれば、絶対的な頭の良さが要求されることもあるが、社内SEレベル、あるいは、小規模な業務システムレベルであれば、小学生に算数が教えられる程度の頭があれば良いと思う。
では、なぜ、私が何の苦労もなくプログラミングをマスター出来たかというと、もちろん、真言を唱えていたからだ。
唱えていた真言は何かというと、はっきり言える。
般若心経の呪文(真言と言って良いと思う)である。
中国語版、
「ギャテイ、ギャテイ、ハラギャテイ、ハラソウギャテイ、ボウジ、ソワカ」
と、サンスクリット語版、
「ガテー、ガテー、パーラガテー、パーラサンガテー、ボーディ、スヴァーハー」
を両方唱えたが、サンスクリット語版の方が気に入ったので、そちらを主に唱えた。だが、別にどちらでも同じである。

経緯はこうである。
私は、初めてまともなサラリーマンになった時の仕事は事務員だった(総務とか言っていたが)。
だが、オフィスでの近くの席だった技術課長が、私にプログラミングの勉強を勧めてくれた。
今では、その技術課長に大変に感謝している(ただ、この技術課長は非常に頭が良いのにプログラミングをマスター出来なかった)。
ところが、その時は、無視するわけではないが、聞き流した。
その頃、仏教学者の紀野一義氏の『「般若心経」を読む』を読み、般若心経の呪文には力があると感じた。
そして、決定的だったのが、天才発明家で能力開発のスペシャリストとして知られていた中山正和氏が、著書の中で、般若心経は能力開発の秘法であり、特に、その呪文が良いと書いていたことだった。
中山氏は、この呪文を唱えれば、運が良くなるだけでなく、頭も良くなると、科学的に説明してくれている。
そこで、私は、少なくとも、通勤中は、心の中で「ガテー、ガテー、・・・」となるべくずっと唱えていた。
夜、ベッドに入ってからも唱えていた。
すると、知らないうちに、プログラミングのテキストを次々購入し、自然に、ページを開くようになった。
テキストを読んで、何となく分かるような気がしたら、後は、自宅のパソコンで、テキストの通りにプログラムを打ち込んで動作を試すことを繰り返したが、これをIT業界では「写経」と言い、知っている人は、これこそが最短の学習法と分かっている。

以上、参考になればと思う。








ネイビーシールズの腕立て伏せから全てを学ぶ

アメリカ海軍特殊部隊ネイビーシールズの名を知っている人は多いと思う。
最も過酷で危険な任務を行う特殊部隊で、海軍に所属してはいるが、シールズ(SEALs)という言葉が、SEがSEA(海)、AがAIR(空)、LがLAND(陸)を意味し、「どこでも活動する」部隊である。
入隊試験の厳しさも想像を絶し、全米の肉体も頭脳も優秀な若者達が志願するが、8割以上が脱落する。

そのネイビーシールズで教官をい務める者による、腕立て伏せを指導するYouTube動画を見た。
どんな立場の人が投稿したのか分からないが、とりあえず、リンクは以下の通りだ。
【YouTube】筋トレ:腕立て伏せで、対コロ特殊戦に備えよう(ネイビーシールズ)

実際の指導に入る前に、この教官がこう言ったのに共感した。
「諸君の多くは、できるだけ早くことを済まそうとする」(動画内の翻訳字幕)
これこそが、多くの人がうまくいかない理由で、これは、腕立て伏せで腕力をつけることに当てはまるだけでなく、ほとんど全てのことにあてはまるのだ。
腕立て伏せにおいては、多くの者が、鍛えることよりも、出来るだけ楽に回数を稼ごうとし、結果、少しの成果しか得られないのである。

「簡単」「手軽」が日本を含む先進国のトレンドだ。
ダイエットにおいては「3分で痩せる」「これを飲むだけで痩せる」といったものが好まれる・・・というより、そんなものしか見向きもされないが、そんなものは存在するはずがない。
つまり、私の考えでは、そんな甘言で気を引こうとする者は詐欺師でしかない。
著名なコンピューター科学者のピーター・ノーヴィグが、こんなことを自分のブログに書いている。

Amazonで「日」「学ぶ」で検索したら、出て来たのは、ほとんどがコンピューター関連の本で、書名は、
『7日で学ぶJava』だの『3日で学ぶPascal』(Pascalは以前は人気があったプログラミング言語)
といったものだ。
この結果に対し、ノーヴィグは「数日で学ぶベートーヴェンや量子力学や犬の調教って本はないのに、コンピュータープログラミングを学ぶのは、信じられないくらい易しいらしい」と皮肉を言う。
ノーヴィグが考える「プログラミングをマスターした」というレベルに到達するには、ノーヴィグは10年かかると言う。
彼の考えるレベルは確かに非常に高いだろうが、それでも、3日や7日では何も出来ないことは確かだ。

実際、プログラミングをマスター出来ない人というのは、プログラミングを、せいぜい、「なんとか食べられるクッキーを作る」程度の難易度と期待しているのだと思う。
なんと言っても、本当に『3日でマスター!Python』なんて本は多いのだ。
私は、あまり賢い方ではないが、「初心者向き」と言われたBASIC言語を、そこそこに使えるようになるまで数ヵ月かかったし、そこからC言語を勉強し始め、通勤電車の中でテキストを20ページ読むことをノルマとし、毎晩、3時近くまでパソコンで練習し、それを1日も欠かさず継続した。
それで、数ヵ月で「少しは書ける」程度になり、多分、C言語でプロと言えるほどになるのに3年はかかったと思う。
マイクロソフトAccessとVBA言語で、大きなシステムを作ることが出来るようになるのにも、やはり、数年はかかっている。
これは、どんな言語をやっても同じようなものだったはずだ。
以前いた職場で、私がAccessとVBAで、業務を大いに効率化するシステムを楽々作るのを見て、「自分もやりたい」という人がいたのは良いことだったが、皆、私と同レベルになるのに、まさか一か月以上かかるとは思っていなかったようだ。

私が最近、熱烈にお勧めしている、魔法の力をもたらす真言についても同じなのである。
毎日、せいざい10回か20回唱えて、数日で、給料が上がったり、皆に敬われたり、モテモテになることを期待している人は多いのだと思う。
また、真言こそ、雑に唱えてはならず、かといって、お堅いお坊様やスピリチュアリストが書籍やYouTubeで言うような大仰なマナーも必要ないが、丁寧に唱える必要があり、それなりに時間がかかる。
そんな唱え方で、心構えとしては四六時中唱える気持ちで、出来るだけ多く唱えれば、いかなる奇跡だってごく現実的だ。

私は楽なことしかやらないし、人にも楽なことしか勧めないのだが、あまりに甘ったれた、子供っぽい考え方をしている者も実際にいて、それはもう私の手には負えない。
もちろん、そんな人でも、真言を唱えれば、唱えた分の恵みはある。
だから、元々は、そんなふうに超甘ったれた私でも、なんとかモノになったのであり、それには、努力、忍耐、克己など必要としなかった。
ただ、確かに、私は『3日で学ぶC言語』みたいな本は見なかった。
これが、真言を唱えていたことの、仏様の恵みかもしれない。
とにかく、丁寧に出来るだけ数多く真言を唱えれば良いのだと思うし、私も、それ以外はやる気はない。
そこで、上にご紹介した、ネイビーシールズの教官の腕立て伏せを実施し、「丁寧に」やることを、再度、思い出そうと思う。

時間をかけることの大切さを私が感じた書籍を以下にご紹介する。








プロフィール
名前:Kay(ケイ)
・SE、プログラマー
・初音ミクさんのファン
◆AI&教育blog:メディアの風
◆著書『楽しいAI体験から始める機械学習』(技術評論社)


当ブログは第1期ライブドア奨学生ブログです。
Kay Twitter Home

執筆のご依頼




最新コメント


月別アーカイブ
記事検索
ブログバナー&Mail


メールはこちらへ

PV since 2010/09/08
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ランキング参加中
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ ひきこもりへ


タグクラウド
QRコード
QRコード