シンプルに言えば、思考を消せば、世界は自分のものだ。
アメリカ最大の賢者エマーソンが、エッセイ『歴史』の冒頭の詩で、天球・・・つまり、宇宙が自分のものであると述べている通りである。

思考を消す、思考を止める、想念を起こさない、考えない・・・いろいろな言い方があるが、同じである。
「思考停止」するのは馬鹿だという観念があるかもしれないが、思考停止が馬鹿なのではなく、馬鹿なことを考える・・・つまり、妄想する者が馬鹿なのである。
そして、普通の人間の全ての思考は妄想である。
他人に本当に親切にする時、我々は考えない。
だ余計な親切をする時には考えているのである。
思考を消した人間のみが正しい精神を持つ。

考えることを諦めたくないと思っても、実は、人間は自分では考えていないことは科学的にも分かっている。
たとえば、AとBのどちらかを自分の意思で選ぶとし、自分でAを選んだつもりでも、自分の意思でAを選ぶより先に脳内でAが選択されていて、それを「私がAを選んだ」と錯覚しているだけだということは、実験で確認されているらしい。
つまり、考えは自動で起こるのであり、自分では何も考えていない。
そして、脳は、1日に何万回もの思考をする。自動的に、勝手にだ。
実際に、脳は休むことなく思考し続け、エネルギーを浪費している。眠っている間すら。
だから、何もしていなくても疲労困憊するのである。

何よりも、思考が潜在意識の活動を邪魔し、本来、願わずとも幸運に恵まれるはずが、嫌なことや辛いことばかりが起こり、人生を呪わしいものにしている。
お金に窮しているという話をある男から聞いた時、岡田虎二郎は、「金?金は腹に力がつけばいくらでも出来ますよ」と答えた。
大正時代だったと思うが、普通の庶民に「思考を消せ」と言っても難しいので、虎二郎は、「常に腹に力を込めよ」と教えたのだ。
腹に力を込めている間は思考は浮かばないからだ。
中村天風の場合は、常に肛門を引き締めよと言ったが、同じことだ。
足の親指に力を込めよと言う武術家もいるし、荘子も近いことを言っていたように思う。
面白いのは、人差し指がやり易くて都合が良いが、指を1本立てると思考は消える。
だから、倶胝という禅僧は、何を聞かれても指を1本立て、死ぬ時に、「師の天竜から教わった一本指の禅を一生で使い切れなかった」と言ったのだ。
ラマナ・マハルシは。「私」以外の想念を起こしてはならないと教えた。
「私」が一番初めの想念であり、それを捕まえておけば、他の想念は起こらないからだ。
だから、常に「私、私、・・・」と、心の中で唱えていれば、想念は起こらず、やがてエゴは死に、魂が輝く。
どんな方法でも良いが、想念を消せば幸せになれる。
理屈で考えている限り、わけが分からないと思う部分も多いだろうが、思考を拭い去り、高度な知性と一体化すれば直接的に分かるのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ