1万回の腕振り運動を10日続け、「勝ったな」という感覚が得られた。
この成果は、誰もが、すぐに享受出来るだろう。
得たいものを得る簡単な方法が分かったと思える。
それは、腕振り運動が、やはり、ヨガで言うチャクラ(霊的な中枢)を活性化させるということだ。
活性化させたいチャクラを選べば、欲しいものを得る能力を持てる。

チャクラは、主要なものが人体に7つある。
下から述べる。
英語名で記述。括弧()内にサンスクリット語を記述。
◆ルート・チャクラ(ムラダーナ・チャクラ)
場所:尾てい骨のあたり。
力:生命力。性的魅力。
◆スプリーン・チャクラ(スバディシュタナ・チャクラ)
場所:下腹部(丹田と呼ばれる場所)。
力:気力。不屈。積極性。
◆ネェベル・チャクラ(マニピュラ・チャクラ)
場所:胃の後ろ。みぞおち。
力:情熱。カリスマ性。
◆ハート・チャクラ(アナハタ・チャクラ)
場所:胸
力:魂の声。宇宙の声。直観。
◆スロウト・チャクラ(ビスダ・チャクラ)
場所:喉。
力:若さ。美しさ。
◆ブラウ・チャクラ(アジナ・チャクラ)
場所:眉間(第三の目)。
力:未来予知。透視。
◆クラウン・チャクラ(サハスララ・チャクラ)
場所:頭頂。
力:万能。

自分が欲しい力を持つチャクラに意識を向け、腕振り運動を行うだけで良い。
チャクラの場所は、大体で良い。
腕振り運動の数を数え易くするため、次のようにやることをお勧めする。
「生命力・性的魅力」「若さ・美しさ」「万能力」を得たい時は、
(1)ルート・チャクラに意識を向け、腕振り100回
(2)スロウト・チャクラに意識を向け、腕振り100回
(3)クラウン・チャクラに意識を向け、腕振り100回
上記が終了したら、300回終了を記録するため、計数機のボタンを3回押したり、積み重ねたコインの3枚を隣に移動させるなどをする。
その後、再度同じパターンでやるか、パターンを変えてやっても良いし、いったん300回で終了する場合もあるだろう。

【注意】
チャクラは下方のものから始め、上方に移る。
例えば、「ルート・チャクラ」「ネェベル・チャクラ」「ブラウ・チャクラ」の順である。
いくつ選んでやっても構わない(最低1つ。最高7つ)。
ただ、ルート・チャクラは、なるべく含めると良い。ルート・チャクラが力の根源だからだ。

私は昔、座ってマントラを唱えるチャクラ開発法をやったが、まるで駄目だった。そもそも、続かなかった。
じっと座ってやるのは苦痛だし、血行が悪くなって健康にも悪い。
「ウーン」なんて感じのマントラを唱えるのも抵抗があった。
しかし、腕振り運動をしながら、チャクラを意識することは、楽に続けられ、狙った能力が得られると思うと、やる気も出る。
こんなに簡単で、健康的で、気持ち良い方法で、気力や若さなど、欲しいものが得られるとしたら、喜んでやりたくなると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ