子供というのは、ある種のストレスを受けると、何らかの病気・・・例えば、喘息とかアトピー性皮膚炎にかかるのだと思う。
例えば、こんなストレスが考えられる。
小学校の2年生とか3年生の子供が、学校で、テストの採点された答案用紙をもらい、母親に見せる。
その際、子供は、
「ここの問題は、先生は〇を付けてたんだけど、それは先生の間違いで、本当は×になると気付いたから、先生に言って訂正してもらった」
と言う。
この子は、自分の正直さを母親に褒めて欲しかったのだ。
ところが、母親は、
「この馬鹿!なんでそんな損になることするの!」
と激しく怒り、さらに子供を罵った。
実は、この子供が、採点をした教師に、「これが〇になってるけど、間違っているはずです」と申告した時、教師は確認すると、「あっそう」と〇を×にし、その分、点数を差し引いたが、それだけだった。
年齢が低いことから言っても、教師は、この子の正直さを褒めるべきだったし、自分のミスを指摘してくれたことへの感謝や、自分のミスを詫びても良かったかもしれない。
しかし、教師は、無言で採点を修正しただけで、むしろ、その子に冷たい態度だった。
この日の出来事だけで、この子が、ストレスから病気の原因を持ったとしても不思議はないと思う。
別に、教師や親が、極めて賢明であったり、人格者であることを求めているのではない。当たり前であることだけを求めたいのだが、今の世の中は、当たり前がなくなってしまっているのだ。
よって、子供の病気は増えているはずだ。

心理学者のアレクサンダー・ロイド博士は、あらゆる病気の原因が、ストレスが細胞記憶の中に持ち続けられているためであるとし、この細胞記憶を癒さない限り、病気は根本的には治らないと言う。
そして、細胞記憶を癒す技術として、ヒーリングコードやエネルギー療法を開発したのである。

私は、今、10日ほど、井本邦昭氏(井本整体主宰。医学博士)が教える、蒸しタオルを使った熱刺激療法を行い、その結果、乾癬という皮膚病の極めて厳しい状態から脱した。
しかし、この乾癬も、アレクサンダー・ロイド博士が言うような細胞記憶が病因であれば、これだけで簡単には治らないだろうし、実際、治りそうにない。
とはいえ、極めて苦しい状態を軽減出来たのは素晴らしいことである。
私には、皮膚病に関し、こんな暗い思い出がある。
十年近くも前のことかもしれない。
夜遅く、会社から帰宅の電車の中で、私は、1人の男に目を奪われた。
40代と思えたが、実際の年齢は全く分からない。
コロナの時代ではなかったが、彼は大きなマスクをしていた。
だが、彼はマスクを外した。
すると、顔全体が赤黒く、肌がただれたようになっているのが分かったが、正直、不気味だった。
重度のアトピー性皮膚炎か、あるいは、乾癬なのだと思う。そして、それは、顔だけでなく、おそらく全身だと思う。
彼は、隅っこのあまり人のいない所にいたのだが、たまたま私が近くにいたのだ。
彼は、スクリューキャップ式の、いわゆる軟膏ツボの容器を取り出し、キャップを開け、その悲惨な顔に軟膏を塗り始めた。
私は、彼に同情した。
きっと彼は、しょっちゅう、そんなふうに薬を塗らないといけないほど苦しいに違いない。
私がそうだった。
アトピーや乾癬で、例えば、会社から訪問先に電車で出かける時、停車駅につくと、トイレの個室に飛び込み、背中にスプレー式の痒み止めの薬を吹き付けないと、痒くてたまらないのである。
しかし、薬をつけて気持ちいいのは、ほんの数分で、すぐにまた痒みに襲われるのである。
そして、最近、私は、乾癬が強烈にぶり返し、顔が、あの時の男のように、赤黒くなり始めていた。
だが、熱刺激療法により、状態が良くなり、特に、爬虫類の肌のようにザラザラだった、腕や首や背名や胸の肌がスベスベになった。
まだ、脚は不気味な色だし、不思議とその脚は痒くないが、スベスベになった肌が、なぜかまだ痒い。
しかし、明らかに状態は軽減し、それだけでも奇跡的で、熱刺激療法の効果に驚いている。
だが、嬉しいよりも、思うことがある。
あの時、電車で見た、あの完全に赤黒くなった顔の男が、熱刺激療法を知っていたら、かなり改善したに違いないと思うのだ。
私の勝手な予想だが、熱刺激療法を全ての人が知れば、少なくとも医療の7割、そして、医薬品の9割以上は不要になる。
ただし、病気の根本原因は心にあるのだから、それは、ヒーリングコードなり、医療とは全く異なる方法を使ったり、あるいは、心の問題を根本的に考える必要があるだろう。

【お知らせ】
これまで、井本邦昭氏に関し、「医師、医学博士」と紹介してきましたが、井本氏は、医学博士ではあっても医師ではないという指摘をいただき、その通りでしたので、ここに訂正し、お詫びいたします。
指摘していただいた方にお礼申し上げます。
井本氏は、井本整体を主宰しておられます。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ