代替医療(だいたいいりょう。医療の代わりに用いられる医療)とか民間療法と呼ばれるものには、医学を凌ぐような優れたものもあれば、デタラメなものもあると思う。
ただ、医療が否定している、あるいは、積極的に無視されていても優れたものもあると思う。
逆に、医療がとんでもなく酷いものであるという主張もあり、その中には、論理的でエビデンスのあるものもあると思う。

私が、これまで見た代替医療に属すと思われるもので、最も優れていたのは、故・政木和三さんが発明した神経波磁力線発生器と思う。
縦横高さ30cm×20cm×20cm(大体である)の装置に、直径20cmほどのドーナツ型のコイル(Mリングと呼ぶ)がつながれ、このコイルを患部に当て、特殊なリズムの強力な磁力線を送る。
私の友人の叔父さんが、末期の胃癌で、医者に、余命1か月と言われていた。
その叔父さんが、この装置を使うと、即座に体調に変化があり、十日後に検査すると、癌が消えていたと言う。
検査後の医者との対談に立ち会った友人の話では、医者は盛んに首をひねり、「元々の検査に間違いがあった」と言ったそうだ。もちろん、そんな馬鹿なことはあるまい。
また、私の父親は、無意識の状態で長期入院していたが、ひどい床ずれになってしまい、腰の肉が腐り、腰に不気味なほど大きな穴が空いてしまった。
放置した医療の不手際と言うだけでなく、床ずれを防ぐため、家族が父親の寝ている向きを変えようとしたら、それを止められたこともあった。
医者は、もう治らないと断言した。
そこで、神経波磁力線発生器をこっそり病院に持ち込み、医者や看護師が見ていないところで使っていた。
すると、みるみる腰に肉が着き、完全に元の状態に戻ってしまった。
この装置で治したと言うと、医者は黙っていたそうだ。

ただ、この神経波磁力線発生器は、販売業者の法律違反行為があったりで、販売禁止になり、政木和三さんも亡くなられてしまい、現在では、存在する装置も経年劣化しているはずだ。
私の家の装置も、数年前に壊れ、使えない状態だ。
神経波磁力線発生器を再現したという装置を、私は3つ知っているが、そのうちの1つは、効果が少ない粗悪品と聞く。残りの2つは良いと思うが、私は確認していない。

1つは、株式会社セルパワーの「セルパワー」
1つは、株式会社ケネストの「復刻版 超強力磁力線発生器 試作品」である。

尚、政木和三さんの神経波磁力線発生器の修理を、北野電機にて受け付けているらしい。

神経波磁力線発生器をクリニックで採用して、大きな治療成果を上げた医者もいた。
私が知る例では、「EM-X」との組み合わせで、やはり、末期癌を治した人がいた。
ただ、かなり回復はしたが、助からなかった癌患者も1人知っている。
また、あるビジネスマンは、学生時代のスポーツの影響で、腕が肩より上に挙げられなかったが、この装置を15分、肩に当てたら、簡単に上がるようになり、その場で装置を注文した。

ところで、面白いことに(?)、私は、この装置を持っていながら、自分に関する効果を全く体験していない。
装置が正常に動いていた時も、皮膚病(今は乾癬だが、昔はアトピーだったと思う)を患っていたが(幼い時から治ったことはない)、全く効かなかった。
頭痛がする時や、風邪をひいた時、また、メニエール病になった時にも使ったが、効き目はほぼなかったと思う。

ところが、私の皮膚病である乾癬(かんせん)に関しては、今、蒸しタオルによる熱刺激療法で、驚くべき成果を上げている。
現在、治療を始めて10日目くらいだが、上半身の胴体に関しては、ザラザラボコボコだった肌が完全にスベスベになり、本当に驚いている。
ただ、肌はスベスベなのに、痒みはあるという不思議な状態だ。
脚に関しては、今も、見るも無残な(笑)グロテスクさだが、触ると、スベスベであることに気付く。不気味な色が消えれば良いだけだ。
そして、おかしなことに、脚は痒くないのである。ただ、掻くと気持ち良いので、あまり掻かないよう注意しないといけない。
尚、痒くてもスベスベの部分は、かなり掻いても肌がほとんど荒れない。つまり、痒いということは、本来は、掻くことを身体が求めているのかもしれない。掻くことによって、異物を取り除く働きがあるのと、重病(癌など)のサインであるようだ。
尚、もう何年も前から、身体の一部の肌に特異な異形が発生し、最近、それが大きく酷くなり、かなりヤバいと思っていた。
それは、熱刺激でもなかなか治らないが、この数日、ついに、小さくなり始めた。
熱刺激は凄いのではないかと思う。
やり方を書いた、医師で医学博士の井本邦昭氏の『すごい熱刺激』を下に紹介しておく。紙の本とKindle版(電子書籍)がある。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ