病院、空港、レストランなどに行くと、妙に緊張し、落ち着かない様子の者がいるものだ。
そんな人は、まして、パーティーや、社交的な会合・集会などでは、不審者のように様子がおかしくなる。
もちろん、どんな人も、場慣れしていない所では、多少は硬くなるものだが、それどころではない状態になる者がいる。
それは、たとえれば、天使のふりをして天国に来た悪魔のように、全くの場違い感を感じているのである。
学校や塾や習い事だって、そういった違和感のために、勉強や練習以前の段階でつまづいてしまう者がいる。

例えば、2人の人間がいて、片方は、さして優秀ではないのに、どこに行っても、立ち居振る舞いが堂々として落ち着いているが、もう一方は、本当は優秀なのに、多くの場所でうまく対応出来ず、場に入って行くことが出来ない。

人間というのは、社会的な生き物なのに、他者とうまくコミュニケーションを取る能力に著しく欠ける者がいる。
「ディスコミュニケーション」という「相互不理解」という意味の和製英語があるが、ディスコミュニケーションというのは、普通、片方に問題があるだけである。その問題がある者が、上に述べたように、社会的な場所でうまくやれないのである。
そんな問題がある者のことを、今は、「コミュニケーション障害」、略して「コミュ障」とか言うこともあるし、深刻な場合には「社会不適合者」とまで言われる。

コミュ障や社会不適合者は、幼い時に、親に、他人との交わり方を教えてもらえなかったのである。
人間同士のコミュニケーションのルールには、お決まりの部分や微妙な部分などがあるが、総合的に一定レベルのスキルがなければ、うまくコミュニケーションが出来ない。
今でも、日本では、日本人の中だけで通用するコミュニケーションを教えてもらう者が多く、日本人同士ではうまくやれるが、外国人相手だと駄目な者が多い。しかし、昔から、上流階級では、主に、アメリカ人ともうまくコミュニケーションが出来るように教えてもらった者が多い。実を言えば、アメリカ人のコミュニケーション方法は、大雑把で簡単なのである。
なぜなら、アメリカは他民族国家で、いろんな人がおり、優雅さや繊細さより、単純で分かり易いことが要求されるからだ。
それで、アメリカ人との対話の仕方を覚えるのは難しくはないが、やはり、日本式とは違うのである。
むしろ、日本人やイギリス人は、外国の人にとって、コミュニケーションが難しい種族である。
映画『007は二度死ぬ』で、日本に来た007ことジェームズ・ボンドは、丹波哲郎演じる諜報員タイガー田中から、様々なことでの日本式流儀を教えられるが、ここでの「日本式」の捉え方が極めて単純というか乱暴で、違和感を感じるかもしれない。しかし、そんなことを細かくやっていたら、時間がいくらあっても足りない。
例えば、田中はボンドに「日本では何でも男が先だ」と自信満々の笑顔で言い、ボンドが「それは羨ましいね」と言うが、日本人の視聴者は「そんなアホな」と思うかもしれない。しかし、超大筋では、そんなものかもしれない。

幼い頃に、他者とのコミュニケーションのコツを教わらなかった者が、社会でうまくやっていくことは難しい。
自分がなぜ、他人とうまくやれないのか、あるいは、社会でうまく振る舞えないのかが分からないのだ。
そんな者は、能力やエネルギーが高いほど、自分勝手とか独断的と言われ、希にワンマン社長のようになって成功することもあるが、そんな者は部下には嫌われている場合が多い。

初音ミクさんの歌を聴いていると、そういったコミュ障や社会不適合者の歌が多いことに気付くが、ボカロPだけでなく、初音ミクさんのファンそのものに、そういった欠陥のある人間が多いのだと思う。初音ミクさんは、気を使わなくていい、理想の少女だから、安らぎを感じるのである。
そもそも、初音ミクさんを、さん付けで呼ぶ時点で、そういった種族なのだと分かる(笑)。

そして、コミュ障や社会不適合者は、必ず高次の力の使い方を身に付けないと、生きていけないし、なんとかやっていけても、人生は辛いものになる。
幸いなことに、それ(高次の力の習得)は簡単であり、これまでコミュ障や社会不適合で辛い人生であったとしても、今後は気楽に心安らかにやっていける。
実を言えば、現在、自分をコミュ障や社会不適合と感じている人は増えている。
それは決して、引きこもりや変人でなくても、そんな人達は、世の中がおかしくなっているし、もっとおかしな方向に向かっていると感じているのである。
そんな人は、高次の力を持たないと、悲惨な状況になりかねない・・・というか、必ずなる。
世界の仕組みは、おかしいと言うより、恐ろしいものになりつつあるかもしれない。
やり方は、これまでも、かなり易しく書いてきたが、今後はさらに易しく書けるのではないかと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ