ほとんどの人が、真言さえ唱えれば、一切の問題が解決し、救われることを知らない。
真言より他の方法もなくはないが、それは難しい。
これは、あくまで、中村天風の高弟だった藤平光一氏の著書にあったことだが、中村天風は死に際に、「俺が教えたことは全部忘れろ」と言ったらしい。
もしそれが本当なら、中村天風の心身統一法などの教えは、やはり、少なくとも普通の人には無理なのではないだろうか?
中村天風は、「今後は藤平光一のところへ行け」と言い残したらしい。
だが、藤平氏の本は良いことが書かれていて、私も愛読しているが、やはり、難しいと思う。
藤平光一氏と同じく、中村天風と植芝盛平の両方の高弟であった佐々木の将人(まさんど)氏は、いろいろな話を本に書いているが、『数霊のメッセージ』を読むと、
「アーと言うと、悩みは解消する」
「アーと一言言うと、事態は必ず好転する」
「アーオーウーエーイーと言うと、四隅の悪霊が全部祓える」
「アジマリカンと言うと、悪霊はたちまち退散する」
と書かれている。
ここだけ憶えておけば良い。
岡田虎二郎は、岡田式静坐法で一世を風靡したが、死ぬ直前、書いたものを全部燃やした。そして、49歳の若さで亡くなった(もっとも、当時の平均寿命は40歳くらいだったが)。
その岡田虎二郎が、「念仏さえ唱えれば、一切の問題が解決し、救われる」と言ったのである。
念仏もまた、真言である。
佐々木の将人氏が言った「アー」や「アーオーウーエーイー」や「アジマリカン」の言霊、あるいは、呪文も真言である。

真言を、1日1万回唱えよとか、1日1時間唱えよと言う指導者がいるし、それを実践している人もいる。
そんなことを教えたり、自分でやっている人の多くは、真言を口に出して唱えている。
だが、そんなやり方では、普通の人は決して続かない。
それで、親鸞が、実に凄い、そして、有り難いことを言ったのを思い出すべきである。
「念仏を唱えなくてもいい。唱えようと思いさえすれば良い」
この教えは、師の法然の怒りを買ったらしい。
しかし、凡民を救ったのは親鸞であり、江戸末期から昭和の初期にかけ、親鸞の教えにより、妙好人と呼ばれる、念仏により仙人のような存在になった者が多数現れた。
念仏でも、その他の真言でも、自分が好きなものを、声に出そうが、心の中で唱えようが構わないから、1日中、常に唱えようとするのである。
ほとんどの場合、心で唱えることになると思うし、実際は、それが圧倒的に正しい。
「今日も常に真言を唱えるぞ」と思い、それを思い出す度に唱えるのである。
それで、結婚したければ結婚出来るし、お金が欲しければお金が入るし、恋人が欲しければ恋人が出来るし、仕事が欲しければ仕事に恵まれるし、健康になりたければ健康になれる。
願いが叶うまで唱えるのである。
しかし、そんな願いは、取るに足りない。
人間には、もっと大事なことがある。
人間の一番の望みは何だろう?
それは、ぐっすり眠ることである。
世界のお金持ちと言えば、ビル・ゲイツ、ジェフ・ベゾス、イーロン・マスクらがいるが、もし、彼らが、夜、ぐっすり眠れないようであれば、ぐっすり眠れる貧乏人に劣るのである。
なるほど、確かに、あなたをぐっすり眠れない成功者にしないための摂理が働き、なかなか願いが叶わないかもしれない。
イーロン・マスクらは、精神が強いので、眠れなくてもしばらくは耐えられる。
しかし、普通の人は、なかなかそうはいかない。
だから、本当の幸せはぐっすり眠ることであることが真に理解出来れば、驚くほど容易く願いは叶うようになるだろう。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ