「神様の奇跡を起こし続けるホームレス」、「末期癌が消え、なおかつ、引き寄せマスターになった女性」と、奇跡話が続き、今回が最終回の、3つ目の奇跡である。
これは、以前、ご紹介した、スーパーセールスマン、夏目志郎さんのお話を再度、取り上げようと思う。
多くの人の役に立つと思うので、改めてポイントを押さえようと思う。

(以下は、かなり昔に読んだ本の内容の記憶なので、憶え間違いもあるかもしれないが、大筋では合っているはずである)
夏目さんは、戦後、ビジネスで一旗揚げようという熱意を持って日本にやってきた中国人青年だった。
豊かな家庭の出身で、豊富な資金と、日本に一台しかないような高級外車を持ち、恵まれたスタートを切った。
だが、詐欺に遭い、無一文どころか、多額の借金を背負ってしまう。
失意の中、キリスト教に改宗し、英語が出来たので、アメリカ人神父の通訳などで布教活動のボランティアを行う。
ところが、交通事故に遭い、脚を折って入院する。
そんな散々な人生の中、夏目さんは神に祈った。
「神様、これまでの人生の失敗の責任は私にあります。でも、これからの人生の責任は、あなたに取って欲しいのです。私ももう35歳です。これはという仕事を下さい」
翌日、百科事典を販売する外資系企業の人が、夏目さんをセールスマンとしてスカウトに来て、夏目さんは、まだ怪我が治りきっていないに関わらず、「明日から働ける」と応じた。
夏目さんは、そのスカウトが、神の使いであると言う・・・つまり、奇跡が起こったのだ。
そこから、夏目さんの成功人生が始まったのだった。

なぜ、夏目さんの「神様の奇跡」は起きたのだろう。
それはもちろん、上の、夏目さんの「祈り」にある。
この祈りが奇妙に思えた人もいると思う・・・というより、現代人では、奇妙だと思うのが普通だろう。
「これまでの人生が失敗だったのは自分の責任」
これは分かるだろう。
しかし、
「これからの人生の責任は神様が取って下さい」
というのは変と思うはずだ。
普通は、これからの人生の責任も自分で取らなくてはならないと思うはずである。
だが、夏目さんは、これまでは、自分の小さな力で成功しようとしたのだが、これからは、神の大きな力で成功させてもらおうとしたのだ。

トランプ大統領も愛読する、ノーマン・ヴィンセント・ピールの世界的ベストセラー『積極的考え方の力』の最後は、
「なぜ神の力を求めないのか」
と書かれている。
そして、昨日のこのブログの2つの奇跡話の主も、無意識的にかもしれないが、神の力を求めたのだ。
「神様の奇跡が起こる」と唱えたホームレスは、自分は何もせず、神にまかせ、結果、大変な奇跡が起こった。
1憶円が2回と、ローマ法王への謁見・・・そんなこと、そのホームレスが、どれだけがんばろうが、全く無理だろう。
しかし、イエスは、こう言っている。
「神に出来ないことはない」
あのホームレスは、無意識にだろうが、この最高の牧師や、それに、イエス・キリストの教えに従った。
2つ目の奇跡の、癌を消し、完全な引き寄せの力を得た女性も同じだ。
自分で癌を治そうとはせず、ただ、死ぬ準備をしただけだった。
何も求めず、もう最後なのだから、自分らしく、安らかでいようとしたのだ。
そこには、自分のちっぽけな力を頼ろうとする気持ちは全くなく、それどころか、欲望の自我としての自分をすっかり失くしてしまったのだ。
鎌倉時代の禅僧、道元が言った「仏道とは自分を忘れることだ」を、仏教徒でもない彼女が実践していたのである。

これら3つの奇跡話を味わうことで、奇跡のシンプルな原理が分かり、我々も簡単に奇跡を起こせるのだと分かるはずだ。
尚、夏目さんの上記の話は、どの本に載っていたか、私はもう憶えていないが、夏目さんの本はどれも素晴らしいと思うので、以下にいくつかご紹介しておく。
ただし、夏目さんの本は、古書でも高価なものが多い。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ