今朝の記事の続きである。
今朝は、「神様の奇跡が起こる」という言葉を1日中唱えることで、
・1憶円の宝くじが当たる
・ローマ法王に謁見する
・再度1憶円の宝くじが当たる
という、奇跡を起こしたホームレスさんの話だった。

2つ目の奇跡の話をするが、私はこれと同様のものを割と沢山知っている。
しかし、これが、最もポイントを掴みやすいと思うので取り上げる。
お話は、書籍『とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく』から引用する。
このお話は以前も少し紹介したことがあるものだ。
ある40歳くらいの女性が、癌で余命3ヵ月の宣告を受ける。
そこで、彼女は、身の周りの整理に励んだ。
借金を返済し、不要なものを残らず手放した。
無駄な会話をやめ、皆に真実を言うようになった。
やりたくないことをするのを一切やめた。
自分がいなくても世界はうまくいくことが分った。
こうして、平和な断絶状態に包まれていたようだ。
そして3か月後・・・癌は消えた。
彼女は死ななかったのだ。
それだけでも奇跡だが、さらに奇跡が起こっていた。
彼女は、何でも現実化したり、癒したりする力を得ていたのだ。
ある金額を思うと、それがすんなりやってきた。
りんごを思い浮かべると、見知らぬ人が鞄からりんごを取り出して彼女に与えた。
病気の人々が助けを求めてくるようになった(それで治ることが多かったのだろう)。

彼女に何が起こったのだろう?
著者のトーシャ・シルバーは、こう書いている。
「必要なものも欲しいものもなく、この世に別れを告げていた彼女にとって、この才能はあっちから勝手にやってきたものだった」
そして、この奇跡の女性はこう言ったらしい。
「もしかしたら、何も必要じゃなくなったとき、すべてを得られるのかもしれない。そして、物事を起こそうとがんばるのをやめたとき、どんなことも起こりうるのかも」
「わかるのはただ、以前いた”私”はもういなくなったってこと。私は脇にのいたの」

どうも、余計な解説はしない方が良さそうだ。
著者と、この女性のコメントを何度も読めば、静かな気づきが得られるに違いない。
そして、『 とんでもなく全開になれば、すべてはうまくいく 』の全体を読めば、さらによく分ると思う。
この本は、自分の力でやろうとせず、神様に全てまかせればうまくいくのだということを教えている。
つまり、今朝の、「神様の奇跡が起こる」というのと、本質的には同じなのだと思う。
ただ、神様への身のまかせ方もいろいろあるのだということだ。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ