「私には夢がない」とか「人生目標がない」とか言うことがあるが、夢とはどうやって出来るのだろう?
それは「触発」によってだ。
触発とは、辞書によれば、「(それがきっかけとなって)急に衝動・感情などを誘発すること。」ということである。
格好良いロック歌手を見て、「僕もああなりたい」という直接的で単純なものは触発でない場合が多い。
そうではなく、例えば、アルベルト・シュバイツァーが若い時、宗教団体のパンフレットに「アフリカには医療サービスを受けられない人が多くいて苦しんでいる」と書かれているのを見て、「それは気の毒だ。では僕が医者になってアフリカの人達を救おう」という強い衝動を感じたのが触発と言えるだろう。
それで彼は、30歳にして医大に入り、38歳で医学博士になり、実際にアフリカに行ったのだ。

だから、我々は是非とも触発を受けないといけないのだが、現代社会の仕組みは、国民が決して触発を受けない仕組みになっている。
国家に必要なのは奴隷のように、いいなりになる国民であり、革命家など必要ない。
コンピューターOSでも、日本の坂村健博士が作った「革命的な」TRONではなく、マイクロソフトが作った「そこそこの」MS-DOSやWindowsが採用されればそれで良いのだ。
(TRONは産業分野では普及しているが、パソコンでも採用されるべきだったと思う)

で、どうすれば触発されるかというと、趣味や遊びからの場合が多いが、世間で流行るような、精神を愚鈍にさせる下らない趣味や遊びではないことに注意しなければならない。
触発のきっかけになる趣味や遊びは、ローカルだったり、人気がなかったりする、サブカルチャー・・・つまり、「オタクの趣味」であることが多い。
だから、「ウルトラテクノロジスト集団」チームラボは、以前、採用条件の第一に「オタクであること」と書いていたのだ(今は知らない)。
オタクこそ正しく、オタクだけが闇の支配者に立ち向かえるのである。
『バガヴァッド・ギーター』で、至高神クリシュナはアルジュナに「君は是非ヨギ(ヨガ修行者)になりなさい」と言ったが、現代では「君は是非オタクになりなさい」と言っても良いかもしれない。

敬愛すべき発明家であった科学者、橋本健博士も、宗教に触発され、科学の根底に神秘ありとする研究スタイルを作ったのだと思う。
橋本博士は、東大工学部卒業後、最初に宗教団体に就職し、その後、富士重工に入って発明を重ね、常務にまでなり、黄綬褒章(おうじゅほうしょう)も受賞している。
橋本博士が学生の時に触発された本は、谷口雅春氏の『生命の実相』という現在まで1900万部発行と言われる全40巻の本らしい。
私は、3巻までは読んだが、確かに、他の人には書けないような内容であると思う。
個人的には、谷口氏の本では、『生命の実相・神道編』と言われる、『古事記と日本国の世界的使命』が面白かった。
また、谷口氏が自身の宗教と極めて近いと言われる、ユニティ教会のチャールズ・フィルモアの代表作『繁栄論』を谷口氏が解説した『無限供給の鍵』が、比較的分かり易く、非常に触発された・・・かもしれない(笑)。

まあ、学校やマスコミが奨励する趣味や遊びだけでなく、むしろ、学校やマスコミが否定的に喧伝するような(ただし不道徳でない)趣味や遊びにも目を向け、本当に面白そうなことをやると良いと思う。
ボカロPとか、ボーカロイドのイラスト制作とか・・・も、その1つである(笑)。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ