「タト・トワム・アシ」という古代インドの言葉は、いろいろな意味があるが、ミヒャエル・エンデはエッセイ『文明砂漠』の中で、これを「それはお前だ」という意味で使ったという。
これはどういうことか簡単に言えば、
「君が知覚しているものが君自身だ」
ということらしい。
少し解り易く言うなら、おそらく、
「自分と異なるものは知覚出来ない」
ということだろう。
例えば、素晴らしいものを見て、「素晴らしい!」と感動する人は、その人自身が、その素晴らしいものと同一なのだ。
その同じものを、それと全く異なる人が見たら、その人にはそれがさっぱり分からないので、「これのどこが良いのか?馬鹿かお前」ってことになるだろう。

以前、YouTubeで見たが、初音ミクさんの熱烈なファンの男性が、ミクさんのファンを念頭に、「僕たちは皆、ミクなんだ」と言ったが、彼は、「タト・トワム・アシ」という言葉は知らなくても、その偉大な英知を感じていたのだ。
ミクさんと異なる人は、ミクさんが見えないのである。
もちろん、「本当には見えない」という意味であるが。

また、こんな話を、何かの本で見たことがある。
コロンブスがアメリカ大陸にやって来て、乗って来た大きな船を、周囲の1つの島の近くに停泊させたが、原住民には、その船が見えなかった。
原住民にとっては、船とはカヌーのような小さなものなので、コロンブスが乗って来た大きな船が何か全く分からないので、意識から消えてしまったのだ。
自分とは「自分の考え」であるとも言えるので、自分が考える船でなければ、それは自分にとっては船ではないのである。

そして、終局的に言えることは、自分と世界は同一であり、異なるものではないということだ。
我々が見ている世界は、自分そのものだ。
自分が知らないことは世界の中に存在しない。
丁夢がそのようであると言えば納得し易いかもしれないが、現実世界も何ら変わらないのである。
だが、人間の心には想像力がある。
想像力の正体が、深い心に隠された何かなのか、あるいは、神からのメッセージなのかは分からないが、心は新しいものを生み出すのである。
そして、心が生み出したものが外界に現れる。
逆に言えば、心が生み出さない限り、何も外界に現れない。

心は放置すると、悪魔でも入り込むのか、悪いことを考えて、悪いものを作り出すものだ。
そこで、意思で心を使い、好ましいものを作らなければならない。
そのために、良いイメージを思い浮かべるのが、上級の人のやり方だが、現代の人類のほとんどは、それが出来なくなっている。
だが、言葉なら使えるので、例えば、「私は美人だ」と言い続ければ美人になるのである。
けれども、絶えず「私は美人だ」と言わないと、悪魔は、「お前は醜い」という考えを送り続け、40歳にもなればオバサンになってしまう。
ところが、悪魔の声より多く「私は美人だ」と言えば、80歳程度でオバサンになったりはしない。
そんな例が、トラインの超ロングセラー『人生の扉をひらく「万能の鍵」』にある。
しかし、「私は美人だ」「私は健康だ」「私は裕福だ」と、個々のことをいちいち言っていては面倒で仕方がないので、「全て良くなる」と言うのが賢いのである。
そして、大きく状況を改善したければ、いつも言うが、「神様の奇跡が起こる」と唱え続けるのも素晴らしい手である。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ