インドの聖者ラメッシ・バルセカールが言うところでは、グル(師)の重要な役割は、弟子の心の導火線に火をつける必殺の「一言」を見つけてやることらしい。
これは、悟りを開くための大きなきっかけとなる一言だろうが、世俗的なことで成功した人の中にも、恩師に言われた一言が成功のきっかけだったと言う人もいる。
しかし、誰にだって、その人に相応しい必殺の一言がある。
ところで、インドの聖者ラマナ・マハルシによれば、グル(師)と真我(真の自己)とは同じである。
このグルは様々な形を取るので、人間の姿で必殺の一言を教えてくれることもあれば、本の中の言葉であることもある。
伝説によれば、釈迦は水浴をしている時に、近くを通りかかった老人が、「弓の弦(つる)は引き締め具合は強過ぎても弱過ぎても駄目だ」といった意味の歌を歌うのを聞いて、「両極端に陥らないことが重要である」と悟ったという。

いつかくれたWords(コトバ)
心に響いてる、だから…
~『Diamond Days 』(作詞・作曲:Hayao Konishi。唄:IA)より~

そして、大抵の人は、必殺の一言を既に聞いているか見ているのではないかと思う。
その時、少し、「あっ」と思ったかもしれないが、心が曇っているので、それを拾い上げることなく過ごしてしまったのだ。
しかし、それほどの言葉であるのだから、思い出そうと思えば思い出せる。
思い出の中で、ぼんやりしているが、何か重要なことがあったように思うことがあれば、その時に、何かの言葉を聞いたり見たのかもしれない。
その言葉は、思い出せたとしても、割と平凡に思え、少しもエキサイティングでないかもしれない。
だが、釈迦にとっての必殺の一言だって、とても平凡なものだったのだ。

私が大好きな人気漫画・アニメ『まちカドまぞく』の2人のヒロインの場合、彼女達の重要なWordは、魔法少女の桃は「フレッシュ・ピーチ・ハートシャワー」で、魔族の少女(主人公)の優子は「危機管理」だったが、まあ、とにかく、何かの言葉がある訳である(笑)。
『美少女戦士セーラームーン』でも、セーラームーンが必殺技で使う言葉は、いつでも、セーラームーンの心に勝手に浮かんで来た言葉だった。
漫画やアニメではあるが、さりげなく、重要なことを教えてくれているのである。

尚、必殺の一言は、アファーメーション(肯定的断言)とは異なり、心の中で自然に響き続けるものであるが、記憶から消えてしまっていては、まだ根付いていないかもしれない。
子供の時や十代の時に好きだったもの、好きだったことは何だろう?
大抵は、その中にヒントがある。
それを思い出し、大切にすれば、人生は急上昇し、向かうところ敵なしである。
尚、アファーメーションとは異なると言ったが、アファーメーション自体は、何でも良いのであるが、必殺の一言が、好きなアファーメーションと関係する場合は多いのである。
そして、必殺の一言を知っているほど、自分に適したアファーメーションを見つけ易い。
七田眞氏の本にあった、「神様の奇跡が起こる」という言葉を唱え続けたホームレスが、この言葉を見つけたのも、彼が神様を信じる何かの言葉があったからだと思うのだ。

オクシデンタル石油の伝説のCEO、アーマンド・ハマーは、7歳の時に必殺の一言「自分より優れた人の役に立つ」を得たそうだ。
それで彼は、歴代の米ソの首脳と親交を結び続け、90歳を過ぎても自家用ジェットで世界を飛び回ることになったのだ。
さて、あなたが子供の時に大切にしていたものは何だろうか?








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ