能力を高めるということは、生命力を高めるということで、生命力を高めるとは自由に生きることだ。
だが、この世の中で、自由に生きることは難しい。
そこで、フランスの作家モーリス・ルブラン(1864~1941)は、自由に生きる人間のモデルとして「怪盗」を考え、それを、アルセーヌ・ルパンという怪盗紳士としてデザインした。
ルパンの人気は爆発した。
なぜなら、ルパンこそ、辛い社会で生きる人間にとっての理想であるからだ。
日本で、モンキー・パンチ氏(1937~2019)の『ルパン三世』が歴史的なヒットになった理由も同じところにあると思う。
それこそ、日本には、昔から、鼠小僧や石川五右衛門といった怪盗というか、盗賊が人気があった。
また、小作のつもりが人気が出て長期連載となりアニメ化もされた、立川恵氏の『怪盗セイント・テール』という漫画も、主人公の美少女怪盗には異色の魅力があった。

ところで、これら人気怪盗達は、正義の味方でなければならない宿命がある。
怪盗だって食べるし、住居や衣服も必要だが、自分は、生産も、販売も、サービスもしないのだ。
だから、「せめて正義の味方」であることで、それらを得ている・・・しかも、贅沢に得ているのである。
だが、怪盗には、やっぱり負い目がある。
最初はヒットしなかったが、結局は名作であると認められた『ルパン三世 カリオストロの城』では、ルパンは、クラリスという素晴らしい美少女(宮崎駿監督の理想のタイプ)を、最大の精神力を使って振り捨てないといけなかったのは、やはり「怪盗も所詮、泥棒」だからである。
これは、元祖ルパンであるアルセーヌ・ルパンも、『緑の目の令嬢』で、オーレリーという美少女に対し、同じことをしている。
そして、『怪盗セイント・テール』では、セイント・テールこと羽丘芽美は、愛を得たら怪盗をやめている。

まず、怪盗は能力が高くないといけない。
それも、半端な能力では駄目で、超人的でなくてはならない。
つまり、「理想の自由人」である怪盗は、超人的な正義の味方であり、非現実的なフェアリー・テール(おとぎ話)でしかない。
我々凡人が、怪盗モデルを取り入れようとしたら、犯罪を避けたとしても、いずれ行き詰まる。つまり、無理がある。

かくて、ルブランの野望は砕かれた。
だが、ご安心を。
ルパンのように生きる方法はある。
どうすれば良いかというと、ルパンの欠点を除けば良い。
つまり、盗むことをやめる。
この「盗む」は、文字通りの意味だけでなく、不道徳なことでお金を稼ぐことも意味する。
どうするかというと、お金に関しては、Xにまかせることだ。
Xは定義出来ないが、宇宙エネルギー、神、潜在意識などと言われることがある。
そして、負い目のためではなく、胸を張るために、正しく、強くあることだ。

盗賊と武士は同じなのである。
武士は、いざ戦争という時のために、働かずに食べることが許された。
しかし、江戸時代、太平の世になり、戦争が無くなっても、働かずに食べることに、誠実な武士は負い目を感じていた。
そこで、武士は。せめて立派な人間になろうとした。
そんな誤魔化しをしていた武士は、ちっとも立派ではない。
だが、立派な武士もいた。
正しく、強い武士で、警察のような活動をしなくても、存在から発する波動が、世の中にプラスの影響を与えたのだ。

さあ、これで解った。
自由に生きるためには、真の意味で、正しく、そして、強くあれば良いのである。
真に正しく、強くなるためには、国家や学校で教えられた方法では駄目だ。それでは、奴隷頭にしかなれない。
それは、ビジネスマンでありながら、最も実績のある大統領になったドナルド・トランプに学べば良い。
彼自身は、ノーマン・ヴィンセント・ピールに学んだのであるから、そこから学べば効率的である。
そして、ピールの教えこそまさに、神の力を求めることであったのだ。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ