あなたは、異性にモテたいだろうか?
そうであれば、絶対やってはいけないこと、やっていたら止めないといけないことは、「恋愛ゲーム」「妄想的恋愛小説」「アダルト関係」だ。
以下、明晰に説明する。

恋愛ゲームのテレビCMで、若くて美しい女優さんが、夢中にでもなっているかのように、その恋愛ゲームをしている素振りをするが、言うまでもなく、あんな人は恋愛ゲームをしない。
現実で、恋愛の相手に困らない人が、恋愛ゲームをする必要がないことは、誰でも分かるはずだ。
つまり、現実でモテないから恋愛ゲームをするのである。
だが、ことは、それだけではない。
「恋愛ゲームやアダルトゲームをすると、モテない波動が出てしまう」のである。
元々がモテなくて恋愛ゲーム等をやると、モテない波動ばかりが出て、モテる波動が全く出なくなってしまう。

また、承知でやっている場合もあるだろうから、決して批判ではないが、アイドルの熱心なファンをやっていても、モテない波動になってしまい、モテなくなる。
私の知り合いの女子に、ジャニーズの非常に熱心なファンがいて、本人に決して魅力がない訳でもないのに、全く彼氏が出来ないし、出来そうな気配が全くないのである。

ただ、腐女子と言うらしいが、女性でBL(ボーイズラブ)という、男同士の恋愛ものの小説や漫画が好きな人がいるらしいが、そういった女子の場合、案外、彼氏がいたりする。
つまり、自分を慰めるために楽しんでいる訳ではないので、モテない波動にはなっていないのだ。
また、初音ミクさんのライブは、カップルで来ている人も多く、全部が全部、モテない訳ではないだろうが、ミクさんを恋愛対象と考えたり、邪な目で見る者は(笑)、やっぱり、本物の女子が寄って来ない波動が出てしまっている。まあ、人間の女の子に興味がないなら、それで良いのかもしれないが。

「恋愛ゲーム」に夢中になると、モテないどころか、下手したら、異性から避けられる波動を出すし、「アダルトゲーム」なら、確実にそうなると思う。
ゲームだけでなく、雑誌、ビデオ等のアダルト関係のものや、ネットのエロ画像集めも同じである。
学生など、若い男の子はみんなエロ雑誌やアダルトDVDを持ってるなんてのは嘘である。モテる男子は、全く持っていない。
よって、モテたいなら、その手のゲームや雑誌等は全部捨ててしまい、入手しないことをお薦めする。
また、漫画やアニメのイケメンキャラや美少女キャラに夢中になるのも、やっぱり、モテない波動を出す。
3次元の(つまり現実の)男や女に愛想をつかし、もうモテなくて良いなら、それで良いのだろうが・・・

では、モテる波動を出すにはどうすれば良いかというと、逆に、「恋愛ゲーム」「アダルトゲーム」「妄想的な恋愛小説」「アイドルオタク」「エロ本・雑誌・ビデオ」などから、一切手を引けば良いのである。
そうすると、生命は異性を求めるのであるから、自然に異性を引き寄せる波動が出るのである。
ただし、無理に禁欲的になるのではなく、他の楽しいと思うことをやれば良いのである。
スポーツや好きな勉強、芸術、技術等、何でも良い。
男でも、女でも、何かに打ち込んでいる者が、モテる波動を出すのである。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ