涼宮ハルヒ(小説・アニメ『涼宮ハルヒ』シリーズのヒロイン。高1~高2)の魔法の使い方は、私とよく似ている。
ハルヒは、お寺のドバト(普通の鳩。正式にはカワラバト)の群を見て、「白鳩になればいい」と言ったら、翌日、本当にそうなった。
9月に「桜があればいい」と思ったら、1つの場所ではあるが、桜が満開になった。
なかなかやるではないか(笑)。
私は、小学4年生の時、天文の知識はゼロだったが、夜空の1つの星を適当に選び、「あの星が土星ならいい」と思って天体望遠鏡で見ると、必ず土星になった。
星を1つ変えるのだから、ハルヒに負けているとも言えまい。
車の多い車道で、信号のある場所まで行くのが面倒で、「目をつぶって飛び込んだら、車は来ない」と思うという方法でいつも道路を渡っていた(良い子・・・いや、大人も真似しちゃ駄目だ)。
「以前見た時代劇のあの回を録画したい」と思って、録画リモコンを握って待っていたら、ちゃんとそれが放送された。

大人になってからも、ヤケを起こして会社で微妙な立場になった時、「スカウトが来れば良い」と思えばそうなった。
まあ、基本的には、私の魔法は、個人的な範囲で済むもの限定のようにも思われるが、それは、エゴ(理性)がイド(本能)を抑えるから・・・ということもあると思う。
つまり、善良な人達に多大な迷惑をかけることや、道徳や倫理に著しく反する願いは叶わない。
とはいえ、イドの最大の欲望である「生きる」が脅かされたら、人様に迷惑をかけることもあるのかなあと思う。
それはともかく、この魔法の使い方を定式化し、誰でも使えるように出来るだろうか?
もちろん、可能と思う。
それが、アンダーグラウンドで流行りの「引き寄せの法則」である。

H.G.ウェルズの『奇跡を起こせる男』での、奇跡の使い方は分かり易い。
ただ言葉で命じるだけだった。
あの小説の奇跡を起こせる男、フォザリンゲーが最初にやった奇跡は、ランプが空中で逆さに燃えることだった。
彼は、自分で言うところでは「意識を集中して」、ランプに向かって、
「こわれずに逆さになれ、そして、ちゃんと燃えつづけろ!」
と命じたら、その通りになり、この時は、本人も驚いていた。
このやり方は、私には難しそうだ。
つまり、奇跡を起こすとしても、私の場合、自分で起こすというよりは、やはり何かに頼んでいる感覚がある。
その「何か」とは、30ページの最高の引き寄せ書『イット・ワークス』では、著者は「インマヌエル(我らの中にまします神)」と呼び、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(文庫版では『努力嫌いの成功法』)では、「コズミック・エナージャイザー(桑名一央氏は「宇宙の活力」と訳)」だ。
まあ、両方の著者とも、「何と呼んでも良い」と述べているが。

完全な定式化はまだ出来ないが、最近思うことは、やはり、エゴ(理性)の反発を招かないことが重要なのだということだ。
その点、涼宮ハルヒは、利己的と言うよりは幼いので、かなりまずいこともやらかすが、それでも、古泉一樹(超能力者。某機関所属)の言う通り、あれでなかなか理性的なのである(でなければ地球はとっくに破滅している)。
エゴと言ったら「エゴイズム(利己主義)」を連想する人が多いと思うし、確かに、そんな意味もあるが、エゴは理性のことである。
叶えたい願いがあっても、それが理性の反発を招くものであっては叶い難い。
例えば、人の奥さんを彼女にしたいという場合には、理性は反発する。
しかし、理性が足りない人間の場合はそうではないが、そんな人間は集中力に欠けるので、あまりうまくいかない。
ただ、サイコパスの場合、人工的な都合の良い理性を持っているので、願望が叶ってしまい易い。それは単に「サイコパスは地頭が良い」というだけでなく、やはり、魔法的な力もあるのだと思う。
まあ、ここでは詳しく書かないが、サイコパスは破滅因子を持っている場合が多く、あまり良い生涯にならない場合が多い。

理性の反発を招かない願いを持つことだ。
そうすれば、後はガッツポーズをしておけば、大抵は叶うのではないかと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ