どうすればお金を沢山稼げるかというと、
・腕があり
・ニーズに応える意思があり
・真面目に仕事をする
の3つがあれば、確実に稼げる。
よく、「絵描きで食べていくのは難しい」と言うが、それはおかしい。
絵描きも、上の3つの条件を満たしていれば、間違いなく稼げる。
つまり、毎日3時間、10年以上絵を描いて腕を磨き、求められる絵を描く意思があり、実力を発揮し、納期に間に合うように描けば良いのである。
逆に言えば、この3つがない絵描きは「食べていけない」。
腕前は一級でも、「俺は高尚な絵しか描かない」と、ニーズに応じなかったり、手抜きをしたり、納期を守らなければ職業として成り立たない。

たまたま美男美女に生まれて、アイドルで成功して、若い間だけかなり稼ぐ者もいるが、その場合、美しいということは、上の「腕がある」の一部になるが、容姿自体は一部でしかなく、アイドルになれる者は、自分の美しさを活用する腕(スキル)を磨いてきた者である。
また、ニーズに応え、真面目に仕事をしなければ、やはり、アイドルでやっていけない。
例えば、アイドルなのに「水着撮影はお断りします」と言ってたら、やはり不要なのである。
ある成功した元女性アイドルが「水着撮影が嫌で仕方がなかった」と言っていたが、嫌でも恵まれた容姿を生かして真面目に、水着でポーズを取り、エロい表情をしたから成功したのである。

話は実に簡単なのだ。
ただ、このように言うと、「自分はそもそも腕がない」と言う者が多いと思う。
いや、実はある。
池田満寿夫という世界的版画家がいたが、彼の場合が実に面白い。
版画家と言ったら微妙だが、まぎれもなく画家である。
しかし、彼は、本当に絵は下手で、ちょっと上手いアマチュアに軽く負ける。
私は彼の『池田万寿夫の人物デッサン』という本を持っているが、本当に下手だ(笑)。
ただ、世界的芸術家が描いたという色眼鏡で見るので、「味がある」とか思ってしまうが、まあ、子供の落書きである。
池田さん自身、「僕の絵は便所の落書き」と著書に書いておられた。
では、なぜ彼が世界的芸術家なのか?
1つは、「油絵ではなく版画」であることで、版画をやる人が少ないというメリットがある。
そして、版画は沢山刷れるので、安く売れる。それで結局、沢山売れる可能性がある(これは、今のデジタル画の時代では、成り立たないメリットであるが )。
両方とも、本人の著書に書かれているし、テレビ番組で言うのを見たようにも思う。
だが、これらだけでは、まだ「腕」の条件を満たせない。
だが、池田さんには、長年・・・おそらく、子供の時から、毎日磨き続けた腕・・・スキルがあった。
それは、表現が難しいが、分かり易く言えば「エッチなこと」である。
誰でもエッチなことは好きだが、彼の探求心は、つまり、エロいことにかける情熱のレベルが桁外れだった。
そのエロいこと好きなエネルギーを、反社会的な道ではなく、絵とか文章、そして、何より思想に向け、形はないが奥深いスキルを磨いた・・・つまり、エロオタクだから成功したのである。

そして、人間、自覚はなくても、好きなことがあり、そのことを毎日、長時間考えてきたはずなのだ。
例えば、超能力が大好きで、超能力のことばかり考えていたかもしれない。
そんな人は、ユリ・ゲラーやSF作家にはなれないかもしれないが、やはり、そのスキルを生かせば儲かるのである。
超能力ではなく、宇宙人やオカルトかもしれない。あるいは、池田万寿夫さんのようにエロいこと方面かもしれない。
エロいことはニーズがあるので有望である。
コーヒーが好きで、長年、コーヒーの研究を続けているという人もいるし、役者になれる訳ではないが、演劇への関心・情熱を持ち続けた人もいる。
そんな人は、ちゃんと儲かるのである。

腕はあると考えて良いだろう。
しかし、「でも私には何もないように思います。どうすればそれが何か分かりますか?」と言って、自分の身の上話をしたがる者が必ずいる。
「そんなこと知らん」である。
実際、本人以上に分かる者なんているはずがない。
そんな腐った根性こそが、唯一の敵である。
そんな甘ったれた人間になってはならない。
探せ、そうすれば見つかるである。
「でもありません」と言うなら、本当に「ないことになってしまう」。
それだけである。

まあ、気楽に。
そして、いつも言うように、良い気分でいることだ。
そうすれば、道は開けるだろう。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ