新型コロナウイルス感染は、数だけで言えば、4月の緊急事態宣言時の新規感染は最高で1日720人だったのが、2日連続で1500人を超えてきた。
新規感染者の大半は若者で、軽症者が多く、重症者数・死亡者数は少ないと楽観視する者もいたが、若い軽症者が多いからこそ、感染拡大は速く、いずれ高齢者にも感染が広がるのであり、実際、重症者は増えている。
政府に有効な策はない上、Go Toトラベルキャンペーンは確実に感染者を増やしていると思われ、今の1日1500人(新規感染者)どころか、5000人くらいに達するのはすぐかもしれない。

一方、都市封鎖や、会社出勤や学校登校を制限せず、大規模なイベントを除き自粛を行わなかったスウェーデンは、一頃は、日本の報道ではコロナ対応の失敗国のように扱っていたが、今は完全に収束に向かい、1日の新規感染者は数十人程度になってきた。
ただ、スウェーデンは死者が多く、その大半は養護施設の高齢者で、そこには対応の不備があったことはスウェーデン政府も認めているが、医療体制には常に余裕があり、経済損失も予想ほどの被害はなかったようである(感染拡大時に他国から敬遠され貿易が停滞したことはあった)。

日本で問題なのは、政府は、ありきたりなことを言うだけで有効な対策を出せず、国民は何をしたら良いか分からず、「運まかせ」の不安な状態にあることだ。
その中で、私個人は、コロナに関しては、完全に安心している。

コロナ感染時の被害の大半は、血管が血栓(血液のかたまり)で塞がれて血流が悪くなることだけであると私は理解している。
よって、免疫力を高めつつ、血栓を作らない、出来ても溶かすということが出来れば、何も心配ないのではと思う。

以下は、あくまで私の個人的見解であり、意見を異にする人はスルーして欲しい。
ただし、個人的には確信を持っている。

免疫に関しては、ビタミンCが有効であり、ビタミンCは多ければ多いほど良い。
具体的には、1日3g以上の摂取が望ましい。
ノーベル賞受賞(化学賞と平和賞)の生化学者ライナス・ポーリングは、1日10g以上のビタミンC摂取を推奨し、癌患者などには30gの摂取を薦め、良い成果を上げたと言われる(少なくとも悪化はなかったと思う)。
ビタミンCによる免疫力向上に関しては、おそらく、調べればエビデンス(証拠・根拠)は簡単に見つかると思う。
血栓を作らないためには、血管の健康も重要だが、そのためにもビタミンCは有効と思う。
もちろん、他のビタミンも必要であるが、まずは、ビタミンCを多量摂取することが薦められる。
幸いにしてビタミンCは超安価である。
超安価であることが、世の中(マスコミや医療関係等)でビタミンCが宣伝されない理由であると指摘する者も多い。確かに、安価に健康になってしまったら、医療、薬品、健康食品業界が大変だが、そういったことは深入りせずにおこう。

血栓を溶かすのは、体内にあるt-PAという酵素であるが、これを活性化させるのは、コーヒーと軽い運動であるという意見があり、私も、調査の結果、それを正しいと認識している。
コーヒーは、好き嫌いもあるだろうが、インスタントで良いから1日3杯程度飲むと良いと思う。
運動に関しては、よく歩くことが一番であるが、暑い時期でもあり、それが難しければ、私が最近ご紹介している腕振り運動や、大東流合気柔術式四股、あるいは、足踏み運動をすれば良いと思う。
そして、他にも、血栓を溶かす効果が大きいとされるのが、ナットウキナーゼという酵素で、これは、納豆菌が出すので、納豆を食べれば良く、以前から、納豆は脳梗塞(これは脳血管の血栓で起こる)の予防に大いに注目されている。
加えて、脳の血流を良くすることから、知的能力の向上効果もあるとする意見もある。
コロナ感染でも、脳梗塞の症状が現れることが多いのも、やはり、コロナウイルスが血栓を作るからである。
また、コロナに感染すると呼吸困難に陥るのも、肺静脈に血栓が出来、血が流れ難くなり、血液が酸素を運搬しないという簡単な理屈である。

後、免疫力を高める効果が高いと言われるものに、ポリフェノールがあり、緑茶、紅茶、カカオ(ココアやチョコレートの主原料)、赤ワインなどに多く含まれている。

個人的には、1日3g以上のビタミンC摂取と、コーヒーを飲み、運動をすることにより、仮に感染したところで、不安は全くない。
実際、家族の付き添いで、現実的には過密な病院・医院には数多く行っており、4月に感染の疑いを持ったが、全く心配はしなかった。家族にも、1日2gのビタミンC摂取を行わせている。













当ブログ著者、KayのAI学習・実践書です。
数学、プログラミング、難しいAI理論は不要で、自分で実用的なAIを作れるようになるための本です。
興味深いテーマでAIを体験しつつ学べます。
ほぼ全ての実習が出来るデータを作れるExcelマクロを無料でダウンロード出来ます。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ