テレビや新聞で、「コロナ新生活がいつまで続くのか?」などと、嘆くように言われるのをよく見聞きする。
コロナ新生活とは、ご存知とは思うが「3密(密集、密閉、密着)を避ける」行動様式である。
なぜ、これが「永久」ではいけないのか?コロナ新生活こそ、人間らしい、正常なものである。
私は絶対にそう思う。

例えば、コロナ新生活では、「料理屋などでは、着席スペースを空け、大声を出さない」となる。
これは、抜群に良いではないか?
以前、会食で料理屋に行くと、隣のグループの人が、接触するほど近くに座り、また、そいつが大声で喋り捲り、うるさくて仕方がなかった。
今後は、もう、こんな馬鹿なことが出来なくなるのだ。
何と素晴らしいことか!
確かに、「いや、大騒ぎしながら和気藹々飲み食いするのが楽しいのだ!」と言いたい人はいるだろうが、あなた方は楽しくても、私や、女性など、大人しい人達は、不快なのを、これまで黙って我慢していたのだ。

レストランは、これまでは1人では入り難かったのが、今後は、群れた者が入り難くなる。
さらに、群れた者達はマナーが悪い場合が多いが(大勢だからと調子に乗ることがよくある)、今後は、純粋に食事を楽しむ、マナーの良い人達の中で食事が出来るのである。

結婚式でも、密集したり、大声を上げる余興が禁止であることを悪いことのように言う者がいるが、そんなの、元々、ほとんどの人が嫌がっていたのに、大声で暴れるのが好きな者達が、「声が大きな者勝ち」式に、自己中心主義で好き勝手していただけのことだ。

劇場の座席は大抵狭いのだが、その中で、主に中年の男性に多いが、ひじ掛けをはみ出して腕を突き出し、股を広げて座るような者がよくいた。今後は、女性を始め、大人しい人達が、そんな利己的な人間の被害に遭うことも少なくなる。

次に、「経済が停滞している」などと言われる問題についてだ。
全く問題ない。
単に、特定の人間がボロ儲けすることをやめれば良いだけなのだ。
また、贅沢を慎めば良いだけだ。
別に、清貧になれと言うのではない。
普通で、クレバーな生活をすれば良いだけのことだ。
それであれば、経済規模は十分であり、余裕綽々なのである。
オリンピックや高校野球甲子園大会といった、利益を貪る者達のための馬鹿げたことをやめるくらいには、いい加減、人類は進歩しなければならない。
スポーツをやるのに、なんで、派手な舞台や報道が必要なのだ?
スポーツの真の素晴らしさを理解出来るなら、そんなものは不要なだけでなく、有害以外の何物でもないことは、よほどの馬鹿でない限り解るはずだと私は思う。

コロナで苦しまないと、正しいことが出来なかったことを、我々は恥じねばならない。
そして、人類は、本当にいい加減、少しは賢くならないといけない。
コロナによる、新生活、新経済、全くOKである。
それに適応出来ない人間は、強制排除されることは決してないが、考え方を変えないとやっていけない世の中になるだろう。
そうなるべきであるし、そうならないと人類に存在意義はない。私はそう固く信じる。













当ブログオーナー、KayのAI書。5月30日(Kindle版は5月11日)発売。
自分でAIを作れるようになる、最も易しい、そして、面白い本を目指しました。
本書は、初級(Chapter.1)、中級(Chapter.2)、上級(Chapter.3)の3つのパートに分かれます。
実習データ作成のためのExcelマクロを無料ダウンロード出来ますので、初級から気楽に始めていただければと思います。
そして、是非、当たり前の道具としてAIを使う先駆者になって下さい。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ