新型コロナウイルスに関しては、ネット、テレビ、新聞などから情報を得られるが、どれか1つの情報を信じるのではなく、選択や判断を上手くやらなければならない。
また、それがインターネット時代の必須の心構えである。
それで、これも1つの見方ではあるのだが、単純に言えば、「新型コロナウイルスの害は、血栓(けっせん)を増やして血流を止める」
だけである。
血栓とは、早い話が血液中のゴミで、これが血管を塞ぐことで、血流が悪くなったり、止まったりする。
血栓の詳しいこととなると、専門用語だらけの長い説明になり、さっぱり解らないが、そんなことを知る必要はない。専門家だって「血液が固まったもの」「血管の壁が剥がれ落ちたもの」と別のことを言ってるくらいだから、素人としては、「血管中のゴミ」で十分である。
心臓内の血管が血栓で塞がれて血流が悪くなったものが心筋梗塞で、脳内の血管が血栓で塞がれて血流が悪くなったものが脳梗塞だ。
「梗塞(こうそく)」とは、塞(ふさ)がって通じないことである。

新型コロナウイルスは、肺で増殖することが多いように思う。
肺には沢山の静脈があるが、肺は、その静脈の中に酸素を送り、それで、酸素が血液に乗って全身を巡るのである。
ところが、新型コロナウイルスによって、肺の静脈に血栓が出来てしまって血液が流れないと、酸素が肺の外に行けない。
これは、呼吸していないのと同じである。
それで患者は「呼吸が出来ない」と感じ、非常に苦しいのである。
そこで、人工呼吸器で、血液を外部に取り出して、取り出した血液に酸素を送り、体内に戻せば、酸素が身体中に送られるのである。

また、新型コロナウイルス感染患者が脳梗塞や心筋梗塞になることが数多く報告されているが、これは、ウイルスが血液に乗って脳や心臓に達し、そこに血栓を作ると考えると説明がつくだろう。

ところで、一酸化窒素を吸うと、血管が広がるので、血栓で塞がれて流れなくなった血管にも血液が流れるようになる。
海外では、一酸化窒素を患者に吸わせることが行われている。患者は、突然に楽になり、状態が改善するが、血液が流れることで血栓も流れてしまえば良いのだが、そこらかはどうか分からない。

それよりも、血栓を溶かせば良いのである。
あるいは、普段から、血栓を作らない生活をすれば良い。
また、健康な血管であれば、血栓が出来難いか、出来ても害が少ないと思われる。
血管は、歳と共に硬化するので、高齢者ほど、新型コロナウイルスで重篤化するのである。
血栓を溶かすための、特別な薬や療法もあるのだろうが、そんなものでなく、日常、自分で簡単に出来るものが良いのであることは間違いない。

まず、血管を健康にすることであるが、それにはコラーゲンが必要らしい。
コラーゲンの生成にはビタミンCが必須であるが、他にも、ビタミンCには免疫力向上や抗酸化作用といった重要な効果もあると言って良いと思う。
ビタミンCの劇的な効果に関しては信頼出来る情報が多いが、医療の権威や政府は、それを決して認めないので一般に浸透しないが、自分で調べれば解ることだと思う。
少なくとも、ビタミンCに害はなく、原粉末であれば極めて安価である。安くてもビタミンCはビタミンCで何も変わらないので、安いもので十分と思う。

次に、血栓を溶かすことで知られているのが、納豆菌が出すナットウキナーゼという酵素である。
ナットウキナーゼの血栓溶解効果は、否定されたり肯定されたりしたが、今は、肯定されていると見て良いと思う。
よって、納豆を食べれば良い。
ただし、血液の凝固力が弱いなどの理由で納豆を食べないように医者に言われている場合もあるらしい。よく分からないが、そのようなサラサラ血液であれば血栓も出来難いと思う。

また、血栓を溶かす有名なものにt-PAがある。t-PAとは「組織プラスミノーゲン活性化因子」のことらしいが、そんなややこしい名前、覚える必要はない。
で、t-PAとは何かと調べると、やはり専門用語だらけでさっぱり分からないが、早い話が酵素であると覚えておけば良い。
t-PAは血栓を溶かすために、医療によって体内に入れることもあるらしいが、t-PAはもともと体内にあり、それを活性化させれば良いのである。
そのために、いろんな方法があると思うが、コーヒーを飲むとt-PAが活性化するらしい。インスタントでも良いと思う。
1日3杯程度、コーヒーを飲むと良いだろう。

そして、運動がt-PAを活性化するようだ。軽い運動を毎日欠かさずやれば効果的である。
別に、ハードな運動をしなくて良い。
歩くのが一番で、車にばかり乗らず、よく歩くことだ。
スマホを見ながらノロノロ歩いては運動にならないので、しっかり前を見て自然に歩けば良い。
また、腕振り運動や、ゆっくりした楽なスクワットを20回程度やったり、ゆっくりと足踏み運動をすれば良い。これらは、部屋の中で静かに、何の道具も使わず無料でやれる。
ついでに言うと、煙草は駄目だ。
死を覚悟して吸うなら人の勝手であるが、煙草で弱った血管では新型コロナウイルスと戦えない。
また、自分が吸うだけでなく、吐いた煙の害も甚大であるから、歩き煙草をする者は、即逮捕が当然と私は思う。
だいたい、新型コロナウイルスによる死者は、今のところ日本で455人であるのに対し、受動喫煙(他人が吸った煙草の煙を吸うこと)の死者は年間1万5千人だという事実を認識していただきたい。
歩き煙草は殺人に匹敵すると言っても、ちっとも大袈裟でないと私は思う。

以上は、あくまで、私の情報収集と総合判断によるが、得るのが途方もなく難しい上、副作用もある「特効薬」とやらや、やはり、危険があって効くかどうか分からないワクチンを待つより、はるかにマシと思うし、個人的には、ほとんどの人の場合、上に挙げたことで万全と思っている。













KayのAI書。数学講師のMr.Φと、ちょっとモメながら(笑)書きました。おかげで解り易くなったと思います。
数学もプログラミングもAI理論も要りませんので、まず、自分でAIを作りましょう。
AIで一番大切な「問題を推測問題として捉え直す」ことを身体で覚えましょう。
そのための、なるべく面白いテーマを考えました。
  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ