新型コロナウイルスは、既に経済に大きな打撃を与えている。
そして、新型コロナウイルスは、インフルエンザのような季節性のウイルスではない。
つまり、インフルエンザなら暑くなれば消えてくれるが、新型コロナウイルスは暑さにも強く、長く猛威を振るう可能性がある。

ただ、だからといって、ニュースで(というより専門家が)言うように、いつ収束するか分からないというのではない。
要するに、他人と接触しなければ感染拡大は起こらず収束する。
ところが、今は、病院に新型ウイルスに感染した人が沢山来るのだから病院感染が増えているのだし、海外でオーバーシュート(爆発的感染拡大)が起こっている原因は、日本と桁違いに多いPCR検査が行われる病院で(感染者と非感染者が接触することが増えるので)感染が起こるからで、日本は、無闇にPCR検査をしないので、感染者が少ないのであると思う。

とはいえ、自分の意志でどうにもならない人は別だが、やたらと群れたがる馬鹿も多く、感染拡大は続くかもしれない。
そして、その後、間違いなく大不況がやって来る。
ところが、平成不況や、度重なる震災による不況、リーマン・ショック、福島原発事故の影響など、経済は大きな打撃を受けながらも、その実感がなかった人も多かったと思う。
バブル崩壊やリーマン・ショックなんて、欲の皮の突っ張った連中が無茶をして、「起こるべくして起きた」ことだが、企業でも、しっかりとした製品作りやサービスを基盤にしている企業は、それほどの影響はなく、むしろ、躍進したところも少なくなかった。
実を言うと、今回の新型コロナウイルスでも同じなのであるが、今は、しっかりとした製品作りやサービスという、企業として当たり前のことをちゃんとやっている会社が少なくなっており、そして、そんな会社に勤めている人も多いのだから、普通の人にも大不況の影響が出てしまうのである。

私の予想では、グーグルやアマゾン、マイクロソフトは伸びるが、アップル、フェイスブックは駄目になると思う。
庶民も経済不況の影響を受ける中で、製品の値段の高いアップルがユーザーをつなぎとめておける率は低くなるに違いない。

それはともかく、我々は、不況だって嘆いていても仕方がない。
いよいよ、会社依存から脱却し、隠し持っている自分の才覚を発揮しなければならないが、それは面白いことなので、意識を変えることが出来る者には楽しい世界になる。
オバマ大統領時代の「チェンジ」が、やっと今、本当の出番なのである。

まず、この引きこもりが必要な時代に、自分の好みに合う勉強をすれば、「コロナウイルス共存時代」に飛躍する。
たとえば、Excel VBAをマスターする良い機会である。
ただ、Excel VBAマニアは相手にせず(彼らは実用的でない細かいことばかり言う)、しっかりとしたテキストを使い、毎日勉強・実習するのだ。
また、HTMLやCSS、それに、少しJavaScriptが出来れば、アフィリエイトなどネットビジネスをする時に、大いに有利になる。
AI(人工知能)をマスターしたければ、私が来月出す本が、誰でも自分でAIが作れるようになるものなので、ご活用いただければと思う。
私も、NPO法人と協力し、IT全般、VBA、AIのセミナーを行う計画を立てているのだが、今のところ、軒並み延期だ。
行政絡みとはいえ、もうバーチャル講座に移行すべきなのだろう。

そして、自分の内部に巨大な力があることを、はっきり知るために、しっかりとした潜在意識活用の本を1冊、じっくり読むと良い。
これをやるのとやらないのとでは、雲泥の差になるだろう。
そして、個人的には、ウイルス感染に備えて、ビタミンCの大量摂取をお薦めしたい。















  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ