新型コロナウイルス感染を収束させるには、基本、他人と接触しなければ良いのだから、全ての人が20日ほど、誰とも近付かなければ、コロナウイルスがいても、体内で免疫で駆逐される(ただし、老齢や疾患を持つ人はウイルス増殖の恐れがある)。
働きながらだって、それが不可能なケースは少ないのではないかと思う。それに、不可能と思えても、実は、ほとんどの場合、少しの工夫で可能なのではないかと思う。
とにかく、みんな群れ過ぎである。

私の場合、危険なのは、食料品を買いにスーパーに行く時くらいだ。
いや、本来、スーパーでも問題ないはずなのだが、とにかく、近寄って来る人が多い。
レジで並んでいても、支払いを終えたら、次の人が、私の真後ろにぴったりくっついていて、後ろの人が手を動かしたら、その手が私の身体にぱーんと当たるということもあった。
しかし、1メートルとは言わないが、50センチくらいなら、十分に距離を取れるはずであるに関わらずである。
正直、私は元々、人に近付くのが嫌いなので、そんな人達には、言っては悪いが、ウイルスに関係なく身の毛がよだつのである。

ほとんどの勉強、仕事は、他人と接触せずに出来ると思うし、これを機に、それが標準である世の中になって欲しいと切に思う。
実は、私1人ではないだろうが、そんなことを思う多くの人々の思念が、新型コロナウイルスを生み出したのではないかと思ったりするのだ。
人間の潜在意識には、そのくらいの力は十分にあると思う。

昔、何かの本で、日本のシティーボーイは魅力がないということが書かれていた。
その理由は、緊張感がなく、弛んでいるからだ。
日本では、電車の中で、昔からであるが、特に今はスマホに気をとられ、平気で他人に身体を押し付ける若者が多い。
確かに、日本には、そんなだらしない者が多い。
だが、国によっては、そんなことをしたら、身体を押し付けられた相手がナイフや銃を出して、刺されたり、撃たれたりしても仕方がないという。
そんな危険な国の若者は、心が引き締まっていて、そりゃ格好良いはずである。
ただ、これはやや昔の話で、今は、アメリカやイタリアやスペインの若者も同じなのだろう。だから、オーバーシュート(爆発的感染拡大)が起こっている。
では、なぜ日本でオーバーシュートが起こらないのかというと、緊張感はなくても従順で、政府の自粛要請を案外に素直に守るからだ。
今朝、東京上野の恩賜公園や、渋谷駅近くのスクランブル交差点の様子がテレビで映されていたが、普段は大勢の人がいるのに、本当に人通りが少なかった。
それでもまだ、一部の連中が、あちこちで群れているが、そんな者達は例外的な馬鹿なのであると思う。
そして、政府の要請が伝わり難い難民がいないことも、他国と比べ感染が広がっていない理由と思える。

イタリアで、どこかの市長が、外で卓球をしている若者に「外に出るな。家でプレイステーションをやってろ」と言っていたが、さすがソニーのゲーム機は優秀だと、改めて思う。
そういえば、アメリカだったか、精神病院で、入院中の患者が新入りの患者に「大人しくしていれば、毎日、プレイステーションが出来る」と言ってたらしい。
では、私は、ニンテンドースイッチを買って、初音ミクさんのMEGA39'sでもやろうかなと思う。
プレイステーション版ゲーム(Project DIVA)でも良いが、MEGA39'sのアニメ調のミクさんの顔、結構好きなので(笑)。
スイッチかスイッチLiteかの選択の問題もあるが・・・
尚、私事であるが、初音ミクさんのライブ「マジカルミライ2020」のチケットの一次抽選で、インテックス大阪公演のSS席を得ることが出来た。
ただ、幕張メッセ公演は、全部落選した(笑)。
インテックス大阪公演は8月8日、9日で、幕張メッセ公演は12月である。
特に、大阪公演が開催されるかどうか心配な状況であるが、心配しても仕方がない。
ミクさんは天使なのだから、きっと大丈夫だし、中止になるなら、きっと天使的な理由があるのだろう。
私達が、他人を思いやる優しい心を持てば、自ずと道は開けると思う。

◆個人的絶対安全対策
新型コロナウイルスに感染すると、老齢でなくても重篤化することがあり、肺炎を発症すると、それは苦しいそうで、死ぬ場合すらあるので、不安な方も多いだろう。
だが、私は不安ゼロだ。
以下は、あくまで私の個人的な確信に基いており、正しいという保証は全くないが、さりとて、根拠のない自信ではなく、それなりの根拠はあると思っている。
とはいえ、やはり、個人的なものであることははっきりさせておく。
(1)免疫力強化 その1(ビタミン)
ビタミンCの大量摂取。ビタミンCには免疫力を高める効果があり、抗ウイルス性は高いという研究データもある。
また、ビタミンD3の抗ウイルス効果もあると思われる。これは、ビタミンK2と共に取ると良い。
(2)免疫力強化 その2(食品)
乳酸菌、納豆菌、ポリフェノールが免疫力を高める。
乳酸菌・納豆菌は、納豆、チーズ、ヨーグルト、キムチ、柴漬けなどに多く含まれる。
ポリフェノールは、紅茶、緑茶、ココア、チョコレート、赤ワインに多く含まれる。
(3)免疫力強化 その3(重曹)
重曹(じゅうそう)は炭酸水素ナトリウムで、体内にもある天然物質であり、調理、掃除、洗濯などに広く使われている。
また、健康に効果があると言われることもあり、毎日、重曹を水に溶かして飲む人もおり、これは未確認情報であるが、癌が重曹の摂取で治るという話もある。
重曹は無害で、また、極めて安価であるので、工夫して活用すると良いと思う。
(4)肺炎対策
WHOの医学者が、新型肺炎の自己投与治療薬として、解熱鎮痛薬のアセトアミノフェン(パラセタモール)を薦めている。
これは頭痛薬に含まれていることが多いが、私の家にあるもので、特に多く含まれているのは、
・タイレノール(TYLENOL)・・・1錠に300mg(1回1錠服用)
・エキセドリンA錠・・・2錠に300mg(1回2錠服用)
である。
ただ、タイレノールは、医者にも愛用者が多い頭痛薬だが、今、Amazonで扱っていないようだ。















  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ