女性は、ミニスカートやショートパンツなどを履いて、脚を見せると、脚が細くなる・・・なんて話を1度は聞いたことがあるかもしれない。
そして、それに対し、多くの人が、「ただのデマ」と思っていることだろう。確かに、その方が理性的だ。
だが、事実は、確かに細くなる。
もちろん、それなりの期間、継続的に脚を人目に晒す必要がある。
あいにく、沢山の成功事例を挙げるほどではないが、割と印象的な実例を見た経験と直観で、ほとんど断言出来る。
ただし、実際のところは、見られることに効果があるのではなく、「見られている」と思う自分の意識が重要なのである。
そして、「見られている」という意識に立ち向かうように、自分で「細くなれ」と思い続ければ、そうならないはずがない。
人間というのは、心からの願いは叶うようになっているのだから、脚を細くする程度のこと、お茶の子さいさいである。

では、中年のおじさんが、出っ張った腹を出せば腹が引込むかというと、確かにそんな場合もあるだろうが、そもそもが、そんな(醜い)ものなんか誰も見ないのは分かりきっているし、自分でも、さして腹を引き締めようという気はないだろうから、ほとんど効果はない。

何かの本で読んだ、こんな話がある。
ある男子大学生がモテモテで、彼女が沢山いた。
その男子大学生は、確かに、女の子に積極的に声をかけるのだが、実は、その男子大学生は脚に障害があって、普通に歩けなかった。
それで、ある時期までは、あまり外出せず、脚のことでの劣等感もあって、女の子に声をかけることは全く出来なかった。
しかし、ある時から、非常に勇気を要したが・・・と言うより、モテモテの今ですらひどく緊張するらしいが、女の子に声をかけるようにしたようだ。
そうしたら、気がついたらモテモテになっていたのだ。

人間というのは、自分の欠点や弱点を意識した方がうまくいくというのは、ほとんど法則と言っても良い。
私の知り合いに、身長が160cmもないのにモテモテの男がいる。
それで、170cm以上の女性にも堂々と声をかけ、仲良くなってしまう。
しかし、聞いてみたら、背が低いことは、それなり以上に気にしているようだった。
また、少し前、アメリカ人で、若いのにハゲている男性がいたが、彼は、
「俺はハゲていることを神に感謝している。それを気にせずにいることで男らしさを見せられるのだ。おかげで俺はモテモテだ」
と言う。

このように、自分の弱いところを自分で意識することは、凄い武器になるのである。
言い換えると、人間というのは、何か障害があった方が、集中力や創造力が発揮しやすいのである。

さてでは、この折角の力・・・障害が力になる・・・をどう使おう。
例えば、「金がない」というのはどうだろう?(笑)。
金がなくて、人に頼ったり、「世の中が悪い」なんて逃げたり、言い訳をせず、まずは、金がないという事実と向き合えば良い。
だが、「金がない」という現実に心が負けてはいけない。
そこで、腹に力を込めるのである。
これは、脚が太いとか、腹が出ているとか、ハゲている場合でも同じである。
腹に力を込めれば、腹からエネルギーが湧き、勇気が出るのである。
力を込めるのは、ヘソのあたりで良いだろう。
別に、凄い力を込めなくて良い。少しでも良いのだ。
腹に息を吸い込むだけでも良い。
何と、それだけで、もう逆転が始まっているのだ。
これは本当である。
「金がない」「じゃあ、ヘソに力を込めよ」
これで良いのである。
明治・大正の偉大な教育者、岡田虎二郎が、
「金?腹に力がつけば金はいくでも出来ますよ」
と言っていたのは、全くの真実である。







  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ