新型コロナウイルスであるが、皆、頭では、少なくとも今のところ、自分が感染する可能性はほぼゼロだし、感染したとしても、健康であれば軽い症状が出るだけ(もしくは無症状)で、むしろ、一度感染したら免疫が出来てより安全になる・・・ということは解っていても、連日のマスコミの報道を見ると、いろんな意味で不安になるかもしれない。
毒性は低いと言っても、感染者の死亡率は非常に高いし、現在のところ、このウイルスに感染した場合の有効な治療法はなく、政府も「うがい、手洗い」などの、当たり前のことを、長ったらしくて面白くない文書にして出すだけで、ほとんど誰も見ていない。
また、同じ医者同士が、「マスクは不要」「マスクは有効」と正反対のことを平気で言う等、職業倫理を持っていないとしか思えない(そんなことが当たり前の業界は倫理観に欠けると私なら判断する)。

政府も医療も、全く頼りにならないのであるから、人々が不安になるのは仕方がない。
ところが、私は全く安心している。
完璧なウイルス対策が出来ているからだ。
ただ、正しい対策であると自分では信じているが、間違いかもしれない。
しかし、間違いかもしれなくても、有害なものでない限り、頼りになると思う対策を持てば心が落ち着く。その効果は計り知れない。

ウイルスに対抗するのは、個人の身体の免疫力だ。
免疫力が高ければ、ウイルスに感染しても、速く免疫が作られ発症を軽く抑えることが出来る。
だから、何をおいても免疫力を高めれば良い。マスクでは免疫力は高まらない。

ビタミンCはウイルスに対する高い免疫力を発揮することは間違いないと思う。
医師の多くは「そのような(ビタミンCが抗ウイルスで効果があった)事実は無い」あるいは「疑わしい」と言うが、世間的な医師はそう言うものであろう。
だが、ビタミンCの有効性を認めている善意の(少数派であることを恐れずという意味)医師もいて、その中には実際にビタミンCで実績を上げたり、証拠となる論文を示すことが出来る人もいると思われる。
ノーベル賞を2度受賞し、人類屈指の科学者と言われることもある量子化学者のライナス・ポーリングは、ビタミンCの治療効果や健康増進効果を実証したが、それを否定する医療関係者も多いと思う。私は、そのこと(ポーリングが否定されること)について、個人的には、ビタミンCみたいな馬鹿安いもので病気が治ったら、医療や医薬品で儲けている者達が困るので、ポーリング否定論が作られたのだと思ってる。
それが事実かどうかは分からないが、私は実際に、医療にはどうしようもない不信を感じさせられた体験が多々あるし、対して、ビタミンCの効用についてはつじつまが合うとしか思えないので、個人的にではあるが、ビタミンCを一般医療の千倍信じている。

また、これは一般的にも認められていると思うが、免疫力を高める食品を摂ると良いと思う。
乳酸菌、納豆菌は免疫力を高めると考えて良いと思われ、これらを多く含む、ヨーグルト、チーズ、柴漬け、キムチ、納豆を食べると良いだろう。
私は、納豆は毎日欠かさず食べている。
また、ポリフェノールも免疫力を高めると言われており、緑茶、紅茶、コーヒー、ココア、チョコレート、赤ワイン等には、ポリフェノールが多く含まれてる。
私は、チョコレートが大好物なので、特にカカオポリフェノールを多く摂れることが期待出来るブラックチョコを中心に、沢山(もちろん節度ある量で)食べている。

以前は、EM医学会のようなものがあり、EMが免疫力を高め、細菌やウイルス対策に有効で、癌にも効果があるという文書も見、それも本当なのかもしれないが、飲料用のEM-Xは相変わらず高価なので、個人的には興味を失くした。お金のある方は、自分で確認の上、試してみても良いのではと思う。
まあ、ビタミンCにしろ、EM-Xにしろ、言うまでもなく自己責任で使うことになるが、私は、医療が責任を取ると思えない。だが、医療が責任を取らないことは良いことでもあると思う。もちろん、医者は誠意を持って努力して下さっていると思うが、自分の健康の責任を持つのは自分である。

こんな話がある。
有名なプロレスラーのジャイアント馬場さんが読売巨人軍の野球選手だった時(60年も前のことだ)、脳腫瘍が出来、どの医者にも手術を断られたが(現代の医学でも難しいと思う)、ただ1人の名医が手術を引き受けた。馬場さんはその医者に「俺の命、保証してくれますか?」と尋ねると、その名医は「医者は指1本切る時でも、命の保証はしないんだ」と言ったらしいが、馬場さんは、その医者を本当に偉い医者だと言ったらしい。

また、腕振り運動も、免疫力を高めるから、関英男氏(工学博士。電波工学の世界的権威)も、胃癌を医療にたよらず、これ(腕振り運動)で治してしまったのだと思う。
物理学者の三石巌氏(理学博士)も、医者に3年以内に失明すると宣告された白内障をビタミンCの大量摂取で完治させたが、関英男博士の著書『宇宙学序章グラビトニックス』にも、白内障で失明状態の人が、朝800回、夜1000回の腕振り運動で、4週間で視力を取り戻したことが書かれており、これも、免疫力と関係するのだと思う。

私も、安価なビタミンCと腕振り運動で、新型コロナウイルスに対しても全く不安はない。
とはいえ、あくまで個人的見解であり、何の保証をするものではないが、これを機会に、先程も述べた通り、自分の健康は自分で責任を持つ心構えを持つと良いと思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ