中学生や高校生がなりたい職業の1位、あるいは、上位に、YouTuberがある。
これに関して、批判的な向きもあろうが、私は、そんなに間違っていないと思う。
別に、YouTubeに限定される必要はない。
YouTubeは2次元のビデオだが、3次元で配信を行うものもあり、2次元・3次元も、今後、いろんなものが増えていくだろう。
何なら、自分で作っても良い。
つまり、クリエイティブであれば良いのであり、今は、たまたまYouTubeが一番流行っているので、そこにクリエイターが集まっているだけだ。

カーン・アカデミーという、教育の形を根本的に変えてしまった教育ビデオ・コンテンツもYouTubeの教育ビデオから始まってるが、ここまで大きくなったのは、コンテンツが良かったからだ。
ただ、カーンは、別にこれで儲けようとか、教育改革を起こそうとか、まして、有名になろうと考えたのではない。
まずは、子供たちに、分かり易く、そして、楽しく勉強させてやりたかったのであり、また、落ちこぼれを救おう、さらに、教育の機会が与えられない子供を無くそうと思ったのだ。
そして、カーンは、そのために役に立つ教育コンテンツを作ることが楽しかったのだ。

自分が作ったビデオによって、他の人の役に立つことが嬉しいと感じるようでないと、良いYouTubeにはなれない。
残念ながら多くみかけるが、単に受け狙いのもの、自分が目立ちたいだけのもの、そして、儲かりさえすれば良いものを作ろうとすれば、一瞬はうまくいっても、すぐ駄目になる。

持っている予算の中で、みんなに喜んでもらえるものを作るためにクリエイティビティー(創造性)を発揮するというのは、いかなる仕事でも共通する成功の原則なのであるから、それを持っていれば、他の仕事で成功するのと同様、YouTuberでも必ず成功出来るはずである。
ところが、「YouTuberで成功出来るのは千人に1人、万人に1人」などと言われるのは、今はまだ、さっき述べたビジネスの成功の鉄則を知らないYouTuberが多過ぎるからである。
それでいえば、コンピュータープログラマーも同じようなところがあるのだ。つまり、コンピュータープログラマーがいくら足りないと言ったところで、お客様の役に立ち、喜んでもらおうという心がけのあるプログラマーでない限り用はなく、実際、そうでないプログラマーは、仕事を得るのに苦労しているはずだ。プログラマーだって、本当に、そういった、真のビジネスマインドを持っていれば、開発会社に入る必要がないなかりか、日本のソフト開発会社の多くは、お客様のことを温かく思いやるマインドに著しく欠けているので、そんな会社には入らない方が良いくらいだ。
(※良い開発会社が、単に「ご親切」、つまり、客の言いなりになるというのではないのは当たり前だが、そんな誤解をする未熟な者も多いので、一応、断っておく)
そして、今後は、いかなる職業であれ、お客様の役に立ち、喜んでもらうために創造性を発揮出来るなら、就職する必要はなくなる。
そのためには、学校の勉強のようなものではなく、自分が好きなことで、真剣に、それなりの期間、打ち込めるものを持たなくてはならない。
プログラミングもその1つだし、絵やビデオの制作、音楽や小説の制作、デジタル技術や機械の開発など、道はいくらでもある。

今こそ、何かに打ち込み、それを楽しむことが必要である。
受験みたいな無駄なことばかりに時間やエネルギーを費やしていたら、一生、強い者にしがみつくだけの奴隷でいるしかない。











  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ