どんなことでも、10年間、たゆまずやれば、かなりの腕前になる。
ピアノだって、10年、少しずつでも毎日練習すれば、ピアニストとは言わないまでも、かなりの腕前になるはずだ。
今、ピアノを一曲だけ、それなりの腕前で弾けるようになるレッスンが流行っているらしいから、ピアノも、案外簡単かもしれない。

私のように何百年もプログラミングをしていると(♪)、プログラミング言語自体は何でも同じだが、私は、アプリを作ることより、データ操作やデータ処理に関心があるので、VBAと、後、SQL言語が使えれば十分だ。
SQL言語といっても、ぱっと見て分からない複雑なものは書きたくないので、複雑なデータ構造を定義する時は、Accessで言うクエリー、SQL Serverで言うビューを、もっぱら使う。
そうそう。VBAが使えるようになったら、SQL Serverを使えるようになると良い。そうすると、ExcelやAccessを使って、巨大データベースを扱えるようになる。
そのために、少し、SQL言語も使えるようになれば良い。
このように、VBAは、Excel内で使うだけでも十分に強力だが、その先に無限の可能性があるのだ。
ちなみに、SQL Serverは、無償のExpress版でも、企業のそれなりのシステムでも、十分使える。実際、中規模の企業の基幹システムで使われていることも珍しくはない。
ましてや、個人用途や、ちょっとしたデータを使うアプリなら、大抵は余裕綽々だ。

世間的に認知されたものばかりではない。
超能力だって、10年、絶えず訓練すれば、必ず身に付く。
超能力と言っても、テレパシーやサイコキネシス、あるいは、念写といった、あまり実用的でないものより、『エル・カザド』の、私の気に入りのキャラクター、エリスが使う魔法のようなものが良い(いきなりアニメの話で恐縮だ)。
エリスの力は、素粒子(電子等)の動作を支配するというよりは、最新の知見によれば、素粒子と意思の疎通を行って、動いていただくというものだ。
それは、ある程度、量子力学的にも可能性があると思うが、おそらく、実際に可能だ。
だから、希望の状況(ただし、欲張らずに)になるよう、空間に偏在するエネルギーに願ってみると良い。
元々、人間は、そんなことが出来る能力があるので、コツを掴めば、割と出来るようになる。
名人になるには10年かかるが、毎日、楽しみながらも弛まずやれば、案外に早く出来ると思う。








  
このエントリーをはてなブックマークに追加   
人気ランキング参加中です 人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ