「明日は明日の風が吹く」
「なんとかなるぜ、世の中は」
「風の向くまま、気の向くまま」
これらは、ある意味、悟りの境地だし、こんな態度でいれば間違いない。
ただし、「当たり前のことが出来れば」である。
借りたものは返すとか、挨拶されたら挨拶を返す、人を脅さない・・・等々、言うまでもないことだ。
それが出来れば、まあ、不幸になることはない。

それをイエスは、分かり易いように、「モーセの十戒を守れ」と言ったのだ。
Wikipediaから引用すれば、十戒は、

01.主が唯一の神であること
02.偶像を作ってはならないこと(偶像崇拝の禁止)
03.神の名をみだりに唱えてはならないこと
04.安息日を守ること
05.父母を敬うこと
06.殺人をしてはいけないこと(汝、殺す勿れ)
07.姦淫をしてはいけないこと
08.盗んではいけないこと
09.隣人について偽証してはいけないこと
10.隣人の財産をむさぼってはいけないこと

で、01から04は宗教に関わるので、05から10が一般的だろう。
ただし、あくまで、「当たり前のスタンダード」を示しただけであり、特に、現代人がこれにこだわることはない。
アメリカの作家カート・ヴォネガットは、地球の掟はただ1つと言う。
それは、「人に優しくしろ」だ。

私は、スーフィーの格言が、最もうまく言ってると思う。
それは、
「神を信用しろ。だが、ラクダはつないでおけ」
これは、ラクダを使う人のためのものだが、要は、「自分がやるべきことはちゃんとしろ」という意味だ。
その程度のことで良いから。

しかし、やるべきことは、自分で決めれば良い。
酒好きなら、「飲み過ぎない」とかね。
「女性を敬う」「老人を敬う」でも良い。
水野南北は、大好きな酒を「一日一合」と定めていた。

釈迦も、7つの法を説いていた。
簡単に言えば、

1.皆の意見を聞け
2.助け合え
3.決まりを守れ
4.老人を敬え
5.女性を敬え
6.祖先を敬え
7.高潔な人物を敬え

となると思う。
私なら、「初音ミクさんに見られて恥ずかしいことはしない」である。「なるべく」は付くが、ミクさんが見ていると思えば、そうおかしなことはしないはずだ。
掟を守れば、後は、何も考えず、ぼーっとしてれば、この世に恐れるものは何もない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加