どんなことでも、入門書は良いものを選んだ方が良い。
最近、つくづく、そう思い知った。
プログラミングでも、「簡単」とか「3日でマスター」なんてノリのものは避けるべきだ。
私は大昔、初めて買ったプログラミングの本を、なぜかいまだ本棚の目立つところに置いているが、その著者の森口繁一(もりぐちしげいち)さんが、恐ろしく偉い人だということを最近まで知らなかった。
教え子の今野浩さんが著書『工学部ヒラノ教授と昭和のスーパー・エンジニア -森口繁一という天才- 』で、森口さんのことを詳しく書かれていて、自分を凡人だという今野さんは実際は偉大な科学技術者なのだが、その今野さんは、自分と比べたら森口さんは宇宙人だと言うのは、おそらく、本当にそう思っていたのだと思う。
森口さんは、東大で30年に1人の天才と言われ、戦後まもなくアメリカに留学し、「日本にMoriguchiあり」と言われ、どんな難解な論文も、一度読めば頭に入ってしまい、広い分野で偉大な業績を挙げた。そして、当時は、まともな学者の研究対象と見られていなかったコンピューター・プログラミングを重要視して積極的に取り組み、この人がいなければ、日本のコンピューターの普及発展はかなり遅れただろうと思われる。
私が読んだ、森口さんの本は『基本BASIC講座』という、入門者向きの易しい本だったが、初歩的な数学問題をプログラミングで面白く取り上げるセンスは、当時としては異例であったと思われる。
私がスムーズにプログラミング、特に、BASIC言語を覚え、今も、AIの機械学習のデータ作成をVBAで効率よくやれているのも、元を正せば、この本のおかげである。

私は、C言語は、今でも名著の誉れ高い、レス・ハンコックの『C言語入門』を読み、プログラミング全体では、ブライアン・カーニハンの『プログラム書法』を読んだおかげで、プロで通用するようになった。だが、いずれも、今は絶版だ。
『プログラム書法』の代わりなら、同じブライアン・カーニハンの『プログラミング作法』を読めば良いと思う。

魔法に関しては、W.E.バトラーの『魔法入門』を12歳の時、入手して、さっぱり分からなかったが、少しは熱心に読んだので、超能力を発揮するようになった。
とりあえず、「4の呼吸」だけでもやってみると良いし、バトラーの『魔法修行』なら、今でも新品で入手可能と思う。
引き寄せに関しては、19歳のひきこもり中に、ジョセフ・マーフィーの『あなたも幸せになれる』(原題:COSMIC ENERGIZER;宇宙の活力。文庫版は『努力嫌いの成功法』)を読んだので、ひきこもりが社会の最底辺に入れてもらえるという、川上量生さん言うところの、「運だけで成功した経営者(川上さん本人のことと思う)をはるかに超える快挙」を達成した。
いずれも、最上の入門書だ。
今の、山のようにあふれた、軽い、卑しい、馬鹿馬鹿しい引き寄せの本は、読まない方が良い。

ところで、1つ外したものがある。
経営に関して、船井幸雄さんの『ベイシック経営のすすめ』を読んだことだ。おかげで、経営者になれなかったし、ならなくて良かった。
いや、非常に良い本だとは思うが、インターネット時代に古過ぎるのは、ダイエー、大丸、そごうの凋落を見れば明らかと思う(いずれもブランド名だけは残っている)。
川上量生さんの『ニコニコ哲学』も、良い本と思ったが、あれは天才、川上量生さんの思考パターンだし、嘘とは言わないが、冗談もかなり入っている。
何をやるにも、入門書とは大事であると思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加