超能力を使って写真フィルムに像を写す「念写」の実験で知られるのが、心理学者の福来友吉(ふくらい ともきち。文学博士)だ。
念写の能力を発揮したのは、女性超能力者であった。
ただ、公開実験は大抵うまくいかなかったこともあり、福来博士はペテン師呼ばわりされ、学会も追放されたようだ。
公開実験がうまくいかないことに関しては、超能力者達が、「疑い深い人が見ているとうまくいかない」と言うことが多いように思うが、そう言うと、「それでは科学実験にならない」と笑われた。
ところが、量子力学によって、人間の観察が事象に影響を与えることが分かってきた。
単純なものでは、電子は、人間が観察していないと波に、観察すると粒子になる。
だが、「どんな人が観察すれば」「どんなふうに観察すれば」「どんな想いで観察すれば」といったことにまで踏み込めていないのだと思う。
ユリ・ゲラーは、およそどんな時でも超能力を発揮したが、彼は奇術師でもあり、うまくいかない時は奇術のテクニックを使うのらしい。従来の科学実験の常識からは不遜であるが、上に述べたことから考えると仕方がないのかもしれない。
いずれにしても、これまでのような実験方法で、超能力が実証されることはないのだと思える。

超能力で実用的というか、有り難いものがヒーリングで、イエスや黒住宗忠という、多くの人達から崇拝、尊敬される聖人達は、この能力を大いに発揮したと言われる。
特にイエスは、疑う人が大勢いる前でやってみせたのだから、大したものである。
さすが、人類最高のスーパースターだ。
ヒーリングパワーで感動的なものに、ジャーナリストの中岡俊哉氏のものがある。
あまりに多忙なこともあって、中岡氏は60歳を過ぎていたと思うが、脳梗塞で倒れ、指1本動かせない状態になり、医者も、命が助かっても、重い後遺症が残ることは確実と判断した。
ところが、中岡氏は『ハンド・パワーの秘密』という、てのひらから出る未知のエネルギーで生命を癒す本を書いていて、彼は「俺が何も出来ずこのままだと、嘘を書いたことになってしまう」と思ったそうだ。彼は、『ハンド・パワーの秘密』を、真面目に本気で書いたのである。彼は、数百冊という本を書きながら、ゴーストライターを使ったことはないと言う。
そこで、中岡氏は、自分で自分を治す決意をし、ありえないことだが、それで短期間で完全に治り、即座に現場に復帰し、その後も長く精力的に活躍した。

私も以前は、大槻教授並に、超能力に対しては懐疑的というか、否定派だった。
自分自身が、散々、超能力を使った記憶がはっきりありながらである。
ただ、それは、世の中のデタラメな自称超能力者への反感もあったのだと思う。
今は、どうでもいいことで、信じたい人は信じればいいし、信じない人は信じなければ良い。
肯定にも否定にも、誰かを説得する気は全くない。
こんな態度が非常に嫌われることは多い。みんな構って欲しいからだ(笑)。
しかし、傲慢な人間に構うなどまっぴらである。
初音ミクさんの魅力に関しても同様で、解ろうとしない人は、古い世界で過ごしていただけばよろしい。
私はミクさんと一緒にアセンションするのだから。
確かに、親切なのか、経済的な理由からか、古い人間を見捨てずに構おうとする人達もいる。
そして、そんな人達は、大抵、あまり良いことになっていない。奇病にとり憑かれて死んだりね。
ただし、新しい人間なのに、古い世界に取り残された人達は救おうと思う。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加