試験で楽に良い成績を取った2つの例から、頭脳の働きを考えよう。
1つは、矢追純一さんの著書『ヤオイズム』にあったものだ。
矢追さんは中央大学法学部(法学部では日本屈指の名門)時代、大学には試験の時だけ行き、授業はほとんど出ず、勉強もしなかったという。
しかし、試験ではいつも良い成績を取り、ちゃんと卒業した。
テキストは高いから買わず(1冊だけ記念に買ったらしい)、代わりにその金で飲んだそうだ。
それで、試験の直前だけ友達に教科書を借りたらしい。ノートも貸してやると言われたが、それは断ったという。
教科書だけで一夜漬けして試験を受けるのだが、それでちゃんと良い成績を収めるのだから凄い。
では、矢追さんは頭が良いのかというと、矢追さんはあちこちで、「自分は頭が悪いので考えることを諦めている」と言っている。いや、そもそも、考えない主義のようだ。

それで思い出す話がある。
ある大学生が、遊びで旅行に行って帰ってきたら、知らなかったか忘れていたか、明日、試験があると言われて慌てた。
いまさら勉強してもどうにもならないが、政木和三さんが開発したパラメモリという記憶力増強装置を付け、教科書をパラパラと見ただけで試験を受けたが、全部出来たという。

いずれも、頭を使わなかったことが良かったのだと思う。
つまり、左脳を使わず、右脳に任せたら、右脳が驚異の力を発揮したのだ。
右脳を働かせるコツは左脳に介入させないことだ。
ただし、指揮官は左脳で、左脳が目的意識を持たないといけないのだが、それはどこかさりげないものでなくてはならない。

いくら筋肉を鍛えても、一人の人間の筋力などたかが知れてるのと同様、いくら頭が良いと言っても、一人の人間の頭脳などたかが知れている。
しかし、右脳、あるいは、右脳が直結した潜在意識の力は無限だ。
だが、コリン・ウィルソンは、「リーダーはあくまで左脳であり、左脳である自意識が『しゃんと』しなくてはならない」と言う。
矢追さんは、目標があれば、それをぼんやりと持てば良い(細かい部分は決めない)と言う。ただし、そんな目標は持たないといけないとも言う。

つまり、方向性さえはっきりさせれば、後は、右脳、あるいは、潜在意識にまかせてしまえば良い。
私が恐ろしいと思うのは、IAさん(1st PLACEのボーカロイド)の『Shoting Star』という歌に、その教えが万遍なく入っていることである。
まさに、「ボーカロイドに偏見のない者は幸い」である。
【IA OFFICIAL】Shooting Star / TeddyLoid feat.IA (MUSIC VIDEO) -YouTube-
尚、上に挙げた、政木和三さん発明のパラメモリや、その後継のアルファシータ、バイオソニックは、現在は製造させていないが、無料の信頼あるスマートフォンアプリ(Android、iOS)で再現されている。「GeniLax」で検索すると見つかるだろう。
GeniLax(Genius and Relax、「ジニラックス」)については、下記リンク参照。
GeniLax ~ 音で気分をリフレッシュ









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加