自分のことはもちろん棚に上げるが(笑)、現代人が救いようがないほど愚かであるのは、「優越感」を渇望するからだ。
なぜそうなったかは細かい話なので省くが、誰もが「優越感」に飢えている。
「優越感」と言うよりも、ディール・カーネギーの言う「自己重要感」と言っても良いかもしれない。
カーネギーも言う通り、これ(自分は優れている、自分は重要であるという確信)が人間最大の願望だ。
カーネギーは、それ(自己重要感)を他人を操るために利用する方法を説いたが、それが強いと愚かになるから、それを消すという大切なことは、あまり説かなかったと思う。
人間の愚かな行いは全て、自己重要感、あるいは、優越感を求めてのことだ。
電車の座席で、男が短い脚を精一杯開いて座ったり(笑)、長く見せたくて(笑)大袈裟に組んで見せるのは、「俺はこんだけ立派なんだぞ(だから偉い?)」という悲しい訴えなのである。
老人になって、実力で優越感を示せなくなると、特に、そんなことをしたがるのはまだ分かるが、若い時から誉められるべきものが何もないと、そんな老人の真似をするのである。そして、今は、そんな若者や中年があふれかえっている。
言うまでもないが、老人でも、実力に自信があれば、そんな愚かな真似はしない。

言っては悪いが、あなたも根本的にはそうなのだ。
だが、優越感を捨てれば、面白いことに、万物が敬ってくれる。
イエス・キリストの宴席の話がとても良い。
進んで上座に座ると、「恐れ入ります。あなたより偉い人が来ますので、下座に下がって下さい」と言われて恥をかくが、下座に座ると、「どうか上座にお着き下さい」と言われるのである。それは、人によってではなく、宇宙を統べる見えない存在によってである。
今日から、椅子に座る時も、きちんと、出来れば、小さくなって座るのだ。
そうすれば、王者に見えるようになる。

せっかく、Excel VBAをマスターしても、それで優越感を持てば、活躍するチャンスに恵まれない。
しかし、その力で奉仕するつもりなら、その能力が称賛され、敬われる流れになる。
見えざる絶対的な力によってね。

だが、誤った優越感を持たないために、自己制約(自己抑制)をしようとしても、なかなかうまくいかない。
実を言えば、自己を制約する力の倍の(やがては数十倍以上の)力を、神は人間に与える。
しかし、意思の力で自己制約するのは難しい。
そこで、合掌したり、手を胸に当てるのである。
合掌は、てのひらをぴったり合わせ、少し強く押すと、霊的エネルギーが活性化し、願いも叶う。
胸に手を当てる時は、どちらの手でも良いし(多少、効果に違いはあるが)、両手でも良いが、胸の中央から指2本分右のあたりを抑える。
光のパワーを発し、目に見えるチャチな優越感、自己重要感などどうでも良くなる上に、運に恵まれ、超能力まで発揮するのだから、やらずにいられようか?
この知識を得たことに謙虚に感謝すれば、もはや無敵なのである。








↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加