人間は、どうやってでも精神力を高めなければならない。
精神力と言うと、曖昧、抽象的であるが、「自信」「集中力」「イメージ力」であると言って良いだろう。
この世界は、想いが現実になる世界であり、この想いを現実にする力は、ひとえに精神力にかかっている。
では、精神力を鍛えるのはどうすれば良いか?
まあ、「修羅場を潜り抜ける」という、本当だが気後れする話は置いておく。

根本は繰り返しである。
ただし、自主的な繰り返しであり、やらされた繰り返しでは、大きな精神力は得られない。
だから、良い指導者というものは、実際は強制しているような繰り返しでも、生徒が自主的に取り組むように、うまく工夫するものだ。
だが、「うまく工夫しているつもり」の下手な指導が多いものであるが・・・

自主的であれば、イチローやテッド・ウィリアムズのように、時間があれば延々バットを振ったり、エドガー・ケイシーや武術家のベニー・ユキーデのように、毎日、一定の時間、聖書を読んだり、大数学者、岡潔のように、毎日、念仏を唱える等で、強い精神力を持て、現実世界を自分の望むようなものに出来る。
『ソードアート・オンライン』は、精神が仮想世界で活動するのだから、より精神性が鮮明になる様子が分かるが、面白い話がある。
精神的には醜く歪んだ貴族であっても、自分が貴族であるという自負は、強い精神力になるのである。この「自分は貴族で、優れた偉い人間である」という想いも、子供の時から、親にうまく方向付けされて繰り返し強化したものであろう。
また、『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』で、ベル・クラネルが驚異的なスピードで成長するのは、アイズ・ヴァレンシュタインに対する憧れから精神力を高めているからだ。
「憧れ」は強い集中力を生み、その想いが長く継続的に続けば、強い精神力になる。
このように、どんなことだって、集中し、繰り返すことが出来れば、強い精神力となり、自信を得、自信があれば、世界は自由に創造出来る。
伝説であるが、徳川家光は、子供の時、1本の立てた棒に木刀を毎日打ち込み、精神力を鍛えたが、家光が自主的にそうするようになったのは、柳生宗矩が、真剣で鉄の兜を切って見せ、それが出来るようになる修行方法であると言ったからであると云われている。
毎朝2千回の腕振り運動を決して欠かさなかった関英男博士は、90歳を過ぎても、世界中を飛び回って研究をしていた。
無論、関博士は腕振り運動だけやっていた訳ではないが、「何か1つ、必ずやるもの」を持っていることが大切である。
だが、むしろ、それがない方が問題である位に思った方が良い。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加