私が、先月(2019年6月)23日に始めた四股踏みは、一ヶ月を越えたが一日も欠かさず続けている。
初めの頃は、一度に数十回、一日で百回程度だったが、ある時から、一度に百回、一日では、平日は300回、休日は500~600回である。
以前、何度か書いたが、私の四股は、相撲の四股とはやや異なり、大東柔術の達人、佐川幸義さんがやられていたものを参考にしたものだ。
佐川さんの高弟で、数学者でもある木村達雄さんは、佐川流の四股を一日に千回以上、多い時は一万回も踏んでいたらしい。
佐川さんは、四股を非常に重要視していたらしく、その効果について「腰を作る」という抽象的な言い方をしていたようだが、少しは分かる気がする。
私のやり方は、自然に立った姿勢から、片脚を斜め前に上げ、柔らかく降ろし、降ろした後で、やや腰を落とすというものだ。基本的に、佐川式と同じと思う。
私は、まだ始めて一ヶ月だし、回数も少ないので、四股についてそれほど解る訳ではないが、単なる筋肉のトレーニングとは異なる、未知なる効果があるのではと感じている。
私は、長い間、スクワットをやっていたが、スクワットは苦しい運動で、無理にやっていたところがあるし、油断をすると身体を痛めることも少なくなかったが、四股は楽しく、毎日進んでやりたいと思うもので、思いついた時に、準備運動なしでやっても、最初の数回を特に柔らかくやれば、身体を痛める恐れはない。

ところで、腕立て伏せは相変わらずやっていたが、腕に関しても、良い運動がないかと思っていた。
相撲には、鉄砲という独自のトレーニングがある。
テレビで見たことがあるが、太い柱に布を巻き、これを手のひらでバシッ、バシッと突くのである。
これは、良いところもあると思うが、私には向いていない。
そこで、四股を参考に、こんなことを始めた。
腕立て伏せの姿勢で、やや脚を開き、片手をすっと上げる。上げると言うよりは引くという感じだ。腕を上げると、身体もやや傾く。
そして、上げた腕を、柔らかく床に降ろす。
これだけで、いわば、四股をそのまま腕でやるような感じだ。
やってみると、ほんの少し、身体がねじれる感じで、全身に心地良い刺激があり、始めて一週間程度ということもあり、30回もやれば、ややシンドイが、悪いシンドさではない。
皆さんも、一度はやったことがあると思うが、腕立ての姿勢で、脚を誰かに持ってもらって、腕で歩行するというトレーニングがあるが、あれとやや似た感じもする。
この、腕でやる四股を、何と呼ぼうか考えた。
腕四股、床鉄砲・・・あたりで良いと思うが、四股同様、こちらも、相撲式に鉄砲と呼ぶことにする。
私が四股を踏むきっかけになった、楽進さんのコメントの通り、私の四股を「なんちゃって四股」、鉄砲を「なんちゃって鉄砲」と呼ぶのも楽しくて良いと思う。
私は、敬愛する貝木泥舟(かいきでいしゅう。西尾維新さんの小説『物語シリーズ』のキャラクター。中年詐欺師だが、得たいの知れない男)同様、偽物・・・即ち、「なんちゃって」が、大好きである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加