成功者に、「あなたの成功の秘訣は?」と聞き、彼がいろいろ言うなら、それは、嘘か、彼の思い違いかはともかく、あなたの役には立たない。
正直で賢い成功者は、皆、言うはずなのだ。
「運が良かったのさ」
あるいは、「たまたまさ」と言うかもしれないが、「ツイてた」ことが、成功の唯一の要因だ。

では、自分の成功は幸運と認めている成功者に、「どうすればツクのか?」と尋ねて、「それはこうじゃ」と言うなら、それは、嘘か、彼の思い違いかはともかく、あなたの役には立たない。
だが、一人、良いことを言う成功者がいたと思う。
それは、
「欲張らないことさ」
である。

ポーカーをやっていて、そこそこ良いカードが揃ったら、それ以上カードを取らない者がトータルで勝つ。
そのようなプレイヤーをグラインダーと言うらしい。
欲張る者は、結局、全てを失う。

イエス・キリストが、こんな話をしている。
ある農場主が、収穫で忙しい時期に、朝、1万円の日給でアルバイターを集めた。
昼になって、まだ足りなかったので、また1万円でアルバイターを集めた。
そして、夕刻にも、1万円でアルバイターを何人か雇った。
支払いの際、朝から来ていたアルバイターの中には、夕刻から来たアルバイターが自分と同じ1万円を受け取るのを見て憤慨する者がいた。
だが、朝から来ていても、1万円で満足する者が最後は勝つ。
この話を聴いて、夕刻から来て短時間で1万円と欲張る者は、仕事が得られなくなってしまうのである。

だが、成功者のぽろっとした言葉が、案外に値千金であることもある。
昨日も取り上げた、とても怪しいと言われることもあるが、まごうことなき大成功者であるユリ・ゲラーは、「自分は宇宙人に操られているロボットだ」と怪しいことを言ったらしい。
しかし、なんと素晴らしい。
本当にそうなのか、あるいは、彼がそう思っているだけなのかは、まあ、どうでも良い。
彼が、冗談を言ったのだとしても、何の意味もない訳ではない。
インドの聖者、ラメッシ・バルセカールによれば、人間は全てそうなのである。ただ、バルセカールの場合、操っているのは宇宙人ではなく神であるのだが。
インド神話『ラーマーヤナ』で、ラーマは打ち倒した宿敵ヴァナラに教えを乞う。
ヴァナラは、「私心あるならやるな。私心がないならやれ」と教えた。
ロボットに私心はない。
よって、ヴァナラの教えを実践するのである。
Google社員は、インターネットの神の意思の通り、BUMP OF CHICKENの藤原基央さんは音楽の意思の通りに開発し、プレイする。
初音ミクさんも、音楽の意思を純粋に実現するので、どこまでも行けるのである。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加