「なんちゃって」とは「偽物」という意味である。
西尾維新さんの人気小説『物語』シリーズ(20冊以上)の中の『偽物語』で、私が大好きなキャラクター貝木泥舟(かいきでいしゅう)は、「偽物は本物より圧倒的に価値がある」と言う。
物語シリーズの主人公、阿良々木暦(あららぎこよみ)の2人の妹は「正義の味方」を標榜(自己主張を公言すること)するが、暦は、彼女達の正義は「偽物」だと断じる。
だが、偽物だと断じはするが、暦はそれが嫌いだとは言わない。
そして、妹の一人は、実は偽物で、人間ではなく怪異(妖怪の類)であるが、それを知りながら、暦は彼女をもう一人の「本物」の妹と分け隔てなく愛している。

手塚治虫さんの漫画『マグマ大使』で、ある寺の住職の娘が、一人娘だったはずが、ある日突然双子のようにそっくりな2人になる。
片方は、本物の人間にすり替わって地球を乗っ取るために、悪い宇宙人に送られた「人間もどき」という恐ろしいものである。
だが、2人になった娘達は仲が良く、「本物」の娘同様、両方が住職に思いやりを持って接してくれるので、住職の僧は全く気にしなかった。
そして、娘の正体を知らされても、住職の2人の娘に対する愛情は変わらない。
マグマ大使らの策略で、人間もどきに寄生する植物の胞子をつけられ、住職の娘に化けていた人間もどきは全身に植物が繁殖し悲惨な状態となるが、「本物」の娘は、もう一人の自分が死ぬまで熱心に看病し、死ぬと哀しんだ。
人間もどき・・・偽物の人間、なんちゃって人間であっても、そこらの本物の人間より、よほど値打ちがあったのだ。

プロレスは、なんちゃって格闘技である。
プロレスの試合が、全て筋書きのあるショーだということは、今は、知っている人は知っている。
だが、それで面白くないとか、値打ちがないかというと、面白いものもあるし、値打ちのあるものもある。
なんちゃって格闘家とはいえ、プロレスラーは本当に強い場合も多く、実際、「本物」の格闘技選手と戦って勝つことも多い。
プロレス人気は落ちてしまったが、貝木泥舟が言うような、本物以上の偽物を目指してあらゆる手を尽くせば、復活するかもしれない。
昔のプロレスは、偽物ではあったが、ロマンがあって面白かった。しかし、面白くなくしてしまった馬鹿がいたのだ。
演歌に、「ずっと騙して欲しかった」みたいな歌詞の歌があるらしいが、ずっと騙す偽物の愛なら本物以上だ。
実際、スパイが任務のためだけで結婚した相手は、自分の妻や夫がスパイと知っても、ずっと愛し続けることが多い。偽物の愛が本物に優っていたのだ。

私も、なんちゃってプログラマーだ。
楽をして作れるから、昔、dbMAGIC(今のMAGIC)という、本物のプログラマーなら嫌って使わないツールを使いまくり、システムを沢山開発したが、作ったシステムは、「本物」以上・・・つまり、早く安く出来、バグはなく、機能は十分で、改造・拡張も、かなり融通が効いた。
今は、MAGICが難しくなったのと高いこともあり、やはり、効率は良いが、本物のプログラマーは嫌うらしいExcelやAccessで済むならそれで作るが(ほとんどがそれで済む)、やっぱり本物以上である。
昔、「Excelは最も開発効率が高いプログラミング言語」とまで言ったコンサルタントの話を日経コンピューターで見たが、そのコンサルタントも彼が作るシステムも偽物かもしれないが、本物以上だったと思う。

私は毎日、スクワット1000回、腕立て伏せ100回で鍛えているが、数センチしか曲げない「なんちゃってスクワット」「なんちゃって腕立て伏せ」である。
しかし、身体は強く美しく完璧で、全てが本物以上である。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加