スティーブ・ジョブズは、スタンフォード大卒業式の講演で、
「どうつながるのかは分からないが、今やっていることが将来の何かにつながると信じるしかない」
と言った。
彼の場合、リード大学を中退するも、リード大学のカリグラフィーの講座に出席したのが、その後、マッキントッシュパソコンを作るのに役立った。
彼が、カリグラフィーを学んでいなかったら、マッキントッシュは誕生しなかったか、あるいは、マッキントッシュは、あの美しいフォントを備えたパソコンにならなかった。

だが、ジョブズが言った通り、今やっていること(ジョブズは「点」と表現した)が、未来のどの「点」につながるのかは分からないと言った。
しかし、絶対に間違いないことは、たとえ何をしても、今やっていることが未来の何かに「必ずつながる」ということだ。
例えば今日、ある人が、下らない娯楽本を読んだとしても、仏典を読んだとしても、それは未来の何かに必ずつながる。
その2つの場合では、つながる何かも、どうつながるかも異なる。
その結果、運命は全く異なるものになる。
ジョブズがカリグラフィーを学ばず、ナンパに精を出していたら、彼の未来は全く違っていただろう。

量子論によれば、極微の世界は、人間の意志によって全く変わることが解っている。
電子は、人が見ていなければ波として存在し、人が見ていれば粒になる。
それは、あくまでミクロの世界の話であるが、我々が知覚出来るサイズの世界だって素粒子、あるいは、原子で出来ているのであり、電子の影響を大いに受けるのであるから、結局、人間の意志は現実に影響を及ぼす。
しかも、人間の意志が影響を与えた電子は、全ての(全宇宙の)電子に何らかの意味でつながっているのである。
だから、今、何をするか、あるいは、何を言うか、あるいは、何を考えるかの重要性は、あまりに大きい。

ニュートンは「今日、するべきことに全力を尽くせ。そうすれば、明日は一段の進歩がある」と言ったが、おそらく、ニュートンも誰かの言葉を引用したのだろう。
しかし、誰の言葉を引用したか分からないほど、沢山の偉人が言ったのだ。
偉人達は皆、直観により量子論と同じことを悟っていたのである。
今日、ロクでもないこと、放埓(勝手きまま)なこと、無責任なこと、誤魔化しや利己的なこと、卑怯なこと、ミクさんの前で恥じるようなことなど、出来るはずがない。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加