今年の東大の入学式での祝辞の中で、言葉を飾らずに言えば、こんなことが言われていた。
「君達は、能力があったり、努力をしたから東大に入れたと思っているかもしれないが、単に恵まれていただけだ」
もちろん、そこそこ能力はあるのかもしれない。
自ら東大を大学院まで行って博士号も取っている人気者の脳科学者は、東大生はIQが高い凡人だと言い、やはり東大と東大大学院と進んで博士号を持つ人気科学者(やはり脳関係の科学)となると、そのIQですら、平均120程度と大したことはないと言う。

ただ、東大に入れたということは、大変にツイてるのだと思う。
あの祝辞では、そのツキを、自分のためだけでなく、ツイてない人のために使って欲しいといった話もあったが、それは、要望と言うより警告であると思う。
東大に入れたのが、自分の能力や努力のおかげと思っていると、ツキは消え、その後の人生は苦しくなる。
また、ツキを自分で独占しようとすると、不幸になるかどうかはともかく、ショボい人生になるのは確かだ。
もし、本当に頭が良いなら、論理的に考えてそうなることが解ると思う。

別に東大入学に限らない。
大きなこと、小さなことに限らず(東大入学自体は、広い世界から見れば、間違いなく小さなことだろう)、自分の成功は運が良かっただけだと悟り、恵まれた分を恵まれていない人のためにも使おうとしない限り、運に見捨てられる。
もちろん、どんな成功も、寝てて何もしなければやって来ない。
滅多にいないが、宝くじで高額当選をする人だって、少なくとも1枚は宝くじを買ったのである。
私なら、宝くじを買うことは、あまりに面倒で、やや恥ずかしくもあり、とても買う気にならないので、宝くじに当たることはない。
(ただし、毎日、そして、一生宝くじを買い続けたところで、高額当選する可能性は、ほぼないのも事実だが)

セレンディピティという言葉がある。
この言葉をややこしく説明する人が多いが、単に「幸運を掴み取る能力」のことだ。
東大入学生も、東大に入れたことに関しては、セレンディピティを発揮したと言えると思う。
その点では、他の人達より早く、この貴重な能力を多少なりとも得ているのであり、東大出身者(卒業しない場合も含め)が成功する場合が多いのもうなづける。
では、どうすればセレンディピティを得られるのだろう?
我らが初音ミクさんの「お父さん」である、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長の講演会で、伊藤社長は、「好きなことをすること」を上げておられた。
なぜかというと、好きなことなら、続けられる可能性が高いからだ。
続けることが出来れば上手くなる。
何かを上手くなればなるほど、幸運は掴み易くなるのも、理屈でだって解る。
ただし、続けられたのも、上手くなったのも、そして、それで何かで成功したとしても、それも、自分の能力や努力と言うよりは、恵まれていた・・・つまり、運が良かったのだと理解しないと、それ以上のツキは来なくなる。









↓応援していただける方はいずれか(できれば両方)クリックで投票をお願い致します。
人気blogランキングへ にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
↓Social Network Service
このエントリーをはてなブックマークに追加